2020年の東京オリンピックの時には仮想通貨ってどうなっているのかな??

そのように疑問を抱えていませんか?

確かに、一つの節目として迎えるオリンピック、その頃に仮想通貨・ビットコインがどうなっているのか気になりますよね!

この記事では、コインオタクが仮想通貨(ビットコイン)の価格予想だったり、2020年までに起こりうる重要なイベントについて解説していきます!

 

2020年東京オリンピック時には仮想通貨・ビットコインの価格は上昇している??

2020年時にビットコイン価格上昇の理由

ビットコイン決済対応店舗の増加

ビットコイン決済店舗の増加

2019年9月現在、日本でビットコイン支払いが可能なお店は308軒あります。(coinmap参照)

年々ビットコインで決済ができる店舗は増えており、一年間で約50店舗ほど増加しました。

現状は個人経営の店舗が主に導入しており、チェーン店での参入はとても少ないです。

大手企業の中でも、ビックカメラやコジマといった家電量販店ではビットコイン決済が可能となっています!

今後、大企業や大規模チェーン店がビットコイン決済を採用すれば、対応店舗は急増します。また、ビットコインの実需が上がるため、価値も上昇するでしょう

海外観光客の増加

海外観光客の増加

日本では年々、海外旅行客が増加しています。

換金は旅行客に取っていつまでも悩みの種の一つです。

現在はまだビットコイン決済の店舗が日本国内には少ないですが、今後対応店舗が増えれば、ビットコインの利用は自然と増えていきます。

需要が増加すればするほど、ビットコインの価格が上昇します。

多くの海外旅行客が来るであろう2020年東京オリンピック時には、以上のことから価格上昇が期待できます。

ネットショッピングでの利用増加

ネットショッピングでの対応店舗が増えそう

2020年の東京オリンピックまでにネットショッピングでの仮想通貨支払い対応サイトは増えると思われます。

現在、日本では約75店舗でビットコインで、Amazon(アメリカ)では複数の仮想通貨での支払いが可能となっています。

今後、仮想通貨決済の対応店舗は増えそうです。

なぜなら、クレジットカード決済では割高な手数料が取られるからです。

仮想通貨決済のインフラを簡単に導入できるようになれば、採用するショップが増えていくでしょう。

巨額の投資が仮想通貨に流入

機関投資家が仮想通貨市場に参入

今後、仮想通貨市場に巨額の資金が流入する可能性が大いにあります。

その資金とは機関投資家によるものです。

現在、仮想通貨・ビットコインは取引に関するインフラが完璧とは言えず、プロの投資家が未だ参入していません

ですが、このインフラは毎週のようにアップデートされています。

下の表をみて分かるように仮想通貨市場はまだ大きくありません。

投資インフラがこのペースで整って行けば、近い将来全ての機関投資家のポートフォリオにビットコイン等が入ってくるでしょう。

市場 時価総額
仮想通貨市場 約30兆円
金取引市場 約1012兆円
株式市場 約8400兆円
仮想通貨FX市場 約123兆円
外国為替市場 約1京1200兆円

2020年東京オリンピックまでに起こりうる重要なイベント

2020年までに起こり得る重要な仮想通貨・ビットコインイベント

ビットコインETFの承認

ビットコインETFについて

今日、仮想通貨市場で最も注目を集めている「ビットコインETF」。

そもそもETFとは、ビットコインを投資対象に含んだ上場投資信託です。

投資信託は、投資信託委託会社が投資家から集めた資金を運用し、利益を配当金として投資家に還元するものです。

このビットコインのETFが承認されると、多額の資金が流入し、価格上昇が期待できます!

ビットコインETFについて詳しくはこちら↓

ビットコインETF(上場投資信託)に関して最近よく聞くけれど、何のことかよくわからない・・・そのような方向けに、ビットコインETFの基礎知識から最近までのニュース、今後の承認の可能性までわかりやすく解説していきましょう!
 

Bakktのローンチ

2019年9月23日にBakktがローンチ

2019年9月23日にBakkt(バックト)が現物引き渡しビットコイン先物をローンチしました!

このBakktというのは、ニューヨーク証券取引所の親会社であるインターコンチネンタル取引所が設立しました。

Bakktは、現状の仮想通貨市場が抱える課題である、法規制の不透明さやハッキング問題などを解決し機関投資家の参入を促す効果があると期待されています。

このBakktがローンチされればビットコインの価格上昇が期待できます

今後の動向が楽しみです!

仮想通貨の先物取引について詳しくはこちら↓

「仮想通貨の先物取引についてもっと知りたい!」そのような方向けに、仮想通貨の先物取引について基本からわかりやすく解説し、ビットコイン先物に関するニュースや市場への影響、先物取引におすすめの取引所までまとめていきます!
 

ビットコイン半減期

ビットコインの次の半減期は2020年に来る

次のビットコイン半減期は2020年に来ます。

そもそも半減期とは、マイニングにおける報酬が半分になるタイミングのことです。

この半減期はビットコインの発行量を調整するためにあります。中央管理者がいないビットコインでは、徐々に発行量を減らすことでその価値を高めようとします。

半減期は約4年に一度来ます。前回の半減期である2016年には、ビットコインの価値が約30%程上昇しました。

2020年の半減期でも価格の上昇が期待できます。

ビットコインの半減期についてより詳しくはこちら↓

ビットコインの3回目の半減期は2020年って本当?半減期の仕組みや必要性のわかりやすい解説はもちろん、半減期の前後における価格変動を2016年の半減期やアルトコインの半減期との比較で徹底的に分析してみた!
 

仮想通貨・ビットコインのこれまでの値動き

仮想通貨・ビットコインのこれまでの値動き

2016年初頭〜2016年末

2016初頭〜2016年末ビットコインのチャート

リオデジャネイロオリンピックが開催され、ビットコインの半減期を迎えた2016年。

全体的に価格は相当上昇していますが、これがオリンピックの影響なのか、半減期の影響なのか、それともただ仮想通貨の認知度が高まったことによる影響なのかは定かではありません。

価格としては、1年間で約4万円程から最高12万円まで上昇しました。

2017年初頭〜2017年末

2017年初頭〜2017年末ビットコインのチャート

2017年は、仮想通貨元年と言われ仮想通貨の人気が一気に上昇した年です。

取引所のテレビCMが放送されたり、仮想通貨・ビットコインの認知度が大幅に上昇しました。

毎週のように価格が更新され、12月には最高価格約230万円をい記録しました!

2018年初頭〜2018年末

2018年初頭〜2018年末のビットコインチャート

2018年は仮想通貨に取って厳しい一年となりました。

2017年12月に最高記録を更新しましたが、1月にはCoincheckで580億円相当の仮想通貨が流出、また9月にはZaifが70億円相当の仮想通貨流出など、ハッキング事件が目立ちました

セキュリティーや法律などの課題を突きつけられ、仮想通貨市場は冷え込みました。

ビットコインは30万円台まで緩やかに落ち込んで行きました。

2019年〜現在

2019年〜現在のビットコインのチャート

2019年は最初の数ヶ月間は30〜40万円を推移していました。

4月頃からは、再び勢いをつけ価格が上昇していきました。

令和を迎えてからは、さらに勢いをつけ100万円を超え安定しています。

9月現在は、1BTC=約110万円です。

2020年東京オリンピック時の著名人のビットコイン価格予想

2020年東京オリンピック時の著名人の価格予想

自分でビットコインの価格を予想するのは難しいと思います。

ここでは、著名人の2020年の価格予想を紹介します。

2020年東京オリンピック時の著名人の価格予想

    • ジョン・マカフィー氏:2020年までに1億円を超える
    • トーマス・リー氏:2020年3月までに1000万円

ジョン・マカフィー:2020年までに1億円を超える

ジョン・マカフィー氏

ジョン・マカフィー(John McAfee)氏はアンチウイルスソフトMcAfeeの創業者です。

彼は、大統領選挙に立候補した際にビットコインの寄付を受け付けたり、ビットコインマイニング施設を自己資産で建築するなど、ビットコイン愛好家として知られています。

ジョン・マカフィー氏は自身のTwitterでビットコインの価格について、2020年までに100万ドル(=約1億円)を超えるという強気な予想をしています。

トーマス・リー:2020年3月までに1000万円

トーマス・リー氏

トーマス・リー(Thomas Lee)氏は、Fundstrat Global Advisorsの共同創業者であり、機関投資家としても有名な方です。

彼は「ヘッジファンドはビットコインの価格に大きな影響を与える可能性がある」と述べており、ビットコインの今後に関して前向きな意見を持っています

リー氏は、2020年の3月までに91000ドル(=約1000万円)になる!という予想を立てています。

おすすめの仮想通貨・ビットコイン取引所

おすすめの仮想通貨・ビットコイン取引所

    • コインチェック
    • DMM Bitcoin
    • GMOコイン

Coincheck(コインチェック)

コインチェックのバナー

コインチェックは、マネックスグループが運営する仮想通貨取引所で当サイトで一番オススメの取引所です!

ビットコイン2018年の暴落の一因となったハッキング事件が起きましたが、その後マネックスグループに買収されました。

マネックスグループの運営になってからはセキュリティが改善し、現在では国内最高峰の安全性を誇ると言えるでしょう。

コインチェックのスマホアプリは、非常に使いやすく、仮想通貨スマホアプリの中ではダウンロード数No.1と確かな人気があります。

また、取扱い通貨数が国内取引所では最も多い10種あり、コインチェックに登録しておくだけで様々な通貨を取引することができるようになります!

コインチェックの登録はこちら

2019年8月最新!コインチェックの評判やメリットデメリットをまとめました。初心者登録者数No.1を獲得し、手数料の安さやスマホアプリの使いやすさも評判のコインチェック。デメリットもあるので口座開設する前に必ずチェックしてください。
 

 

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin画像

DMM Bitcoinは、日本の大手企業DMM.comが運営する国内仮想通貨取引所です。

DMM Bitcoinは大手ならではの手厚いサポートと強固なセキュリティが人気を集めています

DMM Bitcoinでは、豊富な数のアルトコインと通貨ペアでレバレッジ取引をすることができます。

また、スマホアプリは現物取引、レバレッジ取引、経済指標などの情報取集が可能なのでこれひとつあれば何でもこなせます!

現在、DMM Bitcoinはコインオタクとのタイアップキャンペーンを行なっています。

コインオタクから新規口座開設するとまず1000円、その後の取引次第で最大9000円の合計10,000円のキャッシュバックがもらえます!

DMM Bitcoinの登録はこちら

DMM Bitcoinがいいって聞くけど実際どうなのか気になっていませんか?DMM Bitcoinのメリット・デメリットをTwitterでみられる実際の評判とともに解説します!DMM Bitcoinがどんな人におススメなのか見てみましょう!
 

GMOコイン

GMOコイン画像

GMOコインは、大手のGMOインターネットグループが運営する仮想通貨取引所です。

GMOコインは、セキュリティが強く、使いやすいと評判です。

各種手数料が基本無料で、仮想通貨FX専用のスマホアプリ「ビットレ君」が人気で、初心者から上級者までお勧めできる取引所です!

GMOコインの登録はこちら

GMOコインの評判やメリット・デメリットについて隠さずに公開します!東証一部上場企業が運営する国内最大級の取引所の実態はどうなのか。手数料や機能性、セキュリティ、そして口コミを元に、徹底的に解明します。口座開設の前に一読下さい。
 

2020年東京オリンピックの仮想通貨・ビットコイン まとめ

今回は、2020年東京オリンピックまでに起こり得る事象と著名人の価格予想について解説しました。

ビットコインはこれから様々なイベントが起こり得ます。

その中でも注目はETFの承認に関してです。

このニュースは今後ビットコインの価格を左右するものになるので要注目です!

Coincheck(コインチェック)でビットコインを購入する