Bitfinex(ビットフィネックス)とは?その特徴から使い方まですべて解説!

 

Bitfinex(ビットフィネックス)とは?

*2017年12月追記:12月25日現在、Bitfinexは新規口座開設受付を停止中です。期間は不明です。また情報が入り次第更新します。

*2018年1月追記:1月31日現在、Bitfinexは親会社を共にするTether社のドル保有の問題で現在米国商品先物取引委員会(CFEC)から招集を受けています。また情報が入り次第更新します。

*Bittrexも同様に新規口座開設を停止中です。現在口座開設可能な主要な海外取引所はPoloniexBinanceです。



Bitfinex(ビットフィネックス)は香港資本の仮想通貨取引所です。色々と仮想通貨取引所見てきたけれど今は海外で良さそうなところがないか探している、そんなあなたにおすすめです。ではまず、Bitfinex(ビットフィネックス)について詳しく見ていきましょう!

Bitfinexの概要

会社名iFinex Inc.
会社所在地Central, Hong Kong
会社HPhttps://www.bitfinex.com
資本金不明

取扱通貨

ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップルなどを中心に40種類以上

(話題のIOTAも扱っています!)

過去に数回のハッキング被害

Bitfinex(ビットフィネックス)を語る上で忘れてはならないのがこのハッキング被害です。実はBitfinexは大きなものだけで過去に2回、2015年と2016年にハッキングの被害を受けています。

2015年の攻撃は小規模でしたが、2016年8月の攻撃では、当時のBitfinexの資産の1/3以上に及ぶ12万ビットコイン(当時のレートで70億円以上)が盗まれました。当然この被害の影響は長く続き、2017年4月になってようやくBitfinexは顧客に対する損害の返済を終えたと発表しました


【Bitfinexの特徴1】レンディングサービスを提供

Bitfinexは「信用取引をする人に対してお金をユーザーが貸す」というレンディングサービスを提供しています。貸せる通貨は米ドル、ビットコイン、イーサリアムなどで、金利を指定して通貨を一定期間貸し出し、金利を受け取ることができます。ちなみにこれを書いている日の金利は0.16%/日(年利80%!)です。

もちろんレンディングにはリスクもあって、貸した相手が大損失を出して返済できなくなる「貸し倒れ」、そしてBitfinexが経営破綻する場合は資産が無くなります。(当然ですね)

詳しいレンディングのやり方は下の方で説明します!


【Bitfinexの特徴2】セキュリティは以前より強固に

以前ハッキング被害から大損失を出した反省から、Bitfinexは現在とてもセキュリテイに気を使っています。自分のアカウントで取引に関する設定を見てみると、「ログイン時にメールで通知」「IPアドレスの変更を検知」など他の取引所にも普通にある機能に加え、「出金先の限定(変更すると5日間ロックがかかる)」や「新しいIPアドレスからの取引を24時間ロック」、「引き出しの際の秘密の質問」などの機能があります。
セキュリテイに関しては並々ならぬ気合を入れているのが伝わってきます。

【Bitfinexの特徴3】手数料・レバレッジは国内取引所と同じくらい

Bitfinexの手数料・レバレッジ倍率は国内の取引所と同じくらいの設定になっています。特徴を挙げるとすれば、Bitfinexでは過去30日間の取引量に応じて取引手数料が変わっていくという点です。これにより、Maker手数料は0.0~0.1%、Taker手数料は0.1~0.2%となっています(取引量が多いほど手数料は下がります)。

送金手数料は通貨の種類によって変わりますが、ビットコインだと0.0004BTCで、コインチェックの0.0005BTCと比べると、気持ち安いかなくらいのレベルです。ただしIOTAの送金手数料だけは無料になっています!またレバレッジ倍率は3.3%となっていて、これは日本の取引所とあまり変わりませんね。


話題のIOTAが買える!Bitfinexはこちらから!

 

Bitfinexのメリット



実はビットコインの取引量首位

Bitfinexはビットコインの取引量(ドル建て)で世界一位です。BittrexやPoloniexなど世界の名だたる取引所を抑えてのこの結果です。2017年10月現在だと、ビットコインの全取引量の16%がBitfinexを通じて取引されています。またライトコインやリップルといったアルトコインに関しても、Bitfinexはその多くを取り扱っています。
取引量が多いと何がいいかというと、取引が増えることによって市場の流動性が上がり、取引が安定する、ということがあります。つまり価格が急騰、急落しにくくなるということです。

2016年の大規模ハッキング被害から復活したという強さがある

取引所に対する大規模なハッキング攻撃は取引所の安定性を損ない、最悪の場合Mt.Goxのように取引所の破綻という結果になることもあります。しかしBitfinexはそこから復活を果たしました。独自のトークンを発行することで、8ヶ月の期間を費やしたものの、ユーザーに対して負債の返還を完了することができました。こうしてBitfinexが復活したことで、Bitfinexの危機対応力は優秀だということができるでしょう。

チャートはTradingView(トレーディングビュー)を採用しているので高機能

Bitfinexのチャートは「TradingView(トレーディングビュー)」を採用しています。これは高機能なチャートで、日本の取引所だと他にZaifなどが採用しています。TradingViewを使うと何ができるのかというと、単純移動平均やボリンジャーバンドの他に、MACDやRSIといった分析ツールを使用することができます!またチャートそのものにラインを引くこともできます。取引に役立つことが期待されます!

IOTAが取引できる数少ない取引所!

2017年10月現在、BitfinexはIOTAを取引できる数少ない取引所のうちの一つです。IOTAはBinanceという中国の取引所でも買えますが、Bitfinexの方が規模が大きいです。IOTAはIoTに最適化され、その送金に使われる仮想通貨ですが、2017年6月にBitfinexに上場した瞬間500倍に値上がりしました。そんなIOTAを入手しようと思ったら、Bitfinexで購入しましょう!

シンプルで使いやすいUI!

 Bitfinexはシンプルで使いやすい取引所です。取引画面などを見てもらえれば分かると思いますが、ボタンの大きさ、色使い、配置などがよく工夫されているように感じます。普段他の取引所を使い慣れている人でも、違和感なく取引できると思います!


Bitfinexのデメリット 

仮想通貨建てでしか取引できない(米ドル建ても使えない)

Bitfinexでは日本円で入金できません。それは海外の取引所だからなのですが、なんと2017年11月にアメリカでのサービス提供を終了することを発表しており、米ドルでも入金することができません。なので、Bitfinexに入金する場合は、あらかじめビットコインなどの仮想通貨を用意して、Bitfinexの口座に送金する必要があります。ですので、他の海外取引所と同じ手間ではあるのですが、日本の国内取引所を普段使いしていると少し面倒に思えるかもしれません。

香港系なので中国の影響があるかも

Bitfinexは香港に本拠を置いています。現状香港は中国本土とは違う政治制度「一国二制度」のシステムを採用していますが、2047年には終了することが決まっています。2047年まで待たなくても、2017年は香港返還20周年という年で、習近平国家主席が香港を訪れるなど、中国政府の香港への関わりは強くなっていくことが予想されます。中国本土で仮想通貨取引所の規制があったように、香港でも何かあるのか、今後に注目が必要です。


Bitfinexの登録・ログイン方法

メールアドレス登録

 Bitfinexのアカウント登録はとても簡単です。

本人確認をしなくても取引ができる、というのがポイントです。ただしその分セキュリティ設定を細かく設けることでセキュリティ対策を行っています。



【手順】

Bitfinex公式HPにアクセスし、真ん中の「OPEN ACCOUNT」を押す

「Username」好きなものを設定(アルファベットか数字か「-  _  @」の記号を使用)

「Email Address」自分のメールアドレスを入力

「Password」パスワードを入力(最低8文字、アルファベット大文字・数字・特殊記号(!とか#とか)を最低1つずつ含む)

以上を入力し、「OPEN ACCOUNT」を押す

メールが届くので添付のURLを開く


これでアカウント作成が完了します。


ログイン

【手順】

HP右上の「LOG IN」を押す

先程設定したユーザーネーム(メールアドレスでも可)とパスワードを入力してログイン

2段階認証設定

最後に、セキュリティ対策のために2段階認証を設定しておきましょう。



【手順】

ログイン後画面の右上、人の形をしたマーク(アカウント設定)を押すと表示される「Security」を選択

「Two-Factor Authentication」の項目から設定

いくつか使用するアプリの候補がありますが、他の取引所でもよく使われているGoogle Authenticatorがおすすめです。

認証用アプリを開き、Bitfinexの画面の「Setup」を押しQRコードを表示させたあと、設定を行う

アプリに表示されるコードをBitfinexの「2FA Token」に入力すれば完了です。


*ちなみに2段階認証をしないと、あらゆる画面で「2段階認証を有効化してください」というポップアップが出現して大変です。


Bitfinexの使い方!入金・送金・レンディングのやり方説明

入金

Bitfinexは仮想通貨しか入金できないので、自分が持っているウォレットや取引所からBitfinexにコインを送金します。


【手順】

ログイン後画面右上の「Deposit」を押す

画面の中から入金したい通貨を選ぶ

画面から、入金したいBitfinexのウォレットを選ぶ

Bitfinexには3種類のウォレットがあります。

・Exchange Wallet:取引用(入金するときはひとまずここに入れましょう)

・Margin Wallet:信用取引用

・Funding Wallet:レンディング貸出用

Exchange Walletの下の「Click to generate address」を押し、送金用アドレスを表示させる

そのアドレスをコピーして送金元のウォレットや取引所からBitfinexに送金する

これで入金完了です!

送金

送金方法を説明します。送金はセキュリティの関係で手順が多くなっています


【手順】

ログイン後画面右上の「Withdraw」を押す

画面の中から送金したい通貨を選ぶ

下記を入力

・送金先アドレス

・送金額

・送金元のウォレット(Exchange, Margin, Funding)

一番下に2つあるチェックボックスのうち、上はチェックは任意、下はチェック必須です。

「Request Withdrawal」を押す

2段階認証をする

セキュリティ設定によって、送金を再度確認する必要がある表示が出た場合は、表示されているConfirmation numberを下のボックスに入力

送金確認のメールが届くので、「Approve or Cancel Withdrawal」と書かれた部分を押す

Bitfinexの画面に移るので、「Approve」を押す


これで送金完了です。

取引

Bitfinexでの仮想通貨の売買のやり方を見ていきましょう。IOTAも買えます!


【手順】

ログイン後画面左上の「Trading」を押す

取引できる通貨一覧が表示されるので、取引したいものを選ぶ

取引画面に移る


左側の「Exchange Buy」「Exchange Sell」というボタンがある場所で取引を行います。

購入する場合、「Exchange Buy」の上の「Price BTC」というボックスに購入したい金額(ビットコイン建て)を入力し、「Exchange Buy」を押す

すぐ上の「Limit」を押すと、条件指定取引(指値、逆指値注文)ができます。


売却したい場合は「Exchange Sell」の上のボックスに金額を入れ、同様に操作します。

レンディング

信用取引をする人にお金を貸して利子を貰える「レンディング」のやり方を説明します。


【手順】

ログイン後画面左上の「Funding」を押す

レンディング用画面に移るので、左側から貸す通貨を選択(USD, BTC, ETH, BCHが利用可能)

「FUNDING FORM」内で「RATE(日毎金利)」「AMOUNT(金額)」「PERIOD(日数)」を指定

「○○○ OFFER」を押す(○○○は通貨名)

*OFFERの隣に「BID」というものがありますが、これはレンディングでお金を借りる(自分が信用取引をしたい)ときに使うものです。違いに注意してください。

約定を待つ


という流れです!

 Bitfinexの使い方に関するさらに詳細な情報は以下のコインオタクの記事を参照してください!

Bitfinexって日本語対応してないしいまいち使い方がわからない・・・そんなあなたでも大丈夫。この記事を読めばBitfinexを完璧に使いこなせます。入金から仮想通貨の購入、レンディングまで、これであなたもBitfinexマスターです!

 

BitfinexのよくあるQ&A

 Bitfinex(ビットフィネックス)のアプリはある?スマホから取引できる?

 Bitfinexは公式アプリをiOS, Android用に公開しています(アプリ名も「Bitfinex」)。なので、スマホからでも取引が可能です。アプリからは注文、送金、レンディングの操作をすることができます。

日本語対応してる?

 Bitfinexは日本語には対応していません(対応言語は英語、中国語、ロシア語のみ)。なので、取引を開始する前に日本語のサイトで操作方法を確かめておくと安心です。

取引初心者にはおすすめ?

Bitfinexは海外取引所ということもあり、まだ取引を始めたばかりの人にはハードルが高いかもしれません。ですのであまりおすすめしません。初めはビットフライヤーやコインチェックなど、日本の大手取引所で取引をしてみるのが良いと思います。


Bitfinexまとめ

Bitfinexは、世界最大のビットコイン取引量を誇る香港資本の仮想通貨取引所です。2016年にハッキングで大きな被害を受けた反省から、現在はセキュリティを向上させ、安心して取引できる取引所になってきているといえるでしょう。またIOTAなどBitfinexでしか買うことのできない仮想通貨もあります。色々と海外取引所を調べている人におすすめです!

世界最大のBTC取引量!Bitfinexはこちら!

Bitfinexを使おうにも、そもそもビットコインが無い…?国内取引所で円をビットコインに替えましょう。おすすめは国内大手取引所のビットフライヤーとコインチェックです!

ビットフライヤーの口座開設はこちらから↓↓ 

bitFlyer(ビットフライヤー)では仮想通貨ビットコインを透明な価格で簡単に取引することができます。チャートで相場確認も可能。bitFlyer(ビットフライヤー)は皆様のビットコインに関するあらゆる取引をサポートし、ビットコインの普及に貢献します。

コインチェックの口座開設はこちらから↓↓

Trading value No.1※1 The number of app users No.1※2※1 No.1 Bitcoin trade volume in Japan! According to jpbitcoin.com (May-November 2017 monthly BTC spot trade volume) ※2 According to the research conducted by App Ape in September 2017 (Sample size: 50,000 users).

 


コインオタクではTwitterでも情報を配信しています!ビットコインの相場分析について毎日必ずツイートしているので@CoinOtakuを是非フォローしてください!!