※2019年7月12日に起きた35億円のハッキング事件により、現在Bitpointは全ての機能が停止しております。
Bitpointでの登録を考えていた人には、未だにハッキング被害に遭ったことがなく、レバレッジ取引も充実しているDMM Bitcoinをおすすめします!
詳細はこちらから!

\安心のセキュリテイなら/

DMM Bitcoinで口座開設

 

 

 

 

「BITPointはどんな取引所なの?」

という疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

BITPointは2017年9月に金融庁に登録された比較的新しい仮想通貨取引所です。

この記事ではBITPointの特徴からメリット、登録方法、使い方、評判までコインオタクが詳しく解説していきます。

これを読めば、BITPointの全てがわかるようになります!

さっそく、BITPointで仮想通貨取引を始める

BITPoint(ビットポイント)の特徴

BitPointのバナー

ここでは、BITPointの特徴についてご紹介していきます!

BITPointの特徴

  • 親会社が上場企業で安心
  • 取り扱い通貨は5種類
  • MT4が使える

親会社が上場企業で安心

BITPoint(ビットポイント)は東証二部に上場している株式会社リミックスポイント(Remixpoint, Inc.)により運営されています。

上場企業が運営していることで倒産する危険性は低いため、安心して利用することができます。

2016年に設立された比較的新しい取引所ですが、2017年9月には既に金融庁の仮想通貨交換業者には登録が完了しています。

 

【株式会社リミックスポイントの概要】

会社名 株式会社リミックスポイント (Remixpoint, Inc.) 東京証券取引所市場第二部  証券コード:3825
代表者 代表取締役社長 小田玄紀
所在地 〒153-0043 東京都目黒区東山1-5-4 KDX中目黒ビル2F
WEBサイト https://www.remixpoint.co.jp/
資本金 44億3,000万円

取り扱い通貨は5種類

BITPointのは現在5種類の仮想通貨を取り扱っています。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ 
  • リップル 
  • ライトコイン

取り扱い通貨は他の取引所をよりも少ないため、多くの通貨を売買したい方にはあまり向きません。

ただ、この5つはすべて時価総額6位以内の人気通貨で将来性があり、リップルを手数料無料で買えるのはBITPointのみです!

さらにビットコインだけですが、日本円以外にも米ドル・ユーロ・香港ドルでも購入することができます。

MT4がつかえる

BITPointではFXのトレーディングツールである「MT4(Meta Trader 4)」を使って仮想通貨取引ができます。MT4はロシアのソフトウェア企業の「MetaQuotes Software社」が開発したフリーのトレーティングソフトで、世界で最もポピュラーなFXツールです

世界750社以上の金融機関で導入されており、豊富な分析機能と使いやすい操作性から非常に人気を集めています。

国内でもFXでMT4を使っている人がとても多く、そうした人が今までのFXの延長で仮想通貨取引を始めるには、とてもおすすめです。

BITPoint(ビットポイント)のメリット 

 

BITPointの4つのメリット

  • 取引手数料がすべて無料
  • レバレッジが最大4倍
  • セキュリティが高い
  • 税金計算が簡単にできる

取引手数料がすべて無料

BITPointでは、現物取引もレバレッジ取引もFX取引も、全ての取引手数料が無料です。それだけでなく、仮想通貨の送受金の手数料も無料です。

仮想通貨では価格の変動が激しく、頻繁に取引するタイミングが現れます。このような場合、BITPointでは手数料を気にせず好きなだけ取引することができます。

現物取引やレバレッジ取引を含め仮想通貨取引を積極的にする場合はBITPointは非常におすすめです!

 

BITPointの手数料について詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!↓

BITPOINT(ビットポイント)は手数料がとても安い取引所です。この記事では、取引手数料・スプレッド・日本円の入出金手数料・仮想通貨の送金手数料などを取引所6社とそれぞれ比較し、解説しています。

 

レバレッジが最大4倍

BITPointのレバレッジは、3種類あります。

1倍、2倍、4倍のコースから選ぶことができます。

レバレッジでの取引は、ハイリスクハイリターンのため初心者には低倍率のレバレッジ取引がおすすめです!

普通の現物取引では、取引手数料が無料ですが、レバレッジ取引では0.035%/日の建玉管理料がかかるため、短期間での取引を心がけましょう!

 

レバレッジ取引についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をチェック!↓

仮想通貨のレバレッジ取引とは、仮想通貨を用いた証拠金取引のことを言います。仮想通貨のレバレッジ取引はハイリスクハイリターンの取引方法です。この記事では、レバレッジ取引のメリット・デメリット、おすすめ取引所から儲けるポイントまで解説します!

 

セキュリティが高い

セキュリティのロゴ

BITPointは情報セキュリティ格付会社である株式会社アイ・エス・レーティングの情報セキュリティ格付けにより「A(シングルエー)」のランクを取得しています。

このような高い格付けを得た要因として

  • 2段階認証
  • マルチシグに対応
  • コールドウォレットでの保管
  • EV-SSL暗号を使用
  • 日証金信託銀行からの資産保障

など本格的なセキュリティ対策がなされており、利用者は安心・安全に仮想通貨取引をすることができます。

税金計算が簡単にできる

仮想通貨取引で20万以上の利益を出た場合は国に税金を収めなければいけません。

普通だと自分で取引履歴をダンロードし、計算ツールに入れて計算しなければなりません。でもこの作業ってめんどくさいし忘れちゃいますよね。

BITPointでは損益計算を自動的にしてくれるため、税金計算は非常に簡単にすることができます。

取引画面の評価損益から確認することができます。

BITPoint(ビットポイント)を使う上での注意点 

BITPointの注意点

  • 取引量が少ない
  • 通貨が少ない

取引量が少ない 

BITPoint(ビットポイント)を利用している人はまだまだ少ないため、仮想通貨取引が成立しにくいという状況が生まれてしまいます。

そのため指値注文を出したとしても、希望の価格まで変動せずに注文が通らない可能性があります

これでは仮想通貨好きなときに売買できなくなってしまうので、仮想通貨自体のメリットが薄れてしまいます。

ただ、最近は手数料が安かったり、使いやすい操作性から利用者数が急増しています。

今後取引が成立しないということは発生しないと思われます。

通貨が少ない 

BITPointでは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、リップル(XRP) 、ライトコイン(LTC)の5つの通貨しか取り扱っていません。

同社は仮想通貨による決済サービスを意識しているので、投機的なニュアンスが強く変動が激しすぎるアルトコインは度外視していると考えられます。そのため、めちゃくちゃな急騰で一攫千金を狙いたい人にはビットポイントは不向きでしょう。アルトコインの種類を重視するのであれば他の取引所を選ぶべきです。

逆に言えば、比較的安定している仮想通貨を取り扱っているとも言い換えられるので、長期的に保持したい人にとってはビットポイントが扱う通貨というのは一種のベンチマークになるかもしれません。

 

取り扱い通貨について詳しく知りたい方は、こちらの記事をチェック!↓

Bitpoint(ビットポイント)の取り扱い通貨は5種類あります。この記事では、取引所を選ぶ上で気になる取り扱い通貨について、それぞれの通貨の特徴や将来性についても詳しく解説しています!

 

BITPoint(ビットポイント)の登録方法、3つのステップ 

STEP 1 ― メールアドレス登録まで 

まずはBITPointの公式サイトにアクセスしてください。

BITPointの公式サイト

個人で日本国籍の方は矢印の「申し込みボタン」を押してください。

そうしましたら個人情報入力画面がでてきますので、メールアドレスまで入力し、取引目的を選んだら確認画面に移動してください。

STEP 2 ― 口座開設申し込み 

口座登録申し込み内容に間違いがなければ、本人確認に移ります。

STEP 3 ― 本人確認 

BITPointでは写真付きの本人確認書類であれば一点で大丈夫です。

書類は以下のどれかを準備してください。

書類の選択肢

  • 運転免許証(両面)
  • 運転経歴証明商(2012年4月1日以降に発行のもの)
  • パスポート(旅券)(顔入り写真ページと住所記載ページ)
  • 住民基本台帳カード(写真付きのものに限る)

 書類を準備したら写真を撮り、アップロードすれば申込みは一旦完了です。

本人確認の審査が通ったらBITPointからハガキが届き、口座登録は完了です。

 

BITPointの口座開設についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もチェック!↓

BITPoint(ビットポイント)の登録・口座開設方法を画像付きでどこよりもわかりやすく解説しています。さらに、セキュリティ対策に必須の二段階認証の設定方法や、口座開設に関する疑問などについてもわかりやすく説明しています。

 

BITPoint(ビットポイント)の使い方 

BITPointの使い方を解説していきます!

まず届いたハガキに記載されているログイン情報を使ってログインしてください↓

入金 

BITPointの入金方法は「銀行振込」と「即時入金」の2つがあります。

銀行振込の方法

銀行振込は「入出金・振替」から「入金先口座情報」を選択してください。

そうしたら振込先の口座番号が表示されるのでそちらに振り込んでください。

即時入金の方法

即時入金は「入出金・振替」から「即時入金」を選択してください。

提携先金融機関で住信SBIネット銀行を選択し、確認画面にてあらかじめ設定した「取引暗証番号」を入力して入金依頼をクリックすれば完了です。

購入 

BITPointではビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ 、リップル 、ライトコインの5種類の仮想通貨を購入できます。

通貨ペアから買いたい通貨を選択してください。そして、買いたい数量と取引暗証番号を入力して「注文ボタン」をクリックすれば仮想通貨の購入ができます。

出金 

BITPointの出金は「入出金・振替」から「出金」を選択してください。

すでに指定してある自分の振込先口座宛に出金したい額を入力し「確認画面」をクリックします。

その後、取引暗証番号を入力すれば出金は完了です。

 

<BITPointの詳しい使い方は下記の記事をご覧ください!> 

BITPointはMT4での自動売買・FX・現物取引ができる多彩な取引所です。ツールが多いため少し複雑に思うかもしれませんが、この記事は全てのツールを画像付きで解説しているので読み終わった頃には使い方をマスターしているはずです!

 

BITPoint(ビットポイント)アプリの使い方 

BITPointには仮想通貨の現物取引用アプリ「BITPoint Lite」と仮想通貨の管理用アプリ「BITPoint Wallet」があります。

今回ではBITPoint Liteでの仮想通貨の購入方法をご紹介します。

<アプリのダウンロードはこちらからできます↓>

BITPoint Lite
BITPoint Lite
開発元:BITPoint Japan Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

 

仮想通貨を購入するには画面右下の購入を押してください。

そうすると右側の画面が表示されますので、「希望購入数量」と「取引暗証番号」を入力し注文ボタンをクリックすると仮想通貨を買うことができます!

<アプリの使い方はこちらの記事も参照してください↓>

BITPoint(ビットポイント)は、2つのアプリをリリースしています。1つは、仮想通貨の現物取引用で、1つはウォレット型のアプリです。この記事ではそんなBITPointの人気アプリの使い方や特徴を徹底解説します!

 

 

BITPoint(ビットポイント)の評判・口コミ

アプリが使いやすい

BITPointのスマホアプリは使いやすいと評判です。

取引手数料だけでなく入金手数料や出金手数料などほとんどの手数料が無料の取引所はほとんどないでしょう。

リップルなどの人気な仮想通貨をとても安く購入することができます。

BITPointの評判について詳しく知りたい方はこちらの記事もチェック!

今回はBITPoint(ビットポイント)の評判・口コミを徹底的に調べ上げ、そこから見えるメリット・デメリットについて考察しました。みなさんが仮想通貨取引所を選ぶ際に気になるであろうポイントをピックアップしましたのでぜひ参考にしてください!

 

BITPoint(ビットポイント)まとめ

今回はBITPointの特徴、メリット、デメリット、登録方法、使い方など幅広く解説しました。

BITPointの取り扱い通貨は少し少ないですが、ほとんどの手数料が無料で、セキュリティ性能はとても高いことからとてもおすすめできる仮想通貨取引所です。

 

BITPointで無料口座登録はこちら