「coinbase(コインベース)って一体なんなんだろう...」

そのような悩みを抱えてはいませんか?

仮想通貨をやっているとたまに聞く「coinbase」について知りたいですよね!

今回の記事は、注目の仮想通貨取引所である「coinnbase(コインベース)」についてです!

コインオタクがcoinbaseの特徴やメリット・デメリット、登録方法から使い方まで徹底解説します!

これを読めばcoinbaseについて丸わかりです!!

coinbase(コインベース)の特徴

coinbase(コインベース)は仮想通貨市場初、上場せずに評価額が10億円を越えたことで有名です。

残念ながら、現在日本ではcoinbaseが利用できず、仮想通貨を売買するにはアメリカの身分証明書が必要となっています。

日本進出が決定

coinbase(コインベース)は、2018年6月4日に日本支社の設立と日本での取引を開始するという発表をしました

日本支社のCEOは、「お金のデザイン」というベンチャー企業の最高業務執行責任者(COO)を務めていた北澤直氏が就任します。

現在、coinbase(コインベース)は、日本で仮想通貨事業を展開するにあたり日本の法律を遵守し、金融庁に確認を取りながら進めています。

coinbaseは、「日本での仮想通貨交換業のライセンスは2019年には間違いなく取得することができる」と話しています。

三菱東京UFJ銀行と業務提携している

coinbase(コインベース)は、2016年7月に三菱東京UFJ銀行と業務提携をしました

三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)は、総額10億円もの資金をcoinbaseに提供しました。

現在、三菱東京UFJ銀行はMUFGコインという独自の仮想通貨の実証実験を行なっていて、メガバンクの中でも特に仮想通貨に興味を示しています。

将来的に、普段利用している銀行と仮想通貨取引所であるcoinbaseの連携が強固なものになれば、一気に便利になるのではないかと思います!

MUFGコインについて詳しくはコチラ ↓

日本を代表するメガバンクである三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が昨年発表した仮想通貨MUFGコイン。一般使用が始まれば日本経済に大きな変革をもたらすと思われるこのMUFGコインの特徴や目的を一足早く理解してしまいましょう!

 証券や決済の分野にも積極的

coinbaseは、証券などの金融分野、そして決済サービスの分野への進出に積極的で、仮想通貨の信頼性と実用性の向上に先陣を切って挑戦しています。

実例を挙げると、仮想通貨決済サービスで仮想通貨をギフトカードの扱いで決済に使用することができるサービスを始めました。

また、アメリカの金融機関Keystone Capital Corpを買収した理由の一つとして、有価証券を売買する資格を得るためではないかと言われています。

このように、仮想通貨関連のサービスの実装をいち早く行っているcoinbaseでは、今後他にはないような新しいサービスを展開してくことが期待できます。

 coinbaseの新しい決済サービスについて詳しくはコチラ↓

大手仮想通貨取引所CoinbaseはWeGiftと提携してヨーロッパ及びオーストラリアでの仮想通貨決済サービスをローンチしました。これによりCoinbase内の資産をギフトカードに換金してAmazonやUberなどで使用することが出来ます。

 coinbaseのKeystone Capital Corp買収について詳しくはコチラ↓

アメリカの仮想通貨取引所Coinbaseは大手金融機関の買収を立て続けに行なっています。その背景にはブローカー・ディーラーライセンスの獲得を目的としており、ブロックチェーン基盤の有価証券発行を目指しているようです。

 coinbase(コインベース)の利用者は2000万人

coinbase(コインベース)の利用者は、2000万人とも言われています。

また、coinbaseが提供しているウォレットアプリの口座開設数が3800万ととても大規模な取引所です。
日本の取引所の中でも最大級と言われているbitflyerですら約200万人ですのでcoinbaseの規模の大きさは比べ物にならないほどですcoinbase(コインベース)公式サイトはコチラ

coinbase(コインベース)の取り扱い通貨

coinbase(コインベース)で取り扱う仮想通貨は、下記の5種です。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

また今後下記の5種類のアルトコインが上場する予定です。

  • カルダノ(ADA)
  • ベーシック・アテンション・トークン(BAT)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • ステラ・ルーメンズ(XLM)
  • ゼロエックス(ZRX)

上記の上場予定のアルトコイン以外にも、リップル(XRP)やネム(NEM)も上場する可能性がないとは言えません

なぜなら、この2つの通貨は日本で人気が高いので、coinbaseの日本上陸にあたり選ばれるかもしれないからです。

coinbase(コインベース)のメリット・デメリット

coinbaseメリット・デメリット

  • (+)セキュリティは世界一
  • (+)coinbaseのウォレットアプリが使いやすい
  • (-)手数料が海外の取引所としては高め
  • (-)日本でのサービスに対応していない

 セキュリテイは世界一

coinbase(コインベース)のメリットは何と言ってもセキュリティの強さです!

世界一のセキュリティの強さを誇ると言っても過言ではないでしょう。

このセキュリティの強さの秘密は、coinbase社の内の多くの従業員がセキュリティ面の仕事を担当していることにあります。

また、資金の99%をコールドウォレットで保管しており、ホットウォレットで管理している残る1%の資産に関しても保険をかけることで保護しています。

coinbaseのウォレットアプリが使いやすい

コインベース(Coinbase)はビットコインのウォレットアプリをリリースしていますが、このアプリが非常に見やすく使いやすいです。

このアプリは200万インストールもされていて10万以上のレビューがついていますが、評価の平均は4.4と非常に高いです。

前述の通り、ビットコインの購入や売却をすることは日本から利用できません。

しかし、その他の機能は使うことができますので、ウォレットとしてだけコインベースを利用してみても良いかもしれません。

手数料が海外の取引所としては高め 

coinbase(コインベース)売買手数料は1%です。

海外の仮想通貨取引所として有名なポロニエックス(Poloniex)やビットレックス(Bittrex)の売買手数料が0.25%です。

coinbaseの手数料は、海外の取引所の中ではやや高めと言えます

日本でのサービスに対応していない

上述した通り、未だcoinbase(コインベース)は、日本で利用ができません。

しかし、2019年内には日本での取引もできるようになる見通しですので、このデメリットも無くなるでしょう。

coinbase(コインベース)の登録方法 

coinbaseの登録方法の手順を簡単に説明すると以下のようになります。

メールアドレスを入力し「Get Started」をクリック

coinbaseのホームページ最初の画面が上図のものです。

赤枠の部分に登録するメールアドレスを入力し、「Get Started」をクリックします。

名前とパスワードを設定する 

次に、ご自身の名前をアルファベットで、パスワードを設定します。

下の二つの枠(・自分がロボットでないこと・18才以上であること)を確認してチェックし、「CREATE ACCOUNT」をクリックします。

確認メールのリンクをクリック 

下図のようなメールが登録したメールアドレス宛に届きます。

赤枠の部分「Verify Email Address」をクリックしますと次に進みます。

住んでいる国を選択し電話番号を入力 

自分が住んでいる国を選択し、ご自身の電話番号を入力します。

電話番号のSMSにcoinbaseから認証コードが送られて来ます。

認証コードを入力する

登録した電話番号に届いた認証コードを入力し、下図のような画面になれば、coinbaseの登録は完了です!


coinbase(コインベース)の登録はコチラ

coinbase(コインベース)の使い方 

coinbase(コインベース)の5つの項目について説明します。

ダッシュボード(Dashboard) :レートを確認できる

ログインした状態で「Dashboard」をクリックすると下図のような画面が表示されます。

こちらでは、各通貨の現在のレートと自分の資産状況を一目で把握することができます。

見やすくて分かりやすいのがcoinbase人気の理由の一つです。

購入/売却(Buy/Sell) :仮想通貨の売買ができる

「Buy/Sell」をクリックしますと下図のような画面になります。

こちらでは、仮想通貨の購入・売却ができます。

ただし、coinbase(コインベース)はまだ日本での利用ができませんので下図のように購入・売却はできないと表示されます。

アカウント(Accounts) :仮想通貨の入出金ができる

「Accounts」をクリックすると下図のような画面になります。

こちらでは、仮想通貨の入金・出金ができます。

入出金の方法については後ほど詳しく説明します。

ツール(Tools) :coinbaseの便利なツール

「Tools」をクリックすると下図のような画面が表示されます。

ここでは、よく取引するアドレスを登録・管理することができます。

しかし、未だ日本からは取引はできないのでこの機能を使うことはないでしょう。

設定(Settings) :個人情報の確認や変更ができる

「Settings」をクリックすると下図のような画面が表示されます。

こちらでは様々な設定を確認・変更することができます。

パスワードの変更や二段階認証の設定などが可能で、coinbaseをウォレットとしてのみ利用する場合でもこの機能はよく使うでしょう。

coinbase(コインベース)の入金・出金方法 

何度か述べていますが、日本からcoinbase(コインベース)に入金することはできません

ただし、アメリカのパスポートや運転免許証を持っている場合は、アメリカの銀行口座を開設すれば利用できるようになります。

アメリカの口座は三菱東京UFJ銀行で開設が可能ですのでこちらを見てください。

銀行の場合は指定された口座に振り込むことで入金が可能です。

今回は、coinbaseに日本の取引所で購入した仮想通貨を送るという方法について説明します。

入金方法

 「Accounts」から通貨を選び「Recieve」をクリックする 

「Show Address」で表示されたQRコードかアドレスに送金する 

「Receive」をクリックすると下図のような警告が表示されます。

こちらは、「ビットコイン以外の仮想通貨を入金してしまうと、永遠に失ってしまいますよ」という内容です。

確認し「Show Address」によって表示されるQRコードまたはアドレスに送金すると完了します!

出金方法

「Accounts」から通貨を選び「Send」をクリックする


送りたい先のウォレットアドレスと金額を入力する 

アドレス入力欄に出金先のウォレットアドレス・金額を入力します。

メールを使っての出金をする場合はメールアドレスをアドレス欄に入力します。

「Continue」を押すと出金が完了します!

coinbase(コインベース)まとめ

coinbaseのポイント

  • 日本への進出が決定
  • セキュリティは世界一
  • 証券や決済サービスに積極的
  • ユーザー数が非常に多い

 いかがでしたでしょうか?

今回は、アメリカの仮想通貨取引所coinbase(コインベース)について説明しました。

coinbaseは、2019年内は日本でのサービスを開始するそうなので今のうちに登録だけ済ましておくの良いかもしれませんね!

coinbaseの今後が楽しみです!