「仮想通貨ってもう終わりなの?」

と悩んでいる方も多くいるかと思います。

実際、バブルが崩壊してからあまり勢いがないように見えますよね。

しかし、ビットコインをはじめとする仮想通貨は、価格上昇の可能性が大いにあります。

​この記事を読めば、以下のことがわかるようになります。

この記事を読めばわかること

  • 2018年の相場の特徴
  • 価格が下落した原因
  • 今後価格が上昇するための要因
  • 著名人による今後の価格予想

 

 

2018年は右肩下がりの相場​​

2017年から2018年にかけて、ビットコインの価格は20倍に上昇しました。

しかしビットコインのバブルがはじけ、2018年1月から下落が始まり、2018年はずっと下落していました。

現在は下落が収まり、緩やかに上昇しています。

ピーク時に1BTC=230万円だったビットコインは2018年末には40万円ほどになりました。

 

2019年には回復の兆しも見えてきて、一時150万円ほどまで上昇しました。

今現在のビットコインの価格はこちらで確認することができます。

現在のビットコインの価格とリアルタイムチャートを配信。未来の価格予想や取引所ごとの価格、ビットコインの市場分析や最新ニュース、通貨性能分析も確認できます。

 

 

仮想通貨は終わった?価格が下がり続けるワケ

​ビットコインの価格が下がり続けた主な理由として以下の4つが考えられます。

価格が下がり続けるワケ

  • コインチェックのハッキング事件
  • 仮想通貨取引やICOの規制
  • ビットコインキャッシュの分裂
  • ETFの未承認

コインチェックのハッキング事件

2018年1月26日、​日本の大手仮想通貨取引所コインチェックから580億円相当のNEMが不正に流出しました。

当時、コインチェックは初心者にも使いやすいと人気が高く、多くの人が被害を受けました。

この結果、仮想通貨バブルが崩壊し、ビットコインの価格は暴落しました。

ビットコインだけでなく、ほぼすべての仮想通貨が暴落し、中には価値が無に帰したものもあります。

仮想通貨のバブルの崩壊を決定づけた、​コインチェックのNEM盗難事件から一年が経った。この停滞した1年の間には、何が起こり、現状はどうなっているのかを「仮想通貨取引所」「通貨のプロジェクト」という観点から探っていく。

 

仮想通貨取引やICOの規制 

コインチェックのハッキング事件や仮想通貨の詐欺事件の増加を受け、仮想通貨取引やICOの規制が厳しくなりました。

日本では、金融庁から多くの取引所が業務改善命令を受けました。

またマイニング大国であるアイスランドや中国は、仮想通貨を全面禁止にしています。

他の多くの国でも、仮想通貨取引やICOに規制をしています。

これらの規制によって、仮想通貨の取引量が減り、価格が下がり続けている1つの要因になっています。

ICOとは、仮想通貨(ICOトークン)を発行し販売することで資金を調達する資金調達方法のことです。別名「新規仮想通貨公開」とも言われています。 ICOは、現在世界的に規制されている傾向にあります。

 

ビットコインキャッシュの分裂

ビットコインキャッシュはクライアントの内輪揉めから、2018年11月に​​分裂しました。

この際、ビットコインは大幅に価格が下落しました。

そもそもビットコインキャッシュは、ビットコインから分裂して誕生した通貨です。

このように主要な仮想通貨は、少しの意見の違いから分裂が多々行われています。

この状況は、仮想通貨全体の不安定さの表れとなっています。

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の分裂について詳しく解説します!BTCのスケーラビリティ問題からブロックチェーン、ハードフォーク、新通貨のビットコインキャッシュ(BCH)の特徴まで丁寧にご紹介します。

 

ETFの未承認

ETFとは、取引所で取引される投資信託のことです。

ETFに承認されると、信頼感が生まれやすく、機関投資家の資産が流入するなどのメリットがあります。

しかし、アメリカ証券取引委員会は、過去にビットコインのETF上場の申請を却下しています。

却下された理由としては、価格変動が激しく資産として不安定であること、フェイクニュースが多いことなどが挙げられます。

​ビットコイン取引ファンド(ETF)の申請がSECの閉鎖により取り下げられた。そのため、再提出の時期によっては承認が2020年に持ち越される可能性が出てきた。

 

 

仮想通貨市場が上昇するための要因

仮想通貨市場が上昇するための要因

  • 仮想通貨ホルダーの入れ替わり
  • 先物市場の活性化
  • ETFの上場

仮想通貨ホルダーの入れ替わり

ビットコインの暴落した際に売るタイミングを逃し、未だに含み損を抱えている人が多くいます。

こうした人たちは、ビットコインの価格が多少上昇したら徐々に売り始めると考えられます。

その場合、今まで以上に仮想通貨市場に流動性が生まれ、価格が上昇していく可能性が高いです。

先物市場の活性化

先物市場が充実すると、機関投資家が参入してくる可能性が高いです。

機関投資家が参入すると、資金量が格段に上がり、仮想通貨の需要が高まります。

その結果、仮想通貨全体の価格が上昇すると考えられます。

ニューヨーク証券取引所の親会社であるICEが設立した仮想通貨取引所Bakktは、ビットコイン先物取引を2019年内に開始する予定です。

その他にも米ナスダックや仮想通貨取引所クラーケンでも先物取引を開始する計画があり、先物市場の活性化が期待できます。

「仮想通貨の先物取引についてもっと知りたい!」そのような方向けに、仮想通貨の先物取引について基本からわかりやすく解説し、ビットコイン先物に関するニュースや市場への影響、先物取引におすすめの取引所までまとめていきます!

 

ETFの上場

先ほども書いたように、仮想通貨がETFに上場すると機関投資家が参入する可能性が高いです。

機関投資家は多くの資金を持っているため、仮想通貨市場に大きな影響を与えるでしょう。

仮想通貨自体の信頼感や仮想通貨市場の流動性にもいい影響を与えます。

このようにETFの上場は仮想通貨市場を劇的に変化させるでしょう!

EUの立法機関である欧州議会はヨーロッパが仮想通貨に対して不安感を抱いていることを指摘。その上で、ビットコインETFの実現は市場に好影響を及すと期待を寄せている。これに関連して、ビットコインETFの現状についても考察した。

 

 

​仮想通貨の今後の価格予想

コインオタクの見解​

CoinOtakuは、仮想通貨(ビットコイン)はかならず世界を変える技術であると確信しています。

長期的に見れば、仮想通貨(ビットコイン)の価格は上昇していくと考えています。

ウィンクルボス兄弟の見解

ウィンクボス兄弟は世界の仮想通貨長者ランキングで4位入っており、仮想通貨投資家の第一人者です。​

この兄弟は2013年に1100万ドルでビットコインに投資を始め、総額10億ドルまで増やした凄腕の投資家です。

ウィンクボス兄弟は2019年1月7日に以下のような発言をしています。

我々はビットコインは金より金らしい存在と信じている。 もし正しければ、ビットコインの時価総額は、金の時価総額の7兆ドル(約756兆円)を超えるだろう​​。

現在のビットコインの時価総額の約100倍になるとの予想です。

仮想通貨取引で儲けている人物なだけに、信憑性が高いです。

仮想通貨について調べていくと、ウィンクルボス兄弟という名前をよく耳にすると思います。今回はそんなウィンクルボス兄弟という人物について詳しく解説していきます。

 

ジョン・マカフィー氏の見解

​ジョン・マカフィー氏は、セキュリティソフトウェアのMcAfee社の創業者で、”ブロックチェーンと仮想通貨の伝道師”の異名を持っている人物です。

彼がTwitterで気になる通貨を呟くとその通貨の価格が暴騰する現象が起きるようになりました。

これが「マカフィー砲」と呼ばれ、多くの投資家に注目されています。

そんな彼が2019年2月22日にTwitterで「2020年までにビットコインの価格が100万ドル(約1億1,000万円)を超える​」と主張しています。

仮想通貨は終わりなのか? まとめ​​

仮想通貨が下落している理由を理解することで、今後どのような状況になれば価格が上昇するかも理解できます。

コインオタクや仮想通貨業界の著名人の多くは、今後価格が大幅に上昇すると予想しています。

ビットコインが今後上昇することを見越して、今のうちに購入するのもおすすめです。

ビットコインを購入するならコインチェックがおすすめです。

コインチェックでビットコインを購入する