「今後価格上昇が見込めるアルトコインはどれ?」

こうお考えの方は多いのではないでしょうか?

仮想通貨の代表格であるビットコインの価格が伸び悩んでいる今、2000種類以上もあるアルトコインへの注目が高まっています!

アルトコインの中には高機能で将来性があり、今後価格上昇が見込まれる通貨も多い一方で、スキャムと呼ばれる詐欺コインがあることも事実です。

しかし、2000種類以上もあるアルトコインの中から将来性や伸びしろのある通貨を見つけ、判断するのは非常に難しいことです。

そこでこの記事では、日本一アルトコインに詳しい30人の編集部が選んだ「将来性があり、今後価格上昇が見込まれるおすすめのアルトコイン」を紹介します。

ぜひ仮想通貨投資の参考にしてみてください!

そもそもアルトコインとは? 

アルトコインとは、「Alternative coin」の略称で、ビットコイン以外の仮想通貨を総称して指す言葉です。

ビットコインの仕組みを利用、改良したものが大半を占めます。

日に日に新しいアルトコインが作られており、2019年2月現在、全世界で2000種類以上のアルトコインが存在しています。

CoinMarketCap」で全てのアルトコインをご覧いただけます。↓

アルトコインの中でも、価値が全くつくことなく消えていく通貨や、時価総額が低く(10億円程)短時間で価格が大きく変動する【草コイン】、すでに流通していて時価総額の大きいイーサリアム(2.5兆円程)やリップル(2.4兆円程)などの通貨に分類されます。

アルトコインにはたくさんの種類があり、それぞれ時価総額や特徴は大きく違います。

アルトコインに投資するメリット

アルトコインはビットコイン以外の仮想通貨でしたね。

では、アルトコインに投資することはどのようなメリットがあるのでしょうか?

主に以下2つのメリットがあります。

アルトコインに投資する2つのメリット

  • ビットコイン+αの機能が備わっている事が多い
  • 大きな価格上昇で一攫千金が狙える

ビットコイン+αの機能が備わっている事が多い 

ビットコインの画像

アルトコインの魅力は、性能がビットコインを上回るものがほとんどということです。

改良のベクトルはさまざまですが、それぞれが特徴的な技術を強みにしています。

通貨における実用性を見た場合に、ビットコインでは送金詰まりを起こす可能性や送金手数料の高さからアルトコインの方が実用的であると言われることがあります。

こうしたことから、高機能で将来性の高いアルトコインがビットコインの時価総額を抜くことも考えられ、ビットコインではなくアルトコインに投資した方がよいとする投資家はとても多いです。

大きな価格上昇で一攫千金が狙える 

一獲千金の画像

また、なんといってもアルトコインの最大の魅力は一攫千金が狙えることです。アルトコインはビットコインに比べてボラティリティがとても高いです。ボラティリティとは価格変動の激しさを表しています。 

現状投機目的で仮想通貨を買う人がほとんどのなか、価格が変動しやすいというのは投資家にとってもロマンがありますよね。

アルトコインのボラティリティはビットコインのそれよりも高いです。しかもその多くが、価格が上がる傾向にあります。

このツイートではアルトコインのボラティリティの高さがわかります。

2017年の1年間でビットコインの価格は14倍になったのに対し、イーサリアムは86倍、リップルは273倍、バージに至っては9815倍に価格が上昇しました。

以上のことからわかるように、時価総額や価格がビットコインに比べて低いアルトコインは短期間で大きく価値を上げる可能性があります2017年ではアルトコインに投資していた人の中から多くの”億り人”が誕生しました。

2019年でもマイナーなアルトコインはかなり安くから購入することができます。一攫千金を狙うならアルトコインに投資しましょう!


将来性のあるアルトコインの見分け方 

アルトコインの将来性は以下のポイントで見分けるようにしましょう。

将来性のあるアルトコイン

  • 取引量が多いアルトコイン
  • 革新的な技術を持っているアルトコイン
  • 開発が進んでいるアルトコイン

将来性のあるアルトコインとそうでないアルトコインを見分けるには「取引量があるか」「革新的な技術を持っているか」「開発が進んでいるか」をしっかり確認しましう。

アルトコインには必ずプロジェクトが存在しますが、既存の仮想通貨を超える技術を持っていなかったり、全然開発が進んでいなかったりすることもあります。

また、取引量が極端に少ない通貨だとそのまま誰にも買われずに価値がなくなってしまうことがあります。

このような点に注意して将来性のあるアルトコインに投資しましょう!

【2019年最注目】アルトコインおすすめランキングBEST5 

コインオタク編集部30人が厳選した2019年最も利益率の期待値が高いと予想するおすすめのアルトコインをランキング形式で紹介します。

ランキングをは上記3つのポイントを基準に作成しています。

アルトコインおすすめランキング

  • 1位:ビットコインキャッシュ
  • 2位:イーサリアム
  • 3位:クアンタム
  • 4位:リップル
  • 5位:リスク

 

ビットコインキャッシュ(BCH)

 ビットコインキャッシュの画像

ビットコインキャッシュについてざっくりまとめると、、、

  • ビットコインより高性能
  • しかし、価格は10分の1
  • ローリスク・ハイリターン型
  • ビットコインキャッシュの購入はGMOコインがおすすめ!

ビットコインキャッシュはビットコインの上位互換! 

まず紹介するのはビットコインが2017年8月にハードフォークしてできたビットコインキャッシュです。

ビットコインキャッシュのブロックサイズはビットコインより大きい8MBで送金スピードが速く、また、ビットコインより送金手数料は安いことからビットコインの上位互換と言われています!

しかもビットコインキャッシュの価格はビットコインの10分の1です!(発行枚数が同じなため単純に価格で比較ができます)

ビットコインよりも高性能で、なおかつ価格はビットコインよりも格段に安いビットコインキャッシュは大きな価格上昇が見込まれます!

また、Bitcoin.comのCEOであり、”ビットコインの神”とも呼ばれているロジャー・バー氏が「ビットコインキャッシュを支持する」と発言したことから大きな話題を呼びました。

<ビットコインキャッシュの特徴・将来性について詳しくはこちら>

2017年8月にビットコインはビットコインキャッシュと呼ばれる通貨と分裂しました。突然生まれたビットコインキャッシュですが、一体何のために作られて、どんな価値があるのでしょうか?また今後のビットコインキャッシュはどうなっていくのでしょうか?

ビットコインキャッシュの将来性 

今後のビットコインキャッシュの価格上昇の期待値はローリスク・ハイリターン型であると考えています。

ビットコインキャッシュのおすすめ取引所 

ほとんどの国内取引所でビットコインキャッシュを購入することができますが、中でもGMOコインがもっともおすすめです!

GMOコインロゴ

GMOコインは東証一部上場のGMOインターネットグループが運営する仮想通貨取引所です。

ビットコインキャッシュの取引手数料が安いのはもちろんのこと、様々な手数料が他の取引所よりも比較的安く使えることができ、また、スマホアプリは初心者にも使いやすい操作性で人気の取引所となっています。

今GMOコインに無料口座登録していただくと20000satoshi(約1500円分)が貰えるプレゼントキャンペーン中です!!

GMOコインに無料口座登録

GMOクリック証券でも有名なGMOグループが仮想通貨取引所を開設したということで、みなさんも高い前評判は聞いたことがあるかもしれません。その実態は?設立当初のウリは現在どうなっているのでしょうか?


イーサリアム(ETH)

イーサリアムの画像

イーサリアムについてざっくりまとめると、、、

  • スマートコントラクトにより決済だけでなく契約も行える
  • ICOのほとんどはイーサリアムで行われてる
  • ローリスク・ローリターン型
  • イーサリアムの購入はGMOコインがおすすめ

イーサリアムはスマートコントラクトを搭載した画期的な通貨! 

2位はイーサリアムです。通貨単位はイーサ(Ether)で表され、時価総額第2位の仮想通貨です。アルトコインの代名詞的な存在だと思う人も多いでしょう。

イーサリアムの最大の特徴はスマートコントラクトを搭載していることです!

スマートコントラクトは契約の自動化のことを言い、身近な例では自動販売機が挙げられます。

自動販売機ではお金を入れて商品のボタンを押すと自動的に商品を受け取れますよね。

このようなことがインターネット上でできるようになるのがスマートコントラクトです。

スマートコントラクトの画像

イーサリアムではこの仕組みを用いることで、契約相手を信用することなく、第三者機関が入らないため低コストで自動的に契約・取引を行うことができます。

さらに、昨年流行ったICOの多くは、イーサリアムのスマートコントラクトを使っているものです。

ICOがもっと認知されて評価が上がっていけばイーサリアムへの注目度、評価も上がることでしょう。  

<スマートコントラクトについて詳しくはこちら> 

時価総額第二位の仮想通貨イーサリアムの最大の特徴であるスマートコントラクトですが、なにがすごいのかわかっていない人も多いかと思います。そのスマートコントラクトを、具体的にできることから将来性まで考察しました。

<イーサリアムの特徴・将来性について詳しくはこちら>

イーサリアム(Ethereum)は、時価総額第2位の仮想通貨で、ビットコインを超えるほどのポテンシャルを持つかもしれないと言われています。イーサリアムの何が凄いのか、将来性はどのくらいあるのか、実際に買った方が良いのかを解説します!

イーサリアムの将来性 

今後のイーサリアムの価格上昇の期待値はローリスク・ローリターン型であると考えています

イーサリアムのおすすめ取引所 

イーサリアムもほとんどの国内取引所で購入が可能ですが、中でもGMOコインがおすすめです!

GMOコインのロゴ画像

イーサリアムを取引する上でGMOコインをおすすめする最大の理由はなんといってもイーサリアムのレバレッジ取引ができるということです。

イーサリアムのレバレッジ取引を行える取引所は国内ではこのGMOコインとDMM Bitcoinのみと数少ないため、多くの上級投資家がこの取引所を利用しています。

GMOコインの公式サイトはこちら

クアンタム(Qtum)

 クアンタムの画像

クアンタムについてざっくりまとめると、、、

  • ビットコインとイーサリアムのメリットを融合した通貨
  • 分散型アプリケーションによるビジネスで活用に期待
  • ローリスク・ローリターン型
  • クアンタムの購入はBinanceがおすすめ

クアンタムはビットコイン+イーサリアム 

3位は時価総額26位のクアンタムです。

クアンタムはビットコインの高い安全性とイーサリアムの高機能なスマートコントラクトを併せ持つ、いわばいいとこ取りをしたハイブリット通貨です。

ビットコインは残高管理方法にUTXOという仕組みを用いていて、高い匿名性やセキュリティーの部分で優れていますが、通貨として利用できないという欠点がありました。

逆にイーサリアムは高機能なスマートコントラクトを持っていて通貨としてだけでなくプレットフォームとして利用できる反面、セキュリティーが脆弱という特徴がありました。

クアンタムはこの2つの通貨のメリットを融合することにより、2つの仮想通貨にあるデメリットを完全に打ち消すことに成功しました。

クアンタムはこの技術を分散型アプリケーションの利用により、ビジネスに活用しようと考えています。

そうすることにより圧倒的に企業業務や経営が低コストになることから大きく期待されています!

<クアンタムの特徴・将来性について詳しくはこちら>

ビットコインとイーサリアムの融合仮想通貨だとICOで注目を浴びていた”Qtum”の実態とは?様々な技術を使って成長していく有望アルトコインQtumの特徴や将来性をコインオタクが徹底的に分析しました!

クアンタムの将来性 

今後のクアンタムの価格上昇の期待値はローリスク・ローリターン型であると考えています。

クアンタムのおすすめ取引所 

クアンタムは国内取引所では購入することができません。したがって、海外取引所のBinanceでの購入がおすすめです。

バイナンスのロゴ画像

Binanceは100種類以上の仮想通貨を取り扱う世界最大の仮想通貨取引所です。Binanceには国内取引所で取り扱っていない多数のアルトコインを取引することができるため、多くの日本人投資家が利用しています。

手数料はとても安く、登録はメールアドレスだけでできるため簡単に利用することができます。

Binanceに無料口座登録

リップル(XRP)

リップルの画像

リップルについてざっくりまとめると、、、

  • リップルは送金が早く手数料が安い!
  • 国際間・銀行間での送金に使用される
  • ハイリスク・ハイリターン型
  • リップルの購入はGMOコインがおすすめ

リップルは決済・送金向きのアルトコイン! 

おすすめアルトコイン第4位は時価総額3位のリップルです。

リップルはブロックチェーンの代わりに「XRP Legder」という決済プロトコルを採用しています。

「XRP Legder」がブロックチェーンと違うところはマイナーによる承認方法です。

ビットコインなどのブロックチェーンを利用している仮想通貨は不特定多数のマイナーが承認をするPoWというシステムですが、リップルの場合、リップル社が定めた一定の承認者にしかマイニングをすることができないPoCというシステムを採用しています。

PoCによりリップルは圧倒的な送金スピードと安い送金手数料を実現しています。

このようなことから国際送金や銀行間送金が早く安く利用できるとリップルは期待されています。

<リップルの特徴・将来性について詳しくはこちら>

リップルを買ってみたはいいけど、どんな仮想通貨なのかよく分かってないなんてことはありませんか?リップラーと呼ばれる方も数多くいるほどの人気を誇り、あのグーグルも出資されています。いま世界でもっとも注目されている仮想通貨をあらゆる面から解説!

リップルの将来性 

今後のリップルはハイリスク・ハイリターン型であると推測します。世界中の銀行間で使われるようになれば大きく価格は上昇するでしょう!

リップルのおすすめ取引所

リップルの購入はGMOコインをおすすめしています!

GMOコインはリップルの取引手数料が無料でスプレッドはほとんどありません。日本ではリップラーと呼ばれるリップルに本気で投資している方も多いいのですが、リップルのレバレッジ取引ができる取引所は国内ではGMOコインとDMM Bitcoinの2社のみと数少ないため、リップルのレバレッジ取引をするために登録している投資家は非常に多いです。

また、GMOコインはウォレットアプリもリリースしていて、リップル購入後すぐに送金することもできます。

GMOコインで無料口座登録

リスク(LISK)

 リスクの画像

リスクについてざっくりまとめると

  • リスクはイーサリアムの上位互換!
  • 開発が簡単でアップデートがしやすい
  • ハイリスク・ハイリターン型
  • リスクの購入はBinanceがおすすめ

リスクは機能のアップデートによる価格上昇に期待! 

5位にはリスクがランクインです。

リスクはイーサリアムと同じスマートコントラクト機能を持っています。

イーサリアムではこの契約情報が一本のチェーン上に記録されていくのですが、リスクでは契約情報がサイドチェーンに記録されるのです。

これはスケーラビリティ問題への対策になっています。

さらにリスクならではの強みとしては、開発コードがJavaScriptである点が挙げられます。

このコードにすでに慣れ親しんでいる人はとても多く、彼らは気軽に参加することができるので開発が活発になり得ます。

またリスクは2018年にリブランディングなど大きめのイベントを控えているのでそのタイミングで大きく値を上げるかもしれませんね!

<リスクについて詳しくはこちら>

LISK(リスク)は、イーサリアムとよく比較されたり、国内取引所で取り扱いが開始されて知名度が上がっている仮想通貨です。本記事では、LISKの特徴や今までのチャートの動き通して、将来性を徹底解説します!

リスクの将来性 

今後のリスクの価格上昇の期待値はハイリスク・ハイリターン型であると予想します!

リスクのおすすめ取引所 

リスクの購入はBinanceをおすすめしています!

バイナンスのロゴ画像

Binanceは仮想通貨取引量世界一の取引所なんですが、なんといってもここは取引手数料が一律0.1%と非常に安いです!

リスクの他にも国内取引所では扱ってない種類を豊富に扱っているので他の通貨にも興味がある方はぜひご利用ください!

登録は簡単に5分でできますのでこの機会に是非ご登録ください!

Binanceで無料口座登録

【草コイン】マイナーアルトコインおすすめ3選 

番外編として国内取引所ではあまり扱っていないマイナーなアルトコインを3つ紹介します。

どれも他の仮想通貨にはない特徴や将来性があり、価格上昇の期待値はとても高いです!

ウェーブス(Waves) 

ウェーブスの画像

Wavesは個人でトークンを発行できるWavesプラットフォームの基軸通貨です。

Wavesにはスマートコントラクト機能がついているため第2のイーサリアムと言われることが多いです。

Wavesプラットフォーム上でトークンを発行する際、必要な費用は1Waves(=約300円)とイーサリアムに比べ格安となっています。そのため、イーサリアムよりも誰でも気軽にトークンを発行できます。

また、Wavesプラットフォーム上のDEX(分散型取引所)ではビットコインやイーサリアム以外にもドルやユーロなどの法定通貨なども取り扱うことができます。

まだまだ開発中の仮想通貨ですので今後実用的な通貨になれば大きく価格を上げる可能性があります。

Wavesの購入は世界最大の取引所Binanceをおすすめしています。

Binanceの公式サイトはこちら

<Wavesについて詳しくはこちら> 

Wavesは仮想通貨としてよりICOにも使われる多機能プラットフォームとして有名です。チャート分析や特徴の説明はもちろん、エアドロップのもらい方は?購入できる取引所は?ロシアの通貨規制の影響は?などの疑問をすべて解消します!


エイダコイン(ADA) 

ADAコインの画像

ADAコインとはCardano(カルダノ)と呼ばれるオンラインカジノプラットフォームで利用される仮想通貨です。

ICOで60億円もの資金調達を成功させたことで注目を集めました。

最近ではオンラインカジノのプラットフォームの開発以外にも30億人の財布を作ることを目標とし、ADAコイン専用のウォレット「ダイダロス」の開発も着実に進んでいます。

時価総額も12位と既に人気のある仮想通貨です。全部で4段階あるプロジェクトの内、現在は3段階目を進行中ですので、今後プロジェクトが進んでADAコインの機能がさらにあがればさらなる価格の上昇が見込まれます。

ADAコインの購入は手数料の安いBinanceをおすすめしています。

Binanceの公式サイトはこちら

<ADAコインについて詳しくはこちら>

ADAコインとは、時価総額12位の仮想通貨です。オンラインカジノの通貨として始まったADAコインは急速な成長を遂げています。この記事では、そんなADAコインの持つ特徴や将来性について徹底解説します!


ダッシュ(DSH) 

ダッシュの画像DASHは現金のように使われることを目指した決済型仮想通貨で、取引の早さと匿名性を兼ね備えています。

現在の時価総額は15位となかなか人気のある仮想通貨です。

DASHにはマスターノードと呼ばれる人たちが存在して、このマスターノードが運営の決定権や送金の承認を行っています。

これによってDASHは他の仮想通貨とは違い、中央集権的な通貨であると言われています。

中央集権的な通貨は一般ユーザーに受け入れやすい傾向があり、広く使われるようになればDASHの価格は上昇するでしょう。

DASHの購入はBinanceをおすすめしています。

Binanceの公式サイトはこちら

<DASHについて詳しくはこちら>

DASH(ダッシュ)は日本でも人気の高い通貨です。けどDASHがどんな仕組みでビットコインや他の通貨とはどのように違うの?と思っている人も多いと思います。DASHの仕組みとそれからわかる将来性を解説します!

 

アルトコイン まとめ

今回は「将来性があり、今後価格上昇が見込まれるおすすめのアルトコイン」をご紹介しました!

簡単にですがおすすめのアルトコインの将来性とおすすめの取引所を表でまとめます。

通貨期待値おすすめ取引所
ビットコインキャッシュローリスク・ハイリターン型GMOコイン
イーサリアムローリスク・ローリターン型 GMOコイン
クアンタムローリスク・ローリターン型 Binance
リップルハイリスク・ハイリターン型GMOコイン
リスクハイリスク・ハイリターン型BIinance

アルトコインに投資する際は、その通貨の特徴をふまえて、あなたの目的にあったアルトコインに投資しましょう!

仮想通貨市場はまだまだ発展途上です。ビットコインだけではなく、これから市場が発展していくにはアルトコインの成長が欠かせません!

みなさんも一緒にアルトコインを買って、仮想通貨界の成長を見届けていきませんか?

GMOコインでアルトコインを買ってみる