「Factom(ファクトム)ってどんな仮想通貨何だろう...」

そのような悩みを抱えてはいませんか?

Factomとは、今後のデータ市場を独占する可能性を秘めた仮想通貨です!

この記事では、Factomの仕組みや将来性、取引のポイントやマイニングについてなど徹底的に解説します!

仮想通貨Factom(ファクトム)とは?

Factomは、2015年に公開された書類などをブロックチェーン上に保管することができる仮想通貨です。

2019年2月現在、総額約65億円で、時価総額ランキング第68位に位置しています。

「ファクトム」という名前は、プラットフォーム上の名前で、通貨単位は、Factoid(ファクトイド・FCT)です。

Factom(ファクトム)の特徴

書類をブロックチェーン上で管理する

Factomの1番の特徴は、書類等をブロックチェーン上で管理する点です。

Factomを利用すれば、土地や保険などの書類や記録を書き込み、匿名性を保ちつつ管理・監査・追跡が可能です。

ビットコインのブロックチェーンを利用し、通貨以外にサービスを提供しようというプロジェクトのため「ビットコイン2.0」と呼ばれています。


ビル・ゲイツ財団から出資を受けている 

Factomは、ビル・ゲイル財団から5000万ドルにも及ぶ資金提供を受けています。

そのほかにも多くのベンチャーキャピタルから出資を受けています。

さらに、金融データプロバイダー企業のIntrinioやホンジュラス政府とも提携を結んでいます。


ファクトムハーモニーとdLoc 

ファクトムハーモニーとdLocは、注目されている2つのプロジェクトです。

ファクトムハーモニーとは、アメリカの住宅ローンデータを効率的に管理しようとするプロジェクトです。

ローンに関する書類をブロックチェーン上に保存することで、5兆円かかるとされている管理コストが削減できます。

dLocは、書類の情報をQRコードやバーコードを読み込むだけでウェブ上から引き出すというプロジェクトです。

現在は、主に医療の分野での応用が期待されており、従来は紙で保管していたカルテなどの情報を一瞬で引き出すことができます。

dLocを用いることで、書類を保管するコストの削減や作業の効率化ができます。


Factom(ファクトム)の仕組み 

M2 

M2とは、Factomが使用しているビットコイン以外の独自のブロックチェーンです。

M2は、ビットコインのブロックチェーンだけでなく、イーサリアムのブロックチェーンにも分散して記録できるようになっています。

M2は、Factom全体で一つの取引情報にまとめ、ブロックチェーンに負荷をかけることなく様々な情報を管理することを目的としています。

そうすることによって、安く様々な情報を管理・記録できるようになっています。


FactoidとEntry Credit 

Factomでは、2種類のコインを使います。

それが、FactoidとEntry Creditです。

Factoidは、ファクトムのシステムを使用するのに必要な使用料金「Entry Credit」と交換することができます。

Factomのシステムを使うためには、Entry Creditを使わなければいけません。

こうすることで、ハッキングリスクを減らし、利用料の変動を抑えています。

Factom(ファクトム)の評価 

評価基準5段階評価
知名度★★★☆☆ 3点
将来性★★★★☆ 4点
投資リスク★★★☆☆ 3点
買いやすさ★★★☆☆ 3点
実用性★★★★☆ 4点

知名度

Factomは、国内の取引所でも取り扱っているので、少しは馴染みがあると思います。

将来性

Factomは、将来的にデータ管理市場を独占する可能性を秘めています。

今後に期待できます。

投資リスク

Factomは、開発スピードが遅いですが、この技術がうまくいけばかなりの価値の上昇が望めるかもしれません。

ミドルリスク・ハイリターンな仮想通貨と言えそうです。

買いやすさ

Coincheckで購入できます!

国内ではCoincheckのみなので、板取引等がしたい方は海外の取引所を利用するしかありません。

実用性

未だ、実用性は低いですが、とても高い実用性を秘めています。

仮想通貨Factom(ファクトム)の今後・将来性

Factomは、データ管理市場を独占する可能性を秘めています。

Factom、ブロックチェーン上に土地や保険を乗せることで様々な情報を匿名性を保ちつつ管理できます。

この技術が発展すれば、現在のような中央集権型の管理をする必要が無くなります。

セキュリティコストや管理コストが大幅に削減できるので、社会が大きく変わるかもしれません!


仮想通貨Factom(ファクトム)の価格

Factom(ファクトム)最新価格・相場・チャート


2019年2月現在、Factomは1FCT=約730円です。

時価総額は約65億円で、時価総額ランキングは68位となっています。

Factom(ファクトム)の取引のポイント 

Factomは、基本的には仮想通貨市場全体の動きとリンクします。

仮想通貨バブルであった2017年末は、急激な高騰を遂げていますが、その後は下落しています。

しかし、赤丸で囲われている2018年11月中旬から12月の初めごろまでは、1日で最高約40%ほどの値上がりを記録しています。

高騰の理由としては、不動産ローンサービスの会社と提携したことが考えられます。

今後もFactomが他の企業と提携などの発表をした場合、プロジェクト信仰の期待から値上がりが期待できます。

Factomの購入後は、ご自身のウォレットに移した方が良いでしょう。

Factomは、対応ウォレットがほとんどなかったのですが、Ledger社との提携をしました。

Ledger社が提供するウォレットの中でもおすすめなのが、「Ledger Nano S」です!

Ledger Nano Sは、最強のハードウェアウォレットです!

ハッキングリスクがほとんど0で、またUSB型なので持ち運びにも便利です。


Ledger Nano Sの購入はコチラ

 Ledger Nano Sの購入について詳しくはコチラ

Ledger Nano S(レジャーナノS)気になってませんか?いま全世界でハードウェアウォレットの必要性が認識され、その中でも最高峰の人気を誇るLedger Nano S。リップルにも対応したウォレットの購入方法を徹底解説します

 

仮想通貨Factom(ファクトム)の評判・口コミ

独自の分野での活躍に期待

34歳 会社員

Factomのデータ管理技術が保険や土地、また医療などの面でも活躍ができそうなのでとても期待しています。

中央集権的で不安

45歳 会社員

ファクトム社が管理することで、処理スピードが早いのはとてもいいです。

その分ファクトム社に権利が集中する中央集権的なのが不安です...


仮想通貨Factom(ファクトム)のおすすめ取引所


国内でFactom(ファクトム)を取り扱っているのは、唯一Coincheckのみです!

Coincheckは、国内でも最大級の仮想通貨取扱所です。

Coincheckは、サイト・アプリがとても見やすく、使いやすいです。

コインオタクでも人気の取引所です!


Coincheck公式サイトはコチラ

 Coincheckについて詳しくはコチラ

コインチェックの現在の評判やメリット・デメリットを口コミとともに解説します。新規口座開設を再開したコインチェック(coincheck)の現状を、2018年11月時点の最新情報でお届けします!

 

仮想通貨Factom(ファクトム)のマイニング


Factomは、ビットコインのようなマイニングがありません。

Factomは、ファクトム社が管理・運営しています。(リップルのようなイメージです)

そのため、他の通貨に比べてFactomは中央集権性が高いです。

ファクトム社が管理するため、データ処理などの面では優れていますが、将来的に権利が集中してしまう恐れもあります。

 マイニングについて詳しくはコチラ

仮想通貨にある程度興味のある方なら、マイニングという言葉を一度は聞いたことがあると思います。けど、その仕組みがどうなってるのかってちゃんと理解していますか?仕組みを知りたい方、実際にマイニングで稼いでみたい方は必見です!

 

仮想通貨Factom(ファクトム) まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、Factomについて特徴や仕組み、将来性などを解説しました!

Factomは、実現すればとても便利になるでしょう!

今のうちにFactomを購入しておくのも良いかもしれません!

今後もFactomには注目です!


CoincheckでFactomを購入する