※2019年7月12日に起きた35億円のハッキング事件により、現在Bitpointは全ての機能が停止しております。
Bitpointでの登録を考えていた人には、未だにハッキング被害に遭ったことがなく、レバレッジ取引も充実しているDMM Bitcoinをおすすめします!
詳細はこちらから!

\安心のセキュリテイなら/

DMM Bitcoinで口座開設

 

 

 

 

「BITPoint(ビットポイント)の登録ってどうやるの?」

そのように悩んでいる方も多いかと思います。

確かに、登録って難しそうに感じますよね!

この記事ではコインオタク編集部が実際にBITPoint(ビットポイント)に登録して、その手順を画像を用いながら解説していきます!

さらに、登録完了後すぐに取引が開始できるよう2段階認証の設定方法や入金方法を解説しています。

この記事を読みながら、BITPointに登録して、すぐに仮想通貨取引を始めましょう!

BITPointの登録はこちら

BITPoint(ビットポイント)とは

BitPointのバナー

BITPointは2016年3月に設立された、ビットポイントジャパンが運営している取引所です。

親会社の信頼も高く、BITPointは、金融庁から仮想通貨交換業者の認可も受けているので安心して利用できます。

取り扱い通貨は5種類で、手数料がとても安いのが特徴になっています。

最大25倍というレバレッジ倍率は国内最大タイであり、FX取引でも人気があります。

FX取引では、世界で最も普及しているFXトレードプラットフォームのMT4を無料で使うことができます。

BITPointの公式サイトはコチラ

 

BITPoint(ビットポイント)の登録方法

現在、BITPointは「平成最後の新規口座キャンペーン」と称した新規登録に伴うお得なキャンペーンを実施中です!

新しく登録して、10万円以上の入金をするだけで2000円相当のリップルがもらえます!

さらに取引金額に応じで最大8000円分のリップルがもらえます。

ここでは、BITPointにスムーズに登録して頂くために必要となるものや、実際の登録手順まで画像を使いながら解説していきます。

用意するもの

以下の2点を事前に用意すれば、スムーズに登録作業を完了することができます。

  • メールアドレス
  • 本人確認書類

本人確認書類には、以下の表に記載されているものが利用できます。

A B-1 B-2
運転免許証
運転経歴証明書
パスポート
住民基本台帳カード
・各種健康保険証(両面)
・介護保険証など健康保険証
・各種年金手帳
・母子健康手帳
・児童扶養手当証書
・各種福祉手帳
・公共料金の領収証(固定電話・電気・水道・NHK・ガスのいずれか)
・国税・地方税の領収証
・社会保険料の領収証(国民年金保険保険料や健康保険料の領収証など)
・納税証明書
・住民税の写し(本籍地の記載不要)
・印鑑証明書
本人確認書類は、Aから一点、もしくはB-1とB-2から一点ずつ必要になります。

 

それでは、BITPointの登録の流れを簡単に確認しておきましょう!

申し込み口座と利用規約を確認する

まずは、BITPointの公式サイトへアクセスします。

日本国籍の個人のお客様が多いと思われるので、今回は例として、一番左を選択します。

こちらをタップすると、登録のための情報入力がスタートしていきます。

ガイド・規約類への同意が求められます。

問題がなければ順番に「はい」を選択していきます。

基本的には「はい」で進んでいけると思いますので、しっかりと読みながら進めていってください。

個人情報を入力する

次は氏名や生年月日、住所などの基本情報を入力してきます。

 
 
 

最後の項目の「取引契約締結の主目的」は、4つから自分に該当するものを選択してください。

特に深く考える必要はありませんので、必要に応じた目的を選んでください!

 

特に複雑な部分はありませんので、間違いの無いように記入してください!

入力したあとに確認ボタンを押すと入力した情報を確認することができます。

その際にも入力情報に誤りがないかチェックをするようにしてください!

本人確認書類を提出する

 

先ほど「用意するもの」でご紹介した本人確認書類をアップロードします。

画像の種類はjpg,png,bmp,gif,pdfなどのファイル形式でアップロードできます。

 

写真が不鮮明だと登録が完了しない場合があります。

アップロードした写真は画面で確認できますので、そこでチェックすると良いでしょう。

お申し込み完了&審査

ここまで完了すると一旦お申し込みは完了です。

ここから数日間、BITPoint(ビットポイント)による審査期間が行われます。

ハガキが届いたらログインする

 

3~4日ほどでBITPointから、転送不要のはがきが届きます。

下図の赤枠で塗りつぶされている部分に、ログインIDと初回ログイン用のパスワードが記載されています。

追加情報を登録する

初回のログインをしますと、その後ログイン用のパスワード変更と取引するための暗証番号を設定します。

パスワードがログイン時に、取引暗証番号が取引を行う際に必要になりますので、忘れないようにしましょう。

次に、自分の勤務先と入出金先金融機関の登録をします。

学生の方は、自分が通学している大学名を入力します。

 

ご自身の投資経験と申込経緯について選択します。

全てに回答し、「申込内容の確認」をクリックします。

申込内容の確認画面が表示され、誤りがないことを確認してから、「登録」ボタンを押します。

以下の画面が表示されればBITPointの登録は完了です!

日本円の入出金や仮想通貨の取引を行うことができます。

 

審査に時間がかかるので、登録完了までは数日かかりますが、実際の作業はたった5分程度で完了します。

 

BitPointの登録はこちらから!

BITPoint(ビットポイント)の二段階認証設定の方法

実際に取引を行う前に、二段階認証を必ず行いましょう!

この二段階認証は、セキュリティを高める上で重要なことです。

 

二段階認証について詳しくはコチラ 

「仮想通貨の取引所での2段階認証」なんとなく難しそうですよね?そもそも2段階認証が何かを知らない人もいるんじゃないでしょうか?今回はそんな人のために、2段階認証とはなんなのか、楽な設定の仕方などをいちばん簡単に紹介します!

 

2段階認証の設定の手順を簡単に説明すると以下のようになります。

 

「ユーザー設定」から「二段階認証」を選択する

ログインした画面の右上にあるユーザー設定」をクリックします

今回は、2段階認証にGoogleの認証アプリ「Google Authenticator」を使います。

Google Authenticator
Google Authenticator
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

赤枠に囲われている、「二段階認証」の「通知方式」から「Google Authenticator」を選択します。

その後、画面を下までスクロールすると「登録」のボタンがあるのでそれをクリックします。

「認証番号」を取得し入力する

「認証番号取得」をクリックします。

BITPointに登録しているアドレスに、認証番号が記載されているメールが届きます。

メールに記載されている認証番号を入力し、「登録」をクリックします。

「Google Authenticator」でアカウントを追加する

次に、「Google Authenticator」の設定画面に進みます。

アプリを起動し、QRコードをスキャンをしてBITPointのアカウントを追加します

もしQRコードを読み込むことができない場合は、シークレットキーを入力してアカウントを追加してください。

「クリックしてキーを表示」をクリックしますと、シークレットキーが表示されます。

このシークレットキーは、機種変更やバックアップなどにも使用しますので、メモを取るなどして忘れないようにしましょう。

バックアップコードを発行し保管する

「バックアップコードを表示」をクリックすると、バックアップコードが表示されます。

バックアップコードは、携帯の故障や紛失で認証アプリが使用できなくなった際に、認証を解除することができます。

このバックアップコードもメモを控えるなどして、忘れないように保管しましょう。

確認コードを入力する

全て完了したら認証アプリで生成した6桁の確認コードを入力し「確認」をクリックします。

下図のように「ユーザー設定を更新しました」と表示されれば二段階認証設定は完了です!

 

BITPoint(ビットポイント)の入金方法

日本円の入金方法には、銀行振込と即時入金があります。

それぞれ画像付きで詳しく解説しています。

銀行振込の方法 

BITPoint銀行振込の方法・手順

  • 「入出金・振替」から「入金先口座情報」を選択する
  • 表示された振込先にATM等から入金する

ログインした状態の画面で「入出金・振替」から「入金先口座情報」を選択します。

振込先は、ジャパンネット銀行です。

下図のようにご自身の振込先が表示されます。

この口座に日本円を振り込めば入金が行うことができます。

*振込手数料は、ご自身での負担です。

即時入金の方法 

BITPoint即時入金の方法

  • 金融機関を選択する
  • 入金額・暗証番号を入力する
  • 金融機関サイトの案内に従って進める

今回は、往信SBIネット銀行を使って説明していきます。

ログインした状態の画面で入出金・振替」から「即時入金」を選択します。

往信SBIネット銀行」を選択し、入金額を入力し、確認画面をクリックします。

確認画面にて、「取引暗証番号」を入力します

往信SBIネット銀行のページに移動するので、ユーザーネームとWEBログインパスワードを入力してログインします

入金内容の確認をし、WEBパスワードを入力し、スマート認証をクリックします。

この画面でスマホからのスマート認証待機中になります。

スマホからスマート認証を立ち上げます。

スマート認証画面で、改めて確認し「OK」を押すと、即時入金は完了します!

BITPoint(ビットポイント)登録に関するQ&A

登録が完了できない?

多くの場合は本人確認書類に不備があるようです。
特に「アップロードした書類が不鮮明である」「顔がはっきりとしていない」「書類の有効期限が切れている」場合が多いです。
これらを確認すると、スムーズに登録が進むと思います!

スマホからでも登録できる?

スマホからでも、PC版で説明した流れと同じように登録することができます

ただ、本人確認書類のアップロードの方法がPCと多少異なりますので、自分のやりやすいほうで登録を進めていくことをおすすめします。

登録完了後は、BITPointのスマホアプリを使うと、とても便利です。

BITPoint Lite
BITPoint Lite
開発元:BITPoint Japan Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

未成年でも登録できる?

現在の規約では、未成年の方はBITPoint(ビットポイント)には登録できない制度となっています。

どうしても仮想通貨の取引がしたい方は、未成年でも登録できるZaifCoincheckをおすすめします。

BITPoint(ビットポイント)登録のまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はBITPoint(ビットポイント)の登録方法を説明しました。
メールアドレスと本人確認書類を用意すれば、たった5分の作業で登録を完了することができます。

さらに登録後、二段階認証・入金と取引まで簡単に進むことができると思います。

できるだけ早く登録して、仮想通貨取引の機会を逃さないようにしましょう!

BITPointの登録はこちらから!