「Z502ってどんな通貨何だろう...」

そのような悩みを抱えてはいませんか?

Z502とは、Zaifのサーバーがよくエラーになることから誕生したネタ性を含む仮想通貨トークンです。

この記事では、コインオタクがそんなZ502について詳しく解説していきます。

これを読めば、特徴や将来性、取引所などZ502についてわかります!

仮想通貨Z502(502 Bad Gateway Token)とは? 

Z502は、取引所のZaifがサーバーエラーの際に「502Bad Gateway」と示すことがきっかけに誕生したトークンです。

頭文字のZはZaifから来ています。

Z502トークンは、取引所のサーバーダウンなどの不祥事や問題を常に監視しており、何か問題が起きた際にはこのZ502トークンが配布されます。

通貨単位は「Z502」で2019年4月現在1Z502=0.005円ほどといわゆる草コインとして捉えられています。

 Zaifについて詳しくはコチラ

ザイフ(Zaif)は数多くのトークンを取り扱っているほか、ビットコイン積立などの機能も併せ持つユニークな国内取引所です。この記事では、ザイフの特徴やメリット、登録方法・使い方まで徹底的に解説していきます!

 Z502の公式サイトはコチラ

Z502の特徴 

【補償】取引所の不祥事の際にエアドロップを開催 

取引所に不具合や不祥事が起きた際、502 Bad Gateway Token公式Twitterアカウントが補償のためのトークンエアドロップイベントを開催します。

ちなみに某取引所(=Zaif)は頻繁に不具合を起こすので、遺憾ながらエアドロップイベントが乱発しています。​

【啓蒙】取引所の怠慢に対する投資家の圧力

502 Bad Gateway Tokenは、取引所に対する投資家の圧力となっています。

従来、取引所のサーバーが落ちたところで投資家は何もできませんでした。

しかし、502 Bad Gateway Tokenの登場により、取引所の怠慢に対し圧力をかけることができます。​

【価値】日本コミュニティで根強い人気 


Zaifのサーバーが頻繁に不具合を起こすことから生まれたZ502トークンは、日本人から根強い人気のあるネタ性を持ったトークンです。

またこのトークンで払うことでしか手に入らない腕時計を発売するなどを計画しています。

Z502の仕組み

「502おじさん」がエアドロップで配布 

ETHなどとの関係からトレードに利用する人もいるようです。

今後の取引所上場を期待してガチホするようです。


仮想通貨Z502(502 Bad Gateway Token)のおすすめ取引所 


​Z502は国内の取引所では購入できません。

Z502の購入は海外の取引所を使用するかありません。

購入にはCoinExchangeがおすすめです!


CoinExchangeでは700種類以上の草コインを取り扱っています!

CoinExchangeは登録がとても簡単でメールアドレスとパスワードあればできます!

様々な通貨建てでも取引をすることもできます。

CoinExchange公式サイトはコチラ

CoinExchangeについて詳しくはコチラ 

CoinExchange(コインエクスチェンジ)の特徴やメリット・デメリットについて口コミ・評判と合わせてご紹介します。さらに、手数料や登録方法についてもわかりやすく説明します。草コインで有名な海外取引所を使いこなしましょう!


仮想通貨Z502(502 Bad Gateway Token)のマイニング 

Z502にはマイニングはありません。

Z502は取引所での購入または公式twitterのエアドロップに参加することで手に入ります。

公式twitterでは何かとエアドロップを行なっているのでチェックすることをおすすめします。


仮想通貨Z502(502 Bad Gateway Token) まとめ​

いかがでしたでしょうか!

今回はZ502について説明しました。

国内発であるこのZ502トークンはネタ性から根強い人気があります。

草コインとして爆上がりする可能性もあるので今後も注目です。