​「Waves walletってなに?」

と疑問を感じているのではないでしょうか?

仮想通貨取引をする上でウォレットを使うことは、セキュリティを高めるため非常に重要です。

Waves wallet​は使いやすい操作性と独自トークンが発行できる機能などが利用できる画期的なウォレットです。

今回はそんなWaves wallet​の登録方法と使い方を解説していきます。

<そもそも仮想通貨のウォレットってなに?という方は下記の記事を御覧ください>

仮想通貨を安全に保管するためには、ウォレットを使う必要があります。ウォレットには様々な種類があり、対応OSや対応通貨がそれぞれ違います。ウォレットの種類、種類別のおすすめウォレットを紹介していきます。


Waves walletの特徴 

​Waves walletとは仮想通貨・法定通貨の管理と取引ができるWavesのプラットフォーム​です。

仮想通貨「Waves」だけでなくビットコインやイーサリアムなどの人気通貨も取り扱っています。

Waves wallet​はウォレット機能はもちろんのこと、ユーザーが自由に取引ができるDEX(分散型取引所)も備えている画期的なウォレットです。

また、独自トークンの発行や保有している仮想通貨の貸出など非常に多くの機能が利用できます。

ウェブ上だけでなくスマホアプリにも対応しており、とても使いやすいと評判になっています。

<仮想通貨「Waves」について詳しくはコチラ> 

Wavesは仮想通貨としてよりICOにも使われる多機能プラットフォームとして有名です。チャート分析や特徴の説明はもちろん、エアドロップのもらい方は?購入できる取引所は?ロシアの通貨規制の影響は?などの疑問をすべて解消します!


Waves walletの登録方法 

​Waves walletはウェブ上だけでなくiphoneアプリ、Androidアプリでご利用いただけます。

登録はアカウント名とパスワードだけで簡単にできます。​今すぐ登録しましょう!


Waves Wallet​にアクセスしたら、「Get Started」をクリックしてください。

​次に好きなアカウントのアバター・アドレスをを選んだら「Continue」をクリックしてください。

最後に好きなアカウント名とパスワードを入力したら登録は完了です。

Waves walletの使い方 

​Waves walletの使い方を解説します。

まずはWaves wallet​にログインしてください。

仮想通貨の受け取り 

​仮想通貨の受け取りは上の「Receive」からできます。

受け取る通貨を選択し、アドレスもしくはQRコードを送信する相手に伝えてください。

アドレスを間違えると送った仮想通貨がなくなってしまう可能性があるので注意が必要です。

仮想通貨の送金 

​​仮想通貨の送金は上の「Send​​」からできます。​

送金アドレス、送金量、メッセージ(任意)を入力し、「Continue」をクリックすれば完了です。

送金もアドレスを間違えると仮想通貨がなくなってしまう可能性があるため十分注意しましょう。

取引所機能の利用 

​取引所機能は左端のローソク足のマークからご利用いただけます。

取引したい通貨ペアを選択し、取引したい価格・量を記入すれば簡単に仮想通貨の売買ができます。

Waves walletではビットコインやイーサリアムだけでなく非常に多く通貨で取引ができます。

Waves walletまとめ

​今回はWaves wallet​の登録方法・使い方を解説しました。

仮想通貨取引をする上でウォレットは必需品です。

Waves wallet​​は多数の機能を搭載している他、使いやすい操作性から多くの投資家から人気があります。

どのウォレットを使うか迷っている方はぜひWaves wallet​​を使ってみてください!

スマホをメインに利用している方はアプリのダウンロードをおすすめしています。