「リップルを取引するために取引所で口座開設をしたい!」

とお考えの方も多いのではないでしょうか?

この記事では口座開設すべきおすすめの取引所と開設方法、また、リップルの購入方法を紹介します。

取引所に口座開設してリップルの取引を始めましょう!


そもそも仮想通貨リップル(XRP)とは? 

リップルはリップル社が開発した時価総額3位の仮想通貨です。

送金・決済ネットワークを構築することを目指しています。

<リップルの特徴・仕組み・将来性など詳しく知りたい!という方はこちら>

リップルを買ってみたはいいけど、どんな仮想通貨なのかよく分かってないなんてことはありませんか?リップラーと呼ばれる方も数多くいるほどの人気を誇り、あのグーグルも出資されています。いま世界でもっとも注目されている仮想通貨をあらゆる面から解説!

リップルを購入する前にどのような仮想通貨であるのか特徴を簡単に解説します。

リップルは他の仮想通貨とは違い、

  1. 中央集権的な仕組みである
  2. 高速で低コストな送金ができる

という特徴があります。

中央集権的な仕組みである

リップルの最も大きな特徴として中央集権的な通貨であることが挙げられます。

それは、リップルが仮想通貨の代名詞でもあるブロックチェーンを利用していないからです。

そのかわりにXRPレジャーと呼ばれるリップル社独自のサーバーを使用しているのです。

また、取引の承認はリップル社によって選ばれたValidatorと呼ばれる人たちしかできないようになっています。

このようにリップルはサーバーの運営から取引の承認までリップル社によって行われているため、中央集権的な通貨であるとされているのです。

<リップルが中央集権と言われる詳しい理由は下記の記事をご覧ください↓>

「リップルは中央集権的だ!」と言われるけど、よく分からない...。リップルと中央集権性は切っても切り離せません。この記事では、重大な3つの理由だけでなく、だからこそ生じるメリット・デメリットまで、初心者でも分かる言葉で徹底的に解明します!


高速で低コストな送金ができる

リップルは中央集権的な仕組みから高速で低コストな送金が実現できています。

取引量が多かった2017年の12月でさえ、処理時間は3.36秒で取引手数料は約0.04円と圧倒的なパフォーマンスです。

2018年1月現在のリップルの処理速度と手数料を他の仮想通貨と比べてみましょう。

通貨名処理速度手数料
リップル約4秒約4円
ビットコイン約1時間約18円
イーサリアム約2分約14円

リップルは送金・決済に向いた通貨と言えるでしょう。

日本ではリップルの将来性に期待する人が多く、リップラーと呼ばれる人たちがいたりするなど、とても人気な仮想通貨です。


口座開設する取引所を選ぶ際の注意点 

リップルの取引を始めるには取引所の口座開設が必要です。

ですが、口座開設する際に注意しなければならないことが2点あります。

それは「取引所と販売所の違い」と「レバレッジの有無」です。

取引所と販売所の違い 

取引所には「取引所」形式「販売所」形式があります。

この2つは取引方法や手数料が違うため注意が必要です。初心者は特に気をつけましょう。

「取引所」は投資家が自由に売買できる市場で、板取引による指値注文が基本です。

「販売所」では投資家は販売所が指定した値段でしか売買できません。「販売所」が自由に値段を設定できるため、手数料が高くなってしまう傾向があります。

<取引所と販売所の違いの詳しい解説はこちら!>

仮想通貨の取引所と販売所は厳密には異なるものです。この記事では、取引所と販売所の大きな違いを解説した後に、それぞれの特徴を整理して、どちらを使うべきかまで解説します。また、おすすめの取引所と販売所も解説します。


レバレッジ取引の有無 

レバレッジ取引とは元手の何倍もの金額で取引できる取引方法で、大きな利益をあげることができますが、その分大きな損失がでてしまう可能性があります。

仮想通貨のレバレッジ取引とは、仮想通貨を用いた証拠金取引のことを言います。仮想通貨のレバレッジ取引はハイリスクハイリターンの取引方法です。この記事では、レバレッジ取引のメリット・デメリット、おすすめ取引所から儲けるポイントまで解説します!

仮想通貨初心者が初めからレバレッジ取引をすることはおすすめできません。

ですが、今後仮想通貨投資に慣れてきてレバレッジ取引に挑戦したくなった場合、また取引所に登録するのは二度手間です。

レバレッジ取引もできる取引所ではじめから口座開設しておきましょう!


GMOコインで口座開設してリップル取引を始めよう!

GMOコインは東証一部上場のGMOインターネットグループが運営する国内最大級の取引所です。

コインオタクではリップル取引を始める際、GMOコインでの口座開設をおすすめしています。

取引手数料や入金手数料など基本的な手数料はほとんど無料です。

スマホアプリ「ビットレ君」は多数のツールと初心者にも使いやすい操作性です。

「取引所」形式と「販売所」形式どちらでも取引可能で、レバレッジ取引もできることから初心者だけでなく、上級者にもおすすめできる取引所です。

GMOコインの公式サイトはこちら!

GMOクリック証券でも有名なGMOグループが仮想通貨取引所を開設したということで、みなさんも高い前評判は聞いたことがあるかもしれません。その実態は?設立当初のウリは現在どうなっているのでしょうか?


GMOコインの口座開設方法

リップル取引を始めるためにGMOコインで口座開設しましょう!

↓こちらからGMOコインの公式サイトに進むことができます↓

GMOコインの公式サイト

以下の5つの手順で簡単に口座開設ができます。


GMOコインの口座開設の手順

  • メールアドレスの登録
  • パスワードの登録
  • 個人情報の登録
  • 本人確認書類の提出
  • 口座開設コードの入力

 

1 メールアドレスの登録 

まずはメールアドレスを登録しましょう。

メールアドレスは今後使いやすいようにパソコンではなく携帯メールアドレスの登録をおすすめします。

メールアドレスを入力し、「私はロボットではありません」にチェックを入れます。

すぐに入力したメールアドレス宛にGMOコインからメールが届くので、続けてパスワードを登録しましょう。

2 パスワードの登録 

届いたメールのURLをクリックします。

そうするとパスワード設定画面に移動するのでパスワードを入力しましょう。

登録するパスワードは忘れないようにメモをしておきましょう。

また、時間があれば二段階認証もするようにしましょう。GMOコインでの二段階認証の方法は以下の記事で紹介しています↓

「仮想通貨の取引所での2段階認証」なんとなく難しそうですよね?そもそも2段階認証が何かを知らない人もいるんじゃないでしょうか?今回はそんな人のために、2段階認証とはなんなのか、楽な設定の仕方などを東大生がいちばん簡単に紹介します!

パスワードを登録したら次は本登録をしていきます。

3 個人情報の登録 

「お客様情報の登録」の登録するから個人情報の登録に進んでください。

氏名や生年月日、住所、電話番号、国籍などを聞かれますので入力していきましょう。

全て入力したら次は本人確認書類の提出です。

4 本人確認書類の提出 

GMOコインでは2通りの本人確認書類の提出方法があります。

書類の画像をウェブアップロードするか、受取時に宅配業者に書類を提示するかを選ぶことができます。

↓本人確認書類として使用できるのは以下のものだけです↓

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバー通知カードは不可)
  • パスポート(日本国籍の方のみ)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 住民票の写し
  • 各種健康保険証

※忙しく在宅時間が短い方はウェブアップロードをおすすめします!また、本人確認には審査があります。

5 口座開設コードの入力 

後日、佐川急便から「口座開設のお知らせ」のハガキが届くので、そちらに記載されている口座開設コードをログイン画面で入力します。

口座開設コードを入力して「口座開設」をクリックすれば口座開設は全て完了です!

GMOコインでのリップル購入方法 

口座開設をしたらいよいよリップルを購入してみましょう!

リップルを購入するには2つのステップが必要です。

日本円を入金する 

日本円の入金方法は即時入金と振込入金の2つがあります。

即時入金

即時入金は提携しているネット銀行からだったら即時に入金ができ、手数料が完全無料のお得な入金方法です。

主に楽天銀行と住信SBIネット銀行が利用できます。

「日本円」→「即時入金」と進み入金する金融機関を選んでください!

そのまま入金金額を記入すれば完了です。

振込入金

振込入金は銀行もしくはコンビニから入金ができる方法です。振込手数料は個人負担となってしまいます。

「日本円」→「振込入金」と進むと振込先情報が見れるので、最寄りの銀行もしくはコンビニからお振込みしてください。

販売所でリップルを購入する

日本円を入金したら販売所にてリップルを購入しましょう。

「販売所」→「XRP」に進み、金額指定もしくは数量指定でリップルを購入してください。

以上の手順で簡単にリップルを購入することができます。

GMOコインでは最低30XRP(約1000円)から購入することができます。

リップルの口座開設方法Q&A

届いたURLに有効期限はありますか?

→あります!1週間で期限切れとなってしまいます。速やかに口座開設しましょう。

本人確認書類の審査は何日位かかりますか?

→通常1日~2日ほどです。ただ、審査状況によってはそれ以上かかることもあるようです。

本人確認の住所と現住所が違う場合は口座開設できますか?

→できません。本人確認書類の住所変更が必要です。

リップルの口座開設まとめ

今回はリップルがどのような仮想通貨なのか簡単におさらいし、リップルを購入するために必要な口座開設の方法を解説しました。

リップルは高速で低コストに送金できるという通貨として最高の機能が備わっています。

また新たにくる仮想通貨の波に乗り遅れないように、口座開設をしてリップル取引を始めましょう!

GMOコインなら20000satoshi(約1000円分)のビットコインが貰えるプレゼントキャンペーン中です!

GMOコインで口座開設はこちら!