「リップルを取引するために取引所で口座開設をしたい!」

とお考えの方も多いのではないでしょうか?

でも、初めての時は「一体どうやって買えばいいのかよくわからない・・・」と思いますよね。

そこでこの記事では、コインオタクが口座開設すべきおすすめの取引所と開設方法、また、リップルの購入方法を紹介します

取引所に口座開設してリップルの取引を始めましょう!

 

そもそも仮想通貨リップル(XRP)とは? 

リップルはリップル社が開発した時価総額3位の仮想通貨です。

送金・決済ネットワークを構築することを目指しています。

<リップルの特徴・仕組み・将来性など詳しく知りたい!という方はこちら>

リップルを買ってみたはいいけど、どんな仮想通貨なのかよく分かってないなんてことはありませんか?リップラーと呼ばれる方も数多くいるほどの人気を誇り、あのグーグルも出資されています。いま世界でもっとも注目されている仮想通貨をあらゆる面から解説!

 

リップルを購入する前にどのような仮想通貨であるのか特徴を簡単に解説します。

リップルは他の仮想通貨とは違い、

  1. 中央集権的な仕組みである
  2. 高速で低コストな送金ができる

という特徴があります。

中央集権的な仕組みである

リップルの最も大きな特徴として中央集権的な通貨であることが挙げられます。

それは、リップルが仮想通貨の代名詞でもあるブロックチェーンを利用していないからです。

そのかわりにXRPレジャーと呼ばれるリップル社独自のサーバーを使用しているのです。

また、取引の承認はリップル社によって選ばれたValidatorと呼ばれる人たちしかできないようになっています。

このようにリップルはサーバーの運営から取引の承認までリップル社によって行われているため、中央集権的な通貨であるとされているのです。

<リップルが中央集権的と言われる詳しい理由は下記の記事をご覧ください↓>

「リップルは中央集権的だ!」と言われるけど、よく分からない...。リップルと中央集権性は切っても切り離せません。この記事では、重大な3つの理由だけでなく、だからこそ生じるメリット・デメリットまで、初心者でも分かる言葉で徹底的に解明します!

 

高速で低コストな送金ができる

リップルは中央集権的な仕組みから高速で低コストな送金が実現できています

取引量が多かった2017年の12月でさえ、処理時間は3.36秒で取引手数料は約0.04円と圧倒的なパフォーマンスです。

DMM Bitcoinで口座開設してリップル取引を始めよう!

DMM Bitcoin

リップルの取引で一番おすすめなのはDMM Bitcoinです!

DMM Bitcoinは大手企業DMM.comが運営する仮想通貨取引所です!

大手企業ならではの手厚い365日サポートや強固なセキュリティが特徴です。

DMM Bitcoinでは、リップルの現物取引のみならず、レバレッジ取引をすることもできます!

使いやすいため初心者の方にもおすすめの取引所です!

\会社の信頼性No.1!/

DMM Bitcoinの登録はこちら

DMM Bitcoinの口座開設方法

DMM Bitcoinの口座開設手順

  • メールアドレスの登録
  • パスワードを設定
  • 基本項目の確認と個人情報の入力
  • 本人確認書類の提出
  • 携帯電話番号の認証
  • ハガキを受け取って口座開設完了

メールアドレスの登録

まずは、DMM Bitcoinの公式サイトにアクセスします。↓

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

公式サイトで、画面一番下の「口座開設(無料)はこちら」というボタンがあるのでクリックしてください。

すると、上のような画面になります。↑

まずは、メールアドレスを入力します。

入力するメールアドレス自体はフリーでも問題ないので、Googleで新規のメールアドレスを作成して登録することも可能です。

認証をクリックして「同意して登録する」をクリックしてください。

そうすると登録したメールアドレスにDMM Bitcoinからメールが届きます。

パスワードを設定する

DMM Bitcoinから届いたメールに付いているURLをクリックすると上のような画像になります。

ここでパスワードの設定をします。

これで仮口座登録が完了となるので、マイページにログインして次に進みます。

基本項目の確認と個人情報の入力

ここからは本口座開設になります。

まずは、上の画像のようになりますので、各項目を確認してチェックを入れてください。

次に個人情報の入力を行います。

入力が終わると、確認をしてから次に進みます。

本人確認書類に提出

本人確認書類の提出を行います。

本人確認書類として使えるものは以下のものになります。

本人確認書類として使えるもの

  • 【顔写真付き 1つ提出】免許証・パスポート・住人台帳基本カード・在留カード
  • 【顔写真なし 2つ提出】各種保険証・住民票の写し・年金手帳・印鑑登録証明書・その他官公庁から発行又は発給された書類

携帯電話番号の認証

最後に電話番号認証を行います。

「コードを発行する」をクリックすると、登録した電話番号に認証コードが届きます。

そのコードを入力して「認証する」を行えば、本登録は完了です!

ハガキを受け取って口座開設完了!

審査が通ると、数日後にDMM Bitcoinから郵便物が届きます。

これを受け取り、記載されている6桁の数字をマイページから入力すると、登録は完了です。

いつでも取引を行うことができます!

\おすすめ取引所No.1/

DMM Bitcoinの口座開設はこちらから

より詳しい口座開設方法はこちらの記事を参考にしてみてください。↓

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は、レバレッジ取引が有名な国内の仮想通貨取引所です。この記事では、DMM Bitcoinの登録方法や2段階認証の設定方法を画像付きで詳しく解説しています。
 

DMM Bitcoinでのリップル購入方法

取引所(販売所)に入金する 

口座の登録が完了したら、実際に取引をしていくために日本円を入金します。

今回はDMM Bitcoinの入金画面の画像を使って説明していきます。

ログインをするとマイページに入るので、まずはメニューから「入金・入庫」→「日本円入金(銀行振込)」をクリックします。

すると下記のように振込先の口座が表示されるので、その口座に日本円を振り込めば入金は完了します。

この際手数料は振込をする金融機関の所定額となっています。上の画像を見ればわかるように振込先はりそな銀行の口座であるため、当銀行の口座から振り込めば手数料は無料になります。

その他には金融機関宛への振込手数料が月最大15回無料の住信SBIネット銀行がオススメです。

また入金までの所要時間は営業時間内であればおおよそ2〜3時間です。なお入金金額に関する制限は特にありません。

住信SBI銀行の登録・口座開設はこちらから

 

リップルの購入・売却方法

入金が完了したら、仮想通貨の取引です。

ここでも引き続きDMM Bitcoinを使って仮想通貨の取引方法を紹介します。

こちらは、ストリーミング注文という現物取引及びレバレッジ取引で共に対応している一番オーソドックスな注文方法です。

ストリーミング注文とはDMM Bitcoinが提示しているレート(画像赤枠部分)に沿って売買する注文形態のことで、ボタンクリックだけで瞬時に取引ができます。

取引方法は、

  1. 通貨を選ぶ
  2. 数量を入力する
  3. 「売 Bid」「買 Ask」を選ぶ

この3STEPで仮想通貨の購入・売却が出来ます!

\おすすめ取引所No.1/

DMM Bitcoinの登録はこちら

DMM Bitcoinは2018年1月にオープンし、今とても勢いのある仮想通貨取引所です。この記事では、DMM Bitcoinの使い方を画像付きで丁寧に解説しています。初心者上級者問わず5分で基本操作をマスターしましょう!
 

リップルの口座開設方法Q&A

届いたURLに有効期限はありますか?

→あります!1週間で期限切れとなってしまいます。速やかに口座開設しましょう。

本人確認書類の審査は何日位かかりますか?

→通常1日~2日ほどです。ただ、審査状況によってはそれ以上かかることもあるようです。

本人確認の住所と現住所が違う場合は口座開設できますか?

→できません。本人確認書類の住所変更が必要です。

リップルの口座開設まとめ

今回はリップルがどのような仮想通貨なのか簡単におさらいし、リップルを購入するために必要な口座開設の方法を解説しました。

リップルは高速で低コストに送金できるという通貨として最高の機能が備わっています

また新たにくる仮想通貨の波に乗り遅れないように、口座開設をしてリップル取引を始めましょう!

DMM Bitcoinのの口座開設はこちら