​「​Ledger Nano Sってどうやって使うのかな」そんな風に思ってはいませんか?

​Ledger Nano S​を使おうと思っても、設定などが大変そうで取っ付きにくいですよね?

そこで、この記事では​Ledger Nano S​の初期設定から基本的な送受金を行う方法を簡単に解説しています。

また、​Ledger Nano S​を使うメリットや注意点も解説しています。

この記事を読んで、​Ledger Nano S​についてマスターしましょう!


​Ledger Nano S​の特徴!

​Ledger Nano S​とは仮想通貨を管理するための仮想通貨ウォレットの一つであり、ハードウェアウォレットです。ハードウェアウォレットとは、USBのような仮想通貨用の端末に保存する方法です。仮想通貨ウォレットには、他にもモバイルウォレット、ウェブウォレット、PCウォレット、ペーパーウォレットなどがあり全て合わせると5種類になります。また、仮想通貨のウォレットについても興味のある方はこちらをご覧ください!

仮想通貨を安全に保管するためには、ウォレットを使う必要があります。ウォレットには様々な種類があり、対応OSや対応通貨がそれぞれ違います。ウォレットの種類、種類別のおすすめウォレットを紹介していきます。


安全性に優れている!

​​Ledger Nano S​は、ハードウェアウォレットなので普段はインターネットに接続していません。そのためその間はハッキングされるリスクは0になります。また、もし秘密鍵を抜き取られてしまった場合でもLedger Nano S​に直接コードを入力しなければいけないよう二重にロックされているため安心です。

ただ、公式のサイトではなく、アマゾンやメルカリなどで購入することは避けるようにしましょう。理由としてはウイルスが仕込まれていたり、本体が改造されていて秘密鍵やコードを読み取られてしまう可能性があるからです。

実際に被害も出ているので、購入は公式なサイトなどから行うようにしましょう。

簡単に入出金できる!

​​Ledger Nano S​は、入出金の操作も簡単に行うことができます。取引所の仮想通貨を動かすのとさほど作業は変わらずに入出金を行うことができます。

ただ、Ledger Nano S​をパソコンに接続して操作しなければならないので決済などには向いていません。​

多くの仮想通貨に対応している

Ledger Nano S​は、ビットコインだけ​でなく多くのアルトコインにも対応しています。有名なイーサリアムやリップルなど27種類の仮想通貨やトークンに対応しています。 

この、27種類という数はハードウェアウォレットとして非常に優れています。Ledger Nano S​を一つ所持しておくことである程度はウォレットに困らなくなるでしょう。

いくつか例に出すと

  • リップル
  • ビットコイン 
  • ビットコインキャッシュ
  • ダッシュ
  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • ライトコイン

など十分な数の仮想通貨に対応しています。

​​Ledger Nano Sの購入はこちら! 

Ledger Nano Sの初期設定方法

まず​Ledger Nano S​の初期設定の手順を簡単にまとめています。​Ledger Nano S​​の操作は基本的に左が「戻る」右が「進む」両押しが「決定」になっています。

  1.  パソコンに接続・両方のボタンを押して起動!
  2. (`configure as new device?)と表示されるので右ボタンで決定​
  3. 4〜8桁のPINコードを設定
  4. (confirm your PIN code)と表示されます。確認の為先程と同様に、同じ数字を入力​
  5. リカバリーフレーズをメモする
  6. (confirm your recovery phrase)と表示されいくつか問題を出されるので正確なフレーズを入力​
  7. ​Ledger Nano S​​本体の設定は完了​
  8. Ledger live​をこのページ(https://www.ledger.com/pages/l...)からインストールします。
  9. パスワードを設定する
  10. 注意書きが表示されるので読んだ上で納得される方は「Got it」をクリック​い

​端末内では、英語で表示されています。記事内には訳も書いているのでご確認ください。

パソコンに接続する!

まずは、Ledger Nano Sを専用の接続用コードを使用してパソコンに接続してみましょう。すると、英語で両方のボタンを押してスタート(press both buttons to begin)と表示されたと思います。

両方ボタンを押すと、次にボタンの説明が流れ始めます。基本的には、左のボタンが戻る、右のボタンが進む両押しで決定になっています。確認しましょう!

ボタンの説明が終わると、上のように新しいデバイスとして設定しますか?(`configure as new device?)と表示されるので右ボタンで決定して次に進みましょう!

PINコードを決める!

PINコードとは

  • ウォレットを起動する際には必要!
  • アプリをインストール際にも使用!
  • 4〜8桁の好きな数字で自分で設定する

 

​新しいデバイスとして設定することを選択すると、PINコードを選択する(choose a PIN code)と表示されます。両方のボタンを押してPINコードの設定を開始しましょう。


設定がはじまると、このような画面になります。PINコードは4〜8桁の数字を設定する必要があります

ここでは、左のボタンを押すと、数字が下がり、右のボタンを押すと数字が上がります。両方同時に押すと数字を決定することができます。

この流れを繰り返し4〜8桁​の数字を設定しましょう。また、ここで設定したPINコードは必ず紙などにメモしておきましょう。このコードがないと自分のウォレットにアクセスができなくなってしまいます。

また、PINコードはアクセスするための重要なコードです。絶対人に見られないようにしましょう。

設定が終わると次にPINコードの確認(confirm your PIN code)と表示されます。確認の為先程と同様に、同じ数字を入力しましょう。

リカバリーフレーズの確認

リカバリーフレーズとは

  • Ledger Nano S​本体が壊れてしまった際やPINコードを忘れてしまった際にも復元できるコードです。しかし、この復元コードを覚えていないと永久に仮想通貨を取り戻すことができなくなります。
  • リカバリーフレーズは予め決まっている!
  • リカバリーフレーズを人に見られてしまい悪用されると仮想通貨を盗まれる危険性がある

 PINコードの確認を完了後、リカバリーコードをメモする(write down your recovery phrase)と表示されるので付属されていたリカバリーコードを記入する紙を用意してボタンを同時に押しましょう。

すると、ランダムな数字が*1〜*24まで流れるので紙に順番も正確にメモしましょう。24個目の数字が流れたあとはボタンを押し、次に進みましょう。

次にリカバリーフレーズを確認する(confirm your recovery phrase)と表示されいくつか問題を出されるので正確なフレーズを入力してください。

​このように表示されれば、​Ledger Nano S​​本体の設定は完了です!

Ledger liveの設定

​Ledger Nano S​をパソコンに接続します。

次にこのページ(https://www.ledger.com/pages/l...)からインストールします。download nowをクリックするとインストールすることができます。

​​​​インストール完了後Ledger liveを立ち上げると、Get Startedをクリックしてください。

いくつかの選択肢が表示されますが、初めて設定をする方は「initialize a new Ledger device」を選択します。すると、自分の使用しているデバイスを選択する画面に変わります。

Ledger Nano S​を選択し、(continue)をクリックしましょう。

次に、下の写真のようにいくつかの質問がyes/no形式で表示されるので答えてください。

質問に答え終わると、パスワードロックの画面になるのでスキップすることもできますが設定しておきましょう。

パスワードを入力する箇所が二箇所あるので、どちらにも同じパスワードを入力してください!

バグ等を報告する設定の画面が出てくるのでめんどくさい方は下の画像のようにオフにしてください!


報告の設定を完了すると、デバイスの準備が完了した(your device is ready)と表示されるのでクリックしましょう。すると、使用する上での注意書きが表示されるので読んだ上で納得される方は「Got it」をクリックしてください!

これで、Ledger liveの設定は完了です!

ウォレットアプリをインストールする

初期設定を終えた​Ledger Nano S​本体をパソコンに接続し、、Ledger live​を起動します。接続する際にはLedger Nano S​本体​にPINコードを入力しボタンを同時に押してください!

下の画像の赤枠で囲われているサイドバーの(manager)から必要な通貨のアプリを選択しインストールできます。インストールする際はmanager​を開きアプリアイコンの横にあるinstallをクリックするとインストールできます。


少しして、インストールが完了するとLedger Nano S​本体​にアプリのアイコンが表示されます。アイコンが表示されればインストール完了です。

​これで、Ledger Nano S​​をウォレットとして使えるようになります!


Ledger Nano Sからの送金方法

Ledger live​のサイドバーでSENDをクリックすると、上のような画面になります。この通りに入力し(continue)​をクリックしてください。

Ledger Nano S​本体​に確認の表示がされるのでチェック側のボタンを押してください!これで完了です。

これだけ簡単に送ることができます!


Ledger Nano Sからの受金方法


​Ledger live​のサイドバーで​(Receive funds)をクリックすると、上のような画面になりQRコードと受信アドレスが表示されます。

Ledger Nano S​本体にも受信アドレスが表示されるので相違がないことを確認してから送金者受信アドレスを伝えましょう!

仮想通貨が、送金され次第即座に反映されます。もし、反映されない場合は送金者に確認しましょう!


Ledger Nano Sの使い方に関するQ&A

​PINコードを忘れたらどーなるの?

Ledger Nano S​​を使用する際には必ず必要な、PINコードを忘れた際には初期設定の際メモしておいたリカバリー​フレーズを使用することで復元することが可能です。しかし、リカバリーフレーズも忘れてしまった場合にはそのウォレットから仮想通貨を取り出すことができなくなるので必ずメモしておくようにしましょう。

どこで買えるの?

​​一番良い購入方法は、公式サイトから購入することです​が、アマゾンやメルカリでも購入することが可能です。ただし、不良品やウイルスに感染している可能性もあるのであまり知識のない方、不安な方は避けるようにしましょう。

具体的な購入方法が知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

 

Ledger Nano S(レジャーナノS)気になってませんか?いま全世界でハードウェアウォレットの必要性が認識され、その中でも最高峰の人気を誇るLedger Nano S。リップルにも対応したウォレットの購入方法を徹底解説します


Ledger Nano Sの購入はこちら!

Ledger Nano Sの使い方まとめ!

Ledger Nano Sのまとめ!

  • 仮想通貨を、安全に管理することができる
  • 仮想通貨を簡単に送受金できる
  • 27種類の仮想通貨、トークンに対応している

 ​

いかがでしたでしょうか?今回は、​Ledger Nano S​について使い方を中心に説明しました!

​Ledger Nano S​にもデメリットはありますが、正しくLedger Nano S​​を使用する​ことで仮想通貨をハッキングで盗まれるリスクを低くすることができます。

この記事を機にLedger Nano S​​を使用してみてはどうでしょうか?

安全なウォレットで安心な仮想通貨投資生活を過ごしましょう


Ledger Nano S​の購入はこちら!