「ビットコインって、お金なの?法定通貨と何が違うの?」

そんな疑問を抱えてはいませんか?

たしかに、ニュースで耳にすることはあるものの、「ビットコイン」の実態はわかりづらいですよね。

そこでこの記事では、ビットコインに注目し、お金との違いについてわかりやすく解説していきます!

さらに、記事の後半ではビットコインの購入方法や換金方法についてもご説明していきます。

この記事を読んで、早速あなたも仮想通貨の道へ足を踏み入れてみましょう!


ビットコインってお金なの?

そもそもビットコインとは

ビットコインは、2009年に謎の研究者「ナカモト・サトシ」によって生み出された世界で初めての仮想通貨です。

仮想通貨は1500種類以上あると言われていますが、ビットコインはそんな仮想通貨の代表格として知られています。

ビットコインは「暗号通貨」や「デジタル通貨」などとも呼ばれ、インターネット上で使うことのできる通貨です。インターネット上でつながっているため、国を超えて利用することができ、送金手数料が安くで済むことから今世界中で注目を集めているのです。

ビットコインについてもっとよく知りたい方はこちら↓

ビットコインとは今世界で大ブームを引き起こしている仮想通貨です。仕組みがわからずなんとなく怖いと思い手を出せていないあなたは得するチャンスを逃しているかも!ビットコインの仕組みや人気の理由を初心者向けに図とともに10分で解説します!

ビットコインの法定通貨との違い

ビットコインのお金との違いまとめ

  • 実体を持たない
  • 中央管理者がいない
  • 発行には上限がある

 

実体を持たない

ビットコインが法定通貨と違う点としては、「実体を持たない」ということが言えます。

通貨や紙幣は実物が存在しているのに対し、ビットコインはインターネット上にあるバーチャルなお金のため、実際に見たり触ったりすることができません。

そのため、スマホやパソコンの中にウォレットというアプリを入れて管理することになります。

 ウォレットについての詳しい解説はこちら↓

「ビットコインを運用したいけど、ウォレットってどれを選べばいいんだろう・・・」そんな悩みを解決するため、ビットコインの保管・運用に必要なウォレットをコインオタクが徹底的に比較・紹介します!


中央管理者がいない

ビットコインと法定通貨の大きな違いとしては「ビットコインには中央管理者がいない」ということも挙げられます。

通貨は、基本的に国が中央管理者となっています。例えば、日本の通貨である円は日本の政府が発行し、管理をしています。

ところが、ビットコインにはこのような中央管理者が存在しません。

ビットコインは、顧客の台帳をネットワークにつながる不特定多数のコンピュータで共有するブロックチェーン技術を用いることにより管理を行なっているのです。

 ブロックチェーンの詳しい仕組みについては、以下の記事で詳しく解説していますので気になる方はぜひ目を通してみてください!

ビットコインの「ブロックチェーン」という言葉をよく聞くけれど、一体何のことなんだろう・・と思っていませんか?この記事では、ブロックチェーンの特徴や仕組みを中心に、わかりやすく説明していきます!

発行には上限がある 

さらに、ビットコインには「発行に上限がある」という特徴があります。

法定通貨には発行上限がないため、円やドルなどは必要になればいくらでも発行することができます。

それに対し、ビットコインの発行量はあらかじめ2100万枚までと決められており、これ以上は発行されない仕組みとなっています。

このように発行上限が決められているため、ビットコインは希少性が保たれ価値が担保されています。

ビットコインは法律で「お金」として認められている

ビットコインは、2016年に成立した「改正資金決済法」によって、「貨幣と同等の財産的価値を持つ」と定められました。

つまり、日本政府からもビットコインは実質的にお金として認められているのです。

​ビットコインが正式な決済手段として認められ信頼性が高まっていく中で、今後はビットコインの利用者や利用可能店舗が増えていくでしょう。

それに対して、三菱東京UFJなどのメガバンクや証券会社などもビットコインを取り入れる動きを見せています。


ビットコインはお金の三機能を果たすのか?

お金は、大きく分けて価値の尺度 ・交換の媒介 ・価値の保存​​​という三つの機能を果たすことで知られています。

ここでは、ビットコインがこの三機能を果たすのかどうか見ていきましょう。

お金の機能①価値の尺度

​お金には、まずモノやサービスの価値を客観的に表すという機能​があります。つまり、お金は価値の尺度の役割を果たしていると言えるのです。

例えば、日本円は「ペットボトルのお茶は100円、ハンバーガーは300円、よってハンバーガーはお茶の3倍の価値がある」という風に価値を比べる基準の役割を果たしています。

現状ではビットコインは値動きが激しく一定の価値尺度を提供することができないため、この機能を果たすことは難しいと考えられています。

​お金の機能②価値の交換

さらに、お金にはモノやサービスなどの価値を交換する時の媒体としての機能もあります。昔は価値の交換として物々交換が行われていましたが、お金が登場してからはお金が価値の交換の仲介役として機能してきました。お金は広く価値が認められたからこそ、この役割を果たすことができると言えます。

では、ビットコインはこの機能を果たせるでしょうか。答えは、まだ「NO」です。

ビットコインはまだ普及率が低く、この点から見て交換の媒体としての機能を果たすには不十分であると言えます。

お金の機能③価値の保存

お金には、将来に向け価値を蓄積、保存するという機能もあります。この役割を果たすには、長期間に渡って一定の価値を保つ必要があります。

例えば、もし日本円の価値が急降下して、「昨日300円で買えたはずのハンバーガーが今日は1万円払わないと買えない・・・」ということになれば、価値の保存はできません。

現在の日々価格が大きく変動するビットコインでは、この機能を果たすことはできないでしょう


以上のように、ビットコインにはまだ多くの課題があり、現状ではこれらの「お金の三機能」を満たすとは言えません。そのため、今のままでは法定通貨の代わりとなることはないでしょう。

ただし、今後ビットコインが発展しこれらの機能を果たすようになればお金として使われる可能性は十分にあります。

ビットコインは日本円で売り買いができる

ビットコインは、お金の代わりにはなりませんが株のように日本円で売り買いをすることができます。ここからは、具体的にビットコインの売買の仕方について見ていきましょう。

ビットコインの購入方法

ビットコインは、オンラインの取引所・販売所で購入することができます。ここでは、そのやり方についてGMOコインを例に簡単にご説明します。

ビットコインの買い方

  • ①取引所に口座を開設する
  • ②日本円を入金する
  • ③ビットコインを注文する

 

①取引所に口座を開設する

ビットコインを購入するには、まず取引所に口座を開設する必要があります。

パソコンやスマホなどから簡単に登録することができるので、「GMOコイン」と検索してみましょう。

登録の際には本人確認書類が求められることが多いので、パスポートなどを手元に用意してから始めてください。

詳しい口座開設方法はこちら↓

GMOコインに登録・口座開設をしようと思ってるそこのあなた!!登録・口座開設に必要な条件、ものがわからず困っていませんか?ここでまとめています!さらには詳しい登録手順、オトクなキャンペーン情報まで!

 GMOコインで口座を開設する

②日本円を入金する

口座が開設できたら、次は日本円を入金しましょう

GMOコインには即時入金振込入金の二通りがあります。即時入金はネットバンクからが主ですが、24時間手数料無料で入金ができます。

一方で、振込入金は指定の口座に振り込む形になります。

詳しい​入金方法はこちら↓ 

FX業界では有名なGMOが運営する仮想通貨取引所「GMOコイン」の使い方を徹底解説します!入出金や現物売買の仕方に加え、仮想通貨FXでの5つの注文方法やスマホアプリ「ビットレ君」の使い方も詳しく説明します。GMOコインをマスターしましょう!

 

③ビットコインを注文する

​日本円の入金が済んだら、いよいよビットコインの注文に移ります。

GMOコインのサイトやスマホアプリから、購入したい数量または金額を入力します。そして、数量や金額が決定したら購入のボタンを押して完了です。


ここでは一番オーソドックスな取引所や販売所での買い方について説明しましたが、実はビットコインにはそれ以外の購入方法もあります。他にも知りたいという方は、ぜひ以下の記事にも目を通してみてください!

仮想通貨ブームに乗っかりたいけどビットコインの購入方法がわからない...そんなあなたのためにビットコイン取引に必要な最低限の知識やメリット・デメリットを解説し、入金方法と購入方法を教えます!さっそく仮想通貨取引を始めてみよう!

 

ビットコインの換金方法

​それでは続いて、取引所でビットコインを換金する方法についても見ていきましょう。先ほどに続いて、GMOコインでのやり方について注目します。

ビットコインの換金方法

  • 出金先口座を登録する
  • ビットコインを売却する
  • 出金額を決めて口座に移す

 

①出金先口座を登録する

GMOコインでビットコインを換金してお金を手に入れるには、出金する先の口座が必要になります

そこで、まずはこの登録を済ませておきましょう。


②ビットコインを売却する

続いて、換金するために保有しているビットコインを売却します

通貨ごとに最低取引単位が決まっているので、その点には注意しましょう。

③出金額を決めて口座に移す

​ビットコインの売却が完了したら、出金額を決めて振込の申請をしましょう

これが完了すると、登録しておいた口座に日本円が振り込まれます。


この一連の流れについて詳しく解説が欲しい!という方は、以下の記事を参考にしてみてください。 

ビットコインの換金がどこで行えるかご存じですか?今回はビットコインを日本円に換金する方法をご紹介します!また、損失が出ない換金のタイミングや税金対策、お得な手数料で現金化できる方法も解説します!

 まとめ

ビットコインのお金との違いまとめ

  • 実体を持たない
  • 中央管理者がいない
  • 発行には上限がある

 いかがでしたでしょうか。今回はビットコインとお金の違いや、ビットコインの売り買いの方法について説明しました!

ビットコインは現状ではお金の機能を果たしているとは言えませんが、今後普及が進み価格が安定すれば役割が広がることが十分に期待できます。

興味のある方は、ぜひ今のうちにビットコインの取引を始めてみてはいかがでしょうか。