ペーパーウォレットとは

ペーパーウォレットって聞いたことありますか?ペーパーウォレットは紙製の財布で環境に優しく………そっちの方ではありません。仮想通貨の保管方法として紙媒体であるためにセキュリティーに優れたウォレットなのです!

ペーパーウォレットの仕組み

ビットコインの送金において、まず秘密鍵(銀行口座の暗証番号のようなもの)と公開鍵というものが作られます。公開鍵からビットコインアドレス(銀行の口座のようなもの)が生成され、この秘密鍵とビットコインアドレスを紙に印刷したものがペーパーウォレットです。紙に記されたこれらを参照すればビットコインは引き出せます。まさに小切手のようなものといえます。


ウォレットには常にインターネットに接続されているホットウォレットとオフラインで仮想通貨を保管するコールドウォレットがあります。コールドウォレットと聞いて多くの人が想像するのは「Trazor」などのハードウェアタイプのウォレットだと思われますが、ペーパーウォレットもコールドウォレットの一種です。


ペーパーウォレットのメリット

あらゆるハッキングも怖くない!

これはペーパーウォレットにに限らずハードウェアウォレットなどコールドウォレット一般にいえることですが、オフラインにあるため無事に送金してしまえば燃やされる、盗まれるなどの物理攻撃を受けない限り資産が危険にさられるリスクは最小限におさえられます。


ビットコインに関するニュースとして耳目を集めた「マウントゴックス事件」では取引所にあるビットコインが消失し多くの投資家が資産を失いましたが、このような事態になってもコールドウォレットにいれておけば安心であるということです。(もっとも、このマウントゴックス事件の原因がハッキングかどうかは定かではありませんが…)


コストが小さく敷居が低い

オフラインにあることからハッキングのリスクが小さいコールドウォレットですが、もともと仮想通貨はセキュリティーに関して危なげであるという印象を持たれていたところにマウントゴックス事件も相まって投資家たちのウォレット、特に「Trezor」などのハードウォレットの需要は一気に高まり、現在手に入りにくく価格も非常に高いです。


しかし!同じくコールドウォレットであるペーパーウォレットは出金のとき以外のコストがかからずお財布に優しいウォレットといえるでしょう。


ペーパーウォレットのデメリット

紙の取扱いには注意!

セキュリティー良し、コスパ良しといいところだらけに思えるペーパーウォレットですが欠点もあります… 保存している媒体が紙である以上、火事で燃えてしまったり、パスワードを誰かに知られたり、うっかり紛失してしまうと資産は失われます。また紙やインクの経年劣化でパスワードが肉眼で読み取れなくなってしまうことにも注意です。


短期保有には不向き…

使い方は後述しますが、一回の入金&出金にある程度の時間と手間を取られます。なのでデイトレーダーなど短期保有がメインの投資家には向いていません。

ペーパーウォレットって実際どうなの?コインオタクの評価

ここまで挙げてきたメリット・デメリットを踏まえますと、ペーパーウォレットを利用するのに向いてるのは「長期保有するタイプの投資家でセキュリティー面からオンライン上に仮想通貨を保管することに懐疑的であり、金庫などに保管する手間を惜しまない人」といえます。少額から初めた初心者で数万円するハードウォレットを買うのはちょっと…という人にも向いています。

ペーパーウォレットの使い方

ウォレットを作成する

https://www.bitaddress.org/にアクセスすると下のような画面が出てきます。このサイトをPCのローカルに保存しインターネットの接続を切ったうえでページを開きます。この作業の意味はオフラインでするというところにあります。ページを開いたら次の作業です。


ここでマウスをぐるぐる動かします。これがウォレットを生成する作業となります。100%になるまで動かしバーコードが表示する画面が出てきたら「Paper Wallet」をクリック。

するとこのような画面が出てきます。あとはプリントアウトすれば完成です。

入金・出金(復元)する

ウォレットが出来上がったら早速入金しましょう!ブロックチェーンアプリでQRコードを読み取り送金し金庫に入れるなどして厳重に保管することをオススメします。

出金(復元)の際には「Copay」など、ペーパーウォレット内の残高が見れる出金先のウォレットを用意します。残高を確認し出金したら(ここで手数料を取られます)空っぽのペーパーウォレットは再利用などはせずに破棄しましょう。

ペーパーウォレットについての気になるQ&A

リップル(Ripple)などのアルトコインも保管できる?

ここまでビットコインについてだけ説明してきましたが、リップルなど一部のアルトコインは利用可能です!


ハッキングの脅威は100%ないの?

「ハッキングのリスクは最小限」と述べてきましたが、実は100%ないとはいえないんです…(すいません)

インターネットに接続し続けている私たちのPCは何らかのウイルスが潜んでいる可能性があります。ペーパーウォレットを作る時に効力を発揮するようなウイルスだとしたら……

ただ、オンラインに保管することに比べたらハッキング被害にあう確率は微小なものだといえます!

ペーパーウォレットまとめ

コールドウォレットの一つであるペーパーウォレットは紙媒体であるがゆえの短所はありますが、ローコストで安全に仮想通貨を保管できる手段です。投資する額がある程度多い方にはオススメです。


ビットコインは2017年12月9日現在、価格も知名度も急上昇中ですがもっと有名になって仮想通貨が当たり前の世界になり、ペーパーウォレットが価値が変化する小切手のように扱われるときが来るかもしれませんね!

bitaddresbitaddressでペーパーウォレットを作る!ペーパーアドレスを作る!