Bittradeでリップルを購入したいけど、購入方法がわからない•••」と思っていませんか?

そんな方はぜひこの記事を読んでみてください。

この記事では、Bittradeの口座開設方法、リップルの購入方法、手数料をわかりやすく解説しています。

この記事を読めば、あなたはすぐにBittradeでリップルを購入することができるようになります。

Bittradeの口座開設はこちら

Bittradeでリップル(XRP)を購入するメリット

Bittradeでリップル(XRP)を購入するメリットを3つ紹介します。


リップルに関してよくご存じない方はこちらを参照ください。 

リップルを買ってみたはいいけど、どんな仮想通貨なのかよく分かってないなんてことはありませんか?リップラーと呼ばれる方も数多くいるほどの人気を誇り、あのグーグルも出資されています。いま世界でもっとも注目されている仮想通貨をあらゆる面から解説!


Bittradeでリップル(XRP)を購入するメリット

  • 世界最高水準の堅固なセキュリティ
  • 使いやすいチャート
  • スマホでも取引可能

世界最高水準の堅固なセキュリティ

Bittradeでは、利用者から預かった資産はすべて「コールドウォレット」で管理しています。

コールドウォレットとは、完全にオフラインで資産を管理する方法で、ハッキングに対してとても有効な対策です。 

仮想通貨をもっと安全に保管してみませんか?オフライン式のコールドウォレットなら、ハッキングのリスクを最小限に抑えることができます。ペーパーウォレットの作り方、おすすめのハードウェアウォレットをこのページで紹介!

またBittradeでは、仮想通貨を移動させる際に複数人の承認が必要な「マルチシグ」を導入しています。

この二つのセキュリティ対策により、Bittradeは最もセキュリティが堅固な取引所の一つと言えるでしょう。

セキュリティ対策をするうえで知っておかなければならないマルチシグについて!秘密鍵がハッキングされても、秘密鍵をなくしても大丈夫ってどういうこと!?ネットショッピングやマイクロペイメントにまで影響を与える新技術を解説します。

使いやすいチャート

Bittradeは、TradingViewを導入しているため、非常にチャートが見やすく、初心者でも操作しやすいでしょう。

また、テクニカル指標が約60種類用意されており、すべて無料で使用することができます。

そのため、本格的にテクニカル分析をしてトレードする中上級者にもおすすめです。

スマホでも取引可能 

Bittradeのスマホアプリは、iOS・Androidで使用できます。

パソコン版のBittradeと同様に、スマートフォンアプリでは仮想通貨の売買やテクニカル分析をすることができます。

操作もしやすく、外出先でも簡単に取引することができるのでとても便利です。


Bittradeについてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください!

ビットトレードの評判ってどうなんだろう…?ビットトレードを使っている人の声が聞きたい!そんな人のためにビットトレードの評判や口コミ、メリット、デメリットを紹介します。コインオタクがビットトレードを5段階評価したコーナーもありますよ!

Bittradeの口座開設方法 

Bittradeの口座開設はとても簡単です。

口座開設の手順をまとめると以下のようになります。

Bittradeの口座開設方法

  • メールアドレスを登録
  • パスワードを設定
  • 基本情報の入力
  • 本人確認書類のアップロード

それでは、詳しく説明していきます。 

メールアドレスを登録

まず公式サイトに行き、メールアドレスを入力します。

誤りがないことを確認し、「登録」を押します。

メールアドレスの登録はこれで完了です。

パスワードの設定

メールアドレスを登録すると、すぐに登録したメールアドレスにメールが届きます。

メールにあるリンクを開くと以下の写真の画面が出てくるので、パスワードを設定し、三箇所にチェックを入れ、「登録」を押します

パスワードは英数字を組み合わせた、できるだけ長く作りましょう。

基本情報の入力

次に基本情報の登録を行います。

基本情報の登録では、まず氏名・生年月日・住所を入力します。

誤りがないことを確認したら、「次に進む」をクリックします。

取引の目的、職業を選択し、外国の重要な公人に該当するかどうかを選択します。

確認画面に移動するので、誤りがないことを確認し、「登録」を押します。

本人確認書類のアップロード

基本情報の登録が終わると、以下のような画面が出てくるのでそのまま本人確認書類のアップロードに進みましょう。


本人確認書類としては、写真にあるように以下の4つの書類を利用できます。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住人基本台帳カード
  • 在留カード

このうち1つの書類を使用します。

本人確認書類の種類を選択し、写真をアップロードします。

写真は本人確認書類のおもて面と裏面の2枚必要です。


以上でBittradeの口座開設の手続きは終了です。

Bittradeでは、本人確認書類をアップロードしてから口座開設が完了するまで3〜7日ほどかかります。

口座開設が完了したら、次に書いてある方法でリップルを購入してみましょう。

Bittradeの口座開設はこちら

Bittradeでのリップル(XRP)の購入方法

Bittradeでのリップルを購入する方法を説明する前に少しだけBittradeの取引画面の説明をします。

Bittradeでリップルを購入しようとする際はこちらの画面から行うことになります。

Bittradeの取引画面は大きく分けて4つに分かれています。

チャート:この部分は現在のリップルの価格を折れ線グラフで表示しています。この部分に様々なテクニカル指標を表示させ、テクニカル分析を行うこともできます。

:この部分は板といい、特に左上の部分を売り板、右下の部分を買い板と言います。売り板は、リップルを売りたい人の注文が記されています。左側にリップルの量、中央に売る際の希望価格が記されています。同様に買い板は、リップルを買いたい人の注文が記されており、右側にリップルの量、中央に買う際の希望価格が記されています。

注文フォーム:ここの部分を使って、リップルの売買の注文を行います。詳しい使い方は次に説明します。

注文一覧・取引履歴:ここにはまだ約定していない注文や過去の取引が表示されます。


それでは、具体的に注文の仕方を説明していきます。

Bittradeでは、リップルを購入する方法は「指値注文」と「成行注文」の2種類あります。 

仮想通貨の現物取引には2種類の注文方法(成行注文と指値注文)があります。この記事では、成行注文と指値注文のメリット・デメリット、使い分け方まで解説しています!さらに、BITPOINTの実際の取引画面を用いて注文の具体的手順も解説します!

指値注文

指値注文とは、リップルを買う価格を自分で指定して注文する方法です。

この注文方法では、自分が指定した価格以下にならないと約定しないので時間がかかる可能性があります。

しかし、成行注文と違い思わぬ高値で買ってしまうことがないので、安心して購入することができます。

すぐにリップルを購入しなければならないときを除いて、こちらの指値注文を使ってリップルを購入しましょう。

注文は注文フォームで行います。

「指値」をクリック後、「買い」をクリックします。

価格」と買いてあるところに希望するリップルの価格、「数量」と書いてあるところに購入するリップルの量を入力します。

予想という欄は購入に必要な日本円が自動で表示されます。

誤りがないことを確認し、「注文」を押します。

リップルの価格が入力した価格よりも下回ると自動で注文が約定します。

成行注文 

成行注文とは、現在のリップルの価格で購入することができます。

指値注文と違い、即座に注文が約定するので、今すぐに購入したい時はこちらの注文方法がおすすめです。

しかし価格を指定していないため、リップルが急騰した際に成行注文をしてしまうと想定外の高値で購入してしまう可能性があるので注意が必要です。

即座に購入したい時以外は基本的に指値注文をすることをおすすめします。

成行注文は、指値注文と同様に注文フォームから行います。

「成行」をクリック後、「買い」をクリックします。

「数量」と書いてあるところに購入するリップルの量を入力します。

成行注文は、現在の価格で購入するので指値注文と違い、価格を入力する欄はないです。

予想という欄は購入に必要な日本円が自動で表示されます。

誤りがないことを確認し、「注文」を押します。

注文を押すと即座に注文が約定します。

Bittradeのリップル(XRP)の手数料・スプレッド

取引手数料

Bittradeでリップルを注文する際は、「メイカー」と「テイカー」で取引手数料が異なります。

「メイカー」というのは、板にない(指値)でリップルを注文することを言います。

「テイカー」というのは、既に板にある価格(指値)でリップルを注文することを言います。

そのため、成行注文をする際は「テイカー」手数料がかかります。

指値注文をする際は、板にある価格で注文するかどうかによって手数料が変わります。

メイカー手数料テイカー手数料
XRP/JPY0.25%0.45%

メイカーで注文した際、注文金額の0.25%が手数料がかかります。

テイカーで注文した際、注文金額の0.45%が手数料がかかります。

テイカーの手数料がメイカーの手数料よりも高い理由は、メイカーの注文が増えることによって板が厚くなり結果的にテイカーの注文が増えるためです。

Bittradeの取引手数料は、他の取引所に比べ少し高く設定されています。

取引所ごとに手数料は大きく異なります。この記事では各取引所の取引手数料・送金手数料・入出金手数料を一目でわかる表にまとめ、最後には総合的に手数料の安い取引所をランキング形式で紹介します!手数料の違いを把握して上手に取引所を使い分けましょう!

スプレッド

Bittradeは、仮想通貨の販売所ではなく、取引所なのでスプレッドはありません。

注文する際にかかるのは取引手数料のみとなります。 

ビットコインて最近聞くようになってきたけど全然わからない、、、まず「取引所」「販売所」ってなんだ??そんなアナタに!今回の記事ではその違いを初心者目線で徹底解説!

入出金手数料

入出金手数料をまとめると以下の表のようになります。

銀行入金手数料振り込み手数料のみ (※)
銀行出金手数料648円
リップル(XRP)預入手数料無料
リップル(XRP)引出手数料0.15 XRP (※)

(※)この手数料はBittradeが受け取るものではございません。

Bittradeの銀行出金手数料やリップル(XRP)引出手数料は、取引所の中では比較的安いと言えるでしょう。

まとめ

いかかだったでしょうか?

この記事ではBittradeでのリップルを購入するメリット、口座開設方法、リップルを購入する方法、手数料について解説しました。

Bittradeでリップルを購入するメリットをもう一度まとめてみます。

Bittradeでリップル(XRP)を購入するメリット

  • 世界最高水準の堅固なセキュリティ
  • 使いやすいチャート
  • スマホでも取引可能

手数料は他の取引所に比べ少し高いですが 、本格的にテクニカル分析をして取引をしたい方におすすめです。

Bittradeで口座を開設し、リップルを購入してみましょう!

Bittradeの口座開設はこちら