「リップルを買うのはbitbankがいいって聞いたけど、どうやって買うのかわからない•••」と悩んでいませんか?

確かに、bitbankは他の取引所に比べ、少し複雑で初心者には難しそうに見えてしまいます。

​しかし、実はリップルをとても簡単な手順で購入することができます。また、手数料や安全性の面からもbitbankはリップルを購入するのに最も適した取引所でしょう。

この記事では、bitbankでリップルを購入するメリット、bitbankでのリップルの取引方法を詳しくまとめています!

この記事を読めば、あなたもすぐにbitbankでリップルの取引ができるようになるでしょう!

bitbankの公式サイトはこちら


​bitbankでリップルを購入するメリット

bitbankでリップルを購入するメリットは、たくさんありますがここでは3つ紹介していきます。 

bitbankでリップルを購入するメリット

  • 取引手数料が無料
  • セキュリティがしっかりしている
  • チャートが見やすい

リップルについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

リップルを買ってみたはいいけど、どんな仮想通貨なのかよく分かってないなんてことはありませんか?リップラーと呼ばれる方も数多くいるほどの人気を誇り、あのグーグルも出資されています。いま世界でもっとも注目されている仮想通貨をあらゆる面から解説!

  取引手数料が無料

​bitbankは全ての通貨の取引手数料が無料のキャンペンを行っています。bitbankは販売所ではなく、取引所なのでスプレッドも非常に小さくなっています。また、日本円を入金する際も手数料がかからないため、bitbankはリップルを最も安く購入できる取引所と言えます。

 

販売所と取引所の違いはこちらで解説しています。 

ビットコインて最近聞くようになってきたけど全然わからない、、、まず「取引所」「販売所」ってなんだ??そんなアナタに!今回の記事ではその違いを初心者目線で徹底解説!

セキュリティーがしっかりしている

オンラインで仮想通貨を管理するとハッキングの危険性が高いため、オフラインで仮装通貨を管理するコールドウォレットという対策があります。bitbankでは全ての取り扱い通貨をコールドウォレットでの管理に対応しています。オフライン環境に対する物理的な攻撃の対策として、仮装通貨の送信に複数人の承認が必要となるマルチシグというシステムを採用しています。この二つの対策により、bitbankは国内の取引所の中でもセキュリティーが非常にしっかりしていると言えます。

仮想通貨をもっと安全に保管してみませんか?オフライン式のコールドウォレットなら、ハッキングのリスクを最小限に抑えることができます。ペーパーウォレットの作り方、おすすめのハードウェアウォレットをこのページで紹介!

 

セキュリティ対策をするうえで知っておかなければならないマルチシグについて!秘密鍵がハッキングされても、秘密鍵をなくしても大丈夫ってどういうこと!?ネットショッピングやマイクロペイメントにまで影響を与える新技術を解説します。

 チャートが見やすい​

bitbankのチャートはデザイン性に優れています。またbitbankでは、多機能なチャートツールの「TradingView」を導入しており、国内で最多レベルの70種類以上のテクニカル指標が無料で使用できるので、中上級者にもオススメです。スマホアプリもリリースされ、アプリ版のbitbankも使いやすく、外出している時であっても簡単に取引することができます。


bitbankをさらに詳しく知りたい方はこちらを見てください!

bitbank.ccはビットバンク株式会社によって運営されている日本の取引所で、アルトコインの売買が手数料無料で板での取引が行えます。そんなbitbank.ccの特徴、評判、使い方、登録方法を解説します。

 

bitbankでのリップルの取引方法

bitbankでのリップルの取引は、以下の手順で行います。

この手順に従えば、bitbankで簡単にリップルを取引することができます!​

取引手順

  • 口座を開設しよう
  • 日本円を入金しよう
  • リップルを購入しよう
  • リップルを売却しよう
  • 日本円を出金しよう

​口座を開設しよう

まず、bitbankの公式サイトに飛び、新規登録からメールアドレスを入力します。

入力したメールアドレスにbitbankからメールが送られてきます。

次にメールに記載されているURLをクリックし、ログイン用のパスワードを設定します。

その後、名前や住所などの基本情報を登録し、本人確認書類をウェブ上でアップロードすれば、あとは審査を待つだけです。

本人確認書類としては、以下のものが使用できます。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード

 審査はおおよそ1週間程度で完了します。

口座開設についての詳しい記事はこちらです。 

bitbank.cc(ビットバンク)は国内でアルトコインを最も安く取引できる仮想通貨取引所です。まだまだ規模は大きくありませんが徐々に注目を集めています。bitbank.ccのスマホ・PC2通りの3分でできる登録方法を徹底解説しました!

 ​日本円を入金しよう

口座を開設したら、その口座に日本円を入金しましょう。

入金はまず、右上の『人型のアイコン』をクリックし、『入金』と書かれている部分をクリックします。

次に、日本円(JPY)の右側にある『入金』をクリックします。

すると振込用の口座情報が出てくるので、その口座に銀行やATMから自分の希望する金額を振込みます。

振込依頼人名義を、入金番号+自分の名前(カタカナ)に変更する必要があります。

この変更を忘れてしまうと、入金が反映されず、bitbankのカスタマーセンターに連絡しなければならないので注意してください。

正しく入金した場合、銀行の営業時間内(9〜15時)であれば30分〜1時間程度でbitbankの口座に入金が反映されます。営業時間外に入金した場合は、翌営業日に入金が反映されます。

​リップルを購入しよう

リップルを購入するには、まずリップルのチャートを表示させる必要があります。

左上に表示されている『トレード』と書いてある部分をクリックし、『XRP/JPY』をクリックします。

これは1リップル(XRP)の現在の価格を日本円で表示しています。

リップルを購入する方法は2種類あり、どちらも右側の注文フォームで買いの状態で注文します。

成り行き注文

​成り行き注文は、値段を指定しないでリップルを売買する方法です。成り行き注文で買いの注文を出すと、注文板に表示されている売り注文の中で最も低い価格で即座に購入することができます。この注文は、今すぐに注文したい時に有効です。しかし、急激な株価の変化があった際に、想定外の値段で購入してしまう可能性があるので注意が必要です。成り行き注文でリップルを購入する際は、購入したいリップルの数量のみを入力し、『注文』をクリックします。

指値注文

​指値注文はリップル希望する価格で売買する方法です。成り行き注文は即座に注文が約定するのに対し、指値注文は約定しない可能性があります。指値注文は、急激な価格の変化があった際も、設定した価格以外では注文は起こらないので安心です。指値注文でリップルを購入する際は、希望の購入価格と購入したいリップルの数量を入力して、『注文』をクリックします。 

「リップルに興味があるけど、どこで買えばいいかわからない・・・」そんな悩みの声に応えるべく、安さ・はやさの観点から購入方法を2種類教えます!

 リップルを売却しよう

リップルを売却する方法は、購入する方法と良く似ています。

違いは注文フォームを売りの状態で行うということです。

売りと買いてある部分が赤い状態だと、売りの注文を出せる状態です。

成り行き注文で売りの注文を出すと、注文板に表示されている買いの注文の中で最も高い価格で即座に売却することができます。売却したいリップルの数量のみを入力し、『注文』をクリックします。

指値注文では、リップルを希望する価格で売却できます。希望の売却価格と売却したいリップルの数量を入力して、『注文』をクリックします。

日本円を出金しよう

出金するにはまず、『人型のアイコン』をクリックし、『出金』と書かれた部分をクリックします。

次に、日本円(JPY)の右側にある『出金』をクリックします。​

初めて出金をする場合は、次に出金先の銀行口座の登録をします。

銀行名、支店名、口座種別を選択し、口座名義と口座番号を入力します。

SMS認証や二段階認証を設定している場合は、確認のコードも入力する必要があります。

誤りがないことを確認したら『登録する』をクリックしてください。

登録が完了したら、先ほどの出金画面に戻ります。

口座の選択と出てくるので、先ほど登録した銀行口座を選択し、出金金額を入力します。

​最低1000円から出金が可能で、出金手数料は以下のようになります。

​3万円未満の出金​3万円以上の出金
​出金手数料540円​​756円

15時までに出金の手続きをすると、通常翌営業日に自身の銀行口座に入金されます。15時以降に出金の手続きをすると、翌々営業日に自身の銀行口座に入金されます。

5​まとめ

いかがでしたか?

今回は、bitbankでリップルを購入するメリット、取引方法についてまとめました。

​bitbankでリップルを購入する方法は、成り行き注文と指値注文の2種類があります。

成り行き注文は約定する価格がいくらになるかわからないというリスクがあるので、初心者の方には指値注文をお勧めします。

この記事を読んで、購入方法がわかった方はぜひbitbankでリップルを購入してみてはどうでしょうか?

取引を重ね、中上級になった時にはさらにこの取引所の良さが見えてくるはずです!

bitbankでリップルを買おう