スマートコントラクトとは

一言で言うとスマートコントラクトとはプログラムに基いて自動的に実行される契約のことです。これだけだと具体的なイメージがわからないと思うので詳しく解説していきます。

ブロックチェーンを用いたスマートコントラクトの仕組み

スマートコントラクトをブロックチェーンと組み合わせることで、当事者間の私的な取引をプログラムとしてブロックチェーン上で記載し、契約の執行条件が満たされたら自動的に契約が執行される仕組みを作ることができます。これにより取引に付随する様々な作業を自動で執行できるようになり不正取引が減ったり、世の中の仲介業者がやっていることを自動化できるなど、かなり画期的で、今後の世界を変える可能性を秘めています。

そもそも契約とは、

  1. 契約定義
  2. イベント発生
  3. 価値の交換、契約執行
  4. 決済

という4つでできていて、スマートコントラクトでは、2〜4を自動で行うことができます。

ですが、これでもまだイメージが掴めないと思うので身近な具体例を用いて考えてみましょう。


スマートコントラクトの身近な具体例

実はスマートコントラクトの概念は、ビットコインができるよりも昔からある概念です。1994年にNick Szaboというコンピューター科学者・法学者・暗号学者によって提唱されていて、初めに導入された例として自動販売機を上げています。自動販売機はお金を入れると商品が自動で出て来ます。これは人と人との間で売買の合意があるわけでもなく、何かの売買契約書を交わしたわけでもなく、機械によって自動で執行された契約という意味では、スマートコントラクトの事例であるといえます。上の契約とは、の話に当てはめると、

  1. 制約条件を満たす額のお金(買うものの値段)を入れてボタンを押すと、商品が出て来るという契約を定義する
  2. 人が訪れてお金を入れてボタンを押す
  3. 商品が出て来る
  4. お金が自動販売機のものになる

と言った工程のうち2~4は自動で執行されます。


スマートコントラクトのメリット

スマートコントラクトを用いることのメリットは、トラストレスになる、仲介手数料が節約出来る、手間が省ける、改ざん不可能ということです。

トラストレス、仲介手数料が安くなる、手間が省ける

従来の契約と言われるものの多くは相手への信頼が必要不可欠でした。お金の貸し借りの時などでは、借りた側が契約を履行してくれなかったり、虚偽情報の申請をされたり、貸した側が損失を被ってしまうため、信頼しなければならないし、履行されなかったときの問い合わせの手間がかかりました。なので、相手が信頼できないときの契約では、信頼出来る仲介者を置くことで取引してましたが、仲介手数料などがかかってしまいました。スマートコントラクトでは、契約が勝手に履行されるから、相手への信頼、仲介者の存在、相手への問い合わせなどの手間がなくなります。


例えば通信販売やネットでのフリマなどがいい例です。今は、yahoo!オークションや、メルカリなどの仲介業者を通じて取引しています。商品を買ったら、お金がyahoo!に送られて、商品が買い手に届き、yahoo!がお金を売り手に送られるといった仕組みです。スマートコントラクト上で、この商品を送ったらお金を振り込まれるというような契約を結んでおけば信頼せずとも、第三者を通じなくとも、自動で取引ができます。


契約の改ざんが出来ない

一度結んだ契約は、セキュアなブロックチェーン上に書き込むので改ざん出来ない上、誰もがそれを確認できるから恣意的な契約を結べません。契約の実行履歴が公開・記録されるため、取引の透明性も高くなります

 ブロックチェーンについて詳しく知りたい人はこちらの記事を読んで下さい!!

ビットコインでよく聞くブロックチェーンとは結局なんなのでしょうか。仮想通貨という全く新しい通貨の形を生み出したブロックチェーンについてどこよりも詳しく説明します!この記事を読めば、21世紀の偉大な発明であることが分かること間違いなしです!


 スマートコントラクトの問題点・課題・脆弱性

契約の変更ができない

改ざんできないというのは、メリットでもありますが、デメリットでもあります。契約を結んでからの事情変更による対応が難しいです。契約をプログラムで組むのでバグが発生する可能性があり、その時に対応することができません。また、そのバグが致命的なものだとハッカーからの攻撃対象になりえます。実際にそれは過去に起こっていて、The DAO事件などはそのバグが原因で起きた事件です。


The DAO事件について詳しく知りたい方はこちらの記事を読んで下さい!! 

The DAOは、世界中から注目された超有名な人気ICOでしたが、システムの脆弱性を突かれ時価80億円程の資金を盗まれるという事件を起こしてしまいました。その事件の内容や今後への影響をコインオタクが真剣に考察しました!

 


言語が一般的ではない

契約がプログラミング言語で組まれるため、一般の消費者がそれを理解できるかが問題です。一般的な契約で使われるようになるには普通の言語をプログラミング言語にどうやって変えるかの問題が今後の課題であるとも言えます。また、契約がプログラミングで書かれるので、曖昧な内容や解釈をする免責事項などは定義が難しく書くことができません。例えば、何か物を買うときに一番安いところから買うということは出来るかもしれませんが、そこはあまり製品の出来に信頼がないからもう少し値段が高くても他のところから買おう、と言ったことは契約で結ぶのは難しいです。そのため、今までの契約全てを置き換えることはできないでしょう。



スマートコントラクトの将来性・活用事例

DApps(分散型アプリケーション)

スマートコントラクトを利用することで、今までは中央管理者や仲介者が存在したサービスも、P2Pでの分散型のアプリケーションにすることが出来ます。ここに上げるのはほんの一例ですが、有名なものを紹介します。

  • Ujo music

P2Pの音楽売買サービスです。今の音楽業界は、レコード会社や小売店などたくさんの仲介業者が存在し、1000円のCDに対してもらえるお金が10円ほどになっています。また、CDを出してから収入を得るまでに1年ほどかかります。しかし、スマートコントラクトを利用し、「1000円分のETHを支払い楽曲◯◯をダウンロードする。そのうち900円はアーティストに送られ、残りはUjo musicに送られる。」という契約を結べば、アーティストは即座に、仲介業者がいる時よりも高い配当をもらえます。


  • Golem(ゴーレム)

P2Pネットワークで、個人のPC同士をつなぐことで、個人のコンピューターリソースを世界中でシェアします。そして、世界中のコンピューターの計算資源を借りることで、普通のPCでも、スーパーコンピューターに匹敵する計算スペックを持つPCになります。シェアリングエコノミーの考え方です。

Golemについて詳しく知りたい人はこちらの記事を見てください!!

Golemってどんな仮想通貨?買い方は?パブリッククラウドコンピューティングの未来を担う、とてつもない将来性を秘めたICOコイン「Golem」の相場・仕組み・購入方法・保管方法をわかりやすく、徹底的に解説します!

 

  • storj(ストレージ)

分散型ストレージクラウドサービスです。P2Pで、各ユーザーの余ったHDDを貸し出し、ファイルをブロックチェーンで保管します。Dropboxの中央管理者がいない版みたいな感じです。

storjについて詳しく知りたい人はこちらの記事を見てください!!

(storjの記事リンク)


  • Gnosis(ノーシス)

分散型予測市場と呼ばれるサービスです。未来に起こることに対して予想をたて、当たっていたら配当がもらえ、間違っていたら掛け金が没収されるギャンブルのようなものです。株価予想や、保険分野での応用が見込まれています。

Gnosisについて詳しく知りたい人はこちらの記事を見てください!! 

Gnosisってちらっと聞いたことはあるけど情報少ないしイマイチどんな仮想通貨かよくわからない。こんな人は必見!どんな仕組み?将来性は?価格は上がるの?多くの人が抱えるこれらの疑問を徹底解消します!!

 


DAO(分散型自動化組織)

DAOとは、管理者がいなくても自律的に動き続ける組織のことです。上で書いたDAppsもDAOといえるでしょう。管理者がいなくてもスマートコントラクトによって自動で経営されます。スマートコントラクトがもっと精密に機能するならば、組織が必要無くなるかもしれません。もっと極論を言うと予め決められたスマートコントラクトに基いて自動執行させれば、政府が要らなくなるかもしれません。しかし、人間が決まり(契約)を作るには、人間が今後起きうる事態を全て想定して、その対応を全て決めて置かなければ行けません。人間の認知能力には限界があるため、それは無理かもしれません。このため、スマートコントラクトによって組織を完全になくすことは出来ないと思います。ですが、組織の住み分けは可能で、予測可能性が高い分野はDAOで、低い分野は今まで通りの組織で、といった組織の効率化は可能かと思います。


IoTへの応用

IoTとは、Internet of Thingsの略で、全てのモノがインターネットにつながっていて、自動操作や自動制御が出来る、という考え方のことです。IoTにスマートコントラクトを応用することで、ガソリンを入れた分だけ車が自動でお金を払ったり、レンタカーをするときに、レンタカーの前でスマホからお金を払えば、スマートコントラクトが自動で執行し、車のドアが自動で開く、と言ったことが可能になるかもしれません。


スマートコントラクトの気になる疑問を解決!

スマートコントラクトを搭載している仮想通貨は?イーサリアム以外にもあるの?

一番有名なスマートコントラクトプラットフォームはEthereumですが、他にも有名なもので、LiskやQtumなどもあります。

Liskは、スマートコントラクトを既存のJavascriptでかけるため、簡単に開発することが出来ます。

詳しい解説はこちら!

仮想通貨の一つ、リスク (LISK)は韓国の取引所への上場などから価格が大きく変動し注目を集めています。年末に控えたアップデートやリブランディングなど、その将来性や今までのチャートの動きを徹底解説します!

 


Qtumは、イーサリアムよりも匿名性とプライバシーに優れたプラットフォームです。

詳しい解説はこちら! 

ビットコインとイーサリアムの融合仮想通貨だとICOで注目を浴びていた”Qtum”の実態とは?様々な技術を使って成長していく有望アルトコインQtumの特徴や将来性をコインオタクが徹底的に分析しました!

 


スマートコントラクトを勉強できる本はなにがおすすめ?

スマートコントラクト本格入門をおすすめします。


コインオタクはこれで勉強しました。


スマートコントラクトジャパンとは?

正確にはスマートコントラクトジャパン株式会社という会社で、「イーサリアム・ブロックチェーンの社会基盤確立の一端を担う」をミッションに掲げています。DAppsやイーサリアムのブロックチェーンに関する投資やマーケティングを主な業務としています。

5月22日にEEA(Enterprise Ethereum Alliance)に加入しました。併せてEEA公式日本事務局に就任しました。EEAとは、イーサリアムのスマートコントラクトをビジネスに活かしていくことを目指す企業連盟のことです。


スマートコントラクトまとめ

初めに言っていたスマートコントラクトがプログラムに基いて自動的に実行される契約という意味はわかったかと思います。契約というのは世の中にあふれていて、それの大部分をスマートコントラクトで書けるともなると、どれだけの将来性があるかは、想像つかないほどです。今後世界にもっとスマートコントラクトが浸透したら、レンタカーショップや保険会社や不動産屋なんてものはなく、全部自動で行われるようになるかもしれません。


みんな読んでる!コインオタク人気記事はこちら!

GMOコインって販売所なのにスプレッド狭いって聞くけど実際どうなんだろ。。。って思っていませんか?GMOコインは、コインオタクで一番人気の取引所で、国内最大の仮想通貨取引所になる可能性も秘めています!コインオタクが公式サイト、さまざまな口コミから徹底解説します!最短1日!GMOコインに無料口座開設!! 目次 そもそもGMOコインとは?GMOコインの評判!GMOコインのメリット!GMOコインのデメリット!まとめそもそもGMOコインとは? GMOコインとは、2017年5月31日に取引を開始した仮想通貨販売所です。大手インターネット会社「GMOインターネット株式会社」グループ傘下の「GMOコイン株式会社」が運営しています。仮想通貨FX取引に特化した販売所で、最大10倍のレバレッジをかけた信用取引を行うことができます。販売所と取引所の違いですが、前者は取引する相手が運営なのに対し、後者は相手が別のユーザーであるという点にあります。 それによる影響などの細かい違いはコインオタクの記事↓↓を参照してください! 【ビットコイン 取引所 販売所】2つの仮想通貨用語の違いをやさしく解説!ビットコインて最近聞くようになってきたけど全然わからない、、、まず「取引所」「販売所」ってなんだ??そんなアナタに!今回の記事ではその違いを初心者目線で徹底解説!続きを読む