「結局、仮想通貨の価格は上がるの?」

とあなたはお考えではありませんか?

確かに、仮想通貨の価格はこれから上がっていくのか、将来性はあると考えられているのか、気になりますよね。そこで仮想通貨の市場や価格について、著名人の予想をもとに、仮想通貨の価格がこれからどうなっていくのか予想していきます。

それだけではなく、これらの情報を元に自分でも予想ができるように、コインオタクおすすめの予想方法も紹介しています!これで仮想通貨の価値について予想できるようになります!


現在、コインオタクでは30人の東大生トレーダーと利率25%超えのAIによる仮想通貨の価格予想を会員様限定に毎日公開しています。

初心者では判断しにくい仮想通貨投資は東大生とAIの力を借りて勝ち切りましょう!

今なら初月無料でお試しいただけます!

CoinOtakuプレミアムを初月無料でトライアル!



仮想通貨市場全体に関する予想 

仮想通貨市場の規模は拡大する

2018年は、仮想通貨が急成長を遂げた前年とは異なり、市場全体は落ち込んでいきました。下の画像は2013年から2018年9月現在までの、仮想通貨の時価総額の変動を表したものです。

Coin Market Capから引用


2017年以降は1年かけて仮想通貨の市場参加者が膨れあがりました。日本でもTVでCMが放送されるようになり、仮想通貨への関心が一気に高まった年となりました。

2017年始めは時価総額約2.3兆円だったのに対して2018年1月では90兆円ほどまで時価総額は大きくなりました。しかし、この仮想通貨の価格暴騰を受け、各国が仮想通貨を規制する声明を出したことや、コインチェックのハッキング被害のニュースが広まったことなどから、仮想通貨の価格は一気に落ち込み、2018年9月現在では22兆円になっています。

「仮想通貨は終わった」との声が聞かれることもありますが、マイク・ノヴォグラッツ氏は2018年7月に、今後1年間で仮想通貨市場は8000億ドル(日本円にすると約89兆円)の規模まで成長すると予想しました。

マイク・ノヴォグラッツ氏とは

ノヴォグラッツ氏はデジタル資産マーチャントバンクのギャラクシー・デジタルの創業者であり、ゴールドマンサックスの元パートナーでもある、ビットコインの啓蒙者です。

マイク・ノヴォグラッツ氏の予想

彼は仮想通貨がすでに底を打ったように感じられているが、実際に底を売ったのかどうかはわからないとして、次の上昇の動きに向けた底固めをしているのだと見解を明らかにしました。

この予想の根拠として、民間企業がベンチャーキャピタルを通して仮想通貨へ投資する動きが広まってきたことをあげており、より効果的な規制が定められたり、安全性の高い保管方法が見つかればさらに勢いづいていくだろうと述べています。

実際には2017年に比べると仮想通貨市場の規模は縮小しています。しかし、ノヴォグラッツ氏が述べたように、仮想通貨の機能が技術的に進歩していけば、今よりも市場の規模が拡大していくと考えることは、不自然なことではないでしょう。

2020年末までに100万ドルを超える  

2020年末までにビットコインの価格が100万ドルを超える、と予想した人がいます。それは、ジョン・マカフィー氏(John McAfee氏)です。

ジョン・マカフィー氏とは

マカフィー氏はコンピュータプログラマーであり、コンピュータセキュリティ関連のハードウェアやソフトウェアを開発している会社、McAfeeの創業者です。2016年からブロックチェーンに携わるようになり、その後ビットコインのマイニングやセキュリティの開発なども行うようになりました。

現在は、70歳を超えていますが影響力の大きさは劣らず、彼の発言は常に注目されており、発言によっては、仮想通貨市場を動かすとも言われています。

実際にマカフィー氏がツイートした仮想通貨の価格が15倍以上に跳ね上がったこともあります。

ジョン・マカフィー氏の予想

そんなマカフィー氏は2017年11月に自身のTwitterで、2020年末までにビットコインの価格が100万ドルを超えるという予想を行いました。

現在はビットコインの価格は6500ドルほどですので、2020年末までに150倍以上に価格が高騰するという大胆な予想です。

なかなかに衝撃的な予想ですが、2017年の年初と比べると2017年の年末はビットコインの価格が20倍ほどになっていましたので、一概にあり得ない、ということもできないのではないでしょうか。


仮想通貨は信頼性や効率性を失う 

BIS(Bank for International Settlements)とは

BIS(Bank for International Settlements)は、1930年5月にスイスのバーゼルに設立された主要国の共同出資による国際銀行です。世界各国の中央銀行をまとめる中央銀行のような役割を果たしています。

BIS(Bank for International Settlements)の予想

そのBISが2018年6月に発表した報告書によると、仮想通貨は利用する人の数が増加すればするほど機能が停止するとされています。さらに、仮想通貨は信頼性や効率性を失うとまで結論づけられています。

なぜかと言うと、仮想通貨は規模の拡大に対応出来るスケーラビリティが高くないからだ、ということがまずあげられています。さらに、トランザクション(取引)が記録されることを通じた中央集権的ではないコンセンサス(合意)が非常に脆弱であるから、信頼がいつでも消滅するのだとしています。

つまり、仮想通貨はシステム上の都合脆弱性があり、利用者拡大に対応できないため、信頼して使うことができないのではないか、ということです。

確かに、仮想通貨のスケーラビリティ問題は、度々議論にあがることですし、完全に解決しているわけではありません。

しかし、技術的な解決策も考案されてきていることはもちろん、中央銀行である英国のイングランド銀行やシンガポールのシンガポール金融管理局などが仮想通貨の採用を決めたり、共同開発を行ったりしていることから、信頼性や効率性を高めるための動きが進んでいることがわかります。

仮想通貨のスケーラビリティ問題についてもう少しくわしく知りたい!という方は、下の記事を参考にしてみてください。

目次1.スケーラビリティ問題とは2.技術的な解決方法3.解決する上での問題点4.スケーラビリティ問題に関するニューススケーラビリティ問題のまとめ 1.スケーラビリティ問題とは ビットコインのスケーラビリティ問題とは、ビットコインのブロックサイズがボトルネックになって、1ブロックに書き込めるトランザクションの数が限られ、データ処理速度が遅くなるので、送金に時間がかかってしまうという問題です。 スケーラビリティ問題を知る上での予備知識 ブロックチェーンの仕組み ブロックチェーンとは分散型取引台帳の一つで、いくつかの取引をまとめたものをブロックといいます。それらをつなげることで、台帳にするのでブロックチェーンと呼ばれます。ブロックチェーンはネットワーク上に存在し、中央管理者がいません。そのため、誰でも過去の取引全てを確認ができますが改ざんはできません。なぜ改ざんできないかとマイニングという膨大な計算量を必要とする技術(後述)によってブロックチェーンに書かれた取引は絶対正しいということが証明できるからです。 ビットコインは、実際に存在するわけではなく、今までの取引が全部ブロックチェーンにかいてあって、さらにそれがマイニングによって正しいことが保証されているので、自分がどれほどのお金を持っているか確認できるという仕組みです。 詳しく仕組みを知りたい方は、こちらの記事を見て下さい! ビットコインの仕組みとは?ブロックチェーンやマイニング、最新技術を全て解説!ビットコインの仕組みってどうなってるの…?今さら人には聞けないそんな疑問にお答えします!この記事を読めば、ブロックチェーンやマイニングなどのビットコインの基本技術から、導入されたばかりの最新技術まで理解できること間違いなしです!続きを読む マイニングの仕組み

ビットコインに関する予想 

6月以降に革命が起き、世界中がビットコインに注目する

ビットコインに関する予想としては、世界中がビットコインに注目するとwebbotが予想しています。

webbotとは

webbot(ウェブボット)は、一言で言うとビッグデータを利用した情報収集分析プログラムです。

マイクロソフトの元コンサルタントであるクリフ・ハイ氏(Clif High)と協力者のジョージ・ユーロ氏(George Ure)が1997年に開発しました。開発当初は株式市場の価格変動についての予測を目的とされていましたが、現在は仮想通貨の価格変動予測にも利用されています

webbotは、掲示板やSNSなどインターネット上の不特定多数の発言から人の感情に関するキーワードを収集、分析することで将来の価格を予想します。

webbotについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

ウェブボット(WebBot)という言葉を聞いたことがありますか?仮想通貨について調べていると時々目にするかもしれません。ウェブボットとは何なのか、どういう仕組みなのか、信頼できるのか、など疑問に思っている方も多いと思います。この記事では、いま仮想通貨市場で話題のウェブボットについてその歴史から今後まで徹底解説します!この記事でわかることウェブボットとは何かウェブボットの大まかな仕組みウェブボットの歴史これまでに的中させた主な予想ウェブボットによる、これからの仮想通貨市場の予測 目次ウェブボット(WebBot)とは?仮想通貨に関しても予測しているウェブボット(WebBot)の過去の予測今後の仮想通貨トレンド予測(2018年5月現在) ウェブボット(WebBot)のまとめウェブボット(WebBot)とは?株価の動きを予測する情報収集・分析プログラム ウェブボットは、マイクロソフトの元コンサルタントであるクリフ・ハイ(Clif High)氏と協力者のジョージ・ユーロ(George Ure)氏により1997年に開発された情報収集・分析プログラムです。当初は株式の価格変動を予測するためのものでしたが、やがて災害や事件の発生なども予言するようになり、現在は仮想通貨についても予測しています。ウェブボットの分析結果はクリフ・ハイ氏のYoutubeチャンネルで紹介されたり、公式サイトで毎月「ALTAレポート」として販売されたりしています。・クリフ・ハイ氏のTwitter・クリフ・ハイ氏のYoutubeチャンネル、インタビュー動画集約20~30ページにわたるひと月分のレポートは99ドル(約1万円、2018年5月現在)で販売されており、PayPal(ペイパル)、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ダッシュで購入することができます。レポートは全編英語で分かりにくい表現が多用されているため、日本人のための和訳版も販売されています。・高島康司氏のメールマガジン:メルマガ内のコンテンツ「ウエブボットの最新レポート」が和訳版にあたります。・ネコニー氏の「WebBot日本語ver」:レポート中の仮想通貨に関連する部分を30ドルで販売しています。キーワードから感情を分析 


webbotの予想

そんなwebbotの予想では、「2018年の夏頃に革命が起き、世界中がビットコインに注目する」と言われています。

革命って何のこと?何が起きると予想されているの?と疑問に思うかもしれませんが、革命の内容については明らかになっていません。

しかし、1つ有力な説として唱えられているのが、米証券取引委員会 (SEC) がビットコイン上場投資信託 (ETF) の上場を認めるのか認めないのかということです。

9月後半に決定されるのですが、もしもビットコインのETF上場が認められればビットコインの価格は上昇すると見込まれており、注目が集まっています。

webbotが予想している革命がETF上場のことかは定かではありませんが、実際に上場が認められるようなことがあれば、ビットコインに対して世界中が注目することは間違いないでしょう。

2018年末までに約22000ドルに到達する 

トーマス・リー氏とは

トーマス・リー氏(Thomas Lee)とは、ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズ(Fundstrat Global Advisors)の共同創業者です。世界各国140以上の金融機関やヘッジファンドなどに投資戦略を提案している会社です。

リー氏はウォールストリートの預言者とも呼ばれており、仮想通貨、特にビットコインの価格予想をしています。

トーマス・リー氏の予想

リー氏は元々、2018年末までにビットコインの価格は約25000ドルに到達すると予想していましたが、ビットコインの価格はマイニングコストの約2倍になるはずだとして、ビットコインの予想価格を22000ドルに引き下げました。しかし、現在のビットコインの価格が約6500ドルほどであることを考えると現在の価格の3倍以上になると予想していることになります。

リー氏はビットコインの啓蒙者であり大胆な予想を行うことで有名ではありますが、彼の考え方の根底には、ビットコインの価値の上昇は自然な流れであるというものがあります。それは、ビットコインはほぼ安全に暗号化された「情報の保管手段」であり、ビットコインのネットワークが向上すればするほど価格は向上すると考えられるからです。

現在の価格を見ていれば、確かに大胆な予想かもしれませんが、法整備が進み、ビットコインを安全に使用できると考える人が増えれば、リー氏の予想も大胆なものではなくなるかもしれません。

2018年末には、ビットコインの市場価値が1240億ドルから770億ドルまで落ち込む  

ポジティブな予想を2つ紹介しましたが、一方でネガティブな予想も存在しています。

スイスのチューリッヒを拠点として活動している仮想通貨の研究者たちは、ビットコインの市場価値が1240億ドルから約38%減の770億ドルまで落ち込むと予想しています。

彼らの予想は「メトカーフ(Metcalfe)の法則」に基づいた内容になっています。メトカーフの法則とは、ネットワーク通信の価値はシステムのユーザー数の2乗に比例しているといった内容のものです。

彼らは、ビットコインのユーザー数はビットコインの価格上昇を支えるものとはならない、と結論づけています。ビットコインの適正価値は現在の市場価値の4分の1程度だと彼らは主張しています。


リップルに関する予想 

リップルに関しては比較的ポジティブな予想が多くなっています。

既存の金融システムがダウンし、リップルに注目が集まる 

先程、ビットコインの予想でも紹介したwebbotは、リップルについても予想をしています。その予想の内容で目を引くのは、既存の金融システムがダウンしてリップルに注目が集まる、というものです。

その結果、リップルの価格が高騰する、とwebbotは予想しています。

現段階ではそのような既存の金融システムの著しい脆弱性が見つかったというニュースはありませんが、もしも見つかれば、新たな技術を用いた送金・決済システムのリップルに注目が集まるかもしれません!

2018年末までに最低でも7ドルの壁を超える (Ripple Coin News) 

Ripple Coin Newsとは

Ripple Coin Newsとはリップルに関する情報を幅広く扱っているサイトで、リップルに関するニュースはもちろん、テクニカル分析も行っています。

Ripple Coin Newsの予想

そんなRipple Coin Newsはリップルの価格について、このように予想しています。

2018年末までに最低でも7ドルの壁を超える

2018年9月現在でリップルの価格は0.26ドルほどですので、約25倍以上にもなると予想していることになります。

さらに、将来的には最低ラインが1ドルを割り込むことはないとしており、長期的に見ても現在より価格は上がると考えています。

本当であれば、これからリップルはどんどん値上がりしていくことになります。下のグラフはリップルの約1年間のチャートになっています。5月頃から見ると、価格は右肩下がりになっていますが、これからに期待ですね!

Coin Market Capより引用

2018年9月末までに1ドルを超え、数年で5ドルを超える (Nasdaq) 

Nasdaqもリップルに関しての予想をしています。

Nasdaqとは

Nasdaqとはアメリカの株式市場の1つです。アメリカで有名な株式市場と言えば、ニューヨーク株式市場とNasdaqだと思いますが、Nasdaqは主にベンチャー企業に特化しています。

Nasdaqの予想

そんな株式市場のNasdaqの予想では、2017年9月以降の52週(つまり約1年)でリップルは1ドルを超え、さらに数年かけて5ドルを超えると言われています。

先程のRipple Coin Newsの予想よりも少し現実的に見えるかもしれません。

実際には2018年1月までの間に、リップルの価格は1ドルを超えていますし、4ドル近くまで価格が高騰したこともありますので数年後に5ドルを超えるというのも実現されるかもしれませんね!

自分でも仮想通貨の価格を予想する方法 

ここまで著名人や仮想通貨に詳しい人の予想を紹介してきましたが、人の意見だけでは不安ですよね。そこでここからは自分でもある程度予想したい!という人に向けて自分で仮想通貨の価格を予想する方法を紹介します!

コインオタクプレミアムを活用 

仮想通貨の価格分析方法は主にテクニカル分析ファンダメンタル分析があります。株式市場やFXで将来の価格を予想・分析するために使われている手法ですがどちらも一長一短あり、両方ともにある程度の知識を持っておくのが望ましいです。

この2つの分析によって自分で仮想通貨の価格を予想できる方法があります!

それがコインオタクプレミアムです!

それぞれの分析方法について説明していきます!


テクニカル分析による予想

テクニカル分析は、チャートから読み取れる過去の値動きを元にトレンドやパターンを分析し、今後の価格の推移を予想していきます。価格の動きはもちろん、どれほど買われているのか、売られているのかを見つけるには有効な手段になります。

チャートを見て分析していくので、テクニカル分析はファンダメンタル分析に比べると比較的簡単で、分析ができるようになるまでが早いです。しかし、完璧な手法というわけではありません。景気の良し悪しにも左右されますし金融政策などの要因によっての急激な価格変動には対応できない部分があります。

テクニカル分析は短期~中期の価格予想に役立ち、仮想通貨の日々の変動にも対応できる手法になります。

CoinOtakuではビットコインのチャート分析を毎日わかりやすく紹介しています。ぜひご活用ください!

またCoinOtakuのプレミアムプラン(コインオタクプレミアム)では、ビットコインはもちろん、ビットコイン以外のテクニカル分析を求める読者さんの声にお答えして、主要5通貨のテクニカル分析を毎日アップしています。

CoinOtakuが誇るテクニカルアナリストチームによる毎日の相場分析は日々の価格予想の手助けになると思います。【東大生30人×AIの市場分析で仮想通貨の利益を最大化】ぜひご覧ください。 


ファンダメンタル分析による予想

ファンダメンタル分析は、先程のテクニカル分析では見ることのできなかった景気動向・金融政策・財政政策などの変化が市場にどのような影響を及ぼすかを分析し、相場の大きな方向性を把握するために使える手法になります。しかし、分析するためにはさまざまな情報や専門知識が必要なため、労力がかなり必要になってきます。

ファンダメンタル分析は中期~長期の価格予想に役立ち、仮想通貨の長期的な価格予想に使える手法になります。

CoinOtakuでは、東大生アナリストによる有名30通貨のファンダメンタル分析などを提供しています。

是非コインオタクプレミアムを利用してみてテクニカル分析やファンダメンタル分析を行い、価格予想に役立ててください!

今なら、1ヶ月無料で使い放題のキャンペーンを行っています!


アプリを利用する 

次に、アプリを使った仮想通貨の予想方法です。ここでは、仮想通貨の価格を予想するのに便利なアプリを2つ紹介します!

ビットコイン相場予想-ぴたコイン-はじめての仮想通貨入門 

まず1つ目は、「ビットコイン相場予想-ぴたコイン-はじめての仮想通貨入門 」です。このアプリは簡単に言うと、ビットコインの価格予想をするアプリです。

どういうこと?と思われたかもしれませんが、明日のビットコインの価格が上がるか下がるかを予想して投票します。現在の価格、前日との比較や価格のチャートが確認できるので、調べつつ、他のユーザーの予想状況も参考にして予想します。価格が上がれば、なんとビットコインがもらえます

もちろん、ビットコインに関する最新ニュースなども載っていて、勉強しながらゲーム感覚でビットコインの相場を予想できるアプリになっています。

App Storeでぴたコインをダウンロード!

Google Playでぴたコインをダウンロード!

コイン相場 - ビットコイン&仮想通貨アプリ

次に紹介するのは、「コイン相場-ビットコイン&仮想通貨アプリ」です。こちらのアプリは50万ダウンロードを超えており、評価も非常に高いアプリです。

仮想通貨に関する情報が一覧で見ることができたり、ポートフォリオの管理を行うこともできます。主要な機能は一通り揃ったアプリです。

何よりも、運営元がCOIN JINJAというICO情報サービスの会社なので、アプリでICOの情報検索を行うことができます

最新の情報を手に入れることができるので、非常におすすめのアプリです!

App Storeでコイン相場をダウンロード!

Google Playでコイン相場をダウンロード!

AIのサービス「webbot」を利用 

ビットコインやリップルの予想のところで紹介したwebbotの情報を参考にすることも有効です。厳密にはAIとは少し異なり、言語解析プログラムを用いていますが、人間の感情をSNSや掲示板などのインターネット上から読み取って分析し、予想しています。

自力でインターネット上の書き込みを分析するのは困難であるので、こちらで予想された内容を参考にして、自分で予想を立てるのもよいでしょう。

著名人のSNSをチェック 

著名人のSNSは拡散力が段違いです。仮想通貨の予想で紹介したジョン・マカフィー氏のように、1つのツイートが仮想通貨の価格を押し上げることもあります。

自分が気になっている通貨について発言している著名人がいれば、動向をチェックしておきましょう!

まとめ

いかがでしたか?ここまで、仮想通貨に関する9つの予想と、自分で価格を予想する方法について解説してきました!

当たり前ですが、全く同じ予想をしている人はいません。つまり、どれかが確実にあたるという保証はなかなかないのです。

そこで、著名人や機関の予想を参考にすることは大切ですが、同時に自分の意見を持っておくことも大切です。

ですので、自分で価格を予想する方法も紹介しています。みなさんが仮想通貨を取引する上で予想を立てるときに、この記事が参考になっていれば、本当に幸いです。


CoinOtakuプレミアムを初月無料でトライアル!