ビットコインを始めたいけどやり方がわからない」「ビットコインのやり方についての記事が多すぎてどれを読めばいいのかわからない

仮想通貨に興味をもちつつもそんな風に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな方たちのために「初心者でも一からわかるようなビットコインのやり方」についての記事を作成しました。

そもそものビットコインについてでしたり、ビットコインの具体的な入手方法、さらには切っても切り離せない関係にある仮想通貨取引所について、そして安全にビットコインを保管する方法など情報が全て網羅されています!

これさえ読めば、これからビットコインを始めようと考えていた人もすぐに始めることが出来ますし、情報を探す手間も省けます

この記事を読んだ方がビットコインを始めるようなきっかけになれば幸いです。

そもそもビットコインとは?

ビットコインとはインターネット上で使うことが出来る通貨で、「仮想通貨」や「暗号通貨」「デジタル通貨」と言われています。名前からもわかるように、インターネット上でのみ使うことが出来て、コインとしての実態はありません。ビットコインはその数ある仮想通貨の代表といっても良いでしょう。

実はビットコイン以外にも多くの仮想通貨があり、それらのコインのことをアルトコインと言います。アルトコインの中にも有望なコインはいくつもありますが、それらを購入する際にビットコインを利用することができるなど、ビットコインは仮想通貨界の基軸通貨となっています。

仮想通貨は世界中のどこでも使うことが出来て、世界共通の通貨単位となっています。ですから両替の必要も無く、とても便利なものとなっています。送金などの際も複数の銀行を介する必要が無いため、手数料が安くすみます

仮想通貨と聞くと投資の対象として注目されがちですが、実際には買い物や個人間の送金などに使用することも可能で、これから世の中にどんどん広がっていくでしょう!

ビットコインの入手方法

ビットコインの入手方法は一つではなく、いくつかあります!ここではビットコインを入手する方法を4つ紹介します!

ビットコインの入手方法

  • 販売所・取引所で購入する
  • 個人間で送金する
  • マイニングする
  • アービトラージする

販売所・取引所で購入する

ビットコインの売買は基本的に販売所・取引所で行います。多くの方がこの方法でビットコインを入手しているので、よほどのことがないかぎりこの方法で行います。

国内の有名な取引所ですとGMOコインDMM BitcoinbitFlyerなどがあります!販売所・取引所についてはのちほど詳しく説明します。簡単にメリット・デメリットについてまとめてみます。

販売所・取引所を使うメリット販売所・取引所を使うデメリット
・最も簡単にビットコインが入手できる
・24時間取引可能
・大量にビットコインを購入できる
・20歳以下だと使えない場合がある
・本人確認に時間がかかることがある

個人間でやりとり(OTC取引)する

一般的な入手方法ではないですが、取引所を仲介せずに自分で取引する相手を見つけることもできます。これをOTC(Over the counter)取引と言います。取引所の仲介がないと手数料がかからない分お得にはなります。

OTC取引を行うための掲示板などがあるのですが、その掲示板上で「1BTCを100万円で買ってくれる人を募集します!」と呼びかけて取引相手を見つけるのがOTC取引というものです。もし取引相手を見つけることが出来れば「0.1BTCを9万円で売って欲しい」と頼むことも不可能ではありません。

ただこの方法は仲介者が存在しないため相手がかならず振込をしてくれる確証はなく、「1BTCを送金したのに100万円振りこまれない」「9万円振り込んだのに、ビットコインが振り込まれない...」などというトラブルが発生する可能性はあります。簡単にOTC取引のメリット・デメリットをまとめてみます。

OTC取引のメリットOTC取引のデメリット
・手数料がかからない
・値段の設定が自由にできる
・取引相手が見つかるかわからない
・トラブルが起こる可能性がある

マイニングする

マイニングは購入とは違うのですが、ビットコインを得る有効な手段のうちの一つです。マイニングとは、わかりやすく簡単に言えば、ビットコインの取引の確認を素早くやることで報酬としてビットコインがもらえるというものです

ここではマイニングについての詳しい内容には触れませんが、要するにビットコインの運用をすることで報酬がもらえるという感じに捉えてもらえれば今のところは大丈夫です。マイニングへの参加方法は主に3つあって

  • クラウドマイニング
  • プールマイニング
  • ソロマイニング

となっています。クラウドマイニングとはマイニング業者に投資してそも利益を分配してもらうというものです。プールマイニングとは複数の人と協力しグループで行うマイニングのことです。ソロマイニングとは自分一人で行うマイニングのことです。

結論からいうと個人で行うことはあまりおすすめしません。パソコンやブロックチェーンについての詳しい知識が必要とならないのと、採算を見込みにくいというのが理由です。簡単にマイニングのメリットデメリットをまとめます。

マイニングのメリットマイニングのデメリット

・成功すれば多くのビットコインが手に入る
・専門知識が必要
・初期費用がかかる
・報酬をもらうこと自体難しい

マイニングの詳しい内容に関しての記事は以下から!

仮想通貨にある程度興味のある方なら、マイニングという言葉を一度は聞いたことがあると思います。けど、その仕組みがどうなってるのかってちゃんと理解していますか?仕組みを知りたい方、実際にマイニングで稼いでみたい方は必見です!

アービトラージする

これもまたビットコインを入手するという観点からズレますが、ビットコインを増やすことが出来るという面から今回はご紹介します。アービトラージとは同じコインの価格が二つの取引所で異なったときに、高い方を空売りして低い方を買い、価格差がなくなったときに反対取引をして利益を出すというものです。

例としてはA取引所で1BTC=100万円のときにB取引所ではい1BTC=101万円であれば、A取引所で買った1BTCをB取引所に送金して売却したとしたら、差額の1万円が儲けになるということです。

どちらかといえば投資の手法なのですが、気になる方は詳しい記事もご覧ください。

目次儲け確実と噂のビットコインのアービトラージ(裁定取引)のやり方とは?ビットコインでアービトラージが行われる理由アービトラージのデメリット ビットコインでアービトラージをする時に役に立つツール&ソフト3選まとめ儲け確実と噂のビットコインのアービトラージ(裁定取引)のやり方とは? ビットコインの取引所は今や世界中に無数にあり、それぞれの取引所毎にビットコインの価格が決められています。当然、全く同じように取引が行われる取引所は二つとして存在しないので、それぞれの取引所毎に決められるビットコインの価格は常に微妙に異なります。この取引所間で生じる価格差を利用して利益を出す投資テクニックをアービトラージ(裁定取引)といいます。(サヤ取りとも呼ばれます。) 分かりやすい例として、A取引所で1BTC = 60万円の時に、B取引所では1BTC = 61万円であれば、A取引所で買った1BTCをすぐにB取引所に送金して売却すれば、差額の1万円が儲けになります。ただし、この方法だと送金している間に価格差がなくなったり価格が暴落してしまう恐れがあるので、実際のアービトラージではA取引所で1BTCを買うと同時にB取引所で1BTCを空売り(ショート)して、A取引所とB取引所で価格差がなくなった(例えば価格が60万5000円になった)時にA取引所の1BTCを売却し、B取引所の1BTCを買い戻すことで1万円の利益を得ます。 まとめると、アービトラージとは同じ物の価格が二つの取引所で異なった時に、高い方を空売りして低い方を買い、価格差がなくなった時に反対取引をして利益を出す投資手法です。 ビットコインでアービトラージが行われる理由 市場が成熟しておらず、価格差が発生しやすい アービトラージは、理論上は複数の市場ごとに価格が決まっているもの全てで使えるテクニックです。しかし資本主義が成熟した現代においては、利益が出せるほどの価格差が市場間で生まれるということはほとんどないです。ところが、ビットコインにおいては市場が成熟していないため、比較的大きな価格差が取引所間に生じやすい状況になっています。日本国内の取引所においても、大きい時は5000円〜1万円の価格差が生まれることがあります。このためにビットコインのアービトラージが注目を集めています。

ビットコイン販売所・取引所を選ぶ

基本的なビットコイン入手方法としてご紹介した販売所・取引所について掘り下げて説明します。

販売所と取引所の違い

まず「なんで販売所と取引所の二つがあるんだろう。同じじゃないの?」って思った方も多いのではないでしょうか?実はその二つにはしっかりとした違いがあります!販売所は「販売所を介して仮想通貨を売買する場所」で、取引所は「ユーザー同士が直接仮想通貨を売買する場所」のことを表します。この差は「スプレッド」といわれる手数料にはっきりと現れます!結論から言うと販売所の方が割高となっています。

スプレッドとは

スプレッドとは表示されている購入価格と売却価格の差のことをいいます。例としてbitFlyerの販売所から見ていきましょう!

ビットコインの購入価格が726,884円、売却価格が709,369円となっています。つまりこのタイミングでビットコインを購入して即時に売却した場合、726,884円ー709,369円=17,515円分損をしているということになります。今回の場合ですと価格と約2.4%の乖離があるということになります。これを知らずにどんどん取引していると、損失が大きくなってしまうこともなります。また、この差額は取引所の利益となっていますので、スプレッドは見えない手数料ともいわれています。

次にbitFlyerの取引所を見てみましょう。

取引所でのビットコインの購入価格が710,075円、売却価格が710,000円となっています。多少の価格は生じていますが、人為的なスプレッドは存在していません。つまりスプレッドが小さい取引所で売買する方が圧倒的にお得なのです!

販売所と取引所についてわかりやすくまとめた記事があるので、気になる方は以下からご覧ください!

 

目次ビットコインを始めてみよう!販売所とは?取引所(交換所)とは?違い①販売所と取引所の価格差違い②取引相手結局どっちを使えばいいの?まとめ ビットコインを始めてみよう! ビットコイン、最近話題になってるしちょっとずつ名前聞くようになってきたけどまだよくわからない、、、 今回はそんな初心者向けの記事です!ビットコインを少し調べると必ず出会う単語「取引所」「販売所」について、わかりやすく解説していきます! 販売所とは?取引所(交換所)とは? まずあらかじめ断っておきましょう。ビットコインとはあくまで仮想通貨の1つ(通貨の中のUSドル、みたいな感じです)なので、今後は仮想通貨、と呼んでいきますね。 さて本題です。まずは、販売所と取引所を一言で説明してみましょう。仮想通貨において、 販売所とは、仮想通貨を店から購入する「売店」 取引所とは、仮想通貨を客同士が売買する「市場(いちば)、バザー」 のようなものです。また、取引所は交換所とも呼ばれますが、一般には「取引所」の方で呼ばれることが多いですので、本記事では今後は「取引所」を用いていきます。 具体的に説明していきましょう。 販売所とは、仮想通貨を販売所運営会社から直接購入できる場所のことです。販売、というと購入しかできないのか?と思われそうですが、実は通貨を売ることもできます。 取引所とは、人々が仮想通貨を売り買いする場所のことです。これには私たちも参加することができます。そこでは私たちが自分が所有している仮想通貨に値段をつけてそれを売ることができます(自分たちで値段を指定して売買することからこの仕組みを「指値(さしね)注文」と呼びます)。 実際の取引所のサイトはこんな感じです。「買い板/売り板」の部分が人々が指値注文をした履歴です。 ちなみにこれは国内最大手の取引所「コインチェック」の写真です。 このコインを買う・売るなど書いてある部分が販売所に相当する部分です。 では、販売所と取引所はどんな違いがあるのか?詳しく説明していきましょう。 違い①販売所と取引所の価格差

取引所選びのポイント

ではここで数ある取引所の中から、取引所を選び出すポイントについてご紹介していきます!

取引所の信頼度

機能やや使いやすさなどいろいろありますが、これが一番大切なポイントです!自分の大切な資産を預ける取引所ですから、適当な取引所に預けてしまってはだめです。2018年になってからはCoincheckとZaifの二つの有名取引所がハッキング事件にあっていますから、安易に取引所を選ばずに、慎重に選ぶようにしましょう

使いやすさ

仮想通貨取引を行う上で、スマホでのアプリがあるか、チャートの機能はどうなっているのか。売買方法は簡単なのかなどの使い勝手の良さはとても大切な要素です。スマホでチェックできる取引所はとても人気で、なかでもGMOコインなどは特に使いやすいと評判になっています。

サーバーの強さ

他のポイントは見落とすことが少ないのですが、サーバーの強さにもしっかり注目しないと痛い目にあうことがあります。サーバーが落ちてしまうと、「取引所にアクセスが出来ない」「注文が通らない」等という事態が起こってしまい、暴騰・暴落と言った価格が急変するタイミングで損失を出してしまう可能性があります。

手数料の安さ

せっかくビットコインの取引で利益を生んでも手数料でもって行かれてしまうのはもったいないですよね。手数料にもいくつか種類はありますが、売買手数料・出金手数料はもちろん、先ほどご紹介したスプレッドも確認してどこが安いのか知ることも大切です。

おすすめのビットコイン取引所

ビットコイン購入におすすめの取引所

  • GMOコイン
  • BitPoint
  • DMM Bitcoin
  • bitbank

 

GMOコイン |初心者にも簡単なアプリ


GMOコインは東証一部に上場している、大手企業GMOインターネットが運営する国内最大規模の販売所です。

FX取引高世界一位の経験を活かして、高いセキュリティー性能と使い勝手を誇っています。そのため企業の信頼性は非常に高いと言えます。

基本的に手数料がすべて無料であるのがおすすめポイントの一つです。一番のおすすめポイントはスマホアプリ「ビットレ君」がとても機能性に優れていて、初心者から上級者まで幅広くおすすめすることが出来ます

今なら口座開設するだけで20,000satoshi分のビットコインをプレゼントというキャンペーンを実施中です! 

 GMOコインに口座開設する!

BitPoint |信頼のあるバランスのとれた取引所

仮想通貨取引所BITPointはビットポイントジャパンという会社によって運営されていて、親会社のリミックスポイントは東証二部に上場しています。資産管理に力を入れていて、BITPointに預けたお金は提携先の日証金信託銀行に信託されるので、ビットポイントジャパンが倒産しても、日証金信託銀行から資産をもらうことが出来ます

取引所形式でビットコインを扱っていて、取引手数料も無料なので、ビットコインの購入にとても適しています!

さらにFX取引ツールMT4を導入しているため、本格的に仮想通貨のFX取引をしたい方にはおすすめです! 

「BITPOINT(ビットポイント)の取り扱い仮想通貨って何があるんだろう」あなたは今こう考えていませんか?BITPOINTが2018年2月にリップル(XRP)を新たに取り扱うようになったと聞いて、注目している方も多くいらっしゃると思います。仮想通貨の取引所を選ぶ時に、自分が取引したい通貨を扱っているかどうか、確認することは非常に重要です。そこで、この記事ではBITPOINTの取り扱い通貨について、一覧はもちろんのこと、それぞれの通貨の特徴や将来性についても詳しく解説していきます!BITPOINTで取り扱われている通貨の特徴や将来性がわかれば、BITPOINTで取引をすることが有利かどうかわかります!みなさんがBITPOINTの取り扱い通貨について知り、取引所を選ぶ際の参考になれば幸いです。目次BITPOINT(ビットポイント)とは BITPOINT(ビットポイント)の取り扱い通貨(取り扱い銘柄)一覧 ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH)リップル(XRP)ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH)BITPOINT(ビットポイント)に関するQ&A BITPOINT(ビットポイント)の取り扱い通貨まとめBITPOINT(ビットポイント)とは BITPOINT(ビットポイント)は株式会社ビットポイントジャパンが運営している取引所で、2016年に設立されました。この株式会社ビットポイントジャパンは東京証券取引所市場第二部に上場している、株式会社リミックスの完全子会社です。上場会社が運営しているということで安心感を持つ方も多いかと思います。実際にBITPOINTは金融庁から「仮想通貨交換業者」の認可も受けているので安心して取引を行うことができる取引所だと言えます。BITPOINTは送金手数料が無料であったり、出金手数料が振り込み手数料のみであったりと、手数料が圧倒的に安いことで人気の取引所でしたが、2018年2月にリップルを取り扱い始めたことでより注目を集めるようになりました。BITPOINTはリップルだけではなく、主要なアルトコインも取り扱っています。早速、BITPOINTで取り扱われている仮想通貨について詳しく解説していきたいと思います。 

 BITPointに口座開設する!

DMM Bitcoin|レバレッジ取引におすすめ

DMM Bitcoinは抜群の知名度を誇る日本の大手企業DMMグループによって運営されています。DMMグループにはDMM.com証券がありDMM FXはFX口座数国内第1位という実績を誇ります。そのため仮想通貨のレバレッジ取引にはとても定評があります

レバレッジ取引とは証拠金と呼ばれる自己資金を使って、それよりも大きな金額を取引するという取引方法です。為替などではよく知られていますが、仮想通貨でもこのような取引をすることができます。レバレッジ使うことでより大きな利益をえることもできます。しかし、リスクもあることは念頭に置いておいてください。

DMM Bitcoinでは国内で唯一アルトコインのレバレッジ取引ができます。最大5倍のレバレッジをかけて、リップルやネムなども含む7種類の通貨の取引も行うことができます。 

 DMM Bitcoinに口座開設する!

bitbank|手数料が安い!

bitbankにはbitbank.ccとbitbanktradeのふたつがあり、これらはどちらもビットバンク株式会社によって運営されています。前者が現物専用の取引所、後者がレバレッジ取引専用の取引所として分けられています。

bitbank.ccではビットコインに加えて、それ以外のアルトコインも取引所で購入することができるため手数料が非常に安くなっています。さらに現在は取引手数料無料キャンペーンを行っているため、大変お得な取引所ということになります。bitbanktradeでも最大で20倍のレバレッジ取引ができるなど、レバレッジ取引を考えている方にはとてもおすすめです

 bitbank.ccに口座開設する!

ビットコインの購入手順

ここからは具体的なビットコインの購入手順について、GMOコインを使って説明していきます。

口座を開設する

仮想通貨の取引をするにあったてまずは仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。順番に説明していきます。

個人情報の入力

まずはメールアドレス・パスワードを設定します。パスワードはいつも使い回しにしている者ではなく「新しく作ったもの」をおすすめします。パスワード生成アプリなどを使って作成することをおすすめします。

それが終わると個人情報の入力へ移行します。

以上のような画面が出てきますので、これにそって情報を入力していきます。GMOコインでもそうですが、どの取引所でも答えるのに難しかったり、戸惑ったりするような質問はありませんので、素直に回答してください

本人確認書類の提出

本人確認をする際にあたって特定の書類が必要になってきます。オンラインとオフラインでの本人確認では使用できる本人確認書類が異なりますので、まずはその確認からします。

オンラインオフライン
運転免許証
マイナンバーカード
パスポート

在留カード
特別永住者証明書
住民票の写し×
各種健康保険証×

住民票の写し・各種健康保険証オンラインのみで使える書類となっています。

オンラインかオフラインか自分が行いたい方を選択して、本人確認書類の提出をしてください。提出が完了できれば口座開設の申し込みは完了です。

あとは口座開設の書類が自宅に届くので、そこに記載されている口座開設コードを会員のホーム画面で入力すれば、完了となります。

2段階認証を設定する

2段階認証というのは携帯端末を使ってそのときのパスワードを入力することで、セキュリティーを高めるという認証方法です。これをすることでセキュリティーの強さが圧倒的に変わりますので、絶対に設定した方が良いです

一番便利なのはGoogle Authenticatorというアプリですので、持っていない方はダウンロードしましょう!

Google Authentictorのダウンロードはこちらから!

まずは会員ホーム画面から、口座情報のセキュリティーをクリックします。

その後人段階認証のアプリ(Google Authenticator)を選択します。

アプリをクリックするとQRコードが出てきますのでそれを読み取って、6桁の数字を入力すれば2段階認証の設定は完了です。

GMOコインの登録についての詳しい記事は以下からご覧ください!

「GMOコインに登録したいけど、何が必要なのか分からない」「時間がかかるって聞いたけど。。。」GMOコインに登録するにあたって知っておきたいことって山ほどありますよね?知っておきたいことや疑問をこの記事で解消しましょう!【最新版】GMOコインの特徴・評判・評価・口コミを徹底調査 | CoinOtaku(コインオタク)続きを読む 目次登録・口座開設に伴うお得なキャンペーンGMOコインの登録・口座開設に必要なものGMOコイン仮登録方法!GMOコイン本登録方法GMOコイン登録のお悩み相談 まとめ登録・口座開設に伴うお得なキャンペーン現在GMOコインは新規口座開設に伴うキャンペーンを行っていて、口座開設書類の発送から7日以内に口座開設コード入力と二段階認証をした人には20,000satoshiのビットコインがプレゼントされます!このキャンペーンの期限は未定なので、皆さん急いで登録しましょう! GMOコイン公式サイトへGMOコインの登録・口座開設に必要なもの本人確認書類いつの世も取引所の口座開設につきものなのが本人確認ですが、GMOコインには2つの確認方法があります。本人確認書類として受け付けてもらえるものが、この2つでは異なるので注意が必要です。無難なのは、パスポートを使うことだと思いますが。オンライン確認1つは、書類の画像をアップロードするという手法です。他の取引所で口座を開設したことがあるという人ならイメージできるかと思います。このやり方だと、上の画像のリストにあるものが必要です。オフライン確認GMOコインのおもしろいところは、オフラインで本人確認ができるというところですね。このやり方だと、オンラインのとき使える書類が使えなくなっているのに注意が必要です。上のリストにある書類を、口座開設のお知らせを持ってくる配達業者に見せて確認をしてもらいましょう。二段階認証アプリの入ったスマホセキュリティアップのために必須な二段階認証の設定に必要なアプリ、Google


入金する

次に取引を行うために仮想通貨取引所に入金することが必要になります。入金方法には大きく分けて

  • 即時入金
  • 銀行振込

があります。即時入金では「楽天銀行」「住信SBIネット銀行」「Pay-easy」の3つに限られています。ご利用の機会がありそうな方は後ほど紹介する記事で、入金方法をご確認ください。

ですので個々では銀行振込の簡単な手順をご紹介します。

振込入金では、ユーザーによって振込先の口座それぞれ指定されています。ホーム画面の入金→日本円をクリックし、画面の手順に従い、あとは指定された口座に入金した額だけ入金すれば完了です。

振込手数料は各自負担となりますので、そこはご注意してください。

ビットコインを購入する

まずは左側のメニューの「トレードから」「仮想通貨現物売買」を選択します。この画面だけで、仮想通貨の取引は一気に出来ます!

ビットコインを購入する場合には、画面左側のBTCを選択します。画面右側で、買いたいもしくは売りたいビットコインの量を選択します。「金額指定」すると売買したいビットコインの量を日本円で指定することになり、「数量指定」すると売買したいビットコイン量を選んだ通貨単位で指定することになります。

購入を完了すると晴れてビットコインを所有することになります。

GMOコインの詳しい使い方は以下の記事から!

「あのGMOならと思い『GMOコイン』に登録したものの、使い方がよくわからない」、「仮想通貨でFXやってみたいけどやり方がわからない。GMOならできるんだっけ?」そう思って立ち止まってしまっている方も多いのではないでしょうか?適当に使えば取引はできるんだろうけど、何か勿体無いことをしている気がする。その通りです。マスターせずに使うのは勿体無い!そんな方のために!今回はGMOコイン使い方を入出金方法や取引方法だけでなく、FXや公式アプリ「ビットレ君」の使い方もスクショと合わせて徹底解説します!簡単かつ分かりやすい説明で、読めばすぐに以下のことができるようになるはずです!この記事を読んで出来るようになることアカウント登録日本円の入金と出金仮想通貨の現物取引仮想通貨のFX取引仮想通貨の送金と受金スマホFXアプリ「ビットレ君」の利用GMOコインの使い方で戸惑うことはもうありません!GMOコインの全てを理解し、自分の思うままに取引をしていきましょう。今なら20,000satoshiプレゼント!GMOコインに急いで登目次GMOコインとはGMOコインの登録方法GMOコインの入金・出金方法【日本円】GMOコインの仮想通貨取引方法GMOコインの送金・受金方法【仮想通貨】GMOコインのスマホアプリ「ビットレ君」の使い方まとめGMOコインとは何となく登録したGMOコインかもしれませんが、実はとても優秀な取引所なんです!ここではGMOコインについて、優れた点など特徴をいくつか説明します。<コインオタクによるGMOコインの考察記事はこちら>【最新版】GMOコインの特徴・評判・評価・口コミを徹底調査 | CoinOtaku(コインオタク)続きを読む 超巨大GMOグループの仮想通貨取引所!GMOコインを運営しているのは、あのGMOグループのGMOコイン株式会社です。資本金は衝撃の17

GMOコインに登録する! 

ビットコインの安全な保管方法

2018年に入ってから国内の取引所でハッキング事件が2件起こっています。自分の資産を自分で守ることは非常に大切です。その方法を説明していきます。

複数の取引所に口座を開設する

資産を分散させて置くというのは非常に大事です。今後もうハッキング事件が起こらないとは限りませんから、起こってしまった時のことを考えておきましょう。またBITPointのように資産を保証してくれるような取引所を選ぶことも大切です。

さらに複数もつ場合には、目的によって使い分けることもお勧めします。説明してきたように取引所によって手数料や取り扱い通貨などの特徴が異なります。そうすることで得するチャンスが広がります!

どこにしようか迷っている場合は先ほど紹介した、取引所に登録しておけば問題ないです!

自分のウォレットを持つ

仮想通貨を長期で保有しようと考えている場合、取引所で購入してそのまま放置してしまうと、取引所がハッキングされて資産がとられたり、倒産してお金が引き出せなくなってしまう可能性が増えてしまいます。そこで購入した仮想通貨をセキュリティーの高いウォレットでビットコインを保有することをおすすめします

ウォレットとは自分専用のアドレスを持つことで、残高を確認できたりほかのアドレスに送金したり、ほかのアドレスからコインを受け取ったりできる機能を持ったものです。自分で管理するためセキュリティーが高いですが、秘密鍵(自分だけが知ることができるパスワードのようなもの)を紛失する可能性はあります。そこさえしっかりと管理することができれば、ウォレットは非常に安全性の高いものとなっています

ウォレットには大きく分けて4つのタイプがあるので、それぞれ順番に説明していきます。

ウェブウォレット

登録者のアドレスと秘密鍵をサーバーに保存しておいて、どんな端末からでもサイトにアクセスして利用者が自分で設定したパスワードなどを入力することで資金の操作を可能にするのがウェブウォレットです。

アカウントの管理が簡単であったり、ユーザビリティが高いことなどがメリットです。一方でサイトに不具合が起きたり対応通貨が少ないことがでデメリットといえます。

目次ウェブウォレットとはウェブウォレットのメリットウェブウォレットのデメリットウェブウォレットの注意点ビットコインのウェブウォレット紹介ウェブウォレットQ&Aウェブウォレットまとめ ウェブウォレットとは ウェブウォレットとは、仮想通貨のウォレットのうち、サイトに登録して、サイト運営者のサーバー内でウォレット管理をするタイプのものを指します。 取引所のウォレットなどもこれに含まれます。 ウェブウォレットのメリット アカウントの管理が簡単 ウェブウォレットは、サイトに登録しておけば、自分のメールアドレスとパスワードだけで簡単に登録・管理できるという利点があります。 サイバー攻撃などへの対策は全て運営者任せなので、ユーザーがあえて対策をする必要がありません。強いて言うなら、二段階鍵認証くらいです。 ですから、他のウォレットに比べてお手軽に利用することができます。 ユーザビリティが高い ウェブウォレットは、サイトにアクセスすれば、いつでも好きな端末からウォレット操作ができます。 家ではPC、外出先ではスマホやタブレットなどを使ってウォレット操作、なんて感じで使い分けも可能です。 ソフトウェアウォレットのように、いちいち同じPCを持ち運んだりしなくていいのはかなり便利ですね。 ウェブウォレットのデメリット サイトに不具合が生じたときのリスクが大きい ウェブウォレットは、ウォレットの管理をサイトを通して行います。ですから、サイトにアクセス・ログインできなくなったり、サイトが急にサービスを停止してしまうような状況が発生した場合、資産が凍結されてしまう可能性があります。 また、メリットの項でも述べましたが、ウェブウォレットではセキュリティ管理がサイト管理者や取引所の運営者に一任されています。 ですから、彼らのセキュリティ対策が甘く、サイバー攻撃を受けてしまった場合、資産が盗まれる可能性があります。 また、特に取引所が運営していないウェブウォレットはその可能性が高いです。なぜなら、このような非取引所系のウェブウォレットは、ユーザーサポートやセキュリティ対策に回せる予算が取引所に比べて少ないことが多いからです。 実際に、非取引所系ウェブウォレットではクラッキングによる被害が報告されています。 対応通貨が少ない


モバイルウォレット

その名の通りスマートフォンやタブレットなどで管理できる、アプリタイプのウォレットです。お店などの支払いはこのタイプのウォレットがとても便利でしょう。スマホのデータが飛んだり、スマホをなくしてしまったときには永久にウォレット内のビットコインは引き出せなくなってしまうので注意してください。

コインオタクでは「ginco」というスマホウォレットをおすすめしています。興味のある方・これから頻繁に仮想通貨を使用しそうな方は持っておいて損はないです!

2018年、コインオタクが最もおすすめする仮想通貨はこちら!! 目次モバイル(スマホ)ウォレットとはモバイルウォレットの仕組みモバイルウォレットのメリットモバイルウォレットのデメリットモバイルウォレットの注意点ビットコイン用モバイルウォレットのオススメモバイルウォレットについてのQ&Aモバイルウォレットまとめ モバイル(スマホ)ウォレットとは モバイルウォレットとは、仮想通貨を管理するウォレットのうち、スマートフォン用のアプリを用いて自分の秘密鍵を管理するタイプのものを指します。 現在、GooglePlayやappstoreに複数のモバイルウォレットアプリが公開されています。※1月28日現在、コインチェックではアルトコインの入金、出金、売買のすべてが停止されています。こういった事態に陥ったときにも、自由に自分の資産が移動できるように、やはり自分のウォレットは持っておくべきでしょう。特にセキュリティの高いコールドウォレットは資産を安全に管理したい方にオススメです。コールドウォレットについて詳しく知りたい方はこちら! コールドウォレットを使おう!ハッキングに備えた安全な仮想通貨の保管方法を教えます!仮想通貨をもっと安全に保管してみませんか?オフライン式のコールドウォレットなら、ハッキングのリスクを最小限に抑えることができます。ペーパーウォレットの作り方、おすすめのハードウェアウォレットをこのページで紹介!続きを読む その他のタイプのウォレットについてはコインオタクの記事をご覧ください! デスクトップウォレットとは?メリット・デメリットとおすすめを紹介!仮想通貨のウォレットのうち、最もスタンダードなデスクトップウォレット。取引所以外のウォレットを探している方や、デスクトップウォレットについて知りたい方のためにメリット・デメリット、オススメを紹介します続きを読む ウェブウォレットって何?メリット・デメリットの両側面から解説!仮想通貨のウォレットにはいくつか種類があります。そのなかでも、サーバーで大勢のウォレットをまとめて管理するタイプのウォレット、ウェブウォレットについて紹介します!ウェブウォレットとは何か、どんなメリット・デメリットがあるのかをわかりやすくま続きを読む


gincoの詳細を見てみる!

ハードウェアウォレット

持ち運びが便利でなおかつ、圧倒的に安全性が高いウォレットが「ハードウェアウォレット」です。ハードウェアウォレットは機器そのものにウォレット機能がついているわけではなく、仮想通貨のアドレスへアクセスするために必要な、秘密鍵を保存している形になります。

使う際はPCに接続して専用のアプリを使うのですが、それ以外のときはインターネットに接続しません。このようなタイプのウォレットをコールドウォレットというのですが、オフラインでの保存になりますのでハッキングの可能性がありませんので、非常に安全ということが出来ます!コインオタクでは「LedgerNano S」というハードウェアウォレットをおすすめしています!かなり安全性が高いので持っておいて損はないです!以下から商品の詳細がわかります!

LedgerNano Sで安全に資産管理!

コインオタクおすすめのLedger Nano Sはこちら!目次ハードウェアウォレットとはハードウェアウォレットの仕組みハードウェアウォレットのメリットハードウェアウォレットのデメリットおすすめハードウェアウォレット3選三種のハードウェアウォレットを比較!ハードウェアウォレットのQ&Aハードウェアウォレットまとめ ハードウェアウォレットとは ハードウェアウォレットとは、仮想通貨を保管するウォレットのうち、秘密鍵を内蔵した外部デバイスのことです。PCに接続していない間はコールドウォレットとなるため、セキュリティ面で非常に強力なのが特徴です。 ハードウェアウォレットの仕組み 秘密鍵暗号を持ち運ぶ ハードウェアウォレットは、機器そのものにウォレットの機能がついているわけではありません。仮想通貨のアドレスへアクセスするために必要な、秘密鍵を機器内部で保存しているのです。ですから、ウォレット内の仮想通貨を管理するためには、PCなどの端末に接続し、専用のアプリケーションを利用する必要があります。 この秘密鍵は、購入時に付属しているアクティベーションキーと対応しており、ハードウェアウォレット本体が故障したり、紛失したりしても、新しく購入した本体にキーを入力することで復元できます。 ただし、アクティベーションキーさえ持っていれば他の本体からでもウォレットにアクセス可能というのは、裏を返せば他人にキーを知られたら不正送金などをされるかもしれないというリスクがあるということです。 ですから、キーは他人に見られないよう、また、なくすことの無いよう厳重に保管しましょう。 そして、流通業者がアクティベーションキーを、商品が購入される前に盗み見ている可能性もあるので、信頼できる正規代理店から購入しましょう。 PCに繋げてウォレット操作 ウォレットの操作をする際にはPCに接続し、専用のアプリケーションを使って機器内の秘密鍵を読み取ります。 ウォレットアプリのインストールされたPCなら、どれからでもウォレットにアクセスできます。 ハードウェアウォレットのメリット 安全性が非常に高い PCに繋いでいない間、ウォレットの秘密鍵はネットワークから完全に遮断されています。こういった状態のウォレットをコールドウォレットと呼ぶのですが、この状態ではハッキングの危険にさらされることがなく、非常に安全です。

 

ペーパーウォレット

紙に秘密鍵とアドレスを記入しておくだけ、というきわめてシンプルなウォレットです。これもハードウェアウォレットと同じくオフラインでの使用となりますので、安全性はかなり高いです

この方法はビットコインを長期で保有したいという方におすすめです。しかし、頻繁に引き出したりする方にはおすすめできません。

また管理が難しく、紛失したり、秘密鍵が読めなくなってしまうと全財産が永久に凍結されることになっていますので、細心の注意が必要です。

目次ペーパーウォレットとはペーパーウォレットの仕組みペーパーウォレットのメリットペーパーウォレットのデメリットペーパーウォレットって実際どうなの?コインオタクの評価ペーパーウォレットの使い方ペーパーウォレットについての気になるQ&Aペーパーウォレットまとめ ペーパーウォレットとは ペーパーウォレットって聞いたことありますか?ペーパーウォレットは紙製の財布で環境に優しく………そっちの方ではありません。仮想通貨の保管方法として紙媒体であるためにセキュリティーに優れたウォレットなのです! ペーパーウォレットの仕組み ビットコインの送金において、まず秘密鍵(銀行口座の暗証番号のようなもの)と公開鍵というものが作られます。公開鍵からビットコインアドレス(銀行の口座のようなもの)が生成され、この秘密鍵とビットコインアドレスを紙に印刷したものがペーパーウォレットです。紙に記されたこれらを参照すればビットコインは引き出せます。まさに小切手のようなものといえます。 ウォレットには常にインターネットに接続されているホットウォレットとオフラインで仮想通貨を保管するコールドウォレットがあります。コールドウォレットと聞いて多くの人が想像するのは「Trazor」などのハードウェアタイプのウォレットだと思われますが、ペーパーウォレットもコールドウォレットの一種です。 ペーパーウォレットのメリット あらゆるハッキングも怖くない! これはペーパーウォレットにに限らずハードウェアウォレットなどコールドウォレット一般にいえることですが、オフラインにあるため無事に送金してしまえば燃やされる、盗まれるなどの物理攻撃を受けない限り資産が危険にさられるリスクは最小限におさえられます。 ビットコインに関するニュースとして耳目を集めた「マウントゴックス事件」では取引所にあるビットコインが消失し多くの投資家が資産を失いましたが、このような事態になってもコールドウォレットにいれておけば安心であるということです。(もっとも、このマウントゴックス事件の原因がハッキングかどうかは定かではありませんが…)コストが小さく敷居が低い

 

ビットコインのやり方まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はビットコインのやり方について一から説明してきました。ビットコインを始めるにあたってかかせない、ビットコインの入手方法・取引所・取引所の使い方・ウォレットの情報をまとめました!

ビットコインについて調べても情報が多すぎてわかりにくいという方にとっても、これひとつで網羅できるようにポイントを絞ってお伝えしました。

これからビットコインを始める方の手助けになれたなら幸いです。

コインオタクにはまだまだ仮想通貨についての詳しい記事がありますので、是非そちらの方もご覧ください!

GMOコインに登録する!