リップル(XRP)を買うのならGMOコインがおすすめと聞いたけれど、どうやって買えばいいのかわからない、と思っていませんか?

この記事を読めば、GMOコインでリップルを手に入れる方法がわかります。

詳しい購入方法とともに、GMOコインを利用するときにかかる手数料、購入する際の注意点、さらにはレバレッジ取引のやり方まで教えます!

GMOコインでリップルを買おうか迷っている方は、ぜひこの記事を参考にして仮想通貨の世界へ足を踏み入れてみましょう!


GMOコインとは?

GMOコインは、東証一部上場のインターネット会社、GMOグループが運営する仮想通貨販売・取引所です。ここでは、仮想通貨の売買とレバレッジ取引ができます。

GMOコインは上場企業グループが運営しており、金融庁からきちんと認定を受けている取引所のため、安心感があります。さらに、取引の信頼性を担保するためセキュリティ対策にも力を入れているという点もポイントと言えるでしょう。

また、GMOコインでは24時間365日仮想通貨を取引することができ、一回に購入するリップル(XRP)の最小注文数量も30XRP(約1500円)〜と非常にお手頃なのです。GMOコインは、初心者の方も安心して気軽にリップルを購入できる取引所と言えるでしょう!

GMOコインについてもっと知りたい、という方は以下の記事を参考にしてみてください。 

GMOコインは日本国内の比較的新しい仮想通貨取引所です。GMOコインの評判は?使いやすい?取り扱い通貨の種類は?気になるポイントをコインオタクがすべて解説します!

 

GMOコインでのリップル(XRP)の買い方

それでは、GMOコインでリップル(XRP)を買う方法について見ていきましょう。

①GMOコインの口座を開設する

GMOコインでリップル(XRP)を買うには、まず口座を開設する必要があります。口座の開設の詳しいやり方は、以下の記事を参照してみてください。 

「GMOコインの評判を聞いて口座を開設してみたい!でも手続きが多そうで面倒だな」あなたは今そうお考えでありませんか?実はGMOコインの口座を開設する方法は、難しくありません!この記事を読めば、手順を追いながら画像を用いて説明しているので、迷うことなく口座の開設を行うことが出来ます!また、気になる開設にかかる時間も書いているので是非参考にしてみてください。GMOコインの口座開設をしたい方はこちら目次GMOコインの口座開設方法GMOコインの口座開設にかかる日数 GMOコインの口座開設後にやっておくこと GMOコインに関するQ&A まとめGMOコインの口座開設方法GMOコインとは仮想通貨の販売所です!東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」の傘下である「GMOコイン株式会社」が運営しています。仮想通貨を売買する取引所じゃないの?と思った方もいらっしゃるかと思いますので、簡単に言うと、取引所は人々が仮想通貨を売り買いするところで、販売所は仮想通貨を販売所運営会社から売り買いするところです。取引する相手が違うということが大きなポイントです。口座を開設する方法には影響しませんが、取引所と販売所の違いが気になる方はこちらをご覧ください。GMOコインは2017年9月に金融庁から仮想通貨交換業者として認可されています。安全性が高いということで、口座を開設しようと考えている人も多いのではないでしょうか。そこで今回はGMOコインで口座を作ってみようか、と考えている人に口座の開設方法を画像も用いてわかりやすく説明します!手順1 メールアドレスを登録する まずGMOコインのホーム画面に表示されている「口座開設はこちら」のボタンをクリックします。 パソコンの方は右上にも口座開設のボタンがありますし、スマートフォンの方は左上の「≡」を押しても口座開設のボタンが表示されます。すると口座開設のページに移動しますのでメールアドレスを入力します。入力するメールアドレス自体はフリーでも問題ないので、Googleで新規のメールアドレスを作成して登録することも可能です。そして「私はロボットではありません」にチェックをして、無料口座開設のボタンをクリックします。 

 GMOコインの口座開設をしたい方はこちら

②日本円を入金する

GMOコインで口座が開設できたら、続いて日本円を入金しましょう。日本円の入金方法には、即時入金振込入金の二種類があります。

即時入金

日本円の入金方法の一つ目としては、ネットからそのままお金を振り込む「即時入金」が挙げられます。

即時入金を利用すると手数料が無料な上、いつでも入金をすることができるため大変便利です!

それではこの即時入金のやり方について見ていきましょう。まず、GMOコインへのログイン後、左側の「入出金」のところにある「日本円」のボタンをクリックします。

すると、上のように利用する金融機関を選ぶ画面となります。ここからは利用したい銀行名をクリックし、入金額を指定すればそのまま振込をすることができます。

振込入金

続いて、日本円入金のもう一つの方法として「振込入金」があります。

振込入金も、左側の「入出金」のところにある「日本円」のボタンから行うことができます。振込入金の画面に行くと、GMOコインが指定する口座が表示されるので銀行やコンビニなどから入金額を指定し、送金を行ってください。振込入金を利用する場合は振込手数料が自己負担となります。

即時入金と異なり、入金が反映されるまでにタイムラグがあるのでその点には注意しましょう。

土日祝日は原則休みのため、金曜日の17時以降に振込を行うと翌週月曜の10時に反映されることになります。


③リップル(XRP)の購入価格または数量を決める

日本円の入金が完了したら、続いてリップル(XRP)の購入価格または数量を決めましょう。

ページの左側にある「販売所」をクリックすると、以下のような画面が出てきます。5種類のコインの中からリップル(XRP)を選択し、金額または数量を指定します。

以上の手順を踏むことで、リップル(XRP)を購入することができます!


GMOコインでかかる手数料一覧

リップル(XRP)を購入するときに重要となってくるのが、手数料です。

GMOコインでリップル(XRP)を買うときにかかる手数料としては、どのようなものがあるのでしょうか?

GMOコインでは、主に取引手数料・入出金手数料・スプレッドの三つの手数料があります。

取引手数料​​無料
​入出金手数料​無料
​スプレッド​約4.5円

取引手数料

取引手数料とは、GMOコインを利用してコインの売買を行うときにかかる手数料のことです。

GMOコインでは、こちらの取引手数料が無料となっています。

入出金手数料

続いて、GMOコインの手数料としては入出金手数料があります。

この入出金手数料は、GMOコインに日本円を入金したり出金したりするときにかかる手数料のことを言います。

GMOコインでは、こちらの入出金手数料も無料となっています。

スプレッド

「それでは、GMOコインでは本当に全ての手数料がゼロなのか?」と疑問に思った方もいるでしょう。

実は、GMOコインには「スプレッド」と呼ばれる実質的な手数料が存在しているのです。GMOコインでリップル(XRP)を買うときには、このスプレッドに注意が必要です

このスプレッドというのは、「リップル(XRP)の購入価格と販売価格の差」のことを言います。GMOコインは、各コインの値段にこのスプレッドという手数料を上乗せすることで利益を得ているのです。現在、リップルは1XRPあたり​​4.5円程度のスプレッドとなっています。

当然、スプレッドが大きくなればなるほど購入者にとっては損になります。


GMOコインでリップル(XRP)を買う時の注意点

販売所と取引所の違いとは?

リップル(XRP)を買うことのできる場所としては、大きく分けて販売所取引所の二つがあります。GMOコインでリップル(XRP)を買うときに知っておきたいのが、この販売所と取引所の違いです。

販売所は、リップル(XRP)を販売所を運営する会社から直接買うことのできる場所のことを指し、取引所はリップル(XRP)をユーザー同士で売り買いできる場所のことを指します。例えて言うならば、販売所=正規店、取引所=市場のようなイメージでしょう。

GMOコインにはこれまで販売所しかありませんでしたが、2018年9月5日から取引所の機能も追加され注目が集まっています! 

さらに詳しく知りたい、という方は下の記事を参照してみてください。

目次ビットコインを始めてみよう!販売所とは?取引所(交換所)とは?違い①販売所と取引所の価格差違い②取引相手結局どっちを使えばいいの?まとめ ビットコインを始めてみよう! ビットコイン、最近話題になってるしちょっとずつ名前聞くようになってきたけどまだよくわからない、、、 今回はそんな初心者向けの記事です!ビットコインを少し調べると必ず出会う単語「取引所」「販売所」について、わかりやすく解説していきます! 販売所とは?取引所(交換所)とは? まずあらかじめ断っておきましょう。ビットコインとはあくまで仮想通貨の1つ(通貨の中のUSドル、みたいな感じです)なので、今後は仮想通貨、と呼んでいきますね。 さて本題です。まずは、販売所と取引所を一言で説明してみましょう。仮想通貨において、 販売所とは、仮想通貨を店から購入する「売店」 取引所とは、仮想通貨を客同士が売買する「市場(いちば)、バザー」 のようなものです。また、取引所は交換所とも呼ばれますが、一般には「取引所」の方で呼ばれることが多いですので、本記事では今後は「取引所」を用いていきます。 具体的に説明していきましょう。 販売所とは、仮想通貨を販売所運営会社から直接購入できる場所のことです。販売、というと購入しかできないのか?と思われそうですが、実は通貨を売ることもできます。 取引所とは、人々が仮想通貨を売り買いする場所のことです。これには私たちも参加することができます。そこでは私たちが自分が所有している仮想通貨に値段をつけてそれを売ることができます(自分たちで値段を指定して売買することからこの仕組みを「指値(さしね)注文」と呼びます)。 実際の取引所のサイトはこんな感じです。「買い板/売り板」の部分が人々が指値注文をした履歴です。 ちなみにこれは国内最大手の取引所「コインチェック」の写真です。 このコインを買う・売るなど書いてある部分が販売所に相当する部分です。 では、販売所と取引所はどんな違いがあるのか?詳しく説明していきましょう。 違い①販売所と取引所の価格差

 

リップル(XRP)のスプレッドは高い?

GMOコインのリップル(XRP)の実質的な手数料であるスプレッドは、リップル(XRP)を購入する上で重要です。なぜなら、スプレッドが大きければ大きいほど、購入者が損をすることになり利益を上げにくくなってしまうためです。リップル(XRP)を購入する時にはスプレッドに注意するようにしましょう!

GMOコインの販売所でリップル(XRP)を買おうとすると、スプレッドは比較的広いと言えます。(他の販売所と比べてどうなのかを知りたいという方は、ぜひ以下の記事を参考にして比較してみてください。)

GMOコインのスプレッドについて悪評を聞いている方は多いのではないでしょうか。「けどGMOコインのスプレッドが酷いってほんとなの?」なんて思っていませんか?他の仮想通貨販売所と比較してあったら酷いかどうかがわかりやすくていいですよね。そんなあなたのために、コインオタクがGMOコインのスプレッドを通貨ごとに算出し、他の販売所と比較しました!!その結果、GMOコインのスプレッドはリップルがとても広いことがわかりました!GMOコインのスプレッドに関する評判もまとめたので、ぜひ読んでみてください!この記事を読んでわかることスプレッドの仕組みGMOコインのスプレッドの広さGMOコインと他販売所とのスプレッドの比較 目次GMOコインとはGMOコインのスプレッドを通貨ごとに紹介!GMOコインのスプレッドを他販売所と比較!GMOコインのスプレッドに関する評判GMOコインのスプレッドに関するQ&AまとめGMOコインとはGMOコインとは、GMOインターネットグループの傘下であるGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨販売所です。GMOグループは、外貨FXで有名なGMOクリック証券も運営していて、FX取引高が6年連続世界一の実績があるので信頼感のある仮想通貨交換業者として期待されています。こちらの記事で詳しく説明していますので是非ご覧になってください。GMOコインのスプレッドを通貨ごとに紹介!スプレッドとは?手数料無料という言葉に注意!仮想通貨におけるスプレッドとは、通貨の売値と買値の差のことを指します。仮想通貨「取引所」においては、市場原理によって通貨の価格は決められるのでスプレッドは一般的に狭いです。仮想通貨「販売所」においては、運営業者が価格を決めているのでスプレッドが広く設定されています。これが販売所への取引手数料のようなものです。また「取引所」では、取引手数料がいくらか設定されている場合がほとんどで、0.1%〜0.3%程度です。一方「販売所」では、取引手数料が無料であるところがほとんどですが、スプレッドが取引所の手数料以上にかかってしまいます。取引手数料無料という言葉には気をつけましょう。以下で、通貨ごとのスプレッドを紹介します!他取引所との比較は後の項目でします。スプレッドがどれほど大きいものなのかを感じるために、海外の仮想通貨取引所Bittrexの0

 ところが、新しく追加された取引所では販売所に比べてスプレッドの幅が狭くなっているので、販売所よりもお得にリップル(XRP)を購入することができます!

販売所とともに、取引所を活用していくとよりお得に取引ができるようになるでしょう。

リップル(XRP)購入の上限

GMOコインでは、リップル(XRP)購入の際の上限が決められています。一回の注文につき、2000リップル(XRP)までという制限がついていますので、その点には留意しておきましょう。


リップル(XRP)を買う時の注意点まとめ

  • 販売所と取引所の違い
  • リップル(XRP)のスプレッド
  • リップル(XRP)購入の上限

 


GMOコインでのリップル(XRP)のレバレッジ取引のやり方

GMOコインでは、元手となる資金の数倍の金額でリップルに投資をする、レバレッジ取引も行うことができます。

GMOコインのリップルのレバレッジは5倍で固定されており、GMOコインでできるレバレッジ取引には成行、指値、IFD、OCO、IFD-OCOの5種類があります。ここでは、初心者でもわかりやすい成行注文指値注文に絞ってやり方を見ていきましょう。

成行注文

成行注文は、価格を指定せずに取引数量を指定する注文のやり方です。

まず、左側の仮想通貨FXのところを選択しましょう。

売買どちらを行うのか、取引数量、許容スリッページを入力した上で注文確認を押すと、注文ができます。

※許容スリッページ:値動きが大きく、自分の注文価格と約定した価格に違いが生まれる場合、許容できる範囲を示すもの。実際の約定価格がこの範囲外になる場合は、約定しなくなる。

指値注文

指値注文は、取引価格を指定する注文のやり方です。

左側の仮想通貨FXのところを選択し、売買どちらを行うのか、指値または逆指値、注文レートを入力した上で注文確認を押すと、注文ができます。

「売り」の場合には、注文レートよりも価格が上がった時に売りたいのなら指値、下がった時に売りたいのなら逆指値を選択します。

「買い」の場合には、注文レートよりも価格が上がった時に買いたいのなら逆指値、下がった時に買いたいのなら指値を選択します。

この注文は、相場の動きに依存するため、必ずしも注文が成立するわけではありませんので気をつけましょう。

上記二つ以外の注文方法についても詳しく知りたい、という方は以下の記事を覗いてみてください。

「GMOコインでレバレッジ取引をしたいけど、やり方が分からない。。。」 そう思って一歩踏み出せない方も多いのではないでしょうか? そんな方のために、GMOコインのレバレッジ取引の特徴、そして 実際の取引のやり方を徹底解説します! この記事を読んで、レバレッジを駆使した取引ができるようになりましょう!目次GMOコインでのレバレッジ取引の特徴GMOコインの登録方法 GMOコインの入金方法 GMOコインの画面の見方GMOコインのレバレッジ取引のやり方まとめGMOコインでのレバレッジ取引の特徴GMOコインの取扱通貨GMOコインでは現在、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルの主要5通貨での仮想通貨現物売買、仮想通貨FXが可能です。仮想通貨現物売買とは、仮想通貨を購入・売却する際に、実際に仮想通貨の受け渡しが行われる取引のことです。仮想通貨現物売買では、レバレッジ取引はできません。仮想通貨FXとは、仮想通貨の受け渡しを行わずに、売買した価格差に相当する日本円の受け渡しのみで決済する取引のことです。仮想通貨 FXではレバレッジを使った取引が可能です。 現在、GMOコインの仮想通貨FXでは、ビットコインのみレバレッジ5倍もしくは10倍、アルトコインではレバレッジ5倍の取引が可能です。仮想通貨FXにアルトコインが導入される前、レバレッジ5倍・15倍・25倍でビットコインの取引ができました。しかし2018年1月31日7時からレバレッジは一律5倍に変更され、2018年4月25日15時からは5倍・10倍の取引が可能になりました。現在では、15倍、25倍のような高レバレッジでの取引はできません。銘柄名レバレッジビットコイン5倍・10倍イーサリアム5倍ビットコインキャッシュ5倍ライトコイン5倍リップル5倍手数料GMOコインではレバレッジ手数料以外の「取引手数料」「即時入金手数料」「口座開設手数料」「出金手数料」がすべて無料です。建玉を翌営業日に持ち越した時に、建玉の0

 

GMOコインでのリップル(XRP)の送金方法

それでは、次にリップル(XRP)の送金をするやり方について見ていきましょう。

まず、メニューの入出金の部分から仮想通貨を選択し、クリックします。すると、銘柄選択の画面が出てきますので、ここでリップル(XRP)を選びましょう。


続いて宛先の選択のところから、新しい宛先を追加するをクリックします。

そして、名称(ニックネーム)の部分に宛先登録の際に使う名前、ビットコインアドレスの部分に宛先のアドレスを入力し登録しましょう。これで宛先の登録は完了です。

宛先の完了が登録したので、あとはリップル(XRP)の送付数量を入力し、二段階認証を行えば送金をすることができます。


GMOコインのチャートの見方

それでは続いて、GMOコインのチャートの見方についてご説明していきます。

GMOコインのメニューから販売所を選び、画面中央の上の方にあるチャートをクリックすると、リップル(XRP)のチャートを見ることができます。

画面左上のボタンから、現物取引とFXどちらのチャートを見るか選びましょう。

また、チャート設定のボタンをクリックすると、複数のテクニカル指標が表示され、表示させたいものを選択することができます。

リップル(XRP)の買い方まとめ

GMOコインでのリップル(XRP)の買い方

  • GMOコインの口座を開設する
  • 日本円を入金する
  • リップル(XRP)の購入価格または数量を決める

 ここまで、GMOコインでリップル(XRP)を買う方法についてご紹介してきました。リップル(XRP)を購入する時には、実質的な手数料であるスプレッドや、販売所と取引所の違いが重要であることなどがお分りいただけたでしょうか。

GMOコインは、初心者の方でも安心してリップル(XRP)を購入できる販売所ですので、ぜひこの機会に利用してみることをお勧めします!

GMOコインの口座開設をしたい方はこちら