仮想通貨取引所Binance(バイナンス)とは

 

Binanceは上海に本社所在地を持つ仮想通貨取引所です。2017年7月に設立されて以降、取引所の注文処理速度の速さが注目され、認知度が上がりました。Binanceでは月に1回Community Coin of the Monthというプログラムがあり、投票で人気上位に挙がった仮想通貨を上場しているという点が特徴的です。

CEOは有名な中国取引所OKCoinの元CTO(最高技術責任者)やブロックチェーンの元開発トップであるChangpeng Zhao氏で、彼の会社Beijie Technologyによって管理されています。2017年8月には同じくOKCoin共同創業者で、中国のインターネット産業で最も尊敬され、影響を与えた一人と言われるYi He氏がBinanceに参加しています。よって企業にいる役員の経歴面では、信頼のおける取引所と言えます。


Binance公式サイトはこちら


【Binanceの特徴1】手数料が安い!

Binanceは手数料が安く、取引手数料は一律0.1%!日本での取引手数料は2%程なので、日本の取引所と比べれば非常に安いです!

そのうえ手数料は後述するBNBを利用することでなんと半額になります

BTC現物取引手数料をBittrexとPoloniexとで比較してみると、


Biance:0.1%

Bittrex:約0.25%

Poloniex:0.15~0.25%

アルトコイン現物取引手数料を比較してみると、

Binance:0.1%

Bittrex:0.25%

Poloniex:0.15~0.25%

BTC送金手数料を比較してみると、

Binance:0.0005BTC

Bittrex:0.001BTC

Poloniex:0.0005BTC

BTC送金手数料に関してはPoloniexに負けましたが、全体的にBinanceが安いですね!

また、BNBで手数料支払いをすれば更にここの表示した額の半分になるので、BTC送金手数料でもPoloniexに並びます!

 

手数料についてはこちらの記事で詳しく取り扱っているので参考にどうぞ!

今人気急上昇中の取引所Binance。その魅力の一つに「手数料が他の取引所に比べて圧倒的に安い!」というものがありますが、実際にどれほど違うのかを比較してみました!Binanceでの取引を考えている方はぜひご一読ください!

 


 

【Binanceの特徴2】独自コインを発行している

Binanceでは独自の通貨「Binance Coin」を取り扱っています。BNBは現在の供給量100MM、最大供給量200MMでERCを使用してEthereumブロックチェーン上で実行されます。このコインの特徴はBNBを保有し、手数料をBNBで払うように設定しておくと取引手数料が半額になることです。つまり取引手数料が0.05%になります!!Binanceで取引を始める際には、手数料の支払い用にBNBを購入しておくとよいです。


【Binanceの特徴3】草コインの種類が豊富

Binanceは他の取引所に比べかなり多くの草コインを取り扱っています。特に、Binanceに登録されている草コイン(Binance銘柄と呼ばれる)は高騰しているものが多く、一攫千金を狙う草コイナーには必要不可欠といっても過言では無いでしょう。

まだ登録されていない方はこの機会にここから登録してみてください!

登録の際にはこちらの記事を参考にどうぞ。

大人気の仮想通貨取引所、Binance。「取引してみたいけどどうすればいいかわからない・・・」というあなたのために、登録の仕方と認証の手順を画像付きでわかりやすく解説しました!ここからあなたも取引を始めましょう!

 

Binanceの今後

中国での閉鎖や規制による影響

中国は2017年9月半ばに仮想通貨取引拡大の抑制に動き出し、2017年10月末に取引所が前面閉鎖されました。それに伴い、Binanceは中国からの取引を禁止しましたが、中国以外の国で取引所登録をおこなっていたため、取引は引き続き行われています。

中国取引所の閉鎖はマイナスでもありましたが、Binanceによると中国からの取引割合は17.5%であったとのことで、全取引のうちそれほど大きな割合はなかったようです。なので、Binanceの今後の成長を阻害する程大きな打撃ではなかったのでしょう。

また、Binanceは香港に本拠地を置いているため、中国本土の規制の影響をあまり受けません

ただし、そのことをあまり理解していない人も多く、中国での仮想通貨取引所規制によってBinance銘柄が暴落するということもたびたび起こっています。


月に1回の投票による新規通貨上場

Community Coin of the Monthというプログラムでは、Binance利用者の投票において人気上位に挙がった仮想通貨を上場させています。

この投票は月初めの4~5日間に行われています。また、最新の2018年1月にあった投票では、一人で複数回投票可能1投票当たり0.1BNBが必要という条件でした。なので、次回以降もこのような日程とルールで行われる可能性が高いと考えられます。

取扱取引所数の増加により仮想通貨の流動性が向上する為、上場通貨を利用者達で決めることのできるこのプログラムは今後も注目されるでしょう。


Binanceのメリット

急速に伸びる取扱コイン数と取引量

2017年11月現在で既に世界での取引量ランキング9位、46000BTC以上を取引しており、現在の取扱コイン数は70種類です!わずか4か月でここまでの成長を遂げている取引所なので、今後の取り扱い数・取扱量の伸びに対する期待値は高いでしょう。

2017年11月現在の取り扱い通貨は70種類以上存在しています。

BTHやETHといった人気通貨は勿論、日本取引所で買えない人気通貨や他の大取引所では取り扱っていないようなマイナーなコインも買いたい!という方にはおすすめの取引所です!


IOTAの取引開始

2017年9月28日には時価総額8位(2017/11現在)のIOTA(アイオータ)が上場しました!IOTAは時価総額が大きいのですが取引所が少ない通貨なので、今回取引所数が増加したことは非常に注目されました。

Binance以外でIOTAを取り扱っている取引所は以下のようになります。


  • Bitfinex
  • IOTA Exchange
  • Exrates
  • Bit520
  • CoinFalcon

IOTAを売買したいのに上記の取引所にアカウントを持っていない方はBinanceも検討してみてはいかがでしょうか!

IOTA(アイオータ)は、IoTに最適な全自動決済システムです。皆さんはお釣りもらうの面倒くさい...と感じたことはありませんか?IOTAはそんな夢を叶えてくれます。全自動決済の可能性を東大生が考察してみました!

 

注文処理速度が早い

Binanceの強みは一秒間に140万もの注文を処理することが出来るという高いパフォーマンス性1秒間にこれだけの注文を処理することが出来れば、注文処理が遅れることを心配することなく、リアルタイムでの取引が可能です!


Binanceのデメリット

拠点であった中国での取引所閉鎖とICO規制

中国での騒動がもたらしたのは中国取引所の閉鎖のみではありません。 

ICOを全面的に禁止又は精査する規制に伴って、90%以上のICOが投資家に払い戻しを行ったわけですが、BinanceがICOでの資金調達によって出来た取引所である為、調達資金の返済を求められる可能性は否定できません。2017年9月の時点で90%以上の中国系ICOが投資家に返金しており、現在もBinanceによる返金対応はありませんが、更なる規制強化による返金対応となる可能性はゼロとは言えません。


ICOで発行したBNBが問題になる可能性

 今後、中国での規制が強まれば、BinanceがICOによって発行した仮想通貨、BNBの更なる買い戻しが起きる可能性があります。既にBinanceは第一四半期決算において市場に出ているBNBの50%を買い戻すと発表しましたが、今後規制が強まるとBNBの更なる買い戻しが起きる可能性があり、BNBやBianceの運営に影響が出るかもしれません。


Binanceの登録方法

アカウント作成

Binanceを始める為には、まずはアカウント登録を行いましょう!

公式ホームページを開いて「登録」をクリックしてから、アドレスとパスワードを入力し、矢印をスライド、後は登録ボタンを押せば、登録したメールアドレスにメールが届きます。メールのリンクをクリックすると登録完了となり、ログイン可能になります。


(下のボタンをクリックしたままスライドさせてパズルのピースをはめる)


HPの右上には人のシルエットをしたツールバーがあり、クリックすると「ユーザーセンター」が出てきます。「ユーザーセンター」をクリックし、本人認証を行うと、24時間での引き出し限度額が2BTC から100BTCになります。


Binanceを始める!

二段階認証の設定

他人から不正にログインされないためにも二段階認証をしておきましょう!

ユーザーセンターの二次検証で「Google検証」を行うと、二段階認証が出来ます。



Binanceの使い方

入金・出金方法

Binanceでは日本円での入金ができない為、仮想通貨での入金が必要です。「Funds」から「Deposits」にアクセスしましょう。入金したい通貨を選択し「Deposits」をクリックすると、入金アドレスが表示されます。

出金は同じく「Withdrawals」で出来ます!


取引方法

取引画面には右上のTradeをクリックすることでアクセスできます。BasicとAdvanceの2種類あり、Basicではこのような画面が表示されます。

画面の見方はこのようになっており、画面中央のフォームから注文が可能です。

取引方法は「Limit(指値注文)」、「Market(成行注文)」、「Stop Limit(逆指値注文)」の3種類です。


入出金・取引方法についてはこちらの記事で画像付きで詳しく説明しています。ぜひご覧ください。

今人気急上昇中の取引所Binance。その魅力の一つに「手数料が他の取引所に比べて圧倒的に安い!」というものがありますが、実際にどれほど違うのかを比較してみました!Binanceでの取引を考えている方はぜひご一読ください!

 


アプリのインストール

2017年9月11日にはiOS/Android向けのアプリがリリースされました。PCよりもモバイル端末でこまめにチェックしたい方はアプリを入れてみると良いかもしれません!

また、アプリの使い勝手が非常にいいのでぜひ一度使ってみてください


iOSの方はこちら!

Androidの方はこちら!

Binanceまとめ

Binanceは、手数料が安いだけでなく、驚異の速度で取引量と取引通貨数を伸ばしており、日本取引所で取り扱っていないコインも取引することが出来ます。

更に、サポートとFAQ以外は日本語対応なので海外取引所としては始めやすい取引所です。手数料が安い取引所で始めたい方、日本取引所で取り扱っていないコインにも興味がある方におすすめです!


手数料激安!Binanceの口座開設はこちらから!