「ビットコインってこないだまでは盛り上がってたよねー。もう流行り終わったんでしょ?」

そうお考えではありませんか?

結論から言うと、決して終わっていません!成長が期待できるのはこれから!

ビットコインの仕組みや将来性を知れば、その可能性に期待が膨らむこと間違いなしです!

 

この記事では、ビットコインの仕組みや特徴、ビットコイン投資の始め方、おすすめ取引所、ビットコイン投資のメリットとデメリットなどをコインオタクが丁寧にご紹介します。

これを読めばビットコイン」って名前だけを知っている方でも、ビットコイン投資を始めるにあたって、広く十分な知識が身につきます!

ビットコイン投資をざっくり説明すると

  • ビットコイン投資は、今すぐ始めるべき
  • 希少価値が上昇し、儲かる可能性が高い
  • ビットコインを購入するには取引所への登録が必須!

ビットコインへの投資はわずか3ステップで簡単に始められます。

仮想通貨の始め方

最もおすすめの取引所は、サポートも充実したDMM Bitcoinです。

取引手数料は完全無料で、業界No.1の信頼性を誇ります。

DMM Bitcoin公式サイトはこちら

無料登録(DMM Bitcoin公式)

ビットコイン投資は少額で今すぐ始めるべき!

結論からいうと、ビットコイン投資は「今すぐ、少額で、始めるべき」です。

始めから100万円!というわけではありません。将来性を考えて、少額でもいいので持っておくことを強くオススメします。

 

どうして今始めるべきなのか

どうして少額だけであるべきなのか

それぞれ分けて説明します。

楽天・スタバなど超大手企業の参入で値上がりに期待!

「どうして今始めるべきなのか」を説明します。

 

ビットコインが上がると言っている人がいくら多くても、信じられないと思います。価値が上がるためには、使う人・欲しい人が増えなければいけません。この時重要な要素となるのが、大手企業の参入です。

その将来性を買って多くの世界的企業・国内大企業が参入を発表しています

ほんの少し例を挙げてみます。

  • 楽天・・・楽天カード株式会社を通じて、国内取引所「みんなのビットコイン」を買収。
  • スターバックス・・・仮想通貨決済プラットフォーム「Bakkt」を通じて、ビットコインでの商品購入を可能にする予定。
  • 三菱UFJ銀行・・・「MUFGコイン」の導入。国外取引所「コインベース」への出資。
  • LINE・・・取引所「BITBOX」を開始し、独自通貨「LINK」を発行すると発表。

ここでは身近な大企業だけをご紹介しましたが、この他にも多くの企業が次々参入しています。

バブルと言われた高騰から暴落してしばらく経った今でも、参入を表明する企業はどんどん増えています。

こうした大企業が参入してくることは長期的に価値を上昇させる大きな要因となるはずです!

 

ところが実は、ビットコイン投資の口座の開設と取引開始には、長くて1ヶ月程度の時間がかかります。

『価格が上がり始めた!』→『口座登録してみよう!』→1ヶ月後...→『もう値段落ち着いちゃってる・・・』なんてことになってはもったいない!

 

投資では、大多数の意見に流されずに、常に反対の局面を想像していることが大切です。

熱が冷めて人が引いていく中、自分だけが勝つためにはどうすればよいでしょうか?

ビットコインの可能性を知ったこの時点で、ビットコイン投資は今すぐ始めるべきと判断します。

 

高額投資をするには大きすぎる暴落リスク

「どうして少額だけであるべきなのか」を説明します。

 

前項の様に、価格の将来的な上昇が見込めるとは言っても、現在から短期的にみると、価格はずるずると落ちてきています。

いつ急上昇してもおかしくないのと同様に、いつ暴落してもおかしくありません。

現時点で、大きな金額でどさっと買うことは危険と言わざるを得ません。

 

大きすぎるリスクは回避する必要があります。投資する金額は、価値が0になっても自分にとって痛くない金額にしましょう。

その上で、ビットコインの相場に慣れたり、ビットコインへの関心・興味を強めるという目的を持って、現段階では、ビットコイン投資は少額だけであるべきと判断します。

無料口座開設(DMM Bitcoin公式)

 

ビットコイン投資の始め方・購入方法

取引所への登録は、入会料・会員費・維持費等一切かからないため、何のリスクもありません。

機会を失う前に、登録だけは済ませておきましょう!

 

今回は、初心者でも簡単に取引することのできるDMM Bitcoinを例に、説明します。

準備するものはたった3つ!

取引を開始する前に取引所の開設に必要なものを用意します。

取引所の登録に必要なのは以下の3つだけです!

準備するもの

  • PCまたはスマホ
  • 銀行口座
  • 本人確認書類

 本人確認書類として認められるものは取引所によって異なりますがDMM Bitcoinでは、

  • 運転免許証
  • パスポート(日本国が発行する旅券)

などが本人確認書類として認められています。

メールアドレスを登録する 

まずは、DMM Bitcoinのホームページの「口座開設(無料)はこちら」と書かれている部分をクリックします。

メールアドレスを入力し、「私はロボットではありません」にチェックを入れます。

「同意して登録する」をクリックすれば、メールアドレスの登録は完了です。

DMM Bitcoin 登録

パスワード設定

DMM Bitcoin 登録

先ほど入力したアドレスにDMM Bitcoinからメールが届きます。

メールに記載されているURLを開くと、パスワードの登録画面に移動します。

パスワードを設定し、「送信する」をクリックします。

 

本登録をしよう

先ほどの仮登録が完了した画面からマイページのログイン画面に移動しましょう。

ログインには、メールアドレスとパスワードを使用します。

メールアドレスとパスワードを入力したら、「私はロボットではありません」にチェックを入れます。

最後に「送信する」をクリックすると、ログインできます。

DMM Bitcoin 登録

すると以下の画面が出てくるので、「本口座登録を行う」をクリックしましょう。

DMM Bitcoin 登録

個人情報の登録

まず、各種契約事項を確認しチェックを入れます。

口座を開設するにはこれらすべてに同意する必要があります。

DMM Bitcoin 登録

次に、個人の基本情報を入力します。

氏名や性別、生年月日などを誤りがないように正確に入力します。

資産状況と投資経験の欄はあまり深く考えずに入力しても問題ありません。

すべての項目を入力し終えたら、「確認画面へ」をクリックしましょう。

入力情報に誤りがないことを確認したら、「申し込む」をクリックします。

DMM Bitcoin 登録

本人確認書類のアップロード

本人確認書類は、顔写真付きだと1点、なしだと2点必要になります。

本人確認書類として使えるもの

  • 【顔写真付き 1つ提出】免許証・パスポート・住人台帳基本カード・在留カード
  • 【顔写真なし 2つ提出】各種保険証・住民票の写し・年金手帳・印鑑登録証明書・その他官公庁から発行又は発給された書類

本人確認書類の種類を選択し、書類の写真をアップロードします。

写真は基本的に書類の表面と裏面が1枚ずつ必要になります。

写真をアップロードしたら、「登録する」をクリックします。

DMM Bitcoin 登録

携帯電話番号の認証

本人確認書類のアップロードが完了すると、携帯電話番号認証の画面に移行します。

携帯電話番号の認証は、セキュリティを高めるために必須となっています。

個人情報で入力した電話番号が表示されているので、その下にある「コードを発行する」をクリックします。

すると、SMSメールでDMM Bitcoinから6桁の数字が送られてきます。

この数字を入力し、「認証する」をクリックします。

DMM Bitcoin 登録

以上で、本登録は完了です。

郵便物を受け取る

審査が通ると、数日後にDMM Bitcoinから郵便物が届きます。

これを受け取り、記載されている6桁の数字をマイページから入力すると、登録は完了です。

ここまで完了すると、取引を開始することができます!

 

\最短5分で口座開設!/

DMM Bitcoinに無料登録する

 

仮想通貨を買ってみる

仮想通貨 買う

取引所の登録が済んだら、さっそく仮想通貨を買ってみましょう。

1000円以下から取引ができるので、まずは少額から始めてみましょう。

取引所に入金する 

ログイン後、画面左側にある「入金・入庫」をクリックします。

その中にある「日本円入金(銀行振込)」をクリックします。

DMM Bitcoin 登録

銀行の口座情報が表示されるので、その口座にATM等から日本円を振込ましょう。

入金手数料は無料ですが、振込にかかる銀行の手数料は負担する必要があるので、りそな銀行から振り込むと手数料がかかりません。

また住信SBIネット銀行では、他社への振込も一定回数無料なのでおすすめです。

仮想通貨取引所への入金にお金をあまりかけたくないとお思いですか?あなたが普段利用している銀行ですと入金手数料がかかってしまうでしょう。そこで今回は入金手数料が無料になる住信SBIネット銀行の特徴やメリットを全て解説していきます。
 

ビットコインを購入する 

入金が反映されたら、さっそくスマホアプリをダウンロードしてビットコインを購入してみましょう。

アプリのダウンロードは以下のリンクから行うことができます。

APP Store

Google Play

「ホーム」から「チャート」を選択し、画面下部の「スピード注文」を選択することができます!

ビットコインのスピード注文の取引画面です。

DMMBitcoinの取引画面はスマホだからこそのメリットがあり、一目で注文価格を確認し数量を決定しワンタップで注文をすることが可能になっています!

 

「注文数量」のところに購入したい数量を入力します。

ビットコインは、最低0.001BTCから購入することができます。

右上の「Ask/買」ボタンをクリックすると、実際にビットコインを買うことができます。

DMM Bitcoinの詳しい使い方はこちら↓

DMM Bitcoinは2018年1月にオープンし、今とても勢いのある仮想通貨取引所です。この記事では、DMM Bitcoinの使い方を画像付きで丁寧に解説しています。初心者上級者問わず5分で基本操作をマスターしましょう!
 

ビットコイン投資のおすすめ取引所3選

日本円でビットコインを購入できる取引所はGMOコインだけではありません。

手数料・使い勝手・セキュリティなど様々な要素があり、取引所選びはビットコイン取引をする上で極めて重要です。

信頼のおける国内取引所の中でも、コインオタクがおすすめする厳選3つの取引所を紹介します!

 

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin 特徴 おすすめ

DMM Bitcoinは、あのDMM.comが運営する国内最大級の取引所です。

仮想通貨に不安を抱く初心者の人気が最も高いことで有名です。

当サイトでも取引所ランキング5項目で1位を独占!

アルトコインのレバレッジ取引が充実した国内で数少ない取引所であるのも特徴です。

最大5倍のレバレッジをかけて、リップルやネムなども含む7種類の通貨の取引も行うことができます。

DMM Bitcoinはこんな人におすすめ!

  • 仮想通貨取引が初めての人から上級者まで
  • アルトコインのFXでガッツリ稼ぎたい人

DMM Bitcoin
無料登録はこちら

DMM Bitcoinの評判や、メリットデメリットはこちらをご覧ください。

DMM Bitcoinがいいって聞くけど実際どうなのか気になっていませんか?DMM Bitcoinのメリット・デメリットをTwitterでみられる実際の評判とともに解説します!DMM Bitcoinがどんな人におススメなのか見てみましょう!

 

GMOコイン

 仮想通貨 始め方

GMOコインは東証一部上場の超大手グループ・GMOインターネットが運営する国内最大規模の取引所です。 

基本的な手数料が全て無料セキュリティが非常に強いことで有名です。

いまなら口座開設をするだけで20,000Satoshiのビットコインをプレゼントするキャンペーン中!

GMOコインはこんな人におすすめ!

  • 仮想通貨取引歴が3ヶ月を超えた人
  • 仮想通貨FXにも手を出してみたい人

GMOコイン 無料登録はこちら

GMOコインの評判や、メリットデメリットについてはこちらをご覧ください。

GMOクリック証券でも有名なGMOグループが仮想通貨取引所を開設したということで、みなさんも高い前評判は聞いたことがあるかもしれません。その実態は?設立当初のウリは現在どうなっているのでしょうか?

 

コインチェック

コインチェックのバナー

 「コインチェック」は、2012年設立の超老舗の取引所です。

 

取引手数料が無料で損しにくいことや、ハッキング事件後セキュリティが大幅強化されたのも嬉しいポイント。

また、国内最多の9通貨を取引できることも大きなメリットです。

コインチェックはこんな人におすすめ

  • 仮想通貨を初めて購入する人
  • 信頼できる取引所で早く慣れたい人

コインチェック 無料登録はこちら

コインチェックの特徴や評判を知りたい人はこちらをご覧ください。

coincheck(コインチェック)は、仮想通貨初心者に最も人気の取引所です。しかし、特徴や評判を知らずに口座開設するのは危険!この記事では、運営再開し変化したcoincheckの実態を、30人の編集部が徹底的に解明します。

 

 

そのほかにも日本だけでも約20社、世界では100社以上の取引所が存在しそれぞれ変わった特徴を持っています。

コインオタクでは23社もの取引所を調べ上げそれぞれの特徴を詳しく紹介した記事もありますのでこちらもご覧ください。

「最近話題の仮想通貨をやってみたいけど、どこの取引所を使えばいいのか全然分からない…」そうお悩みではありませんか?それぞれの取引所について詳しく調べたいけどそんな時間もないし、取引所のおすすめ度を簡単に知ることができたら嬉しいですよね。そこで、仮想通貨を1000万円以上持つ4人を含む仮想通貨オタクが国内外20社以上の著名な仮想通貨取引所を徹底的に比較・議論し、さらに初心者である友人に実際に口座開設し運用してもらったリアルな口コミを元に、本当におすすめできる取引所をランキング形式でご紹介します!しかも、おすすめの取引所だけでなく、記事後半では投資に役立つ情報サイト、おすすめの仮想通貨、投資における注意点などもお伝えします。この記事を読めば、必ずあなたにピッタリの仮想通貨取引所が見つかります!この記事を読んだら分かること仮想通貨取引所選びで重要な5つのポイントコインオタクが選ぶオススメ国内・海外取引所各取引所の特徴・詳細な評価利用目的ごとのおすすめ取引所仮想通貨取引で重要な知識 目次初心者も安心!仮想通貨取引所の選び方5ポイント2018年版!初心者におすすめの国内仮想通貨取引所ランキング結局どの仮想通貨取引所の口座を開設すればいい?国内仮想通貨取引所全18社を徹底比較【玄人用】海外仮想通貨取引所おすすめランキングTOP5アルトコインを購入したい初心者にはcoincheck(コインチェック)自動積立を使って低リスクでビットコインを入手するならZaif(ザイフ)リスクを抑えたレバレッジ取引をするならbitbank Trade(ビットバンクトレード)ハイリスクなレバレッジ取引をするならBitMEXMT4取引をするならBITPOINT(ビットポイント)これから仮想通貨(ビットコイン)投資を始める人へ仮想通貨初心者はボラティリティについて理解すること仮想通貨の口座開設でどこまで損する可能性がある?仮想通貨初心者におすすめの購入通貨仮想通貨投資で役立つ情報収集サイト最初は現物での中長期保有がオススメまとめ 初心者も安心!仮想通貨取引所の選び方5ポイント コインオタク編集部の考える、仮想通貨投資を安全かつ簡単にそして出来るだけ儲けられる可能性を最大化するために重要なポイントは次の5点です!

 

 

ビットコインとは?3分で簡単解説!

「ビットコイン、話題になってたから知ってるんだけど、結局何なの?」という方のために、3分で読める簡単解説をします。

ビットコインは仮想通貨の王様

ビットコインは、世界で最初につくられた仮想通貨です。ビットコインを皮切りに、数えきれないほど仮想通貨はつくられました。

時価総額100億円越えのものだけでも70種あり、いかに仮想通貨に世界中のお金が集まっているか分かります。

そんな中で、時価総額12兆7000億円(2018年11月12日現在)を超える仮想通貨の王が、ビットコインです。

ビットコインの仕組み

ビットコインが信頼されるために使用されている技術は「ブロックチェーン」といいます。

簡単にいうと、「みんなで更新・保存する台帳」です。みんなで管理でき、さらに改ざんなどの不正の可能性をできる限り下げています。

 

また、ビットコインは時間に合わせて新規発行されています。

「マイニング」という誰もが参加できる取引承認作業が行われたときに新規発行されます。これは金鉱脈を掘るようなものです。

ブロックチェーンやマイニングなど、平等で透明性の高い技術を噛み合わせて、全員にとって平等で信頼できる通貨を管理できるようにしています。

 

ブロックチェーンやマイニングの詳しい解説が気になる方は以下の記事をご覧ください。

目次ビットコインのブロックチェーンとはブロックチェーンの仕組みをもっと詳しく解説ビットコインのブロックチェーンにある問題点は?ブロックチェーンの分岐、ビットコインの分裂ってどういうこと?他の仮想通貨のブロックチェーンとの違いビットコインのブロックチェーンに関するQ&Aビットコインのブロックチェーンのまとめ ビットコインのブロックチェーンとは ブロックチェーンは分散型台帳 ブロックチェーンとは、分散型台帳技術(同じ取引の記録をいろんな人が保管する仕組み)の1つです。いくつかの取引をまとめたものをブロックといって、それをいくつも合わせて台帳にするので、ブロックチェーンと呼ばれています。 ブロックを繋ぐ作業「マイニング」 ブロックチェーンにおいて、新しいブロックを繋ぐ作業、すなわち、新しく台帳に取引の記録を書き込むことができるのはマイニングという取引の承認作業に成功した人だけです。そして、新しいブロックが繋がれると他の人もその記録を反映して、みんなで同じ台帳が共有されている状態を保つようになっています。 このマイニングの作業には膨大な計算力を必要とするので、世の中の半数を越える計算力を持つような人でないと取引の改ざんができないという仕組みになっています。(マイニング記事リンク) ビットコインとブロックチェーンの関係性は? ビットコインは円やドルのような通貨とは異なり、ビットコインという物があるわけではありません。自分が今いくらのビットコインを持っているのかは、ブロックチェーンに書き込まれている今までの取引を参照することによって分かる仕組みになっています。つまり、ブロックチェーンがなければビットコインは存在しないと言えます。 ブロックチェーンの仕組みをもっと詳しく解説 ここからは、ブロックチェーンの仕組みについて深く話していきます。この部分を読まなくても一般的なブロックチェーンの理解としては十分ですので、興味のない方は読み飛ばしてもらっても大丈夫です。 マイニングとはナンス(Nonce)を探す作業 ブロックチェーンの取引の認証にはマイニングが必要であるということは述べましたが、このマイニングが実際どういう作業なのか知らないことには21世紀の大発明であるブロックチェーンの本質には迫れません。

 

 

電子マネーとの違い

仮想通貨について人に説明するとよく、「電子マネーと違うの?」と聞かれます。全く違います!!

電子マネーはあくまで、法定通貨の別の形に過ぎません。

例えば、PASMOの中の5000円相当のポイントは、日本円が使える場で日本円の代わりに使えるだけです。

実際、残高を確認しても「◯◯円」と表示されます。また、日本円に戻すことが基本的にできません。

 

しかし、ビットコインの場合、円に全く依存せずに新たな価値を持つことになります。

ビットコインの場合、「購入」ではなく「交換」です。残高を確認すると「◯◯BTC」と別の単位で表されます。また再び日本円と交換することができます。

電子マネーとは全く異なり、新しい通貨であるからこそ、投資対象となるのです。

 

ビットコイン投資の特徴

「ビットコインの投資についてもっともっと知ってから判断したい!」という方のために、法定通貨とビットコインを比較して投資対象としてどこが特徴的で、何が優れているのかを解説します。

ビットコイン投資の3つの特徴

  • 値動きが非常に大きい
  • 送金が早い
  • 送金手数料が安い

 値動きが非常に大きい

ビットコイン投資の最大の特徴はその値動きの大きさです。

これは優れていると断定することはできませんが、ビットコイン投資が盛り上がった最大の理由です。

 

値動きが大きいことを「ボラティリティが大きい」といいます。(ボラティリティ=価値変動の激しさの指標)

ビットコインを始めとした仮想通貨は、法定通貨と比べてボラティリティが非常に大きく、ハイリスクハイリターンの投資対象として注目されました。

今も法定通貨と比べるとボラティリティは非常に大きく、上手く投資すれば莫大な利益を上げることができます!

DMM Bitcoinに無料登録

仮想通貨のボラティリティについて詳しく考察した記事はコチラ↓

目次ボラティリティとは株やFXと比べて仮想通貨のボラティリティは高い主要仮想通貨のボラティリティランキング!ボラティリティはどういう計算式から分かる?ボラティリティについての気になるQ&Aボラティリティまとめ ボラティリティとは ボラティリティ(Volatility)とは,ある資産のランダムな価値変動の激しさを表す指標のことです。ボラティリティが高いと,実際の収益が期待値から外れる可能性が大きくなり,ボラティリティが小さいと収益が期待値に近くなる可能性が大きくなるため,リスクの指標の一つとしてよく用いられています。 この記事では仮想通貨のボラティリティに焦点を当てつつ書いていきます。 ボラティリティには2種類ある ボラティリティには「ヒストリカル・ボラティリティ(HV)」と「インプライド・ボラティリティ(IV)」の2種類があります。この二つの違いについては後述しますが,どちらも価値変動の激しさを表すという意味では同じものです。一般にボラティリティというと前者のヒストリカル・ボラティリティを指すことが多いです。 ボラティリティは取引所によって違う 仮想通貨の価格は取引所によって異なるので,当然算出されるボラティリティも取引所によって違います。ビットコインの取引所ごとのボラティリティは,こちらで見ることができます。つまり,ビットコインのボラティリティと一口に言ってもその値は一つに決まるわけではなく,結構あいまいな値になっています。 株やFXと比べて仮想通貨のボラティリティは高い 日経平均株価,ドル/円,ビットコインのそれぞれの10/21における60日ヒストリカル・ボラティリティをコインオタクが独自に計算したところ,以下のような結果になりました。(ただし,データ取得間隔は1日,ビットコイン以外は取引停止期間のデータを除くため取得データ数は43となっています。) ビットコインが圧倒的にボラティリティが高いことが一目で分かると思います。他の資産として金が挙げられますが,金のボラティリティはこのグラフには表示できないほど小さいです。

 

 送金が早い

2つ目の特徴は、その送金の速さです。

国内で考えると、あまりその送金の速さは意識されません。特徴的なのは海外への送金速度です。

日本円を海外に送金しようとすると、日本の銀行・海外の銀行を介すため、非常に時間と手間がかかります。そのため、短くとも1日程度時間がかかります。

 

ビットコインの場合、ひとつのネットワーク上で取引が完結するため、仲介を挟む必要がなく、一瞬で送金することができます

 

手数料が安い

3つ目の特徴は、手数料の安さです。

法定通貨の送金手数料は、その仲介となる企業によって定められます。いわば言い値状態です。

 

ビットコインは違います。

直接の送金の場合は自分で設定でき、手数料は無料にすることさえできます

取引所を介した場合は手数料は取られますが、その場合も法定通貨と比べると極めて少額です。

目次 はじめにビットコイン手数料って安い?高い?取引所の手数料一覧 ビットコインの手数料の仕組み ビットコイン送金手数料?取引手数料?手数料を整理しよう ビットコイン手数料無料ってあるの?無料をこえたマイナス手数料とは ビットコイン手数料を抑える時に気をつけること ビットコイン手数料って高騰するの?価格変動に伴う手数料の変化 まとめ はじめに ビットコインを運用する時に気になるのが手数料ですよね。でも手数料っていろいろ種類があるし調べるのはめんどくさいです。 そこでこの記事では、取引所の手数料一覧や手数料の仕組みをコインオタクがわかりやすく解説していきます。さらに複雑な手数料の種類をコインオタクがていねいに整理し、後半では手数料の変動や今後にもふれていきます。 みなさんがビットコインの手数料に関して持っている悩みや不安を少しでも解消し、ビットコインをより楽しんでもらえるようになっていただければ幸いです。 ビットコイン手数料って安い?高い?取引所の手数料一覧 まずはじめに取引所ごとの手数料を比較してみましょう。ここでは出金手数料、クイック入金手数料、売買手数料に限定して表にしています。 2017年11月現在 やはりなんといっても注目なのはビットポイントですね。ビットポイントは手数料無料を売りにする取引所で売買手数料だけでなく出金手数料も無料です。 さらにザイフにも注目です。他の取引所が売買手数料無料で横並びしている中、よく見るとザイフの売買手数料はマイナスです。これは売買するたびに手数料がもらえることを示しています。(マイナス手数料については後の章で詳しく解説します。) また、ビットフライヤーでは出金手数料が安くなっており、大きな金額を投資し利益を上げた際には重宝しますね!登録がまだの方は下のリンクからどうぞ! ビットフライヤーに登録する! コインチェックでは売買手数料が無料になっています。売買手数料が無料の取引所って実は少なくて、アルトコイン(ビットコイン以外)の取扱数やその使いやすさでユーザーも多い取引所ですので、コインオタクとしてはコインチェックにも登録しておくことをおすすめします!下のリンクからどうぞ!

 

ビットコイン投資のメリット

ビットコイン投資には他の投資と比べていくつかの優れた点があります!ここでは、代表的なメリットを3つご紹介します!

 

ビットコインの法定通貨とし比較した通貨としてのメリットはこちら↓

目次【ビットコインのメリット1】法定通貨よりも決済・価値保存に優れている【ビットコインのメリット2】アルトコインよりも安定した投資ができるこの記事ではビットコインのメリットについて書きます。法定通貨に対するメリット、アルトコインに対するメリットをそれぞれ書いていきます。メリットもあれば、デメリットもあるのでもよかったらこちらも参考にしてみてください! ビットコインのデメリットを解説!ビットコインを学ぶ上での重要事項ビットコイン...もはやなにそれとはいえないぐらい有名になってきましたが、電子マネーと違うの?とか思っている方も少なくないはずです。そんなビットコインのデメリットについて今更ながらコインオタクが本気で考察してみました!続きを読む 【ビットコインのメリット1】法定通貨よりも決済・価値保存に優れている ーーーーーー決済ーーーーー 国際決済が簡単 全世界の共通通貨であり、ビットコインに国境はありません。わざわざ自国の通貨を取引先の国の通貨にかえて決済を行う必要がないので、手数料を引かれることもなく、世界中で使える通貨になります。それにはまだビットコイン決済を行う店が少ないですが、、、 仲介を介さない ビットコインの取引には、個人と個人で取引ができるので、Peer to Peerとよばれます。ブロックチェーンに送金情報を書くだけなので、仲介会社を挟みません。その結果、以下のようなメリットがあります。 1.手数料が安い マイニングをして、取引の整合性をチェックし、取引を承認してくれる人(マイナー)への少しの手数料しかかからず、手数料が安いです。この手数料は取引額によらず、高額な取引をしても、少額な取引をしても同じ額だけ払えば良いです。 2.24時間取引が行える 銀行のような機関を通さないので、土日は利用できないといったようなことがおこらず、ネットワークは24時間稼働しているので、24時間いつでも取引できます。 3.送金スピードが早い 今アメリカでは銀行などに入金してから、取引先のところに届くまでに、3〜5日かかるといわれています。ですが、ビットコインでは長くとも1時間程度で送金が完了します。

 

 希少性(価値)がどんどん上昇していく

ビットコインは法定通貨や金と比べると、まだまだ生まれたばかりです。

所持している人の割合は、全人類の中のほんの一部分にすぎません。

ここから大企業の参入などを受けて、世界中で"欲しい"と思う人が増えていくとどうでしょう?

ビットコインの発行上限は2100万BTCであるため、ひとり1BTC持ったとしても2100万人しかもつことができません。

世界には70億人もの人がいるので、ビットコインの希少性はぐんぐん増し、価格が上昇することは容易に予想できますね。

DMM Bitcoinで買ってみる

取引の透明性が高い

ビットコインの取引の履歴は全てブロックチェーン上に記録されます。

異常な価格操作や、送金詰まりが生じた場合、ブロックチェーンを参照することで気づくことができます。

透明性が高いと言っても、残高が他の人に分かるほどではなく、あくまで不正な取引がないか、マネーロンダリングなどに使われていないか追跡できる程度なので、総合して大きなメリットと言えます。

透明性が高いことは、匿名性が低いこととほぼ同義です。

 

ビットコインの匿名性についてまとめた記事はこちら↓

目次はじめにビットコインの匿名性は高いのか!?ビットコインの匿名性に関する問題自分でプライバシーを守るためにするべき4つのこと匿名性の高い仮想通貨3選 はじめに ビットコインのニュースといえば「犯罪に使われた」とか「犯罪の温床になっている」とかマイナスイメージのものが多いですよね。その中で「マネーロンダリングに使われた」とか「麻薬売買に使われた」とかで匿名性が高いためビットコインは犯罪に使われるという話や、逆に匿名性は低いとか色々聞いたことあると思いますが実際ビットコインの匿名性ってどうなんでしょう。コインオタクが詳しく説明していこうと思います。 ビットコインの匿名性は高いのか!? 実はビットコインの匿名性はそんなに高いわけではありません。2チャンネルが匿名掲示板とか言われるのと同じぐらいの匿名性です。でも、ビットコインはトレーサビリティがめちゃくちゃ高いんです。まずは透明性について、コインオタクが説明していきます。 ビットコインはトレーサビリティが高い トレーサビリティとは、通貨の流れの追跡可能性のことです。 ブロックチェーンのシステムにより、全ての取引情報がブロックチェーン上にかかれているのでトレーサビリティにめちゃくちゃ優れています。例えば、ビットコインが大量に不正に盗まれたとしたら、その取引がブロックチェーン上にかかれているはずです。そしてブロックチェーンにはインターネット上で誰でも簡単に見ることができるので、どこからどこにビットコインが流れたのか誰でもわかります。そのためトレーサビリティがめちゃ高く、全金融商品の中でトップだと思います。 ビットコインの匿名性は高くない

 

 

DMM Bitcoinに無料登録

国家破綻のリスクヘッジになる

これは日本にいるとあまり実感できないかもしれませんが、法定通貨は基本的に特定の国に依存しており、その国が破綻した場合、価値がほぼ0になります。

破綻とまではいかなくとも、情勢が不安定になるだけでも価格が急落することがあります。

 

ビットコインが生まれた時は価値がありませんでしたが、現在のビットコインには価値がついていますよね。

これは法定通貨からの富の流入とも捉えられ、ビットコインという流入先が現れたことで、今後も富が移ってくることが予想できます。

「投資」ではなく「保険」としても、富の一部をビットコインなどの仮想通貨として持っておくことは重要だと思います。

DMM Bitcoinに無料登録

ビットコイン投資のデメリット

ビットコインに投資することはもちろんメリットだけではありません。デメリットやリスクも大きく存在します。

ここでは、投資をする上で必ず意識しておいて欲しい2つのリスクをご紹介します。

 

ビットコインの通貨としてのデメリットはこちら↓ 

目次はじめに決済に使うには問題がある環境要因に左右されるガバナンスが難しいビットコイン デメリットまとめ はじめに ビットコインのデメリットは大きく分けて3つあるとおもいます。1.決済に優れない2.システム維持が困難3.ガバナンスがとれないといったものです。これからこれらのデメリットについて解説していこうと思います。 ビットコインのメリットについて知りたい方はこちらの記事を読んでみてください!!! ビットコインのメリットとは?なぜビットコインが優れているのかビットコインのメリットについて考察してみました!前半では仮想通貨の知識がない人向けに法定通貨(円とかドルとか)に対する優位性、後半では少し専門的に他のアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)に比べた優位性を書いてみました!続きを読む 決済に使うには問題がある スケーラビリティの問題 ビットコインの問題をまずあげろといわれたらスケーラビリティの問題をあげます。具体的にいうと、ビットコインのブロックチェーンは毎ブロックあたり1MBずつしか情報をかきこめません。そのためトランザクションの処理がMAXで6〜7トランザクション/秒といわれています。このためいざ実際の決済に使おうと思うと、なかなかトランザクションの処理が追い付かず何時までたっても送金情報が承認できないといった可能性があります。この問題を解決するためにいま、ビットコインでは、1.ブロックサイズを大きくする 2.トランザクション一つ一つの大きさを小さくするといった解決策が考えられています。 スケーラビリティに関するコインオタクの記事は以下になります。 ビットコインのスケーラビリティ問題とは?問題点や解決策を解説!!ビットコインの値動きにも大きく影響し、ビットコインの分裂騒動にも大きく関係しているスケーラビリティ問題ですが、実際に何がそんなに騒がれるのか、わかっていない方も多いのではないでしょうか。詳しく知らない方でもわかりやすいように解説します!続きを読む ボラティリティーが大きい

 

 取引所のセキュリティに不安がある

ビットコインのセキュリティは、ブロックチェーンを始めとした高度な技術によって支えられています。

そのため、改ざんの危険性は一般的に想像されるよりもずっと低いです。

セキュリティ面での不安は取引所にあります。

2018年1月26日、国内大手取引所であったcoincheckがハッキングを受け、580億円相当の仮想通貨が盗まれました。

これを受けて、多くのメディアは仮想通貨の危険性を唱えたのですが、問題があるのは取引所のセキュリティです。

 

 取引所をセキュリティだけに着目してコインオタクが分析した、他にない記事はこちら↓

コインチェックのハッキング事件以来、取引所のセキュリティ問題はいままでになく深刻な問題となっています。そこでコインオタクは安全な取引所を求めるあなたのために、セキュリティのしっかりした取引所をランキング形式でまとめました。

 

 

 価値の保証がない

メリットの「国家破綻のリスクヘッジになる」の項で、法定通貨が無価値になる可能性を述べましたが、それはビットコインも同様です。

法定通貨の場合、国が破綻しない限りは無価値になることはほぼありませんが、ビットコインは所有者全員で価値を支える形なので、誰も支えなくなったら価値は0になります。

実際、ビットコイン以外の仮想通貨の中には、100分の1ほどにまで価格が急落し、短期間でほぼ無価値になった通貨が多く存在します。

ビットコインが無価値になる可能性は低いとは思いますが、誰も保証してくれないということは留意しておく必要があるでしょう。

 

他にも、ビットコインそのものの危険性と、その対処法についてまとめた記事はこちら↓ 

ビットコインを始めたいと思っているけど、危険が多そうで始めるのが怖いと思っている方が多いと思います。確かにビットコインにはハッキング被害や詐欺被害など様々なリスクがあります。そんな方にこの記事では、過去のビットコインの事件・これからのビットコインの危険性を通して、ビットコインをリスク低く利益を上げる方法を紹介します!目次ビットコインとは?ざっくり解説 価格変動の危険性 ハッキングの危険性詐欺(スキャム)の危険性国による規制の危険性過去に起きたビットコイン関連の事件 安全に利益を上げる方法を紹介! まとめ ビットコインとは?ざっくり解説 ビットコインとは、Satoshi Nakamoto(サトシ ナカモト)によって作られた論文を元に2009年に作られた暗号通貨(仮想通貨・デジタル通貨)です。「仮想通貨=ビットコイン」ではなく、ビットコインは仮想通貨の一つです。ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと呼びます。インターネット上に存在しているため、人と人同士・他の国に安価かつ迅速に送金でき、世界中どこでも使える通貨です。また、銀行とは違いビットコイン自体には管理者が存在せず、ブロックチェーンにより分散化されているため非中央集権的です。そのため、特定の国に管理されず、匿名性がとても高いです。 

 

 

ビットコインの投資手法

ビットコインの投資は、何も考えずにすぐ始めることができます。

実は、大きく分けると現物取引とFX取引の二種類があります。

ここでは、それぞれの投資手法の簡単な説明と、注意すべき点をご紹介します。

 

 現物取引

現物取引とは、「ビットコインを本当に買って、売る」という投資手法です。

買った時の値段より、売った時の値段の方が高ければ、その差額が利益になります。

多くの人が無意識に行なっているビットコイン投資はこれです。

「ビットコインを購入する」場合は、こちらの投資に繋がります。

 

現物取引の場合、値動きが小さいと大きな利益を出すことが難しくなります。

また、長い期間価格が下がり続けている時は利益をあげることができません。

しかし、実際にビットコインを所持しているため、投資しながらも決済手段として使用することはできます。

ローリスクでローリターンの投資手法と言えます。

 

現物取引は特に初心者に向いた取引方法です。

自分の資産のイメージがしやすく、投資判断が易しいからです。

大もうけを狙って大失敗する前に、現物取引で慣れておくことが大切です!

DMM Bitcoinに無料登録

FX取引

FX取引とは、「ビットコインを"買う"もしくは"売る"の宣言だけを繰り返す」という投資手法です。

本物のビットコインの取引を行わず、買う売るの仮定の元での、差額にのみ注目します。

後述する空売りやレバレッジを使いこなすことで、地味な価格変動の中でも大きな利益をあげることができます

そういった意味で、現物取引がローリスクローリターンだとすると、FX取引はハイリスクハイリターンです。

初めて取引をされる方は、まずは一度だけでも現物取引を経験しておくことを強くお勧めします。

FX取引は簡単に説明することは難しいのですが、ここではキーワードと合わせてその特徴をさっと説明します。

 

空売り

現物を持たなくてもいいので、「先に売って、後で買い戻す」という空売りを行うことができます。

値段がこれから下がると予想されるとき、先に高値で売って、後で安値で買うことで、その差額を利益として得ることができます。

これは現物取引ではできない手法ですね。

 空売りは利益をどこまでも追求できる方法ではありますが、タイミングが極めて重要です。

そんな空売りについての詳細やテクニックをまとめた記事はこちら↓

「ビットコインの空売りってどういうこと?」「ビットコインの空売りにおすすめの取引所はどこなんだろう」そう思っている方も多いのではないでしょうか。空売りの仕組みやおすすめの取引所がまとめてあったら便利ですよね。そんな方のために!コインオタクが空売りの意味や空売りにおすすめな取引所を詳しく解説します!また、それに加えて取引所ごとの手数料やロスカット率の比較、実際の空売りの注文方法もまとめました。下げ相場にも対応できるように、この記事を読んで空売りを始めてみましょう!目次ビットコイン(Bitcoin、BTC)の空売り/ショートとは空売りはどんな時にするの?タイミングの計り方は?空売り初心者に最もおすすめなのはGMOコイン!空売り(FX)ができるおすすめ取引所一覧空売りができる取引所ごとの手数料・レバレッジ比較GMOコインでのビットコイン空売りのやり方 ビットコインの空売りに関するQ&A ビットコインの空売りまとめビットコイン(Bitcoin、BTC)の空売り/ショートとはビットコインの取引をしていると、よく「空売り」という言葉を耳にするかもしれません。ビットコインの価格が下落している時にも、「空売り」をすることで利益を出しているトレーダーがたくさんいます。下落時でも利益を出せるというこの「空売り」とは一体どういうことなのでしょうか?一言で言うと、空売りとは「先に売って後で買い戻す」という行為です。最初に手元に何もない状態で仮に「売る」ため、空売りと呼ばれています。FXや信用取引などでは買いから入ることをロングと言うのに対して、この売りから入る空売りのことはショートと言います。例えば1BTC=1,000,000円の時に1BTCだけ空売りし、1BTC=900,000円の時に買い戻せば、その差額の100

 

 

レバレッジ

レバレッジという概念が FX取引にはあります。

少しの証拠金を預けて、預けた金額の何倍もの日本円を持っている前提で取引を行えます。

例えば手元に10万円しかない場合でも、その10万円を証拠金として預けることで100万円分の取引を行うことができ、この場合「レバレッジが10倍」と言います。

一度に莫大な利益を上げられる可能性を持っていますが、同時に莫大な損失を被ることもあります。

 

 レバレッジ取引の詳細や、儲けるためのポイントをまとめた記事はこちら↓

「仮想通貨のレバレッジ取引ってどんなものだろう」、「仮想通貨のレバレッジ取引で一儲けしたい!」なんて考えている方は多いではないでしょうか?実際にレバレッジ取引を得意として大きな利益を上げている人はたくさんいます!レバレッジ取引の仕組みをしっかりと理解して、ポイントを押さえながらトレードし、最終的には利益を上げる。こうなればとても理想的ですよね!この記事を読めば仮想通貨のレバレッジ取引の「仕組み」・「儲けるためのポイント」さらには「おすすめの取引所」までしっかりと知ることが出来ます!この記事を読みレバレッジ取引で資産を増やしましょう!レバレッジ取引にはGMOコインがおすすめ!目次仮想通貨のレバレッジ取引とは儲かる!レバレッジ取引のメリットレバレッジ取引の注意点仮想通貨のレバレッジ取引で儲けるポイント取引所比較のポイントおすすめの取引所6選!まとめ仮想通貨のレバレッジ取引とはまずはレバレッジ取引の仕組みをしっかりと理解しましょう。レバレッジ取引と現物取引の違い仮想通貨のレバレッジ取引とは実際に現物を売買するわけではありません。まず現物取引では、実際に仮想通貨を購入して、価格が上がったら保有している仮想通貨を売ることで利益を得る仕組みになっています。さらに現物取引では、保有している仮想通貨を送金や決済の手段として実際に使用することが可能です。しかしレバレッジ取引は現物取引とは全く違います。レバレッジ取引は、まず仮想通貨を売買したと仮定して、決済する際にその差額の資金をやりとりするという仕組みになります。ですからかならず決済する際は注文とは逆の売買をしなければならないということになります。まだピンと来ていない方もいると思うので、具体的に説明していきます。たとえば1BTC=90万円のときに買い注文を入れて1BTC=100万円のときに売り注文を出したとします。このときの利益はもちろん10万円ということであっているのですが、実際にビットコインを保有することはなく、注文時の差額である10万円のみが実際の手元に残るという仕組みになっています。この性質からレバレッジ取引は差金取引とも言われます。そのためBTCの買い注文をしたとしても、かならず同じ量の売り注文をしなければならないため、BTCを送金や決済に使うことが出来ません。あくまでも買った仮定、売った仮定での取引となっていますこのよう

 

 

FX取引ができるおすすめ取引所

国内外の取引所の中でもFX取引ができるものは限られています。

各取引所の特徴はこちらの記事で詳しく解説しています。

FX取引を行う場合はこちらの記事もぜひ参考にしてください。

「ビットコインの現物取引には慣れたからそろそろFXにもチャレンジしてみたいけど、やり方や仕組みがよくわからないしなんだか怖い、、、」 そんなことを考えたことはありませんか?FXの仕組みをしっかりと理解して上手にトレードできれば今以上に利益をあげられる可能性が高くなって理想的ですよね。そんなあなたのために、FXに精通しているトレード集団がビットコインFXの仕組みを解説します!さらにFXでの勝率をあげるための具体的なテクニカル分析の手法も紹介しているので、より確実性をもってFXを実践することができます!この記事ではそもそもビットコインFXとは何なのかというところから、ビットコインFXにおすすめの取引所、チャートの分析の仕方まで徹底解説します。仕組みとテクニカル分析の手法をしっかりと理解して、確実性の高い取引で安心してFXデビューを果たしましょう!ビットコインFXに最適なのはGMOコイン!目次ビットコインFXとは?現物取引との違いは?ビットコインFXのメリットビットコインFXのデメリット 知っておくべきリスクとは国内外のビットコインFX取引所比較ビットコインFXのやり方ビットコインFXでのチャート分析ビットコインFXにかかる税金は?まとめ

 

ビットコインの保管方法・おすすめウォレット

ウォレットとは

取引所でビットコインを購入した時点では、「取引所が管理する自分の情報」に紐づけられて保管されます。

そのため、取引所から情報が漏れると、盗まれてしまいます。これがcoincheckで起きた事件です。

取引所のハッキングでの盗難リスクを回避するために、すぐに取引するつもりの無いビットコインは、ウォレットと呼ばれる別の財布に移すようにしましょう。

ここで紹介するウォレットは、ビットコインを動かすための権利を自分で持つことができるため、盗難リスクがグッと下がります。

ビットコインの購入と合わせて、最低一つはウォレットを持っておくことを強くオススメします。

 

ウォレットって何のこと?という点について詳しく解説した記事はこちら↓ 

「ウォレットを使ってみたいけど、どう使うのかが分からない」コインチェックのハッキング騒動があったから、自分の仮想通貨は安全な場所に保管したいけど、どうしたらいいか分からない。そんなあなたに朗報です。この記事を読めばウォレットの仕組み、種類、通貨別おすすめウォレットなどを短時間で知ることができます。そして、ウォレットを利用し自分の仮想通貨を安全に保管することが出来るようになります。また、セキュリティを大幅にアップさせる仮想通貨を安全に保管する4つのコツも紹介していきます!ウォレットのことをしっかりと理解し、自分の資産を安全に保管しましょう!目次そもそも仮想通貨ウォレットとは?ウォレットの種類一覧ウォレット作成のメリットウォレット作成の注意点通貨別のおすすめウォレット【セキュリティ大幅アップ】仮想通貨を安全に保管する4つのコツ!まとめそもそも仮想通貨ウォレットとは?ウォレットとは文字通り仮想通貨の「財布」であり、仮想通貨の保管ができ他のウォレットに送金したりすることができます。秘密鍵と公開鍵ウォレットとは秘密鍵と公開鍵と仮想通貨アドレスを管理するものです。秘密鍵とは約70桁の数字とアルファベットをランダムに選んだ文字列のことです。桁があまりにも大きいため他人とは絶対に被らないというのがポイント!その秘密鍵から公開鍵、そして公開鍵からアドレスが作られるのですが、秘密鍵が他人に知られてしまうと勝手に送金されてしまう可能性があるため絶対に知られてはいけません。そのためウォレットについて考える時には秘密鍵を誰が保持しているかというのが重要になります。(詳細は後ほど)コールドウォレットとホットウォレットウォレットはネットに繋がっているホットウォレットとネットに繋がっていないコールドウォレットの二つに大きく分けられます。ネットに繋がっているホットウォレットは取引を頻繁にする人にとっては便利ですが、インターネット経由でハッキングされたりウイルス感染するリスクがあります。一方ネットに繋がっていないコールドウォレットはすぐに取引は出来ないものの、ハッキングリスクはほぼ0と言えるでしょう。ウォレット比較の時の重要な視点秘密鍵を誰が持っているのかウォレットがネットに繋がっているのかどうか 

 

モバイルウォレット|Ginco

ビットコインなどの仮想通貨をスマホで簡単に管理できるようにしたのがモバイルウォレットです。

iPhoneの場合、AppStoreからダウンロードするだけで簡単に登録できます。

 

中でもGincoは、仮想通貨の中では珍しく日本企業によって作られたウォレットです。

安心して使えるため、コインオタク一押しのモバイルウォレットです

Gincoは多くのICOとも協力しており、Gincoのアカウントを持っているだけで、自動的にAirDropを受け取ることができます

これも他のウォレットには無い特徴です。

Gincoの簡単登録はこちらから

Gincoの詳しい解説や使い方はこちら↓

「Ginco」というウォレットを知っていますか?安心と信頼の数少ない日本産の仮想通貨ウォレットですMt.Goxやcoincheckの仮想通貨流失事件があったように、取引所に仮想通貨を置きっ放しにすることは大変危険です!少しでもリスクを下げたい方は、ウォレットを使用するようにしましょう。今回は、そんなウォレットの中でもコインオタクがオススメするGincoをご紹介したいと思います!目次Ginco(ギンコ)とはGincoの特徴、他のウォレットと比較しました!GincoのデメリットiPhoneでのGincoの登録方法Gincoの使い方Gincoについての気になるQ&AまとめGinco(ギンコ)とは「Ginco」は、日本企業からリリースされた、仮想通貨のクライアント型モバイルウォレットです。2018年4月24日にビットコインに対応させると同時に、本格リリースされました。仮想通貨を真の意味で"所有"することを目指して開発されています。「Ginco」公式サイトはこちら「そもそもウォレットって何?」という方は、下の記事をご覧ください。ウォレットは「仮想通貨を保管する財布」とよく例えられます。 仮想通貨ウォレットとは?スマホアプリでも保管できる?仕組みや使い方、オススメのウォレットまで徹底解説! |

 

 ハードウェアウォレット|Ledger Nano S

不便ながらも、超安全に保管できるのがハードウェアウォレットです。

その名の通り、ハードウェア上にオフラインでビットコインの送金権限を管理します。

オフラインなので、ハッキングのリスクに常に晒されずに済みます。

 

中でもLedger Nano Sは、保管可能仮想通貨の種類が圧倒的に多く、優れたハードウェアウォレットです。

一時期は注文が殺到し、品薄状態になるほどでした。

Amazonでは偽物も出回っており、高額商品でもあるため、信頼できる代理店もしくは公式ページから購入する様にしましょう。Ledger Nano Sの購入はこちらから

Ledger Nano Sの詳しい解説やはこちら↓

 「取引所に資産を預けているのって危ないって聞いて、Ledger Nano Sを買うか迷ってるんだけど買い方がわからない。。。」「Ledger Nano Sって人気あるらしいんだけど高いらしくてどこで購入するのが一番安いんだろう・・・?」「リップル(XRP)が預けれるのはLedger Nano Sだけらしいんだけど、購入しようかな?」なんてなかなかLedger Nano Sの購入に踏み切れてない人が多いのではないでしょうか。今回はLedger Nano Sを購入場所ごとに比較して、それぞれについて購入方法を詳しく解説しました!!これを読めばあなたにピッタリの購入場所がみつかり、購入方法も分かります!!この記事でわかることLedger Nano Sの購入場所ごとの特徴Ledger Nano Sの購入方法 目次いまハードウェアウォレットが人気な理由Ledger Nano Sの特徴Ledger Nano Sを購入する前に気をつけること! Ledger Nano Sはどこで購入するのがおすすめ?Ledger Nano Sの購入方法(買い方)〜正規代理店編〜Ledger Nano Sの購入方法(買い方)〜公式サイト編〜Ledger Nano S 

 

ビットコイン投資初心者向けの勉強法

ビットコイン投資を始めようとは思えても、もっと勉強してからにしたいですよね。

本格的に勉強しようと思ったら一朝一夕に行きません。

しかし、今回は特別に「周りの人に説明できるレベル」までグッと引き上げる方法をご紹介します!

 

コインオタクのオススメ記事

コインオタクのサイト内では、仮想通貨についてのあらゆる項目に対して、網羅的に情報を提供しています。

ここでは、その中でも絶対に読んでおくべき3つの記事をご紹介します!

これらを読めば、横にも縦にも、最低限必要な知識は身につけられます。

「ビットコインについて、もっともっと深く知りたい!」という方はこちら

ビットコインの技術的な仕組みや人気の理由を初心者向けに図とともに10分で読める様に解説した記事です。

情報は盛りだくさんですが、ビットコインについて1冊の本を読んだのと同じくらい学べます!

最近会社で同僚や後輩がみんな「ビットコインで儲けた」だの「仮想通貨がブーム」だの言ってるけどイマイチついていけてない、、、そんな置いてけぼり感で悩んでいませんか?いまや日本人の7人に1人が持っていると言われる仮想通貨ビットコインを知らないなんて少し言いづらいですよね。そんなあなたに朗報です!仮想通貨にとっても詳しいビットコインについて10分で教えちゃいます!ビットコインの論文を読んでややこしい技術的な部分までしっかりと理解したコインオタクが初心者向けにわかりやすく教える内容を読めば、同僚や後輩よりもよっぽどビットコインに詳しくなれるはずです!しかも、ビットコインの仕組みだけでなく、安心して投資を始めらるれるようにビットコインの今後の価格予想や始め方まで解説します!今回はビットコインが今人気の理由や具体的な仕組み、危険性を紹介したのちに著名人の価格予想・具体的な購入方法を紹介しています。この記事を読んでビットコインについて深く理解して安心して「仮想通貨オタク」の仲間入りを果たしてもらえたら幸いです。GMOコインでビットコインを購入する!目次日本人の7人に1人は持ってる!?ビットコインとはビットコインの仕組みとはビットコインのデメリットとは?利用する上での注意点ビットコインはまだ儲かるのか?今後の価格を著名人が予想!ビットコインの買い方とは 投資を始めてみよう!ビットコインのよくある質問まとめ日本人の7人に1人は持ってる!?ビットコインとはビットコインとはビットコインとは、正体不明の経済学者「ナカモト・サトシ」が2009年に発表した世界初の仮想通貨です。仮想通貨は円やドルなど国が発行する法定通貨とも、楽天ポイントやTポイントなどの電子マネーとも異なる「最先端のお金」です。ビットコインは約1500種類ある仮想通貨のうちの1つであり、最も古く最も人気があります。数々のニュースで取り上げられている通り、いまやビットコインは世界中でブームとなりつつあります。特に日本での人気は高くビットコインの取引量の約60%(世界一)を占め、日本の成人の15%がビットコインを保有しています。Source:

 

 

「もっとたくさんの取引所を比較したい!」という方はこちら

有名仮想通貨取引所全てを徹底的に比較し、コインオタク編集部が自信を持って初心者におすすめ出来る取引所をランキング形式でご紹介します。

これを読めば、どこで買えばいいのか迷うことはもうありません。

【2019年8月最新】仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめランキング!初心者にとって仮想通貨投資の第一歩は、取引所で口座を開設すること。どこの仮想通貨取引所の口座で投資を始めるか迷う初心者向けに、各社のおすすめポイントを比較しました。あなたにぴったりな仮想通貨取引所がきっと見つかります。
 

 

 「ビットコイン以外の通貨にもオススメあるんでしょ?」とお気付き方はこちら

2018年のオススメ仮想通貨をコインオタク編集部が厳選して紹介します

利益を最大化するための6つのテクニックと5つのツールとともに、今年最もおすすめの銘柄をお伝えします。

ビットコインだけじゃない選択肢を知っておきましょう!

2019年のオススメ仮想通貨を東大生が厳選!利益を最大化するための6つのテクニックと5つのツールとともに、今年最もおすすめの銘柄を紹介します。
 

おすすめ書籍

ネット上の情報は形がないので、なんとなく読み飛ばしてしまいがちです。

また、「書籍の形でないと信頼できない!」という方もいらっしゃると思うので、コインオタクおすすめの書籍をご紹介します。

いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン / 大塚雄介

ビットコイン初心者がまず読むべき本が、いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン / 大塚雄介です。

これは大手国内取引所コインチェックの現執行役員(元取締役)が書いた入門書です。

ビットコインが生まれた経緯から、これからフィンテックに与える影響まで、超分かりやすく解説されています!本から入る場合の必読書です。

 

ビットコイン投資についてのQ&A

ビットコイン投資を始める際に、不安に思うことは沢山あると思います。

ここでは少しだけ、よくある質問に対してお答えします。

いくらから投資を始めるべきなの?

初めての仮想通貨投資は、価値が0になっても自分にとって痛くない金額にしましょう。

本当に価値がゼロになる場合もありますし、自分のミスによって消失することもあるからです。

 

この記事の冒頭でも述べましたが、本格的な始めどきは、いずれ現れます!

その時、「口座開設に時間かかって間に合わなかった!!」とならないように、ビットコイン取引に慣れておくことが大切です。

税金はどうなっているの?

投資で利益が生じたら、日本政府に税金を納めなければいけません。

具体的には、投資利益は雑所得として扱われ、「+20万円以上の状態になるよう利益確定した時」に初めて課税対象となります。

日本円との交換における消費税や、決済手段としての使用時に何か税金が取られたり、というようなことはありません。

 

仮想通貨の税金についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事もチェック!↓

仮想通貨に税金がどのくらいかかるか理解していないと、知らないうちに損をしているかもしれません!この記事では、たくさんの例を用いながら税金のかかる条件や計算方法、さらに税金対策まで紹介しているので、誰でも簡単にイメージしながら理解できます!

 

詐欺が多いって本当?

仮想通貨は2017年冬、異常なほど盛り上がり、多くのお金が動きました。

それは高い流動性をもたらし、価値が上がる良い要因だったのですが、全く別の側面として詐欺を横行させました。

例えば、「この通貨を買っておけば1年後には200倍になる!お金くれれば買っておくよ!」はよくある詐欺です。

誰かに依存したうまい話は、基本的には嘘だと思っておきましょう。

とはいえ、詐欺は段々減ってきている印象です。自分で勉強していればおかしな話に気づけますし、自分で気づかなければいけません。

信頼できる安全な範囲で投資を行いましょう!

仮想通貨周りでのスキャムについてまとめた記事がこちら↓

目次スキャム(scam)とは仮想通貨のスキャム手口スキャムの対策スキャムについてのQ&Aスキャムまとめ スキャム(scam)とは スキャムとは詐欺・ペテンを意味します。仮想通貨は誰でも簡単に参入でき、なおかつ匿名性も高いことから、残念ながらスキャムが横行してしまっているのが現状です。そのうえ、手口にもいろいろあり、常にスキャムには警戒しなくてはいけません。 中国ではICO規制が2017年9月に行われましたが、スキャムICOが横行したことがその一因になりました。 仮想通貨のスキャム手口 仮想通貨のスキャムにはどのような種類のものがあるのか、紹介していきます。 スキャムICOコイン これは仮想通貨関連のスキャムでおそらく最も多いパターンです。 前提知識として、ICO(initial coin offering)は事業の発案者がトークンを発行し、上場前に出資者にそれを買ってもらうことによって資金を確保するという出資形態です。 このICOの際に、事業者がもっともらしいことを言っておきながら資金調達後いつまでたっても実行しない、というスキャムがあります。 このときに発行されたICOコイン(トークン)は、その価値を下支えするものが一切ないわけですから、当然価値をもちません。 事業者は資金を丸々持ち逃げ、というわけです。 スキャムICOが横行しすぎると、中国のようにICO全体を規制する法律が発効される可能性もあり、仮想通貨市場全体に悪影響を与える手口と言えます。2018年、コインオタクが最もおすすめする仮想通貨はこちら!! ICOとは?仮想通貨を用いた新たな集金方法!参加方法やおすすめ案件を解説!今世界で大注目の新しい資金調達の方法であるICOですが、実際にどうやって行うのか、またどうやって参加するのか、メリットやリスクはなんなのか、わからない方も多いかと思います。そんなICOについて解説してみました。続きを読む クラウドマイニング クラウドマイニングとは、マイニング業者に金を支払うことで自分の代わりにマイニングしてもらう、というサービスです。 このサービスを行っている業者、詐欺でないところもあることにはあるのですが、マイニング費用だけ掠め取って支払いはゼロ、という手口のスキャムが非常に多いのが現状です。

 

 何かトラブルがあったらどうしたらいいの?

仮想通貨取引におけるトラブルは色々想定されます。

多くの場合は取引所が関わるトラブルなので、取引所に問い合わせしましょう。

 

その他の場合は基本的には自己責任です

確実にここに連絡すれば全てを解決してくれる!という団体はありません。

トラブルを起こさない、起こされないためにも、最低限の知識は身につけておきましょう

ビットコイン投資 まとめ

ビットコイン投資のまとめ

  • ビットコイン投資は今すぐ始めるべき!
  • コインオタクのイチオシ取引所はDMM Bitcoin
  • 十分な知識を身につければ、ビットコイン投資は怖くない!

 「もう終わった」と囁かれているビットコインですが、再燃に向けて着々と環境は整っています。

こんなに可能性のある投資先を、見なかったことにするのはもったいないです!

気づいたら資産10倍も夢じゃない・・・?

 

正しい知識を身につけて、正しい投資判断を下せるようにしましょう!

DMM Bitcoinに無料登録