「CryptoGTってどんな取引所?」もしくは「CryptoCMが新しくなったらしいけど何が変わったの?」という疑問をお持ちですか?

そんなことを1から全部調べるのは時間がかかりますね…。

今回の記事ではCryptoGT(クリプトGT)がそもそもどんな取引所なのか、以前の取引所から変わった部分はどんなところかをメリット・デメリットにわけて解説します!

さらに登録から取引まで画像付きで説明していくので、すぐに一人で取引できるようになります!


この記事が、CryptoGT(クリプトGT)での取引を始めるきっかけになれば幸いです。

いますぐCryptoGTの詳細を見る!

CryptoGT(クリプトGT)とは?

CryptoCM(クリプトCM)がリニューアル!

2018年6月に設立されたキプロスに拠点を置く仮想通貨取引所CryptoCM(クリプトCM)が、同年8月にリニューアルし名称がCryptoGT(クリプトGTに変更されました。

新たに導入されたもの

CryotoGT(クリプトGT)になったことでいくつか導入されたものを紹介します!

二段階認証

CryptoCM(クリプトCM)の時は二段階認証がなくセキュリティー面に不安があり、心配で登録しない方がいたと思いますが二段階認証が実装されたことでセキュリティー面がだいぶ向上されたため、以前より安心して使えるようになりました。

レバレッジ変更可能

CryptoCM(クリプトCM)の時は、自動的に200倍設定でした。しかし、リニューアルによりレバレッジが1・10・25・50・100・200倍から選択できるようになりました。

MT5導入

トレードツールとしてMeta Trader5が新しく導入されました。CryptoGT(クリプトGT)はこのMT5を仮想通貨市場にあわせて独自にカスタマイズをした初めての仮想通貨FX取引所です。

スマホアプリ対応

CryptoGT(クリプトGT)独自のスマホアプリではないものの、MT5に対応したことによりMT5モバイルアプリを使用できるようになりました!これによって外出中などのパソコンが使えない環境でも、いつでも相場の確認ができるようになりました。

CryptoGT(クリプトGT)のメリット

CryptoGT(クリプトGT)には以下のようなメリットがあり、取引の幅がとても広がります。

CryptoGT(クリプトGT)のメリット

  • 通貨ペアが37種類
  • レバレッジ200倍
  • 追証なし
  • 即時口座開設ができる
  • JPY取引USD取引どちらにも対応
  • 日本語に完全対応
  • アルトコインFXのスプレッドが安い

 

通貨ペアが37種類

CryptoGT(クリプトGT)では、仮想通貨取引を日本円や米ドルという法定通貨だけではなく、証拠金として他の仮想通貨を用いて取引ができるため、多くの通貨ペアで取引することができます。これはアルトコインを長期保有している人にとって、そのコインを証拠金に使いトレードすることで持っているアルトコイン増やすことができるため大きなメリットです。

<取り扱い通貨一覧>
USD建て BTC/USD LTC/USD ETH/USD BCH/USD XRP/USD DSH/USD XMR/USD
JPY建て BTC/JPY ETH/JPY XRP/JPY LTC/JPY BCH/JPY XMR/JPY DSH/JPY
BTC建て LTC/BTC ETH/BTC BCH/BTC XRP/BTC DSH/BTC XMR/BTC
XRP建て BCH/XRP LTC/XRP ETH/XRP DSH/XRP XMR/XRP
ETH建て BCH/ETH XRP/ETH DSH/ETH XMR/ETH
XMR建て DSH/XMR BCH/XMR LTC/XMR ETH/XMR
LTC建て ETH/LTC BCH/LTC DSH/LTC
DSH建て BCH/DSH

*USD(米ドル)・JPY(日本円)・BTC(ビットコイン)・XRP(リップル)・ETH(イーサリアム)・XMR(モネロ)・LTC(ライトコイン)・DSH(ダッシュコイン)

レバレッジ200倍

アルトコインの通貨ペアも最大の200倍までレバレッジをかけることができます!

同じ海外取引所のBitMEXはビットコインFXのみ100倍で、アルトコインFXは最大50倍までしかレバレッジをかけることができませんので、アルトコインFXでもより高いレバレッジで取引したいという方にはオススメです。

追証なし

追証がないというのは、いわゆる借金のリスクがないということです。この保証により、特にボラティリティが大きいアルトコインの取引をする際や、ハイレバレッジ取引を行う際に、安心して取引を行うことができます!

即時口座開設ができる

口座開設に必要なものは、ログインに利用するメールアドレスと設定するパスワードのみです。そのため口座開設しようと思った時すぐに登録し取引を始めることができます。

JPY取引USD取引どちらにも対応

基本的に海外取引所ではビットコインの値段表記は米ドル(USD)が基本でしたが、CryptoGT(クリプトGT)では海外取引所にも関わらず日本円(JPY)取引にも対応しているため、国内取引所をメインで使っていた方も同じ日本円基準で仮想通貨価格の判断ができるため感覚的にわかりやすいと思います。

日本語に完全対応

CryptoGT(クリプトGT)は日本語に完全対応しています。海外取引所のため取引画面なども英語になってしまい、どうしても英語が苦手な方々はためらってしまいがちです。しかし、CryptoGT(クリプトGT)は取引所自体が日本語に対応していて細かな部分まで全て日本語で表記させることができます。

そしてサポートセンターも日本語対応しています。電話対応はありませんが、9~24時までリアルタイムでサポートセンターがメール対応をしてくれます。実際に、質問のメールを送ったところ約10分ほどの時間で返答がきたため、とてもスムーズな対応でした。

アルトコインFXのスプレッドが狭い

アルトコインFXはビットコインFXに比べてスプレッドがひろくスプレッド費用が高めになってしまいます。しかしCryptoGT(クリプトGT)は、他の取引所に比べ、スプレッド費用がとても安くなっているためアルトコインFXの取引にはとてもオススメできる取引所です。

例としてGMOコインとのスプレッドを比較してみましょう。

<CryptoGT>

<GMOコイン>(%の部分が値段に対してのスプレッドの大きさです)

圧倒的にCryptoGT(クリプトGT)のスプレッドが狭いです。スプレッド費用は実質手数料のようなものです。同じ取引をしていてもこれだけ取引所でスプレッド費用が違ってしまうと、使う取引所によって大きな損をしてしまいます。


CryptoGT(クリプトGT)のデメリット

新しい取引所なため、取引量の少なさなどで出てしまうデメリットなどもあります。

CryptoGT デメリット

  • BTCのスプレッドが少し広い
  • ロスカット基準が高い
  • レバレッジ変更が面倒

 BTCのスプレッドが少し広い

他の取引量の多いBitMEXやbitFlyerなどはもう買い板と売り板のスプレッドがほとんどないのですが、CryptoGT(クリプトGT)はまだすこし(数百円〜千円)のスプレッドがあります。しかし、リニューアルしてからどんどんスプレッド費用が下がっているため、ユーザーが増えていけばさらにスプレッド費用が下がる期待ができます。

そのため今の所(2018年9月現在)大きくポジション持ちたいけれど手数料は抑えたいという方の場合は同じ海外取引所のBitMEXがオススメです。

BitMEXの登録はこちら!

ロスカット(強制決済)基準が高い

CryptoGT(クリプトGT)では証拠金維持率が100%を下回るとロスカット(強制決済)が発生します。

例えば1BTCが口座に入っていて、0.5BTCを証拠金に使って取引したとします。その取引中に、含み損(マイナス)が-0.6BTCになった場合、証拠金維持率が100%以下となり、基準を下回るためロスカットが発生して自動的に取引が終了します。

そのため、むやみにハイレバレッジでの取引や口座の残高ギリギリで取引してしまうとすぐにロスカットされてしまい、資金が減ってしまうので注意が必要です。

レバレッジ変更が面倒

CryptoCM(クリプトCM)からCryptoGT(クリプトGT)にリニューアルし、レバレッジの変更が可能になったものの、変更したい時は毎回メールで変更の申請を行わなければならないため少し面倒です。

CryptoGT(クリプトGT)と他社を比較!

実際に他の取引所と比較してみましょう!

取引所CryptoGTBitMEXGMOコインbitFlyer
最大レバレッジ200倍100倍
(アルトコインは50倍)
10倍
(アルトコインは5倍)
15倍
追証なしなしありあり
通貨ペア37種類8種類5種類1種類
スマホアプリ有り無し有り有り
証拠金維持率(強
制ロスカット)
100%50%75%50%

強制ロスカットの基準が他社より早いですが、証拠金維持率が100%を切っている状態でポジションを持っていること自体あまりいいトレードではないと思われるので、強制ロスカットが早いことは堅実なトレードをする上でそんなに気にしなくてもいいと思います。それ以外の部分では多くの点で他社より優れていることが多い印象です!

CryptoGT(クリプトGT) 登録方法

それでは実際にCryptoGT(クリプトGT)の登録方法を説明していきます!

3分で口座開設ができるため今のうちに登録してしまいましょう!すぐに取引が開始できます!

いますぐ口座開設!

必要項目を入力する

リンクから飛ぶとこの画面になるため、画像の項目通りに入力し、最後に利用規約を確認し同意のチェックを入れてください。

完了したら、「続ける」を押してください。

次に、メールに届いたコードをこの画面に入力します。

早速ログインしよう

コードを入力できた場合、この画面が左に出てくるのでここに先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインしましょう。

必ず2段階認証を設定しよう!

ログイン後まずは2段階認証の設定をしておきましょう。二段階認証には「Google Authenticator」のアプリを利用します。


右上の人型のところをクリックし下の画面2段階認証の「有効」をクリックしてください。

すると2段階認証のQRコードが表示されるため、「Google Authenticator」のアプリでスキャンしましょう。

そうすると「Google Authenticator」で6桁のコードが発行されるので、発行されたコードを下の部分に入力すれば完了です。

CryptoGT(クリプトGT) 入金方法

CryptoGT(クリプトGT)は海外取引所であるため、日本円の入金ができず仮想通貨でしか入金ができません。そのためにまず仮想通貨を持っていない方は他の国内取引所で仮想通貨を購入しましょう!

<仮想通貨をお得に買う方法はこちら!> 

今話題の仮想通貨投資をはじめてみたいけれど仮想通貨の取引所がたくさんありすぎて困る、どこを使えば手数料を安く抑えられるのか分からない。。。このような悩みを抱える人は多いでしょう。そこでこの記事では仮想通貨初心者のために、手数料が安くておすすめの取引所を解説していきます。この記事を読み終わるころには、どの取引所を使うべきか完璧に理解していることでしょう!目次取引所と販売所の違い手数料の種類と何を意識すべきか通貨別 取引所手数料比較仮想通貨取引になれてきたら海外取引所も検討してみようまとめ取引所と販売所の違いまず取引所の手数料について考えるうえで絶対に理解しておかなくてはいけないことが、取引所と販売所についてです。仮想通貨を買おうと思ったら取引所か販売所から購入することが可能ですが、その違いを説明します。簡単に言うと取引所は、個人と個人が仮想通貨の売買をすることのできる場所販売所は、bitFlyerやコインチェックなど、運営会社から直接購入できる場所です。これがどのような違いに繋がるかと言うと次の項で説明するスプレッドが販売所の方が大きいため、販売所の売買では儲けるのが難しくなっています。安く買いたいなら取引所、手数料がかかってもいいので楽に早く買いたいなら販売所を使うのが良いでしょう。詳しくは以下のページに説明があるので気になる人はチェックしてみてください。 【ビットコイン 取引所 販売所】2つの仮想通貨用語の違いをやさしく解説!目次ビットコインを始めてみよう!販売所とは?取引所(交換所)とは?違い①販売所と取引所の価格差違い②取引相手結局どっちを使えばいいの?まとめ ビットコインを始めてみよう! ビットコイン、最近話題になってるしちょっとずつ名前聞くようになってきたけどまだよくわからない、、、 今回はそんな初心者向けの記事です!ビットコインを少し調べると必ず出会う単語「取引所」「販売所」について、わかりやすく解説していきます! 販売所とは?取引所(交換所)とは? まずあらかじめ断っておきましょう。ビットコインとはあくまで仮想通貨の1つ(通貨の中のUSドル、みたいな感じです)なので、今後は仮想通貨、と呼んでいきますね。 さて本題です。まずは、販売所と取引所を一言で説明してみましょう。仮想通貨において、 販売所とは、仮想通貨を店から購入する「売店」

 

仮想通貨を既に購入してる方は、ホーム画面の「入金」を選択してください。

次に入金する通貨を選択します。(今回はビットコインを選択しました。)選択したら「進める」をクリックしてください。

するとQRコードと送金用のアドレスが表示されるので送金側の取引所の指示にしたがって送金していただければ完了です。

CryptoGT(クリプトGT) 出金方法

出金の場合は、ホームから「出金」を選択し、「出金する通貨」「枚数」「送金先のウォレットアドレス」を入力し進めば送金完了となります。

MT5の取引手順

MT5とは、FX(外国為替証拠金取引)・株式・先物で主に使われている取引ツールです。様々なテクニカル分析やファンダメンタル分析を無料で使える便利なツールです。

まずはMT5のインストールしてみよう

インストール手順としてCryptoGT(クリプトGT)にログインしたら、「アカウント」を選択します。

アカウント画面の下に以下の「トレーディングプラットフォーム」という部分があるので、それぞれ自分のものを選んでください。

*Mac OSの方はMT5が対応しておらずインストールできないため、「Web」の部分を選んでください。


早速ログインしよう

今回は、MacでのWebバージョンを説明します。他も同じですので同じ手順でやっていただけたら大丈夫です。

インストールの部分で説明したように「Web」の部分を選択します

下の画像のようなログインするための画面が出てきますので、そこにLoginIDとPasswordを入力します。この時ServerがDemoになってっている場合は、Liveに変更してください。

*ログインIDはアカウントのページでライブと書いてある横の4つの数字です。

ログインができた場合は、チャートが表示されるようになります。チャートが表示されればログインは完了です!

実際に取引してみよう

まず取引したい通貨を左の一覧から選びダブルクリックします。

そうすると、Orderのウィンドウが表示されますので、「銘柄」「注文方法」「数量」を選んでください。

決定したら「Sell」(売り・ショート)「Buy」(買い・ロング)どちらで入るのか選択してください。注文が完了したら、「完了しました」と表示されるので、「YES」のボタンをクリックしOrderのウィンドウを閉じてください。


CryptoGT(クリプトGT)のまとめ

CryptoGTの特徴!

  • レバレッジ最大200倍!
  • 追証がない!
  • 通貨ペアが豊富!
  • 高機能MT5採用!
  • 即時口座開設可能!

 

いかがでしょうか?今回は新しくなったCryptGT(クリプトGT)について説明しました。

CryptoGT(クリプトGT)はとてもアルトコインFXに向いているため、ビットコインFXは国内取引所もしくはBitMEXで、アルトコインFXはCryptoGT(クリプトGT)と使い分けるのがおすすめです。


CryptoCM(クリプトCM)のころのセキュリティなどへの不安は解消されましたし、レバレッジも変更できるようになったため普通のレバレッジでも取引できるようになりました。

さらに、リニューアルしてからどんどんスプレッド費用が安くなっています!


この機会にCryptoGT(クリプトGT)を開設し、アルトコインFXに挑戦してみるのもいいと思います!


いますぐCryptoGTの口座開設!