bitsharesとは

bitsharesとは、ブロックチェーン技術を用いることで人の手を介さずに様々なビジネスを自動で運用するためのプロトコルで、金融プラットフォーム自体のことです。世界初の分散型取引所である独自の非中央集権型プラットフォームOpenLedgerを通して取引されるため盗まれる心配がない上に、価格固定型通貨SmartCoinが取引できるという特徴があります。

bitsharesの最新チャート分析!相場から見る価格推移


これは2017年10月20日現在のBTS/BTCチャートになります

bitsharesの価格推移です。2017年10月20日現在の相場は0.00000906฿です。

2017年5月−9月までの短期間の急騰は、株主に利益を分配できる仕組みを持っているという他の仮想通貨と違う目新しさと時価総額が低かったため新規参入しやすかったこと、そして分散型自動化企業DACの中で最も勢いのあった通貨だったこと、smartcoinとの連動性という、国際通貨に裏付けられた安定性が原因で、仮想通貨が人気となってきた時期出会ったことも重なり、資産家などによる投資目的による大きな資金の流入があったためと考えられます。9月以降に再び低い相場に戻ってしまったのは、取引が加熱しすぎてしまったために起こったバブルが崩壊をしたため、そして仮想通貨全体に対する信用が低迷したために影響を受けてしまったと考えられます。


bitsharesの問題と将来性は?コインオタクの見解

開発力への不安

bitsharesの初代開発者はSteemの開発に移行してしまったためにbitsharesの開発からは完全に手を引いてしまいました。bitsharesが分散型プラットフォームであることから初代開発者がやめてしまっても他の人が開発を行うためにネットワークが止まることがないのでこのことの直接的な影響はありません。

しかし、バックエンドのプロトコルのアップデートが進まず、フロントエンドの開発が先行しているので、ハードフォークが起こるようなプロトコルのアップデートが2016年3月にありました。

さらにはフロントエンドの開発においてもセキュリティのバグが起こったために新しく導入したモバイルウォレットが停止してしまったり、プロトコルに実装した匿名送金機能がGUIウォレット上で未だに実装されていなかったり、大きいプロジェクトではないがゆえの問題があります。

取引量がなかなか増えない

Bitsharesでは会員システムとアフェリエイトシステムの形態を取っていて、これによって新規ユーザーの獲得を目指しています。

会員システムでは、一定量のBitsharesを一定量払うとLifetime Memberとなり、取引手数料の80%を自分に還元することができ、残りの20

%を準備金プールに送金することができます。つまり、会員になれば手数料が安く済むシステムになっています。

アフェリエイトシステムとは、会員ユーザーが新規のユーザーを紹介するとユーザーが支払う手数料の一部を報酬として受け取ることが可能です。新規アカウント作成数や、トランザクション数は安定しており、分散型取引所約定数は増加傾向にあるものの、まだまだ取引量は少ないままです。しかし今後、このようなアフェリエイトシステムと開発が進むことで注目度が上がれば十分取引量が増える可能性があります。

SmartCoin利用者数少なさへの対策沈静化

Bitsharesの他の仮想通貨との差別化の根幹をなす大きな強み、価格連動型トークンのSmartcoinが実質的にはほとんど利用されていない現状に対して、初期の頃は活発に対策の提案がなされていたにもかかわらず、最近では停滞状態にあり、このことから、BitsharesそのものというよりもSmartcoinなどの普及や仮想通貨への信頼の向上がなされて来ることによって解決される問題が多いように思われます。

分散型取引所としての完成度の高さ

バックエンドの開発、つまりプロトコルのアップデートは進んでいないものの、ネットワーク自体のトラブルは少なく、安定しており、分散型取引所としての完成度は十分高いと思われます。

 

分散型取引所って聞いたことありますか?BittrexやCoincheckといった中央集権型取引所とは異なり運営者が存在しない次世代型の取引所です。運営者が存在しないことで、かつての問題を解決した、取引所のあり方について詳しく解説しました!

 


開発が進めば実用化が期待される

bitharesはもともとビットコイン2.0プロジェクト、つまり独自の特徴を持った仮想通貨の一つとして開発されました。bitsharesの最大の特徴の分散型取引所プラットフォームOpenledgeは将来的には金融プラットフォームの発展を目指しているために、世界中の企業がビジネスをスムーズに行うためにBitsharesを導入していく可能性があります。

実際に、BitsharesはMUSEと呼ばれる分散型音楽売買プラットフォームの実用化がなされています。さらに前述したアフェリエイトシステムでビジネス界だけでなく幅広い業界で、会員数を増やして行けば、将来様々な業界で実用化が期待され、成長する見込みがある通貨と言えます。


bitsharesの仕組みは?他の仮想通貨と何が違うの?

bitsharesの概要

仮想通貨名ビットシェアーズ(bitshares)
開発組織Invictus innovations社
公開日2014年7月19日
承認システムDelegated Proof of Stake
コインの発行上限約3,700,000,000BTS
ブロック報酬1.5BTS
ブロック生成速度約3秒

bitsharesの最大の特徴!分散型取引所OpenLedgerとは?

OpenledgerとはデンマークのCCEDKという会社とbitsharesの開発陣が共同で開発した、ブロックチェーンを用いたことで実現した非中央集権的な分散型金融取引所のことです。管理者がいない、非中央集権型なので、カウンターパーティーリスク、つまり契約が履行されずに損失を被るリスクがありません。わかりやすく言い換えると、openledgerは、Poloniex,Bittrexなどの仮想通貨取引所を非中央集権型にしたものと言えます。そのため、マウントゴックス破綻事件のようなことが起こらず、ハッキングなどによって通貨が第3者に盗まれたりバックレられてしまう心配がありません。非中央集権型の取引所プラットフォームの種類には、Bitshares,CounterParty,NXTなどがあり、Openledgerではその中からBitSharesのプラットフォームを選択したことになります。

さらにOpenledgerでは、以下で詳しく述べますが、価格安定型の通貨スマートコイン(SmartCoin)が取引できるという特徴も持ちます。

Openledgerは将来的には総合的な通貨取引を目指していますが現段階では2014年に開設されたばかりということもあり取引できる通貨が少なく、出来高も少ないという欠点があります。そのためCCEDKは積極的に取引できる通貨を増やしていく取り組みを行なっており、日本でもGameCreditsやBitCrystalsなどの人気のある通貨の上場も決定していたり、ユーザーを増やすために会員システムとアフェリエイトシステム、つまり会員となったユーザーは非会員よりも80%手数料が少なく済み、コード付きのユーザーを紹介することで紹介されたユーザーが支払う手数料の一部を受け取れるなどの工夫をしていたり、まだまだ発展途中と思われます。

 

OpenLedgerって聞いたことありますか?よくBitsharesと一緒に解説されていますがそこには明確な違いがあります。仮想通貨だけでなく金融商品全般を取り扱い、独自のIOUを発行するなど一風変わった世界初の分散型取引所に迫ります!


マイニングの承認システム

bitsharesのマイニング方式には従来のProof of Workに代わるDelegated Proof of Stake(DPOS)が採用されています。DPOSはProof of Stakeの発展系で、間接民主制のようなシステムのことです。三種の代理人がおり、それぞれの取引の承認者をWitness(立会人), 手数料などに関するブロックチェーンの改良といった仕様変更を提案するCommittee, 機能拡張やブロックチェーンの改良といったBitsharesに寄与することを提案・実行する人をWorkerと呼んでいます。WitnessやCommitteeには誰でも立候補することができて、Bitsharesの所有者によって保有量に応じて投票で決定され、外すこともできます。一方Workerの場合は、Workerの提案をBitsharesの保有者によって投票で可否を決定します。

つまり、DPOSでは、Proof of StakeやProof of Workと異なる点は、不特定多数が誰でもブロック生成できるわけではなく、どちらかといば取引の承認者Witnessを特定の管理者が選ぶというプライベートチェーン系に近いという点で大きく異なります。投票権を代理人に渡してもよく、全投票のトップ100の代理人が新ブロックを生成するという特徴があります。

メリットとしては利用可能な最速、最も効率的、さらに最も分散化された最も柔軟なコンセンサスモデルであることによりトランザクション能力が高い点、さらに一番重要なのは、コンセンサスプロトコルが望ましくない規制上の干渉から全ての参加者を保護するように設計されている点です。

一方、デメリットとしてはまだ安全性が確認されていない点で、これはProof of Workはビットコインに代表されるものなのである程度の安全性は確保されますが、Proof of Stakeがまだ実験段階であり、さらにマイナーなDPOSは不明であるということに起因します。

 

プルーフオブワークは仮想通貨の取引の承認システムの一つです。これはいったいどんな仕組みでどういう特徴を持っているのでしょうか?プルーフオブワークに伴うマイニングという作業や、プルーフオブステークとの違いについても説明します!

 

 

Proof of Stakeは仮想通貨取引の承認システムの1つです。ビットコインに次いで有名なあのイーサリアムもこのProof of Stakeへ移行することを発表しています。仕組みや長所・短所はもちろん、イーサリアムの移行時期も教えます!


Rippleとの類似点・相違点は?

よく比較されるbitsharesとRippleは、どちらも独自のプラットフォームであり、それぞれの独自のプラットフォーム内で取引や売買ができるであるという点で類似しています。

Rippleでも独自の分散型取引所プラットフォームをもち、特定のネットワーク内で様々な通貨やものに交換・売買することができ、IOU取引、ある価値を持った借用証明の役割を持っています。

これはBitsharesではSmartCoinに対応しています。こちらは広く価値が認められている資産との交換が可能となっています。この点でもRippleとは異なります。

また、Rippleは、ゲートウェイ(GW)と呼ばれる第3者を介した銀行間取引の形式を取っている、つまり一旦このGWにRippleを預けることでIOUが発行されるために、その機関を信用できるかどうかという問題があり、資産を奪われる心配が生じます。つまり万が一GWが破綻してしまったら預けていた全てのXRPが消えてしまうというリスク(カウンターパーティーリスク)があります。

一方で、Bitsharesは非中央集権型取引所Openledgerで取引され、完全にブロックチェーン上で管理されている上、そこで取引される通貨はBTSの価値を担保に実際に価値となる現物、SmartCoinであるため、資産を奪われる心配がないけれど逆に今度は自分の資産は自分で守る必要が生じてくるという点でリスクが生じます。

 

リップル(XRP)とは、オンライン送金・決済が可能なネットワーク、及びそこで使われる仮想通貨の名称です。決済の所要時間・手数料が少ないことから、リップルは将来的に銀行間のオンライン決済などに利用されることが予想され、期待を集めています!

 

bitsharesの特徴!SmartCoinとは?

SmartCoinとは、ある通貨(金融商品)と同じ価値に固定された通貨のことす。

ここではBTSの資産価値を担保とした金融資産であり、BTSの派生商品で、カウンターパーティリスクのない差金決済取引のことです。SmartCoinの本質は、契約であり同時に多くの取引相手がいることで相手と契約が交換可能であり価値が一定であるため、現物のように自由に扱うことができるという仕組みです。SmartCoinは実物の資産、つまりUSD、JPY、BTC、金などと交換が可能で商品・サービスの購入が行いやすいという利便性があります。SmartCoinはBitshares内の取引所でも、外部の取引所でも取引ができます。(外部の取引所ではカウンターパーティーリスクが伴います)

SmartCoinの価値が担保されなくなるのは、Bitsharesの価値が短時間(24h以内)に66%以上暴落してその価値が持続してしまった場合のみです


bitsharesのメリットは?

資産をBitShares上に乗せた後は経済的に自由!

SmartCoinは、USD、JPY、BTC、金など広く価値が保証されている、別の資産の価値に固定されています。そして、常にBitsharesの100%以上の価値を保持しているので、為替レートに沿っていつでも変換することができます。要するに、SmartCoinは代替可能、分割可能、制限がないという特徴を持ちます。

このように、bitsharesでは一度資産をBitshares上にのせたらそこから法定通貨に戻すこともBitUSDやJPYなどのスマートコインに交換することもできます。さらに例えばBitUSDは1USDとほぼ同じと考えることができるので、必要な時に資産をBitUSDに戻せば法定通貨に交換下のと同じ効果がある上、BitUSDとしての仮想通貨としての形式もいじでき、安全に資産管理をできるようになりました。つまり、Bitsharesに一度資産を乗せれば仮想通貨・法定通貨のどちらとしての形態も維持できるようになったということです。

仮想通貨「BitUSD」の価値は安定

BitUSDとはBitsharesネットワーク内で作られたスマートコインの一種で、1Bitshares=1USDとなるように設計されています。つまりBitUSDは、法定通貨USDの価値にペッグしている仮想通貨であり、両者とも自由に交換できるということです。

仮想通貨「BitUSD」が最強

カウンターパーティ・リスクがないため、ペッグ通貨として最強です。

以下で詳しく説明していきます。まず、USDにペッグしている仮想通貨には、Bitshares以外にもUSDT(USD Tether)やOPEN.USDなどがあります。BitUSDでは、分散型プラットフォームを基盤にしているため独自の取引所Openledgerが潰れてもいつでも1BitUSD=1USDのレートでUSDと交換できる一方、他のペッグ通貨、たとえばUSDTはTether社が破綻したら価値が無くなり、さらにOPEN.USDはUSDとの交換制度が廃止されたり、Openledgerが破綻した場合カウンターパーティ・リスクに陥ります。Bitsharesはそれらと違い、取引所やサービスにかかわらず価値が担保されているというメリットがあります。

bitsharesのデメリットは?

承認者の数の調節の難しさ

承認者(立会人)は、もともと101人選出されていました。しかしながら、それでは承認者報酬がかさみすぎるという問題や、適正の可否を問う投票で全員を見ることができないという問題があり、現在は20人前後選出されています。

承認者の数が減らされると、ステーキング報酬をねらっていた参加者の承認に参加するインセンティブが低下します。


bitsharesの購入方法。オススメの取引所は?


OpenLedger

Openledgerのブリッジ機能を使って購入する方法が最もスムーズで一番メジャーに思われます。

Openledgerにログイン後手順について説明していきます。

①Openledgerのブリッジサービスを利用

画面上部のDeposit/Withdraw→Transfer Service→Blocktrades(TRADE.X)→BTCからBTSに変換する交換レート

これ以降は、自分の交換したいBTC量を指定し、指定されたBTCアドレスにBTCを送れば自動的にBTSが送られてきます。

②Openledgerの取引所を利用

BTCをOPEN.BTCに変えなければいけないので手間と手数料がかかる上、BTS/OPEN.BTCの取引量が少ないため若干不利なレートでの取引になります。しかし全てOpenledger内で取引が行われ、BTSを引き出す必要がないというメリットがあります。


BTCをOpenledgerに入金→OPEN.BTCに交換→Openledger内の取引所でOPEN.BTCを購入→BTS/OPEN.BTCのページ

このBTC・BTSの交換のページには、BTSを買いたいBTS/OPEN.BTCのページとBTSを売りたいBTC/OPEN.BTSのページがあり、今回はBTS購入側なので、BTS/OPEN.BTCのページであることに注意してください。

Openledgerはここから!

 

OpenLedgerって聞いたことありますか?よくBitsharesと一緒に解説されていますがそこには明確な違いがあります。仮想通貨だけでなく金融商品全般を取り扱い、独自のIOUを発行するなど一風変わった世界初の分散型取引所に迫ります!


Poloniex

Poloniexとはアルトコイン取引所の一つです。流動性が高いので、取引価格重視のユーザーとの相性がいいと思われます。ただし、まずBTCを入金する必要があります。さらに預ける必要があるということでカウンターパーティ・リスクがあります。また、BTCの入金に一定時間必要なのと、BTCの引き出しに一定時間かかるので、最速というわけには行きません。メリットとしては、取引量が多いために最安値で購入できる可能性が高いという点にあります。

Poloniexはここから!

ポロニエックスは、グローバルで使われている世界最大級の仮想通貨取引所の1つで、日本でも上級者がよく使っていると言われています。そんなポロニエックスの概要や、メリットデメリット、使い方などについてまとめました。

 


bitsharesの保管方法。オススメのウォレット(wallet)は?

ウォレット作成方法

仮想通貨取引所でBitcoinを使っBitsharesを購入後ウォレットに動かしたい場合はBitsharesのウォレットに作成しておかないといけません。

アカウントを作成したら最初に必ずバックアップを取るようにしてください。アカウント名・パスワードを覚えるだけでは不十分です。バックアップを取らずにブラウザのキャッシュをクリアしたら資金にアクセスできなくなってしまうためです。バックアップファイルを作成後は大切に保管し、バックアップから復元する日に備えましょう。バックアップファイルを無くしてしまった場合はの唯一の方法はBrainkeyから復元する方法です。


OpenLedger

Openledgerにアクセス→Use the Wallet Model→必要情報(アカウント名にはハイフンか数字を入れる)を入力→Creat Accountで完了です。

この際に登録するパスワードはウォレット内の資金送金・出金・ウォレットの復元時に必要なので忘れないよう気をつけてください。


bitsharesについての気になるQ&A

OpenledgerとBitsharesは何が違うの?

Openledgerは他のPoloniex,Bittrexなどの仮想通貨取引所を非中央集権型にしたもので、一方、Bitsharesはプロトコル、つまりプラットフォーム自体のことを示します。要するに、取引所Openledgerで取引されるのがBitsharesです。

注文の取り消し方法は?

①Account→Open Orders→格闘の注文の✖️マーク

②Exchange→該当マーケットの該当注文の✖️マーク

どうやってアフェリエイトシステムを使えるのか?

自分のアフェリエイトリンクをSNSアカウントに貼るだけで利用できます。そうすることで自分のアフェリエイトリンクを通してOpenledgerに登録した人が将来支払うトランザクション手数料の一部が還元されるようになります。

90日間の権利確定期間が過ぎた時点で全額の還元報酬を得ることができます。具体的にはOpenledgerのDashboard→左メニューのVestingBalanes→Claim nowで払い戻しができます。

Votingって何?

Bitsharesの保有量に応じて投票権が与えられ、Bitshares内の決め事(Workerの提案への可否やComitteeやWitnessを決めたり外したり)を決定することができます。これは株式に似ている性質であると言え、将来のBitsharesのあり方についての議論の際にBitsharesの保有量に応じて発言権があるということです。

Openledgerが潰れたらbitsharesは終わるのか?

終わりません。

Openledgerへのページがアクセスできないときに、別の方法でBitSharesネットワークにアクセスする方法があります。これはBitSharesのウォレットからアクセスする方法です。Openledgerでもウォレットでも、Bitsharesのブロックチェーンにアクセスできます。そのためにOpenledgerでのバックアップファアイルをそのままウォレットに読み込ませることもできます。


bitsharesまとめ

非中央集権分散型取引所を実現したbitshares。プロジェクトは非常に革新的で、仮想通貨経済の根底にあるネオリバタリアン的思想を体現しています。

しかしながら、ユーザーがそれにどれくらいついていくことができるのかという点や、技術的な問題など、まだまだ障害は多いように思います。

ですが、今後仮想通貨市場がより分散化を求める潮流に傾いたならば、bitsharesの取引やOpenledgerの利用はもっと活発化するでしょう。