​「日本の取引所では買えない仮想通貨を買ってみたい…」「どの海外の取引所が良いのかわからない…

あなたは今、こう考えてはいませんか?

実際に無数にある海外の取引所を自分で比較するのは難しいですよね…。

そこで今回はコインオタクがみなさんに代わって、海外の取引所を調査し、おすすめの海外の取引所を紹介します

おすすめの取引所19選

  • 超厳選!特におすすめの海外取引所3選
  • 取引量で選ぶなら!海外取引所4選
  • 種類が圧倒的!海外取引所3選
  • 手数料が安い!海外取引所3選
  • 独自トークンが魅力!海外取引所3選
  • 他にない特徴に惹かれるなら!海外取引所3選

 以上のジャンルに分けて解説しているので、是非気になるところから読んでみてください!

取引所を選ぶ上で気になるポイントを徹底調査し、まとめてあるので、これさえ読めば、あなたも海外の取引所を活用できます!


超厳選!特におすすめの海外取引所3選!

​それでは早速、コインオタクが選ぶ海外の取引所の中でも特におすすめの3取引所を一気に紹介します!

圧倒的人気!BINANCE (バイナンス)

おすすめ評価​​☆☆☆☆☆
​使いやすさ​☆☆☆☆☆
​手数料​0.05%~0.1%
​取り扱い通貨数​140種類以上
​日本語対応​×

​BINANCE(バイナンス)は2017年7月に香港で設立された海外取引所で、現在の所在地はマルタ共和国となっています。

2017年に設立した、と聞くと新興の取引所で規模もまだまだ小さいのではないか…と思われるかもしれませんが、設立からわずか半年で登録者の数が600万人を超えるほど人気の取引所です!

世界トップクラスの取引量を誇っており、海外の取引所を敬遠しがちな日本人でも多く利用しています。

また、取り扱っている通貨の種類も豊富で、ポピュラーな通貨はもちろん、草コインも取り扱っており、非常に幅広い市場を展開しています。


BINANCEのメリットとしては、手数料が安いことセキュリティも万全であることの2点があげられます。

1点目の手数料に関しては、海外の取引所では手数料の平均が0.2%なので、BINANCEの手数料は非常に低いということがわかります。

さらに、Binance Coin(BNB)と呼ばれる取引所が発行しているトークンを使うと、ただでさえ低い手数料をさらに低く抑えることが可能です!

基本的に手数料は0.1%ですが、BNBを使って支払いをすると、取引手数料はなんと半分の0.05%になります!

次に2点目、セキュリティについてです。BINANCEは過去に不正アクセスを受けたことがあるのですが、大きく資産を流出させたことはありません。

海外の取引所の中では比較的安心して使える取引所だと言えるでしょう。


デメリットとしては、日本語対応ができなくなったことがあげられるでしょう。

以前までは日本語での対応も行っていましたが、金融庁から警告を受けたため、今では対応が行われていません。


それでも圧倒的な手数料の安さ取引量の多さ使いやすさなどを考えると、海外の取引所を登録するならBINANCEがとてもおすすめです!

そんなBINANCEで取引をしてみたいけど、評判が気になる…という方は是非こちらの記事をご覧ください!

仮想通貨を初めて数ヶ月がたち、そろそろバイナンスを利用してみたい。でもバイナンスは海外の取引所だからよくわからないし使うのが難しそうで登録に踏み切れない。そんな悩みを抱えてはいませんか?実にもったいない!バイナンスは多くの仮想通貨を最も安く購入できる取引所であり、バイナンスを利用していない人は知らぬ間に損をしてしまっているかもしれません!海外取引所はホームページが英語で書かれているため敬遠されがちですが、実はバイナンスなら数分もあればすぐに取引を開始することができます。この記事ではバイナンスを利用するメリットだけでなく、あまり描かれることのないデメリットや、具体的な使い方を解説しています。海外取引所を利用するめんどくささからいつも国内取引所で割高に取引している方には、この記事を読んでぜひ仮想通貨取引の幅を広げていただきたいです。バイナンス公式サイトへ目次バイナンス(Binance)とは? バイナンス(Binance)のメリットバイナンス(Binance)のデメリット バイナンス(Binance)の評判・口コミ バイナンス(Binance)の登録・口座開設方法【体験】バイナンス(Binance)を使ってみよう バイナンス(Binance)のFAQ バイナンス(Binance)のメリット・デメリット・評判まとめバイナンス(Binance)とは? 

 

使いやすさNo.1!BINANCEの登録はこちら

FXなら絶対外せない!BitMEX (ビットメックス)

おすすめ評価​​☆☆☆☆☆
​使いやすさ​☆☆☆☆☆
​手数料​-0.025%~0.075%
​取り扱い通貨数​8種類
​日本語対応​○

BitMEX(ビットメックス)は、2014年に香港でサービスを開始し、現在はセーシェル共和国に本社を置く海外の仮想通貨取引所です。取引所の中でも珍しくレバレッジ取引が人気の秘訣となっています。

ビットコインFXはもちろん、リップルなどのアルトコインFXも人気です。


BitMEXのメリットは、なんと言っても追証無しで最大100倍ものレバレッジ取引ができることです。

国内の取引所でレバレッジ取引を行う場合では、最大25倍なので、BitMEXの方が、大きな利益をあげられる可能性があります。

追証とは、追加証拠金のことで、レバレッジ取引を行う中で、資金が定められた基準よりも下回った場合に、追加で保証金を用意しなければなりません

しかし、BitMEXは追証がないので、証拠金以上の損失が発生しないことになります。これはレバレッジ取引を行う上で多いなメリットになります!

さらに、海外の取引所では非常に珍しいですが日本語に対応しています!そのため、日本人にとっても非常に使いやすい取引所です。


一方、デメリットとしては、現物取引を行っていないために、長期保有には適していないことがあげられます。

BitMEXの登録方法から使い方まで詳しく紹介している記事はこちら!

 

「そろそろFXにも慣れてきたし大きなレバレッジでFXをしてみたいけど、BitMEXってどんな取引所なんだろう?」そんな疑問をもっていまんか?たしかに海外の取引所であるBitMEXには不安をおぼえてしまいますよね。そんなあなたのためにBitMEXの特徴や注意点、具体的な使い方をまとめました!さらに後半ではBitMEXに慣れている人も意外と使いこなせていない上級操作も解説しているため取引の幅が広がること間違いなしです!これでもうBitMEXについて迷うことはありません。さっそくBitMEXをマスターしてしまいましょう!目次BitMEXの特徴BitMEXの注意点5分でできる!BitMEXのカンタン登録・口座開設方法 BitMEXの入金方法 BitMEXの取引画面・チャートの使い方BitMEXの出金方法 BitMEXの取り扱い通貨BitMEXの手数料【上級者向け】BitMEXを更に使いこなそう!BitMEXの使い方Q&A BitMEX使い方まとめBitMEXの特徴BitMEXのメリットレバレッジ倍率100倍は世界最大!追証がないため借金が発生しない!スマホアプリで取引できる!本人確認が不要!テストネットでトレードの練習ができる! 世界最大の100倍のレバレッジ取引が可能! 取引所最大レバレッジ倍率BitMEX100倍bitFlyer15倍DMMビットコイン5倍固定Zaif/AirFX7.7倍/25倍bitbank trade20倍GMOコイン10倍Quoinex25倍Poloniex2.5倍国内では金融庁の規制により最大でも25倍のレバレッジ取引しかできませんが、BitMEXは香港の取引所であるため金融庁の規制対象外であり100倍のレバレッジ取引をすることができます!レバレッジ倍率が低いと大きめの値動きをしてもあまり大きな利益をあげることはできませんが、レバレッジが100倍であれば小さな値動きでも大きな利益をあげることができます!(もちろん損失も大きくなる可能性はありますが..

 

30秒で登録完了?!BitMEXの登録はこちら

絶対的安心感なら!Bittrex (ビットレックス)

おすすめ評価​​☆☆☆☆☆
​使いやすさ​☆☆☆☆☆
​手数料​0.25%
​取り扱い通貨数​250種類以上
​日本語対応​×

Bittrex(ビットレックス)は2014年にアメリカで設立された仮想通貨の取引所です。技術者が設立した仮想通貨取引所として有名です。取引量も圧倒的に多いため、安心して取引できます。


メリットとしては、海外の取引所としては安全性が高いことと、取り扱い通貨の種類が非常に豊富であることの2点があげられます。

まず1点目、安全性に関しては、好きな額出金するためには何段階も本人確認のステップを踏む必要があったり、2段階認証を行う必要があったりするため、比較的安全性は確保されていると考えられます。

また、2点目の取り扱い通貨については、200種類以上も取り扱いがあるため、ポピュラーな通貨も上場して間もない通貨も漏れなく購入することができます

日本国内の取引所で20種類を超える仮想通貨を扱っている取引所はまだ存在していないので、たくさんの通貨を取引してチャンスを掴みたい方には非常に魅力的な条件になっています。


一方デメリットは、BINANCEの手数料を紹介したときに説明しましたが、海外取引所の取引手数料は0.2%程なので、手数料が0.25%かかるBittrexは割高である点があげられます。

Bittrexの登録方法について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

 

目次Bittrex(ビットトレックス)とは?Bittrexに登録!アカウント作成方法2段階認証の設定は必須!Bittrexに入金するには?Bittrexの売り方・買い方!Limitってなに?Bittrexから送金するには?Bittrexのトラブル・対処法Q&Aまとめ Bittrex(ビットトレックス)とは? 特徴 Bittrex(ビットトレックス)はアメリカに拠点を置く海外の仮想通貨取引所です。Bittrexそのものについての詳しい説明はBittrexの記事を参照してください!ここでは簡単にBittrexの特徴を3つ紹介します! ・特徴1:海外取引所 言語は英語、日本円入金はできません。普段日本の取引所を使い慣れている人にとっては最初のハードルかもしれません。 ・特徴2:取扱通貨数が世界一 日本円に対応しない代わりに、Bittrexは世界一の仮想通貨の取扱数を誇ります。その数なんと250以上。 ・特徴3:サポートの対応が速い Bittrexは問い合わせへの返信が比較的早めです。基本的に数時間〜遅くとも1日以内には返事が来ます。 Bittrexのことがなんとなく分かってきましたか?ではこの次にBittrexでアカウントを登録する方法を見てみましょう! Bittrexについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください! Bittrex(ビットレックス)とは?おすすめ海外取引所No1!Bittrex(ビットレックス)とはアメリカに本社がある仮想通貨取引所です。Bittrexの特徴は?強みは?取扱通貨数が世界一?絶対に知っておきたい情報、コインオタクが全部教えます!続きを読む Bittrexに登録!アカウント作成方法 公式サイトから登録しよう Bittrexのアカウントを作成しましょう!アカウント開設は一瞬です! ここからBittrexにアクセス! 【手順】 Bittrex公式サイトにアクセスし、右上の「LOGIN」を押す ↓ 出てくる画面のログインボタンの下の「Sign Up」を押す ↓ ・メールアドレス ・パスワード(最低8文字で英語の大文字小文字と数字がそれぞれ1つ以上必要) を入力、規約に同意のチェックを入れて「SIGN UP」を押す ↓ 人間であることの確認(画像を選ぶ) ↓ メールが届くので、URLを開く

 


圧倒的な通貨の種類を扱いたいなら!Bittrexの公式ページはこちら


国内取引所と海外取引所比較!何が違うの? 鍵はビットコイン!

一気におすすめの取引所を3つ紹介しました!

でも、​そもそも、国内の取引所と海外の取引所、何が違うのか気になりますよね。そこで、違いを表にまとめてみました。

​国内の取引所​海外の取引所
​取り扱い通貨数​少ない(多くて14種類)​多い(500種類以上のところもある)
​手数料アルトコインは割高ビットコインもアルトコインも割安
​安全性​高い​低い

取り扱い通貨は海外の取引所の方が圧倒的に多いですし、手数料もアルトコインを取引するのであれば非常に割安です。

ビットコイン以外にも多数の通貨を安く取引できるのが、国内取引所とは異なる、海外の取引所の特徴です!

一方で、安全性はやはり日本の取引所の方が高いです。

海外取引所のメリット・デメリット

【メリット1】仮想通貨の種類が圧倒的に多い 

​海外の取引所は国内の取引所よりも圧倒的に取り扱い通貨の種類が豊富です。

国内の取引所で20種類以上の仮想通貨を扱っている取引所はありませんが、海外の取引所では100種類以上取り扱っている取引所が多数存在しています。

アルトコインやこれから価格が上がる可能性のあるマイナーな通貨を手に入れることもできるので、将来的に大きなリターンに期待できると言えます。

圧倒的なラインナップ!COINEXCHANGEの公式HPはこちら!

【メリット2】手数料が安い

​海外の取引所では、アルトコインが安い取引手数料で取引できます

国内の取引所は取引手数料無料と宣伝しているところが多いですが、それはビットコインに限ることが多く、アルトコインには手数料がかかっています。

海外の取引所はアルトコインもビットコイン同様に手数料が低く設定されていることが多いため、お得に取引ができます。

手数料が半分に?!BINANCEの登録はこちら!

【デメリット1】日本人には少し不便

​はっきり言って、海外の取引所を使う場合、日本人には不便であることが多いです。

なぜなら、日本円で送金することがほとんどの取引所ではできませんし、日本語に対応している取引所は非常に少ないからです。

ですが、日本語に対応している海外の取引所も存在していますので、日本語でないと厳しい!という方は、日本語に対応している取引所を選んでみてください。

日本語にも対応!BitMEXの登録はこちら!


【デメリット2】セキュリティに問題がある 

​海外の取引所は、本人確認無しで登録ができてしまうところが多いです。

簡単に口座を作ることができるのはメリットですが、一人で複数の口座を作ることも可能になってしまいます。

複数の口座へ不正に得たお金を移動させ資金の出所をわからなくさせる​マネーロンダリングが行われる危険があります

セキュリティ面も安心!Bitrrexの公式HPはこちら!

​海外取引所を選ぶ時の重要な5つのポイント 

海外の取引所を選ぶ時に重要な5つのポイントをまとめています。特に気になる海外の取引所があれば、これらの条件をしっかり満たしているか、確認してみましょう。

海外の取引所を選ぶ時の注目ポイント

  • 取り扱われている通貨の種類
  • 取引量の多さ
  • 安全性の高さ
  • 手数料の安さ
  • 日本語での対応

ここまで読めば、海外の取引所を選ぶポイントや注意点は頭に入ったかと思います!

そこでここからは、コインオタクが厳選した海外の取引所のうち、まだ紹介していない残りの16この取引所を紹介します!


取引量で選ぶなら!海外取引所4選

OKEx (オーケーイーエックス)

おすすめ評価​​☆☆☆☆
​使いやすさ​☆☆☆☆
​手数料​0.2%
​取り扱い通貨数​300種類以上
​日本語対応​×

OKEx(オーケーイーエックス)2014年に設立された、中国三大仮想通貨取引所の1つと名高い世界最大級の取引所です。現在は所在地がマルタ島になっています。


メリットとしては、取引量が多いことと、日本のbitbankTradeと提携していることの2点があげられます。

1点目の取引量は世界の取引所の中でもトップ10に入るほどの​規模です。

2点目のbitbankTradeとの提携については、bitbankで仮想通貨FXを行うと、OKExのシステムを利用するような形になります。

国内の取引所と提携していると考えると、他の海外取引所に比べてかなり安心感がありますね


デメリットとしては、中国政府の対応によっては閉鎖のリスクが考えられることです。

中国政府は仮想通貨の取引に対して、厳しい措置を採っており、2017年10月には仮想通貨を中国本土で取引することを禁じました。

これからも規制が強まっていくリスクがあることが不安な要素としてあげられます。

国内取引所にはない魅力満載!OKExの公式HPはこちら

会わせて登録!bitTradeの登録はこちら!

Huobi (フオビ)

おすすめ評価​​☆☆☆☆
​使いやすさ​☆☆☆
​手数料​0.2%
​取り扱い通貨数​250種類以上
​日本語対応​○

​Huobi(フオビ)は2013年に中国を拠点に設立された、中国三大仮想通貨取引所の1つです。

こちらの取引所も圧倒的な取引量を誇っており、ユーザーも世界で数百万人いると考えられています。シンガポールやアメリカにもオフィスがあり、グローバルに展開しています

上場する通貨を投票で決めるという面白いサービスもあります。

Huobiのメリットは、大手の取引所であり、かつ取り扱っている仮想通貨の種類も豊富であることです。

デメリットとしては、2018年6月末に日本国居住者に対する仮想通貨交換サービスの停止を発表している点があげられます。

ということはもうHuobiを使って仮想通貨を取引することはできないのか、と思われるかもしれません。

ですが、Huobiは日本の法律に遵守した体制を整えるために一時的にサービスを停止するだけで、詳しい日時は決まっていませんがまたサービスを再開させる予定ですので、ご安心ください!

中国三大取引所と名高いHuobiの公式HPはこちら!

BITFINEX (ビットフィネックス)

おすすめ評価​​☆☆☆☆
​使いやすさ​☆☆☆
​手数料0~​0.2%
​取り扱い通貨数​70種類以上
​日本語対応​×

​BITFINEX(ビットフィネックス)2012年に香港で設立された仮想通貨取引所です。

メリットとしては過去にハッキング被害にあったことを活かして、セキュリティの強化に力を入れている点があげられます。

出金先の変更を行うと、5日感ロックされたり、出金の際には秘密の質問の設定が必要であったりと様々な工夫がなされています。

他の取引所に比べて特段劣る点はBTFINEXにはないので、安全性が高い取引所で堅実に取引を行いたい方にはピッタリの取引所でしょう。

一方デメリットとしては、OKExとも少し似ていますが、中国で規制がかかると取引に制限が出てしまう危険性があります

堅実に取引したい方に最適!BITFINEXの公式HPはこちら!

Poloniex (ポロニエックス)

おすすめ評価​​☆☆☆☆
​使いやすさ​☆☆☆
​手数料​0~0.25%
​取り扱い通貨数​約100種類
​日本語対応​×

Poloniex(ポロニエックス)は2014年にアメリカで設立された大手の仮想通貨取引所です。こちらの取引所も安定した取引量で人気を誇っています。

Poloniexのメリットは、過去の取引額に応じて手数料が安くなっていくことです!過去1ヶ月の取引量の平均に基づいて利用者ごとに取引手数料が決められます。

たくさんの取引を行う方には非常にお得な取引所です。

一方Poloniexのデメリットとしては日本円での入出金ができないことがあげられます。日本人としては少し使いにくいですね。

Poloniexについてさらに詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

 

目次Poloniex(ポロニエックス)とはPoloniexの登録方法2段階認証を設定しようPoloniexに入金するPoloniexで取引する。売り方・買い方を解説!Poloniexから送金するPoloniexの注意点Q&Aまとめ Poloniex(ポロニエックス)とは 特徴 Poloniexはアメリカに本社を置く海外仮想通貨取引所です。ここでは会社そのものについてのあまり詳しい説明はしませんが、知っておきたいPoloniexの特徴を3つまとめておきます! ・特徴1:海外取引所 海外取引所なので、日本円で入金できません!そして言語は英語です。 ・特徴2:手数料が安い 日本の取引所に比べるとアルトコインの取引手数料が安いです。国内取引所だと普通2〜3%の手数料がかかりますが、PoloniexだとMaker:0.15%, Taker:0.25%の手数料で取引ができます! ・特徴3:取扱通貨が豊富 Poloniexはおよそ70種類の通貨を扱っています。国内だとコインチェックでも10数種類しか扱っていません。 Poloniexの基本的な特徴を知ったところで、Poloniexの登録方法を見ていきましょう! <コインオタクのオススメ関連記事> Poloniex(ポロニエックス)とは?ログインから、入金出金まで使い方を徹底解説!ポロニエックスは、グローバルで使われている世界最大級の仮想通貨取引所の1つで、日本でも上級者がよく使っていると言われています。そんなポロニエックスの概要や、メリットデメリット、使い方などについてまとめました。続きを読む Poloniexの登録方法 HPからアカウント作成 早速、アカウントを作成していきましょう。 【手順】 Poloniex公式サイトにアクセスし、真ん中にある「Create Your Account」というボタンを押す ↓ 「CREATE YOUR ACCOUNT」というページが出る 自分の住んでいる国、メールアドレス、パスワードの設定を求められるので、入力し、下の「Register」を押す ↓ メールが届くので、添付のリンクにアクセス 必要事項入力 アカウントで取引ができるようにするために、本人確認を行います。パスポートなどの身分証明書が必要です。

 


Poloniex(ポロニエックス)の公式HPはこちら!

種類が圧倒的!海外取引所3選 

COINEXCHANGE (コインエクスチェンジ)

おすすめ評価​​☆☆☆
​使いやすさ​☆☆☆
​手数料​0.15%
​取り扱い通貨数約​500種類
​日本語対応​×

COINEXCHANGE(コインエクスチェンジ)2016年に設立された仮想通貨取引所です。資本金や代表者は不明です。

メリットとしては圧倒的に豊富な種類の取り扱い通貨があげられます。

草コインが山のように眠っているので、まだ価格の上がりきっていない仮想通貨を見つけてチャンスを掴みたい方には魅力的な取引所だと考えられます。

一方、デメリットとしては安全性にはやや不安がある点があげられます。

草コインで一攫千金を狙うなら!COINEXCHANGEの公式HPはこちら

CRYPTOPIA (クリプトピア)

おすすめ評価​​☆☆☆
​使いやすさ​☆☆☆
​手数料​0.2%
​取り扱い通貨数​500種類以上
​日本語対応​×

CRYPTOPIA(クリプトピア)2014年にニュージーランドで設立された仮想通貨取引所です。

こちらも圧倒的に仮想通貨の種類が多く、ここでしか買えない通貨も多数存在しています。

メリットはやはり取り扱っている仮想通貨が多いために、これから価値が伸びるかもしれない通貨を購入することができることです。

一方デメリットはメリットの裏返しにもなりますが、取り扱っている通貨の中には、一生価値が上がることのない通貨も多く混ざっていると考えられます。

SCAMと呼ばれている詐欺も多いので注意が必要です。

圧倒的な種類を誇るCRYPTOPIAの公式HPはこちら!

Yobit (ヨービット)

おすすめ評価​​☆☆
​使いやすさ​☆☆
​手数料​0.2%
​取り扱い通貨数​約500種類
​日本語対応​×

YoBit(ヨービット)2014年に設立された仮想通貨取引所です。代表者や運営会社は不明で、サーバーはサンフランシスコにありますがアドレスはロシアなので、信頼して取引するにはかなり情報が少なく不安を抱くのではないかと考えられます。

メリットはもちろんこれから価格の上がる可能性がある仮想通貨を多数取り扱っていることがあげられます。それに加えて、YoBitには他にはない面白い機能があります。

それがDiseと呼ばれるギャンブルの機能です。

コンピュータが発生させる乱数が48より小さいか、それとも52よりも大きいのかを予想して、自分が予想した方に通貨をかけるというシンプルなゲームです。

ギャンブルに勝てば掛け金の2倍がもらえますし、負ければ掛け金を失います。ギャンブル好きにはたまらない機能ですね!


一方デメリットとしては、運営会社も不明であり、取引所内の通貨取り扱い方法も不明なので、安全性においてはやや不安な一面がある点が上げられます。

ギャンブルが好きで、さらに一攫千金を狙いたい!という方には適した取引所になっています。

ギャンブル好きの方必見!YoBitの公式HPはこちら!

手数料が安い!海外取引所3選 

BitMart(ビットマート)

おすすめ評価​​☆☆☆☆☆
​使いやすさ​☆☆☆☆
​手数料​0.05%
​取り扱い通貨数​約30種類
​日本語対応​○

BitMart(ビットマート)2018年に設立されたばかりの取引所で、現在はケイマン諸島に拠点を置いている仮想通貨取引所です。

2018年にできたばかりならまだまだ規模も小さいのだろう…などと侮ってはいけません。取引を開始してからまだ間もないですが、取引量は世界の取引所の中でも30位に入るほど人気の取引所です。

メリットは3点あります。

まず1つ目のメリットは日本語対応していることです。万が一トラブルが起きたときに、母国語以外で対応するのは意外と大変ですので、日本語での対応が可能となると非常に安心できます。

2つ目のメリットは、圧倒的な手数料の安さです。手数料は一律0.05%で、海外の取引所の手数料平均が0.2%であることを考えると、かなりお得な取引所だとわかります。

公式のTwitterで名前に「手数料0.05%」と入っているほど、大きなアピールポイントです。​

最後に3点目は、「ミッションX」と呼ばれる自分の好きな仮想通貨に投資して、上場させることができる仕組みがあることです。

もしも将来価格が上がるような通貨を上場させることに成功すれば、長期間取引手数料を受け取ることも可能で、かなり魅力的だとわかります。


デメリットとしては、海外の取引所である割には、取り扱っている仮想通貨の種類が少ないことがあげられます。

しかし、まだまだ設立してから日の浅い取引所ですので、これから取り扱い通貨を増やす可能性は十分に考えられます!

手数料の安さは圧倒的!BitMartの日本公式HPはこちら


CoinEx(コインイーエックス)

おすすめ評価​​☆☆☆☆
​使いやすさ​☆☆☆☆☆
​手数料​0.1%
​取り扱い通貨数​50種類以上
​日本語対応​○
CoinEx(コインイーエックス)は2017年12月に中国で設立された仮想通貨取引所です。非常に新しい取引所になっています。
世界初のBCH(ビットコインキャッシュ)を基軸とした取引所で、世界中のBCH保有者から支持されています。

​メリットとしては手数料がかなり割安であることと、日本語に対応していることの2点があげられます。

1点目の手数料については、取引手数料が0.1%となっているので海外取引所の平均0.2%と比すると非常に安いことがわかります。

2点目の日本語に対応していることは、取引を行う上でも、万が一の際のサポートを受けるためにも非常に重要なポイントになってきます。

日本語に対応している海外の取引所を一目で知りたい!という方は、比較表をご覧ください。


デメリットとしては、海外の取引所である割には、取り扱っている仮想通貨の種類が少ないこと​とサーバーが少し不安定であることの2点があげられます。

1点目については、上記のBitMart同様、最近設立されたばかりの取引所であることが原因の1つとなっているので、これから種類が増えていくことに期待できます

2点目については、過去に何度かサーバーがダウンしてしまったことがあるので大手の取引所に比べると少々劣っていますが、これから少しずつ強化されていく見込みです。

手数料で得したいなら!CoinExの公式HPはこちら!

Bibox (ビボックス)

おすすめ評価​​☆☆☆
​使いやすさ​☆☆
​手数料​0.05%~0.1%
​取り扱い通貨数​70種類以上
​日本語対応​×

Bibox(ビボックス)は2017年11月に中国で設立された仮想通貨取引所です。この取引所はOKCoinの共同設立者Huobiの創業メンバーの中でも中心的なメンバーが関わっているため話題となりました。

メリットとしては取引手数料が圧倒的に安いこと安全性が比較的高いことがあげられます。

1点目の手数料に関してはBiboxの独自通貨であるビボックストークンを使えば、手数料は最大で50%割引されます。BINANCEと非常に似た仕組みです。

2点目の安全性については、2段階認証を導入していることや、コールドウォレットで管理を行っていることが根拠としてあげられます。

コールドウォレットとは、簡単に言うと、オフラインで仮想通貨を管理する仕組みです。コールドウォレットで管理を行えば、ハッキングのリスクを回避することができるので、非常にセキュリティの高い保管方法です。

コールドウォレットについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

「仮想通貨関連の事件が絶えないけどどうしたら仮想通貨を安全に管理できるのだろう、、。」そんなあなたにはコールドウォレットがオススメです!この記事を読めば安全に仮想通貨を管理できるコールドウォレットについてすぐにわかります!写真や動画とともに具体的なコールドウォレットも紹介しているので手にせずともイメージが浮かぶでしょう!コールドウォレットが何なのかからはじまり、作り方や使い方、オススメのウォレットまでもを解説します。これであなたも話題のコールドウォレットを丸わかり!セキュリティ性能を大きくあげましょう!1番のおすすめ!Ledger Nano S購入はこちらから!目次コールドウォレットとはコールドウォレットの特徴コインオタクの選ぶおすすめハードウェアウォレット3選コールドウォレット(ペーパーウォレット)の作り方コールドウォレットについてのQ&Aコールドウォレットまとめ コールドウォレットとは コールドウォレットとは、秘密鍵をオフラインで管理するタイプの仮想通貨ウォレットのことです。インターネットに繋がれたデバイスは、ハッキングのリスクが常に付きまとうので、アプリウォレットなどと比べると格段にセキュリティの高まった仮想通貨の保管方法だと言えます。※2018年1月26日17時30分現在、コインチェックではNEMの入金、出金、売買ができない状態になっています。この原因として、コインチェックがハッキングされたのでは?という噂が広がっています。この真偽は別として、取引所単位でも個人単位でも、仮想通貨はハッキングにより盗まれてしまう可能性は常にあります。コールドウォレットのような、安全性の高いウォレットになるべく保管しましょう。また、コインチェックのハッキング騒動や今後、自分で出来る対策について興味のある人は以下の記事を読んでみてください! コインチェックが580億円の仮想通貨ハッキング被害。あなたのお金を守る2つの対策法コインチェックがハッキング被害にあったらしいけど仮想通貨はもうおしまい!?まったくそんなことはありません!事件の内容と対応策を勉強してしっかりと自分の頭で今回の事件を理解しましょう。チャートに与えた影響も要チェック!続きを読む コールドウォレットの特徴 bitFlyerやコインチェックなど、多くの取引所も採用する安全性の高さ

 デメリットとしては、主要な仮想通貨の取引量はまだまだ大手の取引所に劣っている点があげられます。この点は、これからBiboxで取引する人が増えると改善されていく点ではあります。

お得に安全に取引したい方必見!Biboxの公式HPはこちら!

独自トークンが魅力!海外取引所3選 

Fcoin (エフコイン)

おすすめ評価​​☆☆☆☆
​使いやすさ​☆☆☆
​手数料​0.1%
​取り扱い通貨数​8種類
​日本語対応​×

Fcoin(エフコイン)はなんと​2018年5月に設立された、本当にできて間もない取引所です。

現在はまだβ版と呼ばれる試用期間バージョンであるにも関わらず話題となっています。それは、この取引所を設立したのが、Huobiの元CTOだからです。

技術面や話題性が抜群であったため、β版であるにも関わらず​注目を集めました。

また、取引所運営体制の透明性が非常に高いことも人気の秘訣です。毎日取引所の利益を公開しています。

メリットとしてはFcoinが独自で発行している「FTトークン」の存在があげられます。

このトークン所有者には取引所利益の80%が分配されるということで非常に注目を集めています。

実際上場してから数倍以上値上がりしており、取引所の独自トークン自体が大きなリターンが見込まれるとして期待が高まっています。

デメリットとしては、取り扱い通貨が非常に少ないことがあげられます。設立されてから間もないので仕方ありませんが、たくさんの仮想通貨を取引したい方にとっては物足りないかもしれません。

配当が受け取れる?!Fcoinの公式HPはこちら!

BitForex(ビットフォレックス)

おすすめ評価​​☆☆☆
​使いやすさ​☆☆☆
​手数料​0.1%~
​取り扱い通貨数​60種類以上
​日本語対応​×
BitForex(ビットフォレックス)は、2015年に設立された、シンガポールに拠点を置く取引所です。
世界で約90カ国ほどにユーザーを抱えており、非常にグローバルに事業を展開しています。世界取引所ランキングでもトップ10に入るほど人気があります。

​メリットとしては、BFトークンと呼ばれるBitForexが発行している独自のトークンがあげられます。BFトークンは100億枚発行されており、1枚当り約3円です。

Fcoinで発行しているFTトークンが上場してから大きく値上がりしたことを受け、今後BFトークンも値上がりするのではないかと非常に期待が高まっています。


デメリットとしては、特に大きな特徴はありませんが、日本語対応しておらず、英語と中国語のみの対応なので、日本人にとって使い勝手はあまりよくないかもしれません。

独自トークンに期待!BitForexの公式HPはこちら!

Kucoin (クーコイン)

おすすめ評価​​☆☆☆☆
​使いやすさ​☆☆☆
​手数料​0.09%~0.1%
​取り扱い通貨数​130種類以上
​日本語対応​×
Kucoin(クーコイン)は2017年11月に香港を拠点に設立された仮想通貨取引所です。

​メリットはKCSトークンというKucoinが独自に発行しているトークンの存在です。KCSトークンを持っているユーザーは取引所の利益を最大50%分配してもらえます。

またそれに加えて手数料が非常に安いことも大きなメリットです!

デメリットそは少し違いますが、2018年6月末に、Kucoinは日本におけるサービスの停止を発表しました。

金融庁は海外の仮想通貨取引所に対して、無登録で日本人向けに営業を行うことを認めていません。「仮想通貨交換事業者登録」という金融庁の定める登録を行う必要があるのです。

元々Kucoinは無登録で日本語対応も行っていたため、日本人にとっては使いやすい取引所だったのですが、規制が強まっている日本においてはサービスを停止する他なかったようです。

ですので、新たに口座を開設しようとしている方も、現在Kucoinで口座を開設することはできないので気をつけましょう。

​仮想通貨に関する法律について知っておきたい!という方は、是非こちらの記事をご覧ください!

 

「仮想通貨法って結局何がいいたいんだ・・・?」と、お悩みではありませんか?どんな形であれ、仮想通貨を扱っていて不安になるのが、「法律」の問題ですよね。刑事罰の対象でもあることから、「知らなかった」では済まされません!見て見ぬ振りをするのではなく、知っておく必要があるのですが、条文は難解な法律用語だらけ・・・。そこで!今回は国内の仮想通貨に関する法律、いわゆる「仮想通貨法」をコインオタクが分かりやすく解説します!​金融庁の仮想通貨・取引所に対する認識や、海外との比較、気になるQ&Aまで、難解な言葉を噛み砕いて説明しているので、これを読んで仮想通貨法を理解しておきましょう!目次​仮想通貨法とは?​金融庁による「仮想通貨」の定義​「仮想通貨交換業」について​仮想通貨法の海外との比較​仮想通貨法についての気になるQ&A​まとめ​仮想通貨法とは?​​仮想通貨の市場の急激な拡大に伴って、日本政府は急いで法規制を進めています。これからの市場の分析や、仮想通貨そのものの未来を考えるためにも、現実的な法律の内容を知っておくことは欠かせません。ここでは、そのわかりにくい仮想通貨の法律について簡単に説明します!​「仮想通貨法」とは​厳密には、日本の法律の中に「仮想通貨法」というものはありません。なので、いわゆる「仮想通貨法」とは、​仮想通貨に関する国内の法律の総称「改正資金決済法 第3章の2 仮想通貨」の内容のどちらかのことを指しています。①については、金融庁が公開している、こちらのページ(金融庁公式)で、随時確認することができます。①の中でも特に、2017年

 


他にない特徴に惹かれるなら!海外取引所3選 

CryptoGT (クリプトジーティー)

おすすめ評価​​☆☆☆☆
​使いやすさ​☆☆☆☆
​手数料​レバレッジ手数料・スプレッド
​取り扱い通貨数​7種類
​日本語対応​○
CryptoGT(クリプトジーティー)2018年にキプロス島に本社を置いて設立された非常に新しい仮想通貨の取引所です。

​CryptoGTの最大の特徴であり、メリットである点は、ビットコインもアルトコインもどちらも最大200倍のレバレッジをかけて取引できることです!

国内の取引所では25倍最大ですし、レバレッジ取引で最近有名なBitMEXでさえも100倍なので、海外の取引所の中でもずば抜けていることがわかります。

さらに、追証がないため、資産がマイナスになることもありません。安心してレバレッジ取引ができるのが大きなメリットです。

さらに、日本語での対応が行われていることも魅力の1つです。

デメリットとしてはビットコインのスプレッドが広めであることがあげられます。

レバレッジ最大200倍?!CryptoGTの登録はこちら!

Liqui (リクイ)

おすすめ評価​​☆☆☆
​使いやすさ​☆☆
​手数料​0.1%~0.25%
​取り扱い通貨数​60種類以上
​日本語対応​×
Liqui(リクイ)は2016年に設立された、ウクライナのキエフに拠点を置く仮想通貨の取引所です。
ETH(イーサリアム)がベースで取引が行われています。ちなみにBTC(ビットコイン)やUSTD(テザー)も基軸通貨として使用できます。
マイナーな通貨も3種類の通貨を基軸に取引を行うことができるのが大きな特徴です。

​メリットはICO後のコインをすぐに取り扱い可能にできることです。マイナーなICO通貨もLiquiなら手に入ります。参加したかったけれど参加を逃してしまったICO通貨を購入したい時にLiquiの口座を開設していると便利です。

一方、デメリットとしては、日本語に対応していないことと、ICOはリスクが高いことの2点があげられます。

1点目の日本語に対応していないことで、万が一トラブルが起きたときに、母国語以外で対応することになるので一刻を争う状況で苦労することになってしまいます。

2点目は、メリットとしてICOが行われたばかりの通貨が上場できることの裏返しで、厳格な審査を通していないからこそ速いので、後々取引停止になってしまうリスクも考慮しなくてはなりません。

それでも、ICO直後の通過を取引できるのは、日本の取引所ではなかなかできないことなのでとても魅力的ですね。

ICO直後の通貨を狙うなら!Liquiの公式HPはこちら!

Changelly (チェンジリー)

おすすめ評価​​☆☆
​使いやすさ​☆☆
​手数料​0~1%
​取り扱い通貨数​60種類以上
​日本語対応​○

Changelly (チェンジリー)は2013年にチェコのプラハに拠点を置いて設立された仮想通貨の取引所です。


メリットは他の取引所とは圧倒的に異なるポイントで、「仮想通貨同士を交換させる両替所」である点です。

仮想通貨の取引所というのは、基本的にはBTC(ビットコイン)などの基軸通貨を挟んで通貨の交換を行います。アルトコイン同士を交換する際には、一度基軸通貨に変更しなければならないのが一般的です。

しかしChangellyはアルトコイン同士を直接交換することができるため、手間が省けます。これがChangellyならではの大きなメリットです。


一方、デメリットとしては、手数料が割高になっていることがあげられます。手間が省けている分、手数料は高めに設定されています。

それでも、アルトコイン同士を交換したい!という方には、Changellyがおすすめです。

手間を省きたいなら!Changellyの登録はこちら!

一目でわかる!海外の取引所を完全比較

​ここまで海外の取引所を19こ紹介してきました!それぞれの特徴を比較できるように、表にまとめたので、参考にしてみてください。

​取引所名​取引量手数料​取り扱い通貨数​​日本語対応
​BINANCE​​☆☆☆☆☆​​0.05%~0.1%​​140種類以上​​×
​BitMEX​​​☆☆☆☆☆​​​-0.025%~0.075%​​8種類​〇
​​Bittrex​​☆☆☆☆☆​​0.25%250種類以上​×
​OKEx​​☆☆☆☆☆​​0.2%​300種類以上​​×
​Huobi​​☆☆☆☆☆​​0.2%​250種類以上​​〇
​BITFINEX​​☆☆☆☆☆​​​​0~0.2%​​​70種類以上​×
​Poloniex​​☆☆☆☆​​0~0.25%​​​約100種類​​×​
​COINEXCHANGE​☆☆0.15%約​​500種類​​×​
​CRYPTOPIA​​☆☆​​0.2%​​500種類以上​​​​×​
​Yobit​☆​☆☆​0.2%​​約500種類​​×​
​BitMart​​☆☆​​0.05%​約30種類​〇
​CoinEx​☆☆​☆☆☆​​0.1%​50種類以上​​〇
​Bibox​☆☆​☆☆​​​0.05%~0.1%​​70種類以上​​​×​
​Fcoin​☆☆​☆☆​​0.1%​8種類​​×​
​BitForex​​☆☆​☆☆​☆​0.1%~​​60種類以上​​​×​
​Kucoin​☆☆​​​0.09%~0.1%​​130種類以上​​×​
​CryptoGT​​☆​レバレッジ手数料
スプレッド
​7種類​〇
​Liqui​☆☆​​​0.1%~0.25%​​​60種類以上​​​×
​Changelly​☆​0~1%​​60種類以上​​〇


まとめ​

​いかがでしたか?おすすめの海外の取引所19選を一覧と比較表を使って紹介しました!

手数料が最も低いところがいいのか、それとも取り扱っている種類が豊富なところがいいのか自分が一番重要視している要素は何かじっくり考えてみましょう

そしてこの記事の表を使ってあなたのお気に入りの取引所を見つけてくださいね!

それでも迷ったらBINANCEを選びましょう!海外の取引所を選ぶ時のポイントは全て押さえている取引所です!

BINANCEの登録はこちら