海外の取引所に手を出してみたいけど、どこが良いのかわからない...

あなたは今、こう考えてはいませんか?

たしかに世界に100種類以上あると言われている取引所を自分で比較するのは難しいですよね...。

そこで今回はコインオタクがみなさんに代わって、海外の取引所を調査し、おすすめの海外の取引所を紹介します

取引所を選ぶ上で気になるポイントを徹底調査し、まとめてあるので、これさえ読めば、あなたも海外の取引所を活用できます!

さっそくおすすめの海外取引所をチェックする!


海外の取引所を口座開設しておくべき理由

国内で買えない仮想通貨が手に入る!

現在世界には1500種類以上の仮想通貨が存在しますが、国内で購入できるのはそのうちのわずか10種類程度です。国内で取り扱われるのは安全性の高い超有名通貨ばかりであり、草コインのような大幅な価格の上昇の可能性は低いです。

海外取引所を利用すれば、まだ多くの人が目につけていない仮想通貨を購入することができます。そのため仮想通貨で得するチャンスが大きく増えると言えます!


コインオタクがおすすめする草コインはこちらで紹介しています。

草コインに手を出してみたいけどなかなか踏ん切りをつけられずにいませんか?価格が10万倍以上になることもある草コインに挑戦すれば一攫千金できるかも!この記事では草コインの選び方・草コインの購入手順・おすすめの草コインランキングを紹介します。

 

手数料が安い

ビットコインなど一部通貨を除き、アルトコインの多くは国内では手数料の高い「販売所形式」で販売されています。

海外取引所ではアルトコインも「取引所形式」で取り扱われているため、安く仮想通貨を購入することができます


販売所と取引所の違いについてはこちらをご覧ください。

ビットコインて最近聞くようになってきたけど全然わからない、、、まず「取引所」「販売所」ってなんだ??そんなアナタに!今回の記事ではその違いを初心者目線で徹底解説!

 

メールアドレスだけで登録できる場合も多い

国内の取引所は法規制により、すべて本人確認書類の提出が必要です。そのため口座開設まで数日かかってしまう上、未成年は保護者の同意書が必要になります。

海外では仮想通貨の整備が進んでない国も多く、中にはメールアドレスの登録だけで取引を開始できる取引所もあります。そのため誰でも1分程度で口座開設ができるのです。

登録料や維持費はどこも無料なので、登録だけであればほぼノーリスクで行えるのです!


安全性には注意が必要

海外取引所は機能性に優れている反面、運営母体が不明であったり安全性に不安が残るケースも少なくありません。

知らぬ間に犯罪や詐欺に巻き込まれる危険があるので、海外取引所は特に信頼性を重視する必要があります


この記事で紹介する海外取引所はどれも信頼性の高い取引所ばかりですが、いまから紹介する、

  • BitMEX(ビットメックス)
  • Binance(バイナンス)
  • Bittrex(ビットレックス)

は特に信頼性が高く人気の取引所です。


また日本円での入金はできないため、あらかじめ国内取引所からビットコインを送金しておく必要があります。

ビットコインの送金にはGMOコインがおすすめです。通常ビットコインの送金手数料(1000円程度)は自己負担ですが、GMOコインでは取引所が全額負担してくれます

GMOコインのバナー

 

GMOコインに登録・口座開設をしようと思ってるそこのあなた!!登録・口座開設に必要な条件、ものがわからず困っていませんか?ここでまとめています!さらには詳しい登録手順、オトクなキャンペーン情報まで!

 

GMOコイン公式サイトへ


おすすめの海外取引所3選

それでは早速、コインオタクが選ぶ海外の取引所の中でも特におすすめの3つを紹介します!

これさえ登録しておけば大丈夫!おすすめ海外取引所3選

  • BitMEX・・・FX取引高世界一の超人気取引所
  • Binance・・・手数料の安さトップクラス
  • Bittrex・・・安全性が高く取り扱い通貨が豊富

 

BitMEX (ビットメックス)

おすすめ評価☆☆☆☆☆
使いやすさ☆☆☆☆☆
手数料-0.025%~0.075%
取り扱い通貨数8種類
日本語対応

BitMEX(ビットメックス)は、FX取引高世界一を誇るレバレッジ取引に特化した取引所です。

ビットコインFXはもちろん、リップルなどのアルトコインFXも人気です。


BitMEXのメリット

BitMEXのメリットは、なんと言っても最大100倍ものレバレッジ取引ができることです。

国内の取引所でレバレッジ取引を行う場合では、最大25倍なので、BitMEXの方が、大きな利益をあげられる可能性があります。

さらに追証がないので借金が発生しない上に、完全日本語対応であり、超人気の取引所です!


BitMEXのデメリット

一方、デメリットとしては、現物取引を行っていないために、長期保有には適していないことがあげられます。


BitMEXはメールアドレスだけで登録できるため、30秒で無料口座開設ができます。

30秒で登録完了!BitMEXの登録はこちら

BitMEX(ビットメックス)は、香港に拠点を置く仮想通貨取引所です。目玉のレバレッジはなんと最高100倍!しかも日本語対応!そんなBitMEXについて、登録方法から使い方、そして取引の方法まで、コインオタクが全部解説します!

 

Binance(バイナンス)

おすすめ評価☆☆☆☆☆
使いやすさ☆☆☆☆☆
手数料0.05%~0.1%
取り扱い通貨数140種類以上
日本語対応×

Binance(バイナンス)は設立からわずか半年で登録者の数が600万人を超えるほど人気の取引所です!

世界トップクラスの取引量を誇っており、海外の取引所を敬遠しがちな日本人でも多く利用しています。


Binanceのメリット

海外の取引所では手数料の平均が0.2%程なのに対し、Binanceでは0.05%~0.1%と、海外取引所の中でもトップクラスに手数料が安いです。

さらに、取引所が発行しているBNBトークンを使うと、ただでさえ低い手数料をさらに半額に抑えることが可能です!

 Binanceの手数料についてはこちらをご覧ください。

今人気急上昇中の取引所Binance。その魅力の一つに「手数料が他の取引所に比べて圧倒的に安い!」というものがありますが、実際にどれほど違うのかを比較してみました!Binanceでの取引を考えている方はぜひご一読ください!


Binanceのデメリット

デメリットとしては、日本語対応ができなくなったことがあげられるでしょう。

以前までは日本語での対応も行っていましたが、金融庁から警告を受けたため、今では対応が行われていません。

使いやすさNo.1!BINANCEの登録はこちら

バイナンス(Binance)は初めて海外取引所を使うという人に最も適した取引所です。手数料が安く取扱通貨数が100を超える豊富さで、さらに本人認証なしで本格的に取引をできるからです。そんなバイナンスをコインオタクが詳しく解説!

 

Bittrex (ビットレックス)

おすすめ評価☆☆☆☆☆
使いやすさ☆☆☆☆☆
手数料0.25%
取り扱い通貨数250種類以上
日本語対応×

Bittrex(ビットレックス)は2014年にアメリカで設立された仮想通貨の取引所です。取引量が圧倒的に多いため、安心して取引できます。


Bittrexのメリット

Bittrexは200種類以上も取り扱いがあるため、ポピュラーな通貨も上場して間もない通貨も漏れなく購入することができます

日本国内の取引所で20種類を超える仮想通貨を扱っている取引所はまだ存在していないので、たくさんの通貨を取引してチャンスを掴みたい方には非常に魅力的な条件になっています。


Bittrexのデメリット

一方デメリットは、海外取引所の取引手数料は0.2%程なので、手数料が0.25%かかるBittrexは手数料が割高である点があげられます。

圧倒的な通貨の種類を扱いたいなら!Bittrexの公式ページはこちら

 

Bittrex(ビットレックス)とはアメリカに本社がある仮想通貨取引所です。Bittrexの特徴は?強みは?取扱通貨数が世界一?絶対に知っておきたい情報、コインオタクが全部教えます!

 


手数料を安く抑えたい人におすすめの海外取引所3選 

BitMart(ビットマート)

おすすめ評価☆☆☆☆☆
使いやすさ☆☆☆☆
手数料0.05%
取り扱い通貨数約30種類
日本語対応

BitMart(ビットマート)は2018年にできたばかりの新鋭取引所ですが、すでに取引量が世界30位に入るほど人気の取引所です。


BitMartのメリット

BitMartは手数料が一律0.05%と群を抜いて安いお得な取引所です。

また日本語にも対応している上、ユーザーが好きな仮想通貨に投資して上場させることができる特殊な仕組みを導入しています。もし通貨の上場に成功すると無期限で手数料をもらい続けることができます


BitMartのデメリット

デメリットとしては、海外の取引所である割には、取り扱っている仮想通貨の種類が少ないことがあげられます。

 

いまなら新規登録で20BMXもらえる!

手数料の安さは圧倒的!BitMartの日本公式HPはこちら

CoinEx(コインイーエックス)

おすすめ評価☆☆☆☆
使いやすさ☆☆☆☆☆
手数料0.1%
取り扱い通貨数50種類以上
日本語対応
CoinEx(コインイーエックス)は世界初のBCH(ビットコインキャッシュ)を基軸とした取引所として知られています。

CoinExのメリット

CoinExの取引手数料は0.1%と平均の半分ほどの安さになっています。

また日本語にも対応しているので使い勝手が良いです。


CoinExのデメリット

過去に何度かサーバーがダウンしてしまったことがあるので大手の取引所に比べると少々サーバーが弱いようです。

 

手数料で得したいなら!CoinExの公式HPはこちら!

Bibox (ビボックス)

おすすめ評価☆☆☆
使いやすさ☆☆
手数料0.05%~0.1%
取り扱い通貨数70種類以上
日本語対応×

Bibox(ビボックス)は2017年11月に中国で設立された仮想通貨取引所です。この取引所はOKCoinの共同設立者Huobiの創業メンバーの中でも中心的なメンバーが関わっているため話題となりました。


Biboxのメリット

Biboxの手数料は0.1%とかなり安く設定されています。さらに取引所の独自トークン「BIX」を使えばさらに半額になります

また2段階認証やコールドウォレットも採用しているので安全性も高いです。


Biboxのデメリット 

Biboxは新鋭の取引所であるため取引量が少なく注文が通りにくいのがデメリットです。

 

お得に安全に取引したい方必見!Biboxの公式HPはこちら!

草コイン投資におすすめの海外取引所3選 

COINEXCHANGE (コインエクスチェンジ)

おすすめ評価☆☆☆
使いやすさ☆☆☆
手数料0.15%
取り扱い通貨数約500種類
日本語対応×

COINEXCHANGE(コインエクスチェンジ)2016年に設立された仮想通貨取引所です。資本金や代表者は不明です。


COINEXCHANGEのメリット

メリットとしては圧倒的に豊富な種類の取り扱い通貨があげられます。

草コインが山のように眠っているので、まだ価格の上がりきっていない仮想通貨を見つけてチャンスを掴みたい方には魅力的な取引所だと考えられます。


COINEXCHANGEのデメリット

一方、デメリットとしては安全性にはやや不安がある点があげられます。

草コインで一攫千金を狙うなら!COINEXCHANGEの公式HPはこちら

 

CRYPTOPIA (クリプトピア)

おすすめ評価☆☆☆
使いやすさ☆☆☆
手数料0.2%
取り扱い通貨数500種類以上
日本語対応×

CRYPTOPIA(クリプトピア)2014年にニュージーランドで設立された仮想通貨取引所です。

こちらも圧倒的に仮想通貨の種類が多く、ここでしか買えない通貨も多数存在しています。


CRYPTOPIAのメリット

メリットはやはり取り扱っている仮想通貨が多いために、これから価値が伸びるかもしれない通貨を購入することができることです。


CRYPTOPIAのデメリット

取り扱っている通貨の中には、一生価値が上がることのない通貨も多く混ざっていると考えられます。

SCAMと呼ばれている詐欺も多いので注意が必要です。

 

圧倒的な種類を誇るCRYPTOPIAの公式HPはこちら

Cryptopiaはニュージーランドで設立された仮想通貨の取引所です。ボラティリティが規格外に高い「草コイン」も多数扱っており耳目を集めております。そんなCryptopiaの評判・使い方などを徹底解説しますl

 

Yobit (ヨービット)

おすすめ評価☆☆
使いやすさ☆☆
手数料0.2%
取り扱い通貨数約500種類
日本語対応×

YoBit(ヨービット)2014年に設立された仮想通貨取引所です。


Yobitのメリット

メリットはもちろんこれから価格の上がる可能性がある仮想通貨を多数取り扱っていることがあげられます。

また仮想通貨ギャンブルゲーム「Dice」も人気の理由の一つです。


Yobitのデメリット

Yobitは代表者も運営会社も不明であり、安全性においてはやや不安な一面がある点が上げられます。

 

ギャンブル好きの方必見!YoBitの公式HPはこちら!

YoBitはサイト内で賭けやレンディングできるなどユニークな機能を多く備えた取引所です。しかし、その運営会社が不明であるなど懸念点も多くあります。そんな取引所の特徴から登録方法、使い方、オススメ度までコインオタクが徹底的に解説します。

仮想通貨FXにおすすめ海外取引所3選

BitMEX (ビットメックス)

おすすめ評価☆☆☆☆☆
使いやすさ☆☆☆☆☆
手数料-0.025%~0.075%
取り扱い通貨数8種類
日本語対応

BitMEX(ビットメックス)は、FX取引高世界一を誇るレバレッジ取引に特化した取引所です。

ビットコインFXはもちろん、リップルなどのアルトコインFXも人気です。


BitMEXのメリット

BitMEXのメリットは、なんと言っても最大100倍ものレバレッジ取引ができることです。

国内の取引所でレバレッジ取引を行う場合では、最大25倍なので、BitMEXの方が、大きな利益をあげられる可能性があります。

さらに追証がないので借金が発生しない上に、完全日本語対応であり、超人気の取引所です!


BitMEXのデメリット

一方、デメリットとしては、現物取引を行っていないために、長期保有には適していないことがあげられます。


BitMEXはメールアドレスだけで登録できるため、30秒で無料口座開設ができます。

30秒で登録完了!BitMEXの登録はこちら

BitMEX(ビットメックス)は、香港に拠点を置く仮想通貨取引所です。目玉のレバレッジはなんと最高100倍!しかも日本語対応!そんなBitMEXについて、登録方法から使い方、そして取引の方法まで、コインオタクが全部解説します!

 

CryptoGT (クリプトジーティー)

おすすめ評価☆☆☆☆
使いやすさ☆☆☆☆
手数料レバレッジ手数料・スプレッド
取り扱い通貨数7種類
日本語対応
CryptoGT(クリプトジーティー)は2018年にキプロス島に設立された、非常に新しい仮想通貨の取引所です。

CryptoGTのメリット

CryptoGTの最大の特徴はすべての通貨で最大200倍のレバレッジをかけて取引できることです!これは世界最大です。

さらに追証がないため借金のリスクもない上、日本語での対応が行われていることも魅力の1つです。


CryptoGTのデメリット

CryptoGTは販売所形式であるため手数料が高いです。また真新しい取引所であり安全性にも不安が残ります

レバレッジ最大200倍?!CryptoGTの登録はこちら!

CryptoGT(クリプトGT)はレバレッジ最大200倍・追証なしなど以前からあるサービスに加え、リニューアルしたことにより様々なサービスが追加されました。新たに加えられた機能も含め、CryptoGTのメリット・デメリットを一挙解説します!



Huobi (フオビ)

おすすめ評価☆☆☆☆
使いやすさ☆☆☆
手数料0.2%
取り扱い通貨数250種類以上
日本語対応

Huobi(フオビ)は2013年に中国を拠点に設立された、中国三大仮想通貨取引所の1つです。

こちらの取引所も圧倒的な取引量を誇っており、ユーザーも世界で数百万人いると考えられています。シンガポールやアメリカにもオフィスがあり、グローバルに展開しています

上場する通貨を投票で決めるという面白いサービスもあります。


Huobiのメリット

Huobiのメリットは、大手の取引所であり、かつ取り扱っている仮想通貨の種類も豊富であることです。


Huobiのデメリット

デメリットとしては、2018年6月末から日本国居住者に対する仮想通貨交換サービスの停止を発表している点があげられます。

現在日本ではHuobiを利用することはできません。

中国三大取引所と名高いHuobiの公式HPはこちら!

Huobi(フォビー)はセキュリティがとても強固な取引所で、海外取引所が信頼できず使っていなかった方にオススメです。他にもレバレッジ取引ができたり通貨の上場が早かったりと、他の取引所にはない魅力を紹介します!

 

 それでも目当ての取引所が見つからない方へ

OKEx: 

おすすめ評価☆☆☆☆
使いやすさ☆☆☆☆
手数料0.2%
取り扱い通貨数300種類以上
日本語対応×

OKEx(オーケーイーエックス)2014年に設立された、中国三大仮想通貨取引所の1つと名高い世界最大級の取引所です。


OKExのメリット

メリットとしては、取引量が多いことと、日本のbitbankTradeと提携していることの2点があげられます。

1点目の取引量は世界の取引所の中でもトップ10に入るほどの規模です。

2点目のbitbankTradeとの提携については、bitbankで仮想通貨FXを行うと、OKExのシステムを利用するような形になります。

国内の取引所と提携していると考えると、他の海外取引所に比べてかなり安心感がありますね


OKExのデメリット

デメリットとしては、中国政府の対応によっては閉鎖のリスクが考えられることです。

国内取引所にはない魅力満載!OKExの公式HPはこちら

 

Bittrex(ビットレックス)とはアメリカに本社がある仮想通貨取引所です。Bittrexの特徴は?強みは?取扱通貨数が世界一?絶対に知っておきたい情報、コインオタクが全部教えます!

 

BITFINEX :セキュリティが随一の取引所

おすすめ評価☆☆☆☆
使いやすさ☆☆☆
手数料0~0.2%
取り扱い通貨数70種類以上
日本語対応×

BITFINEX(ビットフィネックス)2012年に香港で設立された仮想通貨取引所です。


Bitfinexのメリット

BitFinexは過去にハッキング被害にあったことがあり、その後セキュリティの強化にとても力を入れています

出金先の変更を行うと、5日間ロックされたり、出金の際には秘密の質問の設定が必要であったりと様々な工夫がなされています。

安全性が高い取引所で堅実に取引を行いたい方にはピッタリの取引所です。


Bitfinexのデメリット

一方デメリットとしては、OKExとも少し似ていますが、中国で規制がかかると取引に制限が出てしまう危険性があります

 

堅実に取引したい方に最適!BITFINEXの公式HPはこちら!

Bitfinex(ビットフィネックス)は香港に拠点を持つ、ドル建てビットコイン取引量世界一を誇る仮想通貨取引所です。ハッキング被害から回復?取扱通貨の種類は?使いやすい?Bitfinexに関する全ての疑問を徹底解消!

 

Poloniex :取引すればするほどお得になる取引所

おすすめ評価☆☆☆☆
使いやすさ☆☆☆
手数料0~0.25%
取り扱い通貨数約100種類
日本語対応×

Poloniex(ポロニエックス)は2014年にアメリカで設立された大手の仮想通貨取引所です。こちらの取引所も安定した取引量で人気を誇っています。


Poloniexのメリット

Poloniexのメリットは、過去の取引額に応じて手数料が安くなっていくことです!過去1ヶ月の取引量の平均に基づいて利用者ごとに取引手数料が決められます。

たくさんの取引を行う方には非常にお得な取引所です。


Poloniexのデメリット

一方Poloniexのデメリットとしては日本円での入出金ができないことがあげられます。日本人としては少し使いにくいですね。

 

Poloniex(ポロニエックス)の公式HPはこちら!

ポロニエックスは、グローバルで使われている世界最大級の仮想通貨取引所の1つで、日本でも上級者がよく使っていると言われています。そんなポロニエックスの概要や、メリットデメリット、使い方などについてまとめました。

 


Fcoin (エフコイン)

おすすめ評価☆☆☆☆
使いやすさ☆☆☆
手数料0.1%
取り扱い通貨数8種類
日本語対応×

Fcoin(エフコイン)はなんと2018年5月に設立された、本当にできて間もない取引所です。

現在はまだβ版と呼ばれる試用期間バージョンであるにも関わらず話題となっています。それは、この取引所を設立したのが、Huobiの元CTOだからです。

技術面や話題性が抜群であったため、β版であるにも関わらず注目を集めました。

また、取引所運営体制の透明性が非常に高いことも人気の秘訣です。毎日取引所の利益を公開しています。


Fcoinのメリット

メリットとしてはFcoinが独自で発行している「Fcoinトークン(FT)の存在があげられます。

このトークン所有者には取引所利益の80%が分配されるということで非常に注目を集めています。

実際上場してから数倍以上値上がりしており、取引所の独自トークン自体が大きなリターンが見込まれるとして期待が高まっています。


Fcoinのデメリット

デメリットとしては、取り扱い通貨が非常に少ないことがあげられます。設立されてから間もないので仕方ありませんが、たくさんの仮想通貨を取引したい方にとっては物足りないかもしれません。 


配当が受け取れる?!Fcoinの公式HPはこちら!

BitForex(ビットフォレックス)

おすすめ評価☆☆☆
使いやすさ☆☆☆
手数料0.1%~
取り扱い通貨数60種類以上
日本語対応×
BitForex(ビットフォレックス)は、2015年に設立された、シンガポールに拠点を置く取引所です。
世界で約90カ国ほどにユーザーを抱えており、非常にグローバルに事業を展開しています。世界取引所ランキングでもトップ10に入るほど人気があります。

BitForexのメリット

メリットとしては、BFトークンと呼ばれるBitForexが発行している独自のトークンがあげられます。BFトークンは100億枚発行されており、1枚当り約3円です。

Fcoinで発行しているFTトークンが上場してから大きく値上がりしたことを受け、今後BFトークンも値上がりするのではないかと非常に期待が高まっています。


BitForexのデメリット

デメリットとしては、特に大きな特徴はありませんが、日本語対応しておらず、英語と中国語のみの対応なので、日本人にとって使い勝手はあまりよくないかもしれません。

独自トークンに期待!BitForexの公式HPはこちら!

Kucoin (クーコイン)

おすすめ評価☆☆☆☆
使いやすさ☆☆☆
手数料0.09%~0.1%
取り扱い通貨数130種類以上
日本語対応×
Kucoin(クーコイン)は2017年11月に香港を拠点に設立された仮想通貨取引所です。

Kucoinのメリット

メリットはKCSトークンというKucoinが独自に発行しているトークンの存在です。KCSトークンを持っているユーザーは取引所の利益を最大50%分配してもらえます。

またそれに加えて手数料が非常に安いことも大きなメリットです!


Kucoinのデメリット

デメリットとは少し違いますが、2018年6月末に、Kucoinは日本におけるサービスの停止を発表しました。

ですので、新たに口座を開設しようとしている方も、現在Kucoinで口座を開設することはできないので気をつけましょう。


 

Kucoinは香港系の取引所でBinanceに続き、話題になっている仮想通貨取引所です。Kucoinの発行している仮想通貨を持つことで配当がもらえるなど、特殊な仕組みが導入されているKucoinの仕組みや使い方、登録方法を解説します!

 


Kraken(クラーケン)

おすすめ評価☆☆☆☆
使いやすさ☆☆☆☆☆
手数料0~0.26%
取り扱い通貨数16種類
日本語対応

Kraken(クラーケン)は2011年創業のかなり老舗の仮想通貨取引所です。

日本法人があって、かつては国内でも人気がありましたが、2018年の5月に日本市場から撤退してしまいました。

Krakenは国内取引所と海外取引所の中間のような取引所と言えます。


Krakenのメリット

メリットとしては、会社の信頼性が高いという点が挙げられます。

仮想通貨がまだあまり認識されていない2011年に創業されており、「ビットコインの神」とも呼ばれるロジャー・バー氏も出資しています。


Krakenのデメリット

デメリットとしては、取引所でありながら板取引ができないという点が挙げられます。

板取引に慣れている人は使いにくさを感じるかもしれませんが、非常にシンプルなので見やすいという点ではメリットと言えるかもしれません。

 

Krakenの公式サイトはこちら

「そろそろ国内の取引所じゃ満足できなくなってきたかも」「でも、どこを選べばいいのかわからない・・・」そんなあなたに、実績のある海外大手取引所、Krakenを紹介します!メリット、デメリットや実際の使い方まで詳しく解説!

 

Liqui:ICO直後のコインが上場する取引所

おすすめ評価☆☆☆
使いやすさ☆☆
手数料0.1%~0.25%
取り扱い通貨数60種類以上
日本語対応×
Liqui(リクイ)は2016年に設立された、ウクライナのキエフに拠点を置く仮想通貨の取引所です。
ETH(イーサリアム)がベースで取引が行われています。ちなみにBTC(ビットコイン)やUSTD(テザー)も基軸通貨として使用できます。
マイナーな通貨も3種類の通貨を基軸に取引を行うことができるのが大きな特徴です。

Liquiのメリット

メリットはICO後のコインをすぐに取り扱い可能にできることです。マイナーなICO通貨もLiquiなら手に入ります。参加したかったけれど参加を逃してしまったICO通貨を購入したい時にLiquiの口座を開設していると便利です。


Liquiのデメリット

一方、デメリットとしては、日本語に対応していないことと、ICOはリスクが高いことの2点があげられます。

1点目の日本語に対応していないことで、万が一トラブルが起きたときに、母国語以外で対応することになるので一刻を争う状況で苦労することになってしまいます。

2点目は、メリットとしてICOが行われたばかりの通貨が上場できることの裏返しで、厳格な審査を通していないからこそ速いので、後々取引停止になってしまうリスクも考慮しなくてはなりません。

それでも、ICO直後の通過を取引できるのは、日本の取引所ではなかなかできないことなのでとても魅力的ですね。

 

ICO直後の通貨を狙うなら!Liquiの公式HPはこちら!

勢いのあるICOコインが、一番早く上場するのがこのLiqui(リクイ)。大手取引所より先にICOコインを入手したいのなら、ここを使うのがオススメ!Liquiの基本的な使い方から注意すべき点までコインオタクがわかりやすく解説します。

 

Changelly (チェンジリー)

おすすめ評価☆☆
使いやすさ☆☆
手数料0~1%
取り扱い通貨数60種類以上
日本語対応

Changelly (チェンジリー)は2013年にチェコのプラハに拠点を置いて設立された仮想通貨の取引所です。


Changellyのメリット

メリットは他の取引所とは圧倒的に異なるポイントで、「仮想通貨同士を交換させる両替所」である点です。

仮想通貨の取引所というのは、基本的にはBTC(ビットコイン)などの基軸通貨を挟んで通貨の交換を行います。アルトコイン同士を交換する際には、一度基軸通貨に変更しなければならないのが一般的です。

しかしChangellyはアルトコイン同士を直接交換することができるため、手間が省けます。これがChangellyならではの大きなメリットです。


Changellyのデメリット

一方、デメリットとしては、手数料が割高になっていることがあげられます。手間が省けている分、手数料は高めに設定されています。

それでも、アルトコイン同士を交換したい!という方には、Changellyがおすすめです。

手間を省きたいなら!Changellyの登録はこちら!

 

国内の販売所と比べて破格の手数料で仮想通貨を取引できるChangellyをご存知でしょうか?使わずに損をするのはもったいない!今回は、Changellyの登録方法から使い方、コインチェックからの送金の手順まで、ユーザー目線で解説します!

 

一目でわかる!海外の取引所を完全比較

ここまで海外の取引所を20社紹介してきました!それぞれの特徴を比較できるように、表にまとめたので、参考にしてみてください。

取引所名取引量手数料取り扱い通貨数日本語対応
Binance
【総合おすすめ】
☆☆☆☆☆0.05%~0.1%140種類以上×
BitMEX
【総合おすすめ】
☆☆☆☆☆-0.025%~0.075%8種類
Bittrex
【総合おすすめ】
☆☆☆☆☆0.25%250種類以上×
OKEx
【取引量】
☆☆☆☆☆0.2%300種類以上×
Huobi
【取引量】
☆☆☆☆☆0.2%250種類以上
Bitfinex
【取引量】
☆☆☆☆☆0~0.2%70種類以上×
Poloniex
【取引量】
☆☆☆☆0~0.25%約100種類×
COINEXCHANGE
【取り扱い通貨数】
☆☆0.15%約500種類×
CRYPTOPIA
【取り扱い通貨数】
☆☆0.2%500種類以上×
Yobit
【取り扱い通貨数】
☆☆☆0.2%約500種類×
BitMart
【手数料】
☆☆0.05%約30種類
CoinEx
【手数料】
☆☆☆☆☆0.1%50種類以上
Bibox
【手数料】
☆☆☆☆0.05%~0.1%70種類以上×
Fcoin
【独自トークン】
☆☆☆☆0.1%8種類×
BitForex
【独自トークン】
☆☆☆☆☆0.1%~60種類以上×
Kucoin
【独自トークン】
☆☆0.09%~0.1%130種類以上×
CryptoGT
【独特】
レバレッジ手数料
スプレッド
7種類
Kraken
【独特】
☆☆☆0~0.26%
16種類
Liqui
【独特】
☆☆0.1%~0.25%60種類以上×
Changelly
【独特】
0~1%60種類以上


海外取引所まとめ

いかがでしたか?

今回はおすすめの海外の取引所20選を一覧と比較表を使って紹介しました!

手数料が最も低いところがいいのか、それとも取り扱っている種類が豊富なところがいいのか自分が一番重要視している要素は何かじっくり考えてみましょう

そしてこの記事の表を使ってあなたのお気に入りの取引所を見つけてくださいね!



BINANCEの登録はこちら