「ビットポイントの取り扱い仮想通貨って何があるんだろう?」

「ビットポイントのレバッレッジ取引に対応している通貨は何があるんだろう?」

このように考えていませんか?

仮想通貨の取引所を選ぶ時に、自分が取引したい通貨を扱っているかどうか、確認することは非常に重要です。

この記事ではBitpointの取り扱い通貨について、一覧はもちろんのこと、それぞれの通貨の特徴や将来性についても詳しく解説していきます!

この記事を読んで早速Bitpointで仮想通貨の取引をしましょう!

Bitpoint(ビットポイント)の口座開設はこちら


Bitpoint(ビットポイント)とは

Bitpoint(ビットポイント)は株式会社ビットポイントジャパンが運営している取引所で、2016年に設立されました。

この株式会社ビットポイントジャパンは東京証券取引所市場第二部に上場している、株式会社リミックスの完全子会社です。

上場会社が運営しているということで安心感を持つ方も多いかと思います。

実際にBitpointは金融庁から「仮想通貨交換業者」の認可も受けているので安心して取引を行うことができる取引所だと言えます。

Bitpointは送金手数料が無料であったり、出金手数料が振り込み手数料のみであったりと、手数料が圧倒的に安いことで人気の取引所です。

 

Bitpointの特徴についてもっと詳しく知りたい!という方はこちらの記事をご覧ください!

BITPoint(ビットポイント)は国内で初めてレバレッジ取引にMT4を採用した取引所です。他にも手数料が無料であったりセキュリティが強いBITPointをメリット・デメリットと合わせて一挙解説します。

Bitpoint(ビットポイント)の取り扱い通貨(銘柄)一覧

現物取引レバレッジ取引
ビットコイン(BTC)
リップル(XRP)×
イーサリアム(ETH)×
ライトコイン(LTC)×
ビットコインキャッシュ(BCH)×

Bitpointでは、5種類の通貨を取り扱っています。

主要なアルトコインは一通り揃っていることがわかります。

マイナーな通貨を取引したい方には向いていませんが、主要な通貨は対応しているのでほとんどの方には問題ないでしょう。

レバレッジ取引では、ビットコインのみ取引可能になっています。

仮想通貨のレバレッジ取引とは、仮想通貨を用いた証拠金取引のことを言います。仮想通貨のレバレッジ取引はハイリスクハイリターンの取引方法です。この記事では、レバレッジ取引のメリット・デメリット、おすすめ取引所から儲けるポイントまで解説します!

Bitpoint(ビットポイント)はどんな人におすすめ?

Bitpoint(ビットポイント)の特徴

  • 手数料がとても安い
  • レバレッジが最大25倍
  • 多機能トレードプラットフォームMeta Trade 4(MT4)が使える
  • セキュリティが高い

 Bitpointの特徴は以上のようになります。

Bitpointは、取引手数料が全ペアで無料、スプレッドもとても狭いので、お得に取引を行うことができます。

また、レバレッジ取引はビットコインのみ対応していますが、国内最大のレバレッジ25倍までかけることができます。

そのため、本格的にビットコインのレバレッジ取引を始めたい方や仮想通貨を安く購入したい方におすすめです

仮想通貨取引所を調べたら、誰しもが「手数料無料」という文字が目に触れたことがあると思います。取引をする上ではこれ以上にない魅力ですが、そんなおいしい話があるでしょうか?実は、この影にはスプレッドというものが潜んでいるのです。。。

それでは、それぞれの通貨の特徴と今後の将来性について詳しく解説していきます!


ビットコイン(Bitcoin,BTC)

ビットコイン(BTC)の特徴

ビットコインとは、正体不明の経済学者「ナカモト・サトシ」が2009年に発表した世界初の仮想通貨です。

ビットコインは仮想通貨の中で最も有名で、時価総額が1位の仮想通貨です。

ブロックチェーン技術が発明されるきっかけであり、通貨という概念に革命を起こしたと言っても過言ではありません。

ビットコインの基本的な情報は以下のようになります。

通貨名(通貨単位)Bitcoin(BTC)
開発者
運用開始時期2009年1月
取引承認方式PoW
発行上限枚数2100万BTC
時価総額
約6.7兆円(1位)
ブロック生成速度約10分

PoWについて詳しく知りたい方はこちらを参照ください!

プルーフオブワークは仮想通貨の取引の承認システムの一つです。これはいったいどんな仕組みでどういう特徴を持っているのでしょうか?プルーフオブワークに伴うマイニングという作業や、プルーフオブステークとの違いについても説明します!

ビットコインについて詳しく知りたい方はこちらを参照ください!

ビットコインとは今世界で大ブームを引き起こしている仮想通貨です。仕組みがわからずなんとなく怖いと思い手を出せていないあなたは得するチャンスを逃しているかも!ビットコインの仕組みや人気の理由を初心者向けに東大生が図とともに10分で解説します!

ビットコイン(BTC)の将来性

ビットコイン仮想通貨の中でも圧倒的に知名度が高く、ほとんど全ての取引所や販売所で購入することが可能です。

また、別の仮想通貨を購入するための基軸通貨として使われることも非常に多くなっています。

ただ、他のコインに比べブロックの生成速度が遅いなど、決済手段として普及するには課題があります。

ビットコインと法定通貨って、何が違うか自信を持って説明できますか?「ビットコインは新しいから凄い」そんな判断じゃいけません!この記事ではビットコインと法定通貨の5つの違いと、将来的にビットコインが法定通貨に取って代わるのかをお伝えします。

リップル(Ripple,XRP)

リップル(XRP)の特徴

リップルは、送金や決済に特化した仮想通貨で、手数料が非常に安く、反映されるのが非常に速いのが特徴です。

リップルはブロックチェーンを利用していないという仮想通貨としては非常に珍しい特徴を持っています。

リップルは、海外に送金する際の仲介通貨となることも目的としており、海外への送金も数秒で行うことができます。

 リップルの基本的な情報は以下のようになります。

通貨名(通貨単位)Ripple(XRP)
開発者David Schwartzなど
運用開始時期2012年9月
取引承認方式PoW
発行上限枚数1000億XRP
時価総額 約1.4兆円(2位)
ブロック生成速度約5秒

リップルを買ってみたはいいけど、どんな仮想通貨なのかよく分かってないなんてことはありませんか?リップラーと呼ばれる方も数多くいるほどの人気を誇り、あのグーグルも出資されています。いま世界でもっとも注目されている仮想通貨をあらゆる面から解説!

リップル(XRP)の将来性

銀行をはじめとする100以上の企業と提携をしており、既存の金融システムでリップルは導入されつつあります

リップル社と提携している銀行の例として三井住友銀行住信SBIネット銀行イングランド中央銀行などとがあげられます。

現在、従来の国際送金に関する課題をリップル社の技術が解決できるとして、導入テストが実施されており、今後システム内に導入されていく見込みがあります。

そのためリップルは、これからの日常生活に導入される期待が非常に高い仮想通貨だと言えます。 

リップルは2018年最も成長の期待される仮想通貨のひとつです。なぜなら、リップルに関連するイベントやプロジェクトが一気に動き出すからです。今回コインオタクがリップルの今後と将来性について解説します。

イーサリアム(Ethereum,ETH)

イーサリアム(ETH)の特徴

イーサリアムは世界中に開発者チームが存在していますが、ビットコイン同様、中央管理組織はありません。

スマートコントラクトという契約の履歴を自動化する仕組みを実装した、分散型アプリケーション(DApps)の開発に用いることができます。

ビットコインは決済手段として用いることが目的の仮想通貨ですが、イーサリアムはアプリ開発を可能にして、様々なサービスを人々に提供出来るプラットフォームになることが目的の仮想通貨です。

時価総額第二位の仮想通貨イーサリアムの最大の特徴であるスマートコントラクトですが、なにがすごいのかわかっていない人も多いかと思います。そのスマートコントラクトを、具体的にできることから将来性まで考察しました。

また、仮想通貨で資金を調達するICOにおいてもイーサリアムは使用されており、実用性はとても高いです。

仮想通貨を調べているとよく出てくる「ICO」というワード。理解したいけど、少し難しそうだな…という印象をお持ちの方が多いと思います。でも大丈夫!これを読み終えたあなたは「ICO」についてしっかりと友達に説明できるようになります!

イーサリアムの基本的な情報は以下のようになります。

通貨名(通貨単位)Ethereum(ETH)
開発者Vitalik Buterin
運用開始時期2014年7月
取引承認方式PoW(PoSに移行予定)
発行上限枚数上限なし
時価総額約1.0兆円(3位)
ブロック生成速度約15秒

 PoSとは、保有している仮想通貨の量が多いほど取引の承認権を得やすい仕組みのことです。詳しくは以下の記事を参照ください。

Proof of Stakeは仮想通貨取引の承認システムの1つです。ビットコインに次いで有名なあのイーサリアムもこのProof of Stakeへ移行することを発表しています。仕組みや長所・短所はもちろん、イーサリアムの移行時期も教えます!

 イーサリアムについてさらに詳しく知りたい方はこちらを参照ください。

イーサリアム(Ethereum、ETH)は、あのビットコインに次ぐ時価総額を持つ仮想通貨です。決済手段ではなく「ワールドコンピューター」を目指すというイーサリアムの仕組みや将来性、今後、チャートなどをコインオタクが徹底解説します!

イーサリアム(ETH)の将来性

イーサリアムのプラットフォームを利用した事業がたくさん生まれ、さらに価値は向上していくと考えられます。

また、イーサリアムを研究・開発している企業連合であるEEA(イーサリアム企業連合)には、Microsoftや三菱UFJファイナンシャルグループ、インテルなどを含む300社以上が参加しており、様々な技術において応用できると考えることができます。

そのため、イーサリアムは多方面の技術の土台となっていく可能性の高い仮想通貨です。

イーサリアムは2018年コインオタクが最も注目、期待をしている通貨です。将来性は豊富で、今後の社会において活躍する場面は多いでしょう。そんなイーサリアムの今後の価格予想を紹介するとともに価格上昇の可能性があるイベントを説明します!

 

ライトコイン(Litecoin,LTC)

ライトコイン(LTC)の特徴

ライトコイン(LTC)とは、ビットコインを補完する商取引媒体を目指した通貨です。

ビットコインはブロックの生成に時間がかかることや、総発行枚数が2100万枚と少ないことが通貨としては弱点になると考えられていました。

ブロック生成速度はビットコインの4倍の速度の2.5分、総発行枚数はビットコインの4倍の8400万枚で、日常的な決済に利用することが期待されています。

ライトコインの基本的な情報は以下のようになります。

通貨名(通貨単位)Litecoin(LTC)
開発者Charlie Lee
運用開始時期2011年10月
取引承認方式PoW
発行上限枚数8400万LTC
時価総額約1600億円(9位)
ブロック生成速度2.5分

ライトコインは、日本ではそこまで人気の高い通貨ではないですが、実はアメリカでは結構人気な通貨なんです。ビットコインが「金」ならライトコインは「銀」と言われるその所以は?この記事でその全てを理解できること間違い無し!

ライトコイン(LTC)の将来性

ライトコインは、ライトニングネットワークというものを利用しています。

ライトニングネットワークとは?ビットコインにsegwitが導入されたことで最近話題になっているライトニングネットワークですが、決済が早い!って情報しか知らない人も多いですよね。詳しい仕組みや問題点はないのか解説します!!!

 この仕組みは、最終的な記録のみをブロックチェーンに記載し、ブロック以外でも他のユーザーを経由して送金することができます。

そのためマイナー手数料を減少させ、少額から送金を容易にして送金スピードを上げることができるようになりました。

この仕組みにより、ライトコインがビットコインの補完的役割として機能することは十分期待できます!

今、世界で6番目の市場規模を誇る仮想通貨、ライトコイン(Litecoin)。Segwitがいち早く導入され送金時間も短く、アマゾンとの提携も、、、?気になるコインの全容を本記事で解明します!

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash,BCH/BCC)

ビットコインキャッシュ(BCH/BCC)の特徴

 ビットコインキャッシュはビットコインのハードフォークできた通貨で、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決するために誕生しました。

ビットコインの値動きにも大きく影響し、ビットコインの分裂騒動にも大きく関係しているスケーラビリティ問題ですが、実際に何がそんなに騒がれるのか、わかっていない方も多いのではないでしょうか。詳しく知らない方でもわかりやすいように解説します!

そのため、ビットコインキャッシュのブロックのサイズは、ビットコインの8倍の8MBとなっています。

ビットコインに比べ、実用性が高いのが特徴となっています。

ライトコインの基本的な情報は以下のようになります。

通貨名(通貨単位)BitcoinCash(BCH,BCC)
開発者
運用開始時期2017年8月
取引承認方式PoW
発行上限枚数2100万BCH
時価総額約2000億円(6位)
ブロック生成速度約10分

2017年8月にビットコインはビットコインキャッシュと呼ばれる通貨と分裂しました。突然生まれたビットコインキャッシュですが、一体何のために作られて、どんな価値があるのでしょうか?また今後のビットコインキャッシュはどうなっていくのでしょうか?

ビットコインキャッシュ(BCH)の将来性

ビットコインキャッシュは、ビットコインのメリットはそのまま残し、問題点であった部分を改善している仮想通貨なので、非常に将来性は高いと考えられます。

海外の取引所にはビットコインキャッシュを基軸通貨として扱う取引所も存在しており、ビットコインに代わる仮想通貨となる可能性も秘めているのです。

また、ビットコインキャッシュはハードフォークなしでブロックのサイズを32MBまで拡大できるので、今後決済などでビットコインキャッシュが頻繁に使われるようになっても今と同じような速度・手数料で利用することができます。 

ビットコインキャッシュ(BCH)は、2017年にビットコインのハードフォークにより誕生してからビットコインの代替として注目、期待されています。そんなビットコインキャッシュは今後価格を伸ばすのでしょうか?コインオタクがまとめました!

他の取引所と取り扱い通貨数を比較

国内・海外の有名取引所取り扱い通貨数
Bitpoint(ビットポイント)5種類
GMOコイン5種類
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)7種類
bitFlyer(ビットフライヤー)7種類
bitbank.cc(ビットバンク)6種類
Zaif(ザイフ)15種類
Coincheck(コインチェック)9種類
Binance(バイナンス)150種類

他の主要な取引所と比べ、Bitpointの取り扱い通貨数は5種類なので、他の主要な取引所と比べると少ないです。

しかし、リップルなどの主要なアルトコインは揃っているので、マイナーな仮想通貨の取引を行いたい人以外は問題ないでしょう

Bitpoint(ビットポイント)の取り扱い通貨まとめ

いかがでしたか?

Bitpointでは将来有望で、時価総額も非常に大きい主要な仮想通貨を取り扱っていることがわかったかと思います。

ここでもう一度おさらいすると、Bitpointで取り扱っている仮想通貨は以下の5種類です。

Bitpoint(ビットポイント)の取り扱い通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

あなたが購入したい仮想通貨がBitpointにあるなら、すぐに口座を開設し取引しましょう!

Bitpointの口座開設はこちら