「BITPOINT(ビットポイント)の取り扱い仮想通貨って何があるんだろう」

あなたは今こう考えていませんか?

BITPOINTが2018年2月にリップル(XRP)を新たに取り扱うようになったと聞いて、注目している方も多くいらっしゃると思います。

仮想通貨の取引所を選ぶ時に、自分が取引したい通貨を扱っているかどうか、確認することは非常に重要です。

そこで、この記事ではBITPOINTの取り扱い通貨について、一覧はもちろんのこと、それぞれの通貨の特徴や将来性についても詳しく解説していきます!

BITPOINTで取り扱われている通貨の特徴や将来性がわかれば、BITPOINTで取引をすることが有利かどうかわかります!

みなさんがBITPOINTの取り扱い通貨について知り、取引所を選ぶ際の参考になれば幸いです。


BITPOINT(ビットポイント)とは 

BITPOINT(ビットポイント)は株式会社ビットポイントジャパンが運営している取引所で、2016年に設立されました。

この株式会社ビットポイントジャパンは東京証券取引所市場第二部に上場している、株式会社リミックスの完全子会社です。上場会社が運営しているということで安心感を持つ方も多いかと思います。

実際にBITPOINTは金融庁から「仮想通貨交換業者」の認可も受けているので安心して取引を行うことができる取引所だと言えます。


BITPOINTは送金手数料が無料であったり、出金手数料が振り込み手数料のみであったりと、手数料が圧倒的に安いことで人気の取引所でしたが、2018年2月にリップルを取り扱い始めたことでより注目を集めるようになりました。

BITPOINTはリップルだけではなく、主要なアルトコインも取り扱っています。早速、BITPOINTで取り扱われている仮想通貨について詳しく解説していきたいと思います。 

BITPOINTの特徴についてもっと詳しく知りたい!という方はこちらの記事をご覧ください!

BITPointを使ってみようか迷っている方、「BITPointってどんな取引所なの?」と思ってはいませんか?でも自分一人で情報収集するのは大変だし手間もかかりますよね。。。BITPointは、国内で初めてmt4を採用し、あらゆる手数料が無料の取引所です!そんなBITPointの特徴からメリット・デメリットまで口コミも合わせて解説します! この記事が新たにBITPointで取引を始めるきっかけとなれば幸いです。早速BITPointに登録する!目次BITPointとは?BITPointの特徴BITPointのメリットBITPointのデメリットBITPointのQ&ABITPointのまとめBITPointとは?ビットポイントジャパンが運営!BITPointはビットポイントジャパンが運営していて、2016年3月に設立された取引所です。また主要株主は株式会社リミックスポイントです。リミックスポイントは、東京証券取引所市場第二部に属し、金融事業も手がけている企業です。さらにBITPointは金融庁から仮想通貨交換業者の認可も受けているので安心安全な取引所と言えるでしょう!BITPointの特徴取扱通貨は5種類!BITPointの取扱通貨は、ビットコイン、ビットコインキャシュ、イーサリアム、ライトコインの4種類と最近、2018年2月から取引が始まったリップルを合わせた4種類です!ビットコインは3種類の取引が出来る!ビットコインを取引する際は3種類の中から選ぶことが出来ます!その3種類は現物取引、レバレッジ取引、ビットポイントFXです。レバレッジ取引が出来るのは、ビットコインだけですがレバレッジは国内最大の25倍までかけることができます。また追証はありませんが、ロスカットは維持率100%を切ったら行われます。ウォレットアプリがある決済アプリが昨年リリースされて取引所で売買した仮想通貨を送受金できるようになりました!自分で相手のアドレスを打ち込むかアプリが表示するQRを読み込むことで送付先ウォレットアドレス、仮想通貨量が自動でセットされて短い時間で送金できます。この点は評価がかなり高いようです。Google Playの評価はなんと5点満点で4

 今ならビットコインもらえる!BITPOINTの口座開設はこちら

BITPOINT(ビットポイント)の取り扱い通貨(取り扱い銘柄)一覧 

BITPOINTで取り扱われている通貨は以下の5種類です。

BITPOINTで取り扱われている通貨一覧

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

​主要なアルトコインは一通り揃っていることがわかります。もっとマイナーな仮想通貨を扱いたい場合は向いていないかもしれませんが、ビットコインに加えて主要なアルトコインを取引したい!ということであれば、BITPOINTは非常におすすめです。

次に、BITPOINTで扱っている通貨の特徴や将来性を一つ一つ見ていきましょう。

 

ビットコイン(BTC) 

ビットコイン(BTC)の特徴

まずは仮想通貨の代表格であるビットコインの特徴です。仮想通貨、と聞くとビットコインを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。

ビットコインは中本哲史Satoshi Nakamoto)と名乗る正体不明の経済学者が2008年10月にインターネット上に公開した論文で提唱されました。それから3ヶ月後の2009年1月にビットコインの理論を実現するソフトウェアが公開され、取引が始められました。

ブロックチェーンと呼ばれる分散型台帳を利用することで、取引を行う上で誰も不正できない仕組みが実現されています

通貨名(通貨単位)Bitcoin(BTC)
運用開始時期2009年
時価総額約12兆円(1位)
1日あたりの取引量約4370億円
ブロック生成速度約10分

国家単位で運営されている円やドルに代表される法定通貨のように、経済活動を円滑にさせることを目的としてビットコインは存在しています。ビットコインによって、世界中のどこでも決済をスムーズに行おう、ということです。

法定通貨とビットコインが決定的に異なるのは、通貨を管理する「中央銀行」が存在していないことです。

ビットコインには発行を担当する組織や流通を管理する組織といったものは存在していません。

その代わりに、コンピュータのネットワークを利用して通貨を管理する仕組みが構築されています。

ビットコインの仕組みがわからない人は是非こちらの記事をご覧ください!

 

最近会社で同僚や後輩がみんな「ビットコインで儲けた」だの「仮想通貨がブーム」だの言ってるけどイマイチついていけてない、、、そんな置いてけぼり感で悩んでいませんか?いまや日本人の7人に1人が持っていると言われる仮想通貨ビットコインを知らないなんて少し言いづらいですよね。そんなあなたに朗報です!仮想通貨にとっても詳しい東大生がビットコインについて10分で教えちゃいます!ビットコインの論文を読んでややこしい技術的な部分までしっかりと理解したコインオタクが初心者向けにわかりやすく教える内容を読めば、同僚や後輩よりもよっぽどビットコインに詳しくなれるはずです!しかも、ビットコインの仕組みだけでなく、安心して投資を始めらるれるようにビットコインの今後の価格予想や始め方まで解説します!今回はビットコインが今人気の理由や具体的な仕組み、危険性を紹介したのちに著名人の価格予想・具体的な購入方法を紹介しています。この記事を読んでビットコインについて深く理解して安心して「仮想通貨オタク」の仲間入りを果たしてもらえたら幸いです。GMOコインでビットコインを購入する!目次日本人の7人に1人は持ってる!?ビットコインとはビットコインの仕組みとはビットコインのデメリットとは?利用する上での注意点ビットコインはまだ儲かるのか?今後の価格を著名人が予想!ビットコインの買い方とは 投資を始めてみよう!ビットコインのよくある質問まとめ日本人の7人に1人は持ってる!?ビットコインとはビットコインとはビットコインとは、正体不明の経済学者「ナカモト・サトシ」が2009年に発表した世界初の仮想通貨です。仮想通貨は円やドルなど国が発行する法定通貨とも、楽天ポイントやTポイントなどの電子マネーとも異なる「最先端のお金」です。ビットコインは約1500種類ある仮想通貨のうちの1つであり、最も古く最も人気があります。数々のニュースで取り上げられている通り、いまやビットコインは世界中でブームとなりつつあります。特に日本での人気は高くビットコインの取引量の約60%(世界一)を占め、日本の成人の15%がビットコインを保有しています。Source:

 

ビットコイン(BTC)の将来性 ​

​ビットコイン仮想通貨の中でも圧倒的に知名度が高く、ほとんど全ての取引所や販売所で購入することが可能です。

また、別の仮想通貨を購入するための基軸通貨として使われることも非常に多くなっています。ですので、通貨としての将来性は比較的保証されている方だと考えられます。

ですが、ビットコインにもまだまだ問題点が残っています。


スケーラビリティ問題

​ビットコインにおいては、ブロックチェーンと呼ばれる分散型台帳のブロックに取引の記録が書き込まれて、約10分で新規のブロックが形成されていくような仕組みになっています。

ビットコインのブロックに書き込める最大サイズは1MBと定められており、ブロックに入りきらない取引の件数が多くなると、送金に時間がかかったり取引に対する手数料が高くなったりしてしまいます。このことをスケーラビリティ問題と呼んでいます。

スケーラビリティ問題はまだ解決されていませんが、サイドチェーンのライトニングネットワークという方法で解決が目指されています。

サイドチェーンとは簡単に言うと、メインのブロックチェーンの他に、サブのブロックチェーンを用意することです。

そしてライトニングネットワークは一言でいえば、ビットコインのブロック以外でも取引を可能にし、送金時間や手数料を低く抑えるネットワークです。

スケーラビリティ問題の解決方法、ライトニングネットワークについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

ライトニングネットワークとは?ビットコインの少額支払いを可能にする最新技術を解説! | CoinOtaku(コインオタク)

目次ライトニングネットワークとは?ライトニングネットワークの仕組みライトニングネットワークのメリットライトニングネットワークの懸念点・問題点ライトニングネットワークに関するQ&Aライトニングネットワークまとめ ライトニングネットワークとは? ​ ​ ライトニングネットワークとは、オフチェーン上でトランザクションをまとめてからブロックチェーン上に効率化されたトランザクションだけを送ることで、マイクロペイメントを可能にした技術です。ライトニングネットワークの導入には、Segwitの導入が必須なので、ビットコインにSegwitが実装されたことによってライトニングネットワークの実現性が高まったと話題になりました。手数料、スケーラビリティなどたくさんの問題を持ったビットコイン、モナコイン、ライトコインなどの弱点を解決する可能性を秘めた技術です。 まずはマイクロペイメントについて知ろう! マイクロペイメントとは、少額単位での支払いを可能にする送金システムのことです。一円以下での支払いが出来るので、デジタルコンテンツに対する支払いなどに向いています。例えば、動画視聴に対して1秒に0.1円といった支払いです。今の法定通貨でこれをやろうとすると、どうしてもクレジットカードで支払わなければならず、クレジットカードの手数料が5~10円程かかってしまうので秒単位での支払いをするには手数料がばかになりません。仮想通貨を用いることでより少ない手数料でマイクロペイメントを行うことができますが、ビットコインでもまだ問題があります。 それは、細かい額のトランザクションを作るときにやはりマイナーフィーがかかってしまうので結局手数料がかかってしまうことと、送金に10分かかることです。 マイクロペイメントに関して詳しく知りたい方はこちらの記事を読んで下さい!!! マイクロペイメントとは?ビットコインや仮想通貨の可能性を東大生が解説マイクロペイメントとは、少額の決済が可能になるサービスです。今まで少額の決済をするのに手数料が決済価格よりも大きいなど、現実的ではありませんでした。今後仮想通貨を使って可能になる可能性があるマイクロペイメントの仕組みや将来性を解説します!続きを読む ですが、そんな問題を解決する技術が存在して、それをペイメントチャネルといいます。

続きを読む


マネーロンダリングの手段になる

マネーロンダリングとは、日本語で「資金洗浄」と呼びます。

これは、麻薬の取引や脱税など、犯罪によって得られた資金を、架空の口座や他人名義の金融機関口座を利用して送金を繰り返したり、株や債権の購入を行うことを指しています。

不正に得たお金をマネーロンダリングによって、資金の出所をわからなくさせるのが目的です。

ビットコインは国や銀行といった中央管理者が存在していないため、ブロックチェーンにも個人情報は記載されていません。

ですので、マネーロンダリングを行いやすいと考えられているのです。

しかし、この問題については、時間はかかりますが​ブロックチェーンの性質のおかげで、不審な取引記録を精査することは可能になっています。

匿名性が高いので、確かにマネーロンダリングの手段になり得るのは事実ですが、十分な安全性はあります

ビットコインを取引するなら!BITPOINTの登録はこちら

イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)の特徴

​​イーサリアム(Ethereum)は、ビットコインの次に時価総額の大きな仮想通貨です。

イーサリアムは世界中に開発者チームが存在していますが、ビットコイン同様、中央管理組織はありません。

スマートコントラクトという契約の履歴を自動化する仕組みを実装した、分散型アプリケーション(DApps)の開発ができるプラットフォームになっています。

ビットコインとの違いとしては、仮想通貨として作られた目的が異なります。

ビットコインは決済手段となることを目的に作られた仮想通貨であり、イーサリアムは決済の他に、アプリ開発を可能にして、様々なサービスを人々に提供出来るプラットフォームになることが目的です。

ビットコインのブロックチェーンを利用してアプリケーションを作成することもできますが、イーサリアムの方が幅広いアプリケーションを作成することができます。

通貨名​(通貨単位)​Ethereum(ETH)
​運用開始時期​2014年
​時価総額​約3兆円(2位)
​1日あたりの取引量​約1500億円
​ブロック生成速度​約15秒

​イーサリアムの特徴がもっと詳しく知りたい!という方はこちらの記事をご覧ください。

 

目次イーサリアム(Ethereum)とはイーサリアムのチャート分析。相場からみる最新価格推移イーサリアムの問題と将来性。コインオタクが分析したイーサリアムの今後の展望 イーサリアムの仕組みは?ビットコインと何が違うの?イーサリアムのここが凄い!イーサリアムのメリットイーサリアムにはこんなデメリットも・・・?!【イーサリアムの入手方法】オススメの取引所4選【イーサリアムの保管方法】ウォレット3選イーサリアムのQ&Aイーサリアムまとめ イーサリアム(Ethereum)とは イーサリアムとは、スマートコントラクトや分散型アプリケーション(Dapps)を構築し実行する分散型プラットフォームの名称です。このイーサリアムのネットワーク内で使用される通貨の名前も同様に「イーサリアム」と呼びその通貨単位が「イーサ(Ether)」です。イーサリアムは現在時価総額2位の仮想通貨です。 めちゃざっくりとした説明をすると、ビットコインにスマートコントラクトという機能をつけたのがイーサリアムというような感じです。イーサリアムではブロックチェーン上にお金のやり取りに加えて契約の情報も書き込むことが出来ます。 スマートコントラクトについて知りたい方はコインオタクの記事をご覧ください! スマートコントラクトとは?ブロックチェーン技術の新たな可能性を東大生が考察!時価総額第二位の仮想通貨イーサリアムの最大の特徴であるスマートコントラクトですが、なにがすごいのかわかっていない人も多いかと思います。そのスマートコントラクトを、具体的にできることから将来性まで考察しました。続きを読む イーサリアムのチャート分析。相場からみる最新価格推移 コインオタクではイーサリアムの投資・トレードに重要な情報がこちらのページでみれるようになっています!イーサリアムのチャートや相場情報、価格予想をリアルタイムで表示し、チャートのテクニカル指数をコインオタクが独自に開発したAIがリアルタイムで分析して売り買いの分析を表示しています。 (2017年7月20日現在) イーサリアムの価格推移です。2017年3月以降の価格の爆上がりは、仮想通貨の認知度が上がってきて投資家やトレーダーが参入してきたことと、ICOがめちゃ加熱していたことがあげられます。

 

イーサリアム(ETH)の将来性 

​イーサリアムはアプリケーションの開発を可能にし、様々なサービスを提供できるプラットフォームを目指していますが、まだ問題点はたくさんあります。

もしも開発に成功して問題点が解決できれば、イーサリアムのプラットフォームを利用した事業がたくさん生まれ、さらに価値は向上していくと考えられます。そういった意味では非常に将来性のある仮想通貨です。

webbotと呼ばれるSNSなどを通してインターネット上の感情的な動きを分析して仮想通貨や株の価格を予想しているAIがあります。

今までも2017年6月にイーサリアムの価格が上昇するという予想を的中させており、大体50~70%の確率で予想が当たると言われています。

そんなwebbotが2018年8月に予測した内容によると、今年イーサリアムは上昇するが、秋頃にスマートコントラクトに深刻な問題が見つかる、と言われています。

ここでは、そんな将来性のあるイーサリアムが現段階で抱えている問題点「スマートコントラクトの脆弱性」を紹介します。


スマートコントラクトの脆弱性を攻撃されることがある

​契約の履歴を自動化することで、今まで何かを契約する際に大きなコストとしてかかっていた人件費や手続きの費用を抑えられるので、非常に期待の高いスマートコントラクトですが、仮想通貨の大きなメリットが逆に仇となっています

どういうことかと言いますと、ブロックチェーン技術により仮想通貨は改ざんすることが非常に困難になっています。ですので、万が一間違った情報を記入すると、訂正することがやはり極めて困難になってしまうのです。

この脆弱性を狙われてThe DAO事件が発生しました。この事件では間違った情報を修正できないというバグを利用して、80億円相当のイーサリアムが盗まれてしまいました。

中央集権的な力を使って対策を行えば、​​​盗まれたイーサリアムを取り返すことができます。しかし、その一方で中央管理者の力が強くなってしまい、仮想塚のメリットが消えてしまうのではないかという声もあります。

この点に関しては、まだまだ解決が遅れているのが現状です。

このThe DAO事件について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

 

目次The DAOとは?The DAOの仕組みThe DAO事件の真相とは?The DAO事件から学ぶべきこと The DAOとは? ​ The DAOとは、Ethereumのスマートコントラクトを使用して作られた非中央集権の分散型投資ファンドのICOプロジェクトです。The DAOが集めた資金は出資の資金として使われ、その出資先はThe DAOへの出資者によって決定されます。 まずそもそもイーサリアムやスマートコントラクトすらわからないという人は、下記のリンクからコインオタクのEthereumについての記事を参照ください。 イーサリアム(Ethereum)とは?買い方やチャート分析や将来性を教えます!イーサリアム(Ethereum)は、時価総額第2位の仮想通貨で、ビットコインを超えるほどのポテンシャルを持つかもしれないと言われています。イーサリアムの何が凄いのか、将来性はどのくらいあるのか、実際に買った方が良いのかを解説します!続きを読む スマートコントラクトとは?ブロックチェーン技術の新たな可能性を東大生が考察!時価総額第二位の仮想通貨イーサリアムの最大の特徴であるスマートコントラクトですが、なにがすごいのかわかっていない人も多いかと思います。そのスマートコントラクトを、具体的にできることから将来性まで考察しました。続きを読む The DAOの仕組み ​ The DAOを使って出資しようと考えている人は、Ethereum固有の通貨EtherでThe DAOが発行するToken(トークン)を購入します。 Tokenは現実世界でいうところの株券のようなもので、Tokenを購入することによって、出資者はトークン所持数に応じて、「実際に出資するか否か」の投票権を得ます。 そして、このTokenの購入に使われたお金は、出資のための資金に使われる、という寸法です。 逆に、出資を受けたい人は、The DAOに出資を受けてどのような事業を興すのか、また、それに必要な出資額はいくらで、それによってどれくらいThe DAOの収益が期待できるか、というプレゼンを行います。 そして、承認がおりて出資されれば、The DAOはその事業の利益をToken所持者に分配するという仕組みです。

 イーサリアムを取引するなら!BITPOINTの登録はこちら


リップル(XRP)

リップル(XRP)の特徴 

リップルは、送金や決済に特化した仮想通貨です。ブロックチェーンを利用していない、仮想通貨としては非常に珍しい特徴を持っています。

手数料が非常に安く、反映されるのが非常に速いのが特徴です。

通貨自体のことを「リップル」と呼ぶことが多いですが、実はこの仮想通貨自体は「XRP」という単位で表されており、「リップル」というのはこの通貨を開発したRipple社のことを指しています。

リップルは、海外に送金する際の仲介通貨となることも目的としています。

現在、日本からアメリカにお金を送金しようとすると、一般的には日本円をアメリカドルに両替して送金することになります。ですが、リップルのシステムの中で、日本円をリップルに瞬時に置き換えて、アメリカに送金できれば、リップルをアメリカドルに置き換えることも瞬時にできますので、非常にスムーズにお金を送金できるようになります。

つまり、リップルは通貨と通貨の両替時に間に入るブリッジ通貨としての役割を目指しているのです。

時価総額では、ビットコイン、イーサリアムに続き3位となっています。

通貨名​(通貨単位)​Ripple(XRP)
​運用開始時期​2013年
​時価総額​約1.4兆円(3位)
​1日あたりの取引量​約260億円
​ブロック生成速度​約5秒

​リップルについてもっと詳しく知りたい!という方はこちらの記事をご覧ください。

 

リップルって聞いたことはあるけどいまいちどういう仮想通貨なのかわからないままでいませんか?そんなあなたは得するチャンスを逃しているかも⁉︎この記事を読めば意外と知られていないリップルの詳しい仕組みだけでなく、あまり書かれることのないデメリットまでわかり、読み終わる頃にはきっとリップルについて知らないことはなくなっています!リップルが大好きな現役東大生がリサーチにリサーチを重ね、図とともにわかりやすく解説しているのでスルスルと知識を身につけることができます!もうにわかとは言わせません!リップルオタクになって自信をもってリップルで「億り人(=仮想通貨のトレードで資産が1億円以上になった人)」を目指しましょう!リップル(XRP)ってなに?新しい送金・決済システムの名称!多くの巨大企業が注目していて、将来性バツグン!このサービスで扱われる通貨の名称でもある!決済速度が極めて速く、手数料も安い!ブロックチェーンを使わない珍しいタイプの仮想通貨!リップラーと呼ばれるリップル大好きな仲間もいっぱい!コインオタクでは30人の東大生トレーダーと利率25%超えのAIによるリップルの価格予想を会員様限定に毎日公開しています。またリップルの価格変動があった際にアラートを配信するサービスも提供しています。初心者では判断しにくい仮想通貨投資は東大生とAIの力を借りて勝ち切りましょう!いまなら初月無料! CoinOtakuプレミアムを1ヶ月無料トライアル!目次仮想通貨リップル(XRP)とは?時価総額3位の超大型コイン!RTXPとは?RTXP① ILP(インターレジャープロトコル)の仕組みRTXP② XRP Ledgerの仕組み実は仮想通貨ではない⁉︎XRPの仕組み XRPの役割は?XRPを使ってできることRippleNetの仕組み リップルのメリットリップルのデメリット リップル(XRP)チャート分析!ニュースが価格に与えた影響は? 今後のイベントは?XRPの今後の価格推移を予想!仲間もいっぱい!熱狂的なリップラーのみなさん 【リップルの購入方法】おすすめ取引所・販売所3選 【リップルの保管方法】おすすめウォレット3選 

 

リップル(XRP)の将来性 

既存の金融システムでも、リップルは導入されつつあります。銀行をはじめとする100以上の企業と提携をしています。

リップル社と提携している銀行の例として三井住友銀行住信SBIネット銀行イングランド中央銀行などとがあげられます。

現在、従来の国際送金に関する課題をリップル社の技術が解決できるとして、導入テストが実施されており、今後システム内に導入されていく見込みがあります。​​

2017年にはアメリカの連邦準備銀行FRBが、リップルは次世代の国際送金の土台となることができると公式に発表していました。

世界的に注目されていることがここからもうかがえます。

また、有名な話として、世界的大企業、Googleが仮想通貨の中で唯一リップルにのみ出資しています。これからの日常生活に導入される期待が非常に高い仮想通貨だと言えます。

比較的悪い噂の少ない仮想通貨ですが、問題点も存在していました。それは、中央集権的な通貨であると言われてきたことです。

なぜなら、リップルはリップル社が発行して管理を行っており総発行数が1000億枚であるのにその内の640億枚を保有していたからです。

リップル社が独断で一気に売却を行えば、価値が大きく低下するので、批判が強まっていました。

しかしこの問題に対して、リップル社はすでに手を打っています。640億枚のうち550億枚(約90%)を一度ロックアップして使えないようにし、2018年から毎月10億XRPずつ機関投資家やマーケットメイカーに分配しているのです。

ここから、問題も徐々に解決されていくと考えられます!

 リップルの将来性についてもっと詳しく知りたい!という方には、こちらの記事がおすすめです!

 

「リップルの価格があがってるようだけど、今後の価格はどうなるんだろう?いまリップルは買うべきなのかな?」そうお悩みではありませんか?リップルの仕組みを勉強するのはなかな面倒ですし、専門家でもないのに将来性を予測するのは難しいですよね。仮想通貨が大好きな東大生が500種類以上の通貨を調べた結果、リップルは2018年もっとも将来性の高い通貨のひとつであることがわかりました!この記事ではリップルの特徴や著名人の価格予想を紹介したのちになぜ将来性が高いと言えるのかを説明しています。これであなたも迷わずにリップルの今後や将来性について知り投資判断ができるはずです!GMOコインでリップルを購入する目次リップルの特徴リップルの今後の価格予想リップルの将来性コインオタクの見解まとめリップルの特徴ブロックチェーンを使わない仮想通貨!リップルの最大の特徴は仮想通貨なのにブロックチェーンを利用していないことにあります。ビットコインをはじめ仮想通貨の大半はブロックチェーンに送金データを蓄積することで価値が保証されています。リップルはXRP Ledgerと呼ばれる仕組みによって送金データを管理しています。またリップルは、トランザクションの承認システムにプルーフオブコンセンサス(PoC)を採用しています。プルーフオブワーク(PoW)との違いは、後者は全てのノードが承認作業(マイニング)をできるのに対し一部のValidator(承認者)しかできない点にあります。これがリップルが中央集権的だと言われる所以ですが、一方でトランザクション承認の速さの秘訣でもあります。国際送金が安く・早くなる!リップルは国際送金インフラにおいてあらゆる通貨の仲立ちをするブリッジ通貨として活躍します。従来のインフラは銀行によって成り立っていました。国際送金に伴う両替などで手数料や時間が多く取られて、またマイナー通貨への両替ではそれが顕著でした。PoCにより高い承認速度のリップルが両替の仲介をすれば、国際送金にかかる手数料や時間が大きく削減されます。リップルの今後の価格予想Ripple Coin NewsRipple COin

リップルを取引するなら!BITPOINTの登録はこちら

 

ライトコイン(LTC) 

ライトコイン(LTC)の特徴 

​ライトコイン(LTC)とは、ビットコインを補完する商取引媒体を目指した通貨です。2011年に元GoogleエンジニアのCharlie Lee氏が公開しました。

ビットコインを「」と例えると、ライトコインは「」であることを目指して発表・開発が行われています。

ビットコインブロックの生成に時間がかかることや、総発行枚数が2100万枚と少ないことが通貨としては弱点になると考えられていました。

そこでビットコインの欠点になる部分を補うような特徴を持った通貨を開発しよう、という目的でライトコインは開発されたのです。

ブロック生成速度はビットコインの4倍の速度で、2.5分、総発行枚数はビットコインの4倍である8400万枚となっています。

ビットコインの送金に10分かかるということは、日常的な決済の際に利用するには少し不便です。迅速に取引を行うことで、日常的な決済に利用することが期待されています。

通貨名​(通貨単位)​Litecoin(LTC)
​運用開始時期​2011年
​時価総額​3500億円(7位)
​1日あたりの取引量​223億円
​ブロック生成速度​2.5分

​ライトコインについてもっと詳しく知りたい!という方はこちらをご覧ください。

ライトコインってビットコインとどう違うの?って疑問はありませんか?詳しく説明してある記事があれば楽に理解することができていいですよね。そこでコインオタクがライトコインについて徹底的に調べてこの記事にまとめちゃいました!アルトコインのことを知ろうとするときには、ビットコインと比べてどっちがいいか、と調べるのが一般的かと思います。ですがリサーチの結果、ライトコインとビットコインのどっちがいいかというのを比較すること自体がナンセンスであるということがわかりました!果たしてそれはどういうことなのか、将来性と併せて詳しく解説します!GMOコインの詳細を確認する 目次仮想通貨ライトコイン(Litecoin)とは仮想通貨ライトコイン(Litecoin)の基本情報・概要説明仮想通貨ライトコイン(Litecoin)の3つの特徴・メリット・デメリット仮想通貨ライトコイン(Litecoin)の今後2018年以降のイベント仮想通貨ライトコイン(Litecoin)の価格推移と最新チャート分析仮想通貨ライトコイン(Litecoin)の将来性と問題【取引所】仮想通貨ライトコイン(Litecoin)のおすすめ購入方法【ウォレット】仮想通貨ライトコイン(Litecoin)の保管方法仮想通貨ライトコインの気になるQ&A仮想通貨ライトコイン(Litecoin)のまとめ仮想通貨ライトコイン(Litecoin)とは ライトコインとは、ビットコインの補助的な役割を果たすために開発された仮想通貨で、アメリカでは特に人気の通貨です。ライトコインが将来的に価格を伸ばしたり普及したりするかは、ビットコインが普及するかどうかにかかっているため、ビットコイン信者にも多くファンがいて、実際開発責任者のCharlie Leeもビットコイン信者です。ライトコインはこんな人におすすめ!ビットコインの普及を応援している人、信じている人 仮想通貨ライトコイン(Litecoin)の基本情報・概要説明仮想通貨ライトコインの基本情報 通貨名(通貨単位):Litecoin(LTC) 公開日:2011年10月7日 発行上限枚数:84,000,000枚 時価総額:下記参照 備考:―国内取り扱い取引所:bitflyer、bitbank.cc、GMOコイン、etc海外取り扱い取引所:binance、bittrex、etc

 

ライトコイン(LTC)の将来性 

​ビットコインの動きに左右されてしまう

​ライトコインは、決済サービスを今後充実させていこうと考えています。ですが、あくまでもビットコインを補完することが目的となっていますので、ビットコインに対する評価がライトコインの評価にも繋がってきます。

スケーラビリティ問題などにより、ビットコインが満足に使えていない人たちが、ライトコインを使用することが一般的です。

つまり、ビットコインを使いたい人がもしいなくなってしまえば、ビットコインの補完的存在であるライトコインを使いたい人もいなくなってしまうのです。

逆に言えば、ビットコインが今よりもさらに普及するようになれば、同時にライトコインも大きく伸びると考えられるでしょう。


中央集権的になる恐れがある

​ライトコインは、ライトニングネットワークというものを利用しています。ビットコインの将来性に関する内容でも触れましたが、ライトニングネットワークとはビットコインのスケーラビリティ問題を解決する方法の1つです。

ブロックだけではなくブロック以外でも取引を可能にし、送金を行う際に他のユーザーを経由して送金することができます。最終的な記録のみをブロックチェーンに記載することになります。

この仕組みによって手数料を減少させ、少額から送金を容易にして送金スピードを上げることができるようになりました。

一方で、この仕組みだとネットワーク上でたくさんのユーザーを繋ぐ中継役になる人は、莫大な資産を持っていることが条件となるため中央集権的になってしまう恐れがあるのです。

ただ、この問題を解決できれば、送金速度を上げることや、手数料を引き下げることができるライトコインがビットコインの補完的役割として機能することは十分期待できます

ライトコインを取引するなら!BITPOINTの登録はこちら


ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴

​ビットコインキャッシュ、と聞くとビットコインの一種だろうか、と思われる方もいるかもしれません。

ビットコインとビットコインキャッシュはもともとは同じビットコインでしたが、実は意見の相違から通貨がわかれました。。

ビットコインの開発陣中国のマイニングループはビットコインの大きな問題であるスケーラビリティ問題の解決策の方向性に相違がありました。そこで、マイナー側がハードフォークを選択したために生まれたのです。

ハードフォークとは簡単に言うと、仮想通貨を分裂させることです。つまり、ハードフォークを行った後、もう一つ仮想通貨が生まれることになります。図で表すと下の画像のようになります。

​こうしてビットコインキャッシュ(BCC)が生まれました!

通貨名​(通貨単位)​BitcoinCash(BCH,BCC)
​運用開始時期​2017年
​時価総額​約1兆円(4位)
​1日あたりの取引量​約300億円
​ブロック生成速度​約10分

​ビットコインキャッシュについてもっと詳しく知りたい!という方はこちらをご覧ください。

 

目次Bitcoin cash(ビットコインキャッシュ)とはBitcoin cashのレートは?最新チャート分析!相場から見る価格推移Bitcoin cashの問題と将来性は?コインオタクの見解Bitcoin cashの仕組みBitcoin cashのメリットBitcoin cashのデメリット【Bitcoin cashの入手方法】おすすめの取引所3選【Bitcoin cashの保管方法】おすすめウォレットBitcoin cashについての気になるQ&ABitcoin cashまとめ コインオタクでは30人の東大生トレーダーと利率25%超えのAIによるビットコインキャッシュの価格予想を会員様限定に毎日公開しています。チャートが読めなくてももう大丈夫です!初心者では判断しにくい仮想通貨投資は東大生とAIの力を借りて勝ち切りましょう!今なら初月無料!CoinOtakuプレミアムを1ヶ月無料でトライアル!ビットコインキャッシュ(Bitcoin cash)とは ビットコインキャッシュとは、去年の8月にビットコインのハードフォークでできた通貨で、ビットコインよりも1つのブロックサイズを大きくすることでスケーラビリティ問題を解決しようとした通貨です。ブロックチェーンの分裂で生まれ、当時のビットコインと同じ量発行されました。 <コインオタクのオススメ関連記事> ビットコインのハードフォークで何が起こる?仕組みと過程を徹底解説仮想通貨市場全体を揺るがすビットコインのハードフォーク。どうして起きるのか?大荒れの相場でリスクを軽減する方法とは?今回はハードフォークの対処法、仕組みや過程についてくわしく説明します!続きを読む ビットコインキャッシュのレートは?最新チャート分析!相場から見る価格推移 (2017年10月31日現在) ビットコインキャッシュのチャートは、はじめは暴落するところから始まります。これはマイニングの難易度が高すぎて、マイニングが10分単位で行われず、取引が満足に行えなかったことが原因で通貨として使えないとみなされたことによります。

 

ビットコインキャッシュ(BCH)の将来性 

​​ビットコインキャッシュは元がビットコインであることもあって、ビットコインのメリットはそのまま残しており、問題点であった部分を改善している仮想通貨なので、非常に将来性は高いと考えられます。

実は、海外の取引所にはビットコインキャッシュを基軸通貨として扱う取引所も存在します。日本でも、まだ人気の出ていない草コインの中でも有望なものがたくさん取引されているKucoinはその一例です。

ビットコインを基軸通貨として扱うこと取引所の多い中で、このようにビットコインキャッシュを基軸通貨として使用する場合もでてきています

つまり、ビットコインよりも優れている点が評価されて、ビットコインに代わる仮想通貨となる可能性も秘めているのです。

ただ、概要でも説明したとおり、ビットコインキャッシュはマイナーのグループが主導となって作った仮想通貨なので、中央集権的な要素が強いとも言えます。そうすると仮想通貨の特徴である管理者がいないという構図でビットコインキャッシュを取引するのは、なかなか困難かもしれません。

BITPOINT(ビットポイント)に関するQ&A 

キャンペーンはあるの? 

現在、BITPOINTではキャンペーンを実施中です!2018年9月30日までのキャンペーン期間中に、口座を開設し5万円以上の入金を行うと、3000円に相当するビットコインがもらえます。

口座を開設して、入金するだけでビットコインがもらえるとしたらとてもお得ですよね!

​非常にお得なBITPOINTのキャンペーン情報はこちらをご覧ください!

ビットコインがもらえるのは今だけ!BITPOINTのキャンペーン情報はこちら

BITPOINT(ビットポイント)の取り扱い通貨まとめ

​いかがでしたか?BITPOINTは将来有望で、時価総額も非常に大きい主要な仮想通貨を取り扱っていることがわかったかと思います。

ここでもう一度おさらいすると、BITPOINTで取り扱っている仮想通貨は

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

の5種類でした。​

BITPOINTに自分が取引したい通貨はありましたか?気になる通貨が一つでもあれば、3000円分のビットコインがもらえるチャンスは他にはありません。是非口座を登録してみてください!

まとめ

  • 手数料が安い
  • 主要アルトコインを取り扱っている
  • キャンペーンを実施中