PAICOIN(パイコイン)とは?仮想通貨とAIを使って自分そっくりのアバターが作れる!

PAIコインってどんなコインなの?』『将来性はあるの?』そうお考えではないですか。まだ日本での知名度が低く全貌が掴みにくいこのコインは果たしてどんなプロジェクトに使われる予定なのでしょうか。

調べてみた結果、これからの未来を作るような驚きのプロジェクトであることがわかりました!”あの有名企業ソフトバンクも注目している”ことや”パーソナルAIと人間との新しい経済圏の形成”​​など2018年知っておくべき通貨の一つであると確信しました

読み終わったころには、PAIコインプロジェクトが生み出すこれからの未来の形にワクワクすること間違いなしです!さっそく見ていきましょう!!

​PAIコイン(パイコイン)の最新チャート分析!相場から見る価格推移​

7月の初め価格を上げながら推移していましたが、(​25日現在)少し下げて100円前後で推移しています。上場してからの利確売りで価格が一時的に下がっている事と考えると、今後再び100円台に到達するかに注目したいです。1PAIあたり100円で、初期発行量が15億枚なので流通量を考慮しないで考えると時価総額は1500億円になります。これは仮想通貨の時価総額ランキングでいうと15位にランキングする時価になります。


PAIコイン(パイコイン)の問題と将来性は? ​

​PAIコインは私たちがスマホを一人一台持っているように、一人一つのAIアバターを持つ未来を目指したプロジェクトになります。そのAIアバターは見た目や声、性格などからもう一人の自分を仮想空間上に作り出すことができ、それぞれのパーソナルAI(自分を投影させたAI)と現実の人との交流を行う事ができます。その、プラットフォーム上で使える通貨として発行されたのが、PAIコインになります!

​こちらの動画で、パーソナルAIを使ってできる事が紹介されています。​

どこでも。いつでも。もう一人の自分が活動できる! 

​アメブロやゲームなどでキャラクターを作ったことがある方は多いと思います。PAIコインのプラットフォーム上では、自分の声や性格などもそっくりにキャラクターが作れちゃうんです。そして自分を投影したパーソナルAIをプラットフォーム上で活動させることが可能になります。自分のAIは日々学習していき、自分の考えやしゃべり方もそっくりな知的分身アバターになっていきます


新しい人間関係をAIと人間が作る! 

​自分そっくりのAIを作って何に使うのか?現在、SNSは文字同士のやりとりであって二次元的な関りにとどまっています。しかし、自分そっくりのアバターを作れるとしたらどうでしょう。自分を投影したアバター同士が2.5次元の世界で、知り合うことも可能になるわけです。また、現実世界で出来ることをアバターと人間で行うことも可能になります。例えば、カラオケやショッピング、デートなども行うことができるようになります。

憧れの人とも交流できちゃう! 

​憧れの芸能人や歌手は誰しもいると思います。しかし、実際にあったり話したりするのはなかなか難しいのではないでしょうか。パーソナルAIを使えば、距離や時間を無視して交流することが可能になります。地方に住んでることで足を運べなかったり、時間がなくて不可能なことでも実現させることが可能になります。


果たして、世間に受け入れられるのか? 

AIと人間の交流が行われていくのかというのが今後の懸念点になってきます。そして、まったく新しい技術は世間に受け入れられるまでに時間がかかります。パーソナルAIと人間とのコミュニケーションがうまくいくかが、PAIコインが使われていくかの分かれ道になります。


PAIコイン(パイコイン)の仕組み | AI×VR×ブロックチェーン 

​ここではPAIコインの仕組みを詳しく解説していきます。

​プロジェクト概要 

​通貨名 PAIcoin​
ホワイトペーパー​公開日​2017年10月
​承認システム​Proof of Work (PoW)
​発行上限数​21億枚​
​公式サイトhttps://www.projectpai.com/ja/…
PROJECT PAIについて

自分の性格、見た目、声から人工知能(AI)アバターが作れる、新しい時代にたどり着きました。私たちはこのアバターのことをパーソナルAI、または「PAI」と呼んでいます。世界中の誰もが自分のパーソナルAIアバターを作成し、個人データをコントロールできる未来を実現するのがProject PAIの使命です。​​

Source: 公式ページより 引用


​PAI技術を開発する企業【ObEN】

​ObENは大手電気通信事業の会社で、革新的なAI技術を開発しています。最近開催された『ソフトバンクワールド2018』という世界中の新しい技術が集まる会に、PAIコインに使われている技術を紹介しにきました。今回のテーマは『情報革命』で、訪れた参加者はObEN社の技術に興味津々だったそうです。世界のソフトバンクが主催する最先端技術が集まる場所に出展しているのは、それだけ技術が評価されているということです。​


PAIコイン(パイコイン)のメリット ​

AI業界は発展していく 

​AI業界は2030年には20兆円規模になるといわれていて、今後ますます発展していく分野です。そして、今や知らない人はいないような大企業の”Amazon”や”Google”なども開発に取り組んでいます。また、大まかに分けると「生産性」「健康、医療・介護」「空間の移動」​の分野に応用されることが期待されており、「健康、医療・介護」「空間の移動」​などはPaiコインのプロジェクトにも関わってきます。


独自のセキュリティーで個人情報を保護する 

個人を投影する事の出来るアバターだが、個人情報の塊なのではないか?もちろん個人情報を守る仕組みも備わっています。それを解決するためにブロックチェーンとTorrentネットワークを使って独自のセキュリティ技術を用いています

​参照元:エムトレ

このセキュリティによって個人情報を強固に守ることができ、ユーザは安心して自分自身のAIを使うことができます


PAIコイン(パイコイン)のデメリット ​

AI業界は競争率が高い 

​AI業界は大手企業もこれからを見据えて参入しているため、競合が多いというデメリットがあります。また、新規マーケットを開拓しなければならず先き行きが不透明という懸念もあります。


【PAIコインの入手方法】おすすめ取引所を紹介!

​Huobi 取引所​

​Huobiは正式名称が「Huobi Global」といい香港を拠点にした大手海外取引所になります。独自トークンの発行やSBIとの提携(現在解消)、独自の上場システムなど他の取引所にはないシステムを採用しています。また本部はシンガポールに構えており、世界130ヵ国に展開しており取り扱い通貨数は90種類以上あり多くの通貨を取引できる取引所になります

Huobi 公式サイト

​Bitfinex 取引所​

Bitfinex(ビットフィネックス)は香港の仮想通貨取引所です。過去にハッキングにあったことがありますが、今は事件を経て強固になったセキュリティが取引所の強みになっています!取引高も高くユーザー数も多い取引所になります。

Bitfinex 公式サイト

PAIコイン(パイコイン)のウォレット紹介 

​定期的に話題になるニュースで取引のハッキング事件があります。自分の資産は自分で管理することが求められる仮想通貨の世界において、通貨のウォレットを持つことは必須になりつつあります。そのことから、PAIコインもウォレットで安全に管理することをおすすめします! 

「ウォレットを使ってみたいけど、どう使うのかが分からない」コインチェックのハッキング騒動があったから、自分の仮想通貨は安全な場所に保管したいけど、どうしたらいいか分からない。そんなあなたに朗報です。この記事を読めばウォレットの仕組み、種類、通貨別おすすめウォレットなどを短時間で知ることができます。そして、ウォレットを利用し自分の仮想通貨を安全に保管することが出来るようになります。また、セキュリティを大幅にアップさせる仮想通貨を安全に保管する4つのコツも紹介していきます!ウォレットのことをしっかりと理解し、自分の資産を安全に保管しましょう!目次そもそも仮想通貨ウォレットとは?ウォレットの種類一覧ウォレット作成のメリットウォレット作成の注意点通貨別のおすすめウォレット【セキュリティ大幅アップ】仮想通貨を安全に保管する4つのコツ!まとめそもそも仮想通貨ウォレットとは?ウォレットとは文字通り仮想通貨の「財布」であり、仮想通貨の保管ができ他のウォレットに送金したりすることができます。秘密鍵と公開鍵ウォレットとは秘密鍵と公開鍵と仮想通貨アドレスを管理するものです。秘密鍵とは約70桁の数字とアルファベットをランダムに選んだ文字列のことです。桁があまりにも大きいため他人とは絶対に被らないというのがポイント!その秘密鍵から公開鍵、そして公開鍵からアドレスが作られるのですが、秘密鍵が他人に知られてしまうと勝手に送金されてしまう可能性があるため絶対に知られてはいけません。そのためウォレットについて考える時には秘密鍵を誰が保持しているかというのが重要になります。(詳細は後ほど)コールドウォレットとホットウォレットウォレットはネットに繋がっているホットウォレットとネットに繋がっていないコールドウォレットの二つに大きく分けられます。ネットに繋がっているホットウォレットは取引を頻繁にする人にとっては便利ですが、インターネット経由でハッキングされたりウイルス感染するリスクがあります。一方ネットに繋がっていないコールドウォレットはすぐに取引は出来ないものの、ハッキングリスクはほぼ0と言えるでしょう。ウォレット比較の時の重要な視点秘密鍵を誰が持っているのかウォレットがネットに繋がっているのかどうか 


​PAIコイン専用スマホウォレット『PAIUp』

​『PSIUp』はPAIコイン専用のウォレットです。送金や入金をすることができ、スマホで手軽に操作できます。またサポート体制も充実してるため、万が一のトラブルにも迅速に対応をしてもらえます。アプリ版のウォレットはこちらからダウンロードすることができます!(Android)


まとめ​

今後普及していくのかわからないものの、普及した場合い今の常識はガラリと変わることになります。これまでも、新しいテクノロジーが未来を作り出してきましたパーソナルAIによるプラットフォームの発展がPaiコインの価格にも影響すると考えられるため、これからもCoinOtakuはPAIコインのプロジェクトに注目していきたいと思います!!