ビットコイン(Bitcoin)の今日の相場・チャートの推移

ビットコイン相場(対円)の一日の変動

【お知らせ】CoinOtakuはツイッター(@CoinOtaku)でも発信しています! 最新情報など随時更新していく予定です。どうぞよろしくお願いいたします。 本日もCoinOtakuがビットコイン相場を解説します! 昨日(24日)は、午前中は86万円付近を横値推移していましたが、13時から一気に暴騰し21時に92.9万円の高値をつけました。 本日(25日)は、日をまたいでからも昨日の上昇力を維持し安値を切り上げながら上昇しています。午前9時に94.3万円の高値をつけ、その後反落しています。 アルゼンチンで開催されたG20会議で仮想通貨について議論され、金融システムと経済に大きな利益をもたラスという見解を表明しました。その一方で仮想通貨が抱える問題についても触れられており、10月までにAML規制基準の設定を求めています。​
​先週末にかけてG20加盟国の財務大臣及び中央銀行がアルゼンチンにて国際経済について話し合いました。その会議にて、参加者は仮想通貨は金融安定性に危険を及ぼさないという立場を再度確認し、金融行政タスクフォースへ10月までに仮想通貨に対するAMLの基準設定することを要求しました。目次「仮想通貨は安定性に悪影響を及ぼさない」と関係者は再確認G20は10月までにAMLの規制基準の設定を求めるコインオタクの見解「仮想通貨は安定性に悪影響を及ぼさない」と関係者は再確認​G20加盟国の代表は7月21日から22日にかけて開催された会議の後に発表された公式報告において、経済成長は健在であり失業率はここ10年低率を維持していると述べました。しかし、「金融脆弱性や地政学的な緊張の高まり、または世界的な不均衡や不平等を残したままの成長」が伴う経済発展が起こってしまうリスクを軽減をするための対策を取る必要性も指摘しています。そんな中、この声明では議論の必要性が謳われていた仮想通貨について言及していますが、早急に対処しなければならないリスクについては言及しませんでした。政府関係者は「仮想通貨資産は現時点では国際的な金融安定性のリスクにはならないが、我々は依然として注意を払い続けている。」と述べており、仮想通貨に対する危険意識をそこまで大きく抱いていないという姿勢がうかがえました。その一方でG20のメンバーは仮想通貨が「消費者や投資家保護、市場の健全性、脱税、マネーロンダリングといった点で問題を起こす懸念がある」という自身の見解を示しています。また、閣僚と銀行は仮想通貨が「お金としての重要な性質を欠いている」と従来通り指摘しましたが、「基礎的な仮想通貨資産のような技術革新は、金融システムと経済に大きな利益をもたらすことができる」という政府そして規制当局としての肯定的な見解も追記しています。G20は10月までにAMLの規制基準の設定を求める​会議の参加者は3月のG20サミットで締結された金融活動作業部会(FATF)が採用したマネーロンダリング、テロ資金の拡散の撲滅に関する要綱の推進に関する約束を再度確認しました。そしてG20のメンバーは今年の10月までに、制定したアンチマネーロンダリング基準の仮想通貨への適応基準を明確にするためにFATFを必要としており、同時に金融安定理事会(FSB)と標準設定委
  それでは、チャートを確認しましょう!

1時間足

まずは1時間足です。 現在は高値から下落した後、緑のトレンドラインを割り込むも、フィボナッチリトレースメントの50%ラインで反発しています。   上昇するシナリオとしては、この50%ラインで明確に反発し、直近の高値である94.3万円を目指す流れが考えられます。 下落するシナリオとしては、この50%ラインでを割り込み、78.6%ラインや雲の上部まで下落する可能性が考えられるでしょう。   現在のビットコインは非常に強い上昇トレンドが発生しているため、ショートのエントリーの場合はロットに余裕をもって取引することが大事でしょう。    

日足

次に日足での分析です。 かなり厚い一目雲の突破に加え、3月5日と5月5日の高値ラインを結んだオレンジのレジスタンスラインを大きくブレイクし、長期的にみてもテクニカル的にもかなり良い相場となっています。 このまま上昇力が衰えず上昇が続くと考えた場合は、1週間前の展開と同じように95.2万円でのレジスタンスライン目前で横値推移しショートをためてから一気に上昇するものと考えられます。逆に横値推移せずに一気に下落した場合はフィボナッチの38.2%ラインとも重なる85.5万円付近まで値を戻す可能性があるでしょう。  

ビットコイン相場の明日の予想

現状では強い上昇トレンドの押し目だと考えるのが良いと思われ、いったん反発し直近の高値である94.3万円目指す動きになることが予想されます。 無料で口座開設!bitFlyer公式サイトへ

ビットコインの相場の見方をコインオタクが解説!

海外の取引所の対ドル相場と比較!

BTC/JPYの相場状況だけでなく、BTC/USDペアも見ておくと良いでしょう。どちらかが先に動きだして、それを追うような形でもう一方が動く、ということも多いため、海外の取引所で口座を開設して機会損失を防ぎましょう。 また、海外の取引所は数多くのアルトコインを扱っているので、将来有望なアルトコインに投資をしてみてもよいと思います。これを機に海外の取引所でも口座を開設してみませんか? コインオタクおすすめの海外取引所の解説記事はこちらです!
2017年7月の設立以降、驚異的なスピードで成長する仮想通貨取引所Binance。どんな取引所?今後は大丈夫?メリットデメリットと登録方法、使い方は?この記事を読めばBinanceに関する知識はバッチリ!
 
Bittrex(ビットレックス)とはアメリカに本社がある仮想通貨取引所です。Bittrexの特徴は?強みは?取扱通貨数が世界一?絶対に知っておきたい情報、コインオタクが全部教えます!
 
ポロニエックスは、グローバルで使われている世界最大級の仮想通貨取引所の1つで、日本でも上級者がよく使っていると言われています。そんなポロニエックスの概要や、メリットデメリット、使い方などについてまとめました。
 
Bitfinex(ビットフィネックス)は香港に拠点を持つ、ドル建てビットコイン取引量世界一を誇る仮想通貨取引所です。ハッキング被害から回復?取扱通貨の種類は?使いやすい?Bitfinexに関する全ての疑問を徹底解消!
 

FX相場と現物相場で比較

レバレッジをかけることのできるFX取引所でも、現物と価格が連動することが多いです。ビットコインのFXに関しては、bitFlyer FXやBitMEXなどが取引所として有名です。 以前のBitMEXは取引量が少なく利用しにくいものでしたが、最近は利用者の増加により利用しやすい状況が整っています。いま現物取引しか行っていない方も、FX取引を始めてみてもいいかもしれませんね。   *この記事の内容は読者の皆さまが投資で利益を出すことを確約するものではありません。あくまでも投資は自己責任でお願いします。