オラクルって何?スマートコントラクトの実用性を高める!?

そんなことをお考えですか?

この記事を読めばオラクルとはどういうものなのか、その利点や問題点まで知ることができます。

元々ブロックチェーンは仮想通貨のみで使われていましたが、このオラクルにより仮想通貨だけでなくビジネスにも応用することができ、また、スマートコントラクトが高速にリアルタイムで行うことができるようになります。

ブロックチェーンにいては下記の記事で詳しく解説しています。

2018年、コインオタクが最もおすすめする仮想通貨はこちら!!目次ブロックチェーンの仕組みを超簡単に説明すると…?ブロックチェーンの仕組みをわかりやすく図解でブロックチェーンの詳しい仕組みと理論 ブロックチェーンの仕組みに関するQ&Aブロックチェーンの仕組みまとめ ブロックチェーンの仕組みを超簡単に説明すると…? まずは、誰でも分かる簡単な説明でブロックチェーンをざっくり理解しましょう! ブロックチェーンは公開された台帳 ブロックチェーンとは、最も簡潔に言うとみんなが見れる台帳です。「仮想通貨をAさんからBさんに送りました」という情報をいくつかまとめたものをブロックと呼んで、それをいくつも鎖のように繋いでいくのでブロックチェーンというわけです。 ブロックチェーンの情報は世界中にあるノードが保管しており、もしブロックチェーンの情報を保管しているノードに不具合が発生してしまったとしても、他のノードに記録がされているのでブロックチェーンの情報が完全に失われることはありません。 そして、ブロックチェーンに記録された情報は誰でも見ることができます。 また、このノードは全て対等であり、中央管理者のような存在がいないので、ブロックチェーンは分散型台帳とも言います。 改ざんが不可能になっている ブロックチェーンにある取引の記録は改ざんが不可能になっています!なぜ改ざんが不可能なのかの説明はあとで述べますが、簡単に言うと改ざんにはとてつもない計算力を持ったパソコンを持つ必要があり、それはほぼ不可能だからです。 この取引の改ざん不可能性によって仮想通貨は成り立っています。仮想通貨を保有している、というのは仮想通貨という物が自分の手元にあるわけではありません。 ブロックチェーンという取引記録に今までこういう記載がされていてこれは必ず改ざんされていないから、自分はいくら仮想通貨を持っている、という風に取引の履歴によって誰がいくら持っているかが分かる仕組みになっています。 改ざんされていない保証がある電子的な台帳があれば新しい通貨の形ができる、というところに着目して、改ざんされない電子的な台帳の形を初めて実現したのがブロックチェーンということですね。 ブロックチェーンの仕組みをわかりやすく図解で

 

今のうちからオラクルについて理解を深めておきましょう!

この記事を読んで分かること

  • スマートコントラクトにおいてオラクルの重要性
  • オラクルの問題点
  • オラクルのプロジェクト例

 


オラクル(Oracle)とは?

オラクルとは簡潔に説明するとブロックチェーンと世の中の情報を繋ぐシステムです。天気、事件、不動産価格、為替などのさまざまなブロックチェーン外の情報・データをブロックチェーンに持ってくることができます。また、その外部から持ってきた情報が正しいのかどうか判断をします。

昨今ビジネスにブロックチェーンを取り入れる流れが増え始めているので、ブロックチェーンに情報を入れる必要性が高くなっています。ですが、ブロックチェーンは自ら世の中の情報を持ってくる機能がありません。なのでオラクルはブロックチェーンに情報をもたらすシステムとしてとても重要な役割を果たしています。

(今回解説するオラクルはIT用語で出てくるデーターベースのオラクルとは違います!)

ブロックチェーンについてはこちらで詳しく解説しています。

2018年、コインオタクが最もおすすめする仮想通貨はこちら!!目次ブロックチェーンの仕組みを超簡単に説明すると…?ブロックチェーンの仕組みをわかりやすく図解でブロックチェーンの詳しい仕組みと理論 ブロックチェーンの仕組みに関するQ&Aブロックチェーンの仕組みまとめ ブロックチェーンの仕組みを超簡単に説明すると…? まずは、誰でも分かる簡単な説明でブロックチェーンをざっくり理解しましょう! ブロックチェーンは公開された台帳 ブロックチェーンとは、最も簡潔に言うとみんなが見れる台帳です。「仮想通貨をAさんからBさんに送りました」という情報をいくつかまとめたものをブロックと呼んで、それをいくつも鎖のように繋いでいくのでブロックチェーンというわけです。 ブロックチェーンの情報は世界中にあるノードが保管しており、もしブロックチェーンの情報を保管しているノードに不具合が発生してしまったとしても、他のノードに記録がされているのでブロックチェーンの情報が完全に失われることはありません。 そして、ブロックチェーンに記録された情報は誰でも見ることができます。 また、このノードは全て対等であり、中央管理者のような存在がいないので、ブロックチェーンは分散型台帳とも言います。 改ざんが不可能になっている ブロックチェーンにある取引の記録は改ざんが不可能になっています!なぜ改ざんが不可能なのかの説明はあとで述べますが、簡単に言うと改ざんにはとてつもない計算力を持ったパソコンを持つ必要があり、それはほぼ不可能だからです。 この取引の改ざん不可能性によって仮想通貨は成り立っています。仮想通貨を保有している、というのは仮想通貨という物が自分の手元にあるわけではありません。 ブロックチェーンという取引記録に今までこういう記載がされていてこれは必ず改ざんされていないから、自分はいくら仮想通貨を持っている、という風に取引の履歴によって誰がいくら持っているかが分かる仕組みになっています。 改ざんされていない保証がある電子的な台帳があれば新しい通貨の形ができる、というところに着目して、改ざんされない電子的な台帳の形を初めて実現したのがブロックチェーンということですね。 ブロックチェーンの仕組みをわかりやすく図解で


オラクルの種類 

ブロックチェーンにブロックチェーン外の情報をもたらしてくれるオラクルは集中型オラクル分散型オラクルの二種類に分けることができます。1つずつ見ていきましょう!

集中型オラクル 

​1つの管理主体によって運営されているオラクルを集中型オラクルといいます。

この管理主体はブロックチェーン外の世の中の情報を効率的に集めて、それをブロックチェーンと繋げてくれます。集中型オラクルの管理主体は正しい情報をもたらすことが必要なため、高い信頼性を求められます。しかし、集中型オラクルが不正やハッキングの被害に会い、間違った外部情報がブロックチェーンに流れると困るので、ハッキング防止システムに多くの管理コストがかかってしまいます。


集中型オラクルのまとめ

  • 1つの管理主体で管理される
  • 管理主体は信頼性が重要になってくる
  • ハッキング防止にコストがかかる

 

分散型オラクル 

​分散型オラクルは参加者全員で分散して管理されているオラクルです。

集中型オラクルとは違い管理主体が1つではないため、外部からハッキングされても情報が改ざんされるリスクはほとんどありません。ですが、分散型オラクルの実現は今現在では非常に難しくなっています。

分散型オラクルはみんなで管理するため、一見安全なように思えますが、オラクルの情報を正当化させるインセンティブ設計が難しいため分散型オラクルは実現にいたっていません。

同じ分散型の管理方法である仮想通貨は取引が行われたときに、その取引記録を正しく計算すると仮想通貨が貰えるインセンティブがあるため、情報の正当性が成り立っています。

ですが反対に、分散型オラクルではそのような報酬を貰えるインセンティブがありません。なので情報の正当性が低くなってしまいます。

このようなことから実際に今利用されているオラクルのほとんどは集中型オラクルとなっています。


分散型オラクルのまとめ

  • オラクル参加者全員で管理される
  • インセンティブ設定がないため不正が起きやすい
  • 現段階では分散型オラクルは使われない。

オラクルは早くてリアルタイムなスマートコントラクトを実現する

オラクルはブロックチェーン上でスマートコントラクトするのにとても重要な役割を果たします。スマートコントラクトについては下記の記事で詳しく解説しています。

目次スマートコントラクトとはスマートコントラクトのメリット スマートコントラクトの問題点・課題・脆弱性スマートコントラクトの将来性・活用事例スマートコントラクトの気になる疑問を解決!スマートコントラクトまとめ スマートコントラクトとは 一言で言うとスマートコントラクトとはプログラムに基いて自動的に実行される契約のことです。これだけだと具体的なイメージがわからないと思うので詳しく解説していきます。 ブロックチェーンを用いたスマートコントラクトの仕組み スマートコントラクトをブロックチェーンと組み合わせることで、当事者間の私的な取引をプログラムとしてブロックチェーン上で記載し、契約の執行条件が満たされたら自動的に契約が執行される仕組みを作ることができます。これにより取引に付随する様々な作業を自動で執行できるようになり不正取引が減ったり、世の中の仲介業者がやっていることを自動化できるなど、かなり画期的で、今後の世界を変える可能性を秘めています。 そもそも契約とは、 契約定義イベント発生価値の交換、契約執行決済 という4つでできていて、スマートコントラクトでは、2〜4を自動で行うことができます。 ですが、これでもまだイメージが掴めないと思うので身近な具体例を用いて考えてみましょう。 スマートコントラクトの身近な具体例 実はスマートコントラクトの概念は、ビットコインができるよりも昔からある概念です。1994年にNick Szaboというコンピューター科学者・法学者・暗号学者によって提唱されていて、初めに導入された例として自動販売機を上げています。自動販売機はお金を入れると商品が自動で出て来ます。これは人と人との間で売買の合意があるわけでもなく、何かの売買契約書を交わしたわけでもなく、機械によって自動で執行された契約という意味では、スマートコントラクトの事例であるといえます。上の契約とは、の話に当てはめると、 制約条件を満たす額のお金(買うものの値段)を入れてボタンを押すと、商品が出て来るという契約を定義する人が訪れてお金を入れてボタンを押す商品が出て来るお金が自動販売機のものになる と言った工程のうち2~4は自動で執行されます。 スマートコントラクトのメリット

 

イーサリアムのスマートコントラクトは契約の自動執行を行うもので、例えば、「明日の天気は晴れもしくは雨か?晴れの場合は1ETHを貰える」というような契約をするとします。

これをスマートコントラクトする場合、ブロックチェーン内には天気の情報がないため天気が晴れになったのか雨になったのか分かりません。なのでこの天気の情報をブロックチェーン内に持ってくるためにオラクルが必要不可欠になります。

素早く自動的に契約執行ができる 

​オラクルを使ってスマートコントラクトをすることで外部の情報を瞬時に取り入れ自動的に契約を執行でき、また条件分岐などの複雑なシステムも実装することができます。

これによって低コストでリアルタイムなスマートコントラクトをすることができます

ブロックチェーンで様々なビジネスをすることができるようになる

今までは主に仮想通貨に使用されていたブロックチェーンでしたが、オラクルの導入によって​ブロックチェーンで扱える情報が格段に増え、様々なビジネスに応用することができます。

オラクルはブロックチェーン上でギャンブル、保険、金融などのビジネスをすることができ、グローバルで情報量の多い大きなプラットフォームが作れるととても期待されています。


スマートコントラクトでのオラクルの役割まとめ

  • 外部の情報を用いてスマートコントラクトできる
  • 素早くリアルタイムでスマートコントラクトできる
  • ブロックチェーンで様々なことに応用できる

 

オラクルの問題点 

​オラクルは今後非常に重要なシステムとなってきますが二つほど問題点があります。

情報の正確性

​先ほど申したようにオラクルはほとんど集中型オラクルなため、1つの管理主体が運営しています。当たり前のことですが、オラクルが持ってくる外部の情報の真偽がわからなければ、そのオラクルは使うことはできません。管理主体は自信に利益となるように情報を不正に改ざんすることも可能なのです。

なので管理主体は信頼性を確保するようにさまざまな取り組みをしなければなりません

ハッキングリスク 

​集中型オラクルでは外部の情報を1度集めてそれをブロックチェーン内に流し、その情報をもとにスマートコントラクトが行われています。なので集めた情報がハッキングされ改ざんされてしまうと、誤った情報でスマートコントラクトが行われることになってしまいます。

このハッキングリスクはオラクルを利用するうえで伴うリスクで、これを避けるためにもセキュリティに多額なコストがかかってしまいます。


オラクルの問題点まとめ

  • 情報の正確性が担保されづらい
  • ハッキングリスクがある
  • セキュリティにコストがかかる

 

オラクル関連のプロジェクト3選 

Gnosis 

https://gnosis.pm/

Gnosisはイーサリアムのブロックチェーンを使ったスマートコントラクトでの予想市場アプリケーションを作ることを目指したプロジェクトです。予想市場とは未来の事象にたいして結果を予想し、それに参加者が金銭を賭けるプラットフォームの事をいいます。

日本では予想市場として競馬や競輪、競艇などがありますね。それをブロックチェーン上で行おうとしているのです。

仕組みは以下の図のようになっています。

予想市場では「1か月以内に地震が起きる」などの予想に市場参加者が賭けていき、その結果に応じて報酬が払われるようなスマートコントラクトが組まれていて、1か月以内地震が起きたかどうかを確認するためにオラクルを使っています。

Gnosisについては下記の記事で詳しく解説しています。

目次Gnosisとはどんな仮想通貨?Gnosisの相場を元にした価格分析とチャート分析Gnosisの問題点&将来性。コインオタクがGnosisの今後の展望を予想Gnosisの特徴的ICOモデル「ダッチオークション形式」についてわかりやすく解説!Gnosisの仕組みは?GnosisのメリットGnosisのデメリットちょっと心配!?Gnosis MultiSig Wallet(グノーシス・マルチシグ・ウォレット)のセキュリティGnosisの買い方!おすすめ取引所3選Gnosisの保管方法!おすすめウォレットGnosisの気になるQ&AGnosisまとめ Gnosis(グノーシス)とはどんな仮想通貨? Gnosisとは、イーサリアムのブロックチェーンの上で構築された分散型予測市場のプラットフォームです。予測市場とは未来に起こることに対して予測をたて、その予測が正しかったら報酬がもらえ、間違っていたら掛け金が没収されるシステムのことで、一見ギャンブルのように思えますが様々な分野に応用できることで期待されています。この予測市場をブロックチェーンの技術を使って生み出したのがGnosisです。また、Gnosisは特徴的なICOを行ったことで注目を集めた通貨でもあります。 Gnosisの相場を元にした価格分析とチャート分析 (2017年10月23日現在) Gnosisの価格推移です。Gnosisは2017年4月末のICO後にPoloniexに上場し、その後、Kraken、Bitfinex、Liquiなどでも取引が開始されました。5月からの値上がりはこのような上場によって取引量が増えたことが関係していると思われます。 7月の急激な値上げはイーサリアム価格の上昇と関係しています。Gnosisはイーサリアムのブロックチェーン上に開発されたものなので、イーサリアム価格に影響される傾向にあります。イーサリアムは2017年7月に急激な値上げを見せたため、Gnosisもその上昇に引っ張られたのだと考えられます。

 

​Oraclize 

https://www.oraclize.it/#contac...

oraclizeとはWeb APIと分散型アプリケーション(Dapps)を繋げるオラクルのことをいいます。APIとはApplication Programming Interface​の略で、Web上のシステムを呼び出すものです。

​Oraclizeはイーサリアムだけでなく、RootstockやEtherisc​などのプロジェクトの橋渡しとなっています

Rootstock​はビットコインにスマートコントラクトを導入し、ビットコインの利便性をあげるためのプロジェクトです。またRootstock​はイーサリアムとも互換性があるため、イーサリアムネットワークはビットコインネットワークの安全性を受け継ぐことができるようになっています。Rootstock​でスマートコントラクトを行う時、Oraclizeが利用されています。

Etherisc​(Eris)はスマートコントラクトを用いて分散型保険アプリケーションを作ることを目的としたプロジェクトです。仲介者をなくすことで保険料を安くするような取り組みをしています。Etherisc​​でスマートコントラクトを行う時、Oraclize​が利用されています。

BlockOne IQ

​BlockOne IQ​は為替レートや株価、仮想通貨の価格など金融市場のデータをCorda、EthereumまたはQuorum​でのスマートコントラクトの際に使われるオラクルです。

​ロイター通信でお馴染みのトムソン・ロイター社が提供するオラクルで、ブロックチェーン外の情報はロイター通信から持ってきており全てトムソン・ロイターの署名がついているので信頼性の高いオラクルといえます。

​まとめ

​オラクルは世の中の外部の情報をブロックチェーン内にもたらすシステムでした。

オラクルには集中型オラクルと分散型オラクルがあり、今現在あるオラクルはほとんど集中型オラクルが使われています。分散型オラクルだと参加者が公正に保つインセンティブがないため、信頼性のある情報がもたらされることが集中型オラクルより少なくなってしまいます。

スマートコントラクトとオラクルの相性は抜群で、この2つの組み合わせによって外部にある膨大な量の情報を早く自動的な契約執行をすることができるようになります。これによりビジネスへの応用が可能になっています。