​量子コンピュータ耐性のあるNEOADAなどの仮想通貨が注目を浴びています。

ビットコインなどの主要な仮想通貨が下落しているなか、量子耐性のある仮想通貨はじわじわ上昇しているのです。

数ある仮想通貨の特徴の中で、量子耐性という特徴が重要なものとなることは間違いないでしょう。

この記事では、量子コンピュータが仮想通貨にどのような影響をもたらすのか、わかりやすく解説していきます!


仮想通貨にも量子コンピュータ耐性が求められる

​次世代型コンピュータ、量子コンピュータとは?

​最近、量子コンピュータという言葉をよく耳にしますよね。

量子コンピュータは現在のコンピュータをはるかに上回る性能を持ち、5年後に実用化されるだろうと予測されています。

AI(人工知能)IoT(モノのインターネット)が私たちの生活に組み込まれるなかで、それらの技術と組み合わせることで私たちの生活をより豊かにすることを期待されています。

量子コンピュータの処理能力は、従来で最も処理能力の高いスーパーコンピュータの約1億倍ともいわれています。

これによって、気象予測やゲノム解析にかかる時間をぐっと縮めることができるのです。

仮想通貨のセキュリティが量子コンピュータにより破られる

​量子コンピュータは私たちの生活をさまざまな面で豊かにしてくれる一方で、私たちのセキュリティを脅かすのではないかとの懸念もあります。

その高度な処理能力が悪用されると、インターネット上の取引で使用される暗号を解読してしまう場合があるのです。

これまで解析することは不可能だろうと考えられてきた仮想通貨の秘密鍵が解読されてしまう可能性もあると専門家は指摘しています。

量子コンピュータ耐性のある仮想通貨が上昇

そこで、量子コンピュータ耐性のある仮想通貨が注目されているのです。

ビットコインなどの主要な仮想通貨は下落傾向にありますが、それに対して、量子耐性のある仮想通貨はじわじわ上昇しているのです。

具体的には、量子耐性が認められる仮想通貨には、NEO, Cardano, IOTAなどが挙げられます。

これからは、数ある仮想通貨の特徴の中で、量子耐性という特徴が重要なものとなることは間違いないでしょう。


量子コンピュータ対策のランポート署名とは?

​安全性の高い電子署名

ランポート署名(Lamport Signature)は1979年にレスリー・ランポートにより考案されたデジタル署名を構築する署名方法です。

乱数ハッシュを複雑に組み合わせて作られており、従来の署名方法よりも安全性が高いといわれています。

これによって、量子コンピュータの悪用による暗号の解読に耐えることができます。

量子コンピュータにも有効?その仕組みとは

​ランポート署名は以下の三つのステップで行われます。

  1. 秘密鍵と公開鍵を生成する
  2. 署名を行う
  3. 署名を検証する

ランポート署名については、​こちらの記事でわかりやすく解説しています!

​ランポート署名(Lamport Signature)は、量子コンピュータにも有効であるといわれる仕組みです。5年後に実用化するとの予測もある量子コンピュータは、スーパーコンピュータの約1億倍の処理能力があるとされ、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)と組み合わせ人々の生活を豊かにすることが期待されています。その一方で、その計算能力・処理能力の高さから、仮想通貨の秘密鍵を解読してしまい仮想通貨のセキュリティを脅かすとの懸念もあります。そんな量子コンピュータへの耐性を持つのがランポート署名という仕組みです。この記事ではランポート署名の仕組みについて詳しく解説します!目次​ランポート署名とは?ランポート署名のメリットランポート署名の仕組みランポート署名まとめ​ランポート署名とは?​安全性の高い電子署名​量子コンピュータへの対策の一つとしてあげられるのがランポート署名(Lamport Signature)です。乱数とハッシュを複雑に組み合わせて作られていて、従来の署名方法よりも安全性の高い署名方法だとされています。秘密鍵・公開鍵の作成、署名、署名の検証という大きく分けて3つの仕組みで成り立っています。ランポート署名のメリット​量子コンピュータの悪用に耐えうる近年話題になっている量子コンピュータは、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)の応用と組み合わせることで、生活の利便性を何倍にも向上させるとされています。事実、量子コンピュータの処理速度は、今の時点で最速の計算速度をもつスーパーコンピュータの約1億倍ともいわれています。人間の生活を豊かにする量子コンピュータですが、その処理能力・計算速度が悪用された際は、甚大な被害をもたらします。量子コンピュータの処理能力だと、インターネット上の取引で使われる暗号も解読されてしまうのではという懸念もあります。しかし、従来の署名方法よりも安全なランポート署名は複雑に組み合わされて作られているので、量子耐性があるといわれています。仮想通貨の量子耐性のために使われる​​​量子コンピュータが登場すると、その計算能力により仮想通貨の秘密鍵も解読される危険もあります。量子コンピュータが悪用された際、つまり量子コンピュータによるハッキングが行われた際に、セキュリティを守れることを量子耐性といいます。5年後には実用化されるともいわ

 

量子耐性を持つ仮想通貨とは?

​Cardano

CARDANO

エイダコイン(Cardano、ADA)とは、​オンラインカジノ「Cardano(カルダノ)」上で使用されている通貨です。厳密には通貨名はCardano(カルダノ)といい、ADAは通貨単位を指します。

従来のオンラインカジノでは、運営者が多くの利益を得ることができ、プレイヤーは​あまり利益を得ることができない仕組みになっています。

Cardanoが目指すのは、中央管理者のいない公正なカジノのプラットフォーム。そのために、ブロックチェーンスマートコントラクトなどの技術を利用しています。

詳しくはコインオタク内の下記の記事をご覧ください!

 

目次​エイダコインとは?bitcoinとの関連は?エイダコイン〜購入価格は?取引所は?公開、そして上場!気になるチャート分析と今後の予想は? まとめエイダコインに関するQ&A ​エイダコインとは?bitcoinとの関連は? ​ ​ bitcoinの派生形である「オルトコイン」の一種 エイダコインとは、オルトコインと呼ばれるビットコインの形態(ブロックチェーン等の技術的様式)を真似した暗号通貨の1つです。オルトコインは現在では少なくとも800種類あると言われており、その信用度もピンからキリまで様々です。ではそれだけの数の暗号通貨の中で、なぜ今エイダコインが注目を集めているのか?それは、以下の2つの要素によると言われています。 特徴①:オンラインカジノ「カルダノ」で使える通貨 エイダコインの特徴その1が、オンラインカジノ「カルダノ」で使える通貨であるということ。世の中で出回るオンラインゲーム・カジノの多くがユーザが負けるようなプログラミングのもとに設計されている一方で、カルダノは胴元のいない公正なプラットフォームを提供している市場です。 ではなぜカルダノは不正がないと言い切れるのか?それは、カルダノが、オンラインカジノの仕組みにブロックチェーンやスマートコントラクトなどの公開性が高いシステムを導入することで、取引記録を正確に残ししかもそれが全員に公開されるような仕組みになっているからです。 と軽く説明したところで、それではなぜそれが詐欺であるとの噂が立ってしまったのか。特徴その2を見てみましょう。キーワードは2人の人名です。 特徴②:2人のキーパーソン 1人目は「チャールズ・ホスキンソン」。彼は天才数学者として名を馳せる一方、仮想通貨の時価総額で3位のイーサリアムや5位のビットシェアーズ等の開発に携わった暗号通貨界の巨匠です。その彼が携わっているーーーーというと信用性は高いのですが、問題は2人目です。

 

取引所や手数料に関してはこちらで紹介しています!

 

「エイダコインを買ってみたいけどどの取引所で買えるんだろう」「どの取引所がおすすめなんだろう」そう思っている方も多いのではないでしょうか?エイダコインを買うことのできる取引所や、その中でもどこがおすすめなのかが分かれば最高ですよね。そんな方のために!今回はエイダコインの購入におすすめの取引所を紹介します!また、それに加えてエイダコインのおすすめ取引所の手数料も徹底比較します。この記事を読んで実際にエイダコインを買ってみましょう目次​エイダコイン(Cardano/ADA)とは​​エイダコインの購入にはBinance(バイナンス)がおすすめ!​​エイダコインのその他おすすめ取引所一覧​おすすめ取引所の手数料を比較!​エイダコインの取引所に関するQ&A​​エイダコインの取引所まとめ​​エイダコイン(Cardano/ADA)とは​​エイダコイン(Cardano、ADA)とは、​オンラインカジノ「Cardano(カルダノ)」上で使われる通貨で、厳密には通貨名はCardano(カルダノ)、通貨単位がADAです。現在出回っているようなオンラインカジノでは、大抵運営者が利益を得られるような仕組みになっているため、現状プレイヤーが負けやすいように設計されています。カルダノでは、ブロックチェーンやスマートコントラクトなどのオープンソースの技術を利用して、中央管理者のいない公正なカジノのプラットフォームを築くことを目指しています。 エイダコイン(ADA)とは?詐欺と称される仮想通貨の真相を解説目次​エイダコインとは?bitcoinとの関連は?エイダコイン〜購入価格は?取引所は?公開、そして上場!気になるチャート分析と今後の予想は? まとめエイダコインに関するQ&A ​エイダコインとは?bitcoinとの関連は? ​ ​ bitcoinの派生形である「オルトコイン」の一種 エイダコインとは、オルトコインと呼ばれるビットコインの形態(ブロックチェーン等の技術的様式)を真似した暗号通貨の1つです。オルトコインは現在では少なくとも800種類あると言われており、その信用度もピンからキリまで様々です。ではそれだけの数の暗号通貨の中で、なぜ今エイダコインが注目を集めているのか?それは、以下の2つの要素によると言われています。

 

Cardano(ADA)の購入にはBinance(バイナンス)がおすすめです!

今すぐBinanceのアカウントを開設!

IOTA

IOTA


IOTA(アイオータ)は、ブロックチェーンを応用した分散型台帳を用いて手数料の一切かからない決済を可能にした、IoT(モノのインターネット)に適した仮想通貨です。​

Tangleという分散型台帳は、量子コンピュータで秘密鍵を解読する時間と、ナンスを発見する時間にあまり差がありません。そのため、IOTAには量子耐性があると言われています。

くわしくはこちらの記事で解説しています!

目次IOTA(アイオータ)とはIOTAの最新チャート分析!相場から見る価格推移IOTAの問題と将来性は?コインオタクの見解IOTAの仕組みIOTAのメリットIOTAのデメリット【IOTAの入手方法】オススメの取引所【IOTAの保管方法】オススメウォレットIOTAについての気になるQ&AIOTAまとめ IOTA(アイオータ)とは IOTA(アイオータ)とは、Tangleというブロックチェーンを応用した分散型台帳を用いることで、手数料の一切かからない決済を可能にしたIoTに最適な決済システムです。このシステムにおいて重要なのは、ブロックチェーンとは異なるアーキテクチャを用いることで、ブロックチェーンの課題であった、大量のマイクロトランザクションの処理とマイクロペイメントを可能にしたということです。 IOTAの最新チャート分析!相場から見る価格推移 (2017年10月12日現在)(IOTA/$) IOTAといえば、Bitfinexに上場した日に500倍まで価値が上がったという話が有名でしょう。上場初日に時価総額が6位として登場したIOTAですが、それ以降下降傾向にあるのは、一気に上がったのを利確している可能性が高いと思います。 2017年8月はビットコインの価格上昇に乗じてアルトコインの価格が軒並み上がっています。その後は、2017年9月前半に発表された脆弱性の露見により価格が落ちているのだと思います。また、10月に中国のBinanceで上場しましたが、Binanceの注目度的にあまり上がらなかったものだと思います。 IOTAの問題と将来性は?コインオタクの見解 プログラムの安全性が検証不足 独自のハッシュ関数(Curl)を利用しているので重大な欠陥がある可能性があり、現に2017年の9月7日にEthan Heilman (Boston University, Paragon Foundation, Commonwealth Crypto), Neha Narula (MIT Media Lab), Thaddeus Dryja (MIT Media Lab, Lightning Network Dev), Madars Virza (MIT Media Lab, Zcash)によって脆弱性が指摘されました。 Githubをチェック

IOTAの購入にはBinance(バイナンス)を最もおすすめします!

今すぐBinanceのアカウントを開設!

 NEO

neo

​NEOは中国で開発されたICOコインで、スマートコントラクト開発などが可能なことから、「中国版イーサリアム」と呼ばれることもあります。​​

スマートコントラクトの基盤が、ソーシャルネットワーキング、予測市場、知的財産取引、データ交換などを可能にします。

しかもNEOは、CC#C++JavaScryptPythonなどの多様なプログラミング言語によって書かれたコードを実行できるので、開発者の参入が容易ともいわれています。

詳しくはこちらの記事をご覧ください!

 

目次NEOとはNEOのチャート分析。相場から見る最新価格推移仮想通貨NEOの今後は?将来性と問題点NEOの仕組みNEOのメリットNEOのデメリットNEOはここで購入!オススメ仮想通貨取引所NEOのウォレット紹介NEOについてのQ&ANEOまとめ NEOとは NEOとは、中国で開発されたICOコインです。もともとはAntShares(ANS)という名前でしたが、2017年6月に名称の変更がありました。 現在、中華圏を中心にひろく利用され、スマートコントラクト開発などが可能なことから、「中国版イーサリアム」と呼ばれることもあります。 <コインオタクのオススメ記事> イーサリアム(Ethereum)とは?買い方やチャート分析や将来性を教えます!イーサリアム(Ethereum)は、時価総額第2位の仮想通貨で、ビットコインを超えるほどのポテンシャルを持つかもしれないと言われています。イーサリアムの何が凄いのか、将来性はどのくらいあるのか、実際に買った方が良いのかを解説します!続きを読む NEOのチャート分析。相場から見る最新価格推移 こちらがNEO/JPYの現在(2017年11月10日)までのチャートです。 8月の半ばごろからICO通貨規制の雰囲気で徐々に値下がりし、9月4日の中国政府の公式アナウンスで一気に下がりました。やはり、中国の規制リスクは無視できませんね。 しかし、その後9月末に韓国の取引所で続けざまに上場が発表され、少し高騰してから今に至ります。 仮想通貨NEOの今後は?将来性と問題点 中国当局からの規制リスクがある NEOの抱えている問題点のうち、これは最大と言っても良いでしょう。これまでにも中国当局は、国内の取引所閉鎖やICOコインの開発禁止など、自国の仮想通貨市場にさまざまな圧力を加えてきました。今後も中国当局からの規制が行われる可能性があります。 そうなった場合、中国を主な流通圏とするNEOの価値は大幅に下落する可能性があります。 スケーラビリティに問題が生じる可能性がある NEOは、イーサリアムと同じく、一つのブロックチェーン上で全てのスマートコントラクトを動かしています。

 NEOの購入にも一番おすすめなのはBinance(バイナンス)です!

今すぐバイナンスのアカウントを開設!

量子コンピュータに仮想通貨はどう対応すべき?

​量子耐性をもつ仮想通貨のほうがいい?

​量子コンピュータは5年後の2023年には実用化されると予測されています。

しかし、それよりも前に実用化される可能性も十分あるのです。実際に、2年後には実用化されるだろうとの声もあります。

量子耐性を持つ仮想通貨は比較的安価ですが、国内の取引所での取り扱いがないことがデメリットとなっています。

仮想通貨は量子耐性を持つように

量子コンピュータによる暗号の解読は仮想通貨における最前線の課題ですから、各通貨は量子コンピュータへの対応をする必要があります。

実際にロードマップで量子コンピュータ対策を発表している仮想通貨もあります。また、ブロックチェーンそのものも量子耐性を持つのではという声もあります。

このトレンドは量子コンピュータが話題になるにつれ加速していくのではないでしょうか。

量子コンピュータと仮想通貨まとめ

​この記事では、量子コンピュータと仮想通貨の関係について説明しました。

5年後に実用化するとの予想があり、仮想通貨のセキュリティを脅かすとの懸念もある量子コンピュータ。

その脅威にそなえて基本事項をおさらいすると、

  • 量子コンピュータはその計算能力の速さゆえ、仮想通貨の秘密鍵を解読する恐れがある
  • ランポート署名などのより安全な署名方法が有効
  • 量子通貨をもつとされる仮想通貨(Cardano、IOTA、NEO等)が上昇傾向
  • 他の仮想通貨も量子耐性を獲得していくのでは

ということがあげられます。

量子コンピュータと仮想通貨の関係性は、仮想通貨に関する最前線の課題なので要チェックです!

ビットコインの半減期というシステムも、量子コンピュータ​によって破られるのではという予想もあります。

気になった方は下記の記事をご覧ください!

 

目次半減期ってなんだろう?半減期の本質を解説2012年と2016年の半減期を分析してみた3回目の半減期はいつ?2020年という噂も…次の半減期にビットコインの価格は上がるの?半減期を繰り返すと…?ビットコインの将来を考えよう!まとめ 半減期ってなんだろう? ビットコインに半減期があるって知ってますか?半減期ってあの放射性物質とかの…?という初心者から、次の半減期に大きく儲けたい!という上級者まで、この記事ではビットコインの半減期についてわかりやすく解説していきます。 前半では半減期に関連したビットコインの仕組みを解説し、後半では半減期にチャートはどのように動きどうすれば利益をあげられるかを説明していきます。また記事の最後にはビットコインの将来を考える章を用意しています。 半減期の本質を解説 ビットコインの仕組み 半減期という仕組みを理解するにはまず、ビットコインのブロックチェーンとマイニング(採掘)というシステムを理解しなければなりません。ここでは簡単に説明しましょう。 ビットコインには中央管理者がいないため、ビットコインが誰の口座から誰の口座に流れたかを記録する人が必要です。この取引記録のまとまりをブロックチェーンと呼びますが、ブロックチェーンに正確に取引記録を記入できた人には報酬としてビットコインが与えられます。 このようにブロックチェーンに取引記録を書き足して報酬をもらうことをマイニングといいます。世界中の人々はまだ世の中に出回っていないビットコインをマイニング(採掘)するために、ブロックチェーンを繋いでいくのですね。 ビットコインの仕組みを簡単に理解したところで、次はいよいよ本題に入りましょう。ブロックチェーンやマイニングの仕組みについてさらにくわしく知りたい人はコインオタクの記事を参照してください。 ビットコインのブロックチェーンの仕組みとは?東大生が詳しく解説!ビットコインでよく聞くブロックチェーンとは結局なんなのでしょうか。仮想通貨という全く新しい通貨の形を生み出したブロックチェーンについてどこよりも詳しく説明します!この記事を読めば、21世紀の偉大な発明であることが分かること間違いなしです!続きを読む