コインタップとかいう仮想通貨系のサービスがまた出るらしい・・・

どんなとこ?ほかのサービスと何が違うの? 」


あなたは今、そうお考えではありませんか? 



この記事を読めば、コインタップについて知ることができます! 

サービス内容・運営会社・評判・特徴・登録方法と

あらゆる面から解説しているので コインタップについて完璧に理解できるでしょう!


この記事がコインタップについての理解の手助けになれば幸いです。


コインタップとは?

仮想通貨の販売所


コインタップとは仮想通貨の販売所サービスです。


日本円を仮想通貨にしたり、逆に仮想通貨を日本円に換金したりすることができます。



ここで販売所と取引所の違いを軽く復習しておきましょう。



簡単に販売所のと取引所の違いを説明しておくと



販売所というのは、販売所を運営しているところがたくさん仮想通貨を保有していて

人々に仮想通貨を売ってあげたり、逆に仮想通貨を円に換えてあげたりするところです。



それに対して、取引所とは


・仮想通貨を買いたいたくさんの人

・仮想通貨を売りたいたくさんの人


がいて、それぞれが直接やり取りをするところを言います。



 取引所と販売所の違いについて、もっと丁寧な説明がみたい方はこちらの記事をどうぞ!

いまの簡単な説明ではよくわからなかったとしても、こちらの記事であれば細かく解説しているのですんなり理解できます。

 

目次ビットコインを始めてみよう!販売所とは?取引所(交換所)とは?違い①販売所と取引所の価格差違い②取引相手結局どっちを使えばいいの?まとめ ビットコインを始めてみよう! ビットコイン、最近話題になってるしちょっとずつ名前聞くようになってきたけどまだよくわからない、、、 今回はそんな初心者向けの記事です!ビットコインを少し調べると必ず出会う単語「取引所」「販売所」について、わかりやすく解説していきます! 販売所とは?取引所(交換所)とは? まずあらかじめ断っておきましょう。ビットコインとはあくまで仮想通貨の1つ(通貨の中のUSドル、みたいな感じです)なので、今後は仮想通貨、と呼んでいきますね。 さて本題です。まずは、販売所と取引所を一言で説明してみましょう。仮想通貨において、 販売所とは、仮想通貨を店から購入する「売店」 取引所とは、仮想通貨を客同士が売買する「市場(いちば)、バザー」 のようなものです。また、取引所は交換所とも呼ばれますが、一般には「取引所」の方で呼ばれることが多いですので、本記事では今後は「取引所」を用いていきます。 具体的に説明していきましょう。 販売所とは、仮想通貨を販売所運営会社から直接購入できる場所のことです。販売、というと購入しかできないのか?と思われそうですが、実は通貨を売ることもできます。 取引所とは、人々が仮想通貨を売り買いする場所のことです。これには私たちも参加することができます。そこでは私たちが自分が所有している仮想通貨に値段をつけてそれを売ることができます(自分たちで値段を指定して売買することからこの仕組みを「指値(さしね)注文」と呼びます)。 実際の取引所のサイトはこんな感じです。「買い板/売り板」の部分が人々が指値注文をした履歴です。 ちなみにこれは国内最大手の取引所「コインチェック」の写真です。 このコインを買う・売るなど書いてある部分が販売所に相当する部分です。 では、販売所と取引所はどんな違いがあるのか?詳しく説明していきましょう。 違い①販売所と取引所の価格差

 



DMMの子会社『ネクストカレンシーズ』が運営


コインタップはネクストカレンシーズという会社が運営するサービスです。


ネクストカレンシーズとは、100%DMMが出資して誕生した

DMMの純度100%な子会社です。



「DMMグループ!?

すでにDMMビットコインがあるのに、また仮想通貨系のサービス出すの?

同じじゃない?何が違うの?」


って思われることでしょう。

コインタップとDMMビットコインの違いについては、あとで表をつかってわかりやすく解説します。


機能が絞られている


DMMといえば、既にDMMビットコインという仮想通貨取引サービスがありますよね。


ですから、今回DMMビットコインと同じようなアプリを作ったところで意味がありません。


コインタップのキャッチコピーは

『カジュアルにはじめる仮想通貨』


DMMビットコインと比べると機能が必要最低限のものに絞られると考えてよいでしょう。


どうやって使えばいいかわかりやすい反面、

機能が少ないのはデメリットともなりうるかもしれません。




DMMビットコインの詳しい説明はこちら。各取引所の特長を知って適切に使い分けることで、

無駄な手数料をおさえそのぶん投資にお金をまわすことができるようになりますよ。

 

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)とは DMM Bitcoinとは2018年1月11日に新しくオープンした日本の仮想通貨販売所です。あの大企業DMMが運営していることからオープン前から期待の声が寄せられていたため話題にはなりましたが、実際にどうなのかがわからずに登録せずにいませんか? この記事をよむとオープンから2週間ほどたった現在の評判がわかりどんなとき・どんな人に有用なのかがわかります!Twitterなど実際のユーザーからの声を集めているので正しい評判を知ることができます。 オープン前にはわからなかったメリットやデメリット、Twitterの生の声などを紹介していきます! DMM Bitcoinにまだ登録していない方はこちらから DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録・口座開設方法!今なら1000円貰える!2018年1月10日にオープンしたDMM Bitcoin(DMMビットコイン)。主要取引所になること間違いなしと言われてるけどどうやって登録するの?そんなあなたのためにすぐにできる登録法をご紹介!コインオタクがサクッと口座開設をお手伝いします続きを読む 目次DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のメリットDMM Bitcoin(DMMビットコイン)のデメリットDMM Bitcoin(DMMビットコイン)の評判まとめ DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のメリット 手数料が安い! DMM Bitcoinはビットコイン・イーサリアムの現物手数料がすべて無料であることで評判が高いです!とくにクイック入金が無料であったり出金手数料が無料であることはほかの取引所と比べてもかなり安いです!クイック入金なら反映に時間がかからないので振り込みによる反映(通常数時間程度)を待てない人におすすめですし、こまめに出金したい人にとってもこの料金設定は大きなメリットでしょう! 入金手数料無料出金手数料 無料取引手数料無料送金手数料無料(マイナー手数料を除く)レバレッジ手数料0.04% / 日 運営団体がすごい! DMM Bitcoinを運営しているDMM.comはゲームや電子書籍、FXなど幅広いジャンルのネット販売を手がける日本の超大企業です!なかでもDMM

 

まとめ

  • 販売所形式のサービスである
  • DMMの子会社のネクストカレンシーズが運営
  • 機能が絞られると予想される

 

 


コインタップの評判

使いやすいアプリになることが期待されている


 以上のように、コインタップはわかりやすい操作性で使いやすいアプリになることが期待されています。


すでにDMMビットコインという仮想通貨取引所サービスを一つ持っているDMMだからこそ、

コインタップは何よりも『使いやすさ』に振り切ってくる可能性が極めて高いです。


延期を残念に思う声も多い


コインタップが事前登録受付を始めたのは2017年の12月です。

そして元々は2018年の春に公開する予定でした。


しかし、サービス開始が延期となり、いまだにいつスタートするかは決まっていません。


事前登録の受付を始めてからもう半年以上たちますから、これを残念に思う声も多いです。

 




コインタップのメリット

初心者でも使いやすい


『カジュアルに投資する』

というキャッチコピーの通り、初心者に優しい使いやすいアプリになることが期待されています。



DMMビットコインはレバレッジをかけられる仮想通貨FX機能など多彩な機能があって

仮想通貨上級者にとっては嬉しいところですが、


機能が多すぎて使い方がよく分からず戸惑いやすいという一面もあります。



ライトユーザー層を拾うために今回リリースされるコインタップは、使いやすいアプリになることが期待されています。


DMMグループという安心感


仮想通貨サービスには何よりも信頼が求められます。


今年の初めにコインチェックが580億円分もハッキングされた事件が記憶に新しいですね。

あれ以来、人々が仮想通貨系サービスの信頼面に向ける目は相当厳しくなっています。



その点、DMMは仮想通貨に限らず様々な事業を手掛ける大企業ですから資金も潤沢にありますし

セキュリティ面にもしっかりお金をかけ、十分な対策を講じるでしょう。


DMMグループの開発するサービスということで、ある程度信頼ができると言えるでしょう。

(もちろん何事も絶対とは言い切れませんが)

まとめ

  • 初心者でも扱いやすくなると期待される
  • 大手DMMなのでセキュリティ面である程度信頼をおける

 



コインタップの取り扱い通貨はどうなる?

ビットコイン
イーサリアム
ライトコイン
ネム
リップル
ビットコインキャッシュ
イーサリアムクラシック
匿名系通貨×


コインタップの取り扱い通貨はまだハッキリとは公開されていません。


しかし、さすがに基軸通貨であるビットコインの取り扱いは確定と考えてよいでしょう。

またイーサリアムライトコインも、超メジャーなコインですし公式資料で名前が上がっていたので扱われる可能性が極めて高いです。


またDMM コインですでに扱っているコインも扱う可能性が高いと考えられます。


逆に、匿名性が高い仮想通貨を取り扱うと金融庁の認可が降りにくくなるので

匿名性の高い仮想通貨は取り扱わないと考えられます。


正確な情報に関しては、公式の発表があり次第更新します。


コインタップの手数料は?


コインタップの手数料はまだ公開されていません。



販売所形式なので、おそらくスプレッドがそれなりに大きくなるのではないかと予想されますが・・・

もしかしたらコインチェックやビットフライヤ―などほかのサービスからユーザーを奪うことを考えて、かなり低く設定してくるかもしれませんね。


DMMは大手なので資金力に余裕があること

また、コインタップは後出しなので、すでにある仮想通貨系サービスからユーザーを奪うにはすでにあるものよりも良い点がなければいけないことを考えると、

ユーザーを集めるために販売所形式でありながらも手数料を低めに設定してくる可能性は十分にあります。




手数料については、公式の情報がでたら更新します。


コインタップとDMMビットコインとの違いは結局どうなる?

コインタップDMMビットコイン
取り扱う通貨の種類不明7種類
機能シンプル複雑
仮想通貨の扱い方販売所のみ販売所と取引所


コインタップとDMMビットコインの違いは以上のようなものになると考えられます。


コインタップのリリースがまだなので、正確なことはわかりませんが

取り扱う通貨に関してはDMMビットコインと同じ7種類になるか、

それか初心者向けにわかりやすいように数を絞り、ちょっと少ない4~5種類になる可能性も あると考えられるでしょう。


機能に関しては『カジュアルにはじめる仮想通貨投資』というキャッチコピーにそって

DMM ビットコインよりシンプルなものになることはほぼ確実と言えるでしょう。



使いやすさを優先して、コインタップは販売所のみになります。

(DMMビットコインには販売所と取引所の両方ある)


今までの仮想通貨アプリの販売所はどこもスプレッドが高かったですが、

コインタップは手数料を低くして一石を投じてくれるのではないか…注目すべきところですね。


コインタップの事前登録はこちらから

コインタップの事前登録は、まずメールアドレスを入力します。


そしたらコインタップからメールが届くので、それを開くだけ!

簡単ですね。


コインタップの事前登録ページへ行く


コインタップまとめ

ということで、DMMグループがリリースする仮想通貨サービス、コインタップについて解説しました。


延期されただけに、人々の期待も高まっています。

実際にサービスが開始されてからの評判にも目が離せません!