Huobi(フオビ)の使い方完全マニュアル|取引方法・入金出金・手数料

Huobiって取引所使いやすいの?』『取引のやり方とかわかるかな。。

この記事では海外の取引所だからこその利点気を付けるべきポイント、そして『Huobi』取引所の概要から使い方まで詳しく解説しています。

Huobiは急成長中の海外取引です。話題の取引所を開設しておくことは、変化の激しい仮想通貨界で利益を上げられるチャンスを掴むためにも大切なポイントになります。海外取引を使ったことがある方から、まだ使ったことがない方まで読んで損のない内容となっています!

この記事を読んで今注目の海外取引所『Huobi』の使い方をマスターしちゃいましょう!

Huobi公式サイト

この記事で分かること

  • 海外取引所の使い方
  • Huobiの会社概要
  • Huobiを使うメリット
  • Huobiの使い方

 

Huobiとは?急成長中の海外取引所?|取引所概要 

取引所の概要 

Huobiは正式名称が「Huobi.pro」といい香港を拠点にした大手海外取引所になります。独自トークンの発行SBIとの提携(現在解消)、独自の上場システムなど他の取引所にはないシステムを採用しています。また本部はシンガポールに構えており、世界130ヵ国に展開しており取り扱い通貨数90種類以上あり多くの通貨を取引できます。

2013年に創業チームは、世界金融システムの未来に革命を起こすブロックチェーン業界の大きな可能性を予見しました。非常に早く、彼らは、金融業界をより効率的にし、誰もが豊かなものにできるようにするという使命を持つHuobi.comを設立しました。Huobiチームは、クライアントの第一の文化を創造するために、安全で、プロフェッショナルで、信頼できる、世界レベルのサービスをグローバルクライアントに提供することに専念しています。

Source: https://www.huobi.pro/ja-jp/about/

取引高は世界6位を誇り注目の高さとユーザーの多さがうかがえます!


取引所の評判は?ユーザーの声を紹介!

Huobi取引所|ポジティブな評判

ポジティブな評判

  • 日本語対応してるため使いやすい
  • 独自トークンを使って手数料を抑えられる
  • 新規通貨の上場スピードが速い
  • セキュリティが強い

ポジティブな意見で挙げられている『日本語対応している』という評価は利便性の点でかなりのプラスだと思います。

 

Huobi取引所|ネガティブな評判

ネガティブな評判

  • 日本円での購入ができない
  • 手数料が特に安いわけではない

 ネガティブな意見で挙げられている『日本円での購入ができない』という評価は海外取引所を使うにあたって我慢しなければならないポイントになります。


Huobi取引所|主な3つの機能

『Huobi』には大きく分けると3つの機能があります。それぞれに特徴があり、使いこなすことができれば取引の幅が広がること間違いなしです。それぞれの使い方は下記で解説してあります!

1.Huobi.pro

【Huobi.pro】の機能は仮想通貨を取引することになります。現物取引(EXCHANGE)と信用取引(MARGIN)があり基本的な取引所の機能になります

2.OTC 

【OTC】はユーザー間で取引所を介さずに仮想通貨と法定通貨などを取引できるプラットフォームになります。仮想通貨版のメルカリのようなもので、仮想通貨を売りたいユーザーが値段と決済手段を指定して、買いたいユーザーが購入するという感じです。現在は中国元での決済指定がほとんどで日本円での購入はできない状況です。

3.HADAX

【HADAX】はHuobiが運営する第二の取引所のようなもので、仮想通貨取引に慣れているユーザーに提供しているサービスになります。【Huobi.pro】の違いとしては新規上場通貨をユーザー投票で決めているため、上場の基準が低く取り扱い通貨の数が多いという点があります。また、投票したユーザに対して上場通貨を無料で分配するエアードロップを行うなど他の取引所にはない機能を備えています。また、この取引所を利用するには一定の条件をクリアしていることが必要で、その条件が下記になります。


HADAXを使用するための条件

  • 1.1BTC以上の資産をHuobiに預けていること
  • 2.Huobiでの取引を30日前から行っている

 

【Huobi.pro】の使い方

こちらがホーム画面になります。チャートや取引板、注文ボリュームなど一目で見れるため取引しやすい仕様になっています。

取引注文

真ん中にある取引注文の場所から枚数や価格を指定して注文します。その時下の画像を見てもらうと買い注文と売り注文が左右に分かれているので、買いと売りを間違えないように気を付けて注文するようにしてください。

また、LimitOrderの横にある”MarketOrder“は成り行き注文のことで、価格を指定せず買いならその時買える一番安い値段で、売りならその時一番高く売れる値段で即座に取引することができます

指値(さしね)注文 希望価格を指定して発注する方法
成行(なりゆき)注文 価格を指定せず、「いくらでもいいから買いたい(売りたい)」という注文方法

Source: https://orekabu.jp/limit-order/

取引通貨選択

でUSDT(ドル価格とほぼ連動している通貨)建て・BTC(ビットコイン)建て・ETH(イーサリアム)建て・HT(フオビの独自通貨)建てを選んで取引ができます。おすすめはUSDT建てで、理由はUSDTは価格がドル価格とほぼ連動しているため価格の下落から避難する事ができるからです。日本の取引所でいう円建てのように使うことができます。

*2018年1月追記:1月31日現在、Tetherを発行するTether Limited社は米国商品先物取引委員会(CFTC)から招集を受けています。詳しくは「Tetherの仕組み」の章をお読みください。情報が入り次第更新いたします。目次Tether(USDT)とはUSDTのチャート!USDとなぜ差が出る?Tetherの問題点と将来性 Tetherの仕組みTetherのメリットTetherのデメリットTetherの購入方法!取引所紹介Tetherの保管方法!ウォレット紹介Tetherに関するQ&ATetherまとめ Tether(USDT)とは Tether(テザー)とは、Tether Limitedが運営する、ドルに固定されたペッグ通貨です。略号はUSDTで、1USDがほぼ1USDTになるように固定されています。 Tetherの問題点と将来性【コインオタクの見解】 非常に強い中央集権と破綻リスク 他の仮想通貨と違って、USDTは価格を固定するためにTether Limited社によって非常に強い中央集権体制で管理されています。 ですから、Tether Limited社が万が一不正を働いたり、破綻してしまうと一気に無価値になってしまいます。 このカウンターパーティー・リスクが他の通貨に比べてUSDTでは大きいので注意が必要です。 仮想通貨市場で一番安定した利確先 Tetherは先ほど述べたように、1USDTがほぼ1USDとなるように固定されています。ですから、ビットコインやイーサリアムのようなメジャーな仮想通貨でさえ大きく価格が変動するような荒れた相場でも、価値が安定しているのです。 そのため、安定した利確先として注目されています。 USDTはTether Limited社にUSDを納金することでのみ新規発行されるのですが、総発行量がこの半年で6000万USDTから6億USDTと、10倍になっていることからもその注目のされ方が伺えますね。 仮想通貨市場における基軸通貨の一つとして扱われることもあります。 Tetherの仕組み Tetherの概要 Tetherは1USDTがほぼ1USDとなるように固定されており、Tether Limited社によって運営されています。 通貨名:USD Tether 通貨単位:USDT 公開日:2015年2月

から取引したい通貨を選ぶことができます。”coin“という列が取引通貨、”LastPrice“という行が現在の価格、”Change“というのが前日からの価格変動率になってます。通貨名の左側にある星マークを押しておくと、①の”Marked“で簡単に探すことができます。

で取引したい通貨を探すことができます。ビットコインならBTC、イーサリアムならETHなど通貨のシンボルを入力すると探したい通貨が出てきます。通貨数が多すぎて見つからないときは活用してみてください!


取引チャート

時間足は1分〜1か月から選んでチャートを表示することができます。チャートは”TradingView”を使用しているためテクニカル分析などに使える各種機能が充実しています!

「黒マチャートの使い方・見方が全然わからない」そう思ってはいませんか?bitFlyerでも採用されている黒マチャートですが正直値段の動きしか見てない人も多いと思います。チャートの指標やラインなどを理解すればもっとFXで儲かりそうですよね。そんなあなたに朗報です。この記事を読めば黒マチャートの使い方や見方はもちろん、指標やラインについても知ることができます。この知識はFXをする人にとってとても大事な知識です!またQ&Aでは有用な指標やFXをする際にあると便利なツールも紹介しています。この記事を読む事でFXでより儲けられるようになることでしょう!この記事で分かること黒マチャートの使い方や見方代表的な指標の知識 目次黒マチャートとは?黒マチャートの見方 黒マチャートの使い方黒マチャートの設定方法 Q&A まとめ黒マチャートとは?黒マチャートとは?黒マチャートは限りなく表示のタイムラグを減らした、ビットコインFXには必須のチャートBTC現物・BTC先物・ETH(イーサリアム)・BCH(ビットコインキャッシュ)に対応 bitFlyerの公式チャート黒マチャートは2018年3月2日からbitFlyer Lightning の公式チャート「LightChart」として採用されました。この@kuromachart氏が黒マチャートの作成者です。以前までのbitFlyerのチャートは大量の注文が入った時など取引が殺到するとタイムラグが発生し本来の価格がリアルタイムで表示されないことがよくありました。しかし、この黒マチャートはその欠点を克服し限りなく表示のタイムラグを減らしたチャートです。ですので短期間での取引が多いビットコインFXをされている方には必須のチャートです。対応している仮想通貨黒マチャートはBTCFX用のチャートだと多くの人が思っていると思いますが実は他にも対応している仮想通貨があります。黒マチャートではBTC現物・BTC先物・ETH(イーサリアム)・BCH(ビットコインキャッシュ)に対応しています。右上のボタンで切り替えることができます。黒マチャートの見方 

 

取引板

上の赤い枠の方が売り板・下の緑の枠の方が買い板になります。板というのは注文を並べておく場所のようなものです。”Price”が注文価格・”Amount”が注文枚数・”Sum”がその価格以下までの総注文枚数です。この板を見て、現在の取引の流れを知ることができます

「黒マチャートの使い方・見方が全然わからない」そう思ってはいませんか?bitFlyerでも採用されている黒マチャートですが正直値段の動きしか見てない人も多いと思います。チャートの指標やラインなどを理解すればもっとFXで儲かりそうですよね。そんなあなたに朗報です。この記事を読めば黒マチャートの使い方や見方はもちろん、指標やラインについても知ることができます。この知識はFXをする人にとってとても大事な知識です!またQ&Aでは有用な指標やFXをする際にあると便利なツールも紹介しています。この記事を読む事でFXでより儲けられるようになることでしょう!この記事で分かること黒マチャートの使い方や見方代表的な指標の知識 目次黒マチャートとは?黒マチャートの見方 黒マチャートの使い方黒マチャートの設定方法 Q&A まとめ黒マチャートとは?黒マチャートとは?黒マチャートは限りなく表示のタイムラグを減らした、ビットコインFXには必須のチャートBTC現物・BTC先物・ETH(イーサリアム)・BCH(ビットコインキャッシュ)に対応 bitFlyerの公式チャート黒マチャートは2018年3月2日からbitFlyer Lightning の公式チャート「LightChart」として採用されました。この@kuromachart氏が黒マチャートの作成者です。以前までのbitFlyerのチャートは大量の注文が入った時など取引が殺到するとタイムラグが発生し本来の価格がリアルタイムで表示されないことがよくありました。しかし、この黒マチャートはその欠点を克服し限りなく表示のタイムラグを減らしたチャートです。ですので短期間での取引が多いビットコインFXをされている方には必須のチャートです。対応している仮想通貨黒マチャートはBTCFX用のチャートだと多くの人が思っていると思いますが実は他にも対応している仮想通貨があります。黒マチャートではBTC現物・BTC先物・ETH(イーサリアム)・BCH(ビットコインキャッシュ)に対応しています。右上のボタンで切り替えることができます。黒マチャートの見方 

 

注文ボリューム

が買い注文の注文ボリュームでが売り注文の注文ボリュームです。注文ボリュームからわかることは、買い注文と売り注文のどちらの注文が現在多いのかということがわかります。上の画像からは、現在買い注文が多いことが確認できます。


取引履歴

“Date”はその取引が何時に発生したのかがわかります。“Type”はその取引がBuy(買い)だったのかSell(売り)だったのかがわかります。“Price”はいくらの価格で取引がされたのかです。。“Amount”は取引枚数になります。これを見ることでリアルタイムでの売買の様子を見ることができます!

レバレッジ取引(Margin trade)

赤枠のところからレバレッジ取引のページに飛ぶことができます。

レバレッジ取引のトップページは、”EXCHANGE”のページと作りがほとんど同じです。ページの見方がわからない際には、”EXCHANGE”の操作の解説を参照にしてみてください!

※レバレッジ取引は利益も大きくなる分損失も大きくなります。取引になれてからのご利用をおすすめします!

レバレッジ取引に挑戦してみたい方は、こちらから公式の使い方ガイドに行くことができます。

【Huobi.pro】で出来ること

  • 有名通貨の取引
  • レバレッジ取引
  • 仮想通貨の送金・入金

 【OTC】の使い方

がユーザー間同士での取引ができる場所になります。【Trade Center】と【Block Trade】の違いは取引ボリュームの違いで、【Block Trade】の方が取引ボリュームが大きいという認識になります。

ブロックトレードとは何か
ブロックトレードとは大口の取引を行いたい投資家がいたときに、その大口の注文を市場にそのまま発注してしまうと価格が大きく変動してしまい、市場の参加者に大きなインパクトを与えてしまうため、このような大きな取引を市場の外で行うことで市場にインパクトを与えないようにする相対取引の一種です。

Source: https://genxnotes.com/archives/5393

赤矢印から購入画面にとび、購入価格・決済方法を指定して取引をします。手数料は基本的にはかかりませんが、広告主のみ0.5%の手数料を支払わなければなりません。

は自分で出品したい時に使います。売りたい枚数・価格・決済方法を指定して広告を出すことができます。

“Huobi.Pro”に飛べるバナーになります。

※現在は人民元(CNY)での広告しか確認できず日本円での広告掲載は今後のHuobiの動向次第になっています。今後のOTCの人気が高まれば各法定通貨の対応がされると思います。

使い方が動画で紹介されています。英語での解説になっていますが、映像を使ってわかりやすく解説してあります!

【OTC】で出来る事

  • 法定通貨と仮想通貨を交換できる(現在は中国元での交換が主流)
  • 自分が広告主になって募集をかけることもできる(手数料0.5%)

 

【HADAX】の使い方

“EXCHANGE”の取引画面はHuobi.proと同じ仕様になっています。取引方法も同じになってきます。


の”VOTE”は上場通貨を決めるのための投票プラットフォームのことで、HADAXユーザーは新規上場通貨を投票で決めることができます。投票は定期的に行われており、投票期間になると赤矢印のところから投票することができます!また、投票の際にはHTトークン(HuobiToken)というHuobiの独自トークンが必要になります。HTトークンは【手数料割引・新規通貨投票】などの用途があり今注目のトークンになっています。

HTトークンについて詳しく解説してあるサイトがこちらになります。

【HADAX】で出来る事

  • まだ注目されていないマイナーコインの取引ができる
  • 新規上場通貨をユーザーの投票で決める事ができる

 

Huobi取引所|アカウント登録方法

Huobiで取引するために必要なアカウントの登録方法を画像を使ってわかりやすく解説していきます。順を追って解説しているのでこの手順でやれば難なく登録できます!

※(2018年7月4日現在)日本の法律に基づき日本居住者向けに提供する仮想通貨交換サービスを停止しているため、日本に在住の方は開設できなくなっています。


個人情報入力

トップページの“SignUp”から登録フォームに行きます。すると下記のページに行くので各種情報を記入します。

“SignUp”すると認証コードが送られてくるので、認証コードを入力し登録を完了しましょう!


本人確認

トップページから本人確認ページに行きます。

下の画像のページで、個人情報を入力します。本人確認書類にはパスポートが必要になり、口座開設のために用意しておきましょう。


必須のセキュリティー設定!【二段階認証】 

まず二段階認証アプリをダウンロードしてください。

二段階認証アプリをダウンロードしたら、1.QRコードを読み込む 2.秘密鍵をアプリに入力するかのどちらかで、二段階認証を完了してください!


Huobi取引所|入金方法 (Deposit)

“Deposit&Withdraw“から入出金ページに行きます。Huobiでは入金も出金も仮想通貨で行う必要があります!

仮想通貨を入金

入出金ページから入金したい通貨の選択ができるので、そこから任意の通貨を選びます。次のページにアドレスとQRコードがあるので、どちらかお好きな方を使って入金できます。

入金するには事前に仮想通貨を持っていなければいけません。日本の取引所で仮想通貨を買うなら日本最大の取引所、ビットフライヤーがおすすめです。5分もかからず簡単登録ができるのはビットフライヤーだけです!


2018年、コインオタクが最もおすすめする仮想通貨はこちら!! 目次ビットフライヤーから送金!送金手数料送金の手順を紹介!送金の反映に時間がかかって遅い場合Q&Aまとめ ビットフライヤーから送金! *3月13日 更新 この記事ではビットフライヤーから他の取引所やウォレットに仮想通貨を送金する方法について解説します! ビットフライヤーについてちゃんと知りたいという人はコインオタクのこちらの記事を参考にしてください。 *ハッキング被害を受けたコインチェックでは出金できない状況が続いていましたが、2月13日現在出金が再開された模様です。資産を単一の取引所に保管しておくのは非常にリスクが高いため、最低でも複数取引所での分割保管、あるいは専用のウォレットでの保管を強くおすすめします。 コールドウォレットを使おう!ハッキングに備えた安全な仮想通貨の保管方法を教えます!「仮想通貨関連の事件が絶えないけどどうしたら仮想通貨を安全に管理できるのだろう、、。」そんなあなたにはコールドウォレットがオススメです!この記事を読めば安全に仮想通貨を管理できるコールドウォレットについてすぐにわかります!写真や動画とともに具体的なコールドウォレットも紹介しているので手にせずともイメージが浮かぶでしょう!コールドウォレットが何なのかからはじまり、作り方や使い方、オススメのウォレットまでもを解説します。これであなたも話題のコールドウォレットを丸わかり!セキュリティ性能を大きくあげましょう!目次コールドウォレットとはコールドウォレットの特徴コールドウォレット(ペーパーウォレット)の作り方コールドウォレット(ペーパーウォレット)の使い方コインオタクの選ぶおすすめハードウェアウォレット3選コールドウォレットについてのQ&Aコールドウォレットまとめ コールドウォレットとは

 

Huobiの出金方法 (Withdraw)

仮想通貨を出金

送りたいアドレス・枚数・手数料を指定して送金します。送金手数料はビットコインでは、最初から0.001BTC(700円)に設定されていて特に急ぎでなければ手数料を上げる必要はないです

Huobi取引所【Q&A】

独自通貨【Huobi Token(HT)】って何ですか?

Huobiが発行している独自通貨になり、HTトークンは主に2つの使い道があります。1つ目の使い道が、新しく取扱われる通貨を決める投票に使えることです。HADAXの新規上場通貨を投票で決める事ができます。その投票権として使われているのがHTトークンです!2つ目の使い道は、手数料割引の権利を購入することができます。手数料の割引の割合は下の表のようになっています。

プラン名手数料割引月額
VIP110%120HT
VIP220%600HT
VIP330%1200HT
VIP440%6000HT
VIP550%12000HT


まとめ

Huobi取引所の概要から使い方まで詳しく解説してきました。いかがだったでしょうか?国内取引所は取り扱い通貨が少なかったり、取引機能の充実さの面で海外取引所に劣ってしまいます。海外取引所を使いこなせば普段の取引の幅も広がること間違いなしです。今回紹介したHuobiも最近話題になってきている注目の取引所です。仮想通貨市場は激流のごとくトレンドが変化していきます。その中で安定して利益を出し、変化に乗り遅れないためにも取引の幅を広げておきましょう!

 こちらがHuobiの公式サイトになります。

Huobi公式サイト

他の有名海外取引所の記事もCoinOtakuでは書いています。ぜひお時間のある際にお読みください!

仮想通貨を初めて数ヶ月がたち、そろそろバイナンスを利用してみたい。でもバイナンスは海外の取引所だからよくわからないし使うのが難しそうで登録に踏み切れない。そんな悩みを抱えてはいませんか?実にもったいない!バイナンスは多くの仮想通貨を最も安く購入できる取引所であり、バイナンスを利用していない人は知らぬ間に損をしてしまっているかもしれません!海外取引所はホームページが英語で書かれているため敬遠されがちですが、実はバイナンスなら数分もあればすぐに取引を開始することができます。この記事ではバイナンスを利用するメリットだけでなく、あまり描かれることのないデメリットや、具体的な使い方を解説しています。海外取引所を利用するめんどくささからいつも国内取引所で割高に取引している方には、この記事を読んでぜひ仮想通貨取引の幅を広げていただきたいです。バイナンス公式サイトへ目次バイナンス(Binance)とは? バイナンス(Binance)のメリットバイナンス(Binance)のデメリット バイナンス(Binance)の評判・口コミ バイナンス(Binance)の登録・口座開設方法【体験】バイナンス(Binance)を使ってみよう バイナンス(Binance)のFAQ バイナンス(Binance)のメリット・デメリット・評判まとめバイナンス(Binance)とは? 

 

早速BitMEXで100倍のレバレッジ取引!!目次BitMEX(ビットメックス)とは?【BitMEXの特徴1】最高レバレッジ倍率100倍!【BitMEXの特徴2】レバレッジ取引は追証なし!【BitMEXの特徴3】日本語表示に対応BitMEXのメリットBitMEXのデメリットBitMEXの登録方法BitMEXの使い方!入金・取引の方法を解説BitMEXの出金方法と注意点!BitMEXのQ&ABitMEXまとめ BitMEX(ビットメックス)とは? BitMEXは香港をベースとする仮想通貨の取引所です。海外取引所の中ではそこまでメジャーなわけではありませんが、特徴的なのはそのレバレッジ!最高100倍の倍率は、これまでの国内取引所での取引で満足できなかった人におすすめです。まずは、BitMEXという取引所について詳しく調べてみましょう! ビットコインのレバレッジ取引についてはこちらも参照してください! ビットコインのレバレッジは何倍?取引所の倍率比較やリスク分析も!ビットコインのレバレッジ取引って?ロスカットや税金の計算方法は?各取引所における最大倍率や手数料を徹底比較し、そこから見えてきたビットコインのレバレッジ取引ならではの特徴やリスクを惜しみなく紹介します!続きを読む BitMEXの概要 会社名HDR Global Trading Limited会社所在地Republic of Seychelles (BitMEXオフィス自体は香港)会社HP資本金不明 取扱通貨 XBT, BCH, ETH, ETC, ZEC, DASH, XMR, LTC, XRPの9種類 *XBTはビットコインのことです。BitMEXではXBTという名前の通貨を使い、言わば仮想取引を行っているので、100倍という高倍率のレバレッジが可能になるのです。 【BitMEXの特徴1】最高レバレッジ倍率100倍!