イーサリアムチームがプログラミング言語Vyperのβ版をリリース

​イーサリアムのチームはSolidityの仲間になり得るプログラミング言語Vyperのβ版をリリースし、様々なソーシャルメディアから非常にポジティブな評価を得ています。そして、これはイーサリアム仮想マシン(EVM)のバイトコードに準拠しているという点で非常に重要です。

この言語はPythonベースで記述されている言語ですが、ユーザーにとてはプロセスがより簡単で理解しやすいものとなっており、スマートコントラクトの理解を簡略化することを目的としています。このようにしてユーザーは高い透過性を持ち、利用可能なアタッチポイントを減らすでしょう。そしてスマートコントラクトが正しく実行されるためには非常に効率的なコードを創り出すことがとても大事です。この要件が達成されないと、スマートコントラクトの利用額が非常に高くなってしまいます。

以下BlockgeekによるVyperレビューの重要ポイントを掲載します。

全ての機能をシンプルにしようという意図の下で、Vyperはクラスの軽傷や関数のオーバーロードができません。

見やすいデザインになっており、プログラマーにとって使い心地の良いものとなっています。

演算子のオーバーロードや再帰はできないようです。

インラインアセンブラやバイナリー固定小数点、アクセス修飾子も使えないようになっています。

Vyperの主な目的は言語を簡単に理解できるようにすることにあります。Pythonベースで記述されているため、異なる言語を使用しているプログラマーも最小限の学習で習得することができるようになり、仮想通貨業界全体からもポジティブな評価が得られています。

コインオタクの見解

まず、​VyperはEVMのバイトコードに準拠していることから、今後幅広く普及していく期待があります。1つ目の理由としてはEVM上でスマートコントラクトを利用するわけですが、ネットワークとしては独立した環境で作動するため、他のEVMに影響を出すことなくコードを安全に実行できるからです。

また、イーサリアムの欠点としてSolidityの習得が面倒でスマートコントラクトを書くのに労力を要するという欠点がありました。一方でVyperはSolidity同様コントラクト指向言語であるにも関わらず、Pythonベースで記述されるため、今までよりも簡単にスマートコントラクトが書ける期待が持てます。そのため、今回のβ版リリースを機にVyperの開発が進むとイーサリアム自体の普及が高まっていくのではないかと考えられます。こうしたメリットが仮想通貨業界からは高評価を得ている一因となっているのでしょう。