SBIバーチャルカレンシーズの登録・口座開設方法を解説!大手SBIグループの仮想通貨取引所で安全?

当サイトで申し込みの多い人気取引所はこちら!
取引所 特徴 公式HP
FX取引高世界一のGMOインターネットが運営する国内最大の販売所。手数料は基本すべて無料!初心者はまずココ!
国内で唯一リップルやビットコインキャッシュのFXができる取引所。
いまなら口座開設だけで1000円もらえるキャンペーン中!
国内では珍しくアルトコインを取引所形式で購入できる場所。
少しでも仮想通貨を安く購入したいトレーダーに人気!



「仮想通貨に手を出してみたいけれど、なんだか怪しいし不安…」と思っていませんか?


そんなあなたに朗報です!大手金融機関のSBIグループが仮想通貨業界に参入するためにVCTRADEを開設しました。

SBIグループのノウハウ取引手数料の安さを強みとして、日本の仮想通貨市場を牽引していくことが期待されています。


仮想通貨に不信感を持っている方こそ、大手SBIグループが運営する仮想通貨取引所にこの機会に登録してみませんか?

この記事では、SBIバーチャルカレンシーズとVCTRADEの基本情報と、その登録入金方法について詳しく解説していきます!



SBIバーチャルカレンシーズとは?

SBIグループが仮想通貨事業へ!

大手金融業界SBIグループのSBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)は6月4日、仮想通貨取引所「VCTRADE」の営業を開始しました。

6月11日にはビットコインキャッシュ(BCH)、6月18日にはビットコイン(BTC)の取り扱いを開始するなど注目を浴びています。

現在は、2017年10月に先行予約で口座開設の申し込みをした方々向けにサービスの提供を開始しています。

SBIバーチャルカレンシーズの特徴まとめ

独自通貨SBI(Sコイン)の発行

SBIバーチャルカレンシーズは独自トークンSBIコイン(Sコイン)の発行を予定しています。

独自トークンの発行はスタンダードになってきており、トークンの買い戻しなどにより、価格が上がりやすく取引手数料が安くなるという利点があります。

有名な独自トークンにはBINANCEによるBINANCEトークン(BNB)やHuobi.proによるHTトークン(HT)などがあります。

しかし、SBIコインはそれらとは異なり、地方自治体やほかの会社が独自通貨を発行することを想定した決済プラットフォームを目指しています。

大手SBIグループの発行する独自通貨ですから、正式リリース後はSBIコインも注目を集めるでしょう。

リップルが基軸通貨に?

SBIバーチャルカレンシーズで取り扱い予定の仮想通貨は、ビットコイン(BTC)ビットコインキャッシュ(BCH)リップル(XRP)です。

取引所の基軸通貨にはふつうビットコインが使われますが、SBIバーチャルカレンシーズではリップル(XRP)による取引が行われるのではと予想されています。

リップルは日本でもかなり流通した仮想通貨ですから、多くの人がSBIバーチャルカレンシーズを利用することになりそうです。


業界最小の取引手数料!

SBIバーチャルカレンシーズは取引所のスプレッド(取引手数料)を仮想通貨業界で最小にすることを宣言しました。

事実、SBIグループのSBI証券では低いスプレッドにより顧客を獲得してきました。金融業界大手のノウハウを仮想通貨取引所でも活用されることが期待されますね。



 SBIバーチャルカレンシーズの特徴について、より詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください!

「SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)での取り扱い通貨にはどんなものがあるんだろうか?」なんて様々な疑問を抱えているのではないでしょうか?実際どんな通貨が扱われているかを知るのは、口座開設するかどうかの大切な判断基準ですよね。この記事では、SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)の取り扱い通貨の種類・取り扱い予定通貨はもちろんリップル社との関係、SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)の独自通貨、Sコインについても解説します!また、それぞれの仮想通貨の特徴や将来性について詳しく解説していき、ほかの取引所で取引できる仮想通貨の種類の違いについても解説していきます!この記事を読めば、どのような人にSBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)が向いているのかがわかります。SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)のホームページはこちら目次​SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)とは? 取り扱い通貨の紹介今後の取り扱い予定通貨を紹介!ほかの主な国内取引所で取り扱っている通貨の種類を比較まとめ​SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)とは? ​SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)は、SBIホールディングスによって2016年11月11日に設立された新しい仮想通貨取引所です。SBIホールディングスといえば、インターネット証券最大手のSBI証券や、ネットバンクで有名な住信SBIネット銀行​の会社です。SBI証券のノウハウや、膨大な数の顧客を持っていることから、SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)は、大変注目されています。さらに、SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)は、住信SBIネット銀行​と提携しているので、24時間、365日、入出金無料となっています。しかし、SBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)では、現在のところレバレッジ取引はできないので、現物のみの取引となります。会社概要商号SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社設立2016年11月11日事業内容仮想通貨の交換・取引サービス、システムの提供仮想通貨交換業登録番号関東財務局長 第00005号所在地〒106-0032 東京都港区 六本木3-1

 

SBIバーチャルカレンシーズはこんな人におすすめ!

安全性を求める人

SBIバーチャルカレンシーズは、金融業界大手のSBIグループが運営する取引所ですから、セキュリティーの面で非常に安心です。

SBI証券やSBI FXトレード株式会社などで長年培ってきたノウハウがあるうえ、2018年1月にコインチェックでの盗難事件をうけて、サービスの提供を春から夏に延期することでさらにセキュリティ面を強化しました。

リップルを保持している人

リップル(XRP)を保有している人は手数料が安ければSBIバーチャルカレンシーズを主な取引所にしたほうがいいと言えるでしょう。

SBIグループはリップル社の株の約10%を保有しているので、SBIバーチャルカレンシーズの売り上げの上昇はリップルの価値上昇につながります。

そのため、長い目で見ると、リップルを所有している人はSBIバーチャルカレンシーズで取引するほうがお得です。


一般口座開設の受付は延期?受付開始はいつ?

SBIバーチャルカレンシーズは現在、先行予約口座開設を申し込みした人には住所確認はがきを送付中という状態で、一般口座開設についてはまだ準備中です。

一般口座開設受付については、準備が整い次第公式サイトでお知らせするそうです。

受付の開始は7月を予定しているとのこと。


登録手続きを徹底解説!

先行予約口座開設の申し込みをした人向けに口座開設の手続きの案内が届いているはずです。

案内メールのURLから本登録を開始しましょう。

登録手順

  • パスワードの設定
  • 確認事項にチェック
  • 個人情報の入力
  • 本人確認書類の提出
  • 各種質問に答える

パスワードの設定

まずパスワードを設定します。

強固なパスワードにするために、なるべく長く、アルファベットの大文字小文字数字記号などを混在させましょう。


「送信する」で登録を完了させます。



確認事項

まず最初にお取引にかかわる情報の提供についての確認があります。

「お取引にかかわる情報の提供について」のPDFファイルを確認して、「確認・承諾しました」の部分にチェックをつけます。


次に、契約締結前交付書面等の確認と承諾です。

「仮想通貨取引の契約締結前交付書面」

「仮想通貨取引約款」

「個人情報保護方針」

「個人情報のお取扱について」

「反社会的勢力出ないことの確約」

のすべてに目を通し、「確認・承諾しました」の部分にチェックをつけます。


次に、「外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)」施行に伴う確認があります。


アメリカ合衆国の市民である(米国国籍を持っている)方、アメリカ合衆国に居住している方以外は「はい」を選択してください。

二重国籍保持者も米国市民とみなされるので注意してください。


次に、「外国PEPs(外国の重要な公的地位を有する方)」に関する確認があります。

記載されている外国PEPsに当てはまらない方は「はい」で進みます。


次に、「運用資金」に関する確認があります。

自分自身の資金だけで運用するかどうかの確認です。

第三者の資金を用いず、自己資金のみで運用する場合「はい」で進みます。


個人情報の入力

「お客様情報」を入力します。

ここで入力する情報は、のちに提出する本人確認書類と一致した情報である必要があるので注意しましょう。

名前、性別、生年月日、住所、電話番号を正しく入力します。


本人確認書類の提出

個人情報を入力したら、本人確認書類の準備をします。

公的に個人情報を証明するものをアップロードすることで提出が完了します。

使える書類は下記のものです。

  • 旅券(パスポート)
  • マイナンバーカード
  • 免許証
  • 健康保険証

これらに記載されている氏名・住所・生年月日が、先ほど入力した個人情報と合致していることを確認してください。

氏名や住所の変更をした場合、住所の記載が裏面にある場合などは裏面のアップロードも忘れずにしてください。

各種質問に答える

最後に、職業財務情報投資経験などについての質問に答えましょう。

次に、秘密の質問とその答えを設定しましょう。


最後に、「取引に関するご注意」を確認し、「理解しました」にチェックを入れていきます。


すべての内容を確認し、「理解しました」にチェックを入れ終われば登録完了です。


SBIバーチャルカレンシーズによる審査のあと、簡易書留で本人確認郵便が郵送されます。

本人確認郵便を確認したら登録完了です。お疲れさまでした!


2要素認証について

入金を行う前に、セキュリティ対策として2要素認証(2段階認証)を行いましょう。

Google Authenticator(Google認証システム)をインストール

事前にGoogle Authenticatorを端末にインストールしておきます。


Google Authenticator
Google Authenticator




開発元:Google, Inc.
posted withアプリーチ


QRコードを読み込む

メニューバーから「口座管理」をクリックします。

「お客様情報」の「二要素認証」は初期の状態ではOffになっているので、「変更」をクリックします。

表示されたQRコードをGoogle Authenticatorで読み取り、読み取った後に表示される6桁の認証コードを入力します。


入金について

準備するものは?

住信SBIネット銀行の口座

SBIバーチャルカレンシーズに入金できるのは住信SBIネット銀行だけです。

そのため、住信SBIネット銀行口座を所持していない場合、口座を開設する必要があります。

住信SBIネット銀行は入金手数料が無料24時間365日対応で入金スピードが高速という利点もあるのでこの機会に開設してしまいましょう!


住信SBIネット銀行

取引パスワード

口座開設手続き後に郵送される本人確認用のはがきが必要です。

「取引開始のご案内」にあるパスワードが必要になるからです。

入金方法をわかりやすく解説

「VCTRADE」にログインし、「入出金」から「クイック入金」を選択します。


「ご入金する金額」に金額を入力し、「次へ」で進みます。

はがきに記載されている取引パスワードを入力し、「完了」をクリックします。



SBIネット銀行のログインページが開くので、ユーザーネームとパスワードを入力しログインします。

「WEB取引パスワード」を入力し、「認証番号表」または「スマート認証」で認証を行います。


「入金依頼を受け付けました」という表示が出れば手続きが完了です。


手数料は?

SBIバーチャルカレンシーズの入金手数料は無料です。

しかし、出金の際は手数料が発生するので注意してください。

  • 住信SBIネット銀行:51円
  • 住信SBIネット銀行以外:出金額が3万円未満は165円、3万円以上は258円 

「新しくできるSBIバーチャルカレンシーズって手数料はいくらくらいなの?」 あなたは今、そうお考えではありませんか? ​ 手数料も積み重なるとバカにならない金額になってくる。なるべくなら安いほうがうれしい。 もし、SBIバーチャルカレンシーズの手数料が安いなら、無駄な出費を抑えることができて理想的ですよね。 ですが、SBIバーチャルカレンシーズは全体的に手数料は特別安いわけでもないというのが現状です。 この記事では、手数料について表をつかって解説しているので、わかりやすくすんなり理解することができます。 しかも、「なるべく手数料を抑えるにはどのサービスを組み合わせて使うのがいいか」についても解説しますので 無駄な出費をおさえて、そのぶん仮想通貨投資のほうにたくさんお金をまわすことができます! ほか、販売所と取引所の違いについても軽く触れています。 ​ SBIバーチャルカレンシーズの手数料についてしっかり把握でき、上手く手数料をおさえるのに役立ちましたら幸いです。SBIバーチャルカレンシーズで仮想通貨を購入する目次SBIバーチャルカレンシーズとはSBIバーチャルカレンシーズは、手数料は基本少なめSBIバーチャルカレンシーズとはSBIバーチャルカレンシーズの販売所はスプレッドが高いSBIバーチャルカレンシーズの手数料まとめSBIバーチャルカレンシーズとはSBIバーチャルカレンシーズとは SBIバーチャルカレンシーズとは、超大手の金融会社SBIが新しく作った仮想通貨販売所です。 今は事前申し込みしてたユーザーのみ利用できる状態で、6月4日からサービスがスタートしています。 7月から一般利用もスタートし、事前予約してなかった人も普通に使えるようになります。 SBIバーチャルカレンシーズの手数料SBIバーチャルカレンシーズの手数料一覧入金手数料無料出金手数料51円(住信SBIネットバンキングを使った場合)販売所手数料無料送金手数料そもそも送金できないSBIホールディングスCEOの北尾社長さんが 「SBIバーチャルカレンシーズは手数料の業界最安値を目指す」という方針を強く打ち出しています。 その想いの強さは、手数料で大きく儲けていたコインチェックを名指しで批判するほど。​とはいえ、全体的な手数料の安さとしては『普通』といったところです。 入金手数料

 


SBIバーチャルカレンシーズまとめ


この記事では、SBIバーチャルカレンシーズの基本情報と登録・入金方法などについて説明しました。

いかがだったでしょうか?

まとめると、SBIバーチャルカレンシーズVCTRADEは、


  • 大手金融機関SBIグループの仮想通貨取引所なので安心
  • 独自トークンの発行、業界最小の取引手数料!
  • 現在は先行予約口座開設の登録のみ、一般口座開設受付は7月からとの予想

​といった特徴があげられます。


大手SBIグループの開設した取引所ですから、これからも目が離せませんね。

CoinOtakuでは、一般口座開設受付が始まり次第また情報を公開していきます!


 

「最近できたSBIバーチャルカレンシーズの評判ってどんな感じなんだろう? 新しいニュースだからあまり追えていなかったけど、さらっと確認しておきたいな。」 あなたはいま、そうお考えではありませんか? ニュースをいちいち追うのもめんどくさいけど、 ちゃんと知っておかないと、置いておかれる気がしてそわそわする。 ざっくりとでも、評判を知ることができたらうれしいですよね。 そんなあなたに朗報です! この記事を読めば、SBIバーチャルカレンシーズの評判を一通り知ることができます! 公式ページへのリンクもありますので、気になったらそのまますぐ登録することもできます! もう、仮想通貨界隈の話題においていかれる心配はありません。 SBIバーチャルカレンシーズの現状を知るために、この記事が役立ちましたら幸いです。​➡SBIバーチャルカレンシーズの公式サイトへ行く目次SBIバーチャルカレンシーズとはSBIバーチャルカレンシーズの6つの良い評判SBIバーチャルカレンシーズの5つの悪い評判SBIバーチャルカレンシーズの今後の評判はどうなる?SBIバーチャルカレンシーズの評判まとめSBIバーチャルカレンシーズとは ​SBIバーチャルカレンシーズとは、仮想通貨にあまり興味がない人たちの間にも名前が浸透しているような金融界の超大手・SBIが作った仮想通貨の販売所です。もともと去年の12月に公開される予定でしたが、単純に間に合わなくて延期したり、コインチェックのハッキング事件があってセキュリティにより一層の力を入れて延期したりしたので、実に半年後の2018年6月にサービスがスタートしました。 SBIバーチャルカレンシーズの6つの良い評判 出金手数料が安い ​いったんSBIバーチャルカレンシーズに入れたお金を再び銀行口座に戻す場合そのときにかかる手数料は51円です!無料とまではいきませんでしたが、かなり安い金額になっていますね。手数料も一回きりであれば、仮に300円くらいかかったとしても我慢はできますが何回も繰り返しているとだんだんと痛い金額になってきます。やっぱり安いに越したことはないので、51円という安さは嬉しいですね。ほか、SBIバーチャルカレンシーズの手数料についてより詳しくしりたい方はこちらの記事をどうぞ!表を使って解説しているので、ひとめで理解できます。  

 


1;95;0c