CryptoCMっていう取引所ができたらしいけどどんな取引所なのだろう?

実際手を出してみて安全なの?


そんな悩みを抱えていませんか。

開設されてまもないし全く情報がないのが現状…

しかし、コインオタクは中立的な立場からCryptoCMを徹底的に解説します!

これを読めばあなたの悩みも解消されて、CryptoCMについて正しい知識を身につけることになるでしょう!!

CryptoCMのホームページ


CryptoCMの特徴 

CryptoCM(クリプトシーエム)は先日2018年6月1日に新たに開設した仮想通貨取引所です。

CryptoCMは、仮想通貨のトレード分野によるプロフェッショナルたちによって運営される仮想通貨FXトレード専門取引所」で、キプロスに拠点を置き、海外取引所としては数少ない日本語対応を行っており、国内の取引所と遜色ないほどの高い操作性を有します。

ではこらからCryptoCMが一体どんな点で優れているのかをみていきましょう。

CryptoCMのメリット

  • レバレッジ倍率が世界最大の200倍
  • 追証がない
  • 本人確認がない
  • BTCJPYの取引が可能
  • 日本語に完全対応
  • 法的規制のリスクが低い

 

レバレッジが世界最大の200倍! 

<主要取引所のビットコインの最大倍率>

CryptoCMBitMEXGMOコインbitFlyer
200倍100倍25倍15倍

CryptoCMの最大レバレッジ倍率は世界最大の200倍です!

国内の取引所は法規制の影響でGMOコインの25倍が最大であり、いままで世界最大と言われていたBitMEXですら最大100倍であることを考えるといかにCryptoCMが高い倍率で取引をすることができるかがわかります。

レバレッジ倍率が高ければ、小さな価格の変動に対し大きな利益をうむことができます。たとえば1BTCを購入し1%の価格上昇があった場合に得られる利益は0.01BTCですが、レバレッジ倍率が200倍であれば2BTCの利益があげられます。

もっとも利益が大きいぶん、損失への影響も大きいので注意が必要です。

「ビットコインの現物取引には慣れたからそろそろFXにもチャレンジしてみたいけど、やり方や仕組みがよくわからないしなんだか怖い、、、」 そんなことを考えたことはありませんか?FXの仕組みをしっかりと理解して上手にトレードできれば今以上に利益をあげられる可能性が高くなって理想的ですよね。そんなあなたのために、FXに精通している東大生トレード集団がビットコインFXの仕組みを解説します!さらにFXでの勝率をあげるための具体的なテクニカル分析の手法も紹介しているので、より確実性をもってFXを実践することができます!この記事ではそもそもビットコインFXとは何なのかというところから、ビットコインFXにおすすめの取引所、チャートの分析の仕方まで徹底解説します。仕組みとテクニカル分析の手法をしっかりと理解して、確実性の高い取引で安心してFXデビューを果たしましょう!FXの勝率が上昇するCoinOtakuプレミアムをチェックする目次ビットコインFXとは?現物取引との違いは?ビットコインFXのメリットビットコインFXのデメリット 知っておくべきリスクとは国内外のビットコインFX取引所比較ビットコインFXのやり方ビットコインFXでのチャート分析ビットコインFXにかかる税金は?まとめ

 

追証がない!

FX・レバレッジ取引に慣れていない方は「追証」という言葉自体初めて耳にする方もいるかもしれません。

「追証」は追加保証金の略称で、急な相場変動があった時に証拠金がFX業者の指定した一定の割合を割り込むと追加で証拠金を入れなければ強制的にロスカット(含み損が多くなると自動的に決済)されるという制度のことを言い、その証拠金自体追加で証拠金を請求されることの両方を指します。

この「追証」という制度は、日本のFX業者に採用されているもので、海外ではゼロカットシステムというものがあるため「追証」という制度がほとんど存在しません。

これはつまり一言でいうと借金を心配する必要が一切ないということです。

「追証」という言葉を初めて聞いた!仮想通貨でレバレッジ取引・FX!?という方はぜひ読んでみてください!↓↓↓↓↓ 

「ビットコインの現物取引には慣れたからそろそろFXにもチャレンジしてみたいけど、やり方や仕組みがよくわからないしなんだか怖い、、、」 そんなことを考えたことはありませんか?FXの仕組みをしっかりと理解して上手にトレードできれば今以上に利益をあげられる可能性が高くなって理想的ですよね。そんなあなたのために、FXに精通している東大生トレード集団がビットコインFXの仕組みを解説します!さらにFXでの勝率をあげるための具体的なテクニカル分析の手法も紹介しているので、より確実性をもってFXを実践することができます!この記事ではそもそもビットコインFXとは何なのかというところから、ビットコインFXにおすすめの取引所、チャートの分析の仕方まで徹底解説します。仕組みとテクニカル分析の手法をしっかりと理解して、確実性の高い取引で安心してFXデビューを果たしましょう!FXの勝率が上昇するCoinOtakuプレミアムをチェックする目次ビットコインFXとは?現物取引との違いは?ビットコインFXのメリットビットコインFXのデメリット 知っておくべきリスクとは国内外のビットコインFX取引所比較ビットコインFXのやり方ビットコインFXでのチャート分析ビットコインFXにかかる税金は?まとめ

 

「仮想通貨で儲けたいけどビットコイン最近上がってないしな、、、」そう思っていませんか?実はアルトコインFXならば今でも一攫千金を狙うことは十分可能です!アルトコインはビットコインと比べてボラティリティ(値動き)が大きく、さらにレバレッジをかけることで巨額の利益を得ることができます。今回はそのアルトコインFXの取引を行うのにおすすめな海外/国内取引所を「コインオタク基準」を元に詳しくご紹介いたします。この記事を読んで資産を増やしましょう!目次コインオタクのアルトコインFXの取引所を選ぶ際の基準 アルトコインFXのおすすめ海外/国内取引所 アルトコインFXのおすすすめ取引所比較 アルトコインFXとビットコインFXとの違いとは?まとめコインオタクのアルトコインFXの取引所を選ぶ際の基準 コインオタクのアルトコインFXの取引所を選ぶ際の基準 追証があるかどうか ロスカット率 レバレッジ倍率 手数料 流動性 取扱通貨 追証があるかどうか 追証とは「追加証拠金」の略で、証拠金が含み損によってある割合を下回ると追加しなければならない証拠金のことです。追証がある場合、もし仮にレバレッジをかけていて損失が証拠金を超えてしまうと借金を背負う可能性もあります。しかし、追証がない場合ではいくら損失を出しても借金を背負う心配はありません。ロスカット率 ロスカットというのは含み損がある一定の割合を超えた時に取引所側が強制的に取引を決済することです。ロスカット率は証拠金維持率20%未満〜110%未満まで取引所によって様々ですが、どのようにして証拠金維持率を出すかというと証拠金維持率=有効証拠金(口座の資産―含み損)÷取引証拠金×100という計算方法で求められます。ロスカット率が高いとレバレッジを10倍位かけている場合少し下がっただけですぐにロスカットされ、強制的に取引が決済されてしまいます。もし仮にその後上がったとしても取引が終了しているのでどうすることもできません。しかし、ロスカット率が高い方が借金を追いにくいメリットもあります。自分に合っている方を選びましょう。レバレッジ倍率 

 

本人確認が不要!

CryptoCMでは本人確認書類の提出が必要なく、「名前・メールアドレス・電話番号」の登録だけで取引が行えます。


国内の取引所はすべて本人確認書類の提出が必要であるため、審査に時間がかかり実際に取引を開始するまで数日かかってしまいます。

しかし、CryptoCMなら登録が1分もかからず、登録後すぐに取引を開始することができます!


BTCJPYの取引が可能!

多くの海外取引所ではJPY価格に対応しておらずUSD価格のみをもとに取引を行います。一般的にUSD価格の方がJPY価格より価格変動の開始が早かったりするなどUSD価格とJPY価格ではチャートの形が若干異なるため日本のユーザーにとってはそれなりの不便が生じていました。また初心者にとっては慣れないUSD価格で取引すると単位の感覚が上手くつかめず誤注文をする大きな原因にもなっていました。

CryptoCMはBTCJPYとBTCUSDの両方が存在するため自分の慣れているほうで取引ができます!そのためより正確にチャートを予想した上で取引できたり操作ミスをなくせたりするメリットがあります!


日本語に完全対応

前述の通り数少ない日本円入金可能の海外取引所であるCryptoCMは、そのサービスも全て日本語に完全対応しており、質問対応も日本語で行なってくれるため何1つ心配がいりません。

普通の海外取引所ですと日本語に対応していなくて操作ミスを起こし、お金がなくしてしまう危険性があり、実際にそのようなケースは度々耳にします。

日本円の入金が可能かつ日本語対応もしている海外取引所はCryptoCMだけです。

CryptoCMは、海外取引所のうまみを最大限に手にすることのできる唯一の取引所と言えるでしょう。

法的規制のリスクが低い

CryptoCMは所在地がキプロスであるため、日本政府の規制を受けづらく、国内の取引所に比べたら比較的自由に取引ができると言えるでしょう。



CrytptoCMのホームページへ

CryptoCMの注意点

CryptoCMのデメリット

  • ロスカットが早い
  • 現物取引ができない

 

高倍率だとロスカットが早い

CryptoCMではレバレッジが200倍で固定ですが、このような高倍率はもちろん取引する現物の額が実際の持分と大幅に異なる訳です。

これは言わずもがな、ハイリスクな訳で、欲に目が眩んで冷静な判断が下せないと取り返しのつかないような損失を出してしまいます。

それにレバレッジを200倍かけているときなどは自ら取引額を調整することでリスクをヘッジする必要があります。

ハイレバレッジだからロスカットが早くなるとは一概には言えず、実際はハイレバレッジの方が安全であるとも言えるのですが、やはり取引する現物の額が非常に大きくなるという点ではとてもハイリスクです。


現物取引ができない

CryptoCMの取引はすべてレバレッジ取引です。レバレッジ取引では通貨を買ったてい・打ったていで取引を行なう仮想のやりとりなので、その過程で現物の通貨がやり取りされることはありません。そのためビットコン以外の通貨は他の取引所・ウォレットへの送金に対応していません

またレバレッジ取引ではポジションを持っている限り手数料がかかり続けるので通貨の長期保有には向きません


CryptoCMの手数料 

入金手数料無料
取引手数料無料
出金手数料無料

CryptoCMの手数料自体は全て無料です。

どうしてこういう言い方をするかというと、CryptoCMはスプレッド方式を採用しているからです。

スプレッド方式とは取引所内で「売値」と「買値」の間に差額が存在していてそれが実質的な手数料となっているということです。

実際、FX取引所で手数料が無料なのは珍しいことではありません

CryptoCMのすごいところは、唯一の収入源とも言えるスプレッドが他と比べて狭いところにあります。

これはあとで詳しく説明します。


CryptoCMの取り扱い通貨 

各通貨のスプレッド

BTC円(JPY)ドル(USD)
BTC
5394(0.79%)50(0.8%)
BCH0.0015(1.3%)
DASH0.00044661(1.2%)4.27(1.9%)
ETH0.00089479(1.2%)6.36(1.4%)
XRP0.00000095(1.2%) 0.009(1.9%)
LTC0.00017(1.3%)1.08(1.3%)
XRM0.00023254(1.1%)

                                                                                                         (6月28日現在)

CryptoCMのスプレッドをDMMBitcoinのものと比較すると、ETHは1/4、XRPは1/3、LTCは1/5のスプレッドとなっています。

これは何を意味するかというとスプレッドが狭いと言われているDMMBitcoinで取引するよりもCryptoCMで取引する方が圧倒的に有利だということです。

このスプレッドの圧倒的な狭さが先ほど述べたようにCryptoCMの魅力です。


スプレッドってなに?他の取引所のスプレッドってどうなってるの?という方はこちらをチェック!↓↓↓↓↓

「取引手数料無料」という一文に魅力を感じて仮想通貨の取引を始めようと考えている人は多いのではないでしょうか。株やFXだと何かと手数料を取られて最終的には残金が大きく下回っているなんてことはよくありますが、仮想通貨ではそういった心配がないのは魅力的ですよね。しかし、よく考えてみると仮想通貨だけこんなおいしい仕組みになっているのはおかしいと思いませんか?今回は手数料無料の影に隠れているスプレッドという仕組みについて紹介します!この記事を読んで仮想通貨にまつわる市場原理について詳しくなりましょう!目次スプレッドとはなぜスプレッドは発生するの? 現物取引をするにはどこがいいの?各取引所のスプレッドを徹底比較! 仮想通貨のスプレッドと税金 仮想通貨スプレッドに関する気になるQ&A 仮想通貨スプレッドまとめスプレッドとはスプレッドとは「買値と売値の差額」のこと!仮想通貨取引所について調べた時に、誰しもが「手数料無料!」という宣伝をみたことがあるのではないでしょうか。株やFXでは通常入金や出金、さらには売買などあらゆる手数料が発生するのに対して仮想通貨ではそれらが一切無料というのだからとても魅力的ですよね。手数料が無料であることは私たちユーザーにとっては非常にお得なシステムですが、あまりにも虫が良すぎる話だとは思いませんか?重要な収入源であるはずの手数料が全くないとしたら取引所はどこから利益を得ているのでしょうか。ここで重要となるのがスプレッドという考えです。スプレッドとは販売所取引の際に生ずる売値と買値の差のことを言います。上の画像はbitFlyerの取引画面ですが、ここでは1BTCを購入するのに738,562JPYが必要で、売却するには721,174JPYが必要であることがわかります。購入金額が売却価格よりも高いことから「購入するには値段が高く、売却するには値段が安い」という構図ができていることが読み取れるでしょう。この二つの価格差738,562-721,174=17,388JPYのことをスプレッドと言います。そしてこのスプレッドについて理解しておかないと思わぬ損を生むことがあるのです。スプレッドが広いと損をする可能性が高い! 

 

各通貨ペアのレバレッジ手数料

基軸通貨取引通貨
BTCBCH, JPY, USD, DASH, ETH, LTC, XMR, XRP
USDDASH, ETH, LTC, XRP

CrptoCMで扱っている通貨は以上の通りで、全てで12ペアあります。

現在、CryptoCMでのレバレッジは1~200倍で自由に調整できます。


通貨ペア最大レバレッジ最小ロット最大ロット通貨ペアレバレッジ最小ロット最大ロット
BTC/JPY200倍0.065BCH/BTC200倍0.420
BTC/USD200倍0.065LTC/BTC200倍4200
DASH/BTC200倍1.550LTC/USD200倍4200
DASH/USD200倍1.580XMR/BTC200倍3100
ETH/BTC200倍0.750XRP/BTC200倍80030000
ETH/USD200倍0.850XRP/USD200倍80030000


レバレッジ手数料については、CryptoCMの公式サイトには「通貨ペアによって異なります」と書いてあります。

その確認方法は以下の通りです。

①「新規注文」から通貨ペア右手の「▽」を押すとペアの詳細を見ることができます。

②「スワップ(買)」「スワップ(売)」というのがスワップ=レバレッジ手数料となります。(%の記載は間違いで修正致します。←CryptoCMからの注意です!!)


以下レバレッジ手数料をまとめます。

通貨ペアレバレッジ手数料(スワップ)
BCH・BTC(売)
-0.0007626
BCH・BTC(買)-0.0003813 
BTC・JPY(売)
-4,631.1171875
BTC・JPY(買)-4,631.1171875
BTC・USD(売)-39.0277634
BTC・USD(買)-39.0277634
DASH・BTC(売)-0.0002267
DASH・BTC(買)-0.0001100
DASH・USD(売)-1.9959359
DASH・USD(買)-1.9959359
ETH・BTC(売)-0.0004246
ETH・BTC(買)-0.0002123
ETH・USD(売)-0.0004246
ETH・USD(買)-0.0002123
LTC・BTC(売)-0.0000793
LTC・BTC(買)-0.0000397
LTC・USD(売)-0.6813975
LTC・USD(買)-0.6813975
XRP・BTC(売)-0.0000004
XRP・BTC(買)-0.0000002
XRP・USD(売)-0.0091304 
XRP・USD(買)-0.0091304 
XMR・BTC (売)
-0.0001157
XMR・BTC (買)-0.0000578


この情報は各メディアで異なっていることが多く6月28日段階で、CryptoCMに問い合わせたところ以上の情報を確認できました。


1分でできる!Cryptoのカンタン登録・口座開設方法 

名前・メールアドレス・電話番号を入力するだけ!

まずはホームページのホーム画面から「アカウント登録」のボタンを押します。


CryptoCMのホーム画面


そしたら上記の画面から、下記の画面に移ります。

あとは、氏名・メールアドレス・パスワード・国籍・電話番号・言語を記入し、利用規約に同意した上で「登録する」のボタンを押せば全て完了です!!

全て日本語でできるところも嬉しいポイントですよね!


CryptoCMの入金方法 

CryptoCMは入金方法もいたって簡単です。

①上記の2画面のいずれでも構いませんが、「入金」をクリックします。

②入金額を記入し、「進む」のボタンを押します。

③次の画面に記入した額に少し上乗せされた額が書かれて出てきます。その額だけ他の取引所から送金してください。

 送金用のビットコインアドレスは送金額の下に書かれています。


一部メディアには「入金がクレジットカード・銀行振込・ビットコインの3種類でできる」という風に書いてありますが、現在はプラットホームの変更により、ビットコインのみの入金を受け付けています。

ちなみに入金の最低額は0.01BTCです。


CryptoCMの取引画面・チャートの使い方 

通貨ペアを選択

トレード画面の左上にある「新規注文」をクリックすると、通貨ペアの一覧が表示されるので自分がトレードを行いたいペアを選択しましょう。

各通貨ペアの右端にある「v」マークをクリックすると、それぞれのスワップ・必要証拠金・ロスカットなどの詳細な情報が確認できます。

トレード開始

数値に間違いがなければ、そのまま「SELL」か「BUY」をクリックしてトレードを開始しましょう。

取引方法の選択

「成行」か「特殊注文(指値)」を選択します。(「特殊注文(指値)」の場合は指値を入力)

→「注文する」をクリックします。


CryptoCMの出金方法 

①アカウントを選択し、「出金」のボタンをクリックします。

②出金するビットコインの額を入力して「出金する」をクリックすれば完了です。


出金は24時間365日可能です。今のところは出金回数の制限もないので、1日1回しか出金できないBitMEXよりも自由度は高いです。

出金の最低額も0.01BTCです。

ただ1btc以上の出金は、本人確認書類の提出が必要です。

Q&A

サイトによっていろいろ書いてある情報が違うけど本当の情報が知るにはどうしたらいいの?

A. 公式サイトからチャットで確認しましょう!

CryptoCMは開始して間もないサービスであるためプラットホームの変更がしばしばです。

実際一部サイトには最新の情報が反映されていないことが多いです。

ですのでご自身が確認したことがあれば公式サイトからチャットで確認していただくのが最速です。(日本語で対応してくれます!)

この記事は6月27日の最新情報を掲載しています。

CryptoCMにデモ口座ってあるの?

A. あります!10,000.00000000 BTCの所持金という仮想のもと実際の値動きに合わせてトレードができます。

ですからデモ口座で利益が出るようになってから、リアル口座に移ることをおすすめします。

CryptoCMのスマホアプリってあるの?

A. まだ実装段階には至っていませんが、アプリをリリースする予定はあるようです。

スマホアプリができると一気に使いやすさが上がりますね!いち早く完成してほしいですね!

CryptoCMは二段階認証が実装されていないってほんと?

A. 本当です。現在実装を検討中だそうです。

二段階認証は今や取引所では当たり前です。

セキュリティー面から考えて、二段階認証が実装されてからの口座開設をおすすめします!

まとめ

CryptoCMは「仮想通貨FX専門取引所」 「BTC/JPYを含めた12種類の通貨ペアでトレード可能」 「仮想通貨FX専門取引所としては最大級のレバレッジ200倍」 「日本語サポート」といったセールスポイントをもつ革新的な海外取引所ですが、まだ開設したばかりということもあり、現在様々システムの変更が行われているのも現状です。

まだ二段階認証が実装されていない点も含め現段階でも口座開設は少しリスクが高いと言えるかもしれません。

しかし、大きな可能性を秘めた取引所であり、日本人にとっても使いやすく、確実に今後目の離せない取引所の1つです。

ぜひこれを機にCryptoCMについての知識をもっと深めて仮想通貨資産の堅実な運用に役立ててください!


CryptoCMの口座を開設する