マイニングってだいたいどれくらい電気代がかかるのか、知りたいな。」

あなたはいま、そうお考えではありませんか? 


電気代って普段生活しててそんなに意識することもないし、

マイニングにかかる電気代っていうのもいまいちイメージがわかない。



大体の目安でも、マイニングにかかる電気代がわかればうれしいですよね。



そんなあなたに朗報です! 


この記事を読めば、マイニングをしようとすると電気代がどのくらいかかるのかがわかります! 


月の電気代とマイニングで稼げる額のシュミレーターを使って数値を出したので、

非常に参考になる値となっています。 


さらに、それだけでなく 「実際マイニングは電気代を考慮しても稼げるのか?」ということも解説していますので、 

この記事を読むだけでマイニングの相場観についてはバッチリです! 



ほか、どの国でマイニングが盛んなのか?

マイニングは電気の無駄遣いなのか?といったことも解説していきます。 


マイニングの電気代について理解して、実際にマイニングに手をだすかどうかの判断の目安に、この記事を活用してください。



マイニングの電気代をざっくり計算すると?赤字は嫌だ! 

マイニングの電気代の目安を計算 

マイニングの月の電気代の目安は

約25000円となります。



 これはASICを使った場合の電気代です。


ASICとはマイニングに特化した専用コンピューターのことです。

マイニング以外のことはできません。



値段としては、代表的な『Antminer S9』が 15万~20万円ほどなので、そのくらいをイメージしていただければと。



ちなみに、参考として

普通のパソコンを一か月間つけっぱなしにしておくとかかる電気代は1500です。



いかにASICが大量の電力を使うかがわかりますね。


マイニングですが、 やるからには専用の機材・ASICは必須です。

世界中の人々がビットコイン欲しさに全力でマイニングしてるわけですから、普通のパソコンではほぼ太刀打ちできません。


マイニングは普通にやるとほぼ赤字

『Nicehash』 というマイニングサービスで報酬を計算してみたところ、今のビットコインの相場では完全に赤字です。


(2018年6月時点で、ビットコインの相場は65万~70万円ほど)


マイニングコンピューターの代表、Antminer S9​だと月に15000円分ほどマイニングできます。




マイニングでgetできるのが15000円で、

かかる電気代が25000円・・・


マイナス1万円の大幅な赤字ですね。



もうちょっと上がれば、多少の利益は期待できるようになるでしょう。

とはいえ、

「月1万円程度の利益が上がるようになれば、毎月お小遣いが1万円増えて嬉しい!」かと言うとそうでもなくて


初期投資として15~20万円ほどが必要になってきますので、月1万円の利益のペースだと初期投資を回収するだけでも1年以上もかかってしまうことになります。



「そんな、月100万ほどの儲けとかなくてもいいから

機械を最初に用意するだけで毎月数万円くらいお小遣いが増えたらいいなー」


くらいの気持ちでマイニングについて調べているところでしょうが


それすらも厳しいのが現状です。


まとめ

  • マイニングは電気代で完全に赤字になるのが現状
  • 今後、多少の利益が上がるようになったとしても初期投資の回収に時間がかかる

 






 それでもマイニングしたい場合。電気代を安く節約する方法 

ワットモニターで使用量を正確に把握


ワットモニターというのは『どれだけ電気を使ったか』を即座に正確に把握できるものです。


どれだけ電気を使ったか分かるのは月1回の請求の時だけ。

それ以外は感覚でどれくらい使ったか見積もる・・・というのでは あまりに勘に頼りすぎた適当な運用になってしまい、良くないです。


「現時点でこれだけ電気を使ったのか・・・ということはいくらの電気代の出費か。」

ということを正確に把握するためには、ワットモニターは使っておいた方が良いでしょう。


 電気代を最適なプランに変える

ちょっと前までは、電気は国が運営してるものしか使うことができませんでしたが

2016年からは制限が緩んで、いろんな会社が電力を提供する商売ができるようになりました。


なんと、中にはマイニング専用のプランを出している会社もあるのです!


マイニング専用の電気プランを確認してみる


普通に使うより安く済むので、本格的にマイニングをしようとするのであれば念頭には入れておいてもよいでしょう。


電気代を経費で落とす


マイニングにかかった電気代は経費で落とすことができます。

法人だったり、個人事業主だったりしないとそもそも経費で落とすことができないので難易度は高めですが、

できるなら活かしていきましょう。


電気代の安い国に引っ越す


ここまで来ると相当な覚悟が必要になってきますが・・・


電気代って国によって大きな差がありますので、電気代の安い国に引っ越すのも選択肢としてはありえます。


日本ではだいたい1 kWhあたり20円から30円かかるのが一般的ですが、

例えばインドの場合は0.1円~高くても5円ほど。


当然、電気代が安ければ安いほどマイニングにかかるコストを抑えることができるので、利益も増やせます。


まとめ

  • ワットモニターで使った電気の量を正確に把握しよう
  • 電気のプランを安いやつに変えよう
  • 経費で落とせるなら落とそう
  • 電気代が安い国に引っ越すという究極の方法もある

 


マイニングサービスを使って稼ぐには?


ここで、いくつかのマイニングの方法の違いについて解説をしておきます。


まず一つ目は、完全個人でマイニングをする方法。

最初に言っておくと、今となってはこれはほぼ無理だと考えた方がよいです。


マイニングに成功すればビットコインがもらえますから、世界中の人々が全力を尽くしてマイニングにチャレンジしています。


企業でやっているところなら、例えば

「電気代が安くて気温も低いアイスランドにわざわざ広い土地を用意して

そこで何百台ものスーパーコンピューターでマイニングをする」

というような、そんなレベルです。



たった一人の力で何十万円出してちょっといいコンピューターを買ったくらいでは全く相手になりません。





では、個人では気軽にマイニングをすることはできないのかと言うと・・・そんなことはなく


マイニングプールと、クラウドマイニングという方法があります。

それぞれ詳しく説明していきましょう。


マイニングプール

マイニングプールとは多くの人々が協力して一斉にマイニングする方法のことです。

自分の持っているコンピュータの力を提供し、みんなの力を足し合わせてマイニングをします。


先ほどの『Nicehash』​というサービスはまさにこれです。




クラウドマイニング


もう一つはクラウドマイニングという方法。

これは自分でコンピューターを用意する必要すらありません。


マイニングをしている団体があるので、そこにみんなでお金を渡して大規模にマイニングを行ってもらいます。


そして、渡したお金の額に応じてマイニングで手に入ったビットコインの一部をもらう、という仕組みです。



クラウドマイニングとは、自分がお金を貸す代わりに勝手にマイニングをやってもらうといったもの。

あまり『マイニングしている感』はないかもしれません。




いずれにせよ、今の相場だと完全に赤字なのでマイニングで稼ぐのは厳しいです。

また、少し稼げるような相場まで上がったとしても、注意しなければいけないものに『ディフィカルティ調整』というものがあります。



これは、同じところがずっとマイニングし続けてると、

「独り占めになるのはよくない」ということでマイニングが難しくなるという仕組みです。


ですので、ある瞬間の様子を見て一か月当たりの稼ぎが1万円だったとしても

しばらくしたらディフィカルティ調整によってマイニングが難しくなり、稼ぎが少なくなるという可能性は十分にあるので注意してください。




とはいえ年末のビットコインが200万円近くをうろちょろしていた頃のように相場が上がれば

マイニングで月5万円以上稼ぐようなことも十分に可能です。


相場が上がってから準備するのでは出遅れてしまうので、チャンスを逃さないように登録だけでも今のうちにやっておきましょう!



本気で検討するのであればこちらの記事をどうぞ。

どのサービスが信頼できて稼げるのか、一発でわかります!

 

目次クラウドマイニングとは?クラウドマイニングサービス比較【Genesis Mining】イーサリアム採掘も簡単!【HashFlare】自動再投資で複利運用【Hashing24】GMOコインと提携キャンペーン【Nicehash】Monacoinならこれ!【Eobot】無料でマイニング?クラウドマイニングにかかる税金は?まとめ クラウドマイニングとは? 「クラウドマイニング」この言葉、聞いたことありますか? 「マイニング」なら知ってるけど…?というあなたに説明します! クラウドマイニングとは、簡単に言うと、「みんなで資金を出し合ってマイニングしよう!」というものです。実際にマイニングをするのは資金を集めた企業なので、クラウドマイニングサービスは ・自前でマイニング用の機材を用意する手間が不要 ・マイニングに必要な電気代がかからずに済む という利点があります。 ただし、クラウドマイニングにはもちろん注意点もあります。簡単に言うと、会社が信用できるのか、という話ですが、詳しくはすぐ後で説明します。 クラウドマイニングサービス比較 ここからはクラウドマイニングサービスを提供する会社を比較していきますが、その前に、クラウドマイニングで出資する際に覚えておきたい注意点について説明します。マイニングをする会社に資金を預けるわけですから、持ち逃げされたら話になりませんし、損失ばかり出しているようでも倒産まっしぐらです。注意すべきポイントを確認しましょう。 クラウドマイニングの注意点 クラウドマイニングは原資掛け捨て まずはクラウドマイニング自体の注意点です。クラウドマイニングを始める際に支払う額は、全て会社のものとなります。システムとしては、数年間のスパンを見据えながら、投資した分だけ配当が増える&コイン自体が値上がりする、ということによって利益を狙うという形になります。 なので、会社とコイン双方への信頼、そしてリスク計算が極めて重要になります。 配当の支払い(ペイアウト)がちゃんと行われているか 会社の運営体制はしっかりとチェックしておきましょう。あまりにも支払いが遅れすぎる、または全然支払いされないとなれば、自分の資金を預けようとは思えません。 とはいえ業界大手のGenesis

 

まとめ

  • マイニングプールはみんなのコンピューターの力を合わせて戦う
  • クラウドマイニングはマイニング団体にお金を渡すかわりに勝手にやってもらう
  • 相場が上がれば稼げる。チャンスを逃さないよう今から準備しておこう!

 



 マイニングの電気代Q&A 

世界でマイニングが最も盛んな国は?


最近までマイニングが最も盛んな国は中国でした。

なんといっても電気代が安いので、2017年には実にマイニングの8割が中国で行われていたほどです。



しかし、2018年1月に中国の政府が「マイニングを規制するかも」ということを匂わせ始めたので、

中国でマイニングをしてた人達も徐々にマイニングを諦めたり、マイニングする場所を他の国に移したりしています。


今後の動向に注目です。


マイニングは電気代の無駄?もったいない?


仮想通貨はあくまでも実体のないデータ上のものです。

「データ上のものを作るためだけに電気をたくさん使うのは電気の無駄使いだ」という人もいます。



電気の無駄遣いって言ってもあまりピンとこないかもしれませんが、確かにマイニングで使われている電気の量は凄まじく

去年マイニングに使われた電気の量は29.05 TWh。


この数字だけ見てもよくわからないですが、これは一つの国の電力消費量よりも多いくらいです。

地球上には200くらいの数の国がありますが、そのうち150ヵ国ほどの国の電力消費量より去年仮想通貨のマイニングに使われた電気の量のほうが多いのです。



とはいえ、仮想通貨は今までのお金よりかなり簡単にお金を送ることができたり

運営者がいらなかったりと強みもたくさんあります。



今までのお金の管理にかかるコストを考えず、ただ仮想通貨をマイニングするのにかかる電気代だけを見て「電気の無駄遣いだ」と決めつけるのは早計だと言えるでしょう



そうは言っても、今のマイニングで使われている電気のあまりの多さを考えると

環境破壊を加速させるかもしれないという問題もあります。


これに関しては仮想通貨に関わる人々全てがよく考える必要があるでしょう。

まとめ

  • マイニングは中国がアツかったが規制が入りそうである
  • マイニングには膨大な電力が使われており、今後どうすべきか考える必要がある

 



マイニングの電気代まとめ

以上、マイニングの電気代についてまとめました!


正直、今のタイミングだと個人でマイニングをやろうとしても全く儲からないのが現状ではあります・・・



とはいえ、今後また状況が変わる可能性もあるので

この記事で学んだマイニングについてのことを念頭にいれつつ、様子を見ておきましょう!