仮想通貨の公開鍵と秘密鍵とは?その仕組みや管理方法を徹底解説!

​「公開鍵・秘密鍵って何だろう?」「どうして鍵が2つもあるの?」このような疑問を持ったことはありませんか?

この記事を読めば公開鍵・秘密鍵の基本を理解することができます。普通に考えれば、1つの錠に対して鍵は1つです。

しかし、仮想通貨取引において用いられるこの2つの鍵は性質が全く異なります。鍵が2つあることは情報を保護する上で非常に重要な意味を持っています。

一般の鍵のイメージは公開鍵・秘密鍵を理解する中で邪魔になるかもしれません。一旦はそのイメージを脇において読むといいと思います!

仮想通貨の公開鍵・秘密鍵とは​​​

公開鍵

公開鍵とは一般に公開されている鍵で、後で説明する秘密鍵から作成されます。流れとしては秘密鍵→公開鍵→アドレスという感じです。しばしば公開鍵アドレスは同じものとして扱われるのですが、違うものなので注意してください

アドレスは銀行口座で例えるなら口座番号です。例えばA君からB君に1BTC送るとしましょう。B君は1BTCを受け取る際、自分のアドレスをA君に教えればいいだけです。このトランザクションではB君の秘密鍵も公開鍵も必要ありません。現在の銀行を介した取引と仕組みは同じです。

一方で、公開鍵取引の検証のために用いるものです。つまり公開鍵でトランザクション内容が本当に正しいのかを検証することができるということです。上の例でA君の公開鍵を使えば、「A君が自分の秘密鍵を使って送金したこと」「送金額が1BTCのままであること」「B君のアドレスに送金されていること」を誰もが確認することができます。詳しくは電子署名の図で説明します。

秘密鍵から公開鍵を作ることは比較的容易にできますが、公開鍵から元の秘密鍵を類推することは非常に困難です。​公開鍵から秘密鍵を作れてしまってはこの暗号方式の意味がありません。

この一方向性が非常に重要で、歴史的にみると1960年代、一方向性をもつアルゴリズムが見つからなかったので、公開鍵と秘密鍵を用いた暗号方式は理論の段階にとどまっていました。しかし条件を満たすアルゴリズムが見つかったことで、現在の2つの鍵を用いた暗号方式が可能になりました。

とにかく公開鍵を知られたと言って、別に自分のお金が盗まれるというわけではないので安心してください!

​秘密鍵

秘密鍵は仮想通貨取引を始める時にランダムに設定される文字列で、デジタル空間の中での自己証明書です。「7rf8d38ud23j49fj3kdi5m4b73g487jdo8w20kfm6i1」のように英数字がでたらめに決められます。A君からB君に1BTC送る時、A君は自分の秘密鍵を使わなければなりません。秘密鍵を用いることでのみ自分の仮想通貨を送ることができるので、自分の金庫を開けるための鍵ということもできます。

秘密鍵は自分のお金の所有権を証明することができる唯一のもので、万が一盗まれてしまったら、自分のお金はいくらでも操作されてしまいます。その名の通り「ヒミツ」なんです。以下何度も指摘しますが、絶対に他人に教えてはいけないものです

​電子署名

​電子署名とは、あるトランザクションに秘密鍵を用いて署名をすることです。先ほどの例において、「A君が秘密鍵を使う」ことは「A君が秘密鍵を使って署名する」ことと同じです。電子署名において秘密鍵は施錠用の鍵、公開鍵は解錠用の鍵です。つまり、秘密鍵で署名(暗号付加)をし公開鍵で電子署名を復号化することでそのトランザクションを検証することができます。以下、まとめの図です。


​復元パスフレーズ

先ほど説明したように秘密鍵は英数字がランダムに設定されたものなので、人間にはとても複雑な文字列に見えます。この複雑な文字列を10~20個の単語に変換したものが復元パスフレーズです。スマートフォンを無くすなどして秘密鍵を紛失したときに使います。​例えば、「cat bread treasure trip head book room train good chair ・・・」などです。秘密鍵を無くし復元パスフレーズも無くしてしまうと、そのウォレット内の資産は2度と使えなくなってしまいます。確実に保管しておきましょう。

​秘密鍵の管理に注意!

 ​秘密鍵は銀行口座で例えるなら「暗証番号」にあたります。秘密鍵を知られてしまった場合、あなたの口座内にあるお金を別の人が出し入れできるようになってしまいます。公開鍵は誰もが知っているし誰に知られてもいいのですが、秘密鍵は決して誰にも知られてはいけません。

秘密鍵は無くしてもいけません。無くしてしまうと口座内のお金を使うことができなくなってしまいます。自分が把握できる場所に保管しておきましょう。

​秘密鍵の管理方法は?

​秘密鍵を管理する方法には大きく2つあります。

取引所

「​自分で秘密鍵を管理できない!」と思ったら取引所に預けることができます。自分で管理する必要は無くなりますが、取引所がハッキングされたときに自分の秘密鍵が盗まれてしまう可能性があります。以下、おすすめの取引所です。

bitFlyer

日本で最大級のビットコイン取引所です。最もメジャーな取引所の一つです。

bitFlyer公式ホームページ

bitbank.cc

​アルトコインを買うのに最適の取引所です。セキュリティも万全です!

bitbank公式ホームページ

DMM Bitcoin

​アルトコインのレバレッジ取引ができる取引所です。スマホアプリの使いやすさでも定評があります!

DMM Bitcoin公式ホームページ

ウォレット

​仮想通貨を管理するためのお財布です。自分で管理する必要があるものの、種類によってはオフラインで管理することができ安全性は非常に高いです。以下、ウォレットの種類です。

ハードウェアウォレット

​USBで秘密鍵を保管するタイプのウォレットです。おすすめのウォレットはLedger nano Sです!

コインオタクおすすめのLedger Nano Sはこちら!目次ハードウェアウォレットとはハードウェアウォレットの仕組みハードウェアウォレットのメリットハードウェアウォレットのデメリットおすすめハードウェアウォレット3選三種のハードウェアウォレットを比較!ハードウェアウォレットのQ&Aハードウェアウォレットまとめ ハードウェアウォレットとは ハードウェアウォレットとは、仮想通貨を保管するウォレットのうち、秘密鍵を内蔵した外部デバイスのことです。PCに接続していない間はコールドウォレットとなるため、セキュリティ面で非常に強力なのが特徴です。 ハードウェアウォレットの仕組み 秘密鍵暗号を持ち運ぶ ハードウェアウォレットは、機器そのものにウォレットの機能がついているわけではありません。仮想通貨のアドレスへアクセスするために必要な、秘密鍵を機器内部で保存しているのです。ですから、ウォレット内の仮想通貨を管理するためには、PCなどの端末に接続し、専用のアプリケーションを利用する必要があります。 この秘密鍵は、購入時に付属しているアクティベーションキーと対応しており、ハードウェアウォレット本体が故障したり、紛失したりしても、新しく購入した本体にキーを入力することで復元できます。 ただし、アクティベーションキーさえ持っていれば他の本体からでもウォレットにアクセス可能というのは、裏を返せば他人にキーを知られたら不正送金などをされるかもしれないというリスクがあるということです。 ですから、キーは他人に見られないよう、また、なくすことの無いよう厳重に保管しましょう。 そして、流通業者がアクティベーションキーを、商品が購入される前に盗み見ている可能性もあるので、信頼できる正規代理店から購入しましょう。 PCに繋げてウォレット操作 ウォレットの操作をする際にはPCに接続し、専用のアプリケーションを使って機器内の秘密鍵を読み取ります。 ウォレットアプリのインストールされたPCなら、どれからでもウォレットにアクセスできます。 ハードウェアウォレットのメリット 安全性が非常に高い PCに繋いでいない間、ウォレットの秘密鍵はネットワークから完全に遮断されています。こういった状態のウォレットをコールドウォレットと呼ぶのですが、この状態ではハッキングの危険にさらされることがなく、非常に安全です。

 

デスクトップウォレット

​PCからアクセスできるウォレットで、 最も一般的なウォレットです!

目次デスクトップウォレットとはデスクトップウォレットのメリットデスクトップウォレットのデメリットデスクトップウォレットの注意点Bitcoin用デスクトップウォレットのおすすめアルトコイン用デスクトップウォレットのおすすめデスクトップウォレットについてのQ&Aデスクトップウォレットまとめ デスクトップウォレットとは デスクトップウォレットとは、仮想通貨を管理するウォレットのうち、自分のPCから利用するタイプのものをさします。 最も古くからあるウォレットの種類で、仮想通貨の開発元が公式にリリースしているウォレットの多くがこの形式を取っています。 ※1月26日現在、コインチェックではアルトコインの入金、出金、売買が停止されています。こういった事態に備えて、なるべく仮想通貨は自分のウォレットで管理するべきでしょう。また、取引所は複数開設しておき、資産は分散して保管しましょう。 デスクトップウォレットのメリット フルノード版が使える スマートフォン用のウォレットやハードウェアウォレットなどは、アプリの容量削減のためその仮想通貨のブロックチェーンの中の一部の領域のみを参照している場合がほとんどです。もちろん、デスクトップウォレットもほとんどがそのように一部領域のみを参照していますが、中にはジェネシスブロックから最新ブロックまでの全てのブロックチェーンを参照するものも存在します。それによって、全ての取引記録が確認できるんですね。このようなタイプのウォレットを「フルノード」と言います。フルノードは全てのブロックチェーン情報をダウンロードしなくてはならないため、非常に重いです。 これを読んだあなたは、「え、そんなことする理由あるの?ウォレットアプリなんて軽い方がいいに決まってんじゃん!」と、お思いかもしれませんね。 しかし、フルノード版にしかない利点として、フルノード版ではマイニングを行うことができることが挙げられます。なので、マイニングをしたいならばフルノードを利用しましょう。 開発が盛ん デスクトップウォレットは、他の種類のウォレットに比べて活発に開発がなされています。メジャーな通貨では特にその傾向が強く、自分にあったウォレットを探すことができます。 デスクトップウォレットのデメリット 複数種の通貨を同時に管理できない

 

​モバイルウォレット

​スマートフォンからアクセスできるウォレットで、使いやすさはNo.1です!

2018年、コインオタクが最もおすすめする仮想通貨はこちら!! 目次モバイル(スマホ)ウォレットとはモバイルウォレットの仕組みモバイルウォレットのメリットモバイルウォレットのデメリットモバイルウォレットの注意点ビットコイン用モバイルウォレットのオススメモバイルウォレットについてのQ&Aモバイルウォレットまとめ モバイル(スマホ)ウォレットとは モバイルウォレットとは、仮想通貨を管理するウォレットのうち、スマートフォン用のアプリを用いて自分の秘密鍵を管理するタイプのものを指します。 現在、GooglePlayやappstoreに複数のモバイルウォレットアプリが公開されています。※1月28日現在、コインチェックではアルトコインの入金、出金、売買のすべてが停止されています。こういった事態に陥ったときにも、自由に自分の資産が移動できるように、やはり自分のウォレットは持っておくべきでしょう。特にセキュリティの高いコールドウォレットは資産を安全に管理したい方にオススメです。コールドウォレットについて詳しく知りたい方はこちら! コールドウォレットを使おう!ハッキングに備えた安全な仮想通貨の保管方法を教えます!仮想通貨をもっと安全に保管してみませんか?オフライン式のコールドウォレットなら、ハッキングのリスクを最小限に抑えることができます。ペーパーウォレットの作り方、おすすめのハードウェアウォレットをこのページで紹介!続きを読む その他のタイプのウォレットについてはコインオタクの記事をご覧ください! デスクトップウォレットとは?メリット・デメリットとおすすめを紹介!仮想通貨のウォレットのうち、最もスタンダードなデスクトップウォレット。取引所以外のウォレットを探している方や、デスクトップウォレットについて知りたい方のためにメリット・デメリット、オススメを紹介します続きを読む ウェブウォレットって何?メリット・デメリットの両側面から解説!仮想通貨のウォレットにはいくつか種類があります。そのなかでも、サーバーで大勢のウォレットをまとめて管理するタイプのウォレット、ウェブウォレットについて紹介します!ウェブウォレットとは何か、どんなメリット・デメリットがあるのかをわかりやすくま続きを読む

 

​ペーパーウォレット

​紙で秘密鍵を保管するタイプのウォレットで、安全性は最も高いです!

目次ペーパーウォレットとはペーパーウォレットの仕組みペーパーウォレットのメリットペーパーウォレットのデメリットペーパーウォレットって実際どうなの?コインオタクの評価ペーパーウォレットの使い方ペーパーウォレットについての気になるQ&Aペーパーウォレットまとめ ペーパーウォレットとは ペーパーウォレットって聞いたことありますか?ペーパーウォレットは紙製の財布で環境に優しく………そっちの方ではありません。仮想通貨の保管方法として紙媒体であるためにセキュリティーに優れたウォレットなのです! ペーパーウォレットの仕組み ビットコインの送金において、まず秘密鍵(銀行口座の暗証番号のようなもの)と公開鍵というものが作られます。公開鍵からビットコインアドレス(銀行の口座のようなもの)が生成され、この秘密鍵とビットコインアドレスを紙に印刷したものがペーパーウォレットです。紙に記されたこれらを参照すればビットコインは引き出せます。まさに小切手のようなものといえます。 ウォレットには常にインターネットに接続されているホットウォレットとオフラインで仮想通貨を保管するコールドウォレットがあります。コールドウォレットと聞いて多くの人が想像するのは「Trazor」などのハードウェアタイプのウォレットだと思われますが、ペーパーウォレットもコールドウォレットの一種です。 ペーパーウォレットのメリット あらゆるハッキングも怖くない! これはペーパーウォレットにに限らずハードウェアウォレットなどコールドウォレット一般にいえることですが、オフラインにあるため無事に送金してしまえば燃やされる、盗まれるなどの物理攻撃を受けない限り資産が危険にさられるリスクは最小限におさえられます。 ビットコインに関するニュースとして耳目を集めた「マウントゴックス事件」では取引所にあるビットコインが消失し多くの投資家が資産を失いましたが、このような事態になってもコールドウォレットにいれておけば安心であるということです。(もっとも、このマウントゴックス事件の原因がハッキングかどうかは定かではありませんが…)コストが小さく敷居が低い

 

​​まとめ

​大事なことは以下の2点です。

1つ目は、何度も言いますが秘密鍵は大切に保管するということです。公開鍵はみんなで共有されている情報であり、ばれても一向に問題ありません(そもそも「ばれる」という概念がないです)。一方で、秘密鍵はウォレット内のお金を動かす唯一の手段で他人に知られてはいけません。

2つ目は、公開鍵は電子取引の検証に使うことができるということです。公開鍵で秘密鍵によってなされた電子署名を復号化することで検証をすることができます。

自分に合った取引所・ウォレットを選んで、適切に秘密鍵を管理するようにしてください!