最近よく耳にする「ICO」…

情報はどこで手に入るの??

どうやったら始められるの??

そんな疑問を解決するため、ICOについてその全てを東大生が徹底解説!!

ICOはその可能性を大きく秘めていますが、デメリットも大きいのも事実です…

そんなICOについてしっかり客観的な立場から余すところなく説明していきます!


ICOを実際に始めようと思っている人も、そうじゃない人も、知っておいて損は全くありません!

ぜひこの記事を通してICOについての知識をしっかり身につけてください!!!




ICO(イニシャルコインオファリング)とは?  


ICOって一体なに?

ICOはイニシャル・コイン・オファリング(Initial Coin Offering)の略称で、一言でいうと「企業による仮想通貨を通じた資金調達」です。

別名では「クラウドセール」、「トークンセール」、「トークンオークション」とも言われています。

同様に不特定多数の人がインターネット経由で財源の提供や協力をするクラウドファンディング名前の似ているIPO(Initial Public Offerring / イニシャル・パブリック・オファリング)と比較しながら説明していきます!


そもそもなぜ資金調達を求める主催者はICOを用いるの?

ICOを用いる理由

  • 資金調達
  • 仮想通貨の普及を通じた通貨価値の上昇
  • 金儲け・詐欺

 

「資金調達」はわかりやすいと思います。この点はクラウドファンディングIPOも同じであると言えるでしょう。

「仮想通貨の普及を通じた通貨価値の上昇」に関しては完全にICO特有です。

クラウドファンディングIPOも資金としての金融商品の形態は現金(または現金に換金可能)です。

ICOの場合は投資で得られる「権利」が「仮想通貨」(トークン)で表されているので、その「権利」を売買することもでき、その点サービスや特典・利回りなどを得る「権利」を売買をすることができないを金融商品としているIPOに比べたら、ICOの自由度は高いと言えるでしょう。

自由度の高さは資金調達プロセスの簡易さ世界中の誰でも参加可能という非常に画期的な側面を持ちます。

しかし、自由度の高さは時として負の側面を有します。

それが最後にあげたような点です。

実際ICOには詐欺の事例が尽きません…

証券会社が幹事として株を売り出し、監査があるIPO日本では比較的安全なクラウドファンディングに対して、ICOはどんな人でもICOで仮想通貨の資金を調達することができ、事業者が自由にルールを作ることが可能です。


そのため出資者の責任が大きくリスクは高いと言えます。


以下簡単にまとめてみたのでぜひ参考にしてください。


認可条件資金調達の場資金形態主な出資者方法
ICO特になし仮想通貨取引所経由仮想通貨世界中の不特定の個人投資家トークンの発行
IPO金融機関・取引所での承認を受けた時株式市場法定通貨ベンチャーキャピタル・個人投資家新規株式の発行
クラウドファンディング 特になしインターネット上のサイト法定通貨世界中の不特定の個人投資家サイト上の募集


それでは以下もっと詳しくICOの実態を見てきましょう。


ICOの種類

ICOには大きく3つのモチベーションがあると言いましたが、今度はICOの種類を詳しく見ていきたいと思います。

出資側のモチベーションでICOを分類して見ましたが今度はトークンの種類で分けてみましょう。

実際トークンの制度は未だ確立したものがあると言えず、その形態も様々です。

どのようなトークンがあって、どのようにICOに用いられているのかをここでしっかり押さえましょう!


仮想通貨型トークン

仮想通貨型トークン」は決済手段や送金手段として用いられることを想定して発行されるトークンで、仮想通貨取引所などでのほかの仮想通貨との交換や売買を想定して生成されます。そのトークン自体を保有することで特別な権利を得られる訳ではないです。

商品券型トークン

商品券型トークン」はそのトークンで発行者が提供するサービス・商品を購入することができ、トークンが仮想通貨取引所に上場された場合にはトークンの売買もできるようになります。


ファンド型トークン

ファンド型トークン」はトークンを保有していることで、ICOによる資金調達を行った事業者が進めるプロジェクトの収益を受け取ることができます。

トークンが仮想通貨取引所に上場された場合にはトークンの売買もできるようになります。

会員権型トークン

会員権型トークン」のトークンを保有していると、ICO事業者が提供する商品やサービスを特別に利用したり、あらかじめ発表された優遇措置などの恩恵を受けることができます。株式でいうところの「株主優待」に似ていると思ってもらって構いません。


法定通貨型トークン

法定通貨型トークン」は、いつでもトークンの発行者に依頼すれば円やドルなどの法定通貨として払い戻しを受けることができるトークンのことをいいます。

交換率は、最初にトークンを購入したときと同じレートになるのが一般的で、トークンが仮想通貨取引所に上場された場合にはトークンの売買もできるようになります。


ブロックチェーンアセット型トークン

ブロックチェーンアセット型トークン」は少し説明が難しいです。例えば、ブロックチェーンを使ったゲーム上のキャラクターやアイテムが、この「アセット型」に当てはまります。つまり、トークンをブロックチェーン上の資産として保管することを可能にするということです。

別名では「アプリケーション・プラットフォーム型トークン」ともいいます。

この名前からもトークンの性質がなんとなくわかるのではないでしょうか。


今後は「不動産」「車」「パソコン」などの情報を「アセット(資産)」としてブロックチェーンに刻むことで、所有権の譲渡や売却をスムーズに行うことができるようになるでしょう。

ICOのメリット 

ICOをする側のメリット 

ICOをする側のメリット

  • 資金調達後の返済がない
  • 証券会社等の仲介を要しない
  • インターネット上であるため出資者の制約がない
  • 二重の権利移転等を防げる

 

資金調達後の返済がない

  • 外部から経営に口を出されず、利益分配も不要なため、事業者の理念に沿ったサービス開発に専念できる。証券会社等の仲介を要しない
  • 手数料を抑えることができる。
  • 短期間多額の資金を調達可能である。
  • 革新的なビジネス・公益性の高い事業を自由に提案できる。
  • 募集を、事業の成長に合わせ機動的に実施知ることができる。

インターネット上であるため出資者の制約がない

  • 小さなベンチャー企業や個人でも実施可能であるので資金調達の間口が広がる。

二重の権利移転等を防げる

  • 投資家に与える権利を仮想通貨の仕組み(ブロックチェーン)を用いることで、コインという形にして二重使用を防ぎながら自由に流通させることができる。

というようなメリットがあります。

ICOは自由度の高さという面で、事業者にとって既存の資金調達形態にはまったくない魅力を持っています。


出資する側のメリット

出資する側のメリット

  • 様々な特徴をもつトークンを保有できる
  • 事業が成功すればトークンを通じ利益を得ることができる
  • 個人が少額で参加可能

様々な特徴をもつトークンを保有できる

  • 投資したサービスがうまくいき、トークンや仮想通貨の市場内での価値が上がれば、大きな売却益が得られる可能性がある。

事業が成功すればトークンを通じ利益を得ることができる

  • 割安にトークンや仮想通貨を入手でき、実際のサービスで利用できる。
  • トークンや仮想通貨を第三者に手軽に譲渡でき、投資回収の機会が増える。

個人が少額で参加可能

  • 手数料を抑えて、小口投資を幅広く行える。
  • 投資の敷居が低いので公益性の観点から投資できる。

というようなメリットがあります。

実際、現段階でのICOは投資家側のメリットはまだ大きいとはいえませんが、それはICOの文化が発展途上の最中にあるからで、今後はどんどん投資家側にもメリットの大きいものになっていくと思われます。

 

ICOのデメリット  

ICOをする側のデメリット

ICOをする側のデメリット

  • 事業の可能性をしっかり投資家に伝える必要がある
  • 規制を受ける可能性が高い

事業の可能性をしっかり投資家に伝える必要がある

  • 実際問題、事業の魅力・可能性をアピールすることができなければお金は集まってこない。
  • 事業の失敗時の投資家のリスクが大きいため投資家側も慎重になっている。

規制を受ける可能性が高い

  • 支払手段や通貨としての規制を受けずに簡易に資金調達ができるため、出資法等の観点で問題視され、急に規制を受ける可能性がある。
  • 利用可能範囲が広くなりすぎると仮想通貨法での1号、2号仮想通貨とみなされる可能性がある。

以上の点はデメリットというよりは難易度の高さといった方が正しいでしょう。実際ICOで成功を修める事例は未だ一握りと言っても過言ではありません。


出資する側のデメリット 

出資する側のデメリット

  • 情報の非対称性(出資した資金が正当に用いられるという保証の度合いが低い)
  • 事業が成功しても、仮想通貨に価値がつかなければ利益を得ることができない

情報の非対称性(出資した資金が正当に用いられるという保証の度合いが低い)

投資家が、事業者を監査・指導する機会や手段がない(株のように支配権がない)

投資プロジェクトが成長しない・失敗する、サービスリリースが遅延する可能性も十分にあり、またそれを予測・判断するのが難しい

事業者が投資資金を持ち逃げする可能性も大いにある

事業が成功しても、仮想通貨に価値がつかなければ利益を得ることができない

登録仮想通貨交換所での取扱いが認められる仮想通貨にならないと換金手段が限られる上、登録交換所で取り扱い可能になっても普及しないと値段が上がらない

 

現段階では、主催者側の成功のハードルが非常に高くICOはかなりリスクを伴う行為といえるでしょう。

ICOへの参加手順・購入方法  


では実際ICOにどう参加すればいいのでしょうか?

参加方法を見ていきましょう!

ICO参加の流れ

  • 専用のウォレットの作成
  • ICOの決定
  • 仮想通貨の購入とウォレットへの移行  
  • ICOへ入金
  • トークンの受け取り

 

専用のウォレットの作成  

ICOは基本的にビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)を用いています。

最近のICOの多くはイーサリアムベースでおこなわれていますが、実際にICOに参加したい企業がどの仮想通貨をベースにしているかを確認してウォレットを作成するのが妥当でしょう。
 

ここで既存の取引所のウォレットを用いるのは危険です。

なぜかというと、取引所のウォレットから直接ICOのアドレス宛に仮想通貨を送金することができたとしても、トークンを受け取れない場合があるからです。

まず取引所のウォレットを用いると時間がかかりますし、そもそも取引所のウォレットは取引所が秘密鍵を管理しているため厳密にはあなた自身の保有するウォレットとは言い難い面があります。実際取引所には送られてきたトークンを口座開設者に返す法的根拠は全くないのです。

ですからICOへの参加が未定であっても、ウォレットの作成をしておくことを強く勧めます。


最後に仮想通貨を安全に保管するためにオススメのハードウォレットを皆さんに紹介します。

コインオタクがおすすめするのはレジャーナノエスです!

 

 

レジャーナノエスは仮想通貨を管理する際に必要な秘密キーをインターネットから完全に隔離して保管することができるデバイスです。

外部から独立した物理的なボタンとスクリーンを利用することで、トランザクションへの不正アクセスを防ぎます。

言ってみれば、これで取引所とは異なる自分専用の口座が作れるということです!!

レジャーナノエスはハードウォレットの中でも、最高峰のセキュリティを備え、対応通貨も非常に豊富で使いやすく、ハードウォレットの中では群を抜いたクオリティを見せます。

レジャーナノエスを用いてあなたの仮想通貨資産を安全なものにしましょう!!


Ledger Nano Sの公式サイト


詳しくはこの記事をチェック!↓↓↓↓↓ 

 「取引所に資産を預けているのって危ないって聞いて、Ledger Nano Sを買うか迷ってるんだけど買い方がわからない。。。」「Ledger Nano Sって人気あるらしいんだけど高いらしくてどこで購入するのが一番安いんだろう・・・?」「リップル(XRP)が預けれるのはLedger Nano Sだけらしいんだけど、購入しようかな?」なんてなかなかLedger Nano Sの購入に踏み切れてない人が多いのではないでしょうか。今回はLedger Nano Sを購入場所ごとに比較して、それぞれについて購入方法を詳しく解説しました!!これを読めばあなたにピッタリの購入場所がみつかり、購入方法も分かります!!この記事でわかることLedger Nano Sの購入場所ごとの特徴Ledger Nano Sの購入方法 目次いまハードウェアウォレットが人気な理由Ledger Nano Sの特徴Ledger Nano Sを購入する前に気をつけること! Ledger Nano Sはどこで購入するのがおすすめ?Ledger Nano Sの購入方法(買い方)〜正規代理店編〜Ledger Nano Sの購入方法(買い方)〜公式サイト編〜Ledger Nano S 

 

ICOの決定  

ICOへの参加を検討している多くの方はどのICOがいいのか全くわからない状況だと思います。

現状、初心者がICOの情報を手に入れる環境が整っているとは言い難いです。

ではどこで情報を手に入れるのか?

以下ICO情報サイトを紹介します!

最後にもう一度まとめるのでサイト名をあげるだけに留めておきます。

最後まで読んで各サイトをチェックしてみてください!


・COINJINJA (日本語)→ https://www.coinjinja.com/

・CRYPTO COIN PORTAL(日本語)→ https://cryptocoinportal.jp/

・crypto currency magazine(日本語)→ https://cryptocurrencymagazine….

・tokenmarket → https://tokenmarket.net/

・ICODROPS → https://icodrops.com/

・ICO COUNTDOWN → https://www.icocountdown.com/

・Coin Schedule → https://www.coinschedule.com/

・smith+crown → https://www.smithandcrown.com/

ここで注意したいのがICOの安全性の確認です。詐欺被害の回避方法は別でまとめましたのでチェックしてください!!

仮想通貨の購入とウォレットへの移行  

イーサリアム等の仮想通貨を送金するために必要な専用のウォレットを作成した後、取引所で仮想通貨を購入します。


前述の通りここで仮想通貨を購入した取引所から、直接参加するICO宛に送金をしてしまうとトークンを受け取ることができない可能性が高いので、一度イーサリアムなどの専用ウォレットに購入した仮想通貨を移したのちに改めてICO宛に送金しましょう。

ICOへの入金  

ここまできたらあとはICOに入金するのみです!

専用ウォレットから参加したいICOのアドレス宛に仮想通貨を送金します。

この際送金ミスがないように、アドレスに間違いがないかなどしっかりと自ら確かめる必要があります。


ICOの取引全てにおいて言えることですが、常に自己責任ですので取引の各段階でしっかり確認を怠らないようにしましょう!

トークンの受け取り 

参加したICOアドレスに送金が済むと数日後にトークン配布の連絡があり、ウォレットにてトークンが配布されます。

トークンの配布・受け取りが確認できたら、あとは参加したICOの独自の仮想通貨が取引所で上場すると売買ができるようになるのを待つだけです!!
 

詐欺被害の回避方法 

ICOはその性質や発展段階にあることから詐欺被害がいまだにつきまとっています。


以下詐欺被害を防ぐためにチェックしておきたいことをまとめておきました!

詐欺被害防止のためのチェックリスト

  • ホワイトペーパーがあるかどうか(その上でホワイトペーパーが盗用ではないか)
  • プロダクトやサービスをすでに提供しているかどうか(開発メンバーの信用性)
  • Githubでの動きがあるか(開発の進捗状況のチェック)
  • ICOでの調達資金額は妥当か(比較的膨大な額だと信用性は低くなる)
  • 既存のプロダクトで解決できそうな問題か(プロダクト自体の評価)
  • マーケティング戦略は妥当か(プロダクトの普及を見定める)
  • メンバー紹介ページに偽画像などが使われていないか
  • ロードマップがあるのか

 

近年日本におけるCO情報の隔たりを利用した詐欺案件が増えてきています。

初心者のかたのためにも詐欺っぽいICOあるあるをまとめておきました!(あくまで主観に基づいたあるあるです。ご了承を。)


日本人を狙った詐欺っぽいICOあるある

  • 海外掲示板で検索をかけると存在しない
  • 配当系ICO
  • google広告に出てくる
  • 言語選択が英語と日本語のみ(普通はそんなことありません。日本語以外が優先されるはずです。)
  • 代理店が販売している・上場されたら絶対に上がる 等の文言があるもの

 

詐欺被害に合わない一番の方法はしっかりと見極められるだけの力を自分で身に付けることです。

常に客観的な視点を持って、冷静に調査した上で、今後の成長の望める企業に投資することが最も大事です。

ぜひみなさんが真の知識と目を身につけてICO文化の健全な発展を後押しすることを願っています。

ICOの注目ニュース  

ICOの規制の現状

これまでICOの仕組み・特徴をみてきたわけですが、ICOは未だ発展途上であるという事実は揺るぎなく、今後の展望についてもはっきりとした姿が見えるものではありません。そのため、多くの国でICO規制・支援に対する態度が異なります。

日本は現段階では中立的とは言えます。海外のICOへの規制はありませんし、ICOの禁止を意識した規制もありません。

しかしながら、現状ICOは自由すぎる面があだとなって詐欺案件が横行しているため世界的に規制強化の方向に向かっています

日本もICOによる被害拡大防止のために今後規制が強まることは確実と言えるでしょう。

投資家保護という観点から見るととてもいいことですが、規制が強まりすぎて自由度が奪われるのもよくないですよね…

やはり規制の有無・ICOへの参加の有無に関わらず自分で情報を正しく消化して行動に移すことが大切です。


ICO資金調達ランキング

ICO資金調達額best5を紹介します!


ランキングをもっと詳しく知りたいかたはこちらの↓↓↓

「仮想通貨交換業者等に関する研究会」(第一回) 資料

金融庁により開催された「仮想通貨交換業等に関する研究会」(第1回)の資料(2018年4月10日)をみてみてください!!

ICOについてもとても詳細に説明してあります。深い理解・興味をお持ちのかたはぜひチェックしてみてください!


プロジェクト名ICO完了日 販売額(米ドル)
1位Telegram ICO2018年3月31日1,700,000,000 
2位Dragon2018年3月15日 320,000,000
3位 Huobi token 2018年2月28日300,000,000
4位EOS 2017年7月1日289,000,000
5位Hdac 2017年12月22日258,000,000

史上最大のICOを成功させたTelegramはLINEのようなチャットアプリで、すでに2億弱のユーザーに使用されています。

ではTelegramはICOで何をするのかというと、TON(Telegram Open Network)と言われる新しいブロックチェーンを開発し、ビットコインやイーサリアムの問題点を解決し、革新的な決済プラットフォームの確立を目指しており、上場は来年の1月を目指しているそう。

実際、手数料なしでの素早い国際送金や、クレジットカードでは非現実的な小額決済などが可能になれば、現在LINEに匹敵するTelegramユーザー数がさらに増加することは間違いなしである。


ICO情報を得られるメディア

最後にICOの情報を日本語でゲットできるサイトを3つ紹介します!

COINJINJA

COINJINJAは日本初のICO検索エンジンで、①ICOの量が豊富 ②細かい指定に基づいた検索が可能 という2つの大きな利点を有します。

日本語で読めるICOを取り扱ったメディアとしては最大なので、気になるプロジェクトがあれば、まずCOINJINJAで調べることをおすすめします。

CRYPTO COIN PORTAL

クリプト・コイン・ポータルは、取引所開設からウォレット・初心者チュートリアルに加え、キラーコンテンツである自称世界最大量のICO情報を毎日更新し、またマイニング初心者向けのマイニング日記や週刊ICOなどのブログコーナーなど幅広く展開しており、数多くの投資家や有識者が訪れる情報サイトです。

Crypto Currency Magazine

クリプトカレンシーマガジンも仮想通貨の最新ニュースを取り扱っているウェブサイトで、こちらもICOの情報がとても強いです。

取り扱っているニュースの幅も広く、仮想通貨の様々なトピックについて知りたいという方にはおすすめの仮想通貨ニュースサイトです。


まとめ

これまでICOについていろんな角度からじっくり眺めてきたわけですが、ICOについての枠組みは理解できたでしょうか。

やはりICOは日本においてマイナーですし、今後ICOが広まっていく中で詐欺等の不当ICOへの警戒をより強めなければなりません。


そしてその上で何よりも重要なのが、「自らの力で情報を選別し、冷静な判断を下す」ということです。

ですのであえて今回はおすすめのICOなどといったことは書きませんでした。

ぜひみなさんの目で判断していただきたかったからです。


私たちコインオタクは今後ともみなさんの情報収集・判断を客観的な立場より日々全力でサポートしていきます!!