リップルを手にしてみたいけどどこで買うのが一番いいのかわからない、そんなことで悩んでいませんか?

実際にリップルのトレードを行っている東大生たちが話し合い、もっとも優れた購入場所を決定しました。

国内でリップルを取り扱っているすべての取引所・販売所を解説し、手数料や使い勝手を比較したコインオタク独自のランキングを紹介しているほか、購入にあたり必要な基礎事項も解説しています。


結局リップルは(XRP)はどこで買えばいい?おすすめ購入場所ランキング

1位 GMOコイン

リップル(XRP) 取引所 おすすめ

メリット

  • 販売所と取引所の両方があるため使い分けできる
  • 上場企業が運営していて安心安全
  • 為替FX取引高世界一のノウハウを持っている
  • スマホアプリがとても使いやすくて便利


デメリット

  • 取り扱い通貨が少ない


基本的な手数料がすべて無料であるほかスマホアプリでFX取引ができるため、初級者から上級者までお勧めできる超人気の場所です!

いまなら口座開設をするだけで20,000satoshi分のビットコインをプレゼントするキャンペーン中!!! 

GMOコインの公式ホームページ

GMOコインって販売所なのにスプレッド狭いって聞くけど実際どうなんだろ。。。って思っていませんか?コインオタクが公式サイト、さまざまな口コミから徹底解説します!目次 そもそもGMOコインとは?GMOコインの評判! GMOコインのメリット! GMOコインのデメリット!まとめ そもそもGMOコインとは? GMOコインとは、2017年5月31日に取引を開始した仮想通貨販売所です。大手インターネット会社「GMOインターネット株式会社」グループ傘下の「GMOコイン株式会社」が運営しています。仮想通貨FX取引に特化した販売所で、最大10倍のレバレッジをかけた信用取引を行うことができます。販売所と取引所の違いですが、前者は取引する相手が運営なのに対し、後者は相手が別のユーザーであるという点にあります。 それによる影響などの細かい違いはコインオタクの記事↓↓を参照してください! 【ビットコイン 取引所 販売所】2つの仮想通貨用語の違いをやさしく解説!ビットコインて最近聞くようになってきたけど全然わからない、、、まず「取引所」「販売所」ってなんだ??そんなアナタに!今回の記事ではその違いを初心者目線で徹底解説!続きを読む 最短1日!GMOコインに無料口座開設!!

  

2位 DMM Bitcoin

リップル(XRP) 取引所 おすすめ

メリット

  • リップルのレバレッジ取引ができる
  • 最大級の為替FX取引所を運営するノウハウを持っている
  • スマホアプリがとても使いやすく便利


デメリット

  • リップルの現物取引はできない
  • 販売所なのでスプレッドが広い


値動きが大きくて魅力的なリップルのFX取引に興味がある人はDMM Bitcoinに登録しておきましょう! 

今なら口座開設だけで1000円をもらえるキャンペーン中! 

DMMBitcoinでリップルのレバレッジ取引をする!

2018年1月10日にオープンしたDMM Bitcoin(DMMビットコイン)。主要取引所になること間違いなしと言われてるけどどうやって登録するの?そんなあなたのためにすぐにできる登録法をご紹介!コインオタクがサクッと口座開設をお手伝いします

3位 BITPoint

メリット

BitPointの最大の特徴は、入手金手数料や取引手数料をはじめとする各種手数料が無料であることです。

すべての通貨を取引所形式で扱っているためスプレッドも小さく、リップルを安く購入することができます。

⇨BitPointの手数料については『BITPOINT(ビットポイント)の手数料まとめ!送金手数料・出金手数料・取引手数料など全て解説します!』をご覧ください。

また、日本で初めてMT4を採用したことでも知られています。

MT4はFXにおいて必須のツールであるため、リップルのレバレッジ取引を行う場合に最適です!

スマホアプリ「BitPoint Lite」が無料で配信されており、リップルをスマホで手軽に取引することができます。

デメリット

BitPointは比較的新しい取引所であるため、まだリップルの取引量が少ないのがデメリットです。

通常の量の注文であれば問題なく取引ができますが、一度に大量のリップルを売り買いしようとするとなかなか注文が通りません。

また運営の対応の遅さもデメリットの一つです。

口座開設の審査に2〜3日の時間がかかってしまうほか、入金や出金の反映に時間がかかるケースが多いです。

BitPoint公式ホームページはこちら

今回はBITPoint(ビットポイント)の評判・口コミを徹底的に調べ上げ、そこから見えるメリット・デメリットについて考察しました。みなさんが仮想通貨取引所を選ぶ際に気になるであろうポイントをピックアップしましたのでぜひ参考にしてください!

 


 

 


販売所と取引所ってどう違う?

リップル(XRP) 取引所 おすすめ

仮想通貨の売買は基本的にすべて「販売所」と「取引所」で行います。

販売所では販売所(お店)が設定した値段をもとに販売所(お店)とユーザー(客)の間で売買を行い、取引所ではユーザー(客)とユーザー(客)の間でお互いの合意の行く値段で売買を行います。

高いのは覚悟で手軽に買いたいなら販売所

リップル(XRP) 取引所 おすすめ 販売所では販売所が定めた値段での購入・売却をします

販売所も商売なので「安く仕入れて高く売る」ことで利益を出しています。 

そのため、例えば相場で1XRPが150円だったとすると、100円で買い取り200円で販売するなどしています。

つまりユーザーからすると1XRPの購入価格が200円、売却価格が100円であることになります。 


実際に販売所ではこのように表示されています。(bitFlyerビットコイン販売所におけるビットコインの価格) 

リップル(XRP) 取引所 おすすめ 

このように購入価格と売却価格との間に存在する差をスプレッドと呼び、手数料とは別に取引所の隠れた収入となっています。 

ユーザーからすれば割高で売買することになってはしまいますが、取引所は大量の通貨を所有しているのでいつでもほしいだけの通貨が買えるほか、価格を自分で提示する必要がないのでワンタッチで簡単に購入できるメリットがあります。

仮想通貨のスプレッドとは、「買値と売値の差額」のことです。このスプレッドが小さい方が取引には有利です。この記事では、なぜスプレッドが発生するのかに加えて、各取引所のスプレッドを比較してお得に仮想通貨を取引ができる取引所をご紹介します。

 

安く買いたいなら取引所

リップル(XRP) 取引所 おすすめ


一方で取引所ではユーザー同士が自由に価格も量も設定することができます


例えば「10XRPを1480円で買う」注文を出すこともできれば「1XRPを2億円で売る」法外な値段の注文を出すことができます。 

その注文に応じる相手が現れた時点でユーザー間の取引が成立するので、明らかに相場より高い値段で売り注文を出したり安い値段で買い注文をだすといつまでたっても相手が現れず取引が成立しません。 

取引で注文を確実に通すコツは、相場より安く売り注文をだすか相場より高く買い注文を出すことです! 

取引所は売買を行える環境を提供しその利用料として手数料をとります。

ビットコインて最近聞くようになってきたけど全然わからない、、、まず「取引所」「販売所」ってなんだ??そんなアナタに!今回の記事ではその違いを初心者目線で徹底解説!


リップル(XRP)を取り扱ってる国内「販売所」は4種類

GMOコイン

リップル(XRP) 取引所 おすすめ
会社名 GMOコイン株式会社
会社HP https://coin.z.com/jp
資本金 17.58億円

GMOコインは、東証一部上場のGMOインターネットが運営する仮想通貨販売所でDMM Bitcoinと同様に運営にとても安心感があります。

セキュリティ対策が強固である、日本円の出金手数料が無料であるメリットのほかに、仮想通貨の出金手数料(=送金手数料)をGMOコインが負担してくれるのも強みです。

また「取引所」のところでも紹介しますが、販売所と取引所の使い分けができる唯一の取引所です。


リップルの送金手数料はとても安い(10円程度)ので、リップルを送金する際には大きな恩恵を受けることはありませんが、ビットコインの送金手数料などは1回の送金につき2000円程度かかるのでかなりのありがたみがあります!

GMOコインは日本国内の比較的新しい仮想通貨取引所です。GMOコインの評判は?使いやすい?取り扱い通貨の種類は?気になるポイントをコインオタクがすべて解説します!


GMOコインに登録する!

DMMBitcoin(DMMビットコイン)

リップル(XRP) 取引所 おすすめ


運営会社 株式会社DMM Bitcoin
公式HP https://bitcoin.dmm.com/
資本金 12億9000万円

DMM Bitcoinは2018年1月11日からサービスを開始した新しい仮想通貨販売所です。

現物取引の手数料がすべて無料アプリでテクニカル指標が確認でき、日本で唯一アルトコインのレバレッジ取引ができる場所です。 


その反面アルトコインの現物取引ができないため、外部に送金したり決済に利用したりできないデメリットも持ち合わせています。

DMM Bitcoinがいいって聞くけど実際どうなのか気になっていませんか?オープンしたばかりの販売所のメリット・デメリットをTwitterでみられる実際の評判ともに解説します!DMMビットコインがどんな人におススメなのか見てみましょう!


DMM Bitcoinに登録する!

Coincheck(コインチェック)

 
運営会社 コインチェック株式会社
公式HP https://coincheck.com
資本金 1億円

(2019年1月20日時点)

2017年の年間ビットコイン取引高日本1位であり、日本の取引所の中では取り扱ってる通貨数が一番多いので、色んな種類の通貨を持ちたい人におすすめです。

またスマートフォンアプリでのチャートの見みやすさと取引の手軽さには定評があり、AppStoreで「ファイナンス 無料」部門でダウンロード数1位を獲得しています! 

コインチェック(Coincheck)は、これから仮想通貨を始めたい人におすすめしたい日本最大級の仮想通貨取引所です。なぜ人気なのか、なぜ初心者におすすめなのか、コインチェックの特徴を分かりやすくまとめて皆さんの最初の一歩を後押します!


Coincheckに登録する!  

SBIバーチャルカレンシーズ

リップル(XRP) 取引所 おすすめ


運営会社 SBIVC株式会社
公式HP https://www.sbivc.co.jp/
資本金 9億8000万円

SBIホールディングスは、2016年11月1日に、SBIバーチャルカレンシーズという新たな会社を設立しました。

SBIといえば、リップルに多額の投資をしていることで知られていますよね。

そのSBIが、仮想通貨取引所を建てるということは、リップルが関わってくること間違いなしです! 

もともと大きな会社ですので、リップルを取引するには一番安心で安全な取引所に急成長することは十分に考えられます!


国内販売所のスプレッド比較


Coincheck DMM GMO SBI
3.3% 4.2% 3.8% 2%

CoincheckとGMOコインを比べると、出金手数料ではGMOコインに、スプレッドではCoincheckに軍配が上がります。

DMM Bitcoinのスプレッドは4%台とかなり大きいですが、XRPのレバレッジ取引ができることを考えれば存在価値はあるように思えます。

ただ、スプレッドが大きい分レバレッジのロスカットには気を付けなければなりません。

リップル(XRP)を取り扱っている国内「取引所」は3種類

BITPOINT

BITPOINT


運営会社 株式会社ビットポイントジャパン
公式HP

https://www.bitpoint.co.jp/

資本金 44億3000万円

BitPointの最大の特徴は、入手金手数料や取引手数料をはじめとする各種手数料が無料であることです。

すべての通貨を取引所形式で扱っているためスプレッドも小さく、リップルを安く購入することができます。

また、日本で初めてMT4を採用したことでも知られています。

MT4はFXにおいて必須のツールであるため、リップルのレバレッジ取引を行う場合に最適です!

リップル ripple XRP 取引所


BitPointで口座開設(無料)

bitbank(ビットバンク)

リップル(XRP) 取引所 おすすめ


運営会社 ビットバンク株式会社
公式HP

https://bitcoinbank.co.jp/

資本金 11億3100万円
日本で有名な仮想通貨メディアBTCN(ビットコインニュース)を配信しているビットバンクが運営する取引所で、資本金が11億円以上とかなり信用のおける取引所です。

日本国内でアルトコインを取引所で利用できること自体珍しいのですが、ビットバンクではMaker手数料マイナスという特徴もあるので要チェックです。


bitbankに登録する!

GMOコイン

リップル 取引所

販売所としても紹介しましたが、GMOコインには「取引所」もあります。

最初は販売所のみでしたが、取引所が新設されて使い分けできる唯一の取引所になりました。

当サイト一押しのGMOコインでリップルの取引を始めてみましょう!

GMOコインに登録する

以前は海外の取引所での購入が主流だった!?

2年ほど前は国内でリップルを扱う取引所が存在せず、国内の取引所でビットコインを購入し海外の取引所に送金し、ビットコインでリップルを買う方法が主流でした。

現在ではbitbankやBitTradeなど、日本円でリップルを買える国内取引所での購入がもっとも安く一般的ですが、古参のユーザーにはいまだに海外の取引所での購入を好む人もいます。

海外の取引所では当たり前のようにリップルが導入されており、50近くの取引所でリップルの売買ができます。


今回は海外取引所の例としてはBinanceを紹介します!

Binance(バイナンス)

リップル(XRP) 取引所 おすすめ

Binanceは中国の仮想通貨取引所で現物取引手数料は0.1%と安く、また100種以上の通貨を取り扱っていることから近年爆発的な成長を遂げています。

2017年7月に設立されたばかりにも関わらず、すでに仮想通貨の取引高世界1位となりました。

Binanceユーザーにより毎月「Binanceに上場してほしい通貨の投票」を行い、その投票1位の通貨の取り扱いを行う画期的なシステムを導入しています!

日本円での仮想通貨の購入はできないので、国内の取引所からビットコインを送金しての利用となります。

2017年7月の設立以降、驚異的なスピードで成長する仮想通貨取引所Binance。どんな取引所?今後は大丈夫?メリットデメリットと登録方法、使い方は?この記事を読めばBinanceに関する知識はバッチリ!

  Binanceに登録する!

口座開設には何が必要?カンタン口座開設

リップル(XRP) 取引所 おすすめ

日本では法律により取引所や販売所は本人確認が義務付けられているので、口座開設の手順は基本的にどこも一緒です。

準備するもの

  • メールアドレス
  • 本人確認書類の写真
  • スマートフォン
多くの場合この3つの準備で登録が行えます。

本人確認書類とはパスポートや免許証など自分の身分を証明してくれる公的書類のことです。 

取引所や販売所によって本人確認書類として認められているものが違うので注意しましょう! 

また、場合によっては本人確認書類を手に持ったセルフィー(自撮り)が必要なこともあります。

仮口座を開設する

多くの取引所ではメールアドレスとパスワードの登録で仮口座を開設することができます。

仮口座では日本円の入出金も仮想通貨の売買もできず、チャートなどのサービスの閲覧のみできる場合が多いです。

ここまではおよそ5分程度で終わります

本人確認をする

名前や住所や年齢、電話番号など個人情報を入力したのちに本人確認書類の写真のアップロードを行います。

場合によっては携帯電話番号を利用したSMS認証も必要になります。 

本人確認書類の審査には多くの場合数日から数週間かかります。 

本人確認が終わるとようやく取引を開始することができます!

GMOコインの新規登録・口座開設方法を画像付きで解説しました!この記事では、詳しい手順や、口座開設までにかかる日数、二段階認証の設定方法、GMOコインの入出金方法まで紹介しています。

 

リップル(XRP)おすすめ取引所 まとめ

リップルは世界への普及がもっともはやいと予想される、世界でも高い人気を誇る仮想通貨です。

リップルを購入しておけば将来的に大きなメリットを得られるでしょう! 

自分の利用目的に応じて取引所を選んで、お得にリップルを購入しましょう。

GMOコインの詳細はこちら

リップルを買ってみたはいいけど、どんな仮想通貨なのかよく分かってないなんてことはありませんか?リップラーと呼ばれる方も数多くいるほどの人気を誇り、あのグーグルも出資されています。いま世界でもっとも注目されている仮想通貨をあらゆる面から解説!