「エアドロップで仮想通貨がタダで貰えるらしいけどやり方が分からない、、」「どのエアドロップに参加すれば良いか知りたい、、」

そんな悩みをお持ちの方のために今回は仮想通貨のエアドロップについての情報まとめました!

この記事を読めばエアドロップとはどういうことなのかが分かり、実際にエアドロップに参加する方法が理解できるでしょう。

また、2018年のおすすめ案件も紹介しているのでそちらも参考にしていただけたらと思います。


仮想通貨のエアドロップ(AirDrop)の意味とメリット

​無料でトークンがもらえるイベント 

​エアドロップを簡単に言うと、無料で仮想通貨やトークンがもらえるイベントのことをいいます。

エアドロップが行われる主な目的は

  • ​通貨の知名度や流動性の向上
  • ハードフォークによるトークン分配

の二種類が考えられます。エアドロップでもらえるコインは草コインであることが多く一回でもらう量もわずかですが、中には将来的に価格が100倍以上になるコインもあり、非常に夢のあるイベントであると言えます。

ICOとの違い 

​エアドロップとICOの最大の違いはエアドップは宣伝を目的としたトークンの配布であるのに対し、ICOは事業のための資金調達を目的にしたトークンの販売であると言う点です。

ICOで投資したコインが実は詐欺コインであり資金を失ってしまうことはよくある話ですが、エアドロップは無料でトークンが手に入るのでそのリスクはありません。

過去にあったエアドロップの例 

Byteball(バイトボール)

​Byteball(バイトボール)とはブロックチェーンの代わりにDAGという仕組みを採用したプラットフォームです。2016年12月から満月の日にエアドロップが定期的に行われ、所有するビットコインもしくはバイトボールの数に応じてコインが配布されました。

2017年5月にはアルトコインバブルに乗じて1バイトボール=1000$を超え、非常にお得なエアドロップとなりました。

目次仮想通貨Byteball(バイトボール)とはByteballの最新チャート分析!相場から見る価格推移Byteballの問題と将来性は?コインオタクの見解Byteballの仕組みByteballのメリットByteballのデメリット【Byteballの購入方法】オススメの取引所3選【Byteballの保管方法】ウォレット3選Byteballについての気になるQ&AByteballまとめ 仮想通貨Byteball(バイトボール)とは Byteballとは、ブロックチェーンの代わりにDAGという仕組みを採用していて、ブロックチェーンの問題であるスケーラビリティ問題や、決済の速度の問題を解決したスマートコントラクトプラットフォームです。通貨・財産権・債務・株式といった移動可能な価値を持つデータを改ざんなく格納出来る分散型のプラットフォームです。 Byteballの最新チャート分析!相場から見る価格推移 2017年の5月に高騰しています。このときは仮想通貨全体でバブルになっていたため、全ての仮想通貨が高騰しました。8月前半の暴落は、AirDropで受け取れるコインの数が減ったことによります。また、同じく8月には、coincheckに上場するかもしれないという噂が広まったため、価格が高騰しましたが、その後デマだとわかり価格が暴落します。また、月に一回ずつあるAirDropの後には価格が毎回落ちています。 (2017年12月13日現在) Byteballの問題と将来性は?コインオタクの見解 二重支払いなどの攻撃に対する脆弱性 技術の新規性が高く、理論上は耐えうる二重支払いなどの攻撃に対する脆弱性がまだわかりません。ビットコインなどで使われているブロックチェーンではそれが可能であることを今まで攻撃をうけてそれを防御することで証明してきましたが、DAGではその検証がまだされていません。 Fullウォレットになるインセンティブがない

 

Ontology(ONT)

Ontrogy(ONT)は、NEOのプラットフォームを利用しており、非常に高い処理能力を持った仮想通貨です。エアドロップ前にメーリングリストに登録していた人には1000ONTが配布されました。

様々な要因が重なり2018年4月に1ONT=$10を超えたためメーリングリストに登録してた人にとっては一万ドル(約100万円)を無償で手に入れたことになり、。まさに夢のようなエアドロップでした。

メーリングリストに登録していなくても、BinanceやKucoinで保有していたNEOの量にに対応してONTが配布されました。

ビットコインキャッシュ、ビットコインゴールド

​2017年の8月1日に発生したビットコインのハードフォークにより新たにビットコインキャッシュ(BCH)が誕生し、当時ビットコインを所有していた人にはその所有量と同量のBCHがエアドロップされました。ビットコインキャッシュは一時期、約$4000まで達しているため、BTC所有者にとっては嬉しいイベントとなりました。

また、2017年10月には同じくビットコインのハードフォークによりビットコインゴールド(BTG)が誕生し、ビットコインキャッシュと同様のエアドロップが実施されました。

 

取引所などでビットコインキャッシュの名前を見て、「ビットコインとはなにが違うんだろう」と思っている人は多いのではないでしょうか。実は、ビットコインキャッシュはビットコインよりも優れている部分も多いのです。この記事では、ビットコインキャッシュとビットコインとの違いを比較し、それぞれがどのようなメリット・デメリットを持っているのか、また将来性やチャートの分析も解説します。この記事を読んだあなたはビットコインキャッシュが今後どうなっていくのか、悩むことなく、自信を持って投資するか決めることが出来るようになります!目次仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)とは仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の基本情報・概要説明仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の特徴・メリット・デメリット仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の今後のイベント仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の価格推移と最新チャート分析仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の将来性と問題【取引所】仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の購入方法【ウォレット】仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の保管方法仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の気になるQ&A仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)のまとめ 仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)とは ビットコインキャッシュは、ビットコインのハードフォークで生まれた通貨で中国のマイナーたちによって作られました。ブロックサイズが8MBで、ビットコインの最大の問題とも言える送金が遅く手数料が高いという問題を解決しています。ビットコイン初のハードフォークコインとして注目を集め、現在は国内海外問わず、ほとんどの取引所で取り扱われています。 仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の基本情報・概要説明まず、ビットコインキャッシュの基本情報をまとめた後に特徴を簡単に解説します。 ビットコインキャッシュの基本情報 通貨名(通貨単位):ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)公開日:2017年8月1日 発行上限枚数:21,000,000 BCH承認アルゴリズム:Proof of Work(SHA-256)(segwit未実装)ブロック生成速度:約10分

 

目次ビットコインゴールド(Bitcoin Gold)とはビットコインゴールドの最新チャート分析!相場から見る価格推移ビットコインゴールドの問題点と将来性は?コインオタクの見解ビットコインゴールドの仕組みビットコインゴールドのメリットビットコインゴールドのデメリット【ビットコインゴールドの入手方法】オススメの取引所3選【ビットコインゴールドの保管方法】ウォレットおすすめビットコインゴールドについての気になるQ&Aビットコインゴールドまとめ ビットコインゴールド(Bitcoin Gold)とは ビットコインゴールドとは、UAHFによってビットコインから分裂したアルトコインで、ビットコインのマイナーの中央集権化を防ぐ目的で作られました。そのため、マイニングにASICが使えない仮想通貨です。ビットコインの分裂騒動の最中に分裂したので、マイナーと開発者の対立と関係があると勘違いされがちですが、それとは何の関係もないただのアルトコインです。 ビットコインゴールドの最新チャート分析!相場から見る価格推移 最初に価格が上がったのは、取引が開始され、何も考えず買いをいれた人が多いのではないかと思います。その後は、フリッピング(上場直後の売り抜け)により価格が下がります。 11月20日ごろから価格が上がったのは、Bittrexに上場したのと、韓国の最大の取引所のBithumbの上場する予定の通貨のリストにビットコインゴールドが入ったためだと思います。 (2017年12月6日現在) ビットコインゴールドの問題点と将来性は?コインオタクの見解 事前にマイニングされている ビットコインゴールドは、マイニング難易度の調整のために、開発者たちによって公開前にマイニングされました。その分のマイニング報酬を自分たちの利益にしているのではないかという懸念があり、ビットコインゴールドはただ開発者が金を得るための道具とも考えられます。 プログラムの脆弱性はないか

 

エアドロップのやり方

AirDropに必要なもの4つ 

​エアドロップでトークンを受け取るために必要なものは

  • メールアドレス
  • イーサリアムアドレス
  • Telegramアカウント
  • Twitterアカウント

の4つです。後にも述べますが、セキュリティ対策のためメールアドレスは捨ててもよいものを、イーサリアムアドレスは取引所のアドレスではなくMyEtherWallet​などを使い新たなアドレスを作成することをオススメします。

エアドロップで受け取るトークンはイーサリアムトークンであることがほとんどなので​​MyEtherWallet​​​があると非常に便利です。

2018年、コインオタクが最もおすすめする仮想通貨はこちら!!目次MyEtherWallet(マイイーサウォレット)にアクセスしようMyEtherWalletで新しいウォレットを作ろうMyEtherWalletでトークンを管理しようMyEtherWalletから送金しようMyEtherWalletの使い方まとめ MyEtherWallet(マイイーサウォレット)にアクセスしよう ​まずはMyEtherWalletのページにアクセスするところからスタートしましょう! MyEtherWalletはここから! ​ アクセスしたら、右上の言語バーから日本語を選択しましょう。下の画像を参考にしてください。 ​ 言語設定が終了したら、次は使い方を見ていきましょう! MyEtherWalletの特徴や仕組みが知りたいという方は、こちらも参考にしてください! MyEtherWalletを使おう!そのメリットや使い方をわかりやすく解説!Ethereum用ウォレットでもっとも有名なMyEtherWallet。ブラウザを経由して手軽に利用できるこのウォレットの、仕組みや使い方など人気の理由を解説します!この記事を読んでMyEtherWalletを使いましょう!続きを読む MyEtherWalletで新しいウォレットを作ろう ​ ​ ​ 新しいウォレットの作り方 新しいウォレットを作る際にはPCから作りましょう。 アクセスするとこの画面になっているはずなので指示に従ってください。 ​ もしもこの画面がでてこないなら、左上のNew Walletタブをクリックしてください。 この赤い枠で囲んだ部分にに自分の好きな9文字以上のパスワードを入力してください。このパスワードはメモしておくなどして忘れないようにしましょう。 入力し終わったら「お財布の作成」をクリックしてください。すると、下の画面が出てきます。 ​ ​青い「ダウンロードKeystoreファイル」のボタンをクリックしてKeystoreファイルをダウンロードしましょう。このファイルはログイン時に必要になることがあるので、決して忘れないように保存してください。 それが終わったら赤い「理解できました。続けます。」をクリックして先に進みましょう。次はこの画面になります。 ​

 

参加方法は運営元によって異なる

​エアドロップの参加方法はトークンの運営元によって違います。欲しいトークンの公式サイトにアクセスし、上で述べた4つのアカウントのいずれかで登録を行いウォレットのアドレスを入力すればトークンがもらえます。

各案件のエアドロップの参加方法を知りたい時はエアドロップの情報をまとめたサイトやTwitterアカウントをチェックするといいでしょう。本記事ではその中の一部を紹介します。

Twitter:AirdropAlert.com (@Airdropalertcom)、Crypto Airdrops (@CryptoAirdrops) 、エアドロップおじさん(@eadoroojisan)

サイト:bitcoinTalkAirdropAlert

エアドロップの危険性 ​

個人情報悪用のリスク 

​トークンを受け取るためには個人のアドレスを入力することになりますが、​運営側が​手に入れた個人情報を悪用する可能性があります。例えば、使ったメールアドレスに大量の広告を送る、パスワードを他で使えないか試すなど、運営側は手段を選ばずに利用してくるかもしれません。

特にAirDropを利用している人には投資家が多く、彼らの情報(イーサリアムアドレスなど)がハッキングの標的になっているかもしれません。

なりすましによる詐欺 

​悪意のある運営側がユーザーの個人情報を手に入れると、「あなたのイーサリアムウォレットがロックされたので秘密鍵を教えてください」などのメールを送り、秘密鍵を聞き出そうとする可能性が高いです。秘密鍵を相手に教えてしまうと持っているコインを全て盗まれてしまいます。

仮想通貨Tronを例にとると、Twitterの偽アカウントを作成し偽サイトにアクセスさせることでユーザーの情報を盗もうとするということがありました。基本的に、秘密鍵の入力を要求する案件は全て詐欺と思ってください。

税金が発生する可能性あり

エアドロップで貰えるトークンのほとんどはその時点で市場価値がついてないためトークンを所有するだけでは税金の対象外ですが、後にトークンが上場し利確した場合には通常の仮想通貨と同様に課税対象となります。

一方で、すでに上場している仮想通貨をエアドロップで貰った場合には、トークンが法人からの贈与により得た資産と見なされ「一時所得」に分類される可能性があります。仮想通貨に関わる税金の計算は個人では判断が難しい部分があるため、後々面倒なことにならないためにも税理士などに相談することをオススメします。

安全にエアドロップを行うためには 

秘密鍵は絶対に入力しない 

仮想通貨の管理のための鍵として公開鍵と秘密鍵​というのがあります。公開鍵は個人の口座番号のことで他人に知られても特に問題はありません。しかし秘密鍵とは口座のコインを移動させるためのパスワードの役割を持つためこれを他人に知られ、悪用されるとコインを盗まれてしまいます。先程も述べましたがエアドロップの登録の際に秘密鍵を要求してくるものは全て詐欺なので絶対に秘密鍵を入力してはいけません。

公開鍵と秘密鍵の詳しい説明はこちら↓

ビットコインアドレスとは ビットコインアドレスとは​ビットコインの口座番号のようなものです。ビットコインアドレスは1か3から始まる34文字の英数字でできていて、公開鍵をハッシュ関数という関数にかけることで生成できます。 秘密鍵と公開鍵とビットコインアドレスの違い 秘密鍵は、自分で決めた整数の羅列です。1~2^256までの数​ならなんでもいいので、5とかでもいいです。(これだと簡単に人に知られてしまいますが)秘密鍵を知られてしまうと、資産が全て取られてしまうので、絶対に人に知られてはいけません。なので、人の意思が関与しないようにして誰にも推測できないようにしなければいけません。 そのために、まず乱数生成器によって秘密鍵を作ります。 そして秘密鍵を作ったら次にこの秘密鍵を用いて公開鍵を作ります。公開鍵は秘密鍵をハッシュ関数にかけて作ります。ハッシュ関数とは一方向の関数で、秘密鍵が分かれば公開鍵は求められるが逆は求められない関数です。 次に、求めた公開鍵を使ってビットコインアドレスを作ります。公開鍵をハッシュ関数にかけたものに、base58checkエンコーディングをして、ヘッドに1か3の文字をつけて、ビットコインアドレスが出来ます。base58checkエンコーディング​とは、ハッシュ値を見やすいように58文字の英数字で表したものです。(58文字とは数字10種、大文字小文字26×2種からl(エル)、I(アイ)O(オー)0(ゼロ)を除いたものです。) ヘッドが1か3の文字をつけるのに、3はマルチシグのアドレスを使っていることを表します。マルチシグとは、そのアドレスからのトランザクションを​、複数の署名がないと送れないようにする技術です。​ ​ マルチシグについて詳しくはこちらの記事を読んで下さい! マルチシグとは?セキュリティが超向上する裏技!使い方・メリットを教えます!セキュリティ対策をするうえで知っておかなければならないマルチシグについて!秘密鍵がハッキングされても、秘密鍵をなくしても大丈夫ってどういうこと!?ネットショッピングやマイクロペイメントにまで影響を与える新技術を解説します。続きを読む ビットコインアドレスの生成・確認方法 coincheck(コインチェック)

 

メールアドレス、イーサリアムアドレスは普段のとは別のを用意する

ハッキングの被害を防ぐためにも、エアドロップ登録の際には毎回違うメールアドレス、イーサリアムアドレスを用いるようにしましょう。できればパスワードの使い回しもしない方が良いです。また、エアドロップ案件ごとに違うアドレスを用いれば登録後に送られてくる大量の広告メールを整理しやすくなり、重要な情報を見逃すリスクを軽減できます。

2018年オススメのエアドロップを紹介!

mine

mineとはMoT(Mining of Things) という仕組みを採用し、使えば使うほど通貨の価値が上がる経済圏=マイニング経済圏の形成を目指すプロジェクトです。

また、2018年4月にMINEという本を発売し10万部ものヒットを記録しており、注目度が高いのでおすすめです。

公式サイト:​https://mine-coin.net/jp.html

公式Twitter:https://twitter.com/MINE___201…

ホワイトペーパー:https://mine-coin.net/document…


エアドロップの参加方法

1.テレグラムに参加(https://t.me/mine_chat)

2.公式ツイッターをフォロー(https://twitter.com/MINE___2018)

3.指定されたツイートをRT(https://twitter.com/MINE___2018/status/988338982017613824)

4.フォームに従って入力(https://docs.google.com/forms/…​)

WANKCOIN

​WANKCOINは、他の支払いオプションが利用できない、またはあなたにとって理想的でない状況で成人の商品やサービスを購入するためのデジタル通貨です。​

現在、多くのパートナーシップを実現しており実社会での機能性が高く、今後価値が高まる可能性が高いです。

公式サイト:https://www.wankcoin.com/

公式Twitter:https://twitter.com/wankcoin

ホワイトペーパー(日本語版)​:https://assets.wankcoin.com/wp…


エアドロップの参加方法

1.テレグラムに参加(https://t.me/mine_chat)

2.公式ツイッターをフォロー(https://twitter.com/MINE___2018)

3.指定されたツイートをRT(https://twitter.com/MINE___2018/status/988338982017613824)

4.フォームに従って入力(https://docs.google.com/forms/…​)


SENNO 

​SENNOとは、分散感情分析とAIアルゴリズムを使用して、リアルタイムでの集団心理及びビジネスにおける心理の分析を行うプラットフォームです。エアドロップに参加するにはNEOアドレスが必要です。AIを利用したビジネスということで将来性は十分にあると考えています。

公式サイト:https://senno.io/

公式Twitter:https://twitter.com/SennoGroup

ホワイトペーパー:https://github.com/SennoGroup/…


エアドロップの参加方法

1.該当するサイトにアクセスし、名前・メールアドレス・NEOアドレスを入力

(https://bounty.senno.io/4008/32…​)

2.各種タスクを行う(こなしたタスクの量で報酬額が変わります。)

3.承認メールを受け取る


国産エアドロップにも注目 

​​

KanadeCoin

​KanadeCoinとは個人事業主やフリーランスなど、より小さな共同体がブロックチェーン技術を導入することをサポートするプロジェクトです。2018年4月と5月に計2回エアドロップが開催され、流通しているコインの約半数がエアドロップで配布されています。現在(6月12日)、エアドロップは行われていませんが、今後さらなるエアドロップが行われる可能性が高いです。

公式サイト:https://kanadecoin.com/

公式Twitter(日本語版):https://twitter.com/KanadeCoin

公式Telegram:https://t.me/KanadeCoin_Off

マンガコイン

​マンガコインとは漫画家に対するクラウドファンディングを推進する仕組みを構築し、漫画家を支援するためのプラットフォームです。2018年4月に第一回エアドロップが実施されました。マンガの違法アップロードが相次ぐ中、漫画家を健全かつ簡単に支援するためのプラットフォームとして注目を集めており、将来的に事業の拡張やエアドロップが行われるかもしれません。

公式サイト:https://manga-coin.com/

公式Twitter:https://twitter.com/mangacoin

ホワイトペーパー:https://manga-coin.com/img/wp/…


まとめ

仮想通貨の​エアドロップは無料でトークンがもらえるイベントであり、将来的に通貨の価値が上がれば大きな利益を得ることができます。しかし中には、個人情報を悪用した詐欺案件もありリスクもあることを知っておくべきです。

現在、新しいエアドロップが常に発生しているので情報収集を行い、エアドロップをうまく利用してもらえればと思います。

エアドロップまとめ

  • 仮想通貨を無料でもらえるイベント
  • メールアドレス、イーサリアムアドレス、Twitter・Telegramアカウントがあれば大体の案件に参加可能
  • 個人情報悪用や詐欺のリスクがあるので注意が必要