Rippleプロダクト(RippleNet/xCurrent/xRapid/xVia)とは? リップル(XRP)への影響は? 最新ニュースも含め徹底解説!!

近年注目を浴びている「リップル」(XRP)。


その注目度の大きさから国内外での「リップル」(XRP)への関心は高まるばかりです。


実際リップル社に関連するニュースは毎日のように飛び込んで来ます。


そしてその多くがリップル社との提携・リップル社のサービスの導入に関するものです。

では「リップル企業提携」の際によく出てくるxCurrentxRapidxViaとは一体何なのか?

多くの場合、記事の中でその実態が説明されていることはありません… 


またそれらのサービスが「リップル」(XRP)におよぼす影響とはどれほどのものなのか??

今回はxCurrentxRapidxViaとは一体何なのかということで、リップル社の開発するRippleプロダクトについて徹底解説します!


プロダクトごとの特徴やその役割の違いを詳しく説明していきます!


この記事を通じてRippleプロダクトの全貌、そしてその革新性をつかんでいただけたら幸いです。


Rippleプロダクトってなに?

  • RippleNet / xCurrent / xRapid /xViaからなる!
  • リップル(XRP)と関係大アリ!
  • 国際送金システムに革新的変化をあたえる!?
  • 巨大企業と提携しており将来性バツグン!!

 


Rippleプロダクトの概要

Rippleプロダクトとは、「Ripple社が運営するRippleNetを支える3つのサービス」です。


ではRippleNetとはなにかというと、送金システムとしての「リップル」を基盤とした「世界で唯一の法人向け国際送金ネットワーク」です。


これはあくまで国際送金システムにおいてのみ用いられ、私たちが普段通貨としての「リップル」(XRP)を送金している時には用いられていません


その送金システムとしての「リップル」の内部で、間接的に、通貨としての「リップル」(XRP)が用いられている、とイメージしてください。後ほど詳しく説明します。


Rippleプロダクトは3つのサービスであるといいましたが、それぞれxCurrentxRapidxViaと分かれています。


Ripple社と提携した企業は通常RippleNetに参加しており、Ripple社はネットワークを実際に動かすために以上のプロダクトを金融機関等に提供しています


それぞれ、xCurrent銀行xRapid送金業者xVia一般企業を対象としたプロダクトです。


これから各プロダクトについて1つづつみていきますが、その中で企業がどのプロダクトを利用しているかというのがとても重要となることがわかるでしょう。


RippleNetとは?



まずはRippleプロダクトの一つと数えられることも多いRippleNetについて見てみましょう


RippleNetとはRipple社の大きなビジョンでもある「価値のインターネット(Internet of Value; IoV)」実現の基盤となるグローバルな送金ネットワークと言えるでしょう。


前述の通りRippleNetxCurrentxRapidxViaの3つのサービスに支えられた法人向けブロックチェーンソリューションですので単なるネットワークの名前と考えていただいて構わないです。


RippleNetは現在、100社以上の顧客、75社以上で商業利用に向けた取り組みがされるまでに拡大しています。その中には一国の中央銀行も含まれます。


ではなぜこれほどまでにネットワークが拡大しているのか?


それは「ネットワーク内において迅速かつ低コストで国際送金が実現される」この一点に尽きるでしょう。


そしてその革新的なシステムの成立を可能にしているサービスが3つのRippleプロダクトなのです。


それではRippleNetがいかに成り立ち、いかに優れているかをみていきましょう。


xCurrentとは?

xCurrentの概要

xCurrentは一言でいうと「銀行間同士の即時決済を可能にするシステム」です。


xCurrentには大きく二つの特徴があります。


銀行による即時国際送金の決済

送金の全てのプロセスの可視化

これは既存の国際送金の大きな難点である①取引にかかる物理的・時間的コスト②不透明性③失敗率の高さを克服しています。


xCurrentの技術的背景はRipple社の提唱するInterledger Protocol(ILP)技術にあり安全性も高く、これまで煩雑であった銀行同士のやり取りの①迅速性②透明性③確実性をあげるという点でその革新性は計り知れないものがあります。


xCurrentは金融機関とRippleNetを接続するためのソリューションで、主に銀行・金融機関に採用されています。


また現在システムとして実現化しているのはxCurrent、xRapid、xViaの3つのサービスの中で、xCurrentのみです。


そしてもう一点、xCurrent通貨としての「リップル」(XRP)をシステム内に用いていません


この点については通貨としての「リップル」(XRP)を用いているxRapidとの違いのパートで説明します。


xCurrentの特徴

  • 銀行による国際決済のスピードアップ
  • 送金過程の透明性
  • 取引の確実性

 


xCurrent採用の現状

現在3サービスの中で唯一実用化されているxCurrentはすでに多くの企業に採用されています。その多くが大手と呼ばれるような金融機関で、日本でも三大メガバンクを始めとしてRippleNetに賛同する機関が多数存在します。


例えば↓↓↓↓↓ 

目次サウジアラビア中央銀行がリップルと提携へリップルが採用される背景とはコインオタクの見解サウジアラビア中央銀行がリップルと提携へ2018年に入り、LianLian、UAE Exchange、Western Unionなどの送金会社と立て続けに提携を発表していたリップルが、なんとサウジアラビアの中央銀行と新たに提携を結び、リップル社のプラットフォームを使用した送金を導入する方針を打ち出しました。今回のサウジアラビア中央銀行との提携は、リップルとしては初となる中央銀行とのパートナーシップです。リップル社のインフラ刷新国際部門トップであるDilip Rao氏は「世界各地の中央銀行は、ブロックチェーンにより国際送金の形が変わり、貿易や商取引の障壁が下がることを認識しており、その技術に注目している」と話します。また今回サウジアラビア中央銀行が採用するのはxCurrentと呼ばれるリップルのプラットフォームになり、リップルネットワークを介して送金を行う(XRPは使用しない)ものとなる予定です。リップルが採用される背景とは今回のサウジアラビア中央銀行を含め、リップルが多くの金融機関で採用される背景にあるのがその集権性です。リップルは「既存の金融機関での活用を念頭に置いたブロックチェーン技術の展開」を目指しており、ビットコインなど他の「非中央集権性」を基盤とする仮想通貨とは一線を画する存在となっています。一方、そのリップルの性格がブロックチェーンおよび仮想通貨の基盤を損なうものであるという意見や、リップル社が多量のXRPを保持していることで価格操作が行われる懸念などが存在し、度々論争が巻き起こるという状況になっています。その中で、リップルネットワークが既に100以上の金融機関と、そして今回中央銀行と提携を結んだという事実は、ブロックチェーン技術の実用化の方向性を占う上で特筆すべきものとなるでしょう。コインオタクの見解今回のサウジアラビア中央銀行との提携は、国際送金の部門でリップルが持つ存在感に強いプラスの影響を与えそうです。かつてビットコインが「安く早く送金できる」という点で革命的と呼ばれたことを踏まえると、リップルはその方向性でいま最も実用化に向けて進んでいるプロジェクトと言えるでしょう。ほんの数年前にはよく分からない存在と見られることがほとんどだった仮想通貨が、現実世界

 


以下xCurrentの採用等に関する話題性のあるニュースを取り上げます。

スペイン最大手商銀サンタンデールが、Ripple社(リップル)のブロックチェーン技術で開発したモバイル決済アプリをリップルネットワークに展開して、4ヵ国(スペイン、英国、ブラジル、ポーランド)間で即時国際送金する事業を2018年第1四半期中に開始する。

Source: https://coinchoice.net/spain_ripple_xcurrent_remittance_services/


4ヶ国間での決済が1分弱で完了するシステムなど従来では考えられなかったことで、xCurrentの革新性を象徴しています。


リップル公式ブログで、同社のxCurrentソリューションが、中国のクロスボーダー決済企業のLianLian社に導入される事が公表された。

これにより香港に1億5000万人の登録ユーザーを抱えている中国大手決済企業のLianLian社は、リップル社の企業向けソリューションであるxCurrentを利用する事により、中国国内のオンライン決済を含めアジア、米国、欧州など世界規模で24時間リアルタイムに、安定的にクロスボーダー決済をする事が可能になる。

Source: https://venturetimes.jp/cryptocurrency/coin/ripple/32772.html


仮想通貨取引の制限が厳しい中国において導入がなされたことの意味はとても大きいといえます。


三菱商事、三菱UFJ銀行などは、米Rippleの金融機関向け国際送金ソフト「xCurrent」を利用し、タイ・シンガポール間の国際送金の実証実験を5月14日に始めた。国内企業の実口座を利用したxCurrentの国際送金実験は初という。

Source: https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1805/15/news096.html


三菱をはじめ日本でもRippleへの関心は各金融機関において非常に高いです。


このようにxCurrentは世界中のあらゆる金融機関が採用しており、世界的に高く評価されていることがわかります。


xRapidとは?

xRapidの概要

xRapidは一言でいうと「国際送金をオンデマンドに行うシステム」です。


xRapidの特徴はただ1つ、国際送金における異常なまでのスピードの速さ、これにつきます。


そしてそれを可能にしている送金プロセスを簡潔に説明すると


  1. 送金元の法定通貨を通貨としての「リップル」(XRP)に変換
  2. XRPを送付
  3. XRPが受取側の法定通貨に変換される

といういたってわかりやすいものです。


ではなぜ同様の「国際送金」という目的を持ったxCurrentに加えxRapidが開発中なのでしょうか?


xCurrentとの違い

ここまでの説明で用途としてのxCurrentとxRapidの違いはわかったと思います。

ここからシステムに関する技術的な違いと両サービスのもつ本質について触れていきます。


そもそもxCurrentは銀行などの金融法人に、xRapid個人に焦点を当てているという点で根本的に意図が異なります。


そのためxCurrentは根幹技術にInterledger Protocol(ILP)技術を用いているという点からもわかるように、日本円・米ドルのような元から国際的な流動性を有している通貨を扱うことを前提としています。


対してxRapid送金スピード引き上げ・コスト軽減のために流動性の高いリップル(XRP)を利用しています。またそれは送金の過程で用いられた通貨の流動性をあげることにもつながります。


その背景にはxRapidが「開発途上国などの新興市場をターゲットとした低コストの送金サービス」としての目的を有していることがあります。


多くの途上国では金融インフラが発達しておらず、銀行口座を持たないが出稼ぎ先から送金を求めるような人にとってはとても有意義なサービスとなるでしょう。


加えて途上国が国際金融システムから隔離されている現状を鑑みると、途上国に国際金融への門戸を開くという点からもxRapidのもつ意義は計りしれません。


xRapidの特徴

  • リップル(XRP)を用いた高スピード・低コストな取引
  • 国際金融の未来を切り開く可能性

 

この2点においてxRapidは大きな魅力をもつ上、リップル(XRP)の価格にも直接的な影響を与えるため今後目の離せないプロダクトであると言えるでしょう。


またこれはxRapidがxCurrentに勝るというわけではなく、「xCurrentとxRapidはすみ分けていて、かつ併用ができる」というイメージを持つのが良いでしょう。なぜなら為替間の煩雑さと取引コストの問題は銀行間にも存在しているからで、最終的にxRapidはxCurrentと融合する形でRippleNetを支えるサービスとして確立していくように思われます。


最後に簡単にポイントだけ比較しておきます。


サービスの対象XRPの使用
xCurrent銀行などの金融法人✖️
xRapid個人・送金業者



xRapid実用化の展望。大手銀行の採用も近い!?


現在Ripple社は「世界の送金会社トップ5のうち、3社が2018年中にXRPを使う予定である」との発表を行っており、その内マネーグラム(MoneyGram)とウエスタン・ユニオン(WesternUnion)の2社に関する情報は判明しました。このニュースのもつ影響はとても大きく、xRapidが実現すれば国際送金におけるリップル(XRP)のプレゼンスは限りなく大きくなるでしょう。


加えてRipple社のCEOを務めるGarlinghouse氏が「全世界で数十以上の大手銀行が「xRapid」正式版を導入するだろう」とオランダで開催された「Money20/20」でのインタビューで発言し、「xRapid」の正式版が年内(近日中)にリリースされる予定であると発表しました。


これまでxRapidを用いた国際送金実験はアメリカ・メキシコ間などで行われていましたが、実際に金融機関がxRapidを採用する日は近いといえるでしょう。


以下xRapidに関するニュースです。ぜひチェックしてください↓↓↓↓↓

 

目次Western UnionがリップルのxRapidをテストxCurrentとxRapidの具体的な違いは?コインオタクの見解Western UnionがリップルのxRapidをテスト160年以上の歴史を持つ国際金融会社Western Union(本社:米コロラド州)は、リップルの送金システムであるxRapidを用いた送金の導入に向け、テストを開始しました。Western Union社は日本とも深く関わっており、セブン銀行、ファミリーマートのFamiポート、そして大黒屋などにサービスを提供しています。2018年に入ってからリップルは既に多くの企業と提携を結んでおり、中国の電子決済大手のLianLianやドバイに本社を置くUAE Exchangeを始め、その数は100以上に上ります。Western Union社CTOのSheri Rhodes氏は、リップルの技術を導入することで「取引と決済の高速化や、運転資本の最適化が図れる」としています。これまで多くの金融機関が導入を検討しているxCurrent(XRPを使わない送金)ではなく、xRapid(XRPを使う送金)の導入を検討しているという点で、今回のWestern Unionとの提携は画期的なものと言えそうです。いまさら聞けない!リップルとは?解説はこちらから↓ リップル(XRP)とは?銀行でも導入される仮想通貨の将来性を解説!目次リップル(XRP)とはリップルの価格推移は?最新チャート分析リップルの将来性、問題は?コインオタクの最新分析と今後の展望リップルの仕組みは?ビットコインとの違いは?リップルの凄さ!将来性はお墨付き!リップルにはこんなデメリットも・・・?!【リップルの入手方法】オススメの取引所3選【リップルの保管方法】ウォレット3選リップルの気になるQ&Aリップルまとめ リップル(XRP)とは リップル(Ripple)とは、Ripple Inc.によって開発されたILPとXRP Ledgerを複合的に用いた送金・決済システムの名称です。リップル内での基軸通貨はXRPで仮想通貨であり、決済にかかる時間や手数料が小さくて済むという特徴があります。

 

注目すべきはXRPの価格ではなくRippleの有用性RippleのCEOを務めるBrad Garlinghouse氏は今週アムステルダムで開催されているフィンテック会議Money 20/20にてCNBCのインタビューに応じました。Garlinghouse氏はXRPを使用するプラットフォームxRapidの正式版を近日中にリリースすると発表し、今年の末までにxRapidの利用を開始する大手銀行のリストがあることを明らかにしました。同氏はxRapidについて以下のように発言をしています。今年の末までに、大手の銀行はxRapidを流動性ツールとして利用する予定です。そして来年の末までには利用者の規模が何十倍にも広がることを願っています。しかし、我々はまたシステム全体を成長させる必要があり、流動性も向上させていかなくてはなりませんxRapidはXRPを基軸通貨としたサービスのことで銀行や送金サービス提供者による国際支払い取引が即時的に行えるような流動性を確保しています。最近行われたxRapidサービスのテストでは、伝統的な外国為替取引の仲介業者と比較して、銀行が負担する手間が40~70%節約されるようです。このニュースによるXRPの価格変動はどのようになるかと聞かれた際に、Garlinghouse氏は以下のように述べました。どうやってXRPの価格推移を予測すればよいのはわからず、挑戦しようとも思っていません。私たちはXRPネットワークシステムユーザーの一員に過ぎず、XRP利用が広まっていくようなことをしていくに連れて、ネットワーク全体が健全なものになっていくと思います。このインタビューの抜粋を掘り下げていくと、XRPだけでなく仮想通貨の価格を決定するのは運営企業ではなく市場全体であるということが推測できるでしょう。 

 


xViaとは?

xViaの概要

xViaとは一言でいうと「RippleNetと外部をつなぐ架け橋」です。


xViaはRippleNet外の国際送金を望む一般企業に対してRippleNetとの接続を可能にするサービスです。


つまりこれは従来は金融機関を通じて国際送金を行っていた人が、圧倒的に速く・低コストな送金を行うことができるようになるということです。加えて着金までの過程を同時間にチェックでき、送金内容に請求書などの情報を添付することが可能です。


xViaのサービスは特別なソフトウェアのインストールの必要もなく、その簡潔さからも定着は早いと予想され、Rippleプロダクトが出揃うことによって網羅的かつ革新的な金融インフラが成立することとなるでしょう。


またxViaが導入されることで初めてRippleNetが実社会に完全に浸透するといえ、今後のxViaの展望にも注目です。


xVia導入の現状

xViaに関しての情報は現段階ではあまり多くないが、以下のようなxViaの導入はxCurrent、xRapidの拡大に伴い一気に増えていくと予想されます。


即時グロス決済システム、外国為替・送金ネットワークを運営するRipple(リップル)社は、欧州とアジアの5つの機関と新たに提携することを発表した。提携相手は英国のFairFX、RationalFX、Exchange4Free、ジョージア州のUniPAY、マレーシアのMoneyMatchで、Rippleソリューションのひとつである「xVia」を利用することによりスムーズな取引が可能となる。

Source: https://coinchoice.net/ripple-partners-with-5companies/




まとめ

以上Rippleプロダクトについて見てきましたが、最後に今後のRippleプロダクトの展望について注目しておくべき点をまとめたいと思います。

まとめ

  • Rippleプロダクトは現段階でxCurrentのみしか実現しておらず、不確定要素がある。
  • xRapidはリップル(XRP)を利用しており、xRapidの動向は価格に大きく影響を及ぼすと思われる。
  • リップル(XRP)による送金システム革命が実現した時の社会へのインパクトは未知数である。

 

RippleプロダクトはRipple社の掲げる「価値のインターネット(Internet of Value; IoV)」を支える大きな柱であり、世界の金融を変動させる力を秘めています。

今後もRippleプロダクトの動向に大注目ですね


また今回技術的な話に深く踏み込めませんでしたが、Rippleプロダクトの詳しい仕組みの理解の第一歩となるInterledger Protocol(ILP)技術の理解はここから!↓↓↓↓↓


リップルって聞いたことはあるけどいまいちどういう仮想通貨なのかわからないままでいませんか?そんなあなたは得するチャンスを逃しているかも⁉︎この記事を読めば意外と知られていないリップルの詳しい仕組みだけでなく、あまり書かれることのないデメリットまでわかり、読み終わる頃にはきっとリップルについて知らないことはなくなっています!リップルが大好きな現役東大生がリサーチにリサーチを重ね、図とともにわかりやすく解説しているのでスルスルと知識を身につけることができます!もうにわかとは言わせません!リップルオタクになって自信をもってリップルで「億り人(=仮想通貨のトレードで資産が1億円以上になった人)」を目指しましょう!リップル(XRP)ってなに?新しい送金・決済システムの名称!多くの巨大企業が注目していて、将来性バツグン!このサービスで扱われる通貨の名称でもある!決済速度が極めて速く、手数料も安い!ブロックチェーンを使わない珍しいタイプの仮想通貨!リップラーと呼ばれるリップル大好きな仲間もいっぱい!コインオタクでは30人の東大生トレーダーと利率25%超えのAIによるリップルの価格予想を会員様限定に毎日公開しています。またリップルの価格変動があった際にアラートを配信するサービスも提供しています。初心者では判断しにくい仮想通貨投資は東大生とAIの力を借りて勝ち切りましょう!いまなら初月無料! CoinOtakuプレミアムを1ヶ月無料トライアル!目次仮想通貨リップル(XRP)とは?時価総額3位の超大型コイン!RTXPとは?RTXP① ILP(インターレジャープロトコル)の仕組みRTXP② XRP Ledgerの仕組み実は仮想通貨ではない⁉︎XRPの仕組み XRPの役割は?XRPを使ってできることRippleNetの仕組み リップルのメリットリップルのデメリット リップル(XRP)チャート分析!ニュースが価格に与えた影響は? 今後のイベントは?XRPの今後の価格推移を予想!仲間もいっぱい!熱狂的なリップラーのみなさん 【リップルの購入方法】おすすめ取引所・販売所3選 【リップルの保管方法】おすすめウォレット3選 

 

リップル(XRP)の将来性・価格への影響が気になる方はこちらに!↓↓↓↓↓

 

目次リップル(XRP)とはリップルの価格推移は?最新チャート分析リップルの将来性、問題は?コインオタクの最新分析と今後の展望リップルの仕組みは?ビットコインとの違いは?リップルの凄さ!将来性はお墨付き!リップルにはこんなデメリットも・・・?!【リップルの入手方法】オススメの取引所3選【リップルの保管方法】ウォレット3選リップルの気になるQ&Aリップルまとめ リップル(XRP)とは リップル(Ripple)とは、Ripple Inc.によって開発されたILPとXRP Ledgerを複合的に用いた送金・決済システムの名称です。リップル内での基軸通貨はXRPで仮想通貨であり、決済にかかる時間や手数料が小さくて済むという特徴があります。 このことからリップルは将来的に銀行間の国際送金システムでの活用など、現実世界で果たす役割が大きくなることが予想され、期待を集めています! リップル社について リップルについてきちんと理解するためにはリップル社の存在を知る必要があります。 リップル社はアメリカ合衆国カリフォルニアに本拠地を置いています。リップルの開発自体は2004年に始まりましたが、2013年になってリップル社により通貨としてのリップルが発行されました。 リップル社がリップルネットワークを作ることを計画し、そこで使われるのが仮想通貨XRP(これをリップルと呼ぶこともある)ということに注意が必要です。 リップルの価格推移は?最新チャート分析 *2017/10/11 現在 リップルの通貨、XRPの価格推移を見てみましょう! 2017年5月にXRPは大きく高騰しました。要因としては、リップル社によるロックアップ発表に起因する流量安定化への期待、Googleによる出資や三菱東京UFJ銀行ら金融機関によるシステム採用のニュースから来る将来性への期待などがあります。 その後は落ち着きを見せていましたが、8月には後述のSWELL開催発表により値を上げ、10月にはSWELL開催が近づき注目の集中を反映して再び値を上げています。 価格の高騰についてはコインオタクの記事で紹介しています。 

 

目次そもそもリップルとはリップルが将来活躍するシーンリップルのこれまでの取り組みから今後を予想リップル実用化はいつ?ニュースや最新情報! 結局価格は上昇するの?1000円、10000円にも? そもそもリップルとは これは勘違いされやすいのですが、リップルとは、リップルラボ社が提供する決済サービスのことです。これが発行する仮想通貨がXRPというわけなんです。このリップルは、ビットコインに対抗するためにつくられています。2つの違いとしては、ビットコインが現行の通貨や金融インフラに挑戦しているのに対し、リップルはこのインフラを活かしまたそれをスムーズにするという点が挙げられます。DMM BitcoinでリップルのFXをする! リップルが将来活躍するシーン ここでは、リップルが今後どのような場面で活躍するようになることが見込めるかを解説していきます! ハブとしての役割 リップルが活躍するところとして一番期待されているのが、通貨と通貨の間で中継するハブの役割を果たすことです。リップルがあらゆる通貨の橋渡しをすることによるメリットはいくつかあります。1つ目に、あまりメジャーでない通貨への両替(海外送金も含む)にかかる手間と手数料が削減されるというところです。従来のシステムでは、メジャーでない通貨に交換するにはいくつか別の通貨を挟まなければ両替はできません。これではひとつひとつの両替に時間と手数料がかかってしまいます。しかし、リップルがすべての通貨の中継役になることで、この両替の時間と手数料が一気に減るというわけなんです。 この中継役は別にリップルじゃなくてもよくない?と思う方もいるかもしれませんが、ここで2つ目のメリットです。このリップルは、そもそもの送金、決済スピードが速い(5秒くらい!)です。ビットコインの送金速度が10分であることを考えると、とても速いことがわかると思います。中継役がノロノロしたものだったら結局両替は時間がかかるだけですよね?ここでリップルの速さが生きてくるというわけなんです。 リップルのこれまでの取り組みから今後を予想 ここでは、リップルのこれまでの取り組みをまとめるとともに、今後の動きについて予想していきます! 大きな組織との提携

 





CoinOtaku(コインオタク)は「海外の情報が届かない」、「どの情報が重要なのかわからない」、「ウソかホントかわからない」などの日本人仮想通貨投資家の悩みを解決するために、1400以上の仮想通貨のニュースやイベントが一覧できるカレンダー"CoinKoyomi"をリリースしました!ぜひ使って見てください!

 


東大生×AIが毎日仮想通貨の価格予想CoinOtakuプレミアム