「Verge(XVG)ってどんな通貨なの?」

と悩んでいませんか?

Vergeは匿名性が高く、将来性のある通貨の一つです!

この記事では、Vergeの特徴や仕組み、将来性、口コミなどを詳しく解説しています。

この記事を読めば、Vergeのメリット・デメリットがハッキリとわかるようになるでしょう!

仮想通貨Verge(XVG)とは?

通貨名Verge
通貨単位XVG
公開日2014年10月25日
時価総額93億円(49位)
発行上限枚数165億XVG
ブロック承認メカニズムPoW(プルーフ・オブ・ワーク)
ブロック承認速度30秒

Vergeは、ユーザーのプライバシー維持に大きく焦点を置いています。

匿名取引だけでなく、取引所を介さないユーザー間での通貨交換手段「アトミックスワップ」、ユーザー間での匿名P2Pチャット機能「Visps」などが実装されています。

Vergeは実際の決済手段としての利用を想定し、価格変動を抑えるために、発行枚数が多くなっています。

また同様の理由から、認証速度も比較的速くなっています。

仮想通貨Verge(XVG)の特徴

Vergeの特徴を3つ紹介していきます。

仮想通貨Verge(XVG)の特徴

  • 送金情報の匿名性が高い
  • 送金速度が速い
  • 熱狂的なコミュニティが後援

送金情報の匿名性が高い

Vergeは非常に匿名性が高い通貨です。

Vergeでは、IPアドレス・送金内容・送受信者情報を匿名にすることができます。

同様に匿名性が高い通貨には、Monero(XMR)Dash(DASH)Zcash(XEC)などがあります。

Vergeにはレイス・プロトコルという、匿名性のある取引と匿名性のない取引を1つのブロックチェーン上で切り替えることができる機能が備わっています。

この機能によって、プライベートな取引には匿名性をもたせ、透明性を確保させたい取引には匿名性をもたせないということが可能になります。

この機能は他の匿名性通貨にはない機能なので、Vergeの大きな武器になっています。

送金速度が速い

Vergeは、ブロックの認証速度が30秒と、とても速く設定されています。

Verge(XVG)Bitcoin(BTC)
ブロック生成速度30秒600秒
ブロック認証メカニズムPoWPoW

ビットコインのブロック認証速度が10分であることを考慮するととても速いことが分かるかと思います。

これによりVergeは、高速な送金が可能になっており、非常に実用的であるため、今後決済手段として活用される可能性もあるでしょう。

熱狂的なコミュニティが後援 

仮想通貨の発展にはその通貨のコミュニティが大きく関わっています。

Vergeは開発陣がほぼボランティアであり、全てユーザーの寄付によって開発費が成り立っています

これはVergeのコミュニティが活発であることを表しており、今後もVergeの発展に欠かせない存在となるでしょう。

Vergeの公認キャラクター「バージリスク」もコミュニティから生まれました。


モナコインは、コミュニティの熱狂的な支援や取り組みにより、現在の地位を確立しました。

モナコインは日本の2ちゃんねる発祥の仮想通貨です。仕組みはライトコインと同じですが、圧倒的なファンコミュニティの強さで実用化がかなり進んでいます。モナコインの今後の価格はどのようになるのでしょうか。コインオタクが解説します。

仮想通貨Verge(XVG)の仕組み 

Vergeを支える仕組みを解説していきます。

仮想通貨Verge(XVG)の仕組み

  • ToR・I2P
  • SPV

ToR・I2P

Vergeの匿名送金技術は、「ToR」と「I2P」という2つの技術によって支えられています。

ToRは、匿名通信を行うために開発されたソフトのことで、通信経路が匿名化されるためIPアドレスがわからないようになっています。

しかし、Torでは通信内容は匿名化されません。

そのためToRを用いると、IPアドレス・送受信者情報を匿名化し、送金内容は公開されます。

I2Pは、通信の始点と終点を匿名化し、通信内容も暗号化することによって匿名化しています。

そのためI2Pでは、IPアドレス・送受信者情報だけでなく、送金内容も匿名化されます。

結果として、送金があった事実は当事者しか認知できません。

Vergeはこの2つの技術を組み合わせることで、IPアドレス・送金内容・送受信者情報を匿名化しています。

SPV

Vergeは、SPVという技術を用いることで送金を高速で行うことができます。

環境にも左右されますが、Vergeの送金速度は数秒〜数分で行うことができます。

ビットコインが約10分かかることを考えると、とても速いと言えるでしょう。

仮想通貨Verge(XVG)の評価

Vergeを簡単に評価すると以下のようになります。

知名度☆☆
将来性☆☆☆☆
投資リスク☆☆☆☆
買いやすさ☆☆
実用性☆☆☆☆☆

知名度:☆☆

Vergeは、まだまだ知名度が低いです

匿名性通貨の中でも、MoneroやDash、Zcashの方が知名度も高く、時価総額も大きくなっています。

今後、知名度を上げるための取り組みが必要になってきます。

将来性:☆☆☆☆

今後スマートコントラクトが実装される予定です。

実装された場合、利便性が高まるので、実用されていく可能性があります。

投資リスク:☆☆☆☆

Vergeなどの匿名性通貨は、マネーロンダリングなどの悪用が増加し、匿名性通貨が規制されてしまう可能性があります。

規制された場合、日本からの取引ができなくなったり、価格が暴落する可能性があるため、投資リスクは少し高めです。

買いやすさ:☆☆

Vergeは国内の取引所では取り扱っていません。

そのためBinanceなどのVergeを取り扱っている海外取引所で購入する必要があります。

その際、日本の取引所に日本円を入金し、ビットコインなどの通貨を購入、海外取引所に送金、という手間がかかります。

実用性 :☆☆☆☆☆

レイス・プロトコルの技術は非常に革新的ですが、一般の人にとってはあまり必要のない技術と言えます。

しかし送金速度が速く、発行枚数を多く設定しているため、実用性は高いと言えるでしょう。

仮想通貨Verge(XVG)の今後・将来性

Vergeは、今後スマートコントラクトを実装する予定があります。

この実装により、DappsやIoTに応用することが可能になり、利用できる幅が広がります。

また、レイス・プロトコルは企業間の取引などにおいても利用できる有用な機能です。

 今後、注目が集まれば価格が上昇する可能性は大いにあると言えるでしょう。

ただ、匿名性通貨はマネーロンダリングなど悪用されてしまう可能性もあり、そのような事例が増えると政府によって規制されてしまう可能性もあります。

時価総額第二位の仮想通貨イーサリアムの最大の特徴であるスマートコントラクトですが、なにがすごいのかわかっていない人も多いかと思います。そのスマートコントラクトを、具体的にできることから将来性まで考察しました。

仮想通貨Verge(XVG)の価格

Verge(XVG)最新価格・相場・チャート

現在は1XVG=約0.6円になっています。

Vergeは上場してからしばらく1円以下でしたが、仮想通貨バブル期である2018年の12月下旬には30円まで急騰しました。

しかしその後は、仮想通貨全体の市場と同じように収束していき、現在の価格まで下落しました。


最新の価格はこちらから確認することができます。

バージ(XVG/円)のリアルタイムレート、チャート、相場分析、関連ニュース、通貨情報などを掲載。取引所間の価格差、今後のイベントやテクニカル分析も提供。投資に重要なバージのあらゆる情報をCoinOtakuでワンストップ収集しよう!

Verge(XVG)の今後

Vergeはほとんど価格の変化がありません。

今後も何らかのニュースがなければあまり大きな変動はないでしょう。

Verge(XVG)の取引のポイント

今後予定されているスマートコントラクトの導入に期待です。

購入したVergeは、安全性を考慮して、ウォレットで管理するようにしましょう。

おすすめのウォレットは「Tor Electrum Wallet」で、以下のリンクのページ下部からダウンロードすることができます。

Tor Electrum Walletのダウンロードはこちら

 Electrumについて詳しく知りたい方はこちらを参照ください。

初心者でもカンタンに使えるほどわかりやすいUI、Electrum。古くから存在する古参ウォレットで、多くのビットコインユーザーから信頼されています。今回はその特徴や評価をカンタンに解説していきたいと思います!

仮想通貨Verge(XVG)の評判・口コミ 

口コミとしては、以下のような意見が見られました。

仮想通貨Verge(XVG)の評判・口コミ

  • あのマカフィー氏も将来性に期待
  • 技術力に不安あり
  • PornHubでの決済利用開始に注目

あのマカフィー氏も将来性に期待

マカフィー氏はセキュリティー関連の専門家で、仮想通貨界で最も影響力があるとも言われている人物です。

そんなマカフィー氏が、VergeについてTwitterで言及していました。

簡単に訳すと、マカフィー氏はVergeが長期的に0.15$(=約16円)まで上昇する可能性があると言っています。

  •  
  • あのマカフィー氏も将来性に期待
    32歳 男性
    あの有名なマカフィーさんがVergeは0.15$まで上昇する可能性があると言ってたので、期待して買っちゃいました!スマートコントラクトの実装もあるみたいで楽しみです。初めて海外取引所で取引したのですが、Binanceは使いやすいし、手数料が安くてよかったです!!

    Twitter


技術力に不安あり

Vergeは、2018年の4月と6月に2回も51%攻撃を受けており、Verge側の対応が不十分であったと言えます。

それ以降は攻撃は受けていませんが、今後も安全であるかどうかに不安が残ります。

51%攻撃とは、仮想通貨で広く用いられているブロックチェーンの正常な動作を妨げる方法の1つです。51%攻撃をされるとどんな危険があるのか、どういう対策がなされているのかも含めて、コインオタクが徹底的に解説します!

 

  •  
  • 技術力に不安あり
    44歳 女性
    今は落ち着いていますが、51%攻撃が2回もあったので少し不安ですね。また攻撃された場合に価格が暴落する可能性もありますよね。ただ、2018年の6月からは被害にあってないから、今は万全の対策が取れてるのかな。

PornHubでの決済利用開始に注目

2018年4月に世界有数のアダルト動画サイトPornHubがVergeと提携し、決済手段として導入することを発表しました。

  •  
  • PornHubでの決済利用開始に注目
    24歳 男性
    アドルト動画サイトのPornHubがVergeとの提携を発表しましたね!決済手段として使えるようになるそうです。あまり他人に知られたくないので、匿名で送金できて、プライバシーが保護できるのはいいですよね!アダルトサイトの支払いにVergeは最適だと思います。


仮想通貨Verge(XVG)の購入方法

Vergeは国内の取引所では取り扱っていないので購入できませんが、海外の取引所で購入できます。

Vergeを取り扱っている海外取引所は何箇所かありますが、Binance(バイナンス)が最もおすすめです!

Binanceの特徴をまとめると以下のようになります。

Binance(バイナンス)の特徴

  • 取引高が世界一
  • 手数料が安い
  • 取り扱い通貨が豊富
  • 日本語に一部対応している
  • スマホプリがある

 早速BinanceでVergeを購入しましょう!

Binance(バイナンス)の口座開設はこちら!

口座開設方法についてはこちらを参照ください。

この記事では、Binanceの使い方(登録方法・入金方法・取引方法・出金方法)を順を追って解説していきます。海外取引所なので英語表記ですが、実際のBinance の取引画像を挿入して分かりやすく説明します。

仮想通貨Verge(XVG)のマイニング

Vergeは、PoWというブロック認証アルゴリズムを採用しており、ビットコインなどでも採用されています。

PoWでは、マイニングが成功するかどうかは計算能力によって決まります。

ソロマイニング(ひとりでやるマイニング)は、電気代がかかり、高い機材が必要なので利益を出すのは難しいでしょう。

仮にマイニングをやるとしても、プールマイニング(集団でやるマイニング)を推奨します 

プルーフオブワークは仮想通貨の取引の承認システムの一つです。これはいったいどんな仕組みでどういう特徴を持っているのでしょうか?プルーフオブワークに伴うマイニングという作業や、プルーフオブステークとの違いについても説明します!

仮想通貨Verge(XVG) まとめ

いかがでしたか?

Vergeについてまとめると以下のようになります。

Verge(XVG)のまとめ

  • 匿名性が高い
  • 匿名機能のオン・オフを切り替えることができる
  • 送金速度が速い
  • スマートコントラクトを実装する予定
  • 取引するならBinance(バイナンス)がおすすめ
  • ウォレットはElectrumがおすすめ

仮想通貨Vergeは将来性もあり、機能性も高いので高騰する可能性もあります。

今後のVergeに期待しましょう!

Binance(バイナンス)でVerge(XVG)を購入しよう