『結局​仮想通貨はバブルであり崩壊してしまったのか?』『ビットコイン価格はこれから上がるのだろうか?』

とお考えでないですか?

仮想通貨への投資を行なっている人にとってはバブル崩壊となれば大変なことですよね、、

しかし今回の大暴落を受けてバブル崩壊と決めつけるのはまだ早いかもしれません

この記事では2017年から2018年初めにかけての急激な価格変動の背景をおさらいし、今後の予測まで振り返ったのち本当にバブルは崩壊したのか我々の考えを述べていこうと思います。

ここ1年にかけての仮想通貨界への理解や今後の価格変動の予測にこの記事が役に立てば幸いです。

この記事を読んで分かること

  • 2017年から2018年にかけての価格の動き
  • 価格高騰、暴落の背景
  • 仮想通貨バブルは本当に崩壊したのか?

 


仮想通貨のバブルとは?​

​2017年、ビットコインをはじめ仮想通貨の価格が高騰

​上の表は2013年から現在(5月22日)までのビットコインのチャートです。(CoinMarketCapから引用)

仮想通貨元年と言われた2017年、ビットコインの価格が高騰し12月17日には1BTC=200万円を突破しました。

2009年にビットコインが誕生してから緩やかに上昇した価格が2017年に入り突然高騰したためビットコインはバブルであるといった見方をされるようになりました。

ビットコインに限らずイーサリアムやリップルなど、多くのアルトコインの価格も同様に高騰しました。

このような価格上昇が様々なコインに発生し、仮想通貨全体の時価総額も高騰しました。


​​バブル状態ははいつまでも続かなかった

​先ほどのチャートに注目すると、2017年末から2018年始めにかけて価格が暴落していることが分かります。

実際、ビットコインは2017年12月のピーク時から暴落し現在は1BTC=90万円付近を推移しており、この暴落により仮想通貨のバブル崩壊が囁かれています。

アルトコインの価格もビットコインの影響を受け、多くの通貨で価格の下落が見られました。


チャートの動きから分かる価格高騰の背景  ​

​仮想通貨の知名度が上がり投資する人が急増

ビットコイン​の価格上昇で大儲けした人(億り人)が現れたり、出川哲朗さんやローラさんなどが出演する取引所のCMなどの影響で仮想通貨の知名度が高まったことで、仮想通貨を購入する人が増えました。既に株やFXで投資を行なっている人々が、仮想通貨のボラティリティに目をつけ仮想通貨を購入し始めたのも価格上昇の一因となっています。 

「億り人」って何だろう?あなたは今、そうお考えではありませんか?​「億り人」という言葉を目にして言葉の雰囲気は掴んだけど、その正確な意味はよく分からない。どういう人のことを指すんだろう?仮想通貨に興味を持って調べ始めた人なら誰しも一度は考えることだと思います。そんなあなたに朗報です!この記事を読めば、億り人という言葉の意味や実際のその例などしっかり理解できます!​しかもそれだけでなく、実際に億り人になるのはどうすれば良いのか?ということまで詳しく解説しているので、この記事を読めばあなたも億り人になれるかもしれません!また、実際に億り人になった時の税金の話なども書いているので、この記事を読んで億り人に関する理解を深めてもらえれば幸いです!​目次億り人とは?​有名な億り人4人の気になる投資先や生活を紹介! 今から億り人になる方法 3つ億り人の税金対策5選まとめ​​億り人とは?​​まずは、「億り人」の意味を説明していきましょう。​元々は株式やFXの分野の言葉​簡単に説明すると、その意味は「投資や投機などの取引によって資産が1億円を超えた人」(もちろん造語です)。​元々は株の取引や外為取引(FX)をしていた人たちの間で生まれた言葉ですが、昨年多くの仮想通貨が大幅に値上がりしたことにより仮想通貨取引で資産が1億円を超える人が続出し、仮想通貨界隈でも頻繁に耳にする言葉となりました。億り人の人数は?​では、今何人くらいの「億り人」が存在するのでしょうか?確かなデータは無いのですが、昨年5月の時点で大石哲之さんがTwitterで行ったアンケートでは​時価総額が1億円を超えていると答えた人が366人いました。もちろんこれは誰でも虚偽の回答をできるTwitterのアンケートなので366人全員が億り人であるという保証はありません。ただ、大石さんのフォロワー(とリツイートを見た他の人)だけでこの人数ですし回答していないフォロワーもいるであろうことから、仮想通貨で億り人になった人は1000人単位でいるでしょう。また、2018年4月10日に一般社団法人日本仮想通貨交換業協会​が発表した「仮想通貨取引についての現状報告​」という資料には国内の取引所に1億円以上置いているウォレットが268口座あるとの表記がありました。億り人になっている人の多くは仮想通貨資産を取引所に置いておかず自分のウ

 

ハードフォークによるビットコインキャッシュの誕生

​2017年8月1日にビットコインのハードフォークのためビットコインキャッシュ(BCH)が誕生しました。誕生直後はマイニングの問題により価格が下がりましたが、スケーラビリティ問題などを解決したビットコインキャッシュの技術への期待から価格が高騰しました。(下のチャート参照)

他にもハードフォークやソフトフォークにより新たなコインが生まれる度に関連するコインの価格は上昇しています。

取引所などでビットコインキャッシュの名前を見て、「ビットコインとはなにが違うんだろう」と思っている人は多いのではないでしょうか。実は、ビットコインキャッシュはビットコインよりも優れている部分も多いのです。この記事では、ビットコインキャッシュとビットコインとの違いを比較し、それぞれがどのようなメリット・デメリットを持っているのか、また将来性やチャートの分析も解説します。この記事を読んだあなたはビットコインキャッシュが今後どうなっていくのか、悩むことなく、自信を持って投資するか決めることが出来るようになります!目次仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)とは仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の基本情報・概要説明仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の特徴・メリット・デメリット仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の今後のイベント仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の価格推移と最新チャート分析仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の将来性と問題【取引所】仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の購入方法【ウォレット】仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の保管方法仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の気になるQ&A仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)のまとめ 仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)とは ビットコインキャッシュは、ビットコインのハードフォークで生まれた通貨で中国のマイナーたちによって作られました。ブロックサイズが8MBで、ビットコインの最大の問題とも言える送金が遅く手数料が高いという問題を解決しています。ビットコイン初のハードフォークコインとして注目を集め、現在は国内海外問わず、ほとんどの取引所で取り扱われています。 仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)の基本情報・概要説明まず、ビットコインキャッシュの基本情報をまとめた後に特徴を簡単に解説します。 ビットコインキャッシュの基本情報 通貨名(通貨単位):ビットコインキャッシュ(BCH・BCC)公開日:2017年8月1日 発行上限枚数:21,000,000 BCH承認アルゴリズム:Proof of Work(SHA-256)(segwit未実装)ブロック生成速度:約10分


目次​ソフトフォークとはソフトフォークとハードフォークの違い8月1日のソフトフォーク・ハードフォーク問題​今までに起こったソフトフォークの例これから起こる予定のソフトフォークは?ソフトフォークが仮想通貨の価格へ与える影響ソフトフォークまとめ ​ソフトフォークとは ​ ​ ​ソフトフォークとは​、ブロックの検証規則を新しくするときに起こるフォーク(分岐)のうち、旧検証規則によって新しいブロックも認証可能なため、新検証規則に基づいて認証されたブロックが今までのブロックチェーンに繋がるようなフォークのことです。 よく言ってる意味がわからないという方、これで分かるほうがすごいです。ソフトフォークはそれとは対になる概念であるハードフォークと比較することによって初めてその意味がわかってきます。では、ハードフォークとの違いについて見ていきましょう。 ソフトフォークとハードフォークの違い ​ ​ ソフトフォークはハードフォークとセットで理解することが大事です。ソフトフォークとハードフォークの違いとは何なんでしょうか。①ブロックの分岐が永久的に起こるか②新しい検証規則が過去のブロックを認証できるか​、という2つの観点から説明することができます。①は簡単な説明で、②は①の違いの背景となるもう少し本質的な説明になっています。ささっと読みたい方は①だけを読めば十分です。 ①ブロックの分岐が永久的に起こるか ブロックチェーンの分岐は自然に起きてしまうことが時々あります。ブロックチェーンではそういった分岐が起こってもまた一本のチェーンに収束するようにするために、一番長いチェーンを正しいチェーンとするという規則が定められています。 この規則によって、ソフトフォークの場合は分岐が起こってもしばらくするとまた一本に収束します。新しい検証規則で承認されてできたチェーンと古い規則で承認されてできたチェーンの二本がはじめはできてしまいますが、新しい検証規則を採用する人が多数派になっていれば、新しいチェーンの方が長くなっていき、古い検証規則で認証されたチェーンは間違ったチェーンとして判断され、ブロックがそれ以降続いていくことはありません。

 ​仮想通貨先物取引の上場

​2017年12月、世界最大規模の取引所であるシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)、シカゴ・オプション取引所(CBOE)でビットコイン先物が上場すると発表しました。相場が下がっても利益を出せる先物取引やレバレッジをかけた取引が可能になることで機関投資家(莫大な資金を運用する大口投資家)が仮想通貨市場に参戦した結果、市場規模拡大への期待から価格が大幅に上昇しました。 

「ビットコイン先物やってみたいけどよく分からないし、なんか怖い」そう思っていませんか?もしビットコイン先物の仕組みを理解して、資産を増やすことができたら理想的ですよね?実は「今」ビットコイン先物がおすすめです!この記事を読めばビットコイン先物の仕組み、メリット・デメリットだけでなく、どうして「今」ビットコイン先物がおすすめなのかまで知ることができます!この記事で資産を増やすお手伝いができれば幸いです。目次そもそもビットコイン先物とは? ビットコイン先物が上場したってどういうこと? ビットコイン先物のメリット ビットコイン先物のデメリットFXとの違い ビットコイン先物ができる日本国内取引所を比較Q&A まとめそもそもビットコイン先物とは? ​ビットコイン先物とは?将来のある決められた日にビットコインをいくらで売買するか現時点で約束しておく取引のことレバレッジをかけることや売りから入ることができる限月という取引期限がある ビットコイン先物取引とは言葉通り先の物を取引することです。先物取引の起源は実は日本の江戸時代「堂島米会所」で行われていた帳合米取引にあります。米が収穫される10月よりも前に値段を決め、10月になったらその値段で売買するというものでした。この制度のおかげで10月よりも前に将来の見通しを立てることができるためとても重宝されました。ビットコインで具体的にいうと、将来のある決められた日にビットコインをいくらで売買するか現時点で約束しておく取引のことです。仕組みビットコイン先物の仕組みについてご紹介していきます。レバレッジビットコイン先物はFXと同じようにレバレッジをかけることができます。FXについて詳しくはこちら!仮想通貨FXとは?おすすめ取引所を比較、税金からスプレッドまで詳しくご紹介 「仮想通貨のFXにもチャレンジしてみたいけど、大損してる人もいるからなんか怖い、、、」 

 

​なぜビットコインの価格は暴落したのか。その理由と背景。 ​

各国の通貨規制の強化

​2018年の暴落以前から、政府による仮想通貨の規制が発表される度に価格が暴落することは度々ありましたが昨年の価格高騰を受け、様々な国が仮想通貨を規制する声明を発表しました。

例えば中国では2018年1月に国内でのビットコインのマイニングを制限し、2月にはICOの禁止国内取引所のサービス停止、さらには仮想通貨関連広告の禁止などの規制が実行されました。

韓国では匿名アカウントの禁止取引所への干渉を行う声明を発表しています。

中国で仮想通貨規制がさらに強化 ICO関連広告が完全に消えついに逮捕者も中国人民銀行が運営する金融時報が2月4日夜に発表した内容によると、国内において仮想通貨を撲滅すべくさらなる規制強化を行うことが決定しました。発表によると政府は仮想通貨による金融リスクを予防・緩和するために国内外の仮想通貨取引所とICOに対しさらなる規制措置をとるようです。規制の内容には仮想通貨関連事業の禁止や国内外の仮想通貨取引所のホームページの封鎖・処分が含まれます。中国政府は取引所へのアクセスと仮想通貨関連の情報を排除するファイヤーウォールを構築し徹底排除にあたるとしています。すでに中国版Twiter「微博」からは仮想通貨やICO関連の広告が完全に消えたとの報道もあります。さらには中国のICOであるARTSプロジェクトの創業者が「詐欺プロジェクト」として逮捕されたとの報道もあります。すでに国内の取引所・ICOは禁止されていたものの不完全であった中国人民銀行による仮想通貨規制はいまに始まった話ではなく、2013年に始まっています。2013年に初めての注意勧告を出し、中国元を扱う銀行からの取引所への入金を禁止しました。2017年1月にはBTC出金を4ヶ月間封鎖、2017年9月4日から国内のICOを禁止・排除する「通知」を出し、直後に国内の取引所に対して取り締まりを行い9月30日にはすべての国内取引所がサービスを停止していました。その結果、一時は世界の仮想通貨取引量の90%を占めていた人民元建ての取引が、わずか1%にまで落ちるにまで至りました。また、大手取引所KuCoinは2018年1月21日に、世界最大の取引所バイナンスは2月1日に中国国内向けのサービスを全て停止することを発表しています。それでもなお、規制は不完全であり依然として仮想通貨関連広告がネットから消えることはなく、トレーダーや企業もまだ仮想通貨に関わる方法が存在していました。中国のトレーダーや仮想通貨企業の多くは海外に避難相次ぐ仮想通貨規制により中国国内のトレーダーの多くは日本や香港の取引所を利用することで規制を回避していました。また、国内の仮想通貨関連企業やマイナーの多くはスイスやカナダなどより擁護的な規制をもち仮想通貨に好意的な国々に避難しています。同紙は海外避難の傾向があることを認知した上で、「海外での仮想通貨取引・ICO参加は

 

目次​韓国で仮想通貨規制強化の法案が提出される法規制の内容市場への影響コインオタクの見解 ​韓国で仮想通貨規制強化の法案が提出される ​​ 2017年12月28日、韓国で仮想通貨に対する新たな法規制が決定しました。韓国は世界のビットコイン取引量の12%を占めているといわれるほどビットコインが熱狂的人気を誇る国であり、ブルームバーグによると、韓国では30%以上高値でビットコインが取引されているほか、会社員の約3割が仮想通貨取引を行っています。仮想通貨の中心国ともいえる韓国での法規制はいったい何を意味するのでしょうか? いままでの韓国の法規制についてはこちらをご覧ください。 韓国が仮想通貨の法規制を15日に強化予定。ビットコインブームの韓国はどうなる?空前のビットコインバブルに見舞われている韓国で、15日に新たに仮想通貨に対する規制を行うことが発表されました。世界有数の仮想通貨市場でありアジア圏としても日本にとっては注目すべき出来事です。バブルの現状と法規制について学んでおきましょう。続きを読む 法規制の内容 韓国政府はビットコインの熱狂っぷりに不安を覚えていて、法規制によりどうにかして人気を落ち着せようとしています。 韓国における仮想通貨人気は非論理的で過度に加熱している。政府はこの常軌を逸した状況をこれ以上放っておくことはできない。 Source: 韓国政府による声明(Bloombergより)​ ​1月から施行される今回の法規制によりおもに匿名アカウントの廃止と取引所に対する干渉​が行われます。 匿名アカウントの廃止 ​韓国では以前から本人確認の緩さがマネーロンダリングの温床となるとして問題視されてきました。今回の規制でKYC(本人確認)が必須化されることとなります。新規の口座の開設に実名登録やパスポートなどの本人確認書類の提出が必要になるほか、既存の匿名アカウントからの入出金は停止されます。 取引所に対する干渉を実施

 

機関投資家による売却

​2018年の暴落の背景には莫大な資金を持つ機関投資家による市場操作が行われていたと考えられています。具体的には機関投資家が通貨を大量に売りに出し価格が下落したところで通貨を買い占めることで通貨の所有量を増やしていくという手法です。このように今後、仮想通貨市場は機関投資家によって支配されるのではいかと懸念されています。


著名人が予測する仮想通貨の今後  ​

Webbotの予測

​Webbotとはマイクロソフトの元コンサルタントであるClif High氏らが1997年に開発した情報分析プログラムです、元々は株式の変動を予測するものでしたが、現在は仮想通貨の予想もしています。

​Webbot​は2017年におけるビットコインの高騰や2018年3月の市場の上昇トレンドへの反転を見事的中させており、現在世界中から注目を集めています。

そんなWebbotの発表によると、2018年の仮想通貨市場は

  • 市場の人口増加
  • 6月に市場全体が盛り上がりを見せる
  • 夏、仮想通貨業界に革命」が起こる

ことが予想されています。

さらに2018年秋にはビットコインが220万円、2018年末には1100万円に達するという大胆な予想を行なっています。

Tom Lee氏の予想  

ウォール・ストリートの有名仮想通貨アナリストである​Tom Lee氏はかなり強気な予想を行なっており、2020年3月までにビットコインの価格が91,000ドルに達すると発言してします。

また2018年末までにイーサリアムの価格が1900ドル、NEO(ネオ)の価格が225ドルに上昇する、機関投資家からの資金流入が増えるなどといった予想を行なっています。Tom Lee氏のTwitterはこちら@fundstrat

「イーサリアムの価格があがってるようだけど、今後の価格はどうなるんだろう?いまイーサリアムは買うべきなのかな?」そうお悩みではありませんか?ビットコインだけじゃなくてイーサリアムに手を出してみたいけど、専門家でもないのに将来性を予測するのは難しいですよね。仮想通貨が大好きな東大生が500種類以上の通貨を調べた結果、イーサリアムは2018年もっとも将来性の高い通貨のひとつであることがわかりました!この記事ではイーサリアムの特徴や著名人の価格予想を紹介したのちになぜ将来性が高いと言えるのかを説明しています。これであなたも迷わずにイーサリアムの今後や将来性について知り投資判断ができるはずです!目次イーサリアムの特徴イーサリアムの今後の価格予想イーサリアムの将来性まとめイーサリアムの特徴スマートコントラクトスマートコントラクトとは、ブロックッチェーンを利用して遂行される自動契約のことです。たとえば毎月同じ食材を同じ個数宅配注文する場合を考えてみましょう。通常は毎回注文のたびに商品を選択し注文を行い支払いをするという手間がかかるためかなりの不便を被ります。さらには注文をすること自体を忘れてしまう可能性もあります。スマートコントラクトを利用すれば、一度契約を結んでしまえば商品の選定や注文、支払いをシステムが自動で行ってくれるのです!このようにスマートコントラクトは時間やコストを節約できるだけでなく、ブロックチェーンを利用しているため改ざん不可能で透明性が高いメリットを持ちます。イーサリアムはスマートコントラクトを採用した通貨の代表例であり、高い機能性と利便性をもった通貨であるといえます!スマートコントラクトとは?ブロックチェーン技術の新たな可能性を東大生が考察!目次スマートコントラクトとはスマートコントラクトのメリット スマートコントラクトの問題点・課題・脆弱性スマートコントラクトの将来性・活用事例スマートコントラクトの気になる疑問を解決!スマートコントラクトまとめ スマートコントラクトとは 一言で言うとスマートコントラクトとはプログラムに基いて自動的に実行される契約のことです。これだけだと具体的なイメージがわからないと思うので詳しく解説していきます。 ブロックチェーンを用いたスマートコントラクトの仕組み

 

目次NEOとはNEOのチャート分析。相場から見る最新価格推移仮想通貨NEOの今後は?将来性と問題点NEOの仕組みNEOのメリットNEOのデメリットNEOはここで購入!オススメ仮想通貨取引所NEOのウォレット紹介NEOについてのQ&ANEOまとめ NEOとは NEOとは、中国で開発されたICOコインです。もともとはAntShares(ANS)という名前でしたが、2017年6月に名称の変更がありました。 現在、中華圏を中心にひろく利用され、スマートコントラクト開発などが可能なことから、「中国版イーサリアム」と呼ばれることもあります。 <コインオタクのオススメ記事> イーサリアム(Ethereum)とは?買い方やチャート分析や将来性を教えます!イーサリアム(Ethereum)は、時価総額第2位の仮想通貨で、ビットコインを超えるほどのポテンシャルを持つかもしれないと言われています。イーサリアムの何が凄いのか、将来性はどのくらいあるのか、実際に買った方が良いのかを解説します!続きを読む NEOのチャート分析。相場から見る最新価格推移 こちらがNEO/JPYの現在(2017年11月10日)までのチャートです。 8月の半ばごろからICO通貨規制の雰囲気で徐々に値下がりし、9月4日の中国政府の公式アナウンスで一気に下がりました。やはり、中国の規制リスクは無視できませんね。 しかし、その後9月末に韓国の取引所で続けざまに上場が発表され、少し高騰してから今に至ります。 仮想通貨NEOの今後は?将来性と問題点 中国当局からの規制リスクがある NEOの抱えている問題点のうち、これは最大と言っても良いでしょう。これまでにも中国当局は、国内の取引所閉鎖やICOコインの開発禁止など、自国の仮想通貨市場にさまざまな圧力を加えてきました。今後も中国当局からの規制が行われる可能性があります。 そうなった場合、中国を主な流通圏とするNEOの価値は大幅に下落する可能性があります。 スケーラビリティに問題が生じる可能性がある NEOは、イーサリアムと同じく、一つのブロックチェーン上で全てのスマートコントラクトを動かしています。

結局、仮想通貨はバブルだったのか?コインオタクの見解​

投資人口が急増し、バブル状態になったのは否めない

​2017年のビットコインの高騰を見る限り、「仮想通貨は儲かる」という誘惑に狩られビットコインを購入する人が急増した結果、価格が高騰し、現時点での仮想通貨の実体以上の価値が発生してしまったのは否定できないでしょう。ビットコインキャッシュの誕生など価格上昇を後押しするニュースが多く、なかなか価格が安定しなかったため、2018年の大暴落=バブル崩壊が余計にショッキングな出来事となってしまいました。

バブル崩壊=仮想通貨の終了ではない 

​多くのメディアは仮想通貨の急激な価格変動のみにフォーカスし、バブルは崩壊し仮想通貨ブームは終了したという見方をしています。しかし、仮想通貨本来の魅力はブロックチェーン技術を用いて非中央集権的な管理ができることにあり、今後のお金のあり方や経済システムを変えていく技術なのは間違いないでしょう。したがって決済システムが充実し実社会での利便性さえ改善されれば、需要の増加に伴って価格は上昇していくと考えています。


仮想通貨バブルのまとめ​

2017年​ビットコインをはじめ、多くの通貨の価格が高騰し仮想通貨バブルと言われていますが高騰の背景や2018年初めの暴落の原因を改めて振り返ることで仮想通貨への理解が深まると思います。すでに仮想通貨を購入しているもしくはこれから購入しようとしている人たちがこの記事を読んで今後の参考にしていただければ幸いです。

まとめ

  • 仮想通貨の価格が2017年に高騰し、2018年に暴落
  • 知名度の上昇、新コインの誕生で価格が高騰
  • 政府の規制強化、機関投資家の影響で価格が暴落
  • 将来的には需要需要に伴った価格上昇が見込まれる