2018年7月20日現在、bitFlyerは新規口座登録受付を停止しています

いますぐ仮想通貨取引を開始したい人にはGMOコインがおすすめです。

GMOコインの詳細はこちら


ビットフライヤーから送金!

*3月13日 更新

この記事ではビットフライヤーから他の取引所やウォレットに仮想通貨を送金する方法について解説します!

ビットフライヤーについてちゃんと知りたいという人はコインオタクのこちらの記事を参考にしてください。


*ハッキング被害を受けたコインチェックでは出金できない状況が続いていましたが、2月13日現在出金が再開された模様です。資産を単一の取引所に保管しておくのは非常にリスクが高いため、最低でも複数取引所での分割保管、あるいは専用のウォレットでの保管を強くおすすめします。 

「仮想通貨関連の事件が絶えないけどどうしたら仮想通貨を安全に管理できるのだろう、、。」そんなあなたにはコールドウォレットがオススメです!この記事を読めば安全に仮想通貨を管理できるコールドウォレットについてすぐにわかります!写真や動画とともに具体的なコールドウォレットも紹介しているので手にせずともイメージが浮かぶでしょう!コールドウォレットが何なのかからはじまり、作り方や使い方、オススメのウォレットまでもを解説します。これであなたも話題のコールドウォレットを丸わかり!セキュリティ性能を大きくあげましょう!目次コールドウォレットとはコールドウォレットの特徴コールドウォレット(ペーパーウォレット)の作り方コールドウォレット(ペーパーウォレット)の使い方コインオタクの選ぶおすすめハードウェアウォレット3選コールドウォレットについてのQ&Aコールドウォレットまとめ コールドウォレットとは コールドウォレットとは、秘密鍵をオフラインで管理するタイプの仮想通貨ウォレットのことです。インターネットに繋がれたデバイスは、ハッキングのリスクが常に付きまとうので、アプリウォレットなどと比べると格段にセキュリティの高まった仮想通貨の保管方法だと言えます。※2018年1月26日17時30分現在、コインチェックではNEMの入金、出金、売買ができない状態になっています。この原因として、コインチェックがハッキングされたのでは?という噂が広がっています。この真偽は別として、取引所単位でも個人単位でも、仮想通貨はハッキングにより盗まれてしまう可能性は常にあります。コールドウォレットのような、安全性の高いウォレットになるべく保管しましょう。また、コインチェックのハッキング騒動や今後、自分で出来る対策について興味のある人は以下の記事を読んでみてください! コインチェックが580億円の仮想通貨ハッキング被害。あなたのお金を守る2つの対策法コインチェックがハッキング被害にあったらしいけど仮想通貨はもうおしまい!?まったくそんなことはありません!事件の内容と対応策を勉強してしっかりと自分の頭で今回の事件を理解しましょう。チャートに与えた影響も要チェック!続きを読む  コールドウォレットの特徴 bitFlyerやコインチェックなど、多くの取引所も採用する安全性の高さ

 

ビットフライヤーからBinanceに送金して、有望アルトコインを発掘しませんか?

Binanceの登録はこちらから!


「第2のBinance」と話題のKucoinもおすすめです!

Kucoinの登録はこちらから!

 

国内の取引所ではZaifもオススメです。口座開設していない人はこちらから↓↓

 

それでは行ってみましょう!まずは、ビットフライヤーからどんな通貨を送ることができるのかを見てみましょう!


送れる通貨は?

ビットフライヤーの送金画面からは、2018年2月現在、

ビットコイン(BTC)

イーサリアム(ETH)

イーサリアムクラシック(ETC)

ライトコイン(LTC)

ビットコインキャッシュ(BCH)

モナコイン(MONA)

リスク(LSK)」の7種類の通貨を送ることができます!

メジャーな通貨はだいたい揃ってますね!*2018年2月にリスク(LSK)上場に伴い追加


送金手数料

次に、ビットフライヤーから送金するときの送金手数料をご覧ください!


・ビットコインを送る場合:0.0004BTC 

・その他のコイン:以下の通り

ETH:0.005ETH、ETC:0.005ETC、LTC:0.001LTC、BCH:0.0002BCH、MONA:無料、LISK:0.1LSK)

*それぞれ送金を済ませるために、追加でマイナーに一定額を払う必要があります。

(ETH:0.0001ETH、ETC:0.0001ETC程度、LTC:0.016LTC程度、BCH:0.0001BCH程度、MONA:0.016MONA程度)


ビットフライヤーでのビットコインの送金手数料を、コインチェックの送金手数料と比較してみました!(2018年3月13日時点での価格)

・ビットフライヤー:0.0004BTC

・コインチェック:0.001BTC

ビットフライヤーの方が 0.0006BTC (1BTC=100万円として600円程度) 安いですね!

なお、0.0004BTCは400円程度になります。


送金の手順を紹介!


ここからは、実際に送金を行う手順を紹介します!以下はビットコインの送り方です!


送金画面へ

まずはビットフライヤーで送金画面まで行きましょう。そのまますぐに送金できます!


【手順】

ビットフライヤーにログイン後、左側のメニューから「入出金」を選ぶ

出てきた画面から「BTCご送付」を選ぶ


*他のアルトコインを送金したいときは、それぞれのコインで「送付」となっているものを選びましょう。

下の方に送金操作の画面が出現するので、送り先のビットコインアドレスを入力し「追加する」を押す

*「ラベル」は自分で何がどの送金か管理しておくためのもので、何も記入しなくても大丈夫です。

さらに下に送金するBTCの量を入力する画面があるので、いくら送金したいのか入力

「優先度」と書いてあるところで支払いたい手数料の額を選択 (0〜0.0005BTC = 0〜500円くらい)

*支払う手数料が多くなれば早く送金されます。ただし通常は優先度「普通」(追加手数料なし) で問題ないでしょう。

ビットコインを外部アドレスに送付する(取消不可)」が一番下に出現するので、押す


これで送金手続きが完了しました!


ビットコインを送る場合は、最初に説明した基本の手数料0.0004BTCに加え、優先送金の手数料 (0〜0.0005BTC) が必要になるということです。注意してください。


送金ミスは致命的!その他注意点

送金ミスとは、コインの送金先のアドレスを打ち間違えたりイーサリアムを受け取るアドレスにビットコインを送りつけたりしてしまうことです。

送金が上手く完了しないどころか最悪送金したコインが亜空間に飛んでいったままになります

財産が消えてしまったら大変なので、送金には細心の注意を払いましょう


また、本人確認が終わっていない人クイック入金で日本円を入金した人は送金が制限されるので注意しましょう!


送金の反映に時間がかかって遅い場合

送金が遅いと面倒ですよね。ビットフライヤーの機能でも手数料を支払うことで優先的に送金できますが、似たサービスで、ビットコインを優先的に送金してもらえるようにするものがあるので、ここで紹介します!

*使用は自己責任でお願いします!

*以前は「無料〜安価で」と書いていましたが、無料でなくなったり、全然安価でなくなってしまったものもあるので、追記します(2017年12月)。ただ、絶対にビットコインを送らないといけない!というときに便利なサービスであることには変わりありません。


「トランザクションアクセラレータ」

・ViaBTC の「Transaction Accelerator

基本的に無料で送金(トランザクションを次のブロックの先頭に追加)を行ってくれるようです(既に0.0001BTC/KBの手数料を払っていることが条件)。有料サービスもあるそうです。

使おうとしたときは、エラーが出て使えませんでした。多分設定された手数料が低かったのが原因だと思いますが、よく分かりません(普通は大丈夫だと思います)。

・ConfirmTXの「Bitcoin Transaction Accelerator

250バイト未満のトランザクションは無料で、それ以上の大きさのものは5USD相当の支払いで、4時間以内に送金してもらえます。

これが使いやすいと感じました。BCH建てで600円ほど(送金手数料含む)を支払ったところ、1時間ほどで反映されました。

・BTC.comの「Transaction Accelerator

基本有料のサービスです。価格は送金量等によって異なります。1時間以内に送金が行われる確率は75%、4時間以内だと98%です。

12月22日頃の一番送金詰まりが酷かったときに使おうとして、100USD近くの見積もりが出て諦めました。


*使い方(共通)

トランザクションIDを入力欄に貼り付け、必要に応じて仮想通貨で支払いを行います。この際、サービス提供会社の口座に新たに送金することになるので、基本料金に加えて送金手数料が必要です

さらに、支払いに選ぶ通貨によってはさらに時間がかかってしまうことになるので、選択肢が与えられている場合は、送金しやすい通貨を選ぶのが良いでしょう。


*トランザクションIDの調べ方

トランザクションID (TXID) は、ビットフライヤーログイン後、左側のメニューから「お取引レポート」を選ぶとTXIDが表示された取引一覧が見られます。


*トランザクションサイズの調べ方

トランザクションIDが分かったら、blockchain.comのサイトで、上部の検索バーにIDを貼り付けて検索します。個別のトランザクションの詳細情報にアクセスできるので、サイズが書かれたところを見つけます。


Q&A

スマホアプリからも送金できる?

できます!スマホアプリからは、最初の画面の右上の「QRコード」を選び、送金先のアドレスのQRコードを読み込み、金額を入力するだけで送金できます。手軽にできるので、スマホからの送金もおすすめです!

ただし同じ送付先に何回も送金する場合は、送付先を登録できるPC版の方が便利です。


ずっと承認待ちなんだけど?

送金がずっと承認待ちで、半日、1日経っても着金しないことがたまにあるようです(追記:普通に1週間近く着金しなくなります)。この記事で紹介したようなサービスを使って高速化を図るか、いくら待ってもダメな場合はビットフライヤーのサポートに連絡しましょう。


ビットフライヤーで口座開設していない人はこちらから↓

bitFlyer(ビットフライヤー)では仮想通貨ビットコインを透明な価格で簡単に取引することができます。チャートで相場確認も可能。bitFlyer(ビットフライヤー)は皆様のビットコインに関するあらゆる取引をサポートし、ビットコインの普及に貢献します。

 

まとめ

ビットフライヤーから送金する方法をご紹介しました!仮想通貨の性質上送金はおそらく一番トラブルが起きやすいところなので、この記事を参考に、問題が起きても解決できるようにしておくと安心です!それでは楽しい仮想通貨生活を送ってください!


コインオタクの「ビットフライヤー使い方シリーズ」はこちらから。全部読めばあなたもビットフライヤーのマスターに?

ビットフライヤーの概要説明。取引高世界一?

ビットフライヤーの使い方説明。よくまとまってます!

ビットフライヤーに入金する方法

ビットフライヤーから自分の銀行口座に出金する方法

ビットフライヤーのログインについて。トラブル対処法!

ビットフライヤーの気になる機能、bitFlyer Lightningの使い方!


コインオタクではTwitterでも情報を配信しています!ビットコインの相場分析について毎日必ずツイートしているので@CoinOtakuを是非フォローしてください!!