ビットコインの分裂とは

 

 ビットコインの分裂とは、ビットコインにハードフォークが行われることによってブロックチェーンが分岐することです。

今までに、2017年8月1日に行われ、ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)に分岐しました。

他の仮想通貨では、イーサリアムが2016年にイーサリアム(ETH)とイーサリアムクラシック(ETC)に分岐したことが有名です。

ビットコインの分裂の仕組みを解説

 

ハードフォークとは何か

仮想通貨に何か問題が生じたとき、解決の方法は主に「ソフトフォーク」と「ハードフォーク」の2種類存在します。

どちらも既存のプログラムをアップデートするのですが、「ソフトフォーク」ではアップデート前のプログラムとアップデート後のプログラムに互換性が存在しており、アップデート前の通貨がアップデート後も使えます。一方、「ハードフォーク」ではアップデート前後で互換性が存在せず、「アップデート前の通貨」と「アップデート後の通貨」に完全に分裂し、別々のものとして残り続けることを言います。ビットコインでは、2017年8月1日に行われ、新たにビットコインキャッシュ(BCH)が生まれました。

ハードフォークとはなにかについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

 

仮想通貨市場全体を揺るがすビットコインのハードフォーク。どうして起きるのか?大荒れの相場でリスクを軽減する方法とは?今回はハードフォークの対処法、仕組みや過程についてくわしく説明します!

 

ビットコイン分裂の主な論点

では、​ビットコインにはどのような解決すべき問題があったのでしょうか。

実は、ビットコインには以前から「スケーラビリティ」に関する議論が行われています。わかりやすく言うと、「利用者が増えても円滑に取引できる能力」のことです。

ビットコインは、取引記録をまとめてブロックを作り、それが承認されることによって取引が成立します。この1ブロックあたりに入れられる取引記録データ数の上限が1MBに設定されており、一度にそれを上回る量の取引はできません。昨今では仮想通貨の利用者数が爆発的に増加し、取引記録の量が1ブロックあたり1MBでは追いつかなくなってしまいました。これによって取引に遅延が生じるという問題が深刻化してきます。

これは、電車の利用者が多すぎて、前の電車に乗りたかった人が、次の電車が来るのをホームで待たなくてはいけないような状況です。

そこで、ビットコインの開発者やマイナーの間では、解決策として「取引記録データの容量を減らす=乗客を小さくする」か、「1ブロックに入れられるデータ数を増やす=車両の大きさを変更する」かで大モメにモメました。この問題がビットコインの分裂に発展していったのです。

ビットコインの分裂はいつ起こったか、いつ起こるか

​ビットコインの分裂は、2017年8月1日と同年10月25日に起きました。

2017年8月1日のビットコイン分裂の原因・影響は?

 

なぜ分裂が起きたのか~中国マイナーを中心に起こった「分裂騒動」~

​ビットコインのスケーラビリティ問題を解決するために、「取引記録データの容量を減らす」と「1ブロックあたりに入れられるデータの量を増やす」かでモメたのにはワケがあります。まず、前者はコア開発陣とユーザーが支持していた方法です。これは、SegWitと呼ばれる方法で、ソフトフォークにあたり、一つの取引記録のデータを元の約60%に縮小できます。

ですが、このSegWitを導入してしまうと、マイナーたちがマイニングの効率を上げるために使っていた、「ASICBoost​」という方法が使えなくなってしまうため、マイナーはこれに大反対し、後者を支持しました。「1ブロックあたりに入れられるデータ量を8倍に増やす」ことを主張したのです。

そして、どうにか収拾をつけるために、開発者とマイナー大手の中国系マイニングファームとの間で相談した結果、それらを折半した「NYA(ニューヨーク協定案)」というものが採用されることになりました。これは、「一旦SegWitを導入して、その後1ブロックあたりの容量を2倍(2MB)にするよ」というものでした。

ですが、それでもマイナー達の反対の声は根強く、コミュニティ内での世論はまっぷたつに割れていました。その結果、とうとう一部のユーザーたちの堪忍袋の緒が切れ、8月1日にSegWitを強行しようとしました。これは、UASF(User Activated Soft Fork=ユーザー主導のソフトフォーク)と呼ばれるもので、様々なリスクをはらんでいました。

結局、UASFではなくNYAが導入されることとなりましたが、それでもマイナー達は反発し、同じく2017年8月1日に1ブロックあたりの容量を8MBまで拡大し、セキュリティを向上させるという内容のハードフォーク(=UAHF、User Activated Hard Fork)を決行しました。

このハードフォークによって生まれたのがビットコインキャッシュ(BCH)です。

ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)に分裂

さて、​2017年8月1日のハードフォークによってビットコインは分裂しました。その際、新たに生まれたブロックチェーン上には、ビットコインが元あったアドレスに、元あったビットコインと同じ量のビットコインキャッシュが​プールされます。このとき使用していたBTCのウォレットがBCHに対応していた場合、BTC保有量と同数のBCHがまさに「天から降ってきた」のです。取引所のなかにはBCHに即座に対応し、取引所ウォレットにBTCを入金していた場合、取引所のウォレット内に同量のBCHが貰える、というサービスをしているものもたくさんありました。

しかし、この降ってきたBCHをみんなが即座に売却してしまうと、一気にBCHの価値は下落し、廃れていってしまいます。そうすると、マイナーの不足などから仮想通貨として立ち行かなくなってしまうでしょう。事前にそのように予想していた人もかなりいました。

では、実際にはどうなったのかを次で見ていきましょう。

この分裂が市場に与えた影響

​まず、この分裂前後のBTC/JPYのチャートをみてみましょう。

分裂直前に少し下がったものの、分裂直後からすごい勢いで高騰していますね。フォークが失敗するかもしれないと言う懸念で直前に値を下げていたようですが、成功したためか高騰しました。

では、BCH/JPYのチャートを見ていきましょう。

左端が誕生直後の価格です。降り銭を即他の通貨に替えた人はかなりいたようですが、すぐ回復していますね。

現在(2017年10月20日)までは緩やかな下降を見せていますが、分裂後一ヶ月ほどはかなりアツかったようです。このハードフォークは成功と言えますね。

2017年10月25日に起こるビットコイン再分裂

香港系マイニング企業が主導するビットコイン再分裂

​これは、先に述べた8月の分裂や、後で述べる11月の再分裂とは全く毛色が違うものです。その二つは、スケーラビリティ改善に関するマイナーとユーザー・開発者の意見の不一致によって生まれたものでしたが、この分裂騒動は「マイニングの敷居の高さ」に関する議論に端を発しています。

10月に入って、香港にあるビットコインのマイニング企業が、「ビットコインのマイニング暗号の難易度を下げることは技術的には可能。そうすれば、高度な機材を持たない個人でもマイニングに参入できる」という案を提唱し、それに多くの人々が追随した結果、10月25日にハードフォークが実行され、新たに「ビットコインゴールド(BTG)」が誕生することになりました。

ビットコインゴールドの問題点

BTGの誕生には、少し問題点があります。それは、「このコインの賛同者の全体像が見えてこない」ということです。

BCHが誕生した際、そのシステムに賛同し、価値を支えていたのは「SegWitに反発するマイナー集団」で、彼らが強く支持しており、しかも大勢いるということが一年間続いたSegWit論争からもわかっていました。なので、BCHを単なるタナボタの降り銭としか思っていない人たちが次々にBCHを手放しても取引のサービスを持続させることが可能で、廃れずに残りました。

しかし、今回のBTGの誕生は、本当に突然ポッと出現した話なので、その開発・運営の協力者がどれほどパワフルでどれくらいいるのか、ということが不明瞭なのです。

もし、BCHのように、熱心にBCGを維持しようとする人がいなければ、マイニングは行われず、取引にかかる時間があまりにも非現実的なものになってしまうでしょう。そうなった場合、もはやBCGは無価値なものになってしまう危険があります。


この再分裂が市場に与える影響~分裂後の価格はどうなる~

​さて、現在(2017年10月20日)のチャートを見てみましょう。

今回は特にソフトフォークが行われるわけではないこと、また、BCH誕生時に起こった「降り銭」の効果への期待からか、10月に入ってから高騰が続いています。30日で1.5倍以上になっていますね。

では、分裂後にどのようにして価格が推移するのでしょうか。それを考える上で、とても重要な材料があります。それは、「各取引所のBCGへの対応」です。

現在(2017年10月20日)、ビットコインが分裂してBCGが生じた場合に、即座にBCGを配るというサービスを発表している取引所の一覧はこちらになります。

国内​​Coincheck, BitBank
​国外​HitBTC, itStar, Yobit, BitBay, Abucoins, Paribu, Bitcoin India

(※ただし、CoinceckはBCGが取り扱い直後に大暴落したりマイナー不足など運営が滞ったり、システムに致命的な問題が発見されたりすると、その取り扱いを中止する、としている。)

CoincheckやBitBankこそ取り扱いを発表していますが、その一方でBTCの出来高1位の取引所であるBitfinexや2位のBithumb​、更に米大手のPoloniexやBittrex、国内BTC出来高一位のBitFlyerも、今のところBCGの取り扱いに消極的です。

BCGの流通が始まっても、それを取り扱う取引所が少なければ、コインは活発にならず、価格も落ちてしまうでしょう。


2017年11月19日に予定されていたビットコイン再分裂

 

支持を得られずフォーク廃止

 さて、8月の分裂についての項目で、チラっと触れましたが、もともとSegWitによってソフトフォークをした後にも、11月に1ブロックあたりの容量を2MBに倍増させる、という計画だったんですね(この二つをまとめてSegWit2xといいます)。しかしながら、「開発側にはハードフォークを成功させられるだけの技術力がなく、人手が足りてない」「そもそもそんなことする必要なくない?」という意見が非常に多く、ユーザーとコア開発者はこれに反対していました。

さらに、マイナーでさえもこれに反対したため、ハードフォークの予定日直前の11月9日、Segwit2xの導入をやめる、というアナウンスが2x開発側から行われました。

Segwit2xによって市場は混乱​

​市場はSegwit2xによる影響をめちゃくちゃ受けました。情報が錯綜しすぎたせいです。

BTCの値段はこのように乱高下しました。

BCHがSegwit2xが失敗したときのリスクヘッジ先として注目されました。これはSegwit2xが導入されないことが決定した後もマイナーの支持を得てか、そのまま高騰し続けています。

​(BCH/BTC、BCH/USDのチャート)

​ビットコインの分裂に関するQ&A

 

ビットコインはもう分裂しない?

​これについてははっきりと断言することは難しいです。ですが、今後もビットコインの利用者が増え続けるならば、いつか必ずスケーラビリティの議論が深刻になるはずです。そうなった場合、またビットコインが分裂しても全く不思議ではありません

 分裂したら、これまで持ってたコインはどうなるの?

仮にハードフォークでビットコインが分裂しても、これまで所有していたビットコインはなくなりません。それどころか、新しいコインがもらえる場合もあります。
新コインに対応していないウォレットに預金している場合は新コインを得ることができませんが、対応したウォレットに預けているならば、自分が保有していたのと同じ量の新コインが降ってきます。


ビットコインの分裂まとめ

ビットコインの分裂が起きる時期は、様々な原因でその価値が上下します。

ですから、正確に予想することはきわめて難しく、その場その場で新情報の影響および正確性を判断しなくてはいけません。

特に、「結局ハードフォークはおこらなかった」とか、「システムに大きな問題があった」という類の情報は、一瞬で相場に影響を与えるので、分裂前後は市場だけでなく、フォーラムにも目を光らせておかなくてはなりません。