「ビットコイン(BTC)の分裂ってどうやって起こったの?」

という疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?

確かに、仮想通貨の分裂と言われてもピンとこないですよね!

この記事ではビットコインの分裂の原因と影響からそれによってできた新仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)についてコインオタクが詳しく解説します!

これを読めば、ビットコインの分裂についての全てがわかるようになります!

ビットコイン(BTC)の分裂とは? 

ビットコインの分裂とは、ビットコインの大元にあるブロックチェーンが分岐し、仮想通貨が二つに分かれることです。

2017年8月1日にビットコインの分裂は行われ、ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)に分岐しました。

他の仮想通貨では、イーサリアムが2016年にイーサリアム(ETH)とイーサリアムクラシック(ETC)に分岐したことが有名です。

ビットコインの分裂はハードフォークという方法によって行われました。

ハードフォークとは、仮想通貨に問題が起きたときの解決方法の一つです。

仮想通貨の問題解決方法は、「ソフトフォーク」と「ハードフォーク」の2種類あります。

「ソフトフォーク」では、アップデート前のプログラムとアップデート後のプログラムに互換性が存在しており、アップデート前の通貨がアップデート後も使えます。

一方、「ハードフォーク」では、アップデート前後で互換性が存在せず、「アップデート前の通貨」と「アップデート後の通貨」に完全に分裂し、別々のものとして残り続けることを言います。

ハードフォークにより、新しくできたブロックチェーンを持つ仮想通貨がビットコインキャッシュとなりました。


ブロックチェーンについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!↓

ビットコインの「ブロックチェーン」という言葉をよく聞くけれど、一体何のことなんだろう・・と思っていませんか?この記事では、ブロックチェーンの特徴や仕組みを中心に、わかりやすく説明していきます!

ハードフォークについてもっと知りたい人はこちらの記事をチェック!↓

仮想通貨市場全体を揺るがすビットコインのハードフォーク。どうして起きるのか?大荒れの相場でリスクを軽減する方法とは?今回はハードフォークの対処法、仕組みや過程についてくわしく説明します!

ビットコインキャッシュ(BCH)とは? 

ビットコインキャッシュの概要

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)初の分裂によって生じた仮想通貨です!

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)ビットコイン(Bitcoin)
通貨単位BCHBTC
公開日2017年8月1日2009年1月3日
時価総額2421億円(6位)7兆443億円(1位)
発行上限2100万枚2100万枚
ブロックサイズ8MB1MB

ビットコインキャッシュについてもっと知りたい方は、こちらの記事もチェック!↓

ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコインのハードフォークで生まれた仮想通貨です。決済にも使われる可能性の高い仮想通貨の特徴・買い方のような基本的なことから将来性・チャート分析など発展的なことまでどの記事よりもわかりやすく解説します!

ビットコインキャッシュの特徴 

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴

  • ブロックサイズが大きい
  • セキュリティが高い
  • マイニングの難易度が自動調整される

ブロックサイズが大きい 

ビットコインキャッシュのブロックサイズは8MBと、ビットコインの1MBに比べてかなり大きいものとなっています。

これによって、ビットコインで生じているスケーラビリティ問題を解決することができます。

ビットコインよりも取引の処理が速くなるので、決済速度の向上や送金手数料の安さに繋がっています!


スケーラビリティ問題についてもっと知りたい方はこちらの記事をチェック!↓

ビットコインの値動きにも大きく影響し、ビットコインの分裂騒動にも大きく関係しているスケーラビリティ問題ですが、実際に何がそんなに騒がれるのか、わかっていない方も多いのではないでしょうか。詳しく知らない方でもわかりやすいように解説します!

セキュリティが高い 

ビットコインキャッシュは、リプレイアタックというインターネットへの攻撃に対応するシステム(リプレイプロテクション)が導入されています。

また、ハードウェアウォレットにもセキュリティ向上のための仕組みがあります!

そのため、セキュリティの高い仮想通貨であると言えるでしょう。


 リプレイアタックの危険性について知りたい方は、こちらの記事もチェック!↓

リプレイアタックは、ビットコインなどの仮想通貨のハードフォークの際によく話題になるものです。これはどういう仕組みでどのような危険があるのでしょうか?実際に採用されている対策、自分でできる対策までコインオタクが徹底的に解説します!

マイニングの難易度が自動調整される 

ビットコインキャッシュのマイニングには、PoW(Proof of Work)が導入されています。

PoWでは、ハッシュ関数の複数ある答えのうちの一つを見つけることでマイニングが完了となり、報酬を受け取ることができます。

このハッシュ関数の解の数を、自動的に10分で見つかる難易度に調整させることで、ビットコインキャッシュの生成速度を安定させています。

PoWについてもっと知りたい方はこちらの記事もチェック!↓

プルーフオブワークは仮想通貨の取引の承認システムの一つです。これはいったいどんな仕組みでどういう特徴を持っているのでしょうか?プルーフオブワークに伴うマイニングという作業や、プルーフオブステークとの違いについても説明します!

ビットコイン分裂の原因と影響 

ビットコイン分裂の原因 

ビットコインのスケーラビリティ問題を解決するために、「取引記録データの容量を減らす」と「1ブロックあたりに入れられるデータの量を増やす」かで意見が分かれたことがビットコイン分裂の原因となっています。

前者はSegWitと呼ばれる方法で、ソフトフォークにより、一つの取引記録のデータを元の約60%に縮小できます。

後者は、ハードウォークにより行われます。

しかし、SegWitは「ASICBoost」に対応していないことから、マイナーは反対し、後者の「1ブロックあたりに入れられるデータ量を8倍に増やす」方法を主張しました。


SegWitについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をチェック!↓

Segwitとは、ブロックチェーン上に記録される取引データのサイズを圧縮する方法のことです。実は、これは仮想通貨の抱える問題を解決する策の1つなんです!この記事では、Segwitの仕組みやメリット・デメリットをイラストも交えて解説します!

それらを折半した「SegWit2x:一旦SegWitを導入して、その後1ブロックあたりの容量を2倍(2MB)にする」が採用されることになりました。

ですが、それでも「ASICBoost」を使いたいマイナー達の反対の声は根強く、8月1日にSegWitを強行しようとしました。

これは、UASF(User Activated Soft Fork=ユーザー主導のソフトフォーク)と呼ばれるもので、様々なリスクをはらんでいました。

結局、「SegWit2」が導入されることとなりましたが、マイナー達の反発の結果、2017年8月1日に1ブロックあたりの容量を8MBまで拡大し、セキュリティを向上させるという内容のユーザー主導のハードフォーク(=UAHF、User Activated Hard Fork)を決行しました。

SegWit2xについてもっと知りたい方は、こちらの記事もチェック!↓ 

どうなってるのsegwit2x!?11月に予定されていた無期限延期。今後のビットコインやビットコインキャッシュはどうなるのか。segwit2xの価格への影響も含めて一連の騒ぎを解説します!ビットコインの今後を予想したい方は必見です。

ビットコイン分裂の影響とチャート分析 

分裂によって新たに生まれたブロックチェーン上には、元あったビットコインと同じ量のビットコインキャッシュがプールされます。

このとき使用していたBTCのウォレットがBCHに対応していた場合、BTC保有量と同数のBCHがまさに「天から降ってきた」のです。

しかし、この降ってきたBCHをみんなが即座に売却してしまうと、一気にBCHの価値は下落し、廃れていってしまいます。

そうすると、マイナーの不足などから仮想通貨として立ち行かなく可能性もありました。

ビットコインの価格推移

(2019年2月11日現在)

ビットコイン分裂当初は価格の不安から下落傾向にありましたが、その後はハードフォークが成功したことで一気に急騰しています。

ビットコインキャッシュの価格推移

一方、ビットコインキャッシュは、最初ビットコインを持つ多くのユーザーに配られたことから価格の暴落が起こりました。

しかし、半月後元の価格に戻り、その後は他の多くの仮想通貨と同じような価格推移をしています。

ビットコイン分裂の問題点 

ビットコイン(BTC)分裂の問題点

  • ビットコインの埋蔵量が増えてしまう
  • ブロックチェーンを改竄しやすくなる
  • 管理する団体がない

ビットコインの埋蔵量が増えてしまう 

ビットコイン(BTC)は、発行上限が2100万枚と少ないため、希少性がありました。

これにより、仮想通貨の発行量が増えることによるインフレが起きにくいと言われていました。

しかし、今回のようにいくらでもUAHFが可能な場合、ビットコインの埋蔵量が無限に増加していってしまうという懸念があります。

このことで、ビットコインの価値の暴落の危険ができてしまい、ユーザーの不安要素となっているのは間違い無いでしょう。

ブロックチェーンを改ざんしやすくなる 

ブロックチェーンの生成に使われるPoWというシステムがあります。

ハッシュ関数を代入することによって、新たな仮想通貨を発行することができます。

仮想通貨が分裂することによってこのハッシュ関数が小さくなってしまいます。

これによって、51%攻撃を行われる可能性が高くなり、ブロックチェーンが改ざんしやすくなってしまうのです。


51%攻撃について知りたい方はこちらの記事もチェック!↓

51%攻撃とは、仮想通貨で広く用いられているブロックチェーンの正常な動作を妨げる方法の1つです。51%攻撃をされるとどんな危険があるのか、どういう対策がなされているのかも含めて、コインオタクが徹底的に解説します!

管理する団体がない 

ビットコインは、日本円やドルのように国に管理されているわけではありません。

そのため、ビットコインのルールを決める手段がユーザーによる多数決となってしまいます。

民主主義ではありますが、ユーザーそれぞれに決める権利があるため意見の相違によりなかなか決まらない問題があることが今回の件で明らかになりました。

ビットコインの分裂に関するQ&A 

ビットコインはまだ分裂する? 

これについてははっきりと断言することは難しいです。

しかし、今後もビットコインの利用者が増え続けるならば、いつか必ずスケーラビリティの議論が深刻になるはずです。

そうなった場合、またビットコインが分裂しても全く不思議ではありません

その場合は、新通貨とビットコインの価格変動に注意する必要があるでしょう!

分裂したら、これまで持ってたコインはどうなるの? 

仮にハードフォークでビットコインが分裂しても、これまで所有していたビットコインはなくなりません。

なくなるどころか新しいコインがもらえる場合もあります。
新コインに対応しているウォレットに分裂前の仮想通貨を預けているのならば、自分が保有していたのと同じ量の新コインを自動的に受け取ることができます。

ビットコインキャッシュも分裂するの? 

ビットコインから分裂したビットコインキャッシュもまた分裂しようとしています。

ビットコインキャッシュは、BCHーSVとBCHーABCへの分裂が予想されています!

これらの二つのコインには、OPコードに互換性の無い部分が存在します。

現在保有しているビットコインキャッシュはABCとなり、SVがフォークコインとなることでしょう。

今後のビットコインキャッシュの行方に注目しましょう!

ビットコインの分裂まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、ビットコインの分裂の原因からビットコインキャッシュまで詳しく解説してきました。

仮想通貨の分裂は、様々な人の意見の相違から生じています。

これからのビットコイン、ビットコインキャッシュの行方に注目していきましょう!

ビットコイン(BTC)の分裂まとめ

  • ビットコインはUAHFで分裂!
  • ビットコインのスケーラビリティ問題が原因!
  • 新通貨のビットコインキャッシュは処理速度が早い!