アロハコイン(Alohacoin)は詐欺通貨?その仕組みや公式情報をまとめて真偽を分析!

あなたはアロハコインという仮想通貨をご存知ですか?

「絶対に儲かる!」「世界中で使われるようになる!」「国家基軸になった仮想通貨だぞ!」

などと凄そうな言葉をささやかれ、中にはよくわからないけど購入しようか迷っている方もいるかもしれません。 

そんなあなたにCoinOtakuが、アロハコインが安全なのか、投資する価値のある仮想通貨なのか、その判断のもとになる情報をまとめていきたいと思います。

この記事はこんな方におすすめ!

  • アロハコインに興味がある
  • アロハコインの購入を迷っている

 

アロハコイン(AlohaCoin)とは?

アロハコイン基本情報

アロハコインはコンセンサスアルゴリズムにPow / PoS を採用しているハイブリッド型の仮想通貨です。Pow / PoS どちらの割合のほうが多いか等の情報は記載されていませんでしたが、Alohacoin Explorerを確認した限りではPoW報酬のほうが多いようです。

  • 総発行枚数:36,988,888枚
  • ブロック生成速度:約2.5分
  • PoSブロック報酬:21枚
  • 半減期:804000ブロックごと(約4年に一度)

詳しくはこちらをご覧ください。

またアロハコインはイーサリアムトークンで新しくICOを行うようです。詳しくは本記事「アロハコインの将来性は?コインオタクの見解」をご覧ください。


アロハコイン概要

アロハコインとは、ハワイのオアフ島にあるアメリカから独立自治国家となったプウホヌア・オ・ワイマナロ・ヴィレッジ(Pu’uhonua o Waimanalo Village)が公式に法定通貨として認定したとされる仮想通貨です。国家が基軸通貨として採用した世界初の仮想通貨と宣伝されています。

この「国家」ですが、面積は55エーカー (東京ドーム約4.8個分、22万平方メートル)の広さがあり自然に囲まれた豊かな土地であり、通称ランドオブアロハ(land of aloha)、ネーションオブアロハ(nation of aloha)とも呼ばれているようです。

ちなみにgooglemapで「Pu’uhonua o Waimanalo Village」「land of aloha」「nation of aloha」で調べてみましたが、そのような名称の土地や国はヒットしませんでした。どこにあるのでしょうか、謎ですね。

丸で囲まれているのが、この「国家」があるとされるワイマナロ地域であり、赤色の四角が約55エーカーです。大体500メートル×500メートルの正方形の面積と同じなので、国家と呼ぶには非常に小さいですね。

世界最小の国で知られるバチカン市国(44万平方メートル)よりもさらに小さい「国」ということになりそうです。

ランドオブアロハ紹介ページの写真)


以下アロハコインプロモーションビデオです。

ここまでの紹介でもうすでに怪しいにおいがプンプンしますね笑本当に使われているのか、甚だ疑問です。


アロハコインの最新チャート&相場分析! 

2018年5月現在の最新情報

そんな怪しいアロハコインですが、公式サイトらしきサイトが複数確認できました。以下にまとめておきますが、どれも相互リンクでつながっているわけではありません。

(公式サイトとみられるサイト一覧:https://alohacoin.info/https://www.loahawaii.com/https://www.aloha-coin.com/https://www.alohacoin.today/https://landofaloha.net/

現在アロハコインはREBGLOEXという取引所のみで取引されているようです。

チャートを確認しようとしましたが、販売所形式の上チャートは存在せず、現在のアロハコインの対ビットコインレートが表示されているだけでした。ビットコインのレートが著しく高いですが、現在のアロハコインは1枚ちょうど$30のようです。

 

アロハコインの将来性は?コインオタクの見解 

現時点でのアロハコインの将来性は低いと言わざるを得ません。以下にコインオタクの見解を書いていきます。


情報が不透明

情報が非常にわかりづらく不透明なものが多いです。

こちらではアロハコインについての情報が更新されていますが、更新頻度がとても少なく、更新されても元首バンピー氏の活動家としての更新情報が多く、アロハコインをどのように発展させていくのかなど、アロハコイン自体の更新情報はほぼありません

あったとしても、公的な情報のソースがなかったりと非常に不透明なものになっています。

また、こちらのサイトのドメインを検索してみたところ、お名前.comという日本のサイトでドメインの登録をしていました。なぜハワイの非常に小さな自治国家の基軸仮想通貨に関する情報を発信するサイトが、ハワイに住んでない日本人向けに発信されているのか疑問を持たざるを得ません。

本当に決済に使われていくことを目指すのならば、まずは一番近いハワイの人たち向けに情報発信していき、仮想通貨の導入を進めていくのが普通ではないでしょうか?


2016年で更新が止まっている

アロハコインのgithubを確認してみると、発行された2016年を最後に更新が止まっており、コミット数もその年の4回しかありませんでした。

世界で使える通貨を目指している割には開発をしている形跡が全くありません。


アロハコインkkがICOを実施?

アロハコインは現在もうすでに流通しているアロハコイン(以下これをアロハコインAと呼ぶ)のほかに、アロハコインkkというイーサリアムトークンのICOを実施する(した?)ようです。ICOに関する情報がなかったため、もうすでに行ったのか、これから行われるのか確定情報はわかりませんでした。

総発行枚数はアロハコインAと同じですが、トークンとなるのでマイニングはできなくなり、アロハコインAとアロハコインkk間のスワップ情報も出ておらず、アロハコインAが今後どうなるかは現状わかりません。

また1枚あたり$100で300万枚(約300億円)販売するようですが、そうなるとアロハコインの時価総額は約3700億となり、NEMの次に時価総額が高い仮想通貨ということになります。

etherscanで調べてみたところおそらくこれだと思われます。

現状なんの使い道もない仮想通貨にこんな時価総額がつくのは異常事態です。詳しくはこちらのホワイトペーパーをご覧ください。


アロハコインの特徴 

国家が採用した仮想通貨

非常に小さい国ながらも、独立国家の基軸通貨として採用された仮想通貨を謳っています。ソースがアロハコインの公式サイトで公式文書がなく信憑性が低いですが、国連の先住民族問題フォーラム(The United Nations Permanent Forum on Indigenous Issues)でも発表されたとも主張しています。

ホワイトペーパーによると、2015年9月17日に公式に発行されたと書かれていましたが、Alohacoin Explorerでジェネシスブロックを確認したところ、Timestampが2016年5月24日となっており半年以上もずれがありました。


世界平和の為の通貨

アロハコインはランドオブアロハ世界平和プロジェクトの中のプロジェクトの一つで、このプロジェクトは「人と自然が共存し、持続可能な良い世の中の創造に貢献する」ことを目的としているようです。

アロハコインで決済すると、他に具体的にどのようなことをして、世界平和を目指していくのかの情報がほとんどかかれておらず、現状ではただのポエムとなっている印象です。


マイニングができる

アロハコインAはコンセンサスアルゴリズムにPoSを採用しているため、初心者でもマイニングが簡単にできることが特徴となっています。

持っているだけでアロハコインが徐々に増えていくのは魅力的ですが、年利が大体8%で、105000ブロックごとに0.6%報酬がへり、840000ブロックごとに半減期が訪れるので、持っているコインが爆発的に増えるということはありません。ちなみに現在のブロックは約402000ブロックです。

またPoWも採用しているため、マシンパワーを用いたマイニングもできるはずですが、プールなどの情報が一切出ていません。アロハコイン専門のマイニング業者がマイニングして1枚数千円で売っていたとのうわさがありました。

ICOでのアロハコインkkはイーサリアムトークンなのでマイニングはできません。


アロハコインの評判 

5ch(旧2ch)での評判

最近の5chでは話題になっていませんが、過去の投稿を見る限りでは「アロハコインは詐欺である」という投稿が数多くありました。


ツイッターでの評判

ツイッターではアロハコインに関するつぶやきが多く確認できました。かなり昔に購入した方も多いようです。最近の新しいアロハコインのICOについて不満を漏らすツイートもありますね。


また多かったのは、アロハコインを売りたい人のツイートです。これに関してはのちに書きますが、取引所の仕様のせいで売りたくても売るに売れない状況だからだと考えられます。


アロハコインのメリット

何かのきっかけで暴騰する可能性がある

現状持つメリットが皆無なアロハコインですが、実際にハワイ全土で使われるようになったりすれば、暴騰する可能性もなくはありません。しかし現状、ほかのメジャーアルトコインですら決済で広く普及していないことに加え、現在の時価総額がとても高くここから暴騰してもたかが知れているので、この可能性はあまりないといってよいでしょう。


アロハコインのデメリット 

詐欺の可能性がある

何度も言及していますが、総発行枚数に対して1枚当たりの販売額が高すぎます、詐欺じゃなかったとしても、損をする可能性は大きいでしょう。

またランドオブアロハという自治国家が見つけられないのも不可解です。ランドオブアロハという自治国家があることが本当だったとしても、国家元首がアロハコインというプロジェクトにいいように利用されている可能性もあります。


運営に不安を感じる

情報が点在しており非常にわかりづらい公式サイト、2年間も全く更新されていないgithub、公的なソースがなく真偽が定かでない情報の投稿度重なる予定の延期など運営に不安を感じずにはいられません。

本当にいいものを作り、世界平和を目指しているのだったら、もう少しまともなサイト設計や情報の更新、アロハコインの開発をするべきではと思ってしまいます。

公式テレグラムや公式ツイッター、公式discord、bitcointalkの公式スレッドなどがないという事からも、よりそのように感じます。


今まで言及してきた他の情報など、現状の情報をまとめてみると、詐欺と断定できはしないものの、かなり怪しい仮想通貨といえるでしょう。投資したお金がすべてなくなる可能性は大いにあります。


アロハコインの入手方法 

取引所で購入

購入できるコインがアロハコインAなのかアロハコインkkであるのかわかりませんが、REBGLOEXで購入することができます。

ただし、現状この取引所はアロハコインの購入はできるものの、売却が一切できません。意味が分からないと思いますが、取引が一方通行なのです。本当に意味が分かりません。

一度買うと、売却することが非常に難しくなるので、本当に購入しても後悔しないか良く考えてから購入するようにしましょう。せめて売買ができるようになるまでは購入非推奨です。


代理店から購入 

現在はあるのかわかりませんが、過去にアロハコインの購入代理店があり、そこから購入ができたようです。基本的にどの仮想通貨でも、代理店での購入は詐欺の可能性や不利なレートでの購入となることが多いので、やめたほうが良いでしょう。


ICOに参加

アロハコインkkのICOがこれから始まるのであれば、そのICOに参加して購入するという方法もあります。しかしICOに参加するのはただでさえリスクがあり、前述するように参加することは非推奨です。



アロハコインの換金方法 

個人間で売却 

前述したとおり、取引所で売ることができないので、売却したいときは誰か買いたいという人を探さなければいけません。個人間での取引は無駄なトラブルの原因となりますので、急いでいなければ取引所で売却できるまでは持っていたほうが無難かもしれません。

取引所で売却できるようになるかは保証できませんが。


アロハコインの保管方法

アロハコイン専用販売所のREBGLOEXこちらのQTウォレットで保管ができるようです。またQTウォレットではネットワークに接続することで保有するアロハコインの量に応じてステーク報酬(マイニング報酬)がもらえます。

アロハコインまとめ

アロハコインの記事を読んでどうだったでしょうか。アロハコインの怪しさは伝えられたかと思います。

現状では購入を到底お勧めできるような仮想通貨ではなく世界平和のために購入するぐらいだったら、そういった活動をきちんと行っている団体に直接寄付したほうが良いでしょう。

世の中には数多くの仮想通貨が存在しますが、その中にも多くの詐欺コインが存在します。日本人が詐欺にあいやすいコインの特徴として、日本人向けのマーケティングが活発、抽象的でポエミーなロードマップ、有名な地名人名を用いること等が挙げられます。

アロハコインが詐欺かはわかりませんが、まさにアロハコインがこの特徴に当てはまっていますね。購入を検討している人はもう少し慎重に情報を精査することをお勧めします。

また仮想通貨の詐欺については以下の記事に詳しく書かれていますので、参考にすると良いと思います。

目次スキャム(scam)とは仮想通貨のスキャム手口スキャムの対策スキャムについてのQ&Aスキャムまとめ スキャム(scam)とは スキャムとは詐欺・ペテンを意味します。仮想通貨は誰でも簡単に参入でき、なおかつ匿名性も高いことから、残念ながらスキャムが横行してしまっているのが現状です。そのうえ、手口にもいろいろあり、常にスキャムには警戒しなくてはいけません。 中国ではICO規制が2017年9月に行われましたが、スキャムICOが横行したことがその一因になりました。 仮想通貨のスキャム手口 仮想通貨のスキャムにはどのような種類のものがあるのか、紹介していきます。 スキャムICOコイン これは仮想通貨関連のスキャムでおそらく最も多いパターンです。 前提知識として、ICO(initial coin offering)は事業の発案者がトークンを発行し、上場前に出資者にそれを買ってもらうことによって資金を確保するという出資形態です。 このICOの際に、事業者がもっともらしいことを言っておきながら資金調達後いつまでたっても実行しない、というスキャムがあります。 このときに発行されたICOコイン(トークン)は、その価値を下支えするものが一切ないわけですから、当然価値をもちません。 事業者は資金を丸々持ち逃げ、というわけです。 スキャムICOが横行しすぎると、中国のようにICO全体を規制する法律が発効される可能性もあり、仮想通貨市場全体に悪影響を与える手口と言えます。 ICOとは?仮想通貨を用いた新たな集金方法!参加方法やおすすめ案件を解説!今世界で大注目の新しい資金調達の方法であるICOですが、実際にどうやって行うのか、またどうやって参加するのか、メリットやリスクはなんなのか、わからない方も多いかと思います。そんなICOについて東大生が解説してみました。続きを読む クラウドマイニング クラウドマイニングとは、マイニング業者に金を支払うことで自分の代わりにマイニングしてもらう、というサービスです。 このサービスを行っている業者、詐欺でないところもあることにはあるのですが、マイニング費用だけ掠め取って支払いはゼロ、という手口のスキャムが非常に多いのが現状です。