「VCTRADEってどんな取引所なの?」

と思っている方も多いと思います。

今はあまり知名度が高くないのでほとんど知らない方もいるかと思います。

VCTRADEは、手数料がとても安く、セキュリティに力を入れている魅力的な取引所です。

そこでこの記事では、VCTRADEの特徴や注意点、口座開設方法、評判などを詳しく解説しています。

この記事を読めば、すぐにVCTRADEの良さが分かるようになるでしょう!

VCTRADEの口座を開設しよう!


VCTRADEの特徴

VCTRADEについて

VCTRADEとは、 SBIグループの子会社が運営する仮想通貨の取引所です。

SBIは、ネット銀行・ネット証券において業界No.1であり、手数料が安いことが特徴になっています。

VCTRADEは、2016年11月に設立した取引所で、金融庁から仮想通貨交換業(関東財務局長  第00005号)の認可を受けています。

取引の種類現物取引
通貨ペア4種類
取引手数料無料
スプレッド約2%
取引時間23時間(午前7時〜翌午前6時)
スマホアプリ×
本社所在地東京都港区六本木3-1-1
六本木ティーキューブ
設立日2016年11月1日

取り扱い通貨は4種類と少なくなっています。

また、ほとんどの取引所は24時間いつでも取引できますが、VCTRADEでは午前6時から7時の間は取引できません。

VCTRADEは取引手数料が無料で、スプレッドも比較的狭くなっています。

取り扱い通貨

VCTRADEでは、4種類の仮想通貨を取り扱っています。

取り扱い通貨数はとても少ないです。

ただ、取り扱っている通貨はすべて仮想通貨の中で核となっている通貨なので、取引するだけであれば問題はないでしょう。

今後取り扱い通貨数が増えていく可能性もあります。

専用ウォレットがある

VCTRADEでは、2019年1月31日に仮想通貨の送付サービスを開始しました。

それに伴い、VCTRADEから送付する際のカード型の専門ウォレット「Cool X Wallet」の発行を開始しました。

料金は2年契約 7,200円(税抜)、月額300円(税抜)となっており、比較的良心的な値段になっています。

ハードウェアウォレット料金
Cool X Wallet7,200円(2年間)
Ledger Nano S15,800円
Trezor12,800円

VCTRADEからの送金先はこのウォレットに限定されており、他の取引所やウォレットに送金する際はこのウォレットを仲介する必要があります。

クレジットカードサイズでスマホとBluetoothで接続し使用するため、従来のハードウェアウォレットに比べとても利便性が高いです。

操作は以下の専用アプリから行います。

Cool X Wallet
Cool X Wallet
開発元:Coolbitx
無料
posted withアプリーチ

取引所が指定のハードウェアウォレットを配布するのは日本初の試みで、注目を集めています。

申込条件は、「2019年4月1日午前6時時点で、VCTRADEの取り扱い通貨を日本円評価額で10万円以上保有」または「2018年12月21日以降に仮想通貨の受取を一度以上利用」した方となっています。

Sコイン発行予定

Sコインとは、SBIホールディングスが発行する予定の仮想通貨のことで、小売店などでの決済を目的にしています。

Sコインの特徴を簡単にまとめると以下のようになります。

Sコインの特徴

  • 取引所で売買できる
  • 価格が変動する
  • 個人間で送金できる

Sコインと同様の目的を持った、みずほ銀行などが発行するJコインというものがあります。

Jコインは価格が固定であるという点で、Sコインとは異なります。

ただ、Sコインは日常的に利用されることを想定しているので、価格変動はあまり大きくはならないでしょう。

VCTRADEのメリット

VCTRADEのメリットを4つ紹介します。

VCTRADEのメリット

  • 大手SBIグループの安心感
  • セキュリティ意識が高い
  • 手数料が安い
  • リップル社と提携

大手SBIグループの安心感

VCTRADEは、金融業の国内大手である「SBIグループ」の傘下です。

SBIグループは,

  • SBI証券
  • 住信SBIネット銀行
  • SBI FX
  • SBI損害保険

など様々なネットサービスを行っています。

その中でも、SBI証券・住信SBIネット銀行は業界トップとなっており、信頼性も高いです

VCTRADEの資本金は20億円ほどですが、SBIホールディングスの資本金は900億円以上あり、後ろ盾としてとても安心できます。

セキュリティ意識が高い

VCTRADEはセキュリティにとても力を入れています。

警備サービス業界でトップの「セコム」のグループ会社と提携しており、セキュリティ面の強化を行っています。

また、オフラインで通貨を管理する「コールドウォレット」や、内部対策に有効な「マルチシグネチャ」などの対策も取っています。

仮想通貨の入出金が制限されていたのも、セキュリティ性を万全にするために時間がかかったと考えることができます。

セキュリティ対策をするうえで知っておかなければならないマルチシグについて!秘密鍵がハッキングされても、秘密鍵をなくしても大丈夫ってどういうこと!?ネットショッピングやマイクロペイメントにまで影響を与える新技術を解説します。

手数料が安い 

VCTRADEは手数料がとても安くなっています。

取引手数料無料
スプレッド2%前後
日本円の入金手数料無料
日本円の出金手数料(※)165円(出金額3万円未満)
258円(出金額3万円以上)
仮想通貨の送金手数料無料

(※)住信SBIネット銀行の場合、出金額にかかわらず日本円の出金手数料は、51円になります。

VCTRADEは販売所形式なので、少しスプレッドが広いですが、販売所の中ではとても狭い水準になっています。

日本円の出金手数料はとても安くなっています。

仮想通貨の送金手数料が無料なのも嬉しいポイントです。

仮想通貨の取引所と販売所は厳密には異なるものです。この記事では、取引所と販売所の大きな違いを解説した後に、それぞれの特徴を整理して、どちらを使うべきかまで解説します。また、おすすめの取引所と販売所も解説します。

リップル社と提携

SBIグループ代表取締役執行役員社長の北尾吉孝氏は、リップルの将来性に興味を持っており、SBIグループはリップル社の株を10%保有しています。

またリップル社と提携し、「SBI Ripple Asia」という会社を設立するなど、密接な関係を築いています。

SBI Ripple Asiaは、海外送金だけでなく国内送金も一元的にできる決済を目指しています。

2018年10月にSBI Ripple Asiaは、リップルの技術を利用した送金アプリ「マネータップ(Money Tap)」をリリースするなど、今後の取り組みにも期待できます。

VCTRADEの口座開設はこちら!

VCTRADEを使う上での注意点は

通貨が少ない 

先ほども言ったように、VCTRADEの取り扱い通貨数はとても少ないです。

他の国内取引所と比較すると以下のようになります。

取引所名取り扱い通貨数
VCTRADE4種類
GMOコイン5種類
bitFlyer(ビットフライヤー)7種類
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)7種類
Zaif(ザイフ)15種類

国内の人気取引所は、VCTRADEに比べ取扱通貨数が多くなっています。

レバレッジ取引はない

VCTRADEは、レバレッジ取引はなく、現物取引のみ対応しています。

そのため、レバレッジをかけてハイリスク・ハイリターンな投資をすることはできません。

仮想通貨のレバレッジ取引がしたいのであれば、GMOコインをおすすします。GMOコインでレバレッジ取引をする

GMOコインについてさらに詳しく知りたい方はこちらを参照ください。

GMOクリック証券でも有名なGMOグループが仮想通貨取引所を開設したということで、みなさんも高い前評判は聞いたことがあるかもしれません。その実態は?設立当初のウリは現在どうなっているのでしょうか?

VCTRADEの登録方法

VCTRADEの口座の開設は、以下の手順で行います。

全体で5〜10分ほどで完了させることができます。

VCTRADEの口座開設はこちら

口座開設方法に関してはこちらの記事を参照ください。 

SBIグループが新たに開設したSBIVCによるVCTRADEの登録方法を解説します。「使ってみたいけれど、どうすればいいかわからない...」という方のためにSBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)についてわかりやすく解説します!

VCTRADEの使い方 入金、売買はどうやるの?

入金・出金方法

VCTRADEへの日本円の入金は、住信SBIネット銀行からに限定されています。

そのため、VCTRADEを利用するには住信SBIネット銀行の口座も開設する必要があります。

VCTRADEの名義と住信SBIネット銀行の名義が同じでないと、入出金を行うことができないので注意してください。

また仮想通貨の送金は、VCTRADEの公式ハードウェアウォレット「Cool X Wallet」にのみ行うことができます。

日本円の入金・出金、仮想通貨の入金・送金については公式サイトで詳しく解説されています。


住信SBIネット銀行の口座開設方法についてはこちらを参照ください。

仮想通貨取引所への入金にお金をあまりかけたくないとお思いですか?あなたが普段利用している銀行ですと入金手数料がかかってしまうでしょう。そこで今回は入金手数料が無料になる住信SBIネット銀行の特徴やメリットを全て解説していきます。

取引方法

VCTRADEでは、「成行注文」と「価格指定注文(指値注文)」を行うことができます。

成行注文とは、注文量を指定して、注文時点で一番安い値段の通貨を買う(注文時点で一番高い値段で売る)方法です。

価格指定注文は、通貨の値段を決めて取引を行うことです。

成行注文の方が簡単ではありますが、価格指定注文をおすすめします。

取引方法については、公式サイトで詳しく解説されています。

仮想通貨の現物取引には2種類の注文方法(成行注文と指値注文)があります。この記事では、成行注文と指値注文のメリット・デメリット、使い分け方まで解説しています!さらに、BITPOINTの実際の取引画面を用いて注文の具体的手順も解説します!

VCTRADEの評判・口コミ

VCTRADEの評判・口コミとしては以下のような意見が多く見受けられました。

VCTRADEの評判・口コミ

  • 出金手数料が安い
  • 専用ウォレットがないと仮想通貨の送金ができない
  • 板取引の開始に期待

出金手数料が安い

発表によると、VCTRADEは2019年7月に板取引を開始する予定です。

セキュリティが高く、手数料の安いVCTRADEで板取引が開始されれば、今後さらに人気が出るでしょう。

その場合、SBIが提携しているリップルの価格が上昇する可能性もあります。

VCTRADE まとめ

いかがでしたか?

VCTRADEは、今後さらに人気が出てくる可能性の高い取引所です。

VCTRADEの特徴をまとめると以下のようになります。

VCTRADEの特徴

  • 手数料が安い
  • セキュリティが高い
  • 運営の親会社の信頼性が高い
  • リップル社と提携している
  • ユーザーに取引所専用のハードウェアウォレットを販売

指定ウォレットの「Cool X Wallet」もサービスを開始したばかりですが、財布に入るサイズのハードウェアウォレットとして評判が高いです。

VCTRADEは、セキュリティが高く、手数料も安いのでとてもおすすめの取引所です。

少しでも気になったら、早速口座を開設してみましょう!

VCTRADEの口座開設はこちら!