2018年、コインオタクが最もおすすめする仮想通貨はこちら!!


そもそも NEM / XEM とは


NEMとは、New Economy Movementの略で、直訳すると「新しい経済の動き」となります。NEMは、ブロックチェーンを用いて新たな経済の動きを生み出そうと2014年にスタートしたプロジェクトです。そして、NEMと共によく聞く「XEM」とは、NEMで発行される仮想通貨単位のことです。


今回はそのXEMを保管するウォレットについて紹介します。



XEM のウォレットならおすすめは Nano Wallet!!


さて、この仮想通貨XEMですが、取引所に置いておくのは不安だな、ウォレットに入れておきたいんだけどどれがいいんだろう?という方もいらっしゃると思います。

そんな方におすすめなのが、、、


    「 Nano Wallet 」


です!!

正直XEMを保管するためのウォレットとしてはこれ一択だと思います!

その理由として、NEM公式のウォレットで信頼がおけることXEMを一定量以上入れておくとハーベストができてお金も貰えてしまうことが挙げられます。安心な上にお金も稼ぐこともできてしまうんです。

 

NEMは、ブロックチェーン技術を利用した様々なサービスを提供する革新的なプラットフォームです。この先にカタパルトという大型のアップデートも控えCOMSAとの連携もあるため、将来性も抜群です。PoI、ハーベストなどの仕組みも詳しく解説します!


Nano Wallet の使い方


Nano Wallet の登録の仕方

はじめに必要なのは登録です。


Nano Walletの登録はこちらから

まずは以上のリンクから使っているPCに対応したものをダウンロードします。これはMacで作った場合の画面になりますが、ダウンロードしたファイルを開くと次のようになるので、真ん中の「NanoWallet」を開きます。



次に右上の「SIGN UP(アカウント作成)」を選ぶと下のように必要事項を入力する画面になります。

また、右上の「Language」という欄から「Japanese」を選択すると日本語の表示にできます。

(原文は英語なので少し不安だという方は英語のまま進めましょう)




ウォレットの種類はシンプルウォレット、ネットワークはMainnetのままで大丈夫です。ウォレット名というのはユーザーIDのようなものです。

この際、パスワードは特に大切なので長めにして管理にも気をつけましょう



必要事項を打ち込み、「シンプルウォレットの作成」を選択すると上のようにウォレットファイル(raw wallet file)、プライベートキー(private key)の表示という欄が表示されます。またこの時に.wtlファイルでデータを保存しておきましょう。

ウォレットファイルとは64桁の文字列で、これはウォレットのデータを表すもので絶対に秘密にしておくべき情報なので、ファイルに保存し、オフラインで保管しておくのがいいと思います。

プライベートキーも同様にかなり重要な情報で絶対に秘密にしておくべき情報なので、同じようにファイルに保存しオフラインで保管しておきましょう。


これらの保管が完璧になったら、下の2つのチェック欄にチェックを入れ、一番下の同意を選択します。

これでアカウントの登録はできているので、設定したウォレット名、パスワードを入力してログインしましょう!

Nano Wallet への送金の仕方

では実際にNano WalletにXEMを送ってみましょう。

登録したアカウントにログインし、上部バーから「送信」を選びます。すると、下のような画面になります。



あとは「支払先」の欄に表示されるアドレスにXEMを送るだけです。

こちらで金額(量)を指定すると、それに応じてQRコードは変化するので、これをスキャンしても送ることができます。

Nano Wallet でのハーベストの仕方

XEMを十分量入金し、既得バランスが10,000XEM以上になったら、いよいよハーベストができます。

(既得バランスは右上の「アカウント」を選択すると表示されます。)

ここでは、PCをオフラインにしていてもハーベストのできるデリゲート(委任)ハーベストの仕方を説明します。

上部バーの「サービス」を選択し、デリゲートハーベスティング(委任)から「デリゲートアカウント(委任アカウント)管理」を選択すると、以下のような画面になります。



ここで、「モード選択」を委任有効化にし、Nano Walletのパスワードを入力して「送信」を押します。するとリモートステータスが「有効化中」となり、しばらく待つとこれが「有効」になります。

これで無事にハーベストが行われます。気長に成果が上がるのを待ちましょう。

 

NEMのハーベスト(ハーベスティング)は、ビットコインでいうマイニングにあたる承認作業のことです。しかし、マイニングとは大きく異なり、何もしなくても、なんならPCの電源オフでもお金が貰えちゃいます!今回はそんなハーベストを徹底解説します!

 

Nano Wallet でのバックアップの取り方

ウォレットを作成した段階でウォレットのデータを.wltファイルで保存しているはずなのですが、万が一それを削除してしまった場合などにバックアップを作り直すことができます。

右上から「アカウント」を選択すると上のような画面になり、ここで右下の「ウォレットをバックアップ」からバックアップを取りたいアカウントを選択します。するとその右側にダウンロードボタンが現れるので、それをクリックするとバックアップファイルが出力され保存することができます。

これでバックアップ完了です。ウォレットのバックアップを取っておくことは資産を守る上でとても大切なのでお忘れなく!


スマホ( iOS/Android )対応のモバイルウォレットアプリ「NEM Wallet」

今まで説明してきたNano Walletはデスクトップウォレットですが、NEM公式のスマホ対応のウォレットは、名前が違い「NEM Wallet」となります。

NEM Walletでは、残高の確認、XEMの送受信、ハーベスト履歴の確認ができます!

また、3つの方法でアカウントの追加ができます。その方法とは、


1. 新しくアカウントを作る

2. QRコードをスキャン

3. キーをインポート


です。すでにNano Walletでアカウントを作っている場合は「QRコードをスキャン」「キーをインポート」のどちらかです。この場合は、Nano Walletにログインし右上の「アカウント」をクリックすると、パスワードを入力することで簡単にこれらのQRコードまたはプライベートキーを作成することができます。


ハーベストの状況などが普段から気になるという方はNEM Walletをインストールしておくことをオススメします!


XEM のウォレットに関するQ&A

Mac と Windows ではどっちで作るのがいいの?

Nano WalletはMacWindows、Linuxに対応しており、Nano Walletを使う上ではMacとWindowsで特に違いはありません!

普段から使っていて操作慣れしているPCで作るのがいいと思います。


Nano Wallet からコインチェックに XEM を送ると紛失することがあるってほんと?

たしかに、送金の際に不注意があるとこのような紛失は起こってしまう恐れがあります

実はこれはコインチェックだけでなくZaifなども同様です。

取引所にNano Walletから送金する際には、取引所側でXEMを受け取るためのアドレスを生成する必要があります。この時、アドレスと同時に「メッセージ」も生成されます。


Nano Walletの方で「メッセージ」の欄にアドレスだけでなくこのメッセージも入力しないと、その際に送ったはずのXEMは紛失してしまうんです。この時になくなったXEMはもう返ってくることはありませんので絶対に忘れないように気をつけましょう!

まとめ

XEMを保管する上でオススメのウォレットとして「Nano Wallet」を紹介しました。このウォレットを使うことで、取引所に置いておくよりも安全にXEMを保管することができ、また(デリゲート)ハーベストも可能になります!

その他の仮想通貨のウォレットについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

 

「ウォレットを使ってみたいけど、どう使うのかが分からない」コインチェックのハッキング騒動があったから、自分の仮想通貨は安全な場所に保管したいけど、どうしたらいいか分からない。そんなあなたに朗報です。この記事を読めばウォレットの仕組み、種類、通貨別おすすめウォレットなどを短時間で知ることができます。そして、ウォレットを利用し自分の仮想通貨を安全に保管することが出来るようになります。また、セキュリティを大幅にアップさせる仮想通貨を安全に保管する4つのコツも紹介していきます!ウォレットのことをしっかりと理解し、自分の資産を安全に保管しましょう!目次そもそも仮想通貨ウォレットとは?ウォレットの種類一覧ウォレット作成のメリットウォレット作成の注意点通貨別のおすすめウォレット【セキュリティ大幅アップ】仮想通貨を安全に保管する4つのコツ!まとめそもそも仮想通貨ウォレットとは?ウォレットとは文字通り仮想通貨の「財布」であり、仮想通貨の保管ができ他のウォレットに送金したりすることができます。秘密鍵と公開鍵ウォレットとは秘密鍵と公開鍵と仮想通貨アドレスを管理するものです。秘密鍵とは約70桁の数字とアルファベットをランダムに選んだ文字列のことです。桁があまりにも大きいため他人とは絶対に被らないというのがポイント!その秘密鍵から公開鍵、そして公開鍵からアドレスが作られるのですが、秘密鍵が他人に知られてしまうと勝手に送金されてしまう可能性があるため絶対に知られてはいけません。そのためウォレットについて考える時には秘密鍵を誰が保持しているかというのが重要になります。(詳細は後ほど)コールドウォレットとホットウォレットウォレットはネットに繋がっているホットウォレットとネットに繋がっていないコールドウォレットの二つに大きく分けられます。ネットに繋がっているホットウォレットは取引を頻繁にする人にとっては便利ですが、インターネット経由でハッキングされたりウイルス感染するリスクがあります。一方ネットに繋がっていないコールドウォレットはすぐに取引は出来ないものの、ハッキングリスクはほぼ0と言えるでしょう。ウォレット比較の時の重要な視点秘密鍵を誰が持っているのかウォレットがネットに繋がっているのかどうか 

 


カタパルトのリリースも噂され期待の高まるNEM(XEM)ですが、ウォレットを使うならぜひNano Walletを活用していきましょう。