【ビットコインの危険性】どうやって対処すればいい?リスクと対処法を教えます!

ビットコインを始めたいと思っているけど、危険が多そうで始めるのが怖いと思っている方が多いと思います。

確かにビットコインにはハッキング被害や詐欺被害など様々なリスクがあります。

そんな方にこの記事では、過去のビットコインの事件・これからのビットコインの危険性を通して、ビットコインをリスク低く利益を上げる方法を紹介します!


ビットコインとは?ざっくり解説 

ビットコインとは、Satoshi Nakamoto(サトシ ナカモト)によって作られた論文を元に2009年に作られた暗号通貨(仮想通貨・デジタル通貨)です。

「仮想通貨=ビットコイン」ではなく、ビットコインは仮想通貨の一つです

ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインと呼びます。

インターネット上に存在しているため、人と人同士・他の国に安価かつ迅速に送金でき、世界中どこでも使える通貨です。

また、銀行とは違いビットコイン自体には管理者が存在せず、ブロックチェーンにより分散化されているため非中央集権的です

そのため、特定の国に管理されず、匿名性がとても高いです。


 もっと詳しく知りたい方はこちら!

最近会社で同僚や後輩がみんな「ビットコインで儲けた」だの「仮想通貨がブーム」だの言ってるけどイマイチついていけてない、、、そんな置いてけぼり感で悩んでいませんか?いまや日本人の7人に1人が持っていると言われる仮想通貨ビットコインを知らないなんて少し言いづらいですよね。そんなあなたに朗報です!仮想通貨にとっても詳しい東大生がビットコインについて10分で教えちゃいます!ビットコインの論文を読んでややこしい技術的な部分までしっかりと理解したコインオタクが初心者向けにわかりやすく教える内容を読めば、同僚や後輩よりもよっぽどビットコインに詳しくなれるはずです!しかも、ビットコインの仕組みだけでなく、安心して投資を始めらるれるようにビットコインの今後の価格予想や始め方まで解説します!今回はビットコインが今人気の理由や具体的な仕組み、危険性を紹介したのちに著名人の価格予想・具体的な購入方法を紹介しています。この記事を読んでビットコインについて深く理解して安心して「仮想通貨オタク」の仲間入りを果たしてもらえたら幸いです。bitFlyerでビットコインを購入する!目次日本人の7人に1人は持ってる!?ビットコインとはビットコインの仕組みとはビットコインのデメリットとは?利用する上での注意点ビットコインはまだ儲かるのか?今後の価格を著名人が予想!ビットコインの買い方とは 投資を始めてみよう!ビットコインのよくある質問まとめ日本人の7人に1人は持ってる!?ビットコインとはビットコインとはビットコインとは、正体不明の経済学者「ナカモト・サトシ」が2009年に発表した世界初の仮想通貨です。仮想通貨は円やドルなど国が発行する法定通貨とも、楽天ポイントやTポイントなどの電子マネーとも異なる「最先端のお金」です。ビットコインは約1500種類ある仮想通貨のうちの1つであり、最も古く最も人気があります。数々のニュースで取り上げられている通り、いまやビットコインは世界中でブームとなりつつあります。特に日本での人気は高くビットコインの取引量の約60%(世界一)を占め、日本の成人の15%がビットコインを保有しています。Source:

 

ビットコインの4つの危険性

  • 価格変動の危険性
  • ハッキングの危険性
  • 詐欺(スキャム)の危険性
  • 国による規制の危険性

 

価格変動の危険性 

概要

ビットコイン保有時、価格が急激に変動する危険性があります

ビットコインは法定通貨ではないため、仮想通貨に与える影響が大きい他の国が仮想通貨の悪い噂が流れれば、一気に暴落する可能性があります

逆の事でも言え、仮想通貨の良い噂が流れれば、一気に値段が上がる事もあります

その他にも、天災地変・政変・法令の変化や他の予期せぬ出来事によって、暴落するまたは価値がなくなる事もあります。

また、ビットコインとドットコムバブルの実体のないものに投資する点・初期段階に資金が集まりすぎる点が似ているところがあります。

なので、現在ビットコインはバブルの状態である可能性が高いです。


ビットコインバブルについてもっと詳しく知りたい方はこちら!

目次ビットコインの高騰はいつまで続くのか?ビットコインの歴史そもそもバブルとはビットコインはバブル?バブルじゃない?ビットコインバブルの崩壊はいつ?その影響は?まとめ ビットコインの高騰はいつまで続くのか? 2017年に入ってビットコインが高騰していますね。周りでもビットコインや仮想通貨の話をする人が増えてきたように思えますし、ビットコインの高騰はますます過熱しています。実際についこないだ1BTCが100万円を突破したと思ったら、知らぬ間に200万を越えています笑 そんなビットコインの高騰が続くとやはり気になってくるのは、この高騰がいつまで続くかということですよね。今のビットコインの状態はバブルなんじゃないか?なんて心配になったりします。 そこでこの記事では今のビットコインの状態を過去のバブルと対比するかたちで分析し、ビットコインの歴史を紐解きながら今のビットコインの状態について考察します。またビットコインバブルの崩壊やバブル崩壊の影響についても後半で言及していきます。 ビットコインの歴史 チャートから見るビットコインの変動 2017年12月9日現在 CoinMarketCapより これは2013年から現在までのビットコインの価格を表したチャートです。ビットコインは2009年に最初の1枚が発行されて以来緩やかに値を上げてきましたが2017年に入って急に高騰を始めました。その上がり方があまりにも急なのでビットコインはバブルではないのか?という声も聞こえてきます。 しかしビットコインの高騰と暴落は今までなかったわけではありません。上げ幅と下げ幅は2017年末の乱高下が最も大きかったかもしれませんが、上げ率と下げ率に注目するとそれよりももっと激しい乱高下もありました。ビットコインはこれまで幾度となくビットコインは値の上げ下げを繰り返し、「バブル崩壊か?」と騒がれてきたのです。 例えば2011年6月にマウントゴックスがハッキングを受けた時にはビットコインの価格が約90%暴落しました。これは2009年にビットコインが発行され始めてから最初の暴落だと言われています。ただしこれはマウントゴックスから大量にビットコインが盗まれ同社が2014年に経営破綻したのとは別の事件なので注意してください。

 

対処法

その対処法として、ビットコイン保有時には価格の流れを常に確認することや正しい情報を迅速に取得することが重要となっています。

他の危険性に対しても言えることですが、ビットコインを保有するにあたり「情報収集」というのはとても重要であるといえます!

価格の動きを見て、価格が上昇している時にビットコインを買い、価格が落ちそうなタイミングで売るというように上手く利益を上げられるよう将来性を見ることも重要です。

そして、一番利益を上げれる購入方法でビットコインを購入しましょう!


ビットコインのお得な購入方法を知りたい方はこちら!

ビットコインでひと儲けしたいとは思っているけどどうやってビットコインを買っていいのかわからずビットコインに手を出せずにはいませんか?この記事を読めばビットコインの購入に必要な基礎事項をすべて理解できます。コインオタクの東大生がトレードで培ってきた知識の中でもっとも効率的で不可欠な事柄はすべてのトレーダーにとって有用なはずです!この記事ではビットコインの購入手順やおすすめの購入場所だけでなく、ビットコインの基礎に始まり、購入のメリット・デメリット、購入のタイミングや保管の仕方まで説明していきます。ビットコインの購入にもう臆することはありません!知識を身に着け思い通りにビットコインを売買し仮想通貨トレーダーの第一歩を踏み出しましょう! bitFlyerでビットコインを購入する!目次ビットコインの入手方法ビットコインの販売所・取引所はどれを選べばいいの?ビットコインの購入手順銀行振り込みを利用する場合コンビニ入金を利用する場合ペイジーを利用する場合ビットコインの購入画面ビットコインとはそもそも何?ビットコインを購入するメリットビットコインを購入するデメリットビットコインの保管ビットコインを購入するタイミングは? ビットコインの入手方法ビットコインを入手する方法は実は一つではありません!ここではビットコインが入手できる方法を3つ紹介します!ビットコインの入手方法販売所・取引所で購入する個人間で送金するマイニングをする 販売所・取引所で購入する ビットコインの売買は基本的にすべて販売所・販売所で行います。よほどの理由がない限りはここで売買を行うことになります。未成年者は親の承諾がないと利用できません。国内の販売所・取引所にではbitFlyer、Zaif、Coincheckの3つが有名です。販売所・取引所について詳しくは後程説明しますが主にこの3社について触れていきます! 個人間で送金する 一般的な方法ではないですが、取引をする相手を探してくれる取引所を介さずに自分で取引をする相手を見つけることもできます。例えば、ネット上で「1BTCを120万円で買ってくれる人募集します!」と呼びかけ取引相手を見つけたり、友達に「君が持っている0

 

ハッキングの危険性

概要 

ビットコインも通貨である以上、盗まれる危険性があります

盗まれる方法の一つとしてハッキングがあり、これは不正アクセスをし他人のビットコインを盗むという手法です。

アルトコインであるNEMが国内取引所のコインチェックから流出した事件の報道を見た方も多いと思います。

個人を狙った犯行だけではなく、NEM流出事件のように多くの人に被害を与える場合があります。

対処法

対処法の一つとして、コールドウォレットを使用する方法があります。

通常、ビットコインは、ウォレットというインターネット上のお財布に保管します。

そのウォレットの一つであるコールドウォレットは、インターネットに接続していなく、秘密鍵がオフライン状態で保管されているという特徴があります。

ネットワークからほとんど隔離した状態で保管するコールドウォレットはハッキング対策になりうると言えるでしょう


コールドウォレットを詳しく知りたい方はこちら!

「仮想通貨関連の事件が絶えないけどどうしたら仮想通貨を安全に管理できるのだろう、、。」そんなあなたにはコールドウォレットがオススメです!この記事を読めば安全に仮想通貨を管理できるコールドウォレットについてすぐにわかります!写真や動画とともに具体的なコールドウォレットも紹介しているので手にせずともイメージが浮かぶでしょう!コールドウォレットが何なのかからはじまり、作り方や使い方、オススメのウォレットまでもを解説します。これであなたも話題のコールドウォレットを丸わかり!セキュリティ性能を大きくあげましょう!目次コールドウォレットとはコールドウォレットの特徴コールドウォレット(ペーパーウォレット)の作り方コールドウォレット(ペーパーウォレット)の使い方コインオタクの選ぶおすすめハードウェアウォレット3選コールドウォレットについてのQ&Aコールドウォレットまとめ コールドウォレットとは コールドウォレットとは、秘密鍵をオフラインで管理するタイプの仮想通貨ウォレットのことです。インターネットに繋がれたデバイスは、ハッキングのリスクが常に付きまとうので、アプリウォレットなどと比べると格段にセキュリティの高まった仮想通貨の保管方法だと言えます。※2018年1月26日17時30分現在、コインチェックではNEMの入金、出金、売買ができない状態になっています。この原因として、コインチェックがハッキングされたのでは?という噂が広がっています。この真偽は別として、取引所単位でも個人単位でも、仮想通貨はハッキングにより盗まれてしまう可能性は常にあります。コールドウォレットのような、安全性の高いウォレットになるべく保管しましょう。また、コインチェックのハッキング騒動や今後、自分で出来る対策について興味のある人は以下の記事を読んでみてください! コインチェックが580億円の仮想通貨ハッキング被害。あなたのお金を守る2つの対策法コインチェックがハッキング被害にあったらしいけど仮想通貨はもうおしまい!?まったくそんなことはありません!事件の内容と対応策を勉強してしっかりと自分の頭で今回の事件を理解しましょう。チャートに与えた影響も要チェック!続きを読む コールドウォレットの特徴 bitFlyerやコインチェックなど、多くの取引所も採用する安全性の高さ

 

詐欺(スキャム)の危険性

概要

ビットコインの知識がない状態で、知人に勧められることや偽サイトを作り秘密鍵の提出を要求するなど手法があります。

他にも信用性の低いアルトコイン(詐欺コイン)・仮想通貨の購入を勧める怪しいセミナーなどもあります。

仮想通貨で何か事業を立ち上げる(ICO)の際に、上場前に資金調達としてICOトークンを出資者が購入するが、資金調達後は事業が実行されないというスキャムICOが存在します

現在、色々な詐欺の手法が仮想通貨取引の中には存在しています!


スキャムについてもっと詳しく知りたい方はこちら!

目次スキャム(scam)とは仮想通貨のスキャム手口スキャムの対策スキャムについてのQ&Aスキャムまとめ スキャム(scam)とは スキャムとは詐欺・ペテンを意味します。仮想通貨は誰でも簡単に参入でき、なおかつ匿名性も高いことから、残念ながらスキャムが横行してしまっているのが現状です。そのうえ、手口にもいろいろあり、常にスキャムには警戒しなくてはいけません。 中国ではICO規制が2017年9月に行われましたが、スキャムICOが横行したことがその一因になりました。 仮想通貨のスキャム手口 仮想通貨のスキャムにはどのような種類のものがあるのか、紹介していきます。 スキャムICOコイン これは仮想通貨関連のスキャムでおそらく最も多いパターンです。 前提知識として、ICO(initial coin offering)は事業の発案者がトークンを発行し、上場前に出資者にそれを買ってもらうことによって資金を確保するという出資形態です。 このICOの際に、事業者がもっともらしいことを言っておきながら資金調達後いつまでたっても実行しない、というスキャムがあります。 このときに発行されたICOコイン(トークン)は、その価値を下支えするものが一切ないわけですから、当然価値をもちません。 事業者は資金を丸々持ち逃げ、というわけです。 スキャムICOが横行しすぎると、中国のようにICO全体を規制する法律が発効される可能性もあり、仮想通貨市場全体に悪影響を与える手口と言えます。 ICOとは?仮想通貨を用いた新たな集金方法!参加方法やおすすめ案件を解説!今世界で大注目の新しい資金調達の方法であるICOですが、実際にどうやって行うのか、またどうやって参加するのか、メリットやリスクはなんなのか、わからない方も多いかと思います。そんなICOについて東大生が解説してみました。続きを読む クラウドマイニング クラウドマイニングとは、マイニング業者に金を支払うことで自分の代わりにマイニングしてもらう、というサービスです。 このサービスを行っている業者、詐欺でないところもあることにはあるのですが、マイニング費用だけ掠め取って支払いはゼロ、という手口のスキャムが非常に多いのが現状です。

 

対処法 

セミナーや勧誘には絶対に乗らないことや、信用のある取引所で取引しましょう!

また、何か怪しいと思ったならすぐに警察や家族に相談しましょう。

ICOトークンを買う際には、作った場所・作られた経緯などの正しい情報を収集しましょう!

 

ビットコインの詐欺について詳しく知りたい方はこちら!

目次ビットコインは詐欺が多い?ビットコイン詐欺の手口とは?ビットコイン詐欺で逮捕例も!危ない仮想通貨と噂されるものとは?詐欺にあわないようにするには?まとめ:詐欺に巻き込まれないよう注意しよう! ビットコインは詐欺が多い? 詐欺が多いと言われるビットコイン。はっきりここでコインオタクが明言しておきましょう。 ビットコインでは詐欺が多いです。 そしてズバリそれは、大きく3つの理由によるのではと考えています。 ・仮想通貨全体が黎明期で、実際にその価格の変動が激しい(実際儲かりやすい) ・技術的に難しいので、詐欺のネタに適している ・正しい知識も持たずに運用したがる人が多い→カモが多い 1つめに関しては、例えばビットコインは創世期に比べると現在は100万倍以上の価値があります。他のコインも数万倍といった変動を見せています。ただの事実。 2つめに関しては、仮想通貨そのものがあくまでネット上で取引され、複雑な仕組みのものなので、「なんだかよくわからないけど儲かりそう」という感覚を持たせるのにピッタリな素材である、ということです。ただの性質。 そして3つめに関してですが、これは仮想通貨の事実でも性質でもなく、私たち自身の問題です。ですから、逆に言えば、私たち自身が正しい知識やどんな手口があるかを知ればもう恐れるものはありません。ここではビットコインに関する詐欺の手口や過去事例、対策まで徹底解説します! ここであらかじめ1つだけ初心者向けに付言しておくと、ビットコインそのものは詐欺まがいのものではありません。ビットコインはプログラミングによって生み出される電子データの形をした換金コインのようなもので、実際に今や多くの需要をもち株価と同じように毎日その値が変動しています。 ビットコイン詐欺の手口とは? ビットコインに関する詐欺はいくつかパターンがあります。どれもビットコインだけに当てはまるものではないですが、やはり「ここにはこんな危険性がある」ということを知っておくのは騙されないようにする上でとても大切な手段です。 セミナーで勧誘 まずこの類。仮想通貨のセミナーや交流会は危険なものが多いです。具体的には、以下のような場合に遭遇したら特に警戒しましょう。

国による規制の危険性

概要 

2017年4月1日に改正資金決済法(仮想通貨法)が発足し、仮想通貨は国(金融庁)から正式に決済方法の一つとして認められました

仮想通貨取引所の規定も成立し、金融庁が2017年9月29日に国内の仮想通貨取引所11社を正式な取引所として認められました。

また、2018年12月には11社に加えて5社認可されました。

現在、日本での規制は緩いですが、他の国では仮想通貨の取引が規制されている事もあります

中国では、ICOの資金調達を厳しく規制しています。

韓国でも、韓国金融委員会の崔鍾球(チェ・ジョング)が韓国の仮想通貨取引所の閉鎖の検討していると明らかにしました。

今後は、仮想通貨が各国だけではなく、世界的に規制される可能性もあります。


過去に起きたビットコイン関連の事件 

マウントゴックス事件

マウントゴックス社(Mt.Gox)は、2009年にトレーディングカードの交換所として成立し、2010年にビットコイン事業に変更、2011年にはマルク・カルプレス氏により買収された会社です。

マウントゴックス事件とは、このマウントゴックス社のビットコインがハッキングによって盗まれた事件です。

この事件は、マウントゴックス社のCEOであるマルク・カルプレス氏の内部犯行であったのではないかと言われています。

また、この事件によって顧客の75万ビットコインと自社の10万ビットコインを消失し、損害額は当時の価格で約470億円と言われています


マウントゴックス事件について詳しく知りたい方はこちら! 

目次マウントゴックス(MtGox)とはマウントゴックスが破綻した経緯マウントゴックス事件のその後マウントゴックス事件のビットコインへの影響マウントゴックス事件まとめ マウントゴックス(MtGox)とは マウントゴックスとは、2009年に当初トレーディングカード(マジック・ザ・ギャザリング)の交換所として設立されたが(社名はMagic The Gatheringの頭文字MTGに由来)、2010年に仮想通貨事業に転換して以来、一時は世界で取引量1位を誇った日本のビットコイン交換所です。 交換所なので仮想通貨同士の取引を行っていたわけではありませんが、ビットコインを円・ドル・ユーロで購入でき、世界中に12万7千人のユーザーを持っていました。 2013年4月には世界のビットコイン取引量の70%を扱っていたこの交換所ですが、2014年には破産に至っています。マウントゴックスになにがあったのか、そしてその影響がどのようなものであったか見ていきましょう。 マウントゴックスが破綻した経緯 マウントゴックス事件の概要 2014年2月7日、マウントゴックスはビットコインの払い戻しを停止し、のちにマウントゴックスが所持していた顧客のビットコイン75万BTC(当時の価格で470億円相当)と預り金28億円、自社のビットコイン10万BTCが消失したことが判明しました。 このビットコイン消失事件がいわゆる「マウントゴックス事件」です。顧客への払い戻しのために巨額の負債におわれた結果、2014年2月にマウントゴックスは東京地裁に民事再生の申請をしました。しかし、申請は棄却され2014年4月から破産手続きが始まり、翌年には親会社のティバンも破産しています。 ビットコインの払い戻しは2013年ごろから遅延があったようで、その頃からビットコインが盗まれていることに気が付いていたにもかかわらず、マウントゴックスは操業を続けていたのではないかと懸念されています。CEOのマルク・カルプレスは2014年2月23日に辞任していたことものちにわかっています。 この事件をきっかけにあるべき資産がなくなることを「(マウント)ゴックスする」などと表現するまでになりました。 では、いったいなぜこんなことが起きてしまったのでしょうか? 犯人は社長?

 

Bitfinex事件

2016年8月、台湾にある仮想通貨取引所の「Bitfinex」のビットコインがハッキングされた事件です。

顧客口座から約65億円相当のビットコイン消失したと言われています

この損失を補うため、全ユーザーに対して36%の損失が行われ、その保証として新たなトークン「BFX」を発行しました。

BFXは親会社iFinexの株式、またはBFXあたり1ドルのレートで取引が行われる事になりました。。

2017年3月に株価の高騰し、全てのBFXを1ドルで買い戻し、BFXトークンは破棄され取引と被害を受けたユーザーへの返済が共に終了しました。

そんな事件があった仮想通貨取引所「Bitfinex」ですが、現在Bitcoinの取引量がBinanceの次に多いです!


 Bitfinexについて詳しく知りたい方はこちら!

目次Bitfinex(ビットフィネックス)とは?【Bitfinexの特徴1】レンディングサービスを提供【Bitfinexの特徴2】セキュリティは以前より強固に【Bitfinexの特徴3】手数料・レバレッジは国内取引所と同じくらいBitfinexのメリットBitfinexのデメリットBitfinexの登録・ログイン方法Bitfinexの使い方!入金・送金・レンディングのやり方説明BitfinexのよくあるQ&ABitfinexまとめ Bitfinex(ビットフィネックス)とは? *2017年12月追記:12月25日現在、Bitfinexは新規口座開設受付を停止中です。期間は不明です。また情報が入り次第更新します。*2018年1月追記:1月31日現在、Bitfinexは親会社を共にするTether社のドル保有の問題で現在米国商品先物取引委員会(CFEC)から招集を受けています。また情報が入り次第更新します。 *Bittrexも同様に新規口座開設を停止中です。現在口座開設可能な主要な海外取引所はPoloniexやBinanceです。 Bitfinex(ビットフィネックス)は香港資本の仮想通貨取引所です。色々と仮想通貨取引所見てきたけれど今は海外で良さそうなところがないか探している、そんなあなたにおすすめです。ではまず、Bitfinex(ビットフィネックス)について詳しく見ていきましょう! Bitfinexの概要 会社名iFinex Inc.会社所在地Central, Hong Kong会社HP資本金不明 取扱通貨 ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップルなどを中心に40種類以上 (話題のIOTAも扱っています!) 過去に数回のハッキング被害 Bitfinex(ビットフィネックス)を語る上で忘れてはならないのがこのハッキング被害です。実はBitfinexは大きなものだけで過去に2回、2015年と2016年にハッキングの被害を受けています。

  

Nicehash事件

Nicehash事件とは、2017年12月6日にハッシュパワーを購入したい人とマイニングできるPC資源を持っている人の売買取引しているサイト「ナイスハッシュ(Nicehash)」がハッキングされた事件です。ハッキングによって、約67億円相当のビットコインがナイスハッシュのビットコインウォレットから奪われました

ハッキング後にサービス停止していましたが、迅速な対応により2017年12月22日にはサービスを再開しました!

闇サイト「シルクロード」摘発事件

また、上記で述べた3つのようなハッキング事件だけではなく、闇サイト「シルクロード」摘発事件のような事件もあります。

闇サイト「シルクロード」とは、違法薬物・暗殺依頼・ハッキング技術など様々ものがドルに代わりビットコインで取引されていました。

2013年に創立者である、ロス・ウルブリヒトがFBIにより逮捕されました。

それと同時に「シルクロード」は封鎖され、ウルブリヒトが所有していた当時のレートで、約28億円相当のビットコインを回収しました

ビットコインの一つの特徴である、匿名性が高いという点をこの「シルクロード」のように犯罪に使われるというケースもあります


ビットコインの事件について知りたい方はこちら!

目次ビットコイン(Bitcoin)の基礎知識 ビットコイン(Bitcoin)消失or横領事件?マウントゴックスの経営破綻 名古屋?大垣?日本国内でおきたビットコイン(Bitcoin)がらみの殺人事件 世界のビットコイン(Bitcoin)関連の事件まとめ ビットコイン(Bitcoin)の事件に対する各界の反応 ビットコイン(Bitcoin)の事件に巻き込まれないために まとめ ビットコイン(Bitcoin)の基礎知識 ビットコイン(Bitcoin)とは通貨略号BTCの仮想通貨であり、2017年10月22日現在で仮想通貨時価総額ランキング1位を誇るもっとも有名なコインです。2009年に仮想通貨の先駆けとして発表されたビットコインは新たな金融サービスとして瞬く間に注目を集め資産が集中しました。 しかしその一方でビットコインをめぐるトラブルが世界各地で発生し、時には重大事件に発展したり世界経済に大きな影響を与えることも増えてきています。これに対して各国政府は戸惑いながらも規制や法整備に追われているのが現状で、まだまだビットコインを取り巻く環境は不安定だと言えます。 この記事ではビットコインに関連した重大事件を国内・海外の両面から切りこんでいき、それに対する各界の対応やビットコインを扱うみなさんの気を付けるべきポイントまで解説していきます。 ビットコイン(Bitcoin)消失or横領事件?マウントゴックスの経営破綻 世界最大級の取引所マウントゴックスの倒産 ビットコインに関わる重大事件と聞いてまずみなさんの頭に浮かぶのはこの出来事だと思います。2014年2月、当時東京を本拠地とする世界最大級の取引所であり特に世界のビットコインの大半を扱っていたマウントゴックスが、突如取引を中止しビットコインの価格は暴落しました。これに関してマウントゴックスのCEOであったマルク=カルプレスは「ビットコインが盗まれた可能性が高い。」と発言し、後日CEOを辞任しています。 一連の騒動は世界を震撼させ世界経済に大きな影響を与えたほか、ビットコインのみならず仮想通貨の脆弱性を暴露することとなりました。  

 

安全に利益を上げる方法を紹介! 

コイン積立

大損をするリスクを回避する方法の一つとして、コイン積立をするという方法があります

この方法はリスクを分散させることで、大損のリスクを低くするというものです。

国内取引所「Zaif」では、月々1000円から出来るので投資資金が少ない方も簡単・安全に取引ができます!


ビットコイン積立についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

「チャートと毎日にらめっこするのに疲れた、、、」「仮想通貨を始めたいけど、いつ買えばいいか分からない、、、」あなたは今、そうお考えではありませんか?そんなあなたに朗報です!「ビットコイン(仮想通貨)積立」がその悩みを解決します。現在ZaifとbitFlyerで仮想通貨を自動で積立をしてくれるサービスが展開されており、それを利用することで常にチャートをチェックする必要がなくなり、買うタイミングにも悩まされなくなるだけでなく、投資のリスクを少なくすることができます!今回はビットコイン(仮想通貨)積立の仕組み・メリット・デメリット、そしてどの取引所を利用すべきかについて説明していきます。この記事を読んでビットコイン積立を始めましょう!この記事を読んだらわかることビットコイン(仮想通貨)積立の仕組みとメリット・デメリットがわかるどの取引所で積立をするべきかがわかる 目次そもそもビットコイン(仮想通貨)積立とはビットコイン積立のメリットビットコイン積立のデメリットビットコイン積立を出来る取引所比較 Zaifで積立を初めてみよう!ビットコイン積立に関するQ&A まとめそもそもビットコイン(仮想通貨)積立とはビットコイン(仮想通貨)積立とは、毎月決まった金額だけビットコイン(仮想通貨)を購入して積み立ていくという購入方法です。積立は仮想通貨以外にも投資信託積立や純金積立など多くの投資の分野で行われています。積立できる取引所一覧 2018年3月現在、ビットコイン(仮想通貨)積立ができる国内取引所は、ZaifとbitFlyerの2つです。そして、それぞれ積立できる仮想通貨は以下の通りです。取引所積立可能な仮想通貨Zaifビットコイン(BTC)/イーサリアム(ETH)/モナコイン(MONA)/ネム(XEM)bitFlyerビットコイン(BTC)/イーサリアム(ETH)/モナコイン(MONA)/ライトコイン(LTC)/ビットコインキャッシュ(BCH)ビットコイン積立のメリット大損することがない毎月決まった金額だけ購入するという投資方法は、『ドルコスト平均法』と呼ばれています。Source: zaif

コールドウォレット

ハッキングを回避する方法の一つとして、コールドウォレットを使う方法があります。

インターネット上にウォレットを作らないことで、より安全性が高くなります

主なコールドウォレットは、ペーパーウォレット・ハードウォレットの二種類あります。

あまり入出金をせず長期保管する方にはペーパーウォレット、普段よく入出金する方にはハードウォレットがおすすめです!


もっとコールドウォレットを知りたい方はこちら!

「仮想通貨関連の事件が絶えないけどどうしたら仮想通貨を安全に管理できるのだろう、、。」そんなあなたにはコールドウォレットがオススメです!この記事を読めば安全に仮想通貨を管理できるコールドウォレットについてすぐにわかります!写真や動画とともに具体的なコールドウォレットも紹介しているので手にせずともイメージが浮かぶでしょう!コールドウォレットが何なのかからはじまり、作り方や使い方、オススメのウォレットまでもを解説します。これであなたも話題のコールドウォレットを丸わかり!セキュリティ性能を大きくあげましょう!目次コールドウォレットとはコールドウォレットの特徴コールドウォレット(ペーパーウォレット)の作り方コールドウォレット(ペーパーウォレット)の使い方コインオタクの選ぶおすすめハードウェアウォレット3選コールドウォレットについてのQ&Aコールドウォレットまとめ コールドウォレットとは コールドウォレットとは、秘密鍵をオフラインで管理するタイプの仮想通貨ウォレットのことです。インターネットに繋がれたデバイスは、ハッキングのリスクが常に付きまとうので、アプリウォレットなどと比べると格段にセキュリティの高まった仮想通貨の保管方法だと言えます。※2018年1月26日17時30分現在、コインチェックではNEMの入金、出金、売買ができない状態になっています。この原因として、コインチェックがハッキングされたのでは?という噂が広がっています。この真偽は別として、取引所単位でも個人単位でも、仮想通貨はハッキングにより盗まれてしまう可能性は常にあります。コールドウォレットのような、安全性の高いウォレットになるべく保管しましょう。また、コインチェックのハッキング騒動や今後、自分で出来る対策について興味のある人は以下の記事を読んでみてください! コインチェックが580億円の仮想通貨ハッキング被害。あなたのお金を守る2つの対策法コインチェックがハッキング被害にあったらしいけど仮想通貨はもうおしまい!?まったくそんなことはありません!事件の内容と対応策を勉強してしっかりと自分の頭で今回の事件を理解しましょう。チャートに与えた影響も要チェック!続きを読む コールドウォレットの特徴 bitFlyerやコインチェックなど、多くの取引所も採用する安全性の高さ

 

信用性の高い取引所で購入!

詐欺(スキャム)の対策の一つとして、信用性の高い取引所で売買取引することが効果的です。

名前が知られていなく、情報の少ない取引所よりも会社概要などが知られている取引所の方が信用性が高いので、詐欺されにくいと言えます。


信用性の高い取引所を知りたい方はこちら!

「最近話題の仮想通貨をやってみたいけど、どこの取引所を使えばいいのか全然分からない…」そうお悩みではありませんか?それぞれの取引所について詳しく調べたいけどそんな時間もないし、取引所のおすすめ度を簡単に知ることができたら嬉しいですよね。そこで、仮想通貨を1000万円以上持つ4人を含む東大生30人が国内外20社以上の著名な仮想通貨取引所を徹底的に比較・議論し、さらに初心者である友人に実際に口座開設し運用してもらったリアルな口コミを元に、本当におすすめできる取引所をランキング形式でご紹介します!しかも、おすすめの取引所だけでなく、記事後半では投資に役立つ情報サイト、おすすめの仮想通貨、投資における注意点などもお伝えします。この記事を読めば、必ずあなたにピッタリの仮想通貨取引所が見つかります!この記事を読んだら分かること仮想通貨取引所選びで重要な5つのポイントコインオタクが選ぶオススメ国内・海外取引所各取引所の特徴・詳細な評価利用目的ごとのおすすめ取引所仮想通貨取引で重要な知識 目次初心者も安心!仮想通貨取引所の選び方5ポイント2018年版!初心者におすすめの国内仮想通貨取引所ランキング結局どの仮想通貨取引所の口座を開設すればいい?国内仮想通貨取引所全18社を徹底比較【玄人用】海外仮想通貨取引所おすすめランキングTOP5アルトコインを購入したい初心者にはcoincheck(コインチェック)自動積立を使って低リスクでビットコインを入手するならZaif(ザイフ)リスクを抑えたレバレッジ取引をするならbitbank Trade(ビットバンクトレード)ハイリスクなレバレッジ取引をするならBitMEXMT4取引をするならBITPOINT(ビットポイント)これから仮想通貨(ビットコイン)投資を始める人へ仮想通貨初心者はボラティリティについて理解すること仮想通貨の口座開設でどこまで損する可能性がある?仮想通貨初心者におすすめの購入通貨仮想通貨投資で役立つ情報収集サイト最初は現物での中長期保有がオススメまとめ 初心者も安心!仮想通貨取引所の選び方5ポイント コインオタク編集部の考える、仮想通貨投資を安全かつ簡単にそして出来るだけ儲けられる可能性を最大化するために重要なポイントは次の5点です!

まとめ 

今回はビットコインの危険性について取り上げました。

ビットコイン所有することによるリスクはありますが、所有することによるメリットもあります。

そのため、リスクを低くして、上手く利益を高く得ることがポイントになります。

なので、安全かつ利益を上げるためにメリット・リスクを考え、正しい情報収集をすることが大切です




CoinOtaku(コインオタク)は「海外の情報が届かない」、「どの情報が重要なのかわからない」、「ウソかホントかわからない」などの日本人仮想通貨投資家の悩みを解決するために、1400以上の仮想通貨のニュースやイベントが一覧できるカレンダー"CoinKoyomi"をリリースしました!ぜひ使って見てください!

 


東大生×AIが毎日仮想通貨の価格予想CoinOtakuプレミアム