海外の仮想通貨取引所であるバイナンス(Binance)をご存知ですか?

バイナンスは手数料の低さなどから世界でもトップレベルの人気を誇っています。

海外の取引所はとっつきにくく感じられるかもしれませんが、バイナンスは現在国内でも人気が急上昇中です。

バイナンスの特徴として、ユーザーによる人気投票が行われるという点が挙げられます。

「バイナンスの投票」について聞いたことのない方には人気投票の概要から参加方法を、「少し聞いたことがある!」という方にも投票によるメリットや過去の結果分析まで徹底解説します。

この記事を読めば、バイナンスの投票について公式サイトの情報よりも詳しく知ることができます!

目次仮想通貨取引所Binance(バイナンス)とは【Binanceの特徴1】手数料が安い!【Binanceの特徴2】独自コインを発行している【Binanceの特徴3】日本語対応しているBinanceの今後BinanceのメリットBinanceのデメリットBinanceの登録方法Binanceの使い方Binanceまとめ 仮想通貨取引所Binance(バイナンス)とは Binanceは上海に本社所在地を持つ仮想通貨取引所です。2017年7月に設立されて以降、取引所の注文処理速度の速さが注目され、認知度が上がりました。Binanceでは月に1回Community Coin of the Monthというプログラムがあり、投票で人気上位に挙がった仮想通貨を上場しているという点が特徴的です。 CEOは有名な中国取引所OKCoinの元CTO(最高技術責任者)やブロックチェーンの元開発トップであるChangpeng Zhao氏で、彼の会社Beijie Technologyによって管理されています。2017年8月には同じくOKCoin共同創業者で、中国のインターネット産業で最も尊敬され、影響を与えた一人と言われるYi He氏がBinanceに参加しています。よって企業にいる役員の経歴面では、信頼のおける取引所と言えます。 Binance公式サイトはこちら 【Binanceの特徴1】手数料が安い! Binanceは手数料が安く、取引手数料は一律0.1%!日本での取引手数料は2%程なので、日本の取引所と比べれば非常に安いです!そのうえ手数料は後述するBNBを利用することでなんと半額になります! BTC現物取引手数料をBittrexとPoloniexとで比較してみると、 Biance:0.1% Bittrex:約0.25% Poloniex:0.15~0.25% アルトコイン現物取引手数料を比較してみると、 Binance:0.1% Bittrex:0.25% Poloniex:0.15~0.25% BTC送金手数料を比較してみると、 Binance:0.0005BTC Bittrex:0.001BTC Poloniex:0.0005BTC


バイナンス(Binance)とは?

取引高・登録者数世界一!

バイナンス(Binance)世界最大の取引高・登録者数を誇る仮想通貨取引所です。

いま最も話題の取引所のひとつで、安い手数料や通貨の豊富さで人気を拡大しています。

設立年月2017年7月
CEOChangpeng Zhao(趙長鵬、ジャオ・チャンポン)
登録者数2018年2月に700万人突破
取引高1日あたり2350億円(2018年4月現在)
取扱通貨数121(2018年4月現在)

独自通貨のBNB(バイナンスコイン)を扱っており、手数料をBNB払いに設定すれば通常の半分(0.05%)の手数料で取引ができます。

バイナンスについての詳しい記事はこちら

仮想通貨を初めて数ヶ月がたち、そろそろバイナンスを利用してみたい。でもバイナンスは海外の取引所だからよくわからないし使うのが難しそうで登録に踏み切れない。そんな悩みを抱えてはいませんか?実にもったいない!バイナンスは多くの仮想通貨を最も安く購入できる取引所であり、バイナンスを利用していない人は知らぬ間に損をしてしまっているかもしれません!海外取引所はホームページが英語で書かれているため敬遠されがちですが、実はバイナンスなら数分もあればすぐに取引を開始することができます。この記事ではバイナンスを利用するメリットだけでなく、あまり描かれることのないデメリットや、具体的な使い方を解説しています。海外取引所を利用するめんどくささからいつも国内取引所で割高に取引している方には、この記事を読んでぜひ仮想通貨取引の幅を広げていただきたいです。バイナンス公式サイトへ目次バイナンス(Binance)とは? バイナンス(Binance)のメリットバイナンス(Binance)のデメリット バイナンス(Binance)の評判・口コミ バイナンス(Binance)の登録・口座開設方法【体験】バイナンス(Binance)を使ってみよう バイナンス(Binance)のFAQ バイナンス(Binance)のメリット・デメリット・評判まとめバイナンス(Binance)とは? 

 

バイナンスの人気投票とは?

上場する通貨を決めるための人気投票

バイナンスでは昨年9月から、新規上場コインを決定するために「Comunity coin of the month」という人気投票を開催しています。

これまでに6回開催されており、ノミネートされた10数種類の通貨の中から上位のいくつかが上場されています。

バイナンスに口座を持っていれば誰でも参加できる

バイナンスに登録し、口座を持っているユーザーは誰でも投票することができます。

複数の候補に投票可能で、1票につき0.1BNB(約120円、2018年4月現在)が必要です。

ただしひとつの候補につき1人1票しか投票できないため、通貨の人気がそのまま反映されるようになっています。

バイナンスの投票のメリット

応援している通貨に投票できる!

世界最大の取引所であるバイナンスへ上場することで、通貨の価値が大きく上がことが期待できます。

人気投票で上位となって上場された通貨の中には上場前と比べ価格が大幅に上がったものもあり、自分の持っている通貨が上場されれば資産が増えるかもしれません。

実際に第2回のSubstratum(SUB)が投票開始前から最大で15.7倍、第4回のEthLend(LEND)15.8倍を記録しています。

そのため投票期間中には、多くの人が自分の応援する通貨が上場することを目指して投票を呼びかけたりしています。

通貨のトレンドが分かる!

バイナンス公式サイトの投票ページでは投票期間中それぞれの候補の票数が反映され、現在の人気が分かるようになっています。

ここにノミネートされる通貨は将来性の期待できるものが多く、これからの仮想通貨トレンドを占う指標となります。

例えば第1回でノミネートされたバージ(XVG)や第3回のネム(XEM)トリガー(TRIG)ステラルーメン(XLM)などは現在非常に人気の通貨となっています。

過去6回の投票結果

過去の投票結果

これまでに6回の人気投票が開催され、それぞれの結果は以下のようになっています。
開催回投票期間1位になった通貨
第1回2017/9/1~9/5Stratis(STRAT)
第2回2017/9/30~10/5Substratum(SUB)
第3回2017/10/31~11/5Zcoin(XZC)
第4回2017/11/30~12/5EthLend(LEND)
第5回2017/12/31~2018/1/5RailBlocks(XRB)(現・NANO)
第6回2018/02/21~25Zilliqua(ZIL)
(第1位・2位が不正とされたため繰り上げ)
参加資格は、第4回のみ「バイナンス公式Twitterのツイートをリツイートすること」、それ以外の回は「バイナンスの口座を持っていること」でした。

2位以下の通貨も多数上場している

毎回10数種類がノミネートされ、これまでに延べ85の通貨が候補となってきました。

人気投票で1位の通貨は必ず上場しますが、1位ではなかった通貨ものちに上場する場合があり、35もの通貨がこれまでにバイナンスに上場しています。

これまでに1位になった通貨の特徴

コミュニティの強い通貨

「Comunity coin of the month」という名の通り、コミュニティの強い通貨が上位に挙がっています。

主なコミュニティはチャットアプリの「Telegram」「Discord」「Slack」などで運営されており、多いものでは数万人ものメンバーを集めています。

投票期間中にはコミュニティで呼びかけが行われており、より大きなコミュニティを持つ通貨が有利です。

【第5回投票】レイブロックス(XRB)が1位になれた理由

第5回人気投票では、レイブロックス(XRB)とエックスピー(XP)という通貨が接戦を繰り広げました。

XPは日本人に人気の通貨であり、4万人以上のメンバーを誇るDiscordのコミュニティでは盛んに投票の呼びかけが行われました。

一方レイブロックスはDiscordのメンバーが約2万人、Telegramが約1万人と人数ではXPにやや劣ったものの、終盤戦で突き放し見事1位を獲得しました。

このような結果となった一因として、各通貨における国別保有率の違いが考えられます。

XPは日本人の所有率が非常に高く、一方海外ではレイブロックスの人気が高かったようです。

その結果なんと投票前後の1ヶ月で価格が100倍以上に高騰し、現在注目を集めています。

レイブロックスは現在ナノ(NANO)にリブランディング、要するに"イメチェン"が行われ、開発が進められています。

バイナンスの投票の参加方法

投票の参加手順

  • バイナンスに登録
  • 仮想通貨を入金
  • BNB(バイナンスコイン)を購入
  • 投票ページから通貨を選んで投票

 

①バイナンスに登録

バイナンスの口座を持っていない場合はまずアカウントを登録しましょう!登録に必要なのはメールアドレスのみです。

詳しい登録方法はこちらの記事をご覧ください。

この記事では、仮想通貨取引所Binance(バイナンス)への登録方法と、登録後の本人認証の仕方を紹介します。 「そもそもBinanceってどんな取引所なの?」という方は、ぜひまずはこちらの記事を読んでみてください! Binanceとは?今絶対に知っておくべき仮想通貨取引所の今後や特徴を解説!2017年7月の設立以降、驚異的なスピードで成長する仮想通貨取引所Binance。どんな取引所?今後は大丈夫?メリットデメリットと登録方法、使い方は?この記事を読めばBinanceに関する知識はバッチリ!続きを読む 目次Binanceに登録・認証するために必要なものBinanceへ登録の仕方二段階認証設定をしよう個人情報を認証しようBinanceの登録についてQ&A Binanceに登録・認証するために必要なもの まず、Binanceに登録するのに必要なもの、それはズバリ、メールアドレスのみです。 ただし、ただ登録するだけでは引き出し限度額に少し不便さを感じる方もいらっしゃるでしょう。そういった場合は本人認証をすることで、引き出し限度額を大幅に引き上げ、大規模な取引ができるようになります。 認証には、免許証かパスポートが必要です。 また、セキュリティを高めるために、SMSかGoogle Authentificatorによる二段階認証を行う必要があります。 では、それぞれの手順について紹介します! Binanceへ登録の仕方 メールアドレス、パスワード入力 まずは、下図右上の赤枠で囲まれた箇所から、「Register」をクリックするか、このリンクから登録画面にアクセスしましょう。 Binance登録画面へ すると、下のような画面が出現します。メールアドレスの入力と、ログイン用にパスワードを設定しましょう。このとき、人影のマークが書いてある欄はいじらないでください。 チェックボックスにチェックを入れて利用規約に同意したら、登録ボタンを押しましょう。 パズルでロボットか確認 登録ボタンをクリックするとこのような画面が出てきます。botなどでアカウントを作るのを敬遠してのことでしょうね。 なんのこっちゃ、と言う感じですが、「Dran the left slider to verify」と書いてあるところで、左端の丸い部分をホールドして右にスライドさせると・・・


アカウントを登録

②仮想通貨を入金

バイナンスでは法定通貨(円やドルなど)は使えないので、国内の販売所・取引所などで購入した仮想通貨を送金する必要があります。

国内取引所にまだ登録していない方は、まずこちらから登録しましょう。

「最近話題の仮想通貨をやってみたいけど、どこの取引所を使えばいいのか全然分からない…」そうお悩みではありませんか?それぞれの取引所について詳しく調べたいけどそんな時間もないし、取引所のおすすめ度を簡単に知ることができたら嬉しいですよね。そこで、仮想通貨を1000万円以上持つ4人を含む東大生30人が国内外20社以上の著名な仮想通貨取引所を徹底的に比較・議論し、さらに初心者である友人に実際に口座開設し運用してもらったリアルな口コミを元に、本当におすすめできる取引所をランキング形式でご紹介します!しかも、おすすめの取引所だけでなく、記事後半では投資に役立つ情報サイト、おすすめの仮想通貨、投資における注意点などもお伝えします。この記事を読めば、必ずあなたにピッタリの仮想通貨取引所が見つかります!この記事を読んだら分かること仮想通貨取引所選びで重要な5つのポイントコインオタクが選ぶオススメ国内・海外取引所各取引所の特徴・詳細な評価利用目的ごとのおすすめ取引所仮想通貨取引で重要な知識 目次初心者も安心!仮想通貨取引所の選び方5ポイント2018年版!初心者におすすめの国内仮想通貨取引所ランキング結局どの仮想通貨取引所の口座を開設すればいい?国内仮想通貨取引所全18社を徹底比較【玄人用】海外仮想通貨取引所おすすめランキングTOP5アルトコインを購入したい初心者にはcoincheck(コインチェック)自動積立を使って低リスクでビットコインを入手するならZaif(ザイフ)リスクを抑えたレバレッジ取引をするならbitbank Trade(ビットバンクトレード)ハイリスクなレバレッジ取引をするならBitMEXMT4取引をするならBITPOINT(ビットポイント)これから仮想通貨(ビットコイン)投資を始める人へ仮想通貨初心者はボラティリティについて理解すること仮想通貨の口座開設でどこまで損する可能性がある?仮想通貨初心者におすすめの購入通貨仮想通貨投資で役立つ情報収集サイト最初は現物での中長期保有がオススメまとめ 初心者も安心!仮想通貨取引所の選び方5ポイント コインオタク編集部の考える、仮想通貨投資を安全かつ簡単にそして出来るだけ儲けられる可能性を最大化するために重要なポイントは次の5点です!

国内取引所に仮想通貨を持っている方は、バイナンスへの送金方法が以下の記事に詳しく書いているのでご覧ください。

「Binanceを使ってみたいけど英語だしよく使い方がわからない」「Binanceを使い始めたけど国内の取引所ほど使いこなせない」そう悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、今回CoinOtakuがBinanceの使い方を徹底解説します!この記事を読めば、国内の取引所しか使ったことがないという方でもBinanceで簡単に取引ができるようになります!しかも、取引だけでなくBNBやスマホアプリの使い方まで完全に網羅しています。これを読んでBinanceでガンガン取引をしていってください!目次Binance(バイナンス)とはBinanceのアカウント登録方法Binanceの入出金の仕方Binanceの取引の仕方BinanceでのBNB(バイナンスコイン)の使い方Binanceスマホアプリの使い方Binanceの使い方に関するQ&ABinanceの使い方まとめBinance(バイナンス)とはBinance(バイナンス)は香港に本拠地を置く仮想通貨取引所です。最近人気のBinanceですが、2017年7月に開設してからわずか半年で取引高が世界一になりました。では、その人気の原因でもある特徴をいくつか見てみましょう。取引手数料がとにかく安い!Binanceでは、取引手数料が一律0.1%となっています!これは海外の他の取引所と比べてもとても安いと言えます。取引手数料が安いとその分お得に取引ができます。また、詳しくは後述しますがBNB(バイナンスコイン)というBinanceが発行している通貨を使うことで取引手数料はさらにその半分の0.05%となります!この取引手数料の安さは間違いなく人気の秘密と言えます。豊富な取り扱い通貨の種類Binanceは現在約120種類もの通貨を扱っています。なかにはとてもマイナーな通貨、いわゆる草コインというものもあり、草コインを買って一攫千金を夢見る人も少なくありません。また、Binanceは毎月「Community Coin of the


③BNB(バイナンスコイン)を購入

投票にはBNB(バイナンスコイン)が必要なため、BNBを持っていなければ購入しなければなりません。

ビットコイン(BTC)で購入するのが一般的ですが、イーサリアム(ETH)やテザー(USDT)などでも購入することができます。

ここではビットコインで購入する場合をご紹介します。

BNB/BTCペアを選択

BNBを購入

購入したい価格を「Price」、数量を「Amount」に入力して「Buy BNB」ボタンを押せば入札完了です。

④投票ページから通貨を選んで投票

投票ページの候補一覧から通貨を選んで投票します。

複数の候補に投票可能ですが、1つの候補には1人1票しか入れることはできません。

投票には1票につき0.1BNBが必要です。

バイナンスの投票まとめ

第7回投票はいつ? 

「毎月開催される」とアナウンスされていたバイナンス人気投票ですが、次回の日程はまだ発表されていません。 

投票が開催されるのを心待ちにしているユーザーも少なくないようです。

「次の投票はいつですか?」

「バイナンスが最後に投票を開催したのはいつだっけ?2ヶ月もすっ飛ばしてる気がするけど…」

第7回投票は公式発表があり次第お知らせします!

バイナンスの投票は仮想通貨のトレンドを占う指標

アカウントを持っていれば誰でも参加できるバイナンスの人気投票。

ユーザーの投票によって上場する通貨が決まるので、自分の持っている通貨や気になる通貨を応援するのにピッタリです。

また、投票の結果が今後の仮想通貨トレンドを大きく左右することもあります。

次回の人気投票にはぜひ参加してみませんか?